TED日本語 - 安替(マイケル・アンティ): 中国の巨大なファイアウォールの陰で

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - 安替(マイケル・アンティ): 中国の巨大なファイアウォールの陰で

TED Talks

中国の巨大なファイアウォールの陰で
Behind the Great Firewall of China
安替(マイケル・アンティ)
Michael Anti

内容

安替は中国の国内から12年間に渡りブログを主宰しています。中央政府がインターネットを検閲して、全てのサーバーは北京に設置され当局の監視下にあります。しかし数億人にのぼるマイクロブロガーは、中国の歴史上初めてとなる世論を形成しており、力関係を思わぬ方向にシフトし始めていると、安替は主張します。

Script

In the past several days, I heard people talking about China. And also, I talked to friends about China and Chinese Internet. Something is very challenging to me. I want to make my friends understand: China is complicated. So I always want to tell the story, like,one hand it is that, the other hand is that. You can't just tell a one sided story. I'll give an example. China is a BRIC country. BRIC country means Brazil, Russia, India and China. This emerging economy really is helping the revival of the world economy. But at the same time, on the other hand, China is a SICK country, the terminology coined by Facebook IPO papers -- file. He said the SICK country means Syria, Iran, China and North Korea. The four countries have no access to Facebook. So basically, China is a SICK BRIC country.

(Laughter)

Another project was built up to watch China and Chinese Internet. And now, today I want to tell you my personal observation in the past several years, from that wall. So, if you are a fan of the Game of Thrones, you definitely know how important a big wall is for an old kingdom. It prevents weird things from the north.

Same was true for China. In the north, there was a great wall, Chang Cheng. It protected China from invaders for 2,000 years. But China also has a great firewall. That's the biggest digital boundary in the whole world. It's not only to defend the Chinese regime from overseas, from the universal values, but also to prevent China's own citizens to access the global free Internet, and even separate themselves into blocks, not united.

So, basically the "Internet" has two Internets. One is the Internet, the other is the Chinanet. But if you think the Chinanet is something like a deadland, wasteland, I think it's wrong. But we also use a very simple metaphor, the cat and the mouse game, to describe in the past 15 years the continuing fight between Chinese censorship, government censorship, the cat, and the Chinese Internet users. That means us, the mouse. But sometimes this kind of a metaphor is too simple.

So today I want to upgrade it to 2.0 version. In China, we have 500 million Internet users. That's the biggest population of Netizens, Internet users, in the whole world. So even though China's is a totally censored Internet, but still, Chinese Internet society is really booming. How to make it? It's simple. You have Google, we have Baidu. You have Twitter, we have Weibo. You have Facebook, we have Renren. You have YouTube, we have Youku and Tudou. The Chinese government blocked every single international Web 2.0 service, and we Chinese copycat every one.

(Laughter)

So, that's the kind of the thing I call smart censorship. That's not only to censor you. Sometimes this Chinese national Internet policy is very simple: Block and clone. On the one hand, he wants to satisfy people's need of a social network, which is very important; people really love social networking. But on the other hand, they want to keep the server in Beijing so they can access the data any time they want. That's also the reason Google was pulled out from China, because they can't accept the fact that Chinese government wants to keep the server.

Sometimes the Arab dictators didn't understand these two hands. For example, Mubarak, he shut down the Internet. He wanted to prevent the Netizens [ from criticizing ] him. But once Netizens can't go online, they go in the street. And now the result is very simple. We all know Mubarak is technically dead. But also, Ben Ali, Tunisian president, didn't follow the second rule. That means keep the server in your hands. He allowed Facebook, a U.S.-based service, to continue to stay on inside of Tunisia. So he can't prevent it, his own citizens to post critical videos against his corruption. The same thing happend. He was the first to topple during the Arab Spring.

But those two very smart international censorship policies didn't prevent Chinese social media [ from ] becoming a really public sphere, a pathway of public opinion and the nightmare of Chinese officials. Because we have 300 million microbloggers in China. It's the entire population of the United States. So when these 300 million people, microbloggers, even they block the tweet in our censored platform. But itself -- the Chinanet -- but itself can create very powerful energy, which has never happened in the Chinese history.

