TED日本語 - ドン・タプスコット: オープンな世界における4つの原則

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ドン・タプスコット: オープンな世界における4つの原則

TED Talks

オープンな世界における4つの原則
Four principles for the open world
ドン・タプスコット
Don Tapscott

内容

若い世代は、生まれたときからつながる技術に浸かっており、その結果、世界は今まで以上にオープンで透明になってきている、と未来学者のドン・タプスコットは述べます。この刺激的な講演では、4つの主要な原則を挙げ、オープンな世界がこれまでよりも遥かに良いものになりうる理由を説明します。

Script

Openness. It's a word that denotes opportunity and possibilities. Open-ended, open hearth, open source, open door policy, open bar. (Laughter)

And everywhere the world is opening up, and it's a good thing.

Why is this happening? The technology revolution is opening the world.

Yesterday's Internet was a platform for the presentation of content. The Internet of today is a platform for computation. The Internet is becoming a giant global computer, and every time you go on it, you upload a video, you do a Google search, you remix something, you're programming this big global computer that we all share. Humanity is building a machine, and this enables us to collaborate in new ways. Collaboration can occur on an astronomical basis.

Now a new generation is opening up the world as well. I started studying kids about 15 years ago, -- so actually 20 years ago now -- and I noticed how my own children were effortlessly able to use all this sophisticated technology, and at first I thought, "My children are prodigies!" (Laughter) But then I noticed all their friends were like them, so that was a bad theory. So I've started working with a few hundred kids, and I came to the conclusion that this is the first generation to come of age in the digital age, to be bathed in bits. I call them the Net Generation. I said, these kids are different. They have no fear of technology, because it's not there. It's like the air. It's sort of like, I have no fear of a refrigerator. And - (Laughter)

And there's no more powerful force to change every institution than the first generation of digital natives. I'm a digital immigrant. I had to learn the language.

The global economic crisis is opening up the world as well. Our opaque institutions from the Industrial Age, everything from old models of the corporation, government, media, Wall Street, are in various stages of being stalled or frozen or in atrophy or even failing, and this is now creating a burning platform in the world. I mean, think about Wall Street. The core modus operandi of Wall Street almost brought down global capitalism.

Now, you know the idea of a burning platform, that you're somewhere where the costs of staying where you are become greater than the costs of moving to something different, perhaps something radically different. And we need to change and open up all of our institutions.

So this technology push, a demographic kick from a new generation and a demand pull from a new economic global environment is causing the world to open up.

Now, I think, in fact, we're at a turning point in human history, where we can finally now rebuild many of the institutions of the Industrial Age around a new set of principles.

Now, what is openness? Well, as it turns out, openness has a number of different meanings, and for each there's a corresponding principle for the transformation of civilization. The first is collaboration. Now, this is openness in the sense of the boundaries of organizations becoming more porous and fluid and open.

The guy in the picture here, I'll tell you his story. His name is Rob McEwen. I'd like to say, "I have this think tank, we scour the world for amazing case studies." The reason I know this story is because he's my neighbor. (Laughter) He actually moved across the street from us, and he held a cocktail party to meet the neighbors, and he says, "You're Don Tapscott. I've read some of your books." I said, "Great. What do you do?" And he says, "Well I used to be a banker and now I'm a gold miner." And he tells me this amazing story. He takes over this gold mine, and his geologists can't tell him where the gold is. He gives them more money for geological data, they come back, they can't tell him where to go into production. After a few years, he's so frustrated he's ready to give up, but he has an epiphany one day. He wonders, "If my geologists don't know where the gold is, maybe somebody else does." So he does a "radical" thing. He takes his geological data, he publishes it and he holds a contest on the Internet called the Goldcorp Challenge. It's basically half a million dollars in prize money for anybody who can tell me, do I have any gold, and if so, where is it? (Laughter)

He gets submissions from all around the world. They use techniques that he's never heard of, and for his half a million dollars in prize money, Rob McEwen finds 3.4 billion dollars worth of gold. The market value of his company goes from 90 million to 10 billion dollars, and I can tell you, because he's my neighbor, he's a happy camper. (Laughter)

You know, conventional wisdom says talent is inside, right? Your most precious asset goes out the elevator every night. He viewed talent differently. He wondered, who are their peers? He should have fired his geology department, but he didn't. You know, some of the best submissions didn't come from geologists. They came from computer scientists, engineers. The winner was a computer graphics company that built a three dimensional model of the mine where you can helicopter underground and see where the gold is.

