TED日本語 - ノア・ウィルソン・リッチ:都会で健康なミツバチを育てよう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ノア・ウィルソン・リッチ:都会で健康なミツバチを育てよう

TED Talks

都会で健康なミツバチを育てよう
Every city needs healthy honey bees
ノア・ウィルソン・リッチ
Noah Wilson-Rich

内容

不思議なことに田園地帯からミツバチが姿を消しており、農業にも大きな影響を与えることが懸念されています。その一方でミツバチはむしろ都市部で栄えており、また都市もミツバチを必要としているようです。ノア・ウィルソン・リッチが都市での養蜂が都市を活性化させ、またミツバチを救うことにもなるという提案を行います。(TEDxBostonにて収録)

Script

This man is wearing what we call a bee beard. (Laughter) A beard full of bees.

Now, this is what many of you might picture when you think about honeybees, maybe insects, or maybe anything that has more legs than two. And let me start by telling you, I gotcha. I understand that. But, there are many things to know, and I want you to open your minds here, keep them open, and change your perspective about honeybees.

Notice that this man is not getting stung. He probably has a queen bee tied to his chin, and the other bees are attracted to it. So this really demonstrates our relationship with honeybees, and that goes deep back for thousands of years. We're very co-evolved, because we depend on bees for pollination and, even more recently, as an economic commodity.

Many of you may have heard that honeybees are disappearing, not just dying, but they're gone. We don't even find dead bodies. This is called colony collapse disorder, and it's bizarre. Researchers around the globe still do not know what's causing it, but what we do know is that, with the declining numbers of bees, the costs of over 130 fruit and vegetable crops that we rely on for food is going up in price.

So honeybees are important for their role in the economy as well as in agriculture. Here you can see some pictures of what are called green roofs, or urban agriculture. We're familiar with the image on the left that shows a local neighborhood garden in the South End. That's where I call home. I have a beehive in the backyard. And perhaps a green roof in the future, when we're further utilizing urban areas, where there are stacks of garden spaces.

Check out this image above the orange line in Boston. Try to spot the beehive. It's there. It's on the rooftop, right on the corner there, and it's been there for a couple of years now. The way that urban beekeeping currently operates is that the beehives are quite hidden, and it's not because they need to be. It's just because people are uncomfortable with the idea, and that's why I want you today to try to think about this, think about the benefits of bees in cities and why they really are a terrific thing.

Let me give you a brief rundown on how pollination works. So we know flowers, we know fruits and vegetables, even some alfalfa in hay that the livestock for the meats that we eat, rely on pollinators, but you've got male and female parts to a plant here, and basically pollinators are attracted to plants for their nectar, and in the process, a bee will visit some flowers and pick up some pollen, or that male kind of sperm counterpart, along the way, and then travel to different flowers, and eventually an apple, in this case, will be produced. You can see the orientation. The stem is down. The blossom end has fallen off by the time we eat it, but that's a basic overview of how pollination works.

And let's think about urban living, not today, and not in the past, but what about in a hundred years? What's it gonna look like? We have huge grand challenges these days of habitat loss. We have more and more people, billions of people, in 100 years, God knows how many people, and how little space there will be to fit all of them, so we need to change the way that we see cities, and looking at this picture on the left of New York City today, you can see how gray and brown it is. We have tar paper on the rooftops that bounces heat back into the atmosphere, contributing to global climate change, no doubt. What about in 100 years, if we have green rooftops everywhere, and gardening, and we create our own crops right in the cities? We save on the costs of transportation, we save on a healthier diet, and we also educate and create new jobs locally. We need bees for the future of our cities and urban living.

Here's some data that we collected through our company with Best Bees, where we deliver, install and manage honeybee hives for anybody who wants them, in the city, in the countryside, and we introduce honeybees, and the idea of beekeeping in your own backyard or rooftop or fire escape, for even that matter, and seeing how simple it is and how possible it is.

There's a counterintuitive trend that we noticed in these numbers. So let's look at the first metric here, overwintering survival. Now this has been a huge problem for many years, basically since the late 1980s, when the varroa mite came and brought many different viruses, bacteria and fungal diseases with it. Overwintering success is hard, and that's when most of the colonies are lost, and we found that in the cities, bees are surviving better than they are in the country. A bit counterintuitive, right? We think, oh, bees, countryside, agriculture, but that's not what the bees are showing. The bees like it in the city. (Laughter)

Furthermore, they also produce more honey. The urban honey is delicious. The bees in Boston on the rooftop of the Seaport Hotel, where we have hundreds of thousands of bees flying overheard right now that I'm sure none of you noticed when we walked by, are going to all of the local community gardens and making delicious, healthy honey that just tastes like the flowers in our city. So the yield for urban hives, in terms of honey production, is higher as well as the overwintering survival, compared to rural areas. Again, a bit counterintuitive.

