TED日本語 - アンドリュー・ブルーム: インターネットって一体何?

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アンドリュー・ブルーム: インターネットって一体何?

TED Talks

インターネットって一体何?
What is the Internet, really?
アンドリュー・ブルーム
Andrew Blum

内容

ジャーナリストであるアンドリュー・ブルームは、リスがインターネットケーブルを噛んで故障させたのをきっかけに、インターネットは本当は何でできているのか疑問に思い始めました。そこで彼はその真実を確かめる旅に出ました。インターネットを形成している海底ケーブル、秘密のスイッチやその他の物理的なものを紹介します。

Script

I've always written primarily about architecture, about buildings, and writing about architecture is based on certain assumptions. An architect designs a building, and it becomes a place, or many architects design many buildings, and it becomes a city, and regardless of this complicated mix of forces of politics and culture and economics that shapes these places, at the end of the day, you can go and you can visit them. You can walk around them. You can smell them. You can get a feel for them. You can experience their sense of place.

But what was striking to me over the last several years was that less and less was I going out into the world, and more and more, I was sitting in front of my computer screen. And especially since about 2007, when I got an iPhone, I was not only sitting in front of my screen all day, but I was also getting up at the end of the day and looking at this little screen that I carried in my pocket. And what was surprising to me was how quickly my relationship to the physical world had changed. In this very short period of time, you know, whether you call it the last 15 years or so of being online, or the last, you know,four or five years of being online all the time, our relationship to our surroundings had changed in that our attention is constantly divided. You know, we're both looking inside the screens and we're looking out in the world around us.

And what was even more striking to me, and what I really got hung up on, was that the world inside the screen seemed to have no physical reality of its own. If you went and looked for images of the Internet, this was all that you found, this famous image by Opte of the Internet as the kind of Milky Way, this infinite expanse where we don't seem to be anywhere on it. We can never seem to grasp it in its totality. It's always reminded me of the Apollo image of the Earth, the blue marble picture, and it's similarly meant to suggest, I think, that we can't really understand it as a whole. We're always sort of small in the face of its expanse.

So if there was this world and this screen, and if there was the physical world around me, I couldn't ever get them together in the same place.

And then this happened. My Internet broke one day, as it occasionally does, and the cable guy came to fix it, and he started with the dusty clump of cables behind the couch, and he followed it to the front of my building and into the basement and out to the back yard, and there was this big jumble of cables against the wall. And then he saw a squirrel running along the wire, and he said, "There's your problem. A squirrel is chewing on your Internet." (Laughter) And this seemed astounding. The Internet is a transcendent idea. It's a set of protocols that has changed everything from shopping to dating to revolutions. It was unequivocally not something a squirrel could chew on. (Laughter) But that in fact seemed to be the case. A squirrel had in fact chewed on my Internet. (Laughter) And then I got this image in my head of what would happen if you yanked the wire from the wall and if you started to follow it. Where would it go? Was the Internet actually a place that you could visit? Could I go there? Who would I meet? You know, was there something actually out there?

And the answer, by all accounts, was no. This was the Internet, this black box with a red light on it, as represented in the sitcom "The IT Crowd." Normally it lives on the top of Big Ben, because that's where you get the best reception, but they had negotiated that their colleague could borrow it for the afternoon to use in an office presentation. The elders of the Internet were willing to part with it for a short while, and she looks at it and she says, "This is the Internet? The whole Internet? Is it heavy?" They say, "Of course not, the Internet doesn't weigh anything."

And I was embarrassed. I was looking for this thing that only fools seem to look for. The Internet was that amorphous blob, or it was a silly black box with a blinking red light on it. It wasn't a real world out there.

But, in fact, it is. There is a real world of the Internet out there, and that's what I spent about two years visiting, these places of the Internet. I was in large data centers that use as much power as the cities in which they sit, and I visited places like this,60 Hudson Street in New York, which is one of the buildings in the world,one of a very short list of buildings, about a dozen buildings, where more networks of the Internet connect to each other than anywhere else. And that connection is an unequivocally physical process. It's about the router of one network, a Facebook or a Google or a B.T. or a Comcast or a Time Warner, whatever it is, connecting with usually a yellow fiber-optic cable up into the ceiling and down into the router of another network, and that's unequivocally physical, and it's surprisingly intimate. A building like 60 Hudson, and a dozen or so others, has 10 times more networks connecting within it than the next tier of buildings. There's a very short list of these places. And 60 Hudson in particular is interesting because it's home to about a half a dozen very important networks, which are the networks which serve the undersea cables that travel underneath the ocean that connect Europe and America and connect all of us. And it's those cables in particular that I want to focus on.

