TED日本語 - ターリ・シャーロット: 楽観主義バイアス

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ターリ・シャーロット: 楽観主義バイアス

TED Talks

楽観主義バイアス
The optimism bias
ターリ・シャーロット
Tali Sharot

内容

人間は生まれつき現実的ではなく楽観的なのでしょうか?ターリ・シャーロットは、新しい研究結果により、人間の脳が明るい面を見るように作られていることを示唆し、これが危険であると同時に利点でもあることを説明します。

Script

I'm going to talk to you about optimism -- or more precisely, the optimism bias. It's a cognitive illusion that we've been studying in my lab for the past few years, and 80 percent of us have it.

It's our tendency to overestimate our likelihood of experiencing good events in our lives and underestimate our likelihood of experiencing bad events. So we underestimate our likelihood of suffering from cancer, being in a car accident. We overestimate our longevity, our career prospects. In short, we're more optimistic than realistic, but we are oblivious to the fact.

Take marriage for example. In the Western world, divorce rates are about 40 percent. That means that out of five married couples,two will end up splitting their assets. But when you ask newlyweds about their own likelihood of divorce, they estimate it at zero percent. And even divorce lawyers, who should really know better, hugely underestimate their own likelihood of divorce. So it turns out that optimists are not less likely to divorce, but they are more likely to remarry. In the words of Samuel Johnson, "Remarriage is the triumph of hope over experience."

(Laughter)

So if we're married, we're more likely to have kids. And we all think our kids will be especially talented. This, by the way, is my two-year-old nephew, Guy. And I just want to make it absolutely clear that he's a really bad example of the optimism bias, because he is in fact uniquely talented.

(Laughter)

And I'm not alone. Out of four British people,three said that they were optimistic about the future of their own families. That's 75 percent. But only 30 percent said that they thought families in general are doing better than a few generations ago.

And this is a really important point, because we're optimistic about ourselves, we're optimistic about our kids, we're optimistic about our families, but we're not so optimistic about the guy sitting next to us, and we're somewhat pessimistic about the fate of our fellow citizens and the fate of our country. But private optimism about our own personal future remains persistent. And it doesn't mean that we think things will magically turn out okay, but rather that we have the unique ability to make it so.

Now I'm a scientist, I do experiments. So to show you what I mean, I'm going to do an experiment here with you. So I'm going to give you a list of abilities and characteristics, and I want you to think for each of these abilities where you stand relative to the rest of the population.

The first one is getting along well with others. Who here believes they're at the bottom 25 percent? Okay, that's about 10 people out of 1,500. Who believes they're at the top 25 percent? That's most of us here. Okay, now do the same for your driving ability. How interesting are you? How attractive are you? How honest are you? And finally, how modest are you?

So most of us put ourselves above average on most of these abilities. Now this is statistically impossible. We can't all be better than everyone else. (Laughter) But if we believe we're better than the other guy, well that means that we're more likely to get that promotion, to remain married, because we're more social, more interesting.

And it's a global phenomenon. The optimism bias has been observed in many different countries -- in Western cultures, in non-Western cultures, in females and males, in kids, in the elderly. It's quite widespread.

But the question is, is it good for us? So some people say no. Some people say the secret to happiness is low expectations. I think the logic goes something like this: If we don't expect greatness, if we don't expect to find love and be healthy and successful, well we're not going to be disappointed when these things don't happen. And if we're not disappointed when good things don't happen, and we're pleasantly surprised when they do, we will be happy.

So it's a very good theory, but it turns out to be wrong for three reasons. Number one: Whatever happens, whether you succeed or you fail, people with high expectations always feel better. Because how we feel when we get dumped or win employee of the month depends on how we interpret that event.

The psychologists Margaret Marshall and John Brown studied students with high and low expectations. And they found that when people with high expectations succeed, they attribute that success to their own traits. "I'm a genius, therefore I got an A, therefore I'll get an A again and again in the future." When they failed, it wasn't because they were dumb, but because the exam just happened to be unfair. Next time they will do better. People with low expectations do the opposite. So when they failed it was because they were dumb, and when they succeeded it was because the exam just happened to be really easy. Next time reality would catch up with them. So they felt worse.