And looking back historically at the timeline of honeybee health, we can go back to the year 950 and see that there was also a great mortality of bees in Ireland. So the problems of bees today isn't necessarily something new. It has been happening since over a thousand years ago, but what we don't really notice are these problems in cities.

So one thing I want to encourage you to think about is the idea of what an urban island is. You think in the city maybe the temperature's warmer. Why are bees doing better in the city? This is a big question now to help us understand why they should be in the city. Perhaps there's more pollen in the city. With the trains coming in to urban hubs, they can carry pollen with them, very light pollen, and it's just a big supermarket in the city. A lot of linden trees live along the railroad tracks. Perhaps there are fewer pesticides in the cities than there are in [ rural ] areas. Perhaps there are other things that we're just not thinking about yet, but that's one idea to think about, urban islands.

And colony collapse disorder is not the only thing affecting honeybees. Honeybees are dying, and it's a huge, huge grand challenge of our time. What you can see up here is a map of the world, and we're tracking the spread of this varroa mite.

Now, the varroa mite is what changed the game in beekeeping, and you can see, at the top right, the years are changing, we're coming up to modern times, and you can see the spread of the varroa mite from the early 1900s through now. It's 1968, and we're pretty much covering Asia. 1971, we saw it spread to Europe and South America, and then, when we get to the 1980s, and specifically to 1987, the varroa mite finally came to North America and to the United States, and that is when the game changed for honeybees in the United States.

Many of us will remember our childhood growing up, maybe you got stung by a bee, you saw bees on flowers. Think of the kids today. Their childhood's a bit different. They don't experience this. The bees just aren't around anymore. So we need bees and they're disappearing and it's a big problem.

What can we do here? So, what I do is honeybee research. I got my Ph.D. studying honeybee health. I started in 2005 studying honeybees. In 2006, honeybees started disappearing, so suddenly, like, this little nerd kid going to school working with bugs -- (Laughter) -- became very relevant in the world. And it worked out that way.

So my research focuses on ways to make bees healthier. I don't research what's killing the bees, per se. I'm not one of the many researchers around the world who's looking at the effects of pesticides or diseases or habitat loss and poor nutrition on bees. We're looking at ways to make bees healthier through vaccines, through yogurt, like probiotics, and other types of therapies in ways that can be fed orally to bees, and this process is so easy, even a 7-year-old can do it. You just mix up some pollen, sugar and water, and whatever active ingredient you want to put in, and you just give it right to the bees. No chemicals involved, just immune boosters.

Humans think about our own health in a prospective way. We exercise, we eat healthy, we take vitamins. Why don't we think about honeybees in that same type of way? Bring them to areas where they're thriving and try to make them healthier before they get sick.

I spent many years in grad school trying to poke bees and do vaccines with needles. (Laughter) Like, years, years at the bench, "Oh my gosh, it's 3 a.m. and I'm still pricking bees." (Laughter) And then one day I said, "Why don't we just do an oral vaccine?" It's like, "Ugh," so that's what we do. (Laughter)

I'd love to share with you some images of urban beehives, because they can be anything. I mean, really open your mind with this. You can paint a hive to match your home. You can hide a hive inside your home. These are three hives on the rooftop of the Fairmont Copley Plaza Hotel, and they're beautiful here. I mean, we matched the new color of the inside of their rooms to do some type of a stained wood with blue for their sheets, and these bees are terrific, and they also will use herbs that are growing in the garden. That's what the chefs go to to use for their cooking, and the honey -- they do live events -- they'll use that honey at their bars. Honey is a great nutritional substitute for regular sugar because there are different types of sugars in there.

We also have a classroom hives project, where -- this is a nonprofit venture -- we're spreading the word around the world for how honeybee hives can be taken into the classroom or into the museum setting, behind glass, and used as an educational tool.