If the Internet is a global phenomenon, if we live in a global village, it's because there are cables underneath the ocean, cables like this. And in this dimension, they are incredibly small. You can you hold them in your hand. They're like a garden hose. But in the other dimension they are incredibly expansive, as expansive as you can imagine. They stretch across the ocean. They're three or five or eight thousand miles in length, and if the material science and the computational technology is incredibly complicated, the basic physical process is shockingly simple. Light goes in on one end of the ocean and comes out on the other, and it usually comes from a building called a landing station that's often tucked away inconspicuously in a little seaside neighborhood, and there are amplifiers that sit on the ocean floor that look kind of like bluefin tuna, and every 50 miles they amplify the signal, and since the rate of transmission is incredibly fast, the basic unit is a 10-gigabit-per-second wavelength of light, maybe a thousand times your own connection, or capable of carrying 10,000 video streams, but not only that, but you'll put not just one wavelength of light through one of the fibers, but you'll put maybe 50 or 60 or 70 different wavelengths or colors of light through a single fiber, and then you'll have maybe eight fibers in a cable,four going in each direction. And they're tiny. They're the thickness of a hair.

And then they connect to the continent somewhere. They connect in a manhole like this. Literally, this is where the 5, 000-mile cable plugs in. This is in Halifax, a cable that stretches from Halifax to Ireland. And the landscape is changing. Three years ago, when I started thinking about this, there was one cable down the Western coast of Africa, represented in this map by Steve Song as that thin black line. Now there are six cables and more coming,three down each coast. Because once a country gets plugged in by one cable, they realize that it's not enough. If they're going to build an industry around it, they need to know that their connection isn't tenuous but permanent, because if a cable breaks, you have to send a ship out into the water, throw a grappling hook over the side, pick it up, find the other end, and then fuse the two ends back together and then dump it over. It's an intensely, intensely physical process.

So this is my friend Simon Cooper, who until very recently worked for Tata Communications, the communications wing of Tata, the big Indian industrial conglomerate. And I've never met him. We've only communicated via this telepresence system, which always makes me think of him as the man inside the Internet. (Laughter) And he is English. The undersea cable industry is dominated by Englishmen, and they all seem to be 42. (Laughter) Because they all started at the same time with the boom about 20 years ago. And Tata had gotten its start as a communications business when they bought two cables,one across the Atlantic and one across the Pacific, and proceeded to add pieces onto them, until they had built a belt around the world, which means they will send your bits to the East or the West. They have -- this is literally a beam of light around the world, and if a cable breaks in the Pacific, it'll send it around the other direction. And then having done that, they started to look for places to wire next. They looked for the unwired places, and that's meant North and South, primarily these cables to Africa. But what amazes me is Simon's incredible geographic imagination. He thinks about the world with this incredible expansiveness.

And I was particularly interested because I wanted to see one of these cables being built. See, you know, all the time online we experience these fleeting moments of connection, these sort of brief adjacencies, a tweet or a Facebook post or an email, and it seemed like there was a physical corollary to that. It seemed like there was a moment when the continent was being plugged in, and I wanted to see that. And Simon was working on a new cable, WACS, the West Africa Cable System, that stretched from Lisbon down the west coast of Africa, to Cote d'Ivoire, to Ghana, to Nigeria, to Cameroon. And he said there was coming soon, depending on the weather, but he'd let me know when, and so with about four days notice, he said to go to this beach south of Lisbon, and a little after 9, this guy will walk out of the water. (Laughter) And he'll be carrying a green nylon line, a lightweight line, called a messenger line, and that was the first link between sea and land, this link that would then be leveraged into this 9, 000-mile path of light. Then a bulldozer began to pull the cable in from this specialized cable landing ship, and it was floated on these buoys until it was in the right place. Then you can see the English engineers looking on. And then, once it was in the right place, he got back in the water holding a big knife, and he cut each buoy off, and the buoy popped up into the air, and the cable dropped to the sea floor, and he did that all the way out to the ship, and when he got there, they gave him a glass of juice and a cookie, and then he jumped back in, and he swam back to shore, and then he lit a cigarette. (Laughter)

