TED日本語 - レベッカ・マッキノン: テロとの闘いで、権利を犠牲にする必要はない

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - レベッカ・マッキノン: テロとの闘いで、権利を犠牲にする必要はない

TED Talks

テロとの闘いで、権利を犠牲にする必要はない
We can fight terror without sacrificing our rights
レベッカ・マッキノン
Rebecca MacKinnon

内容

民主主義を破壊することなく、テロと闘うことはできるでしょうか?インターネット自由活動家レベッカ・マッキノンの考えでは、私たちがインターネットや報道を検閲すれば、過激思想や扇動主義との戦いに敗れるというのです。この重要な話の中で彼女は、リスク覚悟で強力な暗号に賭けようと呼びかけます。また、政府が過激主義者と闘うジャーナリストや活動家の口を封じるのではなく、もっと保護するよう訴えます。

Script

There's a big question at the center of life in our democracies today: How do we fight terror without destroying democracies, without trampling human rights?

I've spent much of my career working with journalists, with bloggers, with activists, with human rights researchers all around the world, and I've come to the conclusion that if our democratic societies do not double down on protecting and defending human rights, freedom of the press and a free and open internet, radical extremist ideologies are much more likely to persist.

(Applause)

OK, all done. Thank you very much. No, just joking.

(Laughter)

I actually want to drill down on this a little bit.

So,one of the countries that has been on the frontlines of this issue is Tunisia, which was the only country to come out of the Arab Spring with a successful democratic revolution. Five years later, they're struggling with serious terror attacks and rampant ISIS recruitment. And many Tunisians are calling on their government to do whatever it takes to keep them safe.

Tunisian cartoonist Nadia Khiari has summed up the situation with this character who says, "I don't give a damn about human rights. I don't give a damn about the revolution. I don't give a damn about democracy and liberty. I just want to be safe."

"Satisfied?" asked his jailer. "You're safe now."

If the Tunisian people can figure out how to deal with their terrorism problem without ending up in this place, they will be a model not only for their region, but for all of us.

The reality is that civil society, journalists and activists are coming under attack from extremist groups on the one hand, and, in many countries, also from their own governments. We're seeing bloggers and journalists being jailed, charged and intimidated by their own governments, many of which are allies with the West in the war on terror.

Just three examples. A friend and former colleague of mine, Hisham Almiraat, has been charged with threatening state security, along with six other activists in Morocco. The Saudi blogger Raif Badawi has been jailed and flogged for insulting Islam and criticizing the Saudi regime on his blog. More recently, the Turkish representative for Reporters Without Borders, Erol Onderoglu, has been detained and charged with spreading terrorist propaganda, because he and some other activists have been supporting Kurdish media.

Anti-terror measures quickly turn into state repression without strong protection for minority communities and for peaceful debate; this needs to be supported by a robust, independent local media.

But while that's not really happening, Washington is teaming up with Silicon Valley and with Hollywood to pour millions -- hundreds of millions of dollars -- into what's called "counter-messaging," a fancy word for propaganda. To counter the terrorist propaganda spreading all over the internet, in Europe, Internet Referral Units are being set up, so that people can report on extremist content that they find and get it censored. The problem is, that all of this propaganda, monitoring and censorship completely fails to make up for the fact that the people who are the most credible voices, who can present credible ideas and alternative solutions to real economic, social and political problems in their community that are causing people to turn to extremism in the first place, are being silenced by their own governments.

This is all adding up to a decrease in freedom across the world. Freedom House, the human rights organization, reports that 2015 marks the 10th straight year in a row of decline in freedom worldwide. And this is not just because of the actions of authoritarian governments. It's also because democratic governments are increasingly cracking down on dissenters, whistle-blowers and investigative journalists. UN Secretary General Ban Ki-Moon has warned that "preventing extremism and promoting human rights go hand-in-hand." It's not to say that governments shouldn't keep us safe -- of course they should -- but we need public oversight, transparency and accountability to the rule of law. Meanwhile, extremists are literally killing off civil society in some countries. Since 2013 in Bangladesh, over a dozen secular bloggers and community activists have been literally slaughtered by extremists while the government has done very little. From the city of Raqqa in Syria, people like Ruqia Hassan and Naji Jerf have been assassinated for their reporting out of ISIS-controlled territory.