2011, in July,two [ unclear ] trains crashed, in Wenzhou, a southern city. Right after the train crash, authorities literally wanted to cover up the train, bury the train. So it angered the Chinese Netizens. The first five days after the train crash, there were 10 million criticisms of the posting on social media, which never happened in Chinese history. And later this year, the rail minister was sacked and sentenced to jail for 10 years.

And also, recently, very funny debate between the Beijing Environment Ministry and the American Embassy in Beijing because the Ministry blamed the American Embassy for intervening in Chinese internal politics by disclosing the air quality data of Beijing. So, the up is the Embassy data, the PM 2.5. He showed 148, they showed it's dangerous for the sensitive group. So a suggestion, it's not good to go outside. But that is the Ministry's data. He shows 50. He says it's good. It's good to go outside. But 99 percent of Chinese microbloggers stand firmly on the Embassy's side. I live in Beijing. Every day, I just watch the American Embassy's data to decide whether I should open my window.

Why is Chinese social networking, even within the censorship, so booming? Part of the reason is Chinese languages. You know, Twitter and Twitter clones have a kind of a limitation of 140 characters. But in English it's 20 words or a sentence with a short link. Maybe in Germany, in German language, it may be just "Aha!"

(Laughter)

But in Chinese language, it's really about 140 characters, means a paragraph, a story. You can almost have all the journalistic elements there. For example, this is Hamlet, of Shakespeare. It's the same content. One, you can see exactly one Chinese tweet is equal to 3.5 English tweets. Chinese is always cheating, right? So because of this, the Chinese really regard this microblogging as a media, not only a headline to media.

And also, the clone, Sina company is the guy who cloned Twitter. It even has its own name, with Weibo. "Weibo" is the Chinese translation for "microblog" . It has its own innovation. At the commenting area, [ it makes ] the Chinese Weibo more like Facebook, rather than the original Twitter. So these innovations and clones, as the Weibo and microblogging, when it came to China in 2009, it immediately became a media platform itself. It became the media platform of 300 million readers. It became the media. Anything not mentioned in Weibo, it does not appear to exist for the Chinese public.

But also, Chinese social media is really changing Chinese mindsets and Chinese life. For example, they give the voiceless people a channel to make your voice heard. We had a petition system. It's a remedy outside the judicial system, because the Chinese central government wants to keep a myth: The emperor is good. The old local officials are thugs. So that's why the petitioner, the victims, the peasants, want to take the train to Beijing to petition to the central government, they want the emperor to settle the problem. But when more and more people go to Beijing, they also cause the risk of a revolution. So they send them back in recent years. And even some of them were put into black jails. But now we have Weibo, so I call it the Weibo petition. People just use their cell phones to tweet.

So your sad stories, by some chance your story will be picked up by reporters, professors or celebrities. One of them is Yao Chen, she is the most popular microblogger in China, who has about 21 million followers. They're almost like a national TV station. If you -- so a sad story will be picked up by her. So this Weibo social media, even in the censorship, still gave the Chinese a real chance for 300 million people every day chatting together, talking together. It's like a big TED, right? But also, it is like the first time a public sphere happened in China. Chinese people start to learn how to negotiate and talk to people.

But also, the cat, the censorship, is not sleeping. It's so hard to post some sensitive words on the Chinese Weibo. For example, you can't post the name of the president, Hu Jintao, and also you can't post the city of Chongqing, the name, and until recently, you can't search the surname of top leaders. So, the Chinese are very good at these puns and alternative wording and even memes. They even name themselves -- you know, use the name of this world-changing battle between the grass-mud horse and the river crab. The grass-mud horse is caonima, is the phonogram for motherfucker, the Netizens call themselves. River crab is hexie, is the phonogram for harmonization, for censorship. So that's kind of a caonima versus the hexie, that's very good. So, when some very political, exciting moments happened, you can see on Weibo, you see a lot of very weird stories happened. Weird phrases and words, even if you have a PhD of Chinese language, you can't understand them.

But you can't even expand more, no, because Chinese Sina Weibo, when it was founded was exactly one month after the official blocking of Twitter.com. That means from the very beginning, Weibo has already convinced the Chinese government, we will not become the stage for any kind of a threat to the regime. For example, anything you want to post, like "get together" or "meet up" or "walk," it is automatically recorded and data mined and reported to a poll for further political analyzing. Even if you want to have some gathering, before you go there, the police are already waiting for you. Why? Because they have the data. They have everything in their hands. So they can use the 1984 scenario data mining of the dissident. So the crackdown is very serious.

