TED日本語 - レスリー・モーガン・スタイナー: 家庭内暴力から逃げださない理由

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - レスリー・モーガン・スタイナー: 家庭内暴力から逃げださない理由

TED Talks

家庭内暴力から逃げださない理由
Why domestic violence victims don't leave
レスリー・モーガン・スタイナー
Leslie Morgan Steiner

内容

レスリー・モーガン・スタイナーは「危険な恋」に陥りました。それは彼女に日常的に暴力を振るい、彼女の命を脅かす男との恋愛でした。スタイナーは、自身の暗い過去の恋愛を語りながら人々が被害者に対して持つ考え方を正し、沈黙を破ることで被害者を助ける事ができることを伝えます。(TEDxRainier)

Script

I'm here today to talk about a disturbing question, which has an equally disturbing answer. My topic is the secrets of domestic violence, and the question I'm going to tackle is the one question everyone always asks: Why does she stay? Why would anyone stay with a man who beats her? I'm not a psychiatrist, a social worker or an expert in domestic violence. I'm just one woman with a story to tell.

I was 22. I had just graduated from Harvard College. I had moved to New York City for my first job as a writer and editor at Seventeen magazine. I had my first apartment, my first little green American Express card, and I had a very big secret. My secret was that I had this gun loaded with hollow-point bullets pointed at my head by the man who I thought was my soulmate, many, many times. The man who I loved more than anybody on Earth held a gun to my head and threatened to kill me more times than I can even remember. I'm here to tell you the story of crazy love, a psychological trap disguised as love,one that millions of women and even a few men fall into every year. It may even be your story.

I don't look like a typical domestic violence survivor. I have a B.A. in English from Harvard College, an MBA in marketing from Wharton Business School. I've spent most of my career working for Fortune 500 companies including Johnson & Johnson, Leo Burnett and The Washington Post. I've been married for almost 20 years to my second husband and we have three kids together. My dog is a black lab, and I drive a Honda Odyssey minivan. (Laughter)

So my first message for you is that domestic violence happens to everyone -- all races, all religions, all income and education levels. It's everywhere. And my second message is that everyone thinks domestic violence happens to women, that it's a women's issue. Not exactly. Over 85 percent of abusers are men, and domestic abuse happens only in intimate, interdependent, long-term relationships, in other words, in families, the last place we would want or expect to find violence, which is one reason domestic abuse is so confusing.

I would have told you myself that I was the last person on Earth who would stay with a man who beats me, but in fact I was a very typical victim because of my age. I was 22, and in the United States, women ages 16 to 24 are three times as likely to be domestic violence victims as women of other ages, and over 500 women and girls this age are killed every year by abusive partners, boyfriends, and husbands in the United States.

I was also a very typical victim because I knew nothing about domestic violence, its warning signs or its patterns.

I met Conor on a cold, rainy January night. He sat next to me on the New York City subway, and he started chatting me up. He told me two things. One was that he, too, had just graduated from an Ivy League school, and that he worked at a very impressive Wall Street bank. But what made the biggest impression on me that first meeting was that he was smart and funny and he looked like a farm boy. He had these big cheeks, these big apple cheeks and this wheat-blond hair, and he seemed so sweet.

One of the smartest things Conor did, from the very beginning, was to create the illusion that I was the dominant partner in the relationship. He did this especially at the beginning by idolizing me. We started dating, and he loved everything about me, that I was smart, that I'd gone to Harvard, that I was passionate about helping teenage girls, and my job. He wanted to know everything about my family and my childhood and my hopes and dreams. Conor believed in me, as a writer and a woman, in a way that no one else ever had. And he also created a magical atmosphere of trust between us by confessing his secret, which was that, as a very young boy starting at age four, he had been savagely and repeatedly physically abused by his stepfather, and the abuse had gotten so bad that he had had to drop out of school in eighth grade, even though he was very smart, and he'd spent almost 20 years rebuilding his life. Which is why that Ivy League degree and the Wall Street job and his bright shiny future meant so much to him. If you had told me that this smart, funny, sensitive man who adored me would one day dictate whether or not I wore makeup, how short my skirts were, where I lived, what jobs I took, who my friends were and where I spent Christmas, I would have laughed at you, because there was not a hint of violence or control or anger in Conor at the beginning. I didn't know that the first stage in any domestic violence relationship is to seduce and charm the victim.

