TED日本語 - ソーパール・イアー: クメール・ルージュからの脱出

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ソーパール・イアー: クメール・ルージュからの脱出

TED Talks

クメール・ルージュからの脱出
Escaping the Khmer Rouge
ソーパール・イアー
Sophal Ear

内容

TEDフェローであるソーパール・イアーがクメール・ルージュ支配下にあったカンボジアから脱出した家族の感動的な体験を話します。イアーの母が子どもたちを救うために選んだ知恵と決意を物語ります。

Script

I normally teach courses on how to rebuild states after war. But today I've got a personal story to share with you. This is a picture of my family, my four siblings -- my mom and I -- taken in 1977. And we're actually Cambodians. And this picture is taken in Vietnam. So how did a Cambodian family end up in Vietnam in 1977? Well to explain that, I've got a short video clip to explain the Khmer Rouge regime during 1975 and 1979.

Video: April 17th,1975. The communist Khmer Rouge enters Phnom Penh to liberate their people from the encroaching conflict in Vietnam, and American bombing campaigns. Led by peasant-born Pol Pot, the Khmer Rouge evacuates people to the countryside in order to create a rural communist utopia, much like Mao Tse-tung's Cultural Revolution in China. The Khmer Rouge closes the doors to the outside world. But after four years the grim truth seeps out. In a country of only seven million people,one and a half million were murdered by their own leaders, their bodies piled in the mass graves of the killing fields.

Sophal Ear: So, notwithstanding the 1970s narration, on April 17th 1975 we lived in Phnom Penh. And my parents were told by the Khmer Rouge to evacuate the city because of impending American bombing for three days. And here is a picture of the Khmer Rouge. They were young soldiers, typically child soldiers. And this is very normal now, of modern day conflict, because they're easy to bring into wars.

The reason that they gave about American bombing wasn't all that far off. I mean, from 1965 to 1973 there were more munitions that fell on Cambodia than in all of World War II Japan, including the two nuclear bombs of August 1945. The Khmer Rouge didn't believe in money. So the equivalent of the Federal Reserve Bank in Cambodia was bombed. But not just that, they actually banned money. I think it's the only precedent in which money has ever been stopped from being used. And we know money is the root of all evil, but it didn't actually stop evil from happening in Cambodia, in fact.

My family was moved from Phnom Penh to Pursat province. This is a picture of what Pursat looks like. It's actually a very pretty area of Cambodia, where rice growing takes place. And in fact they were forced to work the fields. So my father and mother ended up in a sort of concentration camp, labor camp.

And it was at that time that my mother got word from the commune chief that the Vietnamese were actually asking for their citizens to go back to Vietnam. And she spoke some Vietnamese, as a child having grown up with Vietnamese friends. And she decided, despite the advice of her neighbors, that she would take the chance and claim to be Vietnamese so that we could have a chance to survive, because at this point they're forcing everybody to work. And they're giving about -- in a modern-day, caloric-restriction diet, I guess -- they're giving porridge, with a few grains of rice.

And at about this time actually my father got very sick. And he didn't speak Vietnamese. So he died actually, in January 1976. And it made it possible, in fact, for us to take on this plan. So the Khmer Rouge took us from a place called Pursat to Kaoh Tiev, which is across from the border from Vietnam. And there they had a detention camp where alleged Vietnamese would be tested, language tested.

And my mother's Vietnamese was so bad that to make our story more credible, she'd given all the boys and girls new Vietnamese names. But she'd given the boys girls' names, and the girls boys' names. And it wasn't until she met a Vietnamese lady who told her this, and then tutored her for two days intensively, that she was able to go into her exam and -- you know, this was a moment of truth. If she fails, we're all headed to the gallows; if she passes, we can leave to Vietnam. And she actually, of course -- I'm here, she passes. And we end up in Hong Ngu on the Vietnamese side. And then onwards to Chau Doc. And this is a picture of Hong Ngu, Vietnam today. A pretty idyllic place on the Mekong Delta. But for us it meant freedom. And freedom from persecution from the Khmer Rouge.

Last year, the Khmer Rouge Tribunal, which the U.N. is helping Cambodia take on, started, and I decided that as a matter of record I should file a Civil Complaint with the Tribunal about my father's passing away. And I got word last month that the complaint was officially accepted by the Khmer Rouge Tribunal. And it's for me a matter of justice for history, and accountability for the future, because Cambodia remains a pretty lawless place, at times.