The citizen media group called Raqqa is Being Slaughtered Silently relies on strong encryption to send out their reports and shield themselves from interception and surveillance. Yet authorities in countries like the United States, the United Kingdom and many other democracies are seeking to use the law to either weaken or outright ban strong encryption, because the bad guys are using it, too. We have got to fight for the right of citizens to use strong encryption. Otherwise, dissent and investigative journalism are going to become even more difficult in even more places. And the bad guys -- the criminals and terrorists -- are still going to find ways to communicate. Kudos to the companies that are standing up for their users' right to use encryption.

But when it comes to censorship, the picture is much more troubling. Yes, there's a real problem of extremist content spreading all over the internet. And Facebook, YouTube and Twitter are among the many companies who report having taken down hundreds of thousands of pieces of content and deactivating accounts that are connected to the extremist's speech. The problem is their enforcement mechanisms are a complete black box, and there is collateral damage.

Take, for example, Iyad el-Baghdadi, an activist who makes fun of ISIS on Twitter. He had his account deactivated, because he shares a surname with a prominent ISIS leader. Last December, a number of women named Isis, which also happens to be the name of an Egyptian goddess, had their accounts deactivated. And this woman, who lives in the United States and is a computer programmer, reported on Twitter about her deactivation on Facebook, managed to get enough media attention to have her account reinstated. But that's the thing -- she had to get media attention. And journalists aren't immune. David Thomson, an expert on terrorism and reporter for Radio France International, had reports deleted from his Facebook account and had his account deactivated for several days, because they contained pictures of ISIS flags, even though he was just reporting on ISIS, not promoting it.

And then we have stories from people like this Egyptian man, Ahmed Abdellahy, who reported recently in an event in Washington DC that some of his arguments with extremists -- he now spends his time on social media arguing with ISIS followers, trying to get them to turn away -- some of his arguments with these extremists get deleted, which he believes has the effect of shielding them from alternative points of view.

It's unclear whether Facebook even knows the extent of the collateral damage, or the other companies as well. But we do know that journalism, activism and public debate are being silenced in the effort to stamp out extremist speech.

So with these companies having so much power over the public discourse, they need to be held accountable. They need to carry out impact assessment to identify and fix the problems that we're clearly seeing. They need to be more transparent about their enforcement mechanisms, and they need to have clear appeal and grievance mechanisms, so people can get their content reinstated.

Now, I've been talking for the last 10 minutes about how governments and companies are making it more difficult for people like these. This is a picture of members of the citizen media network, Global Voices, that I helped to cofound over 10 years ago with my friend, Ethan Zuckerman. Interestingly, about 5 years ago, right after the Arab Spring, the data scientist Gilad Lotan created a network map of the people in Global Voices who were heavy users of Twitter during the Arab Spring. And he found that many of these people served as key information nodes between activists and journalists throughout the Tunisian and Egyptian revolution. We've got to make sure that these people not only survive, but are able to continue to thrive. Many of them are still active, other than the ones who have gone to jail or have been driven into hiding or exile.

All around the world, people who are sick and tired of fear and oppression are linking up in their communities and across borders. We've got to do everything we can to push our governments and companies to do a better job of protecting their rights. We've also got to be more mindful about how our own personal, political, consumer and business choices affect people like these around the world. Also, if you follow the news, it's pretty clear that that alone isn't going to be enough. We've got to take personal responsibility by joining -- or at very least, actively supporting -- the growing ecosystem of individuals and groups who are fighting for social justice, environmental sustainability, government accountability, human rights, freedom of the press and a free and open internet, all around the world.

I believe that, ultimately, we can overcome the digitally empowered networks of extremism, demagoguery and hate. But ... we've got to do this by really beefing up the global networks of citizens around the world, powered by people who are working hard every day, and taking personal risk for a future world that is more peaceful, just, open and free.

Thanks very much for listening.

