TED日本語 - シモン・ショケン: ライド・オブ・ホープ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - シモン・ショケン: ライド・オブ・ホープ

TED Talks

ライド・オブ・ホープ
Shimon Schocken's rides of hope
シモン・ショケン

内容

コンピューター・サイエンスの教授であるシモン・ショケンは、熱心なマウンテン・バイカーでもあります。山道を自転車で駆け上る中で、彼が獲得した人生の教訓を共有するために、イスラエルの少年受刑者を対象に、アウトドアプログラムを開始しました。そして彼らの人生の大いなる困難と本当の成功に触れることになります。

Script

Mountain biking in Israel is something that I do with great passion and commitment. And when I'm on my bike, I feel that I connect with the profound beauty of Israel, and I feel that I'm united with this country's history and biblical law. And also, for me, biking is a matter of empowerment. When I reach the summit of a steep mountain in the middle of nowhere, I feel young, invincible, eternal. It's as if I'm connecting with some legacy or with some energy far greater than myself. You can see my fellow riders at the end of the picture, looking at me with some concern. And here is another picture of them. Unfortunately, I can not show their faces, neither can I disclose their true names, and that's because my fellow riders are juvenile inmates, offenders spending time in a correction facility about 20 minutes' ride from here -- well, like everything in Israel. And I've been riding with these kids once a week, every Tuesday, rain or shine, for the last four years and by now, they've become a very big part of my life.

This story began four years ago. The correction facility where they are locked up happens to be right in the middle of one of my usual trips, and it's surrounded by barbed wires and electric gates and armed guards. So on one of these rides, I talked my way into the compound and went to see the warden. I told the warden that I wanted to start a mountain biking club in this place and that basically I wanted to take the kids from here to there. And I told him, "Let's find a way in which I'll be able to take out 10 kids once a week to ride with in the summer in the country." And the warden was quite amused, and he told me he thought that I was a nut and he told me, "This place is a correction facility. These guys are serious offenders. They are supposed to be locked up. They aren't supposed to be out at large." And yet, we began to talk about it, and one thing led to another. And I can't see myself going into a state prison in New Jersey and making such a proposition, but this being Israel, the warden somehow made it happen. And so two months later, we found ourselves "at large" -- myself,10 juvenile inmates and a wonderful fellow named Russ, who became a very good friend of mine and my partner in this project.

And in the next few weeks, I had the tremendous pleasure of introducing these kids to the world of total freedom, a world consisting of magnificent vistas like these -- everything you see here is obviously in Israel -- as well as close encounters with all sorts of small creatures coming in all sorts of sizes, colors, shapes, forms and so on. In spite of all this splendor, the beginning was extremely frustrating. Every small obstacle, every slight uphill, would cause these fellows to stop in their tracks and give up. So we had a lot of this going on. I found out that they had a very hard time dealing with frustration and difficulties -- not because they were physically unfit. But that's one reason why they ended up where they were. And I became increasingly more and more agitated, because I was there not only to be with them, but also to ride and create a team and I didn't know what to do.

Now, let me give you an example. We're going downhill in some rocky terrain, and the front tire of Alex gets caught in one of these crevasses here. So he crashes down, and he gets slightly injured, but this does not prevent him from jumping up and then starting to jump up and down on his bike and curse violently. Then he throws his helmet in the air. His backpack goes ballistic in some other direction. And then he runs to the nearest tree and starts to break branches and throw rocks and curse like I've never heard. And I'm just standing there, watching this scene with a complete disbelief, not knowing what to do. I'm used to algorithms and data structures and super motivated students, and nothing in my background prepared me to deal with a raging, violent adolescent in the middle of nowhere. And you have to realize that these incidents did not happen in convenient locations. They happened in places like this, in the Judean Desert,20 kilometers away from the nearest road. And what you don't see in this picture is that somewhere between these riders there, there's a teenager sitting on a rock, saying, "I'm not moving from here. Forget it. I've had it." Well, that's a problem because one way or another, you have to get this guy moving because it's getting dark soon and dangerous.

