TED日本語 - ローラ・カーステンセン: 年をとるほど幸せになる

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ローラ・カーステンセン: 年をとるほど幸せになる

TED Talks

年をとるほど幸せになる
Older people are happier
ローラ・カーステンセン
Laura Carstensen

内容

20世紀、寿命に前例にないほど多くの年数が加わりました。それでも、生活の質は良くなっているのでしょうか。意外にもそうなのです!心理学者のローラ・カーステンセンは、人は年を取るにつれ、幸せに、満足に、そして世界を前向きに捉えると実証する研究をTEDxWomenで紹介します。

Script

People are living longer and societies are getting grayer. You hear about it all the time. You read about it in your newspapers. You hear about it on your television sets. Sometimes I'm concerned that we hear about it so much that we've come to accept longer lives with a kind of a complacency, even ease. But make no mistake, longer lives can and, I believe, will improve quality of life at all ages.

Now to put this in perspective, let me just zoom out for a minute. More years were added to average life expectancy in the 20th century than all years added across all prior millennia of human evolution combined. In the blink of an eye, we nearly doubled the length of time that we're living. So if you ever feel like you don't have this aging thing quite pegged, don't kick yourself. It's brand new.

And because fertility rates fell across that very same period that life expectancy was going up, that pyramid that has always represented the distribution of age in the population, with many young ones at the bottom winnowed to a tiny peak of older people who make it and survive to old age is being reshaped into a rectangle.

And now, if you're the kind of person who can get chills from population statistics, these are the ones that should do it. Because what that means is that for the first time in the history of the species, the majority of babies born in the Developed World are having the opportunity to grow old.

How did this happen? Well we're no genetically hardier than our ancestors were 10,000 years ago. This increase in life expectancy is the remarkable product of culture -- the crucible that holds science and technology and wide-scale changes in behavior that improve health and well-being. Through cultural changes, our ancestors largely eliminated early death so that people can now live out their full lives.

Now there are problems associated with aging -- diseases, poverty, loss of social status. It's hardly time to rest on our laurels. But the more we learn about aging, the clearer it becomes that a sweeping downward course is grossly inaccurate. Aging brings some rather remarkable improvements -- increased knowledge, expertise -- and emotional aspects of life improve. That's right, older people are happy. They're happier than middle-aged people, and younger people certainly. Study after study is coming to the same conclusion.

The CDC recently conducted a survey where they asked respondents simply to tell them whether they experienced significant psychological distress in the previous week. And fewer older people answered affirmatively to that question than middle-aged people, and younger people as well. And a recent Gallup poll asked participants how much stress and worry and anger they had experienced the previous day. And stress, worry, anger all decrease with age.

Now social scientists call this the paradox of aging. After all, aging is not a piece of cake. So we've asked all sorts of questions to see if we could undo this finding. We've asked whether it may be that the current generations of older people are and always have been the greatest generations. That is that younger people today may not typically experience these improvements as they grow older. We've asked, well maybe older people are just trying to put a positive spin on an otherwise depressing existence. (Laughter) But the more we've tried to disavow this finding, the more evidence we find to support it.

Years ago, my colleagues and I embarked on a study where we followed the same group of people over a 10-year period. Originally the sample was aged 18 to 94. And we studied whether and how their emotional experiences changed as they grew older. Our participants would carry electronic pagers for a week at a time, and we'd page them throughout the day and evenings at random times. And every time we paged them we'd ask them to answer several questions -- On a one to seven scale, how happy are you right now? How sad are you right now? How frustrated are you right now? -- so that we could get a sense of the kinds of emotions and feelings they were having in their day-to-day lives.

And using this intense study of individuals, we find that it's not one particular generation that's doing better than the others, but the same individuals over time come to report relatively greater positive experience. Now you see this slight downturn at very advanced ages. And there is a slight downturn. But at no point does it return to the levels we see in early adulthood.