But I want you to notice a very funny thing during the process of the cat-and-mouse. The cat is the censorship, but Chinese is not only one cat, but also has local cats. Central cat and local cats.

(Laughter)

You know, the server is in the [ central ] cats' hands, so even that -- when the Netizens criticize the local government, the local government has not any access to the data in Beijing. Without bribing the central cats, he can do nothing, only apologize.

So these three years, in the past three years, social movements about microblogging really changed local government, became more and more transparent, because they can't access the data. The server is in Beijing. The story about the train crash, maybe the question is not about why 10 million criticisms in five days, but why the Chinese central government allowed the five days of freedom of speech online. It's never happened before. And so it's very simple, because even the top leaders were fed up with this guy, this independent kingdom. So they want an excuse -- public opinion is a very good excuse to punish him.

But also, the Bo Xilai case recently, very big news, he's a princeling. But from February to April this year, Weibo really became a marketplace of rumors. You can almost joke everything about these princelings, everything! It's almost like you're living in the United States. But if you dare to retweet or mention any fake coup about Beijing, you definitely will be arrested. So this kind of freedom is a targeted and precise window.

So Chinese in China, censorship is normal. Something you find is, freedom is weird. Something will happen behind it. Because he was a very popular Leftist leader, so the central government wanted to purge him, and he was very cute, he convinced all the Chinese people, why he is so bad. So Weibo, the 300 million public sphere, became a very good, convenient tool for a political fight.

But this technology is very new, but technically is very old. It was made famous by Chairman Mao, Mao Zedong, because he mobilized millions of Chinese people in the Cultural Revolution to destroy every local government. It's very simple, because Chinese central government doesn't need to even lead the public opinion. They just give them a target window to not censor people. Not censoring in China has become a political tool.

So that's the update about this game, cat-and-mouse. Social media changed Chinese mindset. More and more Chinese intend to embrace freedom of speech and human rights as their birthright, not some imported American privilege. But also, it gave the Chinese a national public sphere for people to, it's like a training of their citizenship, preparing for future democracy. But it didn't change the Chinese political system, and also the Chinese central government utilized this centralized server structure to strengthen its power to counter the local government and the different factions.

So, what's the future? After all, we are the mouse. Whatever the future is, we should fight against the [ cat ] . There is not only in China, but also in the United States there are some very small, cute but bad cats.

(Laughter)

SOPA, PIPA, ACTA, TPP and ITU. And also, like Facebook and Google, they claim they are friends of the mouse, but sometimes we see them dating the cats. So my conclusion is very simple. We Chinese fight for our freedom, you just watch your bad cats. Don't let them hook [ up ] with the Chinese cats. Only in this way, in the future, we will achieve the dreams of the mouse: that we can tweet anytime, anywhere, without fear.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

この数日間 中国がテーマのトークを聞きました 私も友人に中国と中国のインターネットの話をしました これは容易なことではありません 私が皆さんにお伝えしたいのは 中国は理解しがたいと言うことです いつも私が話をする時は ここはこうで あれはああだ という風に一方的に 話さないことにしています ひとつ例を挙げます 中国は BRIC の一国です BRIC とは ブラジル ロシア インド 中国です この新興経済圏は世界経済の回復に多大な貢献をしています しかし同時にその一方では 中国は SICK の一国です この用語はフェイスブック新規株式公開の書類に現れました SICK とは シリア イラン 中国 北朝鮮です これら4カ国ではフェイスブックにアクセスできません 従って 中国は SICKで BRICな国です

(笑)

中国と中国のインターネット事情を注視するプロジェクトは続々とあります 中国と中国のインターネット事情を注視するプロジェクトは続々とあります 本日 私は過去数年間に渡って 壁の内側から個人的に観察した感想をお話します あなたが「ゲーム・オブ・スローンズ」が好きならば 古代王国で巨大な壁が いかに重要だったかご存知でしょう 北からの侵略を防ぐためです

中国も同様でした 北部に万里の長城を築きました 長城は2000年に渡り中国を侵略者から守りました 中国には巨大なファイアウォールもあります 世界最大のデジタル境界です 中国政府を海外や世界共通の価値感から防御すると共に 中国国民が世界中の自由なインターネットにアクセスするのを妨げています 中国国民が世界中の自由なインターネットにアクセスするのを妨げています さらには国民を団結させないよう幾つかの束に分断しています

