TED日本語 - アドーラ・スヴィタク: 大人は子供から何を学べるか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アドーラ・スヴィタク: 大人は子供から何を学べるか

TED Talks

大人は子供から何を学べるか
What adults can learn from kids
アドーラ・スヴィタク
Adora Svitak

内容

神童アドーラ・スヴィタクは、世界には「子供っぽい」考え方が必要だと言います。大胆なアイデア、奔放な創造力、そして何よりも楽観的であること。子供たちの大きな夢は高い期待を受けるにふさわしいものであり、大人は子供に教えるのと同じくらいに、子供からも学ぶようにしてほしいと彼女は言います。

Script

Now, I want to start with a question: When was the last time you were called childish? For kids like me, being called childish can be a frequent occurrence. Every time we make irrational demands, exhibit irresponsible behavior or display any other signs of being normal American citizens, we are called childish. Which really bothers me. After all, take a look at these events: Imperialism and colonization, world wars, George W. Bush. Ask yourself, who's responsible? Adults.

Now, what have kids done? Well, Anne Frank touched millions with her powerful account of the Holocaust, Ruby Bridges helped to end segregation in the United States, and, most recently, Charlie Simpson helped to raise 120,000 pounds for Haiti on his little bike. So, as you can see evidenced by such examples, age has absolutely nothing to do with it. The traits the word childish addresses are seen so often in adults that we should abolish this age-discriminatory word when it comes to criticizing behavior associated with irresponsibility and irrational thinking.

(Applause)

Thank you.

Then again, who's to say that certain types of irrational thinking aren't exactly what the world needs? Maybe you've had grand plans before but stopped yourself, thinking, "That's impossible," or, "That costs too much," or, "That won't benefit me." For better or worse, we kids aren't hampered as much when it comes to thinking about reasons why not to do things. Kids can be full of inspiring aspirations and hopeful thinking. Like my wish that no one went hungry or that everything were a free kind of utopia. How many of you still dream like that and believe in the possibilities? Sometimes a knowledge of history and the past failures of utopian ideals can be a burden because you know that if everything were free, then the food stocks would become depleted and scarce and lead to chaos. On the other hand, we kids still dream about perfection. And that's a good thing because in order to make anything a reality, you have to dream about it first.

In many ways, our audacity to imagine helps push the boundaries of possibility. For instance, the Museum of Glass in Tacoma, Washington, my home state -- yoohoo Washington! (Applause) -- has a program called Kids Design Glass, and kids draw their own ideas for glass art. Now, the resident artist said they got some of their best ideas through the program because kids don't think about the limitations of how hard it can be to blow glass into certain shapes; they just think of good ideas. Now, when you think of glass, you might think of colorful Chihuly designs or maybe Italian vases, but kids challenge glass artists to go beyond that into the realm of broken-hearted snakes and bacon boys, who you can see has meat vision. (Laughter)

Now, our inherent wisdom doesn't have to be insider's knowledge. Kids already do a lot of learning from adults, and we have a lot to share. I think that adults should start learning from kids. Now, I do most of my speaking in front of an education crowd, teachers and students, and I like this analogy: It shouldn't just be a teacher at the head of the classroom telling students, "Do this, do that." The students should teach their teachers. Learning between grown ups and kids should be reciprocal. The reality, unfortunately, is a little different, and it has a lot to do with trust, or a lack of it.

Now, if you don't trust someone, you place restrictions on them, right? If I doubt my older sister's ability to pay back the 10 percent interest I established on her last loan, I'm going to withhold her ability to get more money from me until she pays it back. (Laughter) True story, by the way. Now, adults seem to have a prevalently restrictive attitude towards kids from every "don't do that, don't do this" in the school handbook to restrictions on school Internet use. As history points out, regimes become oppressive when they're fearful about keeping control. And although adults may not be quite at the level of totalitarian regimes, kids have no, or very little say in making the rules, when really the attitude should be reciprocal, meaning that the adult population should learn and take into account the wishes of the younger population.

Now, what's even worse than restriction is that adults often underestimate kids abilities. We love challenges, but when expectations are low, trust me, we will sink to them. My own parents had anything but low expectations for me and my sister. Okay, so they didn't tell us to become doctors or lawyers or anything like that, but my dad did read to us about Aristotle and pioneer germ fighters when lots of other kids were hearing "The Wheels on the Bus Go Round and Round." Well, we heard that one too, but "Pioneer Germ Fighters" totally rules. (Laughter)

I loved to write from the age of four, and when I was six my mom bought me my own laptop equipped with Microsoft Word. Thank you Bill Gates and thank you Ma. I wrote over 300 short stories on that little laptop, and I wanted to get published. Instead of just scoffing at this heresy that a kid wanted to get published or saying wait until you're older, my parents were really supportive. Many publishers were not quite so encouraging,one large children's publisher ironically saying that they didn't work with children -- children's publisher not working with children? I don't know, you're kind of alienating a large client there. (Laughter) Now,one publisher, Action Publishing, was willing to take that leap and trust me and to listen to what I had to say. They published my first book, "Flying Fingers," -- you see it here -- and from there on, it's gone to speaking at hundreds of schools, keynoting to thousands of educators and finally, today, speaking to you.