I also didn't know that the second step is to isolate the victim. Now, Conor did not come home one day and announce, "You know, hey, all this Romeo and Juliet stuff has been great, but I need to move into the next phase where I isolate you and I abuse you" - (Laughter) - "so I need to get you out of this apartment where the neighbors can hear you scream and out of this city where you have friends and family and coworkers who can see the bruises." Instead, Conor came home one Friday evening and he told me that he had quit his job that day, his dream job, and he said that he had quit his job because of me, because I had made him feel so safe and loved that he didn't need to prove himself on Wall Street anymore, and he just wanted to get out of the city and away from his abusive, dysfunctional family, and move to a tiny town in New England where he could start his life over with me by his side. Now, the last thing I wanted to do was leave New York, and my dream job, but I thought you made sacrifices for your soulmate, so I agreed, and I quit my job, and Conor and I left Manhattan together. I had no idea I was falling into crazy love, that I was walking headfirst into a carefully laid physical, financial and psychological trap.

The next step in the domestic violence pattern is to introduce the threat of violence and see how she reacts. And here's where those guns come in. As soon as we moved to New England -- you know, that place where Connor was supposed to feel so safe -- he bought three guns. He kept one in the glove compartment of our car. He kept one under the pillows on our bed, and the third one he kept in his pocket at all times. And he said that he needed those guns because of the trauma he'd experienced as a young boy. He needed them to feel protected. But those guns were really a message for me, and even though he hadn't raised a hand to me, my life was already in grave danger every minute of every day.

Conor first physically attacked me five days before our wedding. It was 7 a.m. I still had on my nightgown. I was working on my computer trying to finish a freelance writing assignment, and I got frustrated, and Conor used my anger as an excuse to put both of his hands around my neck and to squeeze so tightly that I could not breathe or scream, and he used the chokehold to hit my head repeatedly against the wall. Five days later, the ten bruises on my neck had just faded, and I put on my mother's wedding dress, and I married him.

Despite what had happened, I was sure we were going to live happily ever after, because I loved him, and he loved me so much. And he was very, very sorry. He had just been really stressed out by the wedding and by becoming a family with me. It was an isolated incident, and he was never going to hurt me again.

It happened twice more on the honeymoon. The first time, I was driving to find a secret beach and I got lost, and he punched me in the side of my head so hard that the other side of my head repeatedly hit the driver's side window. And then a few days later, driving home from our honeymoon, he got frustrated by traffic, and he threw a cold Big Mac in my face. Conor proceeded to beat me once or twice a week for the next two and a half years of our marriage.

I was mistaken in thinking that I was unique and alone in this situation. One in three American women experiences domestic violence or stalking at some point in her life, and the CDC reports that 15 million children are abused every year,15 million. So actually, I was in very good company.

Back to my question: Why did I stay? The answer is easy. I didn't know he was abusing me. Even though he held those loaded guns to my head, pushed me down stairs, threatened to kill our dog, pulled the key out of the car ignition as I drove down the highway, poured coffee grinds on my head as I dressed for a job interview, I never once thought of myself as a battered wife. Instead, I was a very strong woman in love with a deeply troubled man, and I was the only person on Earth who could help Conor face his demons.

The other question everybody asks is, why doesn't she just leave? Why didn't I walk out? I could have left any time. To me, this is the saddest and most painful question that people ask, because we victims know something you usually don't: It's incredibly dangerous to leave an abuser. Because the final step in the domestic violence pattern is kill her. Over 70 percent of domestic violence murders happen after the victim has ended the relationship, after she's gotten out, because then the abuser has nothing left to lose. Other outcomes include long-term stalking, even after the abuser remarries; denial of financial resources; and manipulation of the family court system to terrify the victim and her children, who are regularly forced by family court judges to spend unsupervised time with the man who beat their mother. And still we ask, why doesn't she just leave?

I was able to leave, because of one final, sadistic beating that broke through my denial. I realized that the man who I loved so much was going to kill me if I let him. So I broke the silence. I told everyone: the police, my neighbors, my friends and family, total strangers, and I'm here today because you all helped me.

We tend to stereotype victims as grisly headlines, self-destructive women, damaged goods. The question, "Why does she stay?" is code for some people for, "It's her fault for staying," as if victims intentionally choose to fall in love with men intent upon destroying us.

But since publishing "Crazy Love," I have heard hundreds of stories from men and women who also got out, who learned an invaluable life lesson from what happened, and who rebuilt lives -- joyous, happy lives -- as employees, wives and mothers, lives completely free of violence, like me. Because it turns out that I'm actually a very typical domestic violence victim and a typical domestic violence survivor. I remarried a kind and gentle man, and we have those three kids. I have that black lab, and I have that minivan. What I will never have again, ever, is a loaded gun held to my head by someone who says that he loves me.