He helped us understand that social media's becoming social production. It's not about hooking up online. This is a new means of production in the making. And this Ideagora that he created, an open market, agora, for uniquely qualified minds, was part of a change, a profound change in the deep structure and architecture of our organizations, and how we sort of orchestrate capability to innovate, to create goods and services, to engage with the rest of the world, in terms of government, how we create public value. Openness is about collaboration.

Now secondly, openness is about transparency. This is different. Here, we're talking about the communication of pertinent information to stakeholders of organizations: employees, customers, business partners, shareholders, and so on.

And everywhere, our institutions are becoming naked. People are all bent out of shape about WikiLeaks, but that's just the tip of the iceberg. You see, people at their fingertips now, everybody, not just Julian Assange, have these powerful tools for finding out what's going on, scrutinizing, informing others, and even organizing collective responses. Institutions are becoming naked,

and if you're going to be naked, well, there's some corollaries that flow from that. I mean,one is, fitness is no longer optional. (Laughter) You know? Or if you're going to be naked, you'd better get buff.

Now, by buff I mean, you need to have good value, because value is evidenced like never before. You say you have good products. They'd better be good. But you also need to have values. You need to have integrity as part of your bones and your DNA as an organization, because if you don't, you'll be unable to build trust, and trust is a sine qua non of this new network world.

So this is good. It's not bad. Sunlight is the best disinfectant. And we need a lot of sunlight in this troubled world.

Now, the third meaning and corresponding principle of openness is about sharing. Now this is different than transparency. Transparency is about the communication of information. Sharing is about giving up assets, intellectual property.

And there are all kinds of famous stories about this. IBM gave away 400 million dollars of software to the Linux movement, and that gave them a multi-billion dollar payoff.

Now, conventional wisdom says, "Well, hey, our intellectual property belongs to us, and if someone tries to infringe it, we're going to get out our lawyers and we're going to sue them." Well, it didn't work so well for the record labels, did it? I mean, they took - They had a technology disruption, and rather than taking a business model innovation to correspond to that, they took and sought a legal solution and the industry that brought you Elvis and the Beatles is now suing children and is in danger of collapse.

So we need to think differently about intellectual property.

I'll give you an example. The pharmaceutical industry is in deep trouble. First of all, there aren't a lot of big inventions in the pipeline, and this is a big problem for human health, and the pharmaceutical industry has got a bigger problem, that they're about to fall off something called the patent cliff. Do you know about this? They're going to lose 20 to 35 percent of their revenue in the next 12 months. And what are you going to do, like, cut back on paper clips or something? No.

We need to reinvent the whole model of scientific research. The pharmaceutical industry needs to place assets in a commons. They need to start sharing precompetitive research. They need to start sharing clinical trial data, and in doing so, create a rising tide that could lift all boats, not just for the industry but for humanity.

Now, the fourth meaning of openness, and corresponding principle, is about empowerment. And I'm not talking about the motherhood sense here. Knowledge and intelligence is power, and as it becomes more distributed, there's a concomitant distribution and decentralization and disaggregation of power that's underway in the world today. The open world is bringing freedom.

Now, take the Arab Spring. The debate about the role of social media and social change has been settled. You know,one word: Tunisia. And then it ended up having a whole bunch of other words too. But in the Tunisian revolution, the new media didn't cause the revolution; it was caused by injustice. Social media didn't create the revolution; it was created by a new generation of young people who wanted jobs and hope and who didn't want to be treated as subjects anymore.