It took me several such incidents to figure out what I was supposed to do. At the beginning, it was a disaster. I tried harsh words and threats and they took me nowhere. That's what they had all their lives. And at some point I found out, when a kid like this gets into a fit, the best thing that you can possibly do is stay as close as possible to this kid, which is difficult, because what you really want to do is go away. But that's what he had all his life, people walking away from him. So what you have to do is stay close and try to reach in and pet his shoulder or give him a piece of chocolate. So I would say, "Alex, I know that it's terribly difficult. Why don't you rest for a few minutes and then we'll go on." "Go away you maniac-psychopath. Why would you bring us to this goddamn place?" And I would say, "Relax, Alex. Here's a piece of chocolate." And Alex would go, "Arrrrggg!" Because you have to understand that on these rides we are constantly hungry -- and after the rides also.

And who is this guy, Alex, to begin with? He's a 17-year-old. When he was eight, someone put him on a boat in Odessa and sent him, shipped him to Israel on his own. And he ended up in south Tel Aviv and did not have the good luck to be picked up by a [ unclear ] and roamed the streets and became a prominent gang member. And he spent the last 10 years of his life in two places only, the slums and the state prison, where he spent the last two years before he ended up sitting on this rock there. And so this kid was probably abused, abandoned, ignored, betrayed by almost every adult along the way. So, for such a kid, when an adult that he learns to respect stays close to him and doesn't walk away from him in any situation, irrespective of how he behaves, it's a tremendous healing experience. It's an act of unconditional acceptance, something that he never had.

I want to say a few words about vision. When I started this program four years ago, I had this original plan of creating a team of winning underdogs. I had an image of Lance Armstrong in my mind. And it took me exactly two months of complete frustration to realize that this vision was misplaced, and that there was another vision supremely more important and more readily available. It all of a sudden dawned on me, in this project, that the purpose of these rides should actually be to expose the kids to one thing only: love. Love to the country, to the uphill and the downhill, to all the incredible creatures that surround us -- the animals, the plants, the insects -- love and respect to other fellow members in your team, in your biking team, and most importantly, love and respect to yourself, which is something that they badly miss.

Together with the kids, I also went through a remarkable transformation. Now, I come from a cutthroat world of science and high technology. I used to think that reason and logic and relentless drive were the only ways to make things happen. And before I worked with the kids, anything that I did with them, or anything that I did with myself, was supposed to be perfect, ideal, optimal, but after working with them for some time, I discovered the great virtues of empathy and flexibility and being able to start with some vision, and if the vision doesn't work, well nothing happened. All you have to do is play with it, change it a little bit, and come up with something that does help, that does work. So right now, I feel more like these are my principles, and if you don't like them, I have others.

(Laughter)

(Applause)

And one of these principles is focus. Before each ride we sit together with the kids, and we give them one word to think about during the ride. You have to focus their attention on something because so many things happen. So these are words like "teamwork" or "endurance" or even complicated concepts like "resource allocation" or "perspective," a word that they don't understand. You know, perspective is one of these critically important life-coping strategies that mountain biking can really teach you. I tell kids when they struggle through some uphill and feel like they can not take it anymore, it really helps to ignore the immediate obstacles and raise your head and look around and see how the vista around you grows. It literally propels you upwards. That's what perspective is all about. Or you can also look back in time and realize that you've already conquered steeper mountains before. And that's how they develop self-esteem.

Now, let me give you an example of how it works. You stand with your bike at the beginning of February. It's very cold, and you're standing in one of these rainy days, and it's drizzling and cold and chilly, and you're standing in, let's say, Yokneam. And you look up at the sky through a hole in the clouds you see the monastery at the top of the Muhraka -- that's where you're supposed to climb now -- and you say, "There's no way that I could possibly get there." And yet,two hours later you find yourself standing on the roof of this monastery, smeared with mud, blood and sweat. And you look down at Yokneam; everything is so small and tiny. And you say, "Hey, Alex. Look at this parking lot where we started. It's that big. I can't believe that I did it." And that's the point when you start loving yourself.