This hive that you see here has been in Fenway High School for many years now. The bees fly right into the outfield of Fenway Park. Nobody notices it. If you're not a flower, these bees do not care about you. (Laughter) They don't. They don't. They'll say, "S'cuse me, flying around." (Laughter) Some other images here in telling a part of the story that really made urban beekeeping terrific is in New York City, beekeeping was illegal until 2010. That's a big problem, because what's going to pollinate all of the gardens and the produce locally? Hands? I mean, locally in Boston, there is a terrific company called Green City Growers, and they are going and pollinating their squash crops by hand with Q-Tips, and if they miss that three day window, there's no fruit. Their clients aren't happy, and people go hungry. So this is important.

We have also some images of honey from Brooklyn. Now, this was a mystery in the New York Times where the honey was very red, and the New York State forensics department came in and they actually did some science to match the red dye with that found in a maraschino cherry factory down the street. (Laughter) So you can tailor your honey to taste however you want by planting bee-friendly flowers.

Paris has been a terrific model for urban beekeeping. They've had hives on the rooftop of their opera house for many years now, and that's what really got people started, thinking, "Wow, we can do this, and we should do this." Also in London, and in Europe across the board, they're very advanced in their use of green rooftops and integrating beehives, and I'll show you an ending note here.

I would like to encourage you to open your mind. What can you do to save the bees or to help them or to think of sustainable cities in the future? Well, really, just change your perspective. Try to understand that bees are very important. A bee isn't going to sting you if you see it. The bee dies. Honeybees die when they sting, so they don't want to do it either. (Laughter) It's nothing to panic about. They're all over the city. You could even get your own hive if you want. There are great resources available, and there are even companies that will help get you set up and mentor you and it's important for our educational system in the world for students to learn about agriculture worldwide such as this little girl, who, again, is not even getting stung. Thank you. (Applause)

この男性の髭は ハチ髭ですね (笑) 顔がハチだらけです

ミツバチと言ったときに 皆さんの多くは ただの昆虫だとか 脚がたくさんある生き物とか思われるのでしょう お気持ちはわかります ただ皆さんに知って欲しいこと ちょっと想像力を働かせて欲しいことがあるんです そしてミツバチを見る目を変えていただきたいのです

この男性が刺されていないことにお気づきでしょうか もしかしたら女王蜂をあごに括り付けて ハチの気をそらしているのかもしれません 彼のこの姿は我々人間とミツバチとの 数千年にも及ぶつながりを表しています 人類とミツバチは共に進化してきました ハチは植物の受粉を助けますし 最近では 経済的にも欠かせないものになっています

そのミツバチが消滅していることを ご存知の方も多いと思います 「死んでいる」のではなく「消えている」のです 死骸も目にすることはありません これは「蜂群崩壊症候群」と呼ばれる 奇妙な現象です 世界中の研究者が いまだに理由もわからずにいます わかっていることは ミツバチの減少と共に 我々が食料としている130以上の野菜や 果物の値段が上がっているということです

ミツバチは経済的にも農業においても 重要な役割を担っています こちらの写真は我々が 緑の屋根とか都市農園と呼ぶものです 左側の写真の方が馴染みがありますね ボストンのサウスエンドにある住宅の庭です 私の自宅なんですが 裏庭でミツバチを飼っています 右は未来の緑の屋根の想像図 都市空間をより有効に活用して 庭にできるスペースを積み重ねています

これはオレンジライン(地下鉄)上にある建物ですが 蜂の巣があるんですが どこかわかりますか? 屋上の隅っこの方にあります もう設置されてから何年か経っています 現在 都市で行われている養蜂は かなりひっそりと行われていますが それはなにも 隠さなきゃいけないわけではありません ただそこに暮らす人たちが嫌がるからです だから今日は是非皆さんに考えていただきたい 都市でミツバチを飼うことのメリットや その素晴らしさ

まず受粉の仕組みについて簡単にお話しましょう ご存知の通り花や果実に野菜 そして我々が口にする牛の飼料に含まれる アルファルファも受粉媒介者に頼っています それらの植物には雄しべと雌しべがあり 基本的に受粉媒介者は植物の 蜜を求め その過程で ハチが花に潜り込み花粉が体に付着します そうして精子にあたる花粉が運ばれ 違う株の花へ辿り着き やがて 例えばリンゴができます 茎が下に向かって伸びていますね 花の先の部分は果実が食べられるころにはなくなります 受粉の仕組みはこのようなものです

