TED日本語 - エリック・ハースマン: テキストメッセージによる危機の報告

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エリック・ハースマン: テキストメッセージによる危機の報告

TED Talks

テキストメッセージによる危機の報告
How texting helped Kenyans survive crisis
エリック・ハースマン
Erik Hersman

内容

TEDU 2009で、エリック・ハースマンがグーグル・マップのマッシュアップ「ウシヒディ」について語ります。ウシヒディは、2008年の選挙後の暴力についてケニヤ人が報告・追跡するのを可能にし、その後も他の国々で命を救うために開発が続けられています。

Script

So I'm here to tell you a story of success from Africa. A year and a half ago,four of the five people who are full time members at Ushahidi, which means "testimony" in Swahili, were TED Fellows. A year ago in Kenya we had post-election violence. And in that time we prototyped and built, in about three days, a system that would allow anybody with a mobile phone to send in information and reports on what was happening around them. We took what we knew about Africa, the default device, the mobile phone, as our common denominator, and went from there. We got reports like this. This is just a couple of them from January 17th, last year. And our system was rudimentary. It was very basic. It was a mash-up that used data that we collected from people, and we put it on our map.

But then we decided we needed to do something more. We needed to take what we had built and create a platform out of it so that it could be used elsewhere in the world. And so there is a team of developers from all over Africa, who are part of this team now -- from Ghana, from Malawi, from Kenya. There is even some from the U.S. We're building for smartphones, so that it can be used in the developed world, as well as the developing world.

We are realizing that this is true. If it works in Africa then it will work anywhere. And so we build for it in Africa first and then we move to the edges. It's now been deployed in the Democratic Republic of the Congo. It's being used by NGOs all over East Africa, small NGOs doing their own little projects. Just this last month it was deployed by Al Jazeera in Gaza. But that's actually not what I'm here to talk about.

I'm here to talk about the next big thing, because what we're finding out is that we have this capacity to report eyewitness accounts of what's going on in real time. We're seeing this in events like Mumbai recently, where it's so much easier to report now than it is to consume it. There is so much information; what do you do? This is the Twitter reports for over three days just covering Mumbai. How do you decide what is important? What is the veracity level of what you're looking at? So what we find is that there is this great deal of wasted crisis information because there is just too much information for us to actually do anything with right now. And what we're actually really concerned with is this first three hours. What we are looking at is the first three hours. How do we deal with that information that is coming in? You can't understand what is actually happening. On the ground and around the world people are still curious, and trying to figure out what is going on. But they don't know.

So what we built of course, Ushahidi, is crowdsourcing this information. You see this with Twitter, too. You get this information overload. So you've got a lot of information. That's great. But now what? So we think that there is something interesting we can do here. And we have a small team who is working on this. We think that we can actually create a crowdsourced filter. Take the crowd and apply them to the information. And by rating it and by rating the different people who submit information, we can get refined results and weighted results. So that we have a better understanding of the probability of something being true or not. This is the kind of innovation that is, quite frankly -- it's interesting that it's coming from Africa. It's coming from places that you wouldn't expect. From young, smart developers. And it's a community around it that has decided to build this. So, thank you very much. And we are very happy to be part of the TED family. (Applause)

これからアフリカでの成功についてお話しします 一年半前、 スワヒリ語で「宣誓」を意味する 「ウシヒディ」の 常勤メンバー5人のうち4人が TEDフェローでした 一年前、ケニヤでは選挙の後に暴力行為がありました その時に我々は、3日間で 携帯電話を使って誰もが自分の周りで 何が起きているかの情報を 送信できるシステムのプロトタイプを完成させました 我々はアフリカで分かっていること、 皆が持っているデバイス、 携帯電話を共通の基盤として そこから出発しました 「警官隊がデモ隊に実弾と催涙ガスを発射して…」といった報告が来ます これは昨年1月17日の記事のうちの二つです 我々のシステムは未熟で、非常に基本的なものでした 人々から集めたデータを用いたマッシュアップで それらを地図に載せました

しかし、それからもっとやることがあると思いました それまでに開発したものを使って それを元に、世界のどこでも使えるプラットフォームを作りました これが開発チームで ガーナ、マラウィ、ケニヤなど アフリカ各地から来た人達で構成されています アメリカ出身の人もいます 我々は途上国だけでなく、先進国向けにスマートフォンでも 使えるものを開発中です

これが正しいと思っています つまり アフリカで成功すれば、どこでも上手くいく だからアフリカで開発して 最前線へ持っていく 現在ではコンゴ民主共和国でも使われています アフリカ中のNGOでも使われています それぞれ小さなプロジェクトを持つNGOたちです つい先月、ガザのアルジャジーラでも 使われ始めました でも、実はこのことを話しに来たのではありません

次の大きなことを話したいのです つまり 我々は、リアルタイムに 現場の事実の証言をレポートする 能力を手に入れた、ということです これを最近のムンバイでの事件で目撃しました レポートするのが、消費するより ずっと楽になりました 情報がありすぎたら、どうしますか? これはムンバイについて3日間の間に書かれた Twitterのレポートです 何が重要かどうやって決めるのでしょう? あなたが読んでいるものの正確さはどれくらいですか? つまり、分かったのは、非常に多くの 危機情報が無駄に消費されているということです なぜなら、今現在何かを実際にやるには 情報が多すぎるからです 我々が実際に気にしているのは 最初の3時間だけです 我々は最初の3時間をみているのです 流入しつつある情報にどう対処するか? 実際に起きていることはわからない その場所や世界中で 人々はまだ興味があって 何が起きているか知ろうとします しかし分からない

そこで我々ウシヒディが作ったのは この情報をクラウドソースすることでした このTwitterをみてください 情報過剰になっています たくさんの情報を受けている それはいい だが、それで? そこで、ここで面白いことができると思いました これに対処する小規模チームがあります 我々はクラウドソースフィルターを 作れると思っています クラウドを使って情報に当てはめるのです 情報を格付けし、情報を提供する それぞれの人を格付けし より正確で重みづけされた 情報が手に入ります それで我々は、あることが真実かどうかの 確率についてよりよい理解が得られるのです このようなイノベーションが、率直に言って アフリカから起きていることが興味深いです 思いもしなかった場所からもたらされています 若く優秀な開発者たち それを取り巻くコミュニティがこれを作ろうと決めたのです ということで、どうもありがとう TEDファミリーのメンバーでとてもハッピーです (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画