インターネットには2種類あるのです インターネット と チャイナネットです チャイナネットを不毛な場所と考えるのは誤りだと思います チャイナネットを不毛な場所と考えるのは誤りだと思います 過去15年を表す とても単純なたとえがあります 猫とネズミの争いです 猫は中国の検閲 政府の検閲です そして中国のインターネット・ユーザーの我々はネズミです この種のたとえは往々にして単純すぎます

そこで今日はバージョン2.0にアップグレードしましょう 中国には5億人のインターネット・ユーザーがいます 世界中で最大のインターネット・ユーザー いわば ネット市民です 中国のインターネットは完全に検閲されていますが それでも中国のインターネット社会は盛り上がっています なぜでしょうか? 答えは簡単です 皆さんには グーグル 私達には バイドゥ(百度) 皆さんには ツイッター 私達には ウェイボー(微博) 皆さんには フェイスブック 私達には レンレンワァン(人人網) 皆さんには ユーチューブ 私達には ヨウク(?酷网) と トゥードウ(土豆网) 中国政府はあらゆる世界的Web 2.0 サービスを遮断しています 中国政府はあらゆる世界的Web 2.0 サービスを遮断しています しかし中国人は全てを模倣しています

(笑)

この種のことを私は賢い検閲と呼びます つまり検閲するだけでなく 中国政府のインターネット政策は極めて明快です 遮断と模倣 一方では国民のソーシャル・ネットワークへの願望を満たそうとします 国民にとってソーシャル・ネットワークはとても重要なメディアです しかし他方ではサーバーを全て北京に 設置させて あらゆるデータをいつでも検閲できるようにしています これがグーグルが中国から撤退した理由のひとつです 中国政府が要求したサーバーの設置を拒んだからです 中国政府が要求したサーバーの設置を拒んだからです

アラブの独裁者達が理解しなかった二面性がここにあります 例えばムバラクはインターネットを遮断しました 彼はネット市民が批判できないようにしました しかしネット市民はオンライン接続できなくなると街に繰り出しました 結果は極めて明快です ムバラクは事実上 死にました 一方 ベン・アリ チュニジア大統領も 2つ目のルールに従いませんでした サーバーを支配しなかったのです 彼は米国のサービス フェイスブックの チュニジア国内での利用を容認しました その結果 彼の汚職を糾弾するビデオを 投稿するのを止められませんでした 結果的には同様で 彼はアラブの春で最初に追放されました 結果的には同様で 彼はアラブの春で最初に追放されました

しかし とても賢い国際的検閲政策のおかげで 中国のソーシャル・メディアは国民の世論を形成する公共の場となる一方 中国政府要人にとって悪夢になることはありませんでした 中国には3億人のマイクロブロガーがいます 米国の総人口に匹敵します 3億人のマイクロブロガーによって たとえ彼らのつぶやきが検閲に晒されているとしても チャイナネット自体はとても強いパワーを生み出すのです これまでの中国の歴史では不可能なことでした これまでの中国の歴史では不可能なことでした

2011年7月 南部の都市 温州で高速鉄道列車2両が衝突脱線する事故が起きました 2011年7月 南部の都市 温州で高速鉄道列車2両が衝突脱線する事故が起きました 事故の発生直後 当局は文字どおり事故車両を地中に埋めて隠そうとしました 中国のネット市民は大いに憤慨し 事故発生後 5日間で 1千万件を超す批判がネット上に投稿されました 中国の歴史上初めてのことです 後に鉄道省大臣は 更迭され10年間の禁固刑を受けました

そして最近では北京にある環境保護部と 北京米国大使館の間で 滑稽な論争が起こりました 環境保護部が 米国大使館に対して 北京の大気汚染指数を公表するのは中国国内政策への 介入だと非難したのです 大使館が公表した指数は 148でした これは敏感な人々は外出を控えるように勧告するレベルでした これは敏感な人々は外出を控えるように勧告するレベルでした 一方環境省の指数は 50でした 大気は良好で外出に適していました 中国人マイクロブロガーの 99%は 大使館の値を信じました 私は北京に住んでいますが毎日米国大使館の データを見て窓を開けるか決めています