But just as the Internet drops transaction and collaboration costs in business and government, it also drops the cost of dissent, of rebellion, and even insurrection in ways that people didn't understand.

You know, during the Tunisian revolution, snipers associated with the regime were killing unarmed students in the street. So the students would take their mobile devices, take a picture, triangulate the location, send that picture to friendly military units, who'd come in and take out the snipers. You think that social media is about hooking up online? For these kids, it was a military tool to defend unarmed people from murderers. It was a tool of self-defense.

You know, as we speak today, young people are being killed in Syria, and up until three months ago, if you were injured on the street, an ambulance would pick you up, take you to the hospital, you'd go in, say, with a broken leg, and you'd come out with a bullet in your head.

So these 20-somethings created an alternative health care system, where what they did is they used Twitter and basic publicly available tools that when someone's injured, a car would show up, it would pick them up, take them to a makeshift medical clinic, where you'd get medical treatment, as opposed to being executed. So this is a time of great change.

Now, it's not without its problems. Up until two years ago, all revolutions in human history had a leadership, and when the old regime fell, the leadership and the organization would take power. Well, these wiki revolutions happen so fast they create a vacuum, and politics abhors a vacuum, and unsavory forces can fill that, typically the old regime, or extremists, or fundamentalist forces. You can see this playing out today in Egypt.

But that doesn't matter, because this is moving forward. The train has left the station. The cat is out of the bag. The horse is out of the barn. Help me out here, okay? (Laughter) The toothpaste is out of the tube. I mean, we're not putting this one back. The open world is bringing empowerment and freedom.

I think, at the end of these four days, that you'll come to conclude that the arc of history is a positive one, and it's towards openness.

If you go back a few hundred years, all around the world it was a very closed society. It was agrarian, and the means of production and political system was called feudalism, and knowledge was concentrated in the church and the nobility. People didn't know about things. There was no concept of progress. You were born, you lived your life and you died.

But then Johannes Gutenberg came along with his great invention, and, over time, the society opened up. People started to learn about things, and when they did, the institutions of feudal society appeared to be stalled, or frozen, or failing. It didn't make sense for the church to be responsible for medicine when people had knowledge.

So we saw the Protestant Reformation. Martin Luther called the printing press "God's highest act of grace." The creation of a corporation, science, the university, eventually the Industrial Revolution, and it was all good.

But it came with a cost.

And now, once again, the technology genie is out of the bottle, but this time it's different. The printing press gave us access to the written word. The Internet enables each of us to be a producer. The printing press gave us access to recorded knowledge. The Internet gives us access, not just to information and knowledge, but to the intelligence contained in the crania of other people on a global basis.

To me, this is not an information age, it's an age of networked intelligence. It's an age of vast promise, an age of collaboration, where the boundaries of our organizations are changing, of transparency, where sunlight is disinfecting civilization, an age of sharing and understanding the new power of the commons, and it's an age of empowerment and of freedom.

Now, what I'd like to do is, to close, to share with you some research that I've been doing. I've tried to study all kinds of organizations to understand what the future might look like, but I've been studying nature recently.

You know, bees come in swarms and fish come in schools. Starlings, in the area around Edinburgh, in the moors of England, come in something called a murmuration, and the murmuration refers to the murmuring of the wings of the birds, and throughout the day the starlings are out over a 20-mile radius sort of doing their starling thing. And at night they come together and they create one of the most spectacular things in all of nature, and it's called a murmuration. And scientists that have studied this have said they've never seen an accident. Now, this thing has a function. It protects the birds. You can see on the right here, there's a predator being chased away by the collective power of the birds, and apparently this is a frightening thing if you're a predator of starlings. And there's leadership, but there's no one leader.

Now, is this some kind of fanciful analogy, or could we actually learn something from this? Well, the murmuration functions to record a number of principles, and they're basically the principles that I have described to you today. This is a huge collaboration. It's an openness, it's a sharing of all kinds of information, not just about location and trajectory and danger and so on, but about food sources. And there's a real sense of interdependence, that the individual birds somehow understand that their interests are in the interest of the collective.