(Applause)

現在の民主主義的な 生活の中心には 大きな問題があります 民主主義を破壊せず 人権を踏みにじることなく いかにテロと戦うかという問題です

私はキャリアの大半を 世界中のジャーナリストや ブロガー 活動家や 人権の研究者たちと 活動してきて こんな結論に達しました もし この民主的社会が リスクを覚悟の上で 人権や報道の自由 自由で開かれたインターネットの 保護や擁護に力を注がなければ 過激派のイデオロギーがはびこる 可能性が非常に高くなります

(拍手)

以上です ありがとう いや 冗談です

(笑)

この話を もう少し 掘り下げたいと思います

この問題の最前線である 国の一つが チュニジアです この国はアラブの春で 民主革命が成功した 唯一の国でした 5年経った今 チュニジアは 深刻なテロ攻撃と ISISによる勧誘の蔓延に 苦しめられています 国民の多くが 安全を守るために あらゆる手段を講じるよう 政府に要求しています

チュニジアの漫画家 ナディア・カイエリは そんな状況を登場人物の こんなセリフでまとめています 「人権なんか どうでもいい 革命なんか どうでもいい 民主主義も 自由もどうだっていい ただ安全が欲しいんだ」

看守が言います 「満足したか?」 「これで安全だろう」

チュニジア国民が 刑務所に入る以外に テロを解決する方法を見つければ この地域だけでなく 私たち全員にとって 一つのモデルになるでしょう

実態は 市民社会や ジャーナリスト、活動家たちは 過激派グループから 標的にされ また 多くの国で 自国の政府からも 狙われています 私たちが目にするのは 自国の政府に ブロガーやジャーナリストが 投獄、起訴 恫喝される様子ですが そんな政府の多くは テロとの戦いでは 欧米の同盟国です

3つだけ例をあげましょう かつての同僚で友人 ― ヒシャム・アルミラートは モロッコの6人の活動家と共に 国家の安全を脅かした罪で 起訴されています サウジアラビアのブロガー ライフ・バダウィは ブログの中で イスラム教を侮辱し政府を批判した罪で 投獄され むち打ちの刑に処されました 最近では 国境なき記者団の トルコ代表 ― エロル・オンデルオールは 活動家 数名と共に クルド人メディアを支援したとして テロリストのプロパガンダを広めた罪で 拘束 起訴されています

テロ対策は すぐ国家による弾圧と化し マイノリティの集団や 平和な討論が 擁護されることもないので 強力な 独立した地元メディアの 支援が不可欠です

こういうことは まだ実現していませんが アメリカ政府はシリコンバレーや ハリウッドと協力し 数百万 いや数億ドルを投じて 「対抗メッセージ」― 要はプロパガンダを広めています ネット中に広がる テロリストのプロパガンダに対抗するため 欧州ではインターネット照会ユニットが 設立され 過激主義的なコンテンツを 見つけた人が通報すると 検閲されるようになっています ただ問題なのは このプロパガンダと 監視と検閲を全部合わせても まったく解消できていないことがあって それは 最も信頼できる 発言をしている人々や 人々を過激思想に向かわせる 根本的な原因である 地域の経済的、社会的 政治的な問題について 説得力のあるアイデアや代替案を 提案する能力のある人々が 自国の政府によって 沈黙を強いられていることです

こういうことは 結局 世界中で自由度の減少につながります 人権擁護団体 フリーダム・ハウスは 2015年に 10年連続で 世界中で自由が失われていると 報告しています そして これは独裁政権による 活動のせいだけではないと言うのです もう一つの理由は 民主的な政府ですら 次第に反体制派や 内部告発者 調査ジャーナリストを 弾圧しはじめているからです パン・ギムン国連事務総長は こう警告しています 「過激思想の抑止と 人権の尊重には密接な関係がある」 これは 我々の安全を政府が守るべきでないという意味ではないし 当然 安全は守るべきですが 法の支配の監視や その透明性 説明責任が必要だと言っているのです その一方で 一部の国で過激思想が 文字通り市民社会を抹殺しつつあります バングラデシュでは2013年以降 十数名の世俗主義のブロガーや 地域社会活動家が 過激主義者の手で 殺害されているのに 政府は ほとんど対策を講じていません シリアの都市ラッカでは ルキア・ハッサンや ナジ・ジェルフらが ISISの支配地域から 報道したために 暗殺されています

市民メディア組織 「静かに虐殺されるラッカ」は 記事を送信したり 盗聴や監視から身を隠すために 強力な暗号を使っていますが その一方でアメリカや イギリスをはじめとする 民主主義国家が 法律によって 強力な暗号を弱体化させたり 禁止したりしようとしています 犯罪者も暗号を利用するからです 私たちは市民が強力な暗号を 使う権利を勝ち取るべきです さもないと異議の表明や 調査報道は さらに多くの場所で 一層 難しくなるでしょう それでも犯罪者や テロリストといった悪人は コミュニケーションの 手段を見つけるのです 暗号を使う権利を ユーザーに与えるために 立ち上がった企業を 賞賛しましょう