では次に 都市生活について考えてみましょう ただし現在や 過去についてではなく これから100年後の都市生活です どういうふうになっているでしょう? 我々の直面する大きな問題は 居住スペースの減少です 人口増加は 過去100年で数十億です いったい今後どれだけ増えるのか 居住空間が どの程度不足するのか 誰にもわかりません 都市に対する見方を変える必要があります 左側の写真は現在のニューヨークですが グレーと茶色ばかりですね 屋根に貼られたタール紙が大気中に 熱を跳ね返しますから 気候変動に影響しているのは確実でしょう 100年後 緑の屋根が普及していれば そこでガーデニングや農作物の栽培が 都市でできれば 輸送のコストを低減し 安全な食料を確保し 更に学ぶことができ 地元で新たな職を 創り出すことができます 私たちの都市とそこでの生活を守るために ミツバチが必要です

我々の会社で集めたデータがあります ベスト・ビーズはミツバチの巣箱を要望に応じて 届け 設置し 管理をします 都会・田舎を問わずミツバチと養蜂というアイデアを紹介し 自宅の庭や屋根 また必要であれば 非常階段でも養蜂がいかに無理なく 簡単にできるということを知っていただきます

さて データですがおかしな傾向が見られます こちらの指標をご覧ください 越冬生存率に関するものです これは長年大きな問題になっているのですが 1980年代にバロアダニが入ってきて 様々なウィルスや細菌を持ち込みました そして真菌病をもたらしました 越冬を成功させるのは大変です 冬を越す時に多くのコロニーが失われます 都市では田舎よりもミツバチの越冬生存率が 高いことがわかりました ちょっと考えられないですよね? 普通ハチといえば田園風景を思い浮かべます でもハチは違うというのです ハチは都会が好きなんですね (笑)

さらに都会ではより多くの蜂蜜を作るんです 都会の蜂蜜は美味しいんですよ ボストンではシーポートホテルの屋上に 何百何千のハチがいて 皆さんはお気づきでないでしょうが 今も頭の上を飛び回っています そのハチたちは近所の庭に飛んでいき 美味しくてヘルシーな蜂蜜 ボストンに咲く花の味がする蜂蜜を作っています つまり 都会のミツバチと田舎のミツバチを比較すると 越冬生存率だけでなく蜂蜜の生産量も 高いことがわかります やはり何か不思議な感じがしますね

ミツバチの健康に関して歴史を振り返ってみましょう 西暦950年までさかのぼってみると アイルランドでミツバチの大量死があったことがわかります ミツバチの大量死などの問題は必ずしも 新しい問題ではなく1000年以上も前から 起きていることなのです 私たちが気付かない問題は都会で起こる問題です

そこで皆さんに是非考えてほしいことは 都市という独特な環境についてです 恐らく都会では気温が高いと思われるでしょう なぜ都市の方がハチが元気なのでしょう これは我々がミツバチが なぜ都会に向いているのかを 理解するための重要な問いです 花粉がより多くあるのでしょうか 郊外からの電車は非常に軽い花粉を 都市のハブに運んでくるかもしれません まるで大きな市場のようなものです 線路沿いには多くのシナノキが生えています おそらく都会の方が田舎よりも 殺虫剤の量が少ないのかもしれませんが 他にも我々の考えつかないことがあるかもしれません 都会独特の環境は 考える価値があります

ミツバチに影響を与えているのは 蜂群崩壊症候群だけではなく 他の原因でもミツバチが死んでいます これは非常に由々しき問題です こちらの世界地図上で バロアダニの拡大を追跡しています

バロアダニは養蜂のあり方を大きく変えました 右上の数字をご覧いただくと 1900年代初めから現在まで バロアダニがいかに広がっているか おわかりいただけるでしょう 1968年にはアジアのほとんどを 1971年にはヨーロッパと南アメリカ 1980年代まで下って 1987年にはバロアダニはついに アメリカ合衆国にまで到達しました アメリカのミツバチにとっては それが転換点となりました

子供時代にミツバチに刺されたり 見かけたことを覚えているでしょう 今日の子供達の子供時代は少し様子が違います 彼らはそうした経験をしません ハチが周りにいないのです 必要なハチがいなくなってしまっている 大きな問題です

私たちには何ができるのでしょう? 私はミツバチの研究をしています ミツバチの健康について博士号を取りました 2005年に研究を始めて 2006年からミツバチが消滅し始めました 学校でムシをいじくっていた このオタクが突如として ― (笑) ― 世界にとって重要な人間になったのです そんないきさつでした