Perhaps like we should understand that business can't succeed in a world that's failing.

Well, I look at this thing, and I get a lot of hope. Think about the kids today in the Arab Spring, and you see something like this that's underway.

And imagine, just consider this idea, if you would: What if we could connect ourselves in this world through a vast network of air and glass? Could we go beyond just sharing information and knowledge? Could we start to share our intelligence? Could we create some kind of collective intelligence that goes beyond an individual or a group or a team to create, perhaps, some kind of consciousness on a global basis? Well, if we could do this, we could attack some big problems in the world.

And I look at this thing, and, I don't know, I get a lot of hope that maybe this smaller, networked, open world that our kids inherit might be a better one, and that this new age of networked intelligence could be an age of promise fulfilled and of peril unrequited.

Let's do this. Thank you.

(Applause)

オープンとは 機会や可能性を表す言葉です 青天井 オープン型暖炉 オープン ソース 自由貿易政策 (無料で飲める)オープンバー(笑)

世界はどこもかしこもオープンになってきていて それ自体は良い事です

なぜこのような事が起きているのでしょう? 技術革命が世界をオープンにしているのです

昔のインターネットはコンテンツを見せるための プラットフォームでした 今やインターネットは データ処理のためのプラットフォームです インターネットは 巨大な世界規模のコンピューターになりつつあり 接続して 動画のアップロードや Google検索 何かをリミックスする度に 我々が共有するこの巨大な世界規模のコンピュータを プログラムしているのです 人類はこの機械の製作によって 新しい方法で協力し合うことが可能となりました コラボレーションは地球規模で起こり得るのです

今や新しい世代も世界を開こうとしています 15年程前に子供たちに関する調査を始めた頃 ―実際は20年以上前になるのですが― 私の子供たちが こんなにも複雑な技術を 苦もなく使いこなしていることに気づき 始めはこう思いました 「私の子供たちは天才だ!」(笑) でも彼らの友人も 同様だったことがわかり 仮説は誤りと判明しました 数百人の子供たちを調査した結果 一つの結論に至りました これがデジタル時代において ビットを産湯に使った初めての世代なのだと 私は彼らをネット世代と呼びました この子供たちは特別で存在の見えない 技術を恐れません 空気のようなものです 私が冷蔵庫を怖がらないのと同じようなものです そして... (笑)

そしてデジタルネイティブの 第一世代ほど強力にあらゆる組織を変える集団は他にありません 私はデジタル移民です 言葉を学ばなければなりませんでした

世界的な経済危機もまたオープンな世界へと導きます 産業時代に生まれた不透明な機関は全て 昔ながらの企業や政府も メディアもウォール街も 様々な形で停滞したり機能停止したり 退化したり破たんしたりしています こうして世界中のプラットフォームが燃え上がっているのです ウォール街について考えてみてください ウォール街の伝統的な手法によって グローバル資本主義は危うく破綻しかけました

石油プラットフォームの火災と同じで おそらくその場に留まることのほうが 他所に動いて根本的な変革を受け入れることよりも 高くつくことになります 我々の機関はすべて変革しオープンにする必要があります

このように技術や若くて新しい世代の人たちによる後押しに加え 新しいグローバルな経済環境による 需要によって 世界はオープンになりつつあります

今は 私が思うに 人類史における転換期に差しかかっており 新しい原則に沿ってようやく 産業時代からの多くの機関を再構築する時期に入ったと考えます

ではオープンとは何でしょう オープンというときには様々な意味が存在します それぞれが文明の変革につながる原則を 持ち合わせているのです 一つ目はコラボレーションです これは組織における境界に 穴が開いて流動的になるという意味で オープンになることです

