TED日本語 - ジェイミー・バートレット: 謎のダークネットがメジャーになるとき

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジェイミー・バートレット: 謎のダークネットがメジャーになるとき

TED Talks

謎のダークネットがメジャーになるとき
How the Mysterious Dark Net Is Going Mainstream
ジェイミー・バートレット
Jamie Bartlett

内容

インターネットには、おそらくあなたが目にしたことのない並行世界があります。特製のブラウザでアクセスされるその場所は、匿名活動家から違法行為まであらゆるものの自由地帯です。ダークネットからジェイミー・バートレットが報告します。

Script

If you want to buy high-quality, low-price cocaine, there really is only one place to go, and that is the dark net anonymous markets.

Now, you can't get to these sites with a normal browser -- Chrome or Firefox -- because they're on this hidden part of the Internet, known as Tor hidden services, where URLs are a string of meaningless numbers and letters that end in .onion, and which you access with a special browser called the Tor browser.

Now, the Tor browser was originally a U.S. Naval intelligence project. It then became open source, and it allows anybody to browse the net without giving away their location. And it does this by encrypting your IP address and then routing it via several other computers around the world that use the same software. You can use it on the normal Internet, but it's also your key to the dark net. And because of this fiendishly clever encryption system, the 20 or 30 -- we don't know exactly -- thousand sites that operate there are incredibly difficult to shut down. It is a censorship-free world visited by anonymous users.

Little wonder, then, that it's a natural place to go for anybody with something to hide, and that something, of course, need not be illegal. On the dark net, you will find whistle-blower sites, The New Yorker. You will find political activism blogs. You will find libraries of pirated books. But you'll also find the drugs markets, illegal pornography, commercial hacking services, and much more besides. Now, the dark net is one of the most interesting, exciting places anywhere on the net. And the reason is, because although innovation, of course, takes place in big businesses, takes place in world-class universities, it also takes place in the fringes, because those on the fringes -- the pariahs, the outcasts -- they're often the most creative, because they have to be. In this part of the Internet, you will not find a single lolcat, a single pop-up advert anywhere. And that's one of the reasons why I think many of you here will be on the dark net fairly soon.

(Laughter)

Not that I'm suggesting anyone in this audience would use it to go and procure high-quality narcotics. But let's say for a moment that you were.

(Laughter)

Bear with me. The first thing you will notice on signing up to one of these sites is how familiar it looks. Every single product -- thousands of products -- has a glossy, high-res image, a detailed product description, a price. There's a "Proceed to checkout" icon. There is even, most beautifully of all, a "Report this item" button.

(Laughter)

Incredible.

You browse through the site, you make your choice, you pay with the crypto-currency bitcoin, you enter an address -- preferably not your home address -- and you wait for your product to arrive in the post, which it nearly always does. And the reason it does is not because of the clever encryption. That's important. Something far simpler than that. It's the user reviews.

(Laughter)

You see, every single vendor on these sites uses a pseudonym, naturally enough, but they keep the same pseudonym to build up a reputation. And because it's easy for the buyer to change allegiance whenever they want, the only way of trusting a vendor is if they have a good history of positive feedback from other users of the site.

And this introduction of competition and choice does exactly what the economists would predict. Prices tend to go down, product quality tends to go up, and the vendors are attentive, they're polite, they're consumer-centric, offering you all manner of special deals, one-offs, buy-one-get-one-frees, free delivery, to keep you happy.

I spoke to Drugsheaven. Drugsheaven was offering excellent and consistent marijuana at a reasonable price. He had a very generous refund policy, detailed T's and C's, and good shipping times.

"Dear Drugsheaven," I wrote, via the internal emailing system that's also encrypted, of course. "I'm new here. Do you mind if I buy just one gram of marijuana?"

A couple of hours later, I get a reply. They always reply.

"Hi there, thanks for your email. Starting small is a wise thing to do. I would, too, if I were you."

(Laughter)

"So no problem if you'd like to start with just one gram. I do hope we can do business together. Best wishes, Drugsheaven."