私の研究の焦点は 「いかにハチを健康にするか」にあります ハチを殺している要因自体は直接研究していません 世界中にいる多くの研究者のように 殺虫剤や病気やハチの住処・栄養の不足について 研究しているのではありません ハチを健康にする方法を研究しています ワクチンやヨーグルトや細菌など ハチへの経口投与による様々な治療方法です このプロセスは非常に簡単で7歳の子供でもできます 砂糖や水を花粉に混ぜたり 他にも何か有効成分を混ぜたりして ハチに与えるだけで薬剤は不要です ハチの免疫力を高めるだけです

ヒトは自分の健康を未来志向で考えます 運動したり健康的な食事をしたりビタミンを飲んだりします ミツバチについても同じように考えればいいのです 彼らが元気で暮らしている場所に連れてくる ミツバチを健康にしてあげて病気を予防するのです

大学院ではハチにワクチンを注射するために長い時間を (笑) そう何年も何年も 研究室に居残って 「おやもう 朝の3時になってしまった」 「まだハチの注射が終わってない」なんて (笑) ある日ひらめきました 「経口投与すればいいんじゃない?」 そして「ああそうか」となって今があります (笑)

これは都会にある巣箱の写真です どんな姿形にでもできますよ 自由な発想でいいんです お宅にマッチするように塗っても構いません お宅の中に巣箱を隠すこともできます フェアモント・コプリー・プラザ・ホテルの 屋上には3つの巣箱があります 美しいですねえ ホテルの部屋の調度に合わせて 塗装した木材を使いました それにハチ達は庭で栽培されているハーブを 利用するんです 素晴らしいですね ハーブはシェフが料理に使い ハチが作る蜂蜜は ホテルのバーで使われます 砂糖の代わりに蜂蜜を使えば健康的です 様々な糖分が含まれていますから

また教室でハチを飼うこともしています これは非営利のベンチャーですが 蜂の巣箱が教室でも取り入れられるということを 世界に向けて宣伝しています または博物館でもガラスケースの中で 教育のために設置することもできます

こちらの巣箱はもう長い間 フェンウェイ高校に設置されています ハチはフェンウェイパークの外野に飛んでいきますが 気付かないでしょう あなたが花でない限り ハチは皆さんに興味もありません(笑) 全く気にしないんです ブンブンしながら 「ちょっとごめんよ」なんて言うくらいです (笑) 都市での養蜂が素晴らしいものである理由を この写真が物語っています ニューヨークでは2010年まで養蜂は違法でした それは大きな問題です 植物を受粉させようとしても 地元で生えている植物の受粉はどうします? まさか手でやりますか? ここボストンには素晴らしい会社があって グリーン・シティ・グロウワーズという会社が 綿棒を使って手作業でカボチャを受粉させていました もし彼らが貴重なタイミングを逃せば 実はできません 顧客は不服で人々は空腹になりますね 受粉はとても重要です

写真はブルックリンでとれた蜂蜜です ニューヨークタイムズでは謎としてとりあげられました 蜂蜜が真っ赤だったので 州の化学調査班が調査しました その調査の結果わかったことによると 赤い色の正体は 少し先にあるマラスキーノ・チェリーの工場でした (笑) つまり蜂蜜と共生できる花を植えることによって 自分好みの蜂蜜を作れます

パリは都市での養蜂の素晴らしいお手本です オペラ座の屋上にはずっと巣箱があって 人々はこう考えるようになりました 「これなら私たちにもできそうだし やるべきだ」 ロンドンでもヨーロッパ全体でも 人々は緑の屋上の活用と巣箱を置くことについて すいぶんと先進的です 最後になりますが

皆さんにも心を開いていただきたいのです ハチを守り助けるために また将来の持続可能な 都市について考えるために何ができるか 見方を大きく変えて欲しいのです ハチの重要さをわかっていただきたい ミツバチはあなたに見つかったからといって刺しはしません ミツバチは一度刺すと死んでしまうんです そんなことしたくもないでしょう (笑) パニックを起こす必要はありません 都市では街中にミツバチはいるんです 自分の巣箱を持つこともできるんです すぐ手に入りますし 巣箱の設置と世話の指導をする会社もあります また教育的にも農業について学ぶことが 世界中で重要になっています この女の子を見て下さい 刺されてなんていないでしょう ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画