Number two: Regardless of the outcome, the pure act of anticipation makes us happy. The behavioral economist George Lowenstein asked students in his university to imagine getting a passionate kiss from a celebrity, any celebrity. Then he said, "How much are you willing to pay to get a kiss from a celebrity if the kiss was delivered immediately, in three hours, in 24 hours, in three days, in one year, in 10 years? He found that the students were willing to pay the most not to get a kiss immediately, but to get a kiss in three days. They were willing to pay extra in order to wait. Now they weren't willing to wait a year or 10 years; no one wants an aging celebrity. But three days seemed to be the optimum amount.

So why is that? Well if you get the kiss now, it's over and done with. But if you get the kiss in three days, well that's three days of jittery anticipation, the thrill of the wait. The students wanted that time to imagine where is it going to happen, how is it going to happen. Anticipation made them happy.

This is, by the way, why people prefer Friday to Sunday. It's a really curious fact, because Friday is a day of work and Sunday is a day of pleasure, so you'd assume that people will prefer Sunday, but they don't. It's not because they really, really like being in the office and they can't stand strolling in the park or having a lazy brunch. We know that, because when you ask people about their ultimate favorite day of the week, surprise, surprise, Saturday comes in at first, then Friday, then Sunday. People prefer Friday because Friday brings with it the anticipation of the weekend ahead, all the plans that you have. On Sunday, the only thing you can look forward to is the work week.

So optimists are people who expect more kisses in their future, more strolls in the park. And that anticipation enhances their wellbeing. In fact, without the optimism bias, we would all be slightly depressed. People with mild depression, they don't have a bias when they look into the future. They're actually more realistic than healthy individuals. But individuals with severe depression, they have a pessimistic bias. So they tend to expect the future to be worse than it ends up being.

So optimism changes subjective reality. The way we expect the world to be changes the way we see it. But it also changes objective reality. It acts as a self-fulfilling prophecy. And that is the third reason why lowering your expectations will not make you happy. Controlled experiments have shown that optimism is not only related to success, it leads to success. Optimism leads to success in academia and sports and politics. And maybe the most surprising benefit of optimism is health. If we expect the future to be bright, stress and anxiety are reduced.

So all in all, optimism has lots of benefits. But the question that was really confusing to me was, how do we maintain optimism in the face of reality? As an neuroscientist, this was especially confusing, because according to all the theories out there, when your expectations are not met, you should alter them. But this is not what we find. We asked people to come into our lab in order to try and figure out what was going on.

We asked them to estimate their likelihood of experiencing different terrible events in their lives. So, for example, what is your likelihood of suffering from cancer? And then we told them the average likelihood of someone like them to suffer these misfortunes. So cancer, for example, is about 30 percent. And then we asked them again, "How likely are you to suffer from cancer?"

What we wanted to know was whether people will take the information that we gave them to change their beliefs. And indeed they did -- but mostly when the information we gave them was better than what they expected. So for example, if someone said, "My likelihood of suffering from cancer is about 50 percent," and we said, "Hey, good news. The average likelihood is only 30 percent," the next time around they would say, "Well maybe my likelihood is about 35 percent." So they learned quickly and efficiently. But if someone started off saying, "My average likelihood of suffering from cancer is about 10 percent," and we said, "Hey, bad news. The average likelihood is about 30 percent," the next time around they would say, "Yep. Still think it's about 11 percent."

(Laughter)

So it's not that they didn't learn at all -- they did -- but much, much less than when we gave them positive information about the future. And it's not that they didn't remember the numbers that we gave them; everyone remembers that the average likelihood of cancer is about 30 percent and the average likelihood of divorce is about 40 percent. But they didn't think that those numbers were related to them.

What this means is that warning signs such as these may only have limited impact. Yes, smoking kills, but mostly it kills the other guy.

What I wanted to know was what was going on inside the human brain that prevented us from taking these warning signs personally. But at the same time, when we hear that the housing market is hopeful, we think, "Oh, my house is definitely going to double in price." To try and figure that out, I asked the participants in the experiment to lie in a brain imaging scanner. It looks like this. And using a method called functional MRI, we were able to identify regions in the brain that were responding to positive information.

One of these regions is called the left inferior frontal gyrus. So if someone said, "My likelihood of suffering from cancer is 50 percent," and we said, "Hey, good news. Average likelihood is 30 percent," the left inferior frontal gyrus would respond fiercely. And it didn't matter if you're an extreme optimist, a mild optimist or slightly pessimistic, everyone's left inferior frontal gyrus was functioning perfectly well, whether you're Barack Obama or Woody Allen.