この写真に映っている男性のとある話を紹介します 彼の名はロブ・マキューエンです シンクタンクの仕事で集めた 世界中の驚くべき事例から 紹介します と言いたいところですが 彼の話を知っている理由は 近所に住んでいるからです (笑) 通りの向かいに引っ越してきた彼が 隣人を招いたカクテルパーティーで 「ドン・タプスコットさん あなたの本を読みましたよ」 と話しかけられました 「ありがとう ご職業は?」 「元は銀行員で 今は金の採掘をしています」 そして私にとても面白い話をしてくれたのです ある金鉱を入手したものの社内の地質部門では 金の在りかがわかりませんでした 資金を投じてデータを追加しても どこを掘ったら良いか決められないのです 数年後 失望のあまり諦めかけた時に ある日 彼は突然ひらめきました 「地質部門に金の在りかがわからなくても 他の人なら分かるかもしれない」 そこで彼は「大胆な」ことを行ったのです 地質データをインターネットに公開し ゴールドコープ・チャレンジというコンテストを開催したのです 賞金は50万ドル 課題は そこに金はあるのか あるのなら その場所は?というものでした(笑)

世界中から応募が集まりました 聞いたこともないような技術が用いられて 50万ドルの懸賞金の成果として ロブ・マキューエンは 34億ドルの金脈を探し当てました 彼の会社の市場価値は 9000万ドルから100億ドルになり 近所に住んでるから良くわかるんですが 彼はごきげんに暮らしています(笑)

人材は組織内で求めるものというのが普通の考え方です 会社の最も貴重な資産は毎晩帰っていく社員なのです 彼は人材について違う視点を持っていました 彼らにとっての仲間とは誰なのか考えたのです 地質学部門はクビになってもよさそうですがそんなことはありませんでした いくつかの有力な提案は地質の専門家からではなく コンピュータ科学者やエンジニアからでした 優勝したのは 地中のどこに金が存在しているか確認できる 鉱山の3次元モデルを作った コンピュータ・グラフィックの会社でした

彼の話で ソーシャル・メディアからソーシャルな生産活動が 始まっていることがわかります インターネットへの接続のみに留まらず 新しい生産手段が作られつつあるのです 彼が作り出したイデアゴラは 特別な知性を持つ人にとってはオープンな市場であり広場であり 組織の構造を その根本から問う変革の一部でした また 革新を生み出し 物やサービスを作り出すために また外の世界と関わるために持てる力をどのように結集させるかを 示したものでした 行政の場合で言えば いかに公共の価値を生み出すかということです オープンであるとはコラボレーションのことなのです

二つ目に オープンとは透明性のことです 先ほどの話と異なり ここで紹介するのは 組織の利害関係者や 従業員 顧客 ビジネスパートナー 株主にかかわる情報の コミュニケーションの話です

いたるところで 機関は裸にされています 多くの人がウィキリークスに怒っていますが それは氷山の一角にすぎません ジュリアン・アサンジ氏に限らず 今や多くの人たちが 強力なツールを使って 何が起きているのか 調査し 周囲に知らせ 不特定多数の意見をまとめることが可能なのです あらゆる機関は裸にされつつあります

いずれ裸にされるのなら そこから導かれる答えもあります その一つは キレイな体を維持すべし (笑) 丸裸になるなら 備えておいた方が良いですね

備えるというのはつまり優れた価値を持つということです 価値はかつてないほど重視されます 良い製品があると言ったとします 良いに越したことはないですが価値も必要です 組織の骨格やDNAとして 誠実さがなければ 信頼を築くこともできません 信頼はこの新しいネットワーク世界に不可欠な要素です

これは良いことで悪いことはではないんです 日光は殺菌には最高ですが この厄介な世界には日光がたくさん必要です

オープンの三つ目の意味とその原則は 共有です これは透明性とはまた異なります 透明性は情報伝達に関わるものです 共有とは 資産や知的財産を手放すということです

これについて様々な有名な話があります IBMは4億ドル分のソフトウェアを Linuxの活動に提供し 数十億ドルの見返りを得ました

世間一般の通念は 「私たちの知的財産は私たちのものだ それを侵害しようとする人たちは 弁護士を使って訴えるぞ」というものです レコード会社はこの方法ではうまくいきませんでしたよね? 破壊的な技術が登場したときに それに対処したビジネスモデルの革新を行わず 法的な解決を目指しました エルビスやビートルズを広めた業界が 今や若者相手の裁判を行い 崩壊の危機に陥っています