And so we talked about these special words that we teach them. And at the end of each ride, we sit together and share moments in which those special words of the day popped up and made a difference, and these discussions can be extremely inspiring. In one of them,one of the kids once said, "When we were riding on this ridge overlooking the Dead Sea -- and he's talking about this spot here -- "I was reminded of the day when I left my village in Ethiopia and went away together with my brother. We walked 120 kilometers until we reached Sudan. This was the first place where we got some water and supplies." And he goes on saying, and everyone looks at him like a hero, probably for the first time in his life. And he says -- because I also have volunteers riding with me, adults, who are sitting there listening to him -- and he says, "And this was just the beginning of our ordeal until we ended up in Israel. And only now," he says, "I'm beginning to understand where I am, and I actually like it." Now I remember, when he said it, I felt goosebumps on my body, because he said it overlooking the Moab Mountains here in the background. That's where Joshua descended and crossed the Jordan and led the people of Israel into the land of Canaan 3,000 years ago in this final leg of the journey from Africa.

And so, perspective and context and history play key roles in the way I plan my rides with the kids. We visit Kibbutzim that were established by Holocaust survivors. We explore ruins of Palestinian villages, and we discuss how they became ruins. And we go through numerous remnants of Jewish settlements, Nabatic settlements, Canaanite settlements -- three-,four,five-thousand years old. And through this tapestry, which is the history of this country, the kids acquire what is probably the most important value in education, and that is the understanding that life is complex, and there's no black and white. And by appreciating complexity, they become more tolerant, and tolerance leads to hope.

I ride with these kids once a week, every Tuesday. Here's a picture I took last Tuesday -- less than a week ago -- and I ride with them tomorrow also. In every one of these rides I always end up standing in one of these incredible locations, taking in this incredible landscape around me, and I feel blessed and fortunate that I'm alive, and that I sense every fiber in my aching body. And I feel blessed and fortunate that 15 years ago I had the courage to resign my tenured position at NYU and return to my home country where I can do these incredible rides with this group of troubled kids coming from Ethiopia and Morocco and Russia. And I feel blessed and fortunate that every week, every Tuesday -- and actually every Friday also -- I can once again celebrate in the marrow of my bones the very essence of living in Israel on the edge.

Thank you.

(Applause)

イスラエルの山道を自転車で走るということに 情熱と責任を持って取り組んでいます 情熱と責任を持って取り組んでいます マウンテンバイクに乗っている間は イスラエルの本当の美しさや イスラエルの本当の美しさや この国の歴史や 聖書の律法との この国の歴史や 聖書の律法との 一体感を感じます そして 私にとって 自転車に乗ることは活力の源でもあります 周りに何もない 急な山の頂上に到達すると 周りに何もない 急な山の頂上に到達すると 自分は若く 向かうところ敵なし そして永遠であるという気持ちになれるのです まるで自分が何かの伝説か 自分という存在を超えた 大いなるエネルギーの一部になったような気分です この写真の端には 私を心配そうな眼差しで見つめる 仲間達がいます これも 彼らの写真です 残念ながら 私は彼らの顔をお見せすることも 彼らの本名を明かすこともできません 私が一緒に自転車に乗っている仲間は 未成年の受刑者 犯罪者たちで ここから自転車で20分ほどの 矯正施設に収容されているからです イスラエルはどこでも20分ですけど 私は少年達と週に一回自転車に乗ります この4年間 毎週火曜日に 晴れでも雨でも 乗っています 今では 彼らは私の人生の非常に大きな一部です