なぜ中国のネット社会は検閲があるのに盛り上がっているのでしょうか? 理由のひとつは中国語にあります ツイッター および ツイッター模造サービスには140文字数の制限があります ツイッター および ツイッター模造サービスには140文字数の制限があります 英語では 20単語程度ですから短いリンク付きの一文にすぎません ドイツ語では "あっ" 位でしょう

(笑)

中国語では本当に140文字ですから 文節あるいは物語を作れます 報道に必要な要素を網羅することも可能です 例えばこれはシェークスピアのハムレットです 全く同じ内容です 中国語で1件のつぶやきが英語の 3.5件分に相当します 中国人はいつもズルしてるでしょ? このため中国人はマイクロブログを 見出しだけでないれっきとしたメディアと扱っています

またツイッターを模倣した会社シナは ウェイボーという名前まで作りました ウェイボーという名前まで作りました 中国語で "ウェイボー" は"マイクロブログ" のことです 独自の機能もあります ウェイボーのコメント入力エリアは 元祖のツイッターよりフェイスブックに近い機能を提供します ウェイボー とマイクロブログのような革新と模倣が 中国に来たのは2009年ですが たちまち一大メディアの基盤を確立しました 3億人の購読者がいるメディア基盤になったのです メディアそのものです ウェイボーについて語られないのは 中国国民のための存在とは見なされないのですが

それでも中国のソーシャル・メディアは 中国人の考え方や生活に変化を巻き起こしています 例えば 声なき人々にも 発言する機会を与えています 私達には陳情システムがあります司法制度とは別の仕組みです 中国中央政府は中央こそ正しくて 地方官僚は悪党だというイメージを広げようとしています そこで地方の農民など被害者が陳情人として 列車に乗って北京に向かい中央政府に陳情をするのです 中央官僚に問題解決を嘆願するのです しかし より多くの人が北京に行くと革命のリスクが高まります しかし より多くの人が北京に行くと革命のリスクが高まります 従って最近は送り返されます 投獄される人も出たりしました 今はウェイボーを使います ウェイボー陳情と呼ばれるものです 人民は携帯電話からつぶやくのです

そしてそれらの悲劇が偶然に 記者 教授 有名人等に拾われるのを待つのです そんな一人がヤオ・チェン(姚晨)です中国で最も人気があるマイクロブロガーです そんな一人がヤオ・チェン(姚晨)です中国で最も人気があるマイクロブロガーです フォロワーは2千百万人を数えます まるで国営テレビ局です もしも あなたの悲劇が彼女に取り上げられたら― ウェイボー ソーシャル・メディアは検閲下でも 3億人の中国人にとっては本当の機会を提供しているのです 毎日一緒にチャットしたり 話をしたり まるで一大TEDイベントみたいでしょう? 中国で世論が形成されたのは初めてです 中国で世論が形成されたのは初めてです 中国人はお互いに交渉したり 物語を語ることを学習し始めました

一方 検閲官の猫も寝ていません 中国のウェイボー上で微妙な表現をするのは困難です 例えば胡錦濤国家主席を名指しすることはできません また重慶のように都市名も使えません 最近まで最高指導者層の名字を検索することもできませんでした そこで中国人は語呂合わせ 当て字 あだ名をよく使います 隠語と発音が似ている 言葉を巧みに使ったりします 例えば草泥馬や河蟹です 草泥馬の発音は 糞ったれ野郎とそっくりです ネット市民が自分たちを指す言葉です 河蟹の発音は 検閲とそっくりです いわば草泥馬と河蟹の対決です いいでしょう? 政治的に とても重大な出来事が起こると ウェイボーには実に不可思議な物語が登場します 博士号を持っている人さえ難解な 不可思議な中国語が登場するのです

解説を加えることもできません 中国のウェイボーができたのは ツイッターが遮断されてから1か月後のことです 最初から決まっていたことは ウェイボーは立ち上げるサービスが中国政府にとって 政権の危険要因に ならないことを確約していたのです 例えば “集まる” “会議をする” “行進する” 等の言葉を投稿に含めると 例えば “集まる” “会議をする” “行進する” 等の言葉を投稿に含めると たちまち自動的に記録されデータ分析した 結果が政治局解析部門に送られます 集会をしようと決めた場所に向かってみるとそこには既に警官が待機しています 集会をしようと決めた場所に向かってみるとそこには既に警官が待機しています 彼らがデータを握っているからです全てが彼らの手の内なのです 彼らがデータを握っているからです全てが彼らの手の内なのです ですから「1984年(小説)」 の様に反体制活動家をチェックできるのです 取締りは極めて深刻です