And then once that cable was on shore, they began to prepare to connect it to the other side, for the cable that had been brought down from the landing station. And first they got it with a hacksaw, and then they start sort of shaving away at this plastic interior with a -- sort of working like chefs, and then finally they're working like jewelers to get these hair-thin fibers to line up with the cable that had come down, and with this hole-punch machine they fuse it together. And when you see these guys going at this cable with a hacksaw, you stop thinking about the Internet as a cloud. It starts to seem like an incredibly physical thing. And what surprised me as well was that as much as this is based on the most sophisticated technology, as much as this is an incredibly new thing, the physical process itself has been around for a long time, and the culture is the same. You see the local laborers. You see the English engineer giving directions in the background. And more importantly, the places are the same. These cables still connect these classic port cities, places like Lisbon, Mombasa, Mumbai, Singapore, New York.

And then the process on shore takes around three or four days, and then, when it's done, they put the manhole cover back on top, and they push the sand over that, and we all forget about it.

And it seems to me that we talk a lot about the cloud, but every time we put something on the cloud, we give up some responsibility for it. We are less connected to it. We let other people worry about it. And that doesn't seem right. There's a great Neal Stephenson line where he says that wired people should know something about wires. And we should know, I think, we should know where our Internet comes from, and we should know what it is that physically, physically connects us all. Thank you. (Applause) (Applause) Thanks. (Applause)

私はこれまでもっぱら建築物 つまり建物について執筆してきましたが それにはある前提条件が根底にあります 建物が建つと「場所」となり いくつもの建物が建つと「街」となります この様な 政治、文化、経済など いろいろな力が交じり合って 形作られるこういう場所には 実際に 出かけていって 中を歩き回ることができます 匂いに触れ 感じを掴み その場の雰囲気を経験することができます

しかしここ数年 大きく変化したと思うのは 外の世界に触れる機会が徐々に減り コンピューターの前に座っている時間が増えたことです 特にiPhoneを手にした2007年頃から 一日中画面の前に座っているだけでなく スクリーンの前から立ち上がって ポケットに入れて持ち運ぶ小さな画面を見るようになりました 自分でもびっくりするほどあっという間に 実世界との接し方が変わってしまったのです インターネットが普及して15年 常にネットを使う状態になってからは4~5年ですが 周囲の環境への接し方が 変わってしまいました 注意力が常に分散し スクリーンの中にあるものと自分の周囲と 両方の世界を眺めているのです

さらに 気になったのは スクリーンの中の世界 それ自体は 実際にあるものとは思えないことです インターネットのイメージを探すと 見つかるのは この有名なオプテの画像だけであり インターネットを銀河になぞらえた無限に広がる空間には 我々が属しているとは思えません 全体像を捉えることは不可能でしょう このイメージを見る度に アポロから撮影した 青いビー玉のような地球の写真を思い出します 全体を捉えることは不可能であり その広がりの中では 我々はちっぽけな存在でしかありません

インターネットの世界とスクリーンがあって 私を取り巻く 実世界があっても それらを一緒にすることはできないのです

そう考えているうちにこんな事が起こりました たまにあるのですがインターネット回線が故障し ケーブル会社の社員が修理にやって来ました ソファの後ろの埃だらけのケーブルを辿り 家の入り口近くから地下室 裏庭へと出ると 外壁の前でケーブルがごちゃごちゃになっていました 彼はそこでケーブル沿いに走って逃げるリスを目撃し こう言いました「これが原因だ インターネットがリスに かじられている」(笑) これは驚くべきことでした インターネットは超越的な概念であり買い物やデート 革命の方法までをも変えた通信方法の取り決めです 言うまでもなく リスがかじれるものではありません(笑) でもどうやら 私のインターネットは リスの歯にやられてしまったようです (笑) 突然 こんな事が頭によぎりました ケーブルを壁から引き抜いてそれを辿ったら どこに続いているのだろう? インターネットは実際に訪れることのできる場所でしょうか? 行けたら 誰に出会うでしょう? 何かが実在するのでしょうか?