この始まりは 4年前に遡ります 少年達がいる矯正施設が たまたま 私がよく走るルートの 途中にありました そこは鉄条網に囲まれて 電動式ゲートがあり武装した守衛がいます そのルートを走っていた ある日 話をして中に入れてもらい 所長に会いに行きました 私は所長に マウンテンバイク・クラブを作って 少年達をそこから連れだし ここへ 連れて行きたいと言いました 「週に一度 10人の子供が ー 夏の野山を自転車で走れる方法を考えよう」 と言いました 所長は非常に驚いて 頭がどうかしてるんじゃないか と言いました そして こう言いました 「ここは矯正施設だ ここにいるのは重罪を犯した犯罪者なんだから ここに監禁されてなくてはいけない 出かけることなんて考えられない」 まあ それでも 私と所長は対話を始め 色々な展開がありました ニュージャージー州にいたら 州立刑務所に入っていって そんな提案をするなんて 考えられません でも ここはイスラエルです 所長が どうにか実現してくれました そして 2ヶ月後 私達は「野放し」になったわけです 私と 10人の少年受刑者と ラスという 素晴らしい青年です 彼とは とても仲良くなり このプロジェクトのパートナーにもなりました

その後の数週間で素晴らしい体験をしました 少年達に完璧な自由が 存在している世界を見せました 息を呑むような展望が次々広がる世界 このような景色のことですが ご覧いただいているのはすべてイスラエルです また ありとあらゆる種類の 小動物との出会いもありました 大きいのから小さいの 色も 形も 実に様々でした このように 全てが素晴らしかったわけですが 初めの頃は 非常にイライラさせられました 小さな障害物 ほんの少しの上り坂 そんなもので この少年達は いちいち自転車から降りて 諦めてしまうのです こんな光景が良くありました 彼らは フラストレーションや困難に 向き合うことができなかったのです 体力がないわけではありません それこそが 彼らが今の状況にある要因の一つだったのです 私もだんだんとイライラしてきました というのは 私がそこにいたのは 付き添い役としてばかりではなく 自分もチームの一員として走りたかったからです 私は途方に暮れました

例を挙げますと 岩がゴツゴツした丘を下っていると アレックスの自転車の前輪が 割れ目に嵌ってしまいました 彼は転んで 軽い怪我をしました それでも彼は 飛び上がり そのうちに自転車で飛び上がったりして 暴力的な言葉で罵り ヘルメットを放り投げて バックパックは別の方向にポーンと飛んでいく それから 一番近くにある木に走っていって 枝を折って 岩を投げつけて 今までに聞いたことがないくらい 口汚く罵る 私はといえば ただそこに立って 信じられない気持ちで ぼんやりと眺めて どうしたらいいか わからないでいるわけです 私はアルゴリズムや データ構造や 非常に意欲的な学生に囲まれて暮らしていたので 私には この怒り狂った 暴力的な若者に 対応する用意がまるでなくて ただ荒野に立ち尽くしていました そして こういったことは 都合の良い場所では発生しません こんな場所で起こるんです ユダヤ砂漠です 一番近くの道路は 20キロ先です 写真には写っていませんが 自転車に乗った少年達とカメラ間には 岩の上に座っている少年がいて 「ここから動かないからな! もう たくさんだ!」 と言っているわけです これは問題ですよ なんとかして この少年を動かさないといけない あたりは暗くなり始めていて 危険が迫っていますから

しかし 何度か経験するうちに対応方法が分かってきました でも 最初は悲惨なものでした きついことを言ったり 脅かしたり でも 全然効果はありませんでした 彼らは そんなものには慣れっこです ふとした折に 分かったのですが こういう子供が 癇癪を起こした時に 私達ができる最善のことは できるだけ近くにいてやることです 難しいことです 本当は離れたいと思っているのですから 皆が そうして彼から離れていったのです 皆が そうして彼から離れていったのです だから そばにいてやるのです そして 肩に手を伸ばして なだめてやるか チョコレートをあげます 「アレックス これが本当に難しいことなのは分かる 少し休んでから また 行こう」と声を掛けると 「あっちへ行けよ この変人野郎 こんな所に連れて来やがって!」と言う そこで私は 「リラックスしろよ アレックス チョコレートがあるよ」と言います アレックスはそれに食らいつきます 自転車に乗るとお腹が空くんです こういう遠乗りでは ずっと空腹です 自転車を降りてからも空腹です