(Laughter)

I don't know why he had a posh English accent, but I assume he did.

Now, this kind of consumer-centric attitude is the reason why, when I reviewed 120,000 pieces of feedback that had been left on one of these sites over a three-month period,95 percent of them were five out of five. The customer, you see, is king. But what does that mean? Well, on the one hand, that means there are more drugs, more available, more easily, to more people. And by my reckoning, that is not a good thing. But, on the other hand, if you are going to take drugs, you have a reasonably good way of guaranteeing a certain level of purity and quality, which is incredibly important if you're taking drugs. And you can do so from the comfort of your own home, without the risks associated with buying on the streets.

Now, as I said, you've got to be creative and innovative to survive in this marketplace. And the 20 or so sites that are currently in operation -- by the way, they don't always work, they're not always perfect; the site that I showed you was shut down 18 months ago, but not before it had turned over a billion dollars' worth of trade. But these markets, because of the difficult conditions in which they are operating, the inhospitable conditions, are always innovating, always thinking of ways of getting smarter, more decentralized, harder to censor, and more customer-friendly.

Let's take the payment system. You don't pay with your credit card, of course -- that would lead directly back to you. So you use the crypto-currency bitcoin, which is easily exchanged for real-world currencies and gives quite a high degree of anonymity to its users.

But at the beginning of these sites, people noticed a flaw. Some of the unscrupulous dealers were running away with peoples' bitcoin before they'd mailed the drugs out. The community came up with a solution, called multi-signature escrow payments. So on purchasing my item, I would send my bitcoin to a neutral, secure third digital wallet. The vendor, who would see that I'd sent it, would be confident that they could then send the product to me, and then when I received it, at least two of the three people engaged in the transaction -- vendor, buyer, site administrator -- would have to sign the transaction off with a unique digital signature, and then the money would be transferred.

Brilliant! Elegant. It works.

But then they realized there was a problem with bitcoin, because every bitcoin transaction is actually recorded publicly in a public ledger. So if you're clever, you can try and work out who's behind them. So they came up with a tumbling service. Hundreds of people send their bitcoin into one address, they're tumbled and jumbled up, and then the right amount is sent on to the right recipients, but they're different bitcoins: micro-laundering systems.

(Laughter)

It's incredible.

Interested in what drugs are trending right now on the dark net markets? Check Grams, the search engine. You can even buy some advertising space.

(Laughter)

Are you an ethical consumer worried about what the drugs industry is doing? Yeah. One vendor will offer you fair trade organic cocaine.

(Laughter)

That's not being sourced from Colombian druglords, but Guatemalan farmers. They even promised to reinvest 20 percent of any profits into local education programs.

(Laughter)

There's even a mystery shopper.

Now, whatever you think about the morality of these sites -- and I submit that it's not actually an easy question -- the creation of functioning, competitive, anonymous markets, where nobody knows who anybody else is, constantly at risk of being shut down by the authorities, is a staggering achievement, a phenomenal achievement. And it's that kind of innovation that's why those on the fringes are often the harbingers of what is to come.

It's easy to forget that because of its short life, the Internet has actually changed many times over the last 30 years or so. It started in the '70s as a military project, morphed in the 1980s to an academic network, co-opted by commercial companies in the '90s, and then invaded by all of us via social media in the noughties, but I think it's going to change again. And I think things like the dark net markets -- creative, secure, difficult to censor -- I think that's the future.

And the reason it's the future is because we're all worried about our privacy. Surveys consistently show concerns about privacy. The more time we spend online, the more we worry about them, and those surveys show our worries are growing. We're worried about what happens to our data. We're worried about who might be watching us.