誰に聞いても その答えは「ノー」です こちらがインターネット赤ランプ付きの黒い箱 イギリスのコメディー番組「ハイっ、こちらIT課!」で使われました 通常は受信がしやすい様ビッグベンのてっぺんに設置されているが 午後の会議で使えるようインターネットの代表者から 借りてきたと 2人のオタク社員が技術に無知な同僚をからかう全くウソの話です 「短時間なら借りても大丈夫だ」と説明すると 同僚は この箱を心配そうに眺めて訊きます 「これがインターネット?インターネット全体?重いの?」 彼らは答えます「もちろん違うよインターネットには重さなんかありません」

恥ずかしいことに私が探していインターネットも 人が聞いたら笑うようなこんなものだったんです 不定形のブヨブヨしたものだとか 赤ランプのピカピカするばかげた黒い箱でした インターネット「そのもの」なんてないんです

しかし実際には現実のインターネットの世界があるのです そこで二年間 様々な 「インターネットの場」を訪ねて廻りました建設された街同等の電力を使う 大規模なデータセンターや こんな所にも行きましたニューヨークの60 Hudson Street ビルです 世界で最も大きなビルの1つであり 世界中のどこよりも たくさんのネットワークがお互いに接続される 世界でも屈指の場所です この接続は明らかに物理的なプロセスで フェイスブックや グーグル B.T. コムキャスト タイムワーナー等のネットワークのルーター同士が 通常 黄色の光ファイバーケーブルで 天井をつたって 繋がれています それは間違いなく物理的であり 親密ささえ感じます 60 Hudson 級の場所は他にも十数ヶ所あり 次のレベルのものと比べると10倍ものネットワークが繋がり合っています このような場所はほんのわずかしかありません 60 Hudson のビルが特別なのは ここが 5本の指に入る程重要なネットワーク拠点だからです これら のネットワークは海底ケーブルで 海の底をつたってヨーロッパとアメリカをつなぎ 我々みんなをつなげています このようなケーブルについて特に考えてみたいのです

インターネットがグローバルな現象だとか 国境のない縮まった世界に住むようになったと感じるとしたら このような海底ケーブルのおかげです こうやって見るとケーブルは驚くほど細く 片手で握ることができます 庭のホースのようです しかし別の見方では ご想像の通り とても広範囲にわたっています 海を横断して広がっており 長さにして 1万キロ以上にも及びます 材料科学や計算技術がすごく複雑なのに比べ ケーブルの基本的な物理プロセスは驚く程単純です 光が海の一方から入って来て 他方から出てきます 通常は目立たない沿岸部にひっそりと建てられた 「ランディングステーション」と呼ばれる建物から出てきます 海底にある 本マグロのように見える 増幅器にかけられ 80キロごとに 信号が増幅されます通信速度は信じられないくらい速いのです 基本単位は 1波長につき10Gbps です きっと皆さんのネット回線の千倍速くて 1万本のビデオをストリーミングできます それに留まらず 1本の光ファイバーで 1つでなく50, 60, 70もの 波長 つまり色が異なる光を送ることができます また1本のケーブルにはおそらく8本の光ファイバーがあり 4本ずつそれぞれの方向に信号を送っています 一本一本はとても細く髪の毛ほどの太さしかありません

ケーブルは どこかで陸地につながり このようなマンホールの中でつながっています 8000キロに及ぶケーブルが実際 ここでつながっているのです これはハリファックスにあるのですが ケーブルは ここからアイルランドまで伸びています この状況は変わりつつあります 3年前 これについて調査を始めた頃 アフリカ大陸西海岸沿いのケーブルは1本でした スティーブ・ソング作成の地図に細い黒線で示されています 現在は6本のケーブルが東西の海岸に3本ずつありますがさらに増設される予定です どの国も 世界につながるようになると ケーブル一本では足りないと悟るからです 海底ケーブルの力で産業を発展させるつもりであるならば 安定した恒久性のある通信回線が必要になります ケーブルが切断したら 船を出して フックのついたツールを投げごみ切れた両端を引き上げ 融着後 海に戻さなければならないからです とても たいへんな作業です