I appreciate your attention today, because to show that you truly care, you listen. But there's a problem with this rosy picture of kids being so much better than adults. Kids grow up and become adults just like you. (Laughter) Or just like you? Really? The goal is not to turn kids into your kind of adult, but rather better adults than you have been, which may be a little challenging considering your guys' credentials (Laughter) . But the way progress happens is because new generations and new eras grow and develop and become better than the previous ones. It's the reason we're not in the Dark Ages anymore. No matter your position or place in life, it is imperative to create opportunities for children so that we can grow up to blow you away. (Laughter)

Adults and fellow TEDsters, you need to listen and learn from kids and trust us and expect more from us. You must lend an ear today, because we are the leaders of tomorrow, which means we're going to be taking care of you when you're old and senile. No, just kidding. No, really, we are going to be the next generation, the ones who will bring this world forward. And in case you don't think that this really has meaning for you, remember that cloning is possible, and that involves going through childhood again, in which case you'll want to be heard just like my generation. Now, the world needs opportunities for new leaders and new ideas. Kids need opportunities to lead and succeed. Are you ready to make the match? Because the world's problems shouldn't be the human family's heirloom.

Thank you. (Applause) Thank you. Thank you.

最初に質問があります 「子供っぽい」と最後に言われたのはいつのことですか? 私なんかは 「子供っぽい」ことはよしなさいと しょっちゅう言われます 何か道理に合わない要求をしているときとか 無責任な行動を取ったときとか そのほか何であれ 普通に アメリカ人らしいことをすると 「子供っぽい」と言われます 本当にうんざりです 世界の問題を考えてみてください 帝国主義に 植民地支配 世界大戦に ジョージ W ブッシュ 一体誰のせいでしょうか? 大人たちです

一方で子供たちは何をしてきたでしょうか? アンネ フランクはホロコーストのことを 力強い文章で伝え 何百万という人の心を動かしました ルビィ ブリッジスはアメリカから人種差別をなくす力になりました もっと最近では チャーリー シンプソンが ハイチのため 小さな自転車に乗って 12万ポンドも募金を集めました このような証拠を見れば 年齢なんか関係ないことがわかります 「子供っぽい」と非難される振る舞いは 大人にこそよく見受けられます この年齢差別的な言葉を 無責任さや不合理な考えを持つ 振る舞いを批判するときに使うのはやめるべきです

(拍手)

ありがとうございます

一方で 世界には ある種の不合理な考えが 必要かもしれません 昔は大きな構想を持っていたのに 自分で捨ててはいませんか? 不可能だとか お金がかかり過ぎるとか 自分の得にならないと考えて いいにせよ悪いにせよ 私たち子供は やるべきでない理由を考えて 思いとどまったりはしません 子供はワクワクするような憧れや 希望に満ちた考えでいっぱいです 誰も飢えることのない世界や すべてが無料というユートピアを夢見ます 皆さんの中で まだそんな夢を持ち 可能性を信じている人は どれくらいいるでしょうか? 時に歴史の知識や ユートピア的な理想の失敗事例が 足かせとなることもあります 全てが無料になったら 食料の蓄えがなくなって飢饉になり 混乱状態に陥るかもしれません 一方 私たち子供は まだ完全な世界を夢見ています それはいいことです 何かを実現しようと思ったら まずそれを夢見る必要があるからです

多くの点で 私たちの大胆な想像力は 可能性の地平を広げる助けになります たとえば ワシントン州タコマにあるガラスの博物館です 私の故郷です ワシントン州万歳! (拍手) 「子供のためのガラスデザイン」では 子供たちがガラス工芸のアイデアを描きます そこのガラス作家は このプログラムから 最高のアイデアが得られたと言っています ガラスを吹いてある形にするのが どれほど難しいか子供たちは考えません ただ素敵なアイデアについて考えます 皆さんはガラス細工というと カラフルなチフーリの作品や イタリア製の花瓶なんかを 思い浮かべるかもしれません でも子供たちはガラス作家に それ以上のことを求めます これは「心傷ついたヘビ」と 「ミート光線を出すベーコンボーイ」です (笑)