Since the revelations from Edward Snowden, there's been a huge increase in the number of people using various privacy-enhancing tools. There are now between two and three million daily users of the Tor browser, the majority of which use is perfectly legitimate, sometimes even mundane. And there are hundreds of activists around the world working on techniques and tools to keep you private online -- default encrypted messaging services. Ethereum, which is a project which tries to link up the connected but unused hard drives of millions of computers around the world, to create a sort of distributed Internet that no one really controls. Now, we've had distributed computing before, of course. We use it for everything from Skype to the search for extraterrestrial life. But you add distributed computing and powerful encryption -- that's very, very hard to censor and control. Another called MaidSafe works on similar principles. Another called Twister, and so on and so on.

And here's the thing -- the more of us join, the more interesting those sites become, and then the more of us join, and so on. And I think that's what's going to happen.

In fact, it's already happening. The dark net is no longer a den for dealers and a hideout for whistle-blowers. It's already going mainstream. Just recently, the musician Aphex Twin released his album as a dark net site. Facebook has started a dark net site. A group of London architects have opened a dark net site for people worried about regeneration projects. Yes, the dark net is going mainstream, and I predict that fairly soon, every social media company, every major news outlet, and therefore most of you in this audience, will be using the dark net, too.

So the Internet is about to get more interesting, more exciting, more innovative, more terrible, more destructive. That's good news if you care about liberty. It's good news if you care about freedom. It's good news if you care about democracy. It's also good news if you want to browse for illegal pornography and if you want to buy and sell drugs with impunity. Neither entirely dark, nor entirely light. It's not one side or the other that's going to win out, but both.

Thank you very much, indeed.

(Applause)

高品質で低価格の コカインを買いたいなら 行くべき場所はひとつ ダークネットの 匿名マーケットです

そういったサイトへは ChromeとかFirefoxのような 普通のブラウザでは行けません インターネットの 隠された部分にあるからです Tor(トーア)秘匿サービスと呼ばれ URLは.onionで終わる 意味のない英数字の列です アクセスには Torブラウザという 特製のブラウザを使います

Torブラウザは元々 米海軍の諜報プロジェクトで その後オープンソースになりました 誰でも自分の場所を 知られることなく インターネットの 閲覧ができます その方法は IPアドレスを暗号化し 同じソフトウェアを使っている 世界中のコンピュータを介し ルーティングする というものです それは通常のインターネットにも 使えますが ダークネットへの鍵になります その極めて巧妙な 暗号化システムによって 20か 30か はたまた 数千か分かりませんが そこで運営されているサイトを 閉鎖させるのは 極めて困難です 匿名ユーザが訪れる 検閲のない世界です

そこが 何か隠し事のある人の 行く場所になるのは 自然なことですが その「何か」は違法なものとは 限りません ダークネットには ニューヨーカー誌が内部告発を 受け付けるサイトがあり 政治活動家のブログがあり 海賊版書籍の図書館があります その他 麻薬のマーケット 違法ポルノ 有償ハッキングサービス まだまだあります ダークネットは インターネット上で もっとも興味深く 刺激的な場所だと思います それというのも イノベーションというのは もちろん大企業や 世界的な大学で起こりますが それはまた社会の周縁でも 起きるものだからです 社会の周縁にいる人々 ― 社会ののけ者や 追放された人々というのは とてもクリエイティブなことがあります そうならざるを得ないからです インターネットの この領域においては LOLCATもなければ ポップアップ広告もありません それは皆さんの多くが 遠からず ダークネットに行くようになると 私が考える理由の1つです

(笑)

皆さんの中の誰かが 高品質な麻薬を入手するために 使うだろうなどと 言うつもりはありませんが 仮にそうだと仮定しましょう

(笑)

少しお付き合いください こういったサイトに入って まず気付くのは よく見慣れた見かけを していることです 何千とある商品の ひとつひとつに 高画質できれいな画像と 詳細な商品説明があり 価格がついています 「レジに進む」ボタンがあり 素晴らしいことに 「違反商品を通報する」ボタンまであります

(笑)

感心しますね

サイトを見て回り 商品を選び 暗号通貨のビットコインで支払いをし 届け先を入力します 自宅住所じゃないほうがいいでしょうね そして品物が届くのを待ちます ほとんどの場合 ちゃんと届きます その理由が 巧妙な暗号化の 仕組みによるのでないというのは 重要なポイントです ずっと単純な仕組みで 実現されています カスタマーレビューです