On the other side of the brain, the right inferior frontal gyrus was responding to bad news. And here's the thing: it wasn't doing a very good job. The more optimistic you were, the less likely this region was to respond to unexpected negative information. And if your brain is failing at integrating bad news about the future, you will constantly leave your rose-tinted spectacles on.

So we wanted to know, could we change this? Could we alter people's optimism bias by interfering with the brain activity in these regions? And there's a way for us to do that.

This is my collaborator Ryota Kanai. And what he's doing is he's passing a small magnetic pulse through the skull of the participant in our study into their inferior frontal gyrus. And by doing that, he's interfering with the activity of this brain region for about half an hour. After that everything goes back to normal, I assure you.

(Laughter)

So let's see what happens. First of all, I'm going to show you the average amount of bias that we see. So if I was to test all of you now, this is the amount that you would learn more from good news relative to bad news. Now we interfere with the region that we found to integrate negative information in this task, and the optimism bias grew even larger. We made people more biased in the way that they process information. Then we interfered with the brain region that we found to integrate good news in this task, and the optimism bias disappeared. We were quite amazed by these results because we were able to eliminate a deep-rooted bias in humans.

And at this point we stopped and we asked ourselves, would we want to shatter the optimism illusion into tiny little bits? If we could do that, would we want to take people's optimism bias away? Well I've already told you about all of the benefits of the optimism bias, which probably makes you want to hold onto it for dear life. But there are, of course, pitfalls, and it would be really foolish of us to ignore them.

Take for example this email I recieved from a firefighter here in California. He says, "Fatality investigations for firefighters often include 'We didn't think the fire was going to do that,' even when all of the available information was there to make safe decisions." This captain is going to use our findings on the optimism bias to try to explain to the firefighters why they think the way they do, to make them acutely aware of this very optimistic bias in humans.

So unrealistic optimism can lead to risky behavior, to financial collapse, to faulty planning. The British government, for example, has acknowledged that the optimism bias can make individuals more likely to underestimate the costs and durations of projects. So they have adjusted the 2012 Olympic budget for the optimism bias.

My friend who's getting married in a few weeks has done the same for his wedding budget. And by the way, when I asked him about his own likelihood of divorce, he said he was quite sure it was zero percent.

So what we would really like to do, is we would like to protect ourselves from the dangers of optimism, but at the same time remain hopeful, benefiting from the many fruits of optimism. And I believe there's a way for us to do that. The key here really is knowledge. We're not born with an innate understanding of our biases. These have to be identified by scientific investigation. But the good news is that becoming aware of the optimism bias does not shatter the illusion. It's like visual illusions, in which understanding them does not make them go away. And this is good because it means we should be able to strike a balance, to come up with plans and rules to protect ourselves from unrealistic optimism, but at the same time remain hopeful.

I think this cartoon portrays it nicely. Because if you're one of these pessimistic penguins up there who just does not believe they can fly, you certainly never will. Because to make any kind of progress, we need to be able to imagine a different reality, and then we need to believe that that reality is possible. But if you are an extreme optimistic penguin who just jumps down blindly hoping for the best, you might find yourself in a bit of a mess when you hit the ground. But if you're an optimistic penguin who believes they can fly, but then adjusts a parachute to your back just in case things don't work out exactly as you had planned, you will soar like an eagle, even if you're just a penguin.

Thank you.

(Applause)

これから楽観主義についてお話します より正確に言うと 楽観主義バイアスについてです それは認知的錯覚の一種で 私たちの研究室で ここ数年間 研究してきましたが 80% の人がこのバイアスを持っています

私たちは 好ましい出来事が起きる確率を過大評価し 好ましくない出来事が起きる確率を 過小評価する傾向にあります 例えばガンを患う確率だとか 交通事故に遭う確率を 過小評価します 逆に 長寿やキャリア上の成功の可能性は過大評価します すなわち 私たちは 現実的というよりも楽観的なのですが このことに気付いていません

例えば 結婚を例にとりましょう 西洋では 離婚率は約40%です つまり 5組の夫婦の内 2組は財産分与を行うことになるということです しかし 新婚さん達に 自分たちの離婚の可能性を問うと 0%だと推定します 現実を知っている筈の 離婚専門の弁護士でさえ 自分たちが離婚することになる確率をかなり過小評価します 楽観主義者の離婚率は特に低くはない一方 再婚率は高いことが分かっています サミュエル・ジョンソンの言葉を借りると 『再婚とは 経験に対する希望の勝利である』ということでしょう

(笑い)