一方 検閲の問題になると 状況は遥かに厄介です 確かに インターネット中に 過激な思想が蔓延していることは 深刻な問題です Facebook、YouTube、Twitterをはじめ たくさんの企業が 過激主義的な発言に関係する 数十万件に上る記事の削除や アカウントの停止を 発表しています ただ問題なのは 企業による規制の仕組みが 外からはまったく見えず 巻き添えになる人がいるのです

例えば イヤド・エル・バグダディ Twitter上で ISISをからかう 活動をしています 彼はアカウントを停止されましたが それは ISISの最高指導者と 苗字が同じだったためです 2015年12月には Isisという名前の女性 ― これはエジプトの女神の名前でもあるのですが ― Isisという女性が 大勢 アカウントを停止されました こちらの女性は アメリカ在住の コンピュータプログラマーですが 自分のFacebookアカウントが 停止されたことをツイートし どうにかメディアの注目を集めて アカウントを復活させました ただ これが問題なのです 注目される必要があったのですから ジャーナリストも例外ではありません デヴィッド・トムソンは テロの専門家で ラジオフランス国際放送の記者ですが Facebookから記事を削除され アカウントを 数日間 停止されました 理由は記事の中にISISの 旗が写った写真があったこと ISISをアピールする意図はなく 報道しただけなのにです

さらに いろいろな話を聞きます このエジプト人男性 アーメッド・アブドラヒは 最近 首都ワシントンで 過激主義者たちと 議論を繰り広げた話を 報道しました 現在 彼はソーシャルメディア上で ISISの支持者たちと議論し 転向を促しているのです この過激主義者たちとの 議論の一部が削除されましたが それが彼らの考え方を変える 妨げになっていると 彼は考えています

Facebookや他の企業が 巻き添え被害の規模を 把握しているかどうかは はっきりしません ただ ジャーナリズムや 直接行動主義、公開討論が 過激派の言論を封殺する活動によって 口を封じられているのです

こういった企業は 公共の言論に対して 大きな力を持つ以上 説明責任を果たすべきです 私たちが目の当たりにしている問題を 特定し解決するために 企業は影響評価をするべきです 企業は削除方針について より高い透明性を保つべきですし コンテンツを復活できるように 異議申し立てと苦情処理の仕組みを 明確に打ち出すべきです

さて 私はこの10分間 政府や企業が いかに事態を難しくしているか 話してきました この写真は市民メディアネットワーク 「グローバル・ボイス」の メンバーです 10年以上前に私と 友人のイーサン・ザッカーマンが 共同で設立に携わりました 面白いことに アラブの春の直後 およそ5年前に データサイエンティストの ギラード・ロータンが アラブの春の最中に Twitterの使用頻度が高かった グローバル・ボイスのメンバーの 人脈マップを作りました そして 彼らの多くが チュニジアとエジプトでの革命の間 活動家やジャーナリストの間に立ち 情報の接点として重要な役割を 果たしたことを明らかにしました 私たちが実現すべきなのは こういう人々が 生きているだけでなく 力を持てるようにすることです 彼らの多くは 刑務所に送られた人や 潜伏や国外追放を 余儀なくされた人を除いて 今も活動を続けています

世界中いたるところで 恐怖や抑圧に うんざりしている人々が 自分のコミュニティーや 国境を越えて繋がりつつあります 政府や企業に 彼らの権利を より確実に守らせるために 私たちは できることは 何でもすべきです さらに私たちは 自分の個人的、政治的選択や 消費者や企業としての選択が 世界中のこういった人々に いかに影響を与えているかを もっと自覚すべきです また毎日ニュースを見ていれば それだけでは十分でないことは 明らかです 私たちは 力を持ちつつある 個人や集団による運動に参加するか 少なくとも積極的に支援することで 個人的に責任を負う必要があります 彼らは世界中で 社会正義や 環境の持続可能性 政府の透明性 人権、報道の自由 自由で開かれたインターネットを 求めて闘っているのですから

最終的には 私たちは デジタルの力を使った 過激思想のネットワークや 大衆の扇動や憎悪を 乗り越えられるでしょう でも… 毎日 懸命に活動する人々によって 支えられている ― 世界中の市民による 地球規模のネットワークを 本当の意味で強化しなければなりません そして もっと平和で 開かれた 自由な未来の世界を目指して 個人がリスクを負うべきなのです

どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画