Now it's really too simplistic to say that older people are "happy." In our study, they are more positive, but they're also more likely than younger people to experience mixed emotions -- sadness at the same time you experience happiness; you know, that tear in the eye when you're smiling at a friend. And other research has shown that older people seem to engage with sadness more comfortably. They're more accepting of sadness than younger people are. And we suspect that this may help to explain why older people are better than younger people at solving hotly-charged emotional conflicts and debates. Older people can view injustice with compassion, but not despair.

And all things being equal, older people direct their cognitive resources, like attention and memory, to positive information more than negative. If we show older, middle-aged, younger people images, like the ones you see on the screen, and we later ask them to recall all the images that they can, older people, but not younger people, remember more positive images than negative images. We've asked older and younger people to view faces in laboratory studies, some frowning, some smiling. Older people look toward the smiling faces and away from the frowning, angry faces. In day-to-day life, this translates into greater enjoyment and satisfaction.

But as social scientists, we continue to ask about possible alternatives. We've said, well maybe older people report more positive emotions because they're cognitively impaired. (Laughter) We've said, could it be that positive emotions are simply easier to process than negative emotions, and so you switch to the positive emotions? Maybe our neural centers in our brain are degraded such that we're unable to process negative emotions anymore. But that's not the case. The most mentally sharp older adults are the ones who show this positivity effect the most. And under conditions where it really matters, older people do process the negative information just as well as the positive information.

So how can this be? Well in our research, we've found that these changes are grounded fundamentally in the uniquely human ability to monitor time -- not just clock time and calendar time, but lifetime. And if there's a paradox of aging, it's that recognizing that we won't live forever changes our perspective on life in positive ways. When time horizons are long and nebulous, as they typically are in youth, people are constantly preparing, trying to soak up all the information they possibly can, taking risks, exploring. We might spend time with people we don't even like because it's somehow interesting. We might learn something unexpected.

(Laughter) We go on blind dates. (Laughter) You know, after all, if it doesn't work out, there's always tomorrow. People over 50 don't go on blind dates. (Laughter)

As we age, our time horizons grow shorter and our goals change. When we recognize that we don't have all the time in the world, we see our priorities most clearly. We take less notice of trivial matters. We savor life. We're more appreciative, more open to reconciliation. We invest in more emotionally important parts of life, and life gets better, so we're happier day-to-day. But that same shift in perspective leads us to have less tolerance than ever for injustice.

By 2015, there will be more people in the United States over the age of 60 than under 15. What will happen to societies that are top-heavy with older people? The numbers won't determine the outcome. Culture will. If we invest in science and technology and find solutions for the real problems that older people face and we capitalize on the very real strengths of older people, then added years of life can dramatically improve quality of life at all ages. Societies with millions of talented, emotionally stable citizens who are healthier and better educated than any generations before them, armed with knowledge about the practical matters of life and motivated to solve the big issues can be better societies than we have ever known.

My father, who is 92, likes to say, "Let's stop talking only about how to save the old folks and start talking about how to get them to save us all."

Thank you.

(Applause)

人々は長生きし 社会は高齢化している 皆さんは常にそう耳にするでしょう 新聞で読んだりもしますね テレビで聞いたりもしますか 時折 私は気になるのです 頻繁にこの話を聞くので 長生きを受け入れるようになったのではないかと いわば自己満足で いや それどころか 安易に でも 誤解しないでください 長生きすることで あらゆる世代で 生活の質を改善できるし そうなると確信しています

ここで 全体的に考えるべく しばし 背景に目を向けましょう 20世紀の間に増えた 平均寿命の 年数は 人類の進化の過程における 何千年もの間に増えたすべての分の 平均寿命年数を超えています 一瞬にして 自分たちが生きている時間の長さを ほぼ2倍にしました この高齢化が止まらないと不安に思っているのなら 嘆かなくても大丈夫です これは最新の出来事です

しかも出生率が 平均寿命の増加と同時に 低下しているので かつてのピラミッド構造 年代別の人口分布を示すものとして 今までは常に 多くの若者を底辺として、 老齢になるまで生き抜いてきた少数の高齢者を 頂点とするそのピラミッド構造の形が 長方形へと 変形しつつあります

