TED日本語 - The LXD: インターネット時代に、ダンスは進化する…

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - The LXD: インターネット時代に、ダンスは進化する…

TED Talks

インターネット時代に、ダンスは進化する…
In the Internet age, dance evolves ...
The LXD
The LXD

内容

The LXD (Legion of Extraordinary Dancers 超絶ダンス集団) が、インターネットにより活性化され世界で盛り上がっているストリートダンス文化で、TED2010のステージを沸かせます。近日公開されるジョン・チュのWebシリーズの一部を披露して、この驚くべき一団は彼らのスーパーパワーを見せつけます。

Script

(Music)

(Applause)

I'm Jon M. Chu. And I'm not a dancer, I'm not a choreographer -- I'm actually a filmmaker, a storyteller. I directed a movie two years ago called "Step Up 2: The Streets." Anybody? Anybody? Yeah! During that movie I got to meet a ton of hip-hop dancers -- amazing, the best in the world -- and they brought me into a society, the sort of underground street culture that blew my mind. I mean, this is literally human beings with super-human strength and abilities. They could fly in the air. They could bend their elbow all the way back. They could spin on their heads for 80 times in a row. I'd never seen anything like that.

When I was growing up, my heroes were people like Fred Astaire, Gene Kelly, Michael Jackson. I grew up in a musical family. (Laughter) And those guys, those were like, ultimate heroes. Being a shy, little, skinny Asian kid growing up in the Silicon Valley with low self-esteem, those guys made me believe in something bigger. Those guys made me want to, like, "I'm going to do that moonwalk at that bar mitzvah tonight for that girl."

(Applause)

And it seems like those dance heroes have disappeared, sort of relegated to the background of pop stars and music videos. But after seeing what I've seen, the truth is, they have not disappeared at all. They're here, getting better and better every day. And dance has progressed. It is insane what dance is right now. Dance has never had a better friend than technology.

Online videos and social networking ... dancers have created a whole global laboratory online for dance, where kids in Japan are taking moves from a YouTube video created in Detroit, building on it within days and releasing a new video, while teenagers in California are taking the Japanese video and remixing it with a Philly flair to create a whole new dance style in itself. And this is happening every day.

And from these bedrooms and living rooms and garages, with cheap webcams, lies the world's great dancers of tomorrow. Our Fred Astaires, our Gene Kellys our Michael Jacksons are right at our fingertips, and may not have that opportunity, except for us.

So, we created the LXD, sort of a -- the Legion of Extraordinary Dancers, a justice league of dancers that believe that dance can have a transformative effect on the world. A living, breathing comic book series, but unlike Spiderman and Iron Man, these guys can actually do it. And we're going to show you some today. So, let me introduce to you, some of our heroes right now. We got Madd Chadd, Lil' C, Kid David and J Smooth. Please be excited, have fun, yell, scream. Ladies and gentlemen: The LXD.

(Applause)

(Video): Madd Chadd: When people first see me, I get a lot of different reactions actually. Sometimes you would think that maybe kids would enjoy it, but sometimes they get a little freaked out. And, I don't know, I kind of get a kick out of that a little bit.

(Music)

(Applause)

J Smooth: When I'm in the zone -- I'm dancing and free styling it -- I actually visually kind of picture lines, and moving them. I think of like, Transformers, like how panels open and then they fold, they fold in, and then you close that panel. And then another thing opens, you close that.

(Music)

(Applause)

Kid David: It's kind of like, honestly a lot of times I don't really know what's going on when I'm dancing. Because at that point it's just really like, it's my body and the music. It's not really a conscious decision, "I'm going to do this next, I'm going to do this." It's kind of like this other level where you can't make choices anymore, and it's just your body reacting to certain sounds in the music. I got my name just because I was so young. I was young when I started. I was younger than a lot of the people I was dancing with. So, it was always like, they called me Kid David, because I was the kid.

(Music)

(Applause)

L'il C: I tell them to create a ball, and then you just use that ball of energy. And instead of throwing it out, people would think that's a krump move, that's a krump move. That's not a krump move. You're going to throw it out, you throw it out, and you hold it. And you let it go, and then right when you see the tail, you grab it by the tail, then you bring it back in. And you just got this piece of energy and you just, you're manipulating it. You know, you create power, then you tame it.