Right now, maybe you're thinking, "Wow, this is fascinating," or, "Wow, how stupid was she," but this whole time, I've actually been talking about you. I promise you there are several people listening to me right now who are currently being abused or who were abused as children or who are abusers themselves. Abuse could be affecting your daughter, your sister, your best friend right now.

I was able to end my own crazy love story by breaking the silence. I'm still breaking the silence today. It's my way of helping other victims, and it's my final request of you. Talk about what you heard here. Abuse thrives only in silence. You have the power to end domestic violence simply by shining a spotlight on it. We victims need everyone. We need every one of you to understand the secrets of domestic violence. Show abuse the light of day by talking about it with your children, your coworkers, your friends and family. Recast survivors as wonderful, lovable people with full futures. Recognize the early signs of violence and conscientiously intervene, deescalate it, show victims a safe way out. Together we can make our beds, our dinner tables and our families the safe and peaceful oases they should be.

Thank you.

(Applause)

今日 私が話す内容は 質問するのも答えるのも嫌になる内容 家庭内暴力の秘密について話します みなさんがよく尋ねる質問に 答えたいと思います それは― 「なぜ逃げないの?」 「なぜ暴力を振るう男と一緒にいるの?」という質問です 私は精神科医でもソーシャルワーカーでもありません 家庭内暴力のエキスパートでもありません 単なる経験者なんです

22歳の時 ハーバード大学を卒業しました そして 就職先のニューヨークに引っ越して 雑誌セブンティーンの記者と編集者として働きました 初めてのアパートを借り 人生初のクレジットカードも持ち 一方で 大きな秘密を抱えてました 弾の入った銃が 私の頭に向けられていたのです 私がソウルメイトと信じた男によって 何度も 何度も 地球上で 私が最も愛した男は 私に銃を向け「殺す」と脅しました 何度されたか思い出せないくらい何回も 今日は ”危険な愛”について話します 愛に扮した心の罠 何百万人の女性と男性までもが 毎年経験する 愛の話です あなたの話かもしれません

私は 典型的な家庭内暴力の元被害者には見えないでしょう ハーバード大学で英語学の学位を習得し ワートン・ビジネススクールでマーケティングでMBAを取得しました そして 収入の高い会社でキャリアを積んできました ジョンソン・エンド・ジョンソン ワシントン・ポストでも働きました 2人目の夫と結婚して 約20年経ちます 3人の子供にも恵まれました 黒のラブラドールを飼っていて車はホンダのミニバンです (笑)

私の1つ目のメッセージは家庭内暴力というものは 誰にも起こり得るということです 人種も宗教も収入も学歴も関係ありません どこでも起こり得るのです 2つ目のメッセージは 家庭内暴力は女性に起きるもの だから 女性の問題と思われがちですが 必ずしもそうとは言えません 加害者の85%以上は男性です 暴力は 親密で相互依存した長い付き合いのカップルに起きます つまり 家庭で起きているのです 最も暴力が存在してほしくないと願う場所です だから 家庭内暴力はやっかいものなのです

”暴力を振るう男性と一緒にならない人間” 自分ではそうだと信じていました しかし 私の年齢こそ典型的な被害者の特徴でした 当時 私は22歳でした アメリカ人女性の16歳から24歳の女性は 他の年齢と比べると被害者になる確率が 3倍も高いのです アメリカでは この年齢層の500人以上の女性が 暴力的な彼氏や夫によって 毎年 命を失っているのです

”無知”だったのも典型です 家庭内暴力の危険信号やパターンを知りませんでした

コーナーに会ったのは寒い1月の雨の夜 ニューヨークの地下鉄で彼は私の隣に座りました そして 私を口説きました 彼は 2つの事を教えてくれました 彼も アメリカ屈指の名門大学を卒業したこと そして ウォール街の銀行で働いているということです この時 彼への強い第一印象は 頭が良く 面白いということ そして 田舎者に見えました 彼の 大きくて赤い丸い頬 輝く金色の髪の毛 とても優しそうに見えました

