TED日本語 - デーヴ・トロイ: ソーシャルマップが街に住む人々の往来と、さらに分離を描き出す

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - デーヴ・トロイ: ソーシャルマップが街に住む人々の往来と、さらに分離を描き出す

TED Talks

ソーシャルマップが街に住む人々の往来と、さらに分離を描き出す
Social maps that reveal a city's intersections -- and separations
デーヴ・トロイ
Dave Troy

内容

どの街にもそれぞれ特色や個性のある区域、派閥やクラブ、そして同じ街に住む人々を括ったり分け隔てたりする隠れた線引きなどがあるものです。人々がオンラインで共有する情報から、街について何が読み解けるでしょうか?彼自身の住むボルティモアから始めて、デーヴ・トロイは市の住民のツイートを視覚化してきました。そこから見えてくるのは、どんな人々が住んでいるのか、彼らは誰と話すのか、或いは話さないのかについてです。

Script

When we think about mapping cities, we tend to think about roads and streets and buildings, and the settlement narrative that led to their creation, or you might think about the bold vision of an urban designer, but there's other ways to think about mapping cities and how they got to be made. Today, I want to show you a new kind of map. This is not a geographic map. This is a map of the relationships between people in my hometown of Baltimore, Maryland, and what you can see here is that each dot represents a person, each line represents a relationship between those people, and each color represents a community within the network.

Now, I'm here on the green side, down on the far right where the geeks are, and TEDx also is down on the far right. (Laughter) Now, on the other side of the network, you tend to have primarily African-American and Latino folks who are really concerned about somewhat different things than the geeks are, but just to give some sense, the green part of the network we call Smalltimore, for those of us that inhabit it, because it seems as though we're living in a very small town. We see the same people over and over again, but that's because we're not really exploring the full depth and breadth of the city. On the other end of the network, you have folks who are interested in things like hip-hop music and they even identify with living in the DC/Maryland/Virginia area over, say, the Baltimore city designation proper. But in the middle, you see that there's something that connects the two communities together, and that's sports. We have the Baltimore Orioles, the Baltimore Ravens football team, Michael Phelps, the Olympian. Under Armour, you may have heard of, is a Baltimore company, and that community of sports acts as the only bridge between these two ends of the network.

Let's take a look at San Francisco. You see something a little bit different happening in San Francisco. On the one hand, you do have the media, politics and news lobe that tends to exist in Baltimore and other cities, but you also have this very predominant group of geeks and techies that are sort of taking over the top half of the network, and there's even a group that's so distinct and clear that we can identify it as Twitter employees, next to the geeks, in between the gamers and the geeks, at the opposite end of the hip-hop spectrum. So you can see, though, that the tensions that we've heard about in San Francisco in terms of people being concerned about gentrification and all the new tech companies that are bringing new wealth and settlement into the city are real, and you can actually see that documented here. You can see the LGBT community is not really getting along with the geek community that well, the arts community, the music community. And so it leads to things like this. [ "Evict Twitter" ] Somebody sent me this photo a few weeks ago, and it shows what is happening on the ground in San Francisco, and I think you can actually try to understand that through looking at a map like this.

Let's take a look at Rio de Janeiro. I spent the last few weeks gathering data about Rio, and one of the things that stood out to me about this city is that everything's really kind of mixed up. It's a very heterogenous city in a way that Baltimore or San Francisco is not. You still have the lobe of people involved with government, newspapers, politics, columnists. TEDxRio is down in the lower right, right next to bloggers and writers. But then you also have this tremendous diversity of people that are interested in different kinds of music. Even Justin Bieber fans are represented here. Other boy bands, country singers, gospel music, funk and rap and stand-up comedy, and there's even a whole section around drugs and jokes. How cool is that? And then the Flamengo football team is also represented here. So you have that same kind of spread of sports and civics and the arts and music, but it's represented in a very different way, and I think that maybe fits with our understanding of Rio as being a very multicultural, musically diverse city.

So we have all this data. It's an incredibly rich set of data that we have about cities now, maybe even richer than any data set that we've ever had before. So what can we do with it? Well, I think the first thing that we can try to understand is that segregation is a social construct. It's something that we choose to do, and we could choose not to do it, and if you kind of think about it, what we're doing with this data is aiming a space telescope at a city and looking at it as if was a giant high school cafeteria, and seeing how everybody arranged themselves in a seating chart. Well maybe it's time to shake up the seating chart a little bit.

The other thing that we start to realize is that race is a really poor proxy for diversity. We've got people represented from all different types of races across the entire map here -- only looking at race doesn't really contribute to our development of diversity. So if we're trying to use diversity as a way to tackle some of our more intractable problems, we need to start to think about diversity in a new way.

And lastly, we have the ability to create interventions to start to reshape our cities in a new way, and I believe that if we have that capability, we may even bear some responsibility to do so.

So what is a city? I think some might say that it is a geographical area or a collection of streets and buildings, but I believe that a city is the sum of the relationships of the people that live there, and I believe that if we can start to document those relationships in a real way then maybe we have a real shot at creating those kinds of cities that we'd like to have.

Thank you.