結婚していれば 子供を持つ可能性も高くなりますね そして皆 自分の子供には特に才能があると思っています これは2歳の甥のガイですが 誤解がないように 明らかにしておきたいのですが 彼は楽観主義バイアスとしては例外中の例外です だって特別に才能があるんですよ

(笑い)

そして私に限ったことではありません 英国人の4人に3人は 自分たちの家族の将来は明るいと答えています 75%ですよ しかし 一般的な家庭が 数世代前に比べて豊かになったと答えたのは たった30%でした

これは重要なポイントです 私たちは自分自身ついては楽観的です 自分の子供たちについても然り 自分の家族についても然りです しかし 隣に座っている他人に関しては楽観的ではなく 他の市民や国の将来についても どちらかというと悲観的です にもかかわらず 自分自身の将来に対する楽観主義は 根強く 揺らぎません それも 魔法によって良い結果がもたらせられると思っている訳ではなく 自分たちにその結果を生み出す能力が備わっていると思っているのです

私は科学者なので 実験をしてみましょう 私が主張していることを説明するために 皆さんと一緒に 実験をしてみましょう 能力や特徴を いくつかリストアップしますので みなさん ひとつひとつの能力に関して 人口全体と比較して どの程度のレベルかを考えてください

まずは「社交性」です 社交性が下位25%だと思う人は 手をあげてください そうですね 1,500人中10人というところでしょうか 上位25%だと思う人は? ほとんど全員ですね 同じように 運転のスキルについて考えてください 自分がどれくらい面白いか? どれくらい魅力的か? どれくらい正直か? 最後に どれくらい謙虚か?

私たちのほとんどは これらの能力について 平均より上に自分を位置づけます 統計学的にはありえませんね 全員が全員より能力が高いというのは無理なのですから (笑い) しかし隣の誰かと比べて 優位だと信じていれば 仕事や結婚で成功する可能性は高くなります 他の人よりも社交的で面白いのですから

これは世界共通の現象です この楽観主義バイアスは 幅広く確認されています 多くの異なる国々で 西洋文化、非西洋文化ともに 男女ともに 子供からお年寄りに至るまで とても普遍的です

これが私たちにとって良いことなのでしょうか? 「ノー」という人もいます 幸福の秘訣は 低い期待を持つことだ と唱える人もいます 彼らの論理はこんな感じです 多くを期待しなければ 愛と健康と成功が 手に入ると期待しなければ 手に入らなかった時に 落胆せずに済みます 良い事が起きなかったときには 落胆せず 良い事が起きた時には 驚き喜べば 幸せになれる という考え方です

なかなか良い理論に聞こえますが 3つの理由により間違っているということが分かっています 第一に 結果がどうであっても 成功しても失敗しても 期待が高い人の方が 常に幸福度は高いのです 何故ならば 恋人に振られたり 会社で賞をもらった時にどのように感じるかは その出来事をどう解釈するかによるからです

心理学者のマーガレット・マーシャルとジョン・ブラウンは 期待の高い生徒と 低い生徒を比較してみました 期待が高い生徒が成功すると その原因を自分の才能によるものとします 「僕は天才だからAを取ったし これからもずっとAを取り続ける」 失敗しても それは頭が悪いからではなく たまたま試験が不公平だったからであり 次回の成績はもっと良くなると考えます 期待が低い生徒はその反対です 失敗したのは頭が悪いからであり 成功した場合は 試験がたまたま簡単過ぎたからというだけで 次回は現実が待っている と考えます どっちにしても比較的不幸に感じています

第二に 結果の良し悪しに関わらず 何かを心待ちにしているだけで幸せに感じるからです 行動経済学者のジョージ・ローウェンスタインは 彼の大学の生徒に聞きました 好きな有名人の誰かと情熱的なキスができるとたら その有名人とのキスのために どれくらいのお金を払いますか? もし今すぐにキスをするとしたら? 3時間後 24時間後 3日後 1年後 あるいは10年後の場合は? 生徒たちが最も多くお金を払うと答えたのは すぐにキスする場合ではなく 3日後のキスだったのです 待つことに対して より多く対価を払う意思があったのです まず 1年や10年も待つつもりは無かったみたいですね だって年老いた有名人はいやでしょうから しかし3日間というのは最適な待ち時間のようでした

なぜでしょうか? 今すぐキスをしてしまったら それで終わりです しかし3日後のキスであれば 3日間 じらされるような期待感と待たされるスリルが味わえます 生徒たちは想像する時間がほしかったのです どこでキスされるのだろう どんな感じにキスされるんだろう と 期待感で幸せになるのです