知り合いたての頃彼の行動は 賢いものでした 私が主導権を握っていると勘違いさせるのです 特に出会ってすぐの頃は 私を崇拝しているかのようでした 付き合い始めると 彼は私のすべてを愛しました 私の頭の良さやハーバード大学出であること 10代の少女を助けることや仕事に熱心だということ 彼は私の全てを知りたがりました 家族や 幼少期のこと望みや 夢など全てです 彼は私を 記者として女性として信頼していました こんなことは彼が初めてでした 彼は秘密を打ち明けることで私たちの間にー ”信用”を築き上げました 秘密とは 4歳頃から 義理の父親から継続的でひどい暴力をふるわれていたのです 虐待はエスカレートし中学2年生で中退したのです ”できる”生徒だったのにも関わらず そして 約20年間を人生のやり直しに費やしたのです だから 名門大学を卒業し ウォール街で働き待ち受ける輝かしい未来は 彼にとって 非常に意味があったのです 当時の私は 笑い飛ばしたでしょうこの賢くて面白く 繊細な男がー 化粧をするかどうか スカートの丈が短いかどうか どこに住み どこで働くか だれと友達になりクリスマスをどこで過ごすか 指図するようになると言われたら 最初の頃の彼に暴力性や支配力 怒りなど見られなかったのです 私は知りませんでした どの家庭内暴力でも 相手を魅了し誘惑することから始まりー

次段階では 相手を孤立させるということを ある日 彼が帰宅して突然こう言ったわけではありません 「ロミオとジュリエットのような日々は最高だったね」 「でも 次の段階に進みたいんだ」 「君を隔離して痛めつけたいんだ」(笑) 「今から引っ越そう」 「近所に叫び声を聞かれずにー」 「君の友達も家族もいなくてー」 「同僚に あざがバレない所にさ」 現実にはある金曜日 仕事から戻った彼は 仕事を辞めたと言ってきたのです 彼の夢の仕事ですよ 私が理由で辞めたと言うのです 私が彼に安心と愛を与えたから ウォール街で 自分の証明をする必要がなくなったと ただ街を出たいと言ったのです 暴力にまみれ崩壊した家族から離れて ニューイングランドの小さな町に引っ越し 私と人生を再スタートさせたいと言ったのです ニューヨークを離れることは私が最もしたくないことでした 私の夢の仕事も辞めたくありませんでした でも ソウルメイトのためには自分を犠牲にするべきだと信じていたのです だから 彼に賛成し仕事を辞めました 私たちは マンハッタンを後にしました 危険な恋をしていると思いもしませんでした 慎重に計画された肉体的 金銭的 精神的な罠に 私は頭から飛び込んでいったのです

家庭内暴力の次の段階のパターンは 暴力を垣間見せることです そして 相手の反応を見るのです 私たちの生活に銃が紛れ込んだのは この段階でした ニューイングランドに引っ越した直後でした 彼が安心して暮らせると言っていた場所です 彼は3丁の銃を購入したのです ダッシュボードの中に1丁 ベッドの枕の下に1丁 そして最後の1丁はポケットの中に常備していました 銃がいる理由を教えてくれました 少年時代の経験がトラウマになっていて 銃があると守られていると感じるのだと しかし実際は私へのメッセージだったのです この時点で暴力はありませんでしたが 私の生活は 毎日少しずつ重大な危険に近づいていたのです

彼が私に初めて暴力を振るったのは 結婚式の5日前でした 朝の7時 私はまだねまきを着ていました フリーランスの執筆の仕事を終わらせようと パソコンに向かい イライラしていました 彼は私の怒りを言い訳に 両手で私の首を絞めたのです 息も 叫ぶこともできない程強く絞められました 彼は私の首を絞めたまま 私の頭を壁に何度も叩き付けたのです 首の10個の あざがやっと消えた5日後に 私は母のウェディングドレスを着て 彼と結婚しました

こんな事が起きたのも関わらず 私は幸せな生活が待っていると信じていました なぜならば 私たちはお互いに愛し合っていたからです また彼は深く反省していました 結婚式や 私と家族になることが ストレスになっていたと 今回限りであって もう暴力を振るわないと約束しました

しかし ハネムーンで2度同じことが起きました 私が穴場のビーチへ運転していて 道に迷ってしまったのです すると彼は私の側頭部を思い切り殴りつけました 殴られなかった側の頭は 何度も 運転席の窓に打ち付けられました それから数日後ハネムーンから帰宅する車の中で 彼は渋滞に我慢できなくなり 冷えたハンバーガーを私の顔に投げつけました 彼は週に1~2度暴力を振るうようになり これが2年半ほど続きました