私たちは知的財産について 考えを変える必要があります

一つ例を紹介します 製薬業界は今 深刻な問題に直面しています まず 薬の開発段階で革新的な発明があまりありません これは人類の健康上の大問題ですが 製薬業界はさらに大きな問題に直面しています いわゆる「特許の崖」から落ちる寸前なのです ご存知でしたか? 製薬業界は次の12ヶ月間で 収益の20から35パーセントを 失うことになります どうすればいいでしょう? クリップなどの消耗品の削減を図るべきでしょうか?違います

科学研究の全体モデルを変える必要があるのです 製薬業界は 資産を共有する必要があります 競争以前の基礎研究は共有し始めるのです 彼らは臨床試験のデータを 共有し始めるべきです それによって 産業だけに留まらず人類全体のために 大きな潮流を生み出すことが できるでしょう

オープンの四つ目の 意味と原則は 力を与えることです 母性を発揮せよと言っているのではありません 知識や知性は力になります 知が拡散すればするほど これに伴って 力が 分配され 分散され 分割されるのです 今 世界中で起きています オープンな世界は自由をもたらします

アラブの春を例にしましょう 社会変革におけるソーシャル・メディアの 役割についての議論はひと段落しました ひとことで言えば チュニジアです そして その後いろいろな方面に広がりました チュニジアの革命では 新しいメディアが革命を起こした訳ではありません 人々の不満が発端だったのです ソーシャル・メディアが革命を生み出した訳ではありません 革命は仕事や希望を求め 支配されるのはもう嫌だという 若い世代の人々が起こしました

インターネットが ビジネスや行政における取引や協同する際の コストを引き下げたように 反政府活動や抵抗運動 それに暴動のコストも思わぬ形で 下げることができるようになりました

チュニジア革命においては 政権側の狙撃兵が路上の非武装の 学生を殺害していました そこで学生たちは モバイル端末を使って 写真を撮って 位置を測量すると 友軍部隊に送り 狙撃兵を排除させたのです ソーシャルメディアは ネットの交流だけではありません 若者たちにとって 殺人者から非武装の人たちを守るための 軍用ツールだったのです これは自衛のためのツールなのです

こうしている間にも シリアでは若者たちが殺されており 3ヶ月前までは 路上で負傷したら 救急車があなたを 病院まで搬送し例えば足の骨折で受診しても 頭に弾丸を打ち込まれて帰される状態でした

そこでこのような20代の人たちが 代替の救急システムを作りました 彼らはTwitterや 誰でも使えるツールを使って けが人が発生したら 手配した車に乗せて 簡易の診療所に運んで治療を受けさせ 処刑はされないというシステムを構築しました 今や大きな変革の時代を迎えました

問題がないわけではありません 2年前まで 人類史上の全ての革命には指導者が存在し 旧体制が崩壊した際には その指導者と組織が 権力を掌握していました 一方 このWiki革命は あまりにも一瞬にして起こるため 政治的空白を生み出します 政治は空白を嫌いよからぬ勢力が空白を埋めることにもなります たいていは 旧体制や 過激派や原理主義勢力などです これは 現在のエジプトで見る事ができます

しかし それでも構わないのです なぜなら状況は前進しているからです 電車は駅を出発しました猫は袋から逃げました 馬は馬小屋から逃げましたもっと ありますか?(笑) 歯磨き粉はチューブから出ました もう元には戻せないのです オープンな世界は力と自由を与えているのです

TEDGlobal の4日間が終わる頃には 歴史の転換期が肯定的なものであり オープンな方へ向かっていると結論づけることになるでしょう

数百年遡ってみると 世界中どこもかしこもとても閉鎖的な社会でした 農耕社会であり 生産や政治システムは封建主義と呼ばれ 知識は教会や貴族に独占されていました 人々は無知で 進歩という概念がなかったのです 生まれて 自分の人生を生き 死ぬのです