しかし猫とネズミの争いには 実に面白い側面もあるのです 猫は検閲官です 実は中国の猫は一匹ではありません 地方にも猫がいます ですから中央猫と地方猫です

(笑)

地方猫はサーバーにアクセスできません 従ってネット市民が地方政府を非難しても 地方政府は中央猫に賄賂を送らない限り 北京にあるデータを見て解析することができません 謝る以外は何もできないのです

このおかげで この3年間 マイクロブログによる社会現象は 地方政府を大きく変え より開かれた機関にしました データにアクセスできないからです サーバーは北京にあるのです 列車事故についての疑問は なぜ5日間で1千万人もの人が 列車事故についての疑問は なぜ5日間で1千万人もの人が 非難を寄せたかではなく なぜ中国中央政府が 5日間 オンラインで自由な言論を許したか です 過去には一度もなかったことです 答えはとても簡単です 中央の指導者たちも この地方を牛耳る役人に辟易していたのです 言い訳が欲しかったのです 世論は地方役人を罰するには格好の言い訳でした

また薄熙来の事件も重大なニュースでした 彼は太子党です しかし今年2月から4月にかけて ウェイボーにはいろんな噂が満ちあふれました 太子党たちについて どんなジョークでも投稿できました 何でもありでした あたかも米国に住んでるようでした 一方再つぶやきしたり 北京に対して革命を示唆したら 間違いなく逮捕されます この種の自由は明確な標的にのみ許されるのです

国内の中国人にとって検閲は日常事です 自由の方が変だということに気づきます 裏に何かあるのです 薄は左派のリーダーとして人気が高かったので 中央政府は失脚させたかったのです 彼は魅力的な人でした 政府は彼が悪人だと説得する必要がありました 彼は魅力的な人でした 政府は彼が悪人だと説得する必要がありました 従ってウェイボー上の3億人が作る世論は 政治闘争のとても便利な道具になったのです

このテクノロジーは とても新しいですが 戦術は とても古いものです 毛主席 毛沢東により有名になりました 彼は数億の中国人を動員して 文化大革命を起こし 全ての地方政府を破壊したのです とても簡単なことです 中国中央政府は世論をリードする必要はありません とても簡単なことです 中国中央政府は世論をリードする必要はありません 政府は検閲を中断する標的を決めてネット市民に開放するのです 中国で検閲なしというのは政治的な道具です

以上が 猫とネズミ争いの最新情報でした ソーシャル・メディアは中国人のメンタリティを変えましたより多くの中国人が言論の自由を求め ソーシャル・メディアは中国人のメンタリティを変えましたより多くの中国人が言論の自由を求め 人権を当然の権利と考えています 決して米国から輸入した特権ではありません 中国人は世論を形成し それは人々にとり あたかも将来の民主主義に向けた予行演習です それは人々にとり あたかも将来の民主主義に向けた予行演習です しかし 中国の政治体制は変わりませんでした 中国中央政府はサーバーの 集中管理体制を利用して力を強め 地方政府や他の勢力に対抗しました

どんな未来があるのでしょう? 結局 私達はネズミです どんな未来になっても 猫とネズミの争いは続きます 中国のみならず米国にすら とても小さくて かわいいけれど 悪い猫がいます

(笑)

SOPA PIPA ACTA TPP ITU です フェイスブック や グーグルのように これらの機関はネズミの友達だと公言します しかし彼らが猫とデートをするのも見かけます 私の結論は とても簡単です 私達中国人は私達の自由のために戦います皆さんは皆さんの悪い猫に気を付けて下さい 私達中国人は私達の自由のために戦います皆さんは皆さんの悪い猫に気を付けて下さい 悪い猫が中国の猫と共闘しないようにして下さい これで初めて 将来ネズミの夢を実現できるのです これで初めて 将来ネズミの夢を実現できるのです いつでも どこでも 恐れることなく つぶやけるのです

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画