TED日本語 - ジョージ・ホワイトサイド: 簡潔性の科学に向けて

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョージ・ホワイトサイド: 簡潔性の科学に向けて

TED Talks

簡潔性の科学に向けて
Toward a science of simplicity
ジョージ・ホワイトサイド
George Whitesides

内容

簡潔性: 私たちはそれを見れば分かります――しかし、その正体は一体何でしょう?この愉快で哲学的な講演で、ジョージ・ホワイトサイドが簡潔性の正体を解き進めていきます。

Script

Most of the talks that you've heard in the last several fabulous days have been from people who have the characteristic that they have thought about something, they are experts, they know what's going on. All of you know about the topic that I'm supposed to talk about. That is, you know what simplicity is, you know what complexity is. The trouble is, I don't. And what I'm going to do is share with you my ignorance on this subject.

I want you to read this, because we're going to come back to it in a moment. The quote is from the fabled Potter Stewart opinion on pornography. And let me just read it, the important details here: "Shorthand description, [ 'hardcore pornography' ]; and perhaps I could never succeed in intelligibly defining it. But I know it when I see it." I'm going to come back to that in a moment.

So, what is simplicity? It's good to start with some examples. A coffee cup -- we don't think about coffee cups, but it's much more interesting than one might think -- a coffee cup is a device, which has a container and a handle. The handle enables you to hold it when the container is filled with hot liquid. Why is that important? Well, it enables you to drink coffee. But also, by the way, the coffee is hot, the liquid is sterile; you're not likely to get cholera that way. So the coffee cup, or the cup with a handle, is one of the tools used by society to maintain public health. Scissors are your clothes, glasses enable you to see things and keep you from being eaten by cheetahs or run down by automobiles, and books are, after all, your education.

But there's another class of simple things, which are also very important. Simple in function, but not at all simple in how they're constructed. And the two here are just examples. One is the cellphone, which we use every day. And it rests on a complexity, which has some characteristics very different from those that my friend Benoit Mandelbrot discussed, but are very interesting. And the other, of course, is a birth control pill, which, in a very simple way, fundamentally changed the structure of society by changing the role of women in it by providing to them the opportunity to make reproductive choices.

So, there are two ways of thinking about this word, I think. And here I've corrupted the Potter Stewart quotation by saying that we can think about something -- which spans all the way from scissors to the cell phone, Internet and birth control pills -- by saying that they're simple, the functions are simple, and we recognize what that simplicity is when we see it.

Or there may be another way of doing it, which is to think about the problem in terms of what -- if you associate with moral philosophers -- is called the teapot problem. The teapot problem I'll pose this way. Suppose you see a teapot, and the teapot is filled with hot water. And you then ask the question: Why is the water hot? And that's a simple question. It's like, what is simplicity? One answer would be: because the kinetic energy of the water molecules is high and they bounce against things rapidly -- that's a kind of physical science argument. A second argument would be: because it was sitting on a stove with the flame on -- that's an historical argument. A third is that I wanted hot water for tea -- that's an intentional argument. And, since this is coming from a moral philosopher, the fourth would be that it's part of God's plan for the universe. All of these are possibilities.

The point is that you get into trouble when you ask a single question with a single box for an answer, in which that single question actually is many questions with quite different meanings, but with the same words. Asking, "What is simplicity?" I think falls in that category. What is the state of science? And, interestingly, complexity is very highly evolved. We have a lot of interesting information about what complexity is. Simplicity, for reasons that are a little bit obscure, is almost not pursued, at least in the academic world.

We academics -- I am an academic -- we love complexity. You can write papers about complexity, and the nice thing about complexity is it's fundamentally intractable in many ways, so you're not responsible for outcomes. (Laughter) Simplicity -- all of you really would like your Waring Blender in the morning to make whatever a Waring Blender does, but not explode or play Beethoven. You're not interested in the limits of these things. So what one is interested in has a lot to do with the rewards of the system. And there's a lot of rewards in thinking about complexity and emergence, not so much in thinking about simplicity. One of the things I want to do is to help you with a very important task -- which you may not know that you have very often -- which is to understand how to sit next to a physicist at a dinner party and have a conversation. (Laughter) And the words that I would like you to focus on are complexity and emergence, because these will enable you to start the conversation and then daydream about other things.

(Laughter)

All right, what is complexity in this view of things, and what is emergence? We have, actually, a pretty good working definition of complexity. It is a system, like traffic, which has components. The components interact with one another. These are cars and drivers. They dissipate energy. It turns out that, whenever you have that system, weird stuff happens, and you in Los Angeles probably know this better than anyone. Here's another example, which I put up because it's an example of really important current science. You can't possibly read that. It's not intended that you read it, but that's a tiny part of the chemical reactions going on in each of your cells at any given moment. And it's like the traffic that you see. The amazing thing about the cell is that it actually does maintain a fairly stable working relationship with other cells, but we don't know why. Anyone who tells you that we understand life, walk away.