Five years ago my mother and I went back to Chau Doc. And she was able to return to a place that for her meant freedom, but also fear, because we had just come out of Cambodia. I'm happy, actually, today, to present her. She's here today with us in the audience. Thank you mother.

(Applause)

私は戦後の国家再建の仕方を 教える仕事をしていますが 今日は自らの体験談をお話します これは私の家族の写真です 1977年に撮った写真で 4人の兄妹 母 私が写っています 私たちはカンボジア人ですが この写真はベトナムで撮りました 1977年にどうやってカンボジア人の家族がベトナムへ渡ったのでしょう 1975年から1979年の間の クメールルージュ政権を 説明する短いビデオを用意しました

1975年4月17日 共産党クメールルージュは ベトナム侵略で起きる闘争やアメリカ軍の空爆から 人民を解放するために プノンペンを陥落しました 農家出身のポルポトに導かれ クメールルージュは共産党ユートピアをつくるため 人々を農村へ移住させました 毛沢東の中国文化大革命と非常に似ています クメールルージュは外国と国交を絶ちましたが 4年後 国は酷い状況へと陥りました 人口わずか700万人の国において 150万人が自らの指導者により虐殺され キリングフィールドの集団墓地は死体の山となりました

このビデオで語られているのは事実です 1975年4月17日 私たちはプノンペンで暮らしていました 私の両親はクメールルージュに 米軍の3日間に渡る空爆が差し迫っているため避難するように言われました これはクメールルージュの写真です 兵士は若く だいたいは子どもでした これは現代の戦闘で よく見られる事です 子どもを戦争に送るのが簡単なためです

米国による空爆の話は 全くの嘘ではありません 1965年から1973年に カンボジアに落とされた弾薬は 広島と長崎に投下された― 原子爆弾を含め 日本が第二次大戦中に落とされた弾薬以上の量でした クメールルージュは お金の価値を信じていなかったので 連邦準備銀行に相当する 銀行まで爆破し 貨幣の使用を禁止しました お金が廃止されたのは 先例がないと思います お金は諸悪の根源ではありますが お金の廃止により カンボジアの悪事が止まることはありませんでした

私の家族はプノンペンからポーサット州へと移されました これはポーサットの風景です カンボジアの中でも とてもきれいな地方で 稲作が行われる地域です 人々は畑仕事を強制され 私の両親は 強制収容所に 行くことになってしまいました

その頃 母は 地域の長から ベトナム人はベトナムへ戻るように 言われている事を聞きました 母は子どもの頃 ベトナム人の 友達がいたので ベトナム語が少し話せました それで母は近所の人たちの反対があったにも関わらず 一か八か ベトナム人であると 主張することにしました 生き延びるためにしたことです 当時は みんな強制労働をさせられ 現代のカロリー制限のような 食事を与えられていました お米が数粒しか入っていないお粥です

ちょうど この頃 父が病気になりました 父はベトナム語は話せませんでした 父が1976年の1月に亡くなったことで この計画を実行させることが 可能になったのです クメールルージュは私たちを ポーサットから ベトナム国境沿いのコーチエブという場所に移しました そこには抑留所があり ベトナム人だと思われる人の言語テストするのです

私の母のベトナム語はとても下手だったので 少しでも真実らしく見せるために 私たち子どもたちはベトナム語の名前がつけられました でも 母は息子には女の子の名前を 娘には男の子の名前をつけてしまったのです それは あるベトナム人女性と出会うまで わかりませんでしたが 彼女は2日間に渡り 母にベトナム語の特訓をして 母はテストの準備をしました それは まさに正念場でした もし失敗すれば 私たち家族は絞首刑となり パスできれば ベトナムへ行けるのです もちろん私がここにいるのも 母がパスしたからで 私たちはベトナム側のホングーに落ち着き チョードックへと行きました これは現在のホングーの写真です メコンデルタにある田園風の場所ですが ここは私たちには自由を意味していました クメールルージュの迫害からの自由です

去年 国連からの支援を受け クメールルージュ裁判が始まりました 私は公判録を残すために 父の死に関して裁判に 民事申し立てを提出することにしました そして先月 その申し立てが クメールルージュ裁判に正式に受領されたと聞きました この裁判は歴史上の正義であり 未来への責任を果たすことなのです なぜならカンボジアは時として無法地帯となるからです

5年前 私は母と共に チョードックへ行きました 当時 カンボジアから脱出したばかりだったため 母には 自由を意味しながらも 恐怖を感じていた場所へ戻ったのです 今日は母を紹介でき 嬉しく思います 母が来てくれました お母さん ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画