皆さんが 日曜日よりも金曜日の方が好きなのも同じ理由です 本当に興味深い事実ですよね だって金曜日は働く日で日曜日は遊ぶ日なのですから 当然 人々は日曜日の方が嬉しいと思いますよね でも違います これは オフィスに居るのが大好きだとか 公園を散歩するのが大嫌いだとか まったりしたブランチが大嫌いということではありません なぜなら みなさんに 1週間の内で本当に好きな曜日を尋ねると 予測通り 土曜日が一番人気でした その次に金曜日 それから日曜日です みなさんが金曜日が好きなのは 金曜日にはその後に続く週末や 計画していることへの期待感があるからです 日曜日の場合 その後に期待できるのは 仕事をする1週間しかありません

楽観主義者とは より多くのキスを期待し 公園でより多く散歩することを 期待する人々なのです そして その期待感が幸福度を増すのです 実際 楽観主義バイアスが無ければ 私たち全員 やや鬱状態になるでしょう やや鬱状態の人は 将来にバイアスをかけません 彼等は健康的な人間と比べて 現実的なのです しかし強度の鬱状態にある人は 悲観主義バイアスがあります 彼等は将来が 実際よりも悪いと予測します

楽観主義は主観的な現実を変えるわけです 将来に対する期待が、世界の見方を変えるのです しかし 客観的な現実さえも変えてしまいます 自己充足的予言として働くのです そして これが期待を低くすることが 幸せに繋がらない三つ目の理由です 制御実験の結果 楽観主義は成功と関係しているだけでなく 成功を導くということが分かっています 楽観主義は学問やスポーツ そして政治における成功に繋がっています そして一番意外な楽観主義の恩恵は 健康です 未来が明るいと信じていれば ストレスと不安は軽減されます

結論として 楽観主義には多くの利点があります しかし私はとても不思議に思ったのですが 現実に直面しながらも どうやって楽観主義を維持できるのでしょうか? 神経科学者としてはこれは特に不可解でした 一般的な考え方によれば 期待が外れた時には 期待を変えるべきだからです しかし実際にはそうではありません 私たちは 被験者に研究室に来てもらい 何が起きているかを調べようとしました

実験では 今後の人生で様々な酷い出来事が起きる 確率を推定してもらいました 例えば 癌を患う確率はどれくらいでしょうか? その後 各種の不幸を被る 平均的な確率を伝えました 例えば 癌になる平均確率は30%です その後 再度同じ質問をしました 「あなたが癌になる確率は?」

知りたかったのは 被験者が与えられた情報をもとに 自分の考えを変えるかどうかです 確かに変わりました しかし それが顕著だったのは 与えられた情報が 期待していたよりも良かった場合です 例えば ある被験者が「自分が癌になる確率は おおよそ50%だろう」と答えたとします 私たちが「朗報ですよ 実際の平均確率は 30%ですよ」と伝えると 次回 同じ問いに対して 「自分が癌になる確率は35%位かな」と言います 素早く そして効率よく 学習したわけです しかし 別の被験者が最初に 「僕が癌になる確率は10%くらいだ」と言い 私たちが「残念ですが 実際の平均確率は30%くらいなのですよ」と言うと 2回目の時にはこう言います 「うん やはり11%くらいの確率だと思う」

(笑い)

まったく学習しなかったわけではないですよ 好ましい情報を与えられた時と比べて ほんの少しだったというだけです 与えられた数字を憶えていなかったわけでもありません みんな 癌になる平均確率は 約30%だと覚えていました 同様に 離婚の確率が40%だということもそうです しかし これらの数字が自分自身に関係しているとは思わなかったのです

これはつまり このような警告の効果は 限定的だということです 確かに 喫煙は死に至るだろうねでも大抵の場合は別のヤツが死ぬんだ

知りたかったのはこういうことです 脳の中でなにが起きていて これらの警告を自分自身に当てはめられなくなっているのか また同じように 住宅市場が上向きだと聞くと 「やった 私の家の価値は間違いなく2倍になるぞ」と考えてしまいます この疑問を解くために 実験の参加者に 脳スキャナーに入ってもらいました こういう装置です fMRIという手法を用いて 脳の中で ポジティブな情報に反応する いくつかの領域を特定することができました