もし 皆さんが人口統計に 不安を感じるような人ならば まさにそうすべき人たちなのです なぜなら このお話は 人類の歴史で初めて 先進国で生まれた 赤ちゃんの大部分が 成長する機会を持っているということに 等しいからです

どうしてこんなことが起きたのでしょう 私たちは1万年前の祖先ほど 遺伝的にたくましくはないですから こうした平均寿命の延びは 注目すべき文化の産物なのです この文化とはつまり 健康や福祉を改善するための 科学技術や大規模な行動変化を束ねた るつぼなのです 文化的な変化を通じ 私たちの祖先は 大部分が早死を避け それで 人々は今 存分に一生を過ごせるようになりました

目下 高齢化に伴う問題があります つまり 病気 貧困 社会的地位の喪失です 成功に甘んじている場合ではありません しかし、高齢化について学べば学ぶほど はっきりしてくるのは 完全に下り坂だというのは まったくもって正確ではない、ということです 高齢化は進歩をもたらします 知識の増強 専門技術の向上 それに生活での感情的側面が好転するのです そう まさに 高齢者は幸せなのです この人たちは中高年より幸せですし 若者と比べればなおさらです しかも 研究の度に 同じ結論に達しています

最近 米国疾病予防管理センターはある調査を行いました 前の週に深刻な精神的苦痛を 経験したかどうかを語るよう 被験者に お願いするだけのものでした その結果 この質問に「はい」と答えた高齢者は 中高年よりも また 若者よりも少なかったのです さらに 最近のギャラップ世論調査では 対象者に 前日に どの程度 ストレス 心配事 怒りを 感じたか尋ねました その結果 ストレス 心配事 怒りは みな 年齢と共に減少したのです

社会科学者は これを高齢化のパラドックスと呼んでいます つまり高齢化は単純な話ではないのです そこで 私たちはあらゆる質問をし この調査結果を覆せるか調べました 私たちは 果たして 現代の高齢者世代が いつの時代でも最高と 言えるかどうか訊いてみました つまり 今日の若者は一般的に 年をとっても 今お話ししたような進歩は 経験しないかもしれないということです さらに私たちは質問しました まあ 高齢者は そうでなければ気のめいるような暮らしを ことさら前向きに評価しようとしているだけでしょうが (笑い) しかし このような研究結果を否定しようとすればするほど 逆に、それを裏付ける 証拠が見つかるのです

何年も前に 私は同僚とある研究を始め 10年にわたり 同じ集団を追跡調査しました 当初 被験者は18歳から94歳でした そして 成長するにつれ 感情的経験が変わるかどうか また どのように変わるか調べました 被験者はポケットベルを携帯し 無作為に 昼夜を通して ポケットベルに連絡を入れました そして 連絡を入れる度に いくつかの質問に答えるようお願いしました 例えば 7段階評価で 今どのくらい幸せですか とか 今どのくらい悲しいですか とか 今どのくらい欲求不満ですか といったもので それで 被験者が日々の生活で 感じている感情や気持ちの種類について 私たちは感じ取ることができたのです

さらに このような集中的な 対個人の研究を行うことで 他者よりも良い結果を出しているのは ある特定の世代ではなく 同じ個人が 時と共に 楽観的経験を 報告するようになっているのです かなりの高齢の年代については わずかながらの低下が見られますが ほんの少し下がっているだけです しかし 若かりし頃の レベルまでには 戻ることはありません

ただそれだけで 高齢者が「幸せだ」と言うのは 少し単純すぎます そこで私たちの研究では 高齢者はより前向きではあるのですが さらに 高齢者は若者よりも 入り混じった感情 すなわち 幸福と同時に悲しみも経験しやすいことがわかりました ほら 友達に微笑んでいる時に 目に涙を浮かべているといったことですよ また 別の研究では 高齢者は もっと楽に 悲しみと 向き合っているようだと示しています 若者より多く悲しみを受け入れているのです そして このことが なぜ高齢者が若者よりも 熱のこもった感情的論争や議論を解決するのに 長けているのか説明できるかもしれない と私たちは思っています 高齢者は 絶望ではなく 思いやりを持って 不公平を見ることができるのです