こちらは私の友人のサイモン・クーパーです つい最近までインドの巨大財閥タタの通信部門を担う タタ・コミュニケーションズで働いていました 実際に直接 会った事はなく いつも テレプレゼンスのシステムで会話をしたせいか 彼はインターネットの中の人だといつも思っていました (笑) 彼はイギリス人です海底ケーブル産業は 圧倒的にイギリス人が多いんです全員 42歳に見えます(笑) 皆 20年前のブーム到来と同時に 始めたからですね タタが通信事業を始めたのは 2本のケーブルを買ったときです 1本は大西洋 もう1本は太平洋を横断するもので その後もケーブルの増設を続け世界中にベルトを形成するまでになり 皆さんのデータを東西へと送っています 文字通り 光のビームを世界中に飛ばしているのです ケーブルが太平洋で切断したとしても 逆方向へ送ることが可能です その後 タタは次の接続先を探し始めました 接続されていない場所を探しました 南北方向 つまりアフリカへと至るケーブルです しかし私が驚いたのは サイモンの並外れた地理的な想像力でした 彼は世界をすごい規模で考えているのです

私がこれに興味をもったのは ケーブルの敷設作業を見たかったからです ツイートやフェイスブックへの書き込み メールなど ふと繋がっているとか何かすぐ傍にあるような気がします この裏には何かがあるはずです 大陸が接続された瞬間があったはずです 私はそれが見たかったのです サイモンは新しいケーブルの敷設に取りかかっていました 西アフリカ・ケーブルシステム通称「WACS」です リスボンからアフリカ西海岸を下って コートジボワールやガーナナイジェリア カメルーンへと延びるものです 天候次第でもうすぐ着くと彼は言いましたが 日時が分かったら教えてくれると約束してくれました 4日後に着くという知らせのもと リスボン南岸のこのビーチに行くように言われました 9時をわずかに過ぎた頃 ?この男が水中から出てきました (笑) 彼は緑色のナイロン製のロープを運んできました 「メッセンジャーライン」と呼ばれる軽量のロープです これが海と陸とをつなぐ足がかりになり 後の1万4千キロを越す光の通り道になるのです しばらくすると ブルドーザーがケーブル敷設船から ケーブルを引き揚げ始めます ケーブルはブイに浮かべられ所定の位置まで運ばれます イギリス人の技師が監督しているのが見えますね 所定の位置まで運ばれると 彼は海に戻り 大きなナイフを手にしブイを切り離します ブイは水面から跳ね上がりケーブルは海底に沈みます 彼はこの作業を繰り返しながら船まで戻り 船の上で ジュースやクッキーを受け取り 再び海に飛び込み 浜辺まで泳いで戻って来ると タバコに火をつけました (笑)

ケーブルが陸まで到達すると もう一端との融着作業の準備に取りかかります 「ランディング・ステーション」から延びているケーブルと接続するのです まず 弓のこを手にし プラスチック内部を削ぎ落しますシェフのようです それが終わったら今度は 宝石職人さながらに髪の毛程の太さのファイバーを 陸地からのものとぴったり付き合わせて 穴あけパンチのような機械を使って融着します この作業員たちが弓のこでケーブル作業をしているのを見たら インターネットは雲のようなものとは考えられなくなり とても物理的なものに見えてきます この他にもう1つ私が驚いたのは インターネットは最も洗練された技術であることに加え 最先端のものであるにも関わらず 物理プロセス自体は依然として変わっておらず文化も同じだということです 地元の労働者もいれば 裏方で指示を与える イギリス人技師もいますさらに重要なのは ? 場所は同じだということですこれらのケーブルはいまだに リスボン モンバサ ムンバイ シンガポール ニューヨークなどの昔ながらの港町につながっています

海岸での作業には3?4日かかりますが それが終わったら マンホールの蓋をして 砂をかぶせ 我々は皆 忘れてしまいます

我々はクラウドについてよく話しますが クラウドに何かを置く度に 責任を放棄しているように私には思えます つながりが薄れ 管理も他人まかせになりますがそれは正しいことのようには思えません これは ニール・スティーヴンスンの名言です 「つながれた人たちはつなぐものについて知るべきだ 」 我々は知るべきです インターネットがどこから来るのか 我々を物理的につなげているのは何なのかを ありがとうございました (拍手) (拍手) ありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画