私たち子供に備わる知恵が 子供限定の知識である必要はありません 子供たちは大人から既に多くのことを学んでおり 伝えるべきこともたくさんあるのです 大人たちは子供から学び始めるべきだと思います 私は学校関係の人を前に話すことが多いので このアナロジーは好きです 教室を仕切って ああしろ こうしろと言うのは 先生だけであるべきではありません 生徒だって先生を教えるべきなのです 大人と子供の間の教育は 相互的であるべきです 現実は 残念ながら それとは違っており 信頼関係の欠如に大きな原因があります

人を信頼しないとき その相手を制限することになります 私が融資に対して設定した 10%の利息に対する 姉の支払い能力が疑わしければ 今の借金を返すまで 私はそれ以上の借金を認めないでしょう (笑) ちなみにこれは実話です 大人たちは一般に子供に対して 制約的な態度を取ります 事細かに 「あれは駄目」「これは駄目」と 書かれた学校の手引き書から 学校でのインターネット利用まで すべてです 歴史が示す通り 管理に不安があるときほど 体制は圧政的になります 大人は 全体主義体制ほど 酷くはないかもしれませんが ルール作りに関して 子供には ほとんど発言権がありません 本当は相互的な態度が必要なのに 若い人たちが望むことを 大人たちは考慮に入れ 学ぶべきなのです

制限よりもっと悪いのは 大人たちが子供の能力を過小評価することです 私たちは挑戦が好きですが かけられる期待が低ければ 低いなりのことしかできなくなります 私の両親は 私や姉に低い期待をするなんて けっしてありませんでした 医者になれとか 弁護士になれとか 言われたことはありませんが 父が読んでくれた本は アリストテレスとか 「病原菌と闘う人々」でした 他の子供たちが聞いていたのは 「バスの車輪がくーるくる」だったのに 私たちも聞きましたけど 「病原菌と闘う人々」の方が断然素敵です (笑)

私は4歳の頃から書くのが好きで 6歳のときには母が Microsoft Wordが入った私用のノートパソコンを買ってくれました ありがとう ママとビル ゲイツ 私はその小さなノートパソコンで 300篇以上の短編を書き そして本にしたいと思うようになりました 両親は 子供が本を出したがるなんて 突拍子もないと笑ったり 大きくなるまで待ちなさいなんて言いません とても力になってくれました 多くの出版社はあまり乗り気でなく ある大きな子供の本の出版社などは 皮肉なことに 「私たちは子供とは仕事しません」と言いました 子供向けの出版社が子供とは仕事しないですって? 一番のお得意様をないがしろにしてはいませんか? (笑) アクション出版という出版社が 勇気を示して 私を信頼し 私が言いたかったことを聞いてくれました そして出版されたのが 私の最初の本「空飛ぶ指」です それ以降 何百という学校で講演し 何千という教育者を前に基調講演をし そして今日 皆さんの前で講演しているのです

皆さんに聞いていただいてとても嬉しいです 本当に関心を示して 耳を傾けてくださいますから しかし この子供は大人よりずっと素晴らしいという バラ色のストーリーには1つ大きな問題があります 子供は成長して皆さんみたいな大人になるということです (笑) でも ほんとに皆さんみたいになるのでしょうか? 目標は子供たちが皆さんみたいな大人ではなく もっと良い大人になるということですが 皆さんの業績を考えると 結構大変かもしれません しかし進歩が起きるのは 新たな世代と新たな時代が成長し発展し 前の世代よりもっと優れたものになることによってです 私たちが暗黒時代にいないのはそれが理由です 皆さんが人生のどんな段階にいようと 子供たちのために機会を作り出すことは必須です そして子供たちが成長して あなた方を吹き飛ばせるようにするのです (笑)

大人とTED仲間のみなさん 子供たちに耳を傾けて学び 子供を信頼し もっと期待をかけてください みなさんが今日耳を傾ける必要があるのは 私たち子供が明日のリーダーだからです 年取ってもうろくした皆さんの 面倒を見るのは子供たちです 冗談ですよ 私たちは次の世代であり 世界を前に押し進めます もし自分には関係ないと思っている人がいるなら クローン技術のことを考えてください そうしたら子供時代をもう一度過ごすことになり そのときは私たちの世代のように ちゃんと耳を傾けて欲しいと思うでしょう 世界は新しいリーダーと新しいアイデアを 必要としています 子供はリードし成功する機会を必要としています 皆さんは準備ができていますか? 世界の問題は 人類という家族の相続財産であるべきではないのですから

どうもありがとうございました (拍手) ありがとう ありがとう

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画