しかしその後 ヨハネス・グーテンベルクが 素晴らしい発明をもたらし 徐々に社会が開かれていったのです 人々が自ら学び始めた結果 封建社会における諸機関は 行き詰まり 進歩がなく破綻しているように見られました 人々が知識を持つと教会が医学の知識を 独占していることも腑に落ちないようになり

やがて宗教改革を迎えます マルティン・ルターは印刷機のことを 「神の最大級の恩典」と呼びました 企業や 科学 大学 特に 産業革命の実現は 全て良いことでした

しかし その代償もありました

そして今 再び 技術の変革期に直面していますが 今回は少し様相が違います 印刷機で 誰もが文書を読めるようになりましたが インターネットでは 誰もが情報を発信できるようになるのです 印刷機は記録された知識へのアクセスを可能にしました インターネットは情報や知識だけではなく 地球規模における 他の人たちの知性も アクセスできるようになりました

私にとって 今は情報時代ではなく ネットワーク化した知性の時代なのです 広大な見通しを得る時代であり コラボレーションの時代です 組織における境界は変化しつつあり 透明性という日光が 文明を浄化しながら 新たな共有財の力を 共有し 理解する時代であり 自由と力を個人に与える 時代なのです

それでは 皆さんに 最後に最近 私が取り組んでる 研究を紹介します 未来がどのような形となるのか理解するため 様々な組織を調査しましたが 最近は自然界からも学んでいます

ご存知のように 蜂も 魚も群れで行動します エディンバラ周辺の イギリスの湿原地に生息するムクドリは 群舞します 群舞 (murmuration) は鳥たちの羽音(murmuring) に由来しています ムクドリは 日中は半径20マイルの範囲に広がって それぞれに過ごします そして 夜になるとムクドリは集まり 自然界の中で最も見事な現象を作り上げます これが群舞です この現象を研究している科学者たちは 衝突する所を見たことがないと言います この現象にはある効果があります 鳥たちを外敵から守るのです 右側をご覧下さい 鳥たちの団結によって捕食者は追い払われています これはムクドリの捕食者の立場であれば 恐ろしい状況でしょう ここにはリーダーシップは存在しますが 決まったリーダーはいません

これは一種の突飛なアナロジーでしょうか? それともこれから学べることがあるでしょうか? ええ 群舞の働きから いくつかの原則を見出せます これらはおおむね今日皆さんにご紹介した原則です これは巨大なコラボレーションです オープンです 位置や軌跡 危険性などに限らず 食料源などといったあらゆる情報を共有しているのです 本当の意味での相互依存関係が存在し 鳥の一羽一羽が どうやってか集団の利益が自分の利益だと理解しています

たぶん私たちも 崩壊しつつある世界ではビジネスも成功しないことを 理解すべきかもしれません

でも 私はこういったものを見ると 大変勇気づけられます アラブの春の若者やあちこちで進行中の同様の状況のことを 考えてみてください

そしてこんな考えについて想像してみてください もし私たちがこの世界に 無線や光ファイバーで構成された 広大なネットワークを通じて繋がり合えたとしたら 情報や知識を共有するだけの枠を超えられるでしょうか? 私たちの知性を共有し始めることが出来るでしょうか? 個人やグループ もしくはチームを上回る 集合知のようなものを作り出し 地球規模における意識のようなものを生み出すことは可能でしょうか? これができれば 世界の抱える大問題に取り組むことができるでしょう

こういったものを見ると 私はとても勇気づけられますもしかしたら 私たちの子供たちが受け継ぐこの小さな ネットワーク化した オープンな世界が 今の世界よりも良いものであって この新しいネットワーク化した知性の時代が 展望に満ちた 危機的状況を回避する 時代であるかもしれないと考えるのです

是非実現しようではありませんかありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画