(Applause)

街をマッピングすることを考えるとき 道路や歩道や建物や 街の成り立ちにまつわる物語や あるいは 都市デザイナーの大胆なビジョン といったものを連想しがちです でも都市のマッピングには もっと様々な考え方や 手法があります 今日は新しい種類の 地図をご紹介します この地図は地理を表すのではなく 僕の住むメリーランド州の ボルティモアに住む人々の 関わり合いを表しています それぞれの点は人を表し 線は人々の関わりを表します そしてネットワークの中の コミュニティは色分けされています

僕がいるのはこの右端の緑色の地域 ギーク達がいるところです TEDxも同じ所ですね(笑) 一方 ネットワークの反対側には 主にアフリカ系アメリカ人達や ラティーノ達がいます 彼らはギーク達とはちょっと違う 事柄に関心があります そして分かりやすいように ネットワークの緑色の部分を 「スモールティモア」と呼ぶことにしました なぜなら そこの住人達は とても小さな街に住んでいる ように思えるからです 僕たちは同じ人達に 何度も何度も会いますが それは僕達が街を 深く広く冒険しないからです ネットワークの反対側には ヒップホップなどが 好きな人達がいます 彼らは 再開発されたボルティモアの街よりも DMV(ワシントンDC、メリーランド州、ヴァージニア州)一帯の 風土のほうが肌に合うと感じています 中央には 2つのコミュニティを つないでいるものが見えます スポーツですね アメフトチームのボルティモア・オリオールズや レイヴンズがあり オリンピック選手の マイケル・フェルプスもいます 有名なアンダー・アーマー社も ボルティモアにあります スポーツに関心のある このコミュニティだけが ネットワーク両端のコミュニティを 結びつけています

サンフランシスコを見てみましょう ここではまた違った様子が見られます メディア、政治、ニュースなどのグループは ボルティモアなど他の都市でも よく見られますが 特に目を引くのは ネットワークの上半分を占める ギークや技術者達です それにも増して分かりやすいのが ツイッター社の従業員達です ギークの隣 下のゲーマー達と ギークの間にいますね 反対側には ヒップホップの集団が広がっています ご覧のように サンフランシスコで起こっている という緊張状態 ― 街が高所得者達に向けたものに なりつつある事だとか 新興テクノロジー会社が 新たな富や転入者を 流入させているという不安は 現実のものだと分かります この図でそれが確認出来るのです LGBTのコミュニティは ギークのコミュニティや アート、音楽のコミュニティとも 親和性がそうあるわけでは無いようです それでこういうことが起こるわけです [ツイッターを追い出せ] 誰かが数週間前に送ってきたこの写真は サンフランシスコの地で 今起こっている現実を見せつけます こんなマップを見ると それが分かることでしょう

リオデジャネイロを 見てみましょう 最近数週間かけて リオのデータを集めました この街について目立ったのは 誰もが 本当に どうも 色々と混ざっているんです ここはボルティモアやサンフランシスコ とは違いとても多様性の高い街です 政府や新聞社、政治家、コラムニストといったグループが やはり見られます TEDxRioは右下 ブロガーやライターの直ぐ隣です それから様々な音楽に興味のある じつにバラエティに富んだ人々もいます ジャスティン・ビーバーのファンまで 細かく可視化されています その他のボーイ・バンド、カントリー・シンガー ゴスペル音楽、ファンクやラップ、スタンダップ・コメディ ドラッグやジョークに特化した 一帯すらあります すごいでしょう? サッカーのCRフラメンゴチームの ファンもここにいます このように スポーツや 市民活動 芸術や音楽に関する 人々の広がりが見られるのは同じでも その散らばり方は全く違っています 僕にはこれが 私たちが考える リオ つまり 多文化で多様な音楽の息づく街の姿を 良く表しているように思えます

こうしたデータが私たちにはある訳です 信じられないほど 豊富なデータが 街々について手に入ります 今まで入手できたどんなデータよりも 豊かかも知れません では それで何が出来るか? そうですね まず最初に 人種による分離は 社会的に構成されたものだと 理解することができます それは私たちが選択した結果であって それを選択しない道もあるでしょう 更に 考えてみれば 私たちがしていることは 宇宙望遠鏡を街へ向けて まるでそこが広大な 高校のカフェテリアであるかのように 皆がそれぞれどんな席を陣取っているか 覗き見ているかのようです そろそろその席順を 引っ掻き回してやる時かも知れません

それから 他に分かってくるのは 人種という括りは 多様性の幅を非常に 狭めてしまうことです このマップ上には あらゆる人種の人々を 反映させていますが 人種だけに目を向けても 多様性のある社会を育てることの 助けにはあまりなりません だからもし多様性という観点から 社会の難問を解決しようとするならば その多様性の捉え方をまず 改める必要があります

最後に 私たちは 街を新しく形作る為の 介入策を創造することが出来ます 私たちにそうしたことが出来る 能力があるのなら それを実行するのが 私たちの責任ですらないでしょうか

では 街とは何でしょう? 道や建物が集まった 地理的な領域だ と言う人もいるかも知れませんが 僕の考えでは 街はそこに住む人々の 関係性の集積です そして私たちがこうした関係性をありのままに 描き出すことが出来るようになれば ひょっとしたら 私たちが望むような街づくりを 実現出来るのではないでしょうか

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画