私はこの状況を勘違いしていました 特別で孤独な状況と思っていたのです アメリカ人女性の3人に1人は 家庭内暴力やストーカーの被害者なのです また CDCの統計によると毎年1500万人の子供が 虐待されています1500万人ですよ つまり 私と同じ状況の仲間がたくさんいたのです

最初の質問に戻ります 「なぜ逃げなかったのか?」 答えは簡単です 私は暴力を受けていると認識していなかったのです 頭に銃が向けられても 階段から落とされても ペットの犬を殺すと脅されても 高速道路を運転中に車の鍵を抜かれても 仕事の面接のために服を着替えた後ー 熱いコーヒーの粉を頭にかけられてもです 暴力を受けていると一度も思いませんでした 代わりに とても強い女性だと思っていました 多くの問題を抱えた男を愛した女 そして地球上で私だけが 悪魔と立ち向かう彼を助けられると思っていたのです

皆から聞かれる もう1つの質問 「どうして逃げないの?」 なぜ出て行かなかったのか?いつでも逃げられたのに 私にとって この質問が最も悲しく辛い質問です それは 被害者にしか分からない事があるからです 暴力者から逃げるのは非常に危険だということです 家庭内暴力の最終段階のパターンは 相手を殺すことです 家庭内暴力による殺人の70%以上は 被害者が関係を終わらせた後に起きています 被害者が逃げてからです もう加害者には失う物が何もないからです 長期のストーカー行為に発展することもあります 相手が再婚した後でさえも 経済援助を拒否したり 家庭裁判所の制度をうまく使い 被害者と その子供に恐怖を与えるのです 裁判所の判断によっては子供たちは定期的に 第三者を交えず父親と会わなくてはなりません 母親に暴力を振るう父親ですよ 知りたいですよね?それでも なぜ逃げないのか

私は逃げる事ができました 最後に受けた 残虐な暴力によって 否定し続けたことが壊されたからです やっと私は気付いたのです私が心から愛する男は 私を殺すかも知れないと だから私は沈黙を破りました 周りの人 全員に話したのです 警察や近所のみんな 友達や家族全く知らない人にまで そして今日 ここにいられるのもそんな皆さんのおかげです

私たちは被害者を一方的に決めつけがちです 新聞の一面トップになるような 自滅的な女性だと思い込んでいます 「なぜ逃げないのか」という質問をするのは 「逃げない彼女の責任」と決め付けるようなものです まるで被害者はわざと暴力を振るう男性に 恋をしたとでもいうように

しかし『Crazy Love(危険な恋)』の出版以来 性別問わず多くの話を聞きました 逃げることができた人々です 経験を通し貴重な人生の教訓を得た人たち 楽しく 幸せな 新しい人生をスタートさせた人たち 仕事をしたり 妻や母として 皆 私と同様に 暴力が完全に存在しない人生を送っています 私は家庭内暴力の典型的な被害者の一人でした また典型的な暴力から逃げれた被害者の一人です 私はとても優しい男性と再婚しました 3人の子供に恵まれました 黒のラブラドールを飼いミニバンを運転しています 私が2度と手に入れないものは 2度と・・・ それは ”頭に向けられる銃”です 私を愛してるという男から向けられる銃です

今 あなたたちは考えていることでしょう 「すばらしい話だ」 とか 「彼女は なんて馬鹿だったんだ」 しかし 実はずっとあなたのことを話していました 私は知っていますよ あなたたちの中にも 現在 暴力を受けている方がいるということを 子供の頃に虐待された方や 加害者も いるかもしれません 暴力はあなたの娘や 親友の人生を脅かしているかもしれないのです

私は自分で"危険な恋”を終わらせることができました 沈黙を破ったからです 今日も沈黙を破り続けています これが私なりの他の被害者を助ける方法です あなたに最後のお願いです ここで聞いた事を話してください 暴力は沈黙の中で脅威を振るいます あなたには暴力を止める力があります 単にそこにスポットライトを当てるだけです 私たち被害者は皆さんを必要としています 皆さんの理解が必要です 家庭内暴力の秘密について 伝える事で暴力にスポットを当てて下さい あなたの子供や同僚 友達や家族に話して下さい 元被害者のイメージを変えて下さい 素晴らしく 愛されるべき未来を持つ人々だと 暴力の早期の兆候に気づき 仲介して下さい 暴力を終わらせ被害者に安全な出口を教えて下さい 皆で力を合わせれば安心して眠り 食事を楽しみ家族と過ごせる 本来 安全で幸せなオアシスであるべき家庭を作れるのです

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画