TED日本語 - エリック・ウィテカー: バーチャル合唱団ライブ

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - エリック・ウィテカー: バーチャル合唱団ライブ

TED Talks

バーチャル合唱団ライブ
Virtual Choir Live
エリック・ウィテカー
Eric Whitacre

内容

作曲家・指揮者であるエリック・ウィテカーは、たくさんの国々の歌手をビデオの上で結び付けて「バーチャル合唱団」を作り上げ、何百万という人々に感動を与えました。今回、初の試みとして、この体験をリアルタイムで実現します。ステージ上にいる地元の大学から募られた合唱団に、Skypeを使って世界に散らばる32人の歌手が加わり、オクタビオ・パスの詩によるウィテカー作曲の『豪雨』を見事に歌い上げます。

Script

In 1991 I had maybe the most profound and transformative experience of my life. I was in the third year of my seven-year undergraduate degree. I took a couple victory laps in there. And I was on a college choir tour up in Northern California, and we had stopped for the day after all day on the bus, and we were relaxing next to this beautiful idyllic lake in the mountains. And there were crickets and birds and frogs making noise, and as we sat there, over the mountains coming in from the north were these Steven Spielbergian clouds rolling toward us, and as the clouds got about halfway over the valley, so help me God, every single animal in that place stopped making noise at the same time. (Whoosh) This electric hush, as if they could sense what was about to happen. And then the clouds came over us, and then, boom! This massive thunderclap, and sheets of rain. It was just extraordinary, and when I came back home I found a poem by the Mexican poet Octavio Paz, and decided to set it to music, a piece for choir called "Cloudburst," which is the piece that we'll perform for you in just a moment.

Now fast forward to just three years ago. (Music) And we released to YouTube this, the Virtual Choir Project,185 singers from 12 different countries. You can see my little video there conducting these people, alone in their dorm rooms or in their living rooms at home. Two years ago, on this very stage, we premiered Virtual Choir 2,2,052 singers from 58 different countries, this time performing a piece that I had written called "Sleep." And then just last spring we released Virtual Choir 3, "Water Night," another piece that I had written, this time nearly 4,000 singers from 73 different countries. (Music)

And when I was speaking to Chris about the future of Virtual Choir and where we might be able to take this, he challenged me to push the technology as far as we possibly could. Could we do this all in real time? Could we have people singing together in real time?

And with the help of Skype, that is what we are going to attempt today. Now, we'll perform "Cloudburst" for you. The first half will be performed by the live singers here on stage. I'm joined by singers from Cal State Long Beach, Cal State Fullerton and Riverside Community College, some of the best amateur choirs in the country, and - (Applause) -- and in the second half of the piece, the virtual choir will join us,30 different singers from 30 different countries.

Now, we've pushed the technology as far as it can go, but there's still less than a second of latency, but in musical terms, that's a lifetime. We deal in milliseconds. So what I've done is, I've adapted "Cloudburst" so that it embraces the latency and the performers sing into the latency instead of trying to be exactly together.

So with deep humility, and for your approval, we present "Cloudburst."

(Applause)

(Piano)

[ The rain ... ] [ Eyes of shadow-water ] [ eyes of well-water ] [ eyes of dream-water. ] [ Blue suns, green whirlwinds, ] [ birdbeaks of light pecking open ] [ pomegranate stars. ] [ But tell me, burnt earth, is there no water? ] [ Only blood, only dust, ] [ only naked footsteps on the thorns? ] [ The rain awakens ... ] [ We must sleep with open eyes, ] [ we must dream with our hands, ] [ we must dream the dreams of a river seeking its course, ] [ of the sun dreaming its worlds. ] [ We must dream aloud, ] [ we must sing till the song puts forth roots, ] [ trunk, branches, birds, stars. ] [ We must find the lost word, ] [ and remember what the blood, ] [ the tides, the earth, and the body say, ] [ and return to the point of departure ... ]

(Music)

(Applause)

[ "Cloudburst" Octavio Paz ] [ translation by Lysander Kemp, adapted by Eric Whitacre ]

Eric Whitacre: Beth. Annabelle, where are you? Jacob. (Applause) Thank you.

1991年のことです 人生で最も深く動かされるような 体験をしました 大学の3年目です学部には7年いたんですが - 「ウィニングラン」をしていたもので 合唱団のツアーで北カリフォルニアに行き 一日中バスに乗った後 山の中ののどかな湖畔で 休憩していました コオロギや鳥やカエルが賑やかに鳴いています そのうち北の方の山から スピルバーグの映画に出てきそうな雲が こちらに迫ってきて 雲が谷に差し掛かった時 鳴いていた動物たちが一斉に 鳴きやんだのです 瞬時に訪れた静けさ - 何が起ころうとしているのか 皆知っているかのようでした そして雲が頭上まで来たとき ドカーン! 凄まじい雷鳴がして激しく雨が降り出しました すごいとしか言いようのないものでした 帰宅後に見つけたオクタビオ・パスの詩に 曲を付け『豪雨』という題で 合唱曲を作ることにしました すぐ後でお聞かせします

時を経て3年前のことになりますが YouTubeで この「バーチャル合唱団」プロジェクトを 公開しました 12カ国から185人の歌手が参加しています 小さな映像の私の指揮で彼らがそれぞれ - 寮の自室や 自宅の居間で歌っています 2年前 この場所で「バーチャル合唱団2」を 初披露しました 58カ国の2,052人の歌手が参加し 私の作った『眠り』という曲を歌いました そして昨年の春には「バーチャル合唱団3」を公開しました 『ウォーター・ナイト』という私の書いた曲を 73カ国の4千人近い歌手が歌っています (音楽)

バーチャル合唱団を今後どうしていこうかと クリスと話していた時 彼は技術を限界まで使うアイデアを提案しました これをリアルタイムでできないか? ライブで歌い合わせるというのは?

Skypeを使って それを今日試みようとしています 『豪雨』をお聞かせします 前半は ステージにいる歌手が歌います カリフォルニア州立大のロングビーチ校と フラートン校 それにリバーサイド・シティ・カレッジから 米国最高のアマチュア合唱団が参加してくれました (拍手) 後半部で 30カ国から30人のバーチャル合唱団が これに加わります

技術の粋を尽くしてもズレが出ます 1秒未満ですが ミリ秒単位の音楽の世界では 一生分もの時間です それでズレが出ても大丈夫なように 『豪雨』を編曲することにしました 歌手達が正確に合わせなくとも 音楽として成り立つようにしたのです

では恐れながら皆さんのお許しを頂いて 『豪雨』を演奏させて頂きます

(拍手)

(ピアノ)

雨・・・ 影の水の目 井戸水の目 夢の水の目 青い太陽 緑の旋風 光のくちばしが つつき開く ザクロの星々 教えてほしい 焼けた地よ水はないのか? 血ばかり 塵ばかり 棘を踏んだ足跡ばかり 雨が目を覚ます・・・ 目を開けて眠らなければならない 手で夢を見なければならない 道を探す川の夢を夢見なければならない 自らの世界を夢見る太陽の夢を 声に出して夢見なければならない 歌わなければならない歌が根を張り - 幹 枝 鳥 星になるまで 失われた言葉を見つけねばならない 血が 潮が 大地が 肉体が 語ることを記憶し 出発の地まで戻らねばならない

(音楽)

(拍手)

『豪雨』 曲/ エリック・ウィテカー詩/ オクタビオ・パス 訳/ ライサンダー・ケンプ

ベス アナベルはどこ?ジェイコブも (拍手) どうもありがとう

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画