そのうちのひとつは 左下前頭回という領域です 被験者が「私の癌になる確率は50%だ」と言い 私たちが「朗報だよ 平均確率は30%だよ」と言うと 左下前頭回が激しく反応します そして 被験者が強度の楽観主義でも 若干の楽観主義でも やや悲観主義でも 変わりはありません みんなの左下前頭回は 正常に機能しています バラク・オバマでも ウディ・アレンでも同じです

脳の反対側の 右下前頭回は 悪いニュースに反応していました あまり良い仕事はしていませんでしたが より強い楽観主義であればあるほど 予期せぬネガティブな情報に この領域が反応する確率は低くなります そして もし脳が未来に関する 不利な情報をうまく取り入れていないとしたら 常にバラ色の色眼鏡をつけているということになります

この状況を変える事はできるのでしょうか? これらの脳の領域に干渉することで 楽観主義バイアスを変えることができるでしょうか? 干渉する方法があります

これは私の共同研究者の金井良太君です 微量の磁気パルスを 被験者の頭蓋骨を通して 下前頭回領域に送っています こうすることにより その脳の領域の活動に 30分間ほど干渉します その後は全て正常に戻ります保証します

(笑い)

何が起きるのか見てみましょう まず最初に 平均的に観察される バイアスの度合いをお見せします もし会場のみなさんの脳を調べたとしたら 悪い情報と比較して 良い情報を学習する度合いはこれくらいです 次に ネガティブな情報を 取り込む領域に干渉すると 楽観主義バイアスは更に大きくなります 被験者が情報を処理する際のバイアスを増大させました 次に 良い情報を取り込む領域に 干渉してみたところ 楽観主義バイアスは消え去りました この結果には仰天しました 人間の脳に奥深く根付くバイアスを 取り除くことに成功したからです

この時点で実験を止めて 考えました 楽観的幻想を木っ端微塵にするのは良いことなのか? できるとしたら 楽観主義バイアスを取り除くべきなのか? 楽観主義バイアスのさまざまな利点については既に触れましたので みなさんは それを必死に守りたいと思うでしょう ただし 落とし穴だってもちろんあるのです そして それを無視するのはおばかさんです

例えば カリフォルニア州の消防士から 頂いたこのメールを見てください 「消防士の致死事故の調査でよく聞くのは 『炎がああ動くと思わなかった』という回答です 安全な行動を取るための情報が すべて揃っていたにも関わらずです」 この消防隊長は楽観主義バイアスに関して分かったことを 消防士に説明しようとしています 自分たちの思考がなぜそうなっているかを説明し 人間の楽観主義バイアスを痛感してもらうためです

非現実的な楽観主義はリスクの高い行動を引き起こします 財政的破綻や欠陥のある計画などに繋がる行動です 例えば英国政府は 人々が楽観主義バイアスによって プロジェクトのコストや期間を 過小評価する傾向にあることを認識しています そこで 2012年のオリンピックの予算を 楽観主義バイアスを考慮して調整しました

数週間後に結婚する私の友達も 結婚式の予算について同様に調整しました ところで 彼に離婚の確率を聞いてみたら 絶対に可能性ゼロだと言っていました

私たちが本当にしたいのは 楽観主義の危険から自分たちを守ることです しかし同時に楽天的であり続け 楽観主義の数多くの恩恵を享受したいのです 実現する方法があると考えています 重要なのは知識です 私たちは自分自身のバイアスについて生まれながら知っているわけではありません 科学的研究により明らかにする必要があります 好ましい事に 楽観主義バイアスを理解することで 幻想は壊れないということです 視覚の錯覚と同じように それを理解しても 錯覚が消えるわけではないのです これは良いことです なぜなら 対策やルールを策定することによって ちょうどいいバランスをとる事ができるからです そうして 非現実的な楽観主義から身を守り 同時に希望を持ち続けることができます

この漫画が私の言いたいことをうまく表しています もしあなたが崖の上にいる悲観的なペンギンで 飛べないと信じ込んでいるのであれば 絶対に飛ぶことはないでしょう なぜならば いかなる進歩を実現するのにも 異なる現実を想像できなければならないからです そして その現実が可能であると信じなければなりません しかし もしあなたが極端に楽天的なペンギンなら 良い結果を期待して盲目に飛び降り 地面にぶち当たるときに大変ことになるでしょう もしあなたが楽天的なペンギンで 本当に飛べると思っていながら 念のためパラシュートを背負い 計画通りに行かなかった時に備えていたとしたら 鷹のように空を舞う事ができるでしょう ただのペンギンだったとしても

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画