(Music)

(Applause)

(Music)

(Applause)

(音楽)

(拍手)

私はジョン M チュ ダンサーじゃありません 振り付け師でもありません 映画監督 ストーリーテラーです 「ステップアップ2/ザ ストリート」という 映画を2年前に撮ったんですが ねぇ 見た? 見た? イェーイ! 撮影でたくさんのヒップホップダンサーに 出会いました 世界最高の踊り手たちです 彼らに導かれてアングラのストリートカルチャーに触れ 圧倒されました 本当に超人的な力と能力を 持った人たちなんです 宙を飛び 肘を反対向きに曲げ 頭で立て続けに80回も回るんです そんなの見たことがありませんでした

私が育った頃のヒーローと言えば フレッド アステアに ジーン ケリーに マイケル ジャクソンでした ミュージカル好きの一家だったんです (笑) 彼らは究極のヒーローでした シリコンバレーに育った自尊心の低い チビで内気な アジア系の子供に 大いなるものを信じさせてくれました 彼らは私にこう思わせたのです 「バル-ミツバーの夜に あの子のためにムーンウォークしてやるぜ」

(拍手)

その後 あのダンスのヒーローたちは 消えてしまったかのようでした すっかりポップスターやミュージックビデオの陰に追いやられて しかし私が目にしたものは 教えてくれました 彼らは全然消え失せてなんかいなかった 彼らは健在で 日々上達しています ダンス自体 進歩してるんです 現在のダンスはもうブッ飛んでいます テクノロジーはダンスの最高の友達です

オンラインビデオに ソーシャルネットワーク ダンサーたちは 全世界的なダンスの実験場を手にしました 日本の若者が デトロイトで作られた YouTube ビデオから動きを学び取り 数日のうちに その上に新たなものを付け加えて公開し カリフォルニアのティーンがそれを フィリー フレアとリミックスしてまったく新しいダンススタイルを作るという具合です そんなことが毎日起きているんです

そんな子供部屋やリビングルームやガレージから 安いウェブカムを使って 明日の― 偉大な世界的ダンサーたちが生まれています 我々のフレッド アステアに ジーン ケリーに マイケル ジャクソンたちが すぐ手の届くところにいます 他の人はそんな機会に恵まれていないかもしれません

だからLXDを作りました 一種の超絶ダンス集団 ダンスのオールスター ヒーローチーム ダンスが世界を変えられると信じている連中です 生きて呼吸しているコミックブックです でもスパイダーマンやアイアンマンなんかとは違います 彼らは実在するんです 今日はそのうちの何人かをご覧いただきます ヒーローたちを ご紹介しましょう マッド チャド リル C キッド デイビッド J スムース さあ盛り上がって楽み 叫んでください みなさん これがLXDです

(拍手)

(マッド チャド) 僕のことを初めて見た人は 本当にいろんな反応をするんだ 子供たちは喜んでくれるし すっかり興奮してしまう人もいるよ 僕はそういう彼らの反応に嬉しくなるんだ

マッド チャド ― 機械仕掛けの動作の達人

「僕が踊るときには 今見ているものが現実なのか みんなに目を疑わせたいんだ」 ―マッド チャド

(J スムース) 僕がゾーンに入っているときは 自由にダンスしていて 視覚的な線を実際イメージし それを動かしているんだ トランスフォーマーみたいなのを想像している パネルがこう開き 折りたたんで 内側にしまって パネルを閉じる それからまた別なのが開き そして閉じる

J スムース ― 正確な動作の達人

「細部がすべてであり 僕の動きには全て意味がある」 ―J スムース

(キッド デイビッド) 踊っているときは 正直どうなってんのか わかんないことが多いよ やってるときは本当に 自分の体と音楽だけになる 「次にこれをやって あれをやって」と 意識して考えてるわけじゃねえ 別のレベルに行っていて もう選んでなんていられない ただ体が 音楽の中の音に反応するんだ 俺の名前は子供だからって付いたんだ 始めた頃はまだガキでさ 一緒に踊ってる人はみんな年上だった それでいつもみんな俺のことキッド デイビッドって呼んだんだ ガキだから

キッド デイビッド ― ブレイクボーイ

「何をやるかじゃなく どうやるかだ」―キッド デイビッド

(リル C) 玉よできろと言い そのエネルギーの玉を使うんだ 投げ出すのを みんなはクランプだと あれはクランプの動きだって思う でもクランプじゃねえ 投げ出すんだ 投げ出して それから持ちこたえる 放してやり それから尻尾を見た瞬間に 捕まえて 引き戻す そしてこのエネルギーの塊をつかみ それを操るんだ 力を作り出し 手なずけるんだよ

リル C ― クランプの王

「俺は重さとエネルギーと空間と時間のバランスを表そうとしている」―リル C

振り付け クリストファー スコット、ハリー シャム Jr

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画