アレックスは なぜこうなったのか? 彼は17歳です 8歳の時に 誰かがオデッサで彼を船に乗せました 彼はひとりでイスラエルに渡って来たのです 彼はひとりでイスラエルに渡って来たのです 行き着いた先はテルアビブ南部でした 運はあまり味方してくれず 通りを うろついたりするうちに 通りを うろついたりするうちに 有名なギャングのひとりになっていました 彼は この10年を2つの場所で過ごして来ました 彼は この10年を2つの場所で過ごして来ました スラムと刑務所です この2年は刑務所にいて あの岩の上に座り込んでいるわけです 彼はおそらく 虐待され 放置され 無視され 裏切られてきたんでしょう 出会った大人全員にそうされてきた そういう少年には 彼が尊敬できる大人がそばにいて どんな状況でも 見捨てずに どんな風に振る舞おうとも 見守る必要があります それが 大いなる癒しとなります 無条件に受け入れられることを 彼は経験したことがありませんから

ビジョンについて 少し話したいと思います 4年前にこのプログラムを開始した時は 勝てる負け犬のチームが作りたいと思っていました 勝てる負け犬のチームが作りたいと思っていました 勝てる負け犬のチームが作りたいと思っていました ランス・アームストロングのイメージが頭にあったのです ランス・アームストロングのイメージが頭にあったのです 2ヶ月にわたる 終わりがみえない フラストレーションの期間を ー 過ごして ようやく このビジョンが 見当違いで 他に はるかに重要で すぐにも達成 できるようなビジョンが 存在することに気がつきました このプロジェクトの中で 急に分かったんです この自転車の旅の真の目的は 少年達をただ一つのものに 触れさせることなんだと それは 愛です 国への愛 上り坂への愛 下り坂への愛 私達を取り囲む 全てのすばらしい生物 ー 動物や 植物や 昆虫への愛 そして チームのメンバー 一緒に自転車に乗っているメンバーを 愛し 尊敬すること 何より重要なのは 自分自身を愛し 尊重することです それが 今までの彼らに 一番欠けていたものです

少年達だけではなく 私自身も 目を見張るほどの変身を遂げました 冷徹な科学やハイテクの 世界に身を置いて来ましたので 理由や論理について考え 容赦なく物事を推し進めることだけが 私にとって 何かを達成する唯一の手段でした 少年達と関わる前は 彼らに対して行うことや 私が自分自身に対して行うことは いつも完璧で 理想的で 最善であるべきだと思っていました しかし 彼らと関わるうちに 共感することや柔軟性の 大きな価値に気づきました 何らかのビジョンをもって始めて それがうまくいかなくても 大したことではないのです いろいろ試行錯誤したり 少し変えたりして 実際に効果がある 実行できる別なものを考えればいい そういったことがあり 現在は それを原則にしています あの手 この手です あの手 この手です

(笑)

(拍手)

そんな私の指針の一つが 「集中すること」です いつも自転車の旅に出る前に 少年達を集めて 自転車に乗ってる間に考える 言葉を一つ伝えます 彼らの意識を一つの事柄に集中させておくためです 道中 いろんな事が起こりますから 例えば 「チームワーク」とか 「忍耐」といった言葉です 「資源分配」などの 難しいコンセプトを与えることもあります 「大局観」などは 彼らが理解できない言葉です 「大局観」は 人生を切り開いていく上で この上なく 重要な戦略です それをマウンテンバイクが教えてくれます 少年達には こう言っています 「上り道が苦しくて もうこれ以上駄目だって時には 目前の障害物は無視して 顔を上げて あたりを見回し 周囲の風景の変化に目をやりなさい」 そうすることで 本当に前に進めるのです それが「大局観」なのです または 過去を振り返って もっと急な山を上りきった経験がある と気付くこともできるでしょう それが 「自尊心」を築き上げるのです