(笑)

これらのサイトのベンダはどこも 当然のこととして 偽名を使っていますが 評判を築くために 同じ偽名を使い続けています 買い手の方はいつでも 取引先を変えられますが ベンダが信頼できるかどうかを サイトの他のユーザーから 好意的に評価されているかで 判断します

この競争と選択の導入は 経済学者がまさに 予想するだろうものです 価格は下がっていき 商品の品質は上がっていき ベンダは話を良く聞き 丁寧に対応をし 顧客第一で 様々な工夫をします 「特別奉仕」「今回限り」 「1個買うと1個無料」 「配送無料」 顧客を満足させるためです

Drugsheavenというベンダに 連絡を取ってみました Drugsheavenは安定した 高い品質のマリファナを 適性な価格で 提供していました 返品条件が寛大で 取引条件は詳細に 記載されていて 発送も迅速です

「Drugsheaven様」 暗号化して送られる内部の メッセージシステムを使って書きました 「初めてなんですが マリファナを 1グラムだけ買うことってできますか? 」

2時間ほどして返事が来ました 彼らは必ず返信します

「ご連絡いただき ありがとうございます 少量から始めるのというのは賢明です 私があなたの立場ならそうしますね」

(笑)

「1グラムから始めたいというのは まったく問題ありません 良いお付き合いができることを 願っています Drugsheavenより」

(笑)

何でこんな気取った話し方をしたのか自分でも 分かりませんが なんかそんな感じがしたんです

このような顧客中心の 姿勢だからこそ ― サイトに3ヶ月間で残された 12万件の評価を見ましたが 評価の95%が 5段階中の5という 結果になっているのでしょう ここでお客様は神様なんです これが意味することは何でしょう? 一方では より多くの人が たくさんのドラッグを 容易に買えるようになる ということで 個人的には 良いことでは ないと思いますが しかし他方では ドラッグを買おうというとき 一定のレベルの純度と 品質が保証される 満足な方法があるということであり これはドラッグを使う場合には 極めて重要なことです しかも家にいながら 買うことができ 街で買う場合のような リスクはありません

このマーケットで 生き残るには 創意と革新性が必要です そこで現在運用されている 20かそこらのサイトは ― ちなみにそういったサイトが 常に機能しているわけでも完璧なわけでもありません お見せしたサイトは 1年半前に閉鎖されましたが それまでに10億ドル規模の 取引が行われていました こういったマーケットは その運用条件の難しさ 厳しい環境のため 常に革新的で いつも より上手い方法を考えています より分散的で 取り締まりが困難で 顧客の利便性が高くなるように

たとえば支払いのシステムですが もちろんクレジットカードを 使いはしません 直接自分に紐付けられていますから そこで暗号通貨の ビットコインを使います 実際の通貨と 容易に交換することができ ユーザの匿名性を 高度に保つことができます

こういったサイトで当初は システムに問題がありました 中には悪質なディーラーがいて 商品を送らず ビットコインだけ受け取って 逃げてしまったのです コミュニティは対策として 複数署名エスクローという 送金方法を考え出しました 私が商品を買う場合 私はビットコインを 中立的でセキュアな第三者の デジタルウォレットに送ります ベンダは私が送金したのを見て 安心して商品を私に送ります 私が商品を受け取ると 関わっている三者 ベンダ 買い手 サイト管理者のうち 2人が電子署名を使って 承認することによって ベンダに送金が行われます

素晴らしい! これは簡潔で 見事に機能します

しかしビットコインには 別の問題がありました ビットコインの トランザクションは すべて公的な台帳に 記録されるため 誰が関わっているか 突き止められてしまいます それで「タンブリング」サービス というのが考案されました 何百という人が1つのアドレスに ビットコインを送金します ビットコインはそこで ごちゃまぜにされた後に それぞれ本来の受取手に しかるべき金額が 元とは別のビットコインで送られます いわばマイクロ・ロンダリング・システムです