そして 全てのものが平等ならば 高齢者は 注意力や記憶のような 認識の資源を マイナスよりプラスの情報に向けるのです もし 皆さんがこのような 映像を 高齢者 中高年 若者に見せて できるだけ全てを思い出すよう 後で私たちがお願いをした場合 若者ではなく 高齢者は マイナスの映像よりも プラスの映像を覚えています さらに 高齢者と若者に 実験室で顔を見てもらうよう依頼しました そこには しかめ面もあれば 微笑みもありましたが その結果 高齢者は微笑みの方に目をやり しかめ面や怒った顔を避けていました 日々の生活においては これは より大きな喜びや 満足という形になって現れていると言えます

しかし 社会科学者として 私たちは 引き続き 他の可能性を探りました 高齢者が比較的 前向きな感情を報告するのは 認識面が弱まっているせいなのかも知れない とか (笑い) あるいは プラスの感情の方が マイナスの感情より簡単に処理できるので プラスの感情に変えているなど もしくは 脳内の神経中枢が 衰え そのことでもはや マイナスの感情を処理できなくなっている であるとか しかし それは違います もっとも精神力高い高齢者が このポジティブな感情処理をする人たちです そして 本当に重要な状況では 確かに 高齢者は プラスの情報と同様に マイナスの情報も処理します

では なぜこんなことになるのでしょう 実は今までの研究によって これらの変化は 唯一人間にのみ備わっている 時間を監視するという能力が しっかりあるということであり しかもその監視できる時間には 単に時計やカレンダーだけではなく 寿命までもが含まれるのだということを発見しました そして もし高齢化のパラドックスがあるならば それは 私たちが永遠には生きないという認識で 人生への見方が肯定的に 変わるということなのです 若い頃に顕著なように 計画対象期間が長く漠然としている時 人は たえず準備をして できる限り 全ての情報を吸収しようとし 危険を冒し 探求していくのです 私たちは どこか興味深いという理由で 好きでもない人と時間を過ごすことすらあります そして実際 予想もしていないことまで学ぶこともあります

(笑い) 合コンだってありえます (笑い) まあ どのみち うまくいかなくても いつでも明日という日はあるのですから 50歳以上の人々は 合コンはしないでしょうけれど (笑い)

年を取るにつれ 計画対象期間は短くなり 目標が変わります ずっとこの世にいるわけではないと気づけば 自分が何を優先すべきか 最もはっきり見えるのです そして 些細な事柄に注意が向かなくなり 人生を満喫するのです さらに もっと人に感謝をし もっと和解を受け入れることでしょう また人生の 感情的に重要な点に重きを置き 人生がより良くなり 日々 いっそう幸せになるのです しかし これと同じ視点の変化によって これまでより 不公平に我慢が できなくなります

2015年までには アメリカで 60歳以上の人口が 15歳以下よりも 多くなるでしょう 高齢者で頭でっかちになる社会に 何が起きるのでしょうか 単なる数字が 結果を決めるわけではありません 文化が  決めるのです もし 科学技術に投資して 高齢者が直面する現実問題に対し 解決法を見つけ しかも 高齢者の 極めて本質的な力を フルに生かすなら 追加された生存年数で 全ての年代において 劇的に 生活の質が改善されるのです そして 過去のどの世代よりも 健康的で教養がある 才能にあふれ 感情的に安定した 何百万もの市民を抱えながら 人生の実際問題に関する 知識を武器にし しかも 大きな問題の解決に 意欲的な社会は 私たちがこれまでに知っているよりも 良い社会になるはずです

最後に 92歳になる父が 好んで言った言葉を引用します 「高齢者をどう生かすのかだけを 話すのは止めて この人たちに 私たち皆をどう守ってもらうのかを 話し始めようではありませんか」

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画