例を挙げて ご説明します 2月初旬に 自転車で出掛けるとします とても寒い上に 冷たい雨まで降っています しとしと しとしと降り続け 寒くて凍えるような天気です そんな日に まあ 例えば ヨクネアムにいるわけです 雲の隙間から空を見上げます すると ムフラカの頂上にある修道院が見えます 今からそこに上って行かなくてはいけません 「どうやったって 行けるはずがない」と思いますね それでも 2時間後には 修道院の屋根の上に立っているのです 泥や 血や汗にまみれて そこから ヨクネアムを見下ろすと すべてが とても小さく見えます 「アレックス あれがスタートした駐車場だ」と言います 「あんなに小さい あそこから来たなんて信じられない」 そこから自分自身を 愛し始めることができるんです

少年達に教える特別な言葉について これまでお話ししましたが いつも自転車の旅の終わりには また皆で集まって その日の言葉が 胸に浮かんできて 変化がもたらされた 瞬間について 語り合います その話し合いは 時に 非常に インスピレーションに 溢れたものです ある時 一人の少年がこう言いました 「死海を見下ろしながら 尾根を走っている時…」 彼が言っているのはこの場所です ー 「エチオピアの村を 出た日のことを思い出した 僕は兄弟と一緒に村を出た 120キロ歩いて スーダンにたどり着いた そこで初めて 水と食料を手に入れることが出来たんだ」 皆は 話をする彼を ヒーローのように見つめています きっと 彼にとっては人生初めての経験です そこには ボランティアで来てくれている 私以外の大人もいて 彼の話を聞いていました 少年は こう続けました「でも それは ー イスラエルに着くまで続く 苦難の始まりに過ぎなかった でも やっと今 自分がどこにいるのか分かった気がする 僕は ここが好きだ」 彼が話した時のことを思い出すと 今でも鳥肌が立ちます 彼はこの彼方にあるモアブ山脈を見ながらその話をしたからです そこは ヨシュアが下って ヨルダンを超えて イスラエルの民をカナンの地に導いた場所です 3000年前の アフリカからの旅の 終盤です

大局観と 状況と 歴史の3つが 私が企画する 少年達との自転車の旅における 重要な要素となります ホロコーストを生き延びた人たちが 作ったキブツ(農場)を訪ねることもあります パレスチナ人の 廃墟となった村を訪ねて どうして廃墟になってしまったのか話し合うこともあります 数々のユダヤ人入植 ナバト人入植 カナン人入植の跡地を 見て回ることもあります 3千 4千 いや 5千年前のことですが そういった歴史的事象 つまり この国の歴史をたどることで 少年達は 教育において おそらく 最も重要な価値観を 学びます つまり 人生は複雑なもので 白か黒で 割り切れるものではないことを理解します 複雑さを受け入れることで 彼らは より寛容になり 寛容さは希望へとつながります

私は 少年達と毎週火曜日に 自転車に乗ります これは先週の火曜日に撮った写真です-- まだ1週間もたちません-- 明日も 彼らと走ります 自転車の旅に出る度に こんな素晴らしい場所に立ち 自分を取り巻く風景の写真を撮ります そして 生きているということは 祝福され 幸福なことだと実感します だからこそ 体中の全ての繊維が 痛むのを感じるのです そして 15年前に ニューヨーク大学の約束された地位を離れ 自分の生まれた国に 戻る勇気を持てたことは 祝福され 幸福なことだと感じます 自分の故郷で エチオピアや モロッコやロシアから来た 問題のある少年たちと こんなに素晴らしい自転車の旅ができるのですから そして 毎週火曜日に ー実際は金曜日もですが ー 危険と隣り合わせの イスラエルで生きることの真髄を 心の底から喜ぶことができるのは 祝福され 幸福なことだと感じます

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画