(笑)

うまいもんです

ダークネットの市場で今人気のドラッグが 何か知りたいですか? Gramsという検索エンジンがあります 広告スペースを買うことさえ できるんです

(笑)

道義的な消費者として麻薬業界で 行われていることに懸念をお持ちでしょうか? そういうことなら 有機栽培されたフェアトレードのコカインを 扱っているベンダがあります

(笑)

卸元はコロンビアの麻薬王ではなく グァテマラの農家です 利益の20%を 地元の教育プログラムに 寄付することまで 約束しています

(笑)

消費者のための覆面調査を 行うところさえあります

こういったサイトを倫理的に どう考えるかは難しい問題ですが それは別として 当局によって閉鎖される リスクに常にさらされながら 誰も互いのことを 知らないような匿名の市場を 競争力があり機能するものとして 作り上げるというのは 並外れた 驚くべき偉業だと思います そして このようなイノベーションこそ 未来の先触れは 社会の周縁に見られる と言われる所以です

その短命さ故に 忘れてしまいがちですが インターネットは この30年ほどの間に 何度も様変わりしてきました 70年代に軍事プロジェクトとして始まり 80年代に学術ネットワークに変わり 90年代に営利企業に取り込まれ 2000年代にソーシャルメディアにより 万人のものになりましたが 再び変わろうとしていると思います ダークネット上の マーケットのようなもの クリエイティブで セキュアで 検閲が困難なもの そこに未来があると思います

そこに未来があるという理由は みんなプライバシーを 心配しているからです 調査では人々のプライバシーへの 不安が示されています ネット上で過ごす時間が増えるほど プライバシーへの懸念は大きくなります 調査でみんなの不安の 高まりが示されています 自分のデータに何が起きるか みんな心配しています 誰が自分を監視しているか みんな懸念しています

エドワード・スノーデンによる 暴露以来 プライバシーを高める 様々なツールを 使う人が増えています Torブラウザの デイリーユーザー数は 200~300万になっています その多くはまったく合法なこと むしろ日常的なことに 使われています 世界中の何百という活動家が ネット上でのプライバシーを守る技術や ツールの開発に取り組んでいます 標準で暗号化される メッセージサービスとか Ethereumは ネットに繋がっているが 使われていない 何百万というコンピュータの ハードディスクを利用し 誰もコントロールすることのできない 分散的インターネットを作ろうとしています もちろん分散コンピューティングは 昔からありました Skypeから地球外生命の探索まで あらゆることに使われています しかし分散コンピューティングに 強力な暗号化を組み合わせることで 検閲やコントロールを 極めて難しくできるのです MaidSafeも同じような 原理に基づいています それにTwisterその他 まだまだあります

重要なのは より多くの人が参加するほど そういったサイトは 面白いものになり 面白くなれば いっそう多くの人が 参加するということです それが 今後 起きることだと思います

実際 既に起きています ダークネットはもはや 密売人のアジトでも 内部告発者の 隠れ家でもありません 一般に普及しつつあるのです 最近ミュージシャンのAphex Twinが ダークネット上のサイトでアルバムをリリースしました Facebookもダークネットサイトを 使い始めています ロンドンの建築家のグループは 再生プロジェクトを懸念する人々のサイトを ダークネットに作りました ダークネットは 普及しつつあり 予言しますが ほどなく すべてのソーシャルメディア すべての主要報道機関が ダークネットを使うようになり 従ってこの場にいる皆さんも ダークネットを使うようになるでしょう

だからインターネットは もっと面白く もっと刺激的で もっと革新的で もっと恐ろしく もっと破壊的になるでしょう これは自由を気にかける人にとって 朗報です 独立を気にかける人にとって 朗報です 民主主義を気にかける人にとって 朗報です これはまた 違法なポルノを見たり 罰せられずに 麻薬売買したい人にとっても 朗報です まったくの黒でもなければ まったくの白でもありません 勝利を収めるのは 一方ではなく 両方なのです

どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画