And let me reduce this to the simplest level. We've heard from Bill Gates recently. All of us, to some extent, study this thing called a Bill Gates. Terrific. You learn everything you can about that. And then there's another kind of thing that you might study, and you study that hard. That's a Bono, this is a Bono. But then, if you know everything you can know about those two things, and you put them together, what can you say about this combination? The answer is, not a lot. And that's complexity. Now, imagine building that up to a city, or to a society, and you've got, obviously, an interesting problem.

All right, so let me give you an example of simplicity of a particular kind. And I want to introduce a word that I think is very useful, which is stacking. And I'm going to use stacking for a kind of simplicity that has the characteristic that it is so simple and so reliable that I can build things with it. Or I'm going to use simple to mean reliable, predictable, repeatable. And I'm going to use as an example the Internet, because it's a particularly good example of stacked simplicity. We call it a complex system, which it is, but it's also something else.

The Internet starts with mathematics, it starts with binary. And if you look at the list of things on the bottom, we are familiar with the Arabic numbers one to 10 and so on. In binary,one is 0001,seven is 0111. The question is: Why is binary simpler than Arabic? And the answer is, simply, that if I hold up three fingers, you can count that easily, but if I hold up this, it's sort of hard to say that I just did seven. The virtue of binary is that it's the simplest possible way of representing numbers. Anything else is more complicated. You can catch errors with it, it's unambiguous in its reading, there are lots of good things about binary. So it is very, very simple once you learn how to read it. Now, if you like to represent this zero and one of binary, you need a device. And think of things in your life that are binary,one of them is light switches. They can be on and off. That's binary.

Now wall switches, we all know, fail. But our friends who are condensed matter physicists managed to come up, some 50 years ago, with a very nice device, shown under that bell jar, which is a transistor. A transistor is nothing more than a wall switch. It turns things on and off, but it does so without moving parts and it doesn't fail, basically, for a very long period of time. So the second layer of simplicity was the transistor in the Internet. So, since the transistor is so simple, you can put lots of them together. And you put lots of them together and you come with something called integrated circuits. And a current integrated circuit might have in each one of these chips something like a billion transistors, all of which have to work perfectly every time. So that's the next layer of simplicity, and, in fact, integrated circuits are really simple in the sense that they, in general, work really well.

With integrated circuits, you can build cellphones. You all are accustomed to having your cellphones work the large majority of the time. In Boston ... Boston is a little bit like Namibia in its cell phone coverage, (Laughter) so that we're not accustomed to that all the time, but some of the time. But, in fact, if you have cell phones, you can now go to this nice lady who's somewhere like Namibia, and who is extremely happy with the fact that although she does not have an master's degree in electrical engineering from MIT, she's nonetheless able to hack her cell phone to get power in some funny way. And from that comes the Internet. And this is a map of bitflows across the continent. The two blobs that are light in the middle there are the United States and Europe.

And then back to simplicity again. So here we have what I think is one of the great ideas, which is Google. Which, in this simple portal makes the claim that it makes accessible all of the world's information. But the point is that that extraordinary simple idea rests on layers of simplicity each compounded into a complexity that is itself simple, in the sense that it is completely reliable.

All right, let me then finish off with four general statements, an example and two aphorisms. The characteristics, which I think are useful to think about for simple things: First, they are predictable. Their behavior is predictable. Now,one of the nice characteristics of simple things is you know what it's going to do, in general. So simplicity and predictability are characteristics of simple things. The second is, and this is a real world statement, they're cheap. If you have things that are cheap enough, people will find uses for them, even if they seem very primitive. So, for example, stones. You can build cathedrals out of stones, you just have to know what it does. You carve them in blocks and then you pile them on top of one another, and they support weight.

So there has to be function, the function has to be predictable and the cost has to be low. What that means is that you have to have a high performance or value for cost. And then I would propose as this last component that they serve, or have the potential to serve, as building blocks. That is, you can stack them. And stack can mean this way, or it can mean this way, or it can mean in some arbitrary n-dimensional space. But if you have something that has a function, and it's really cheap, people will find new ways of putting it together to make new things. Cheap, functional, reliable things unleash the creativity of people who then build stuff that you could not imagine. There's no way of predicting the Internet based on the first transistor. It just is not possible. So these are the components.

Now, the example is something that I want to give you from the work that we ourselves do. We are very interested in delivering health care in the developing world, and one of the things that we wish to do in this particular business is to find a way of doing medical diagnosis at as close to zero cost as we can manage. So, how does one do that? This is a world in which there's no electricity, there's no money, there's no medical competence. And I don't want to spend your time in going through the details, but in the lower right-hand corner, you see an example of the kind of thing that we have. It's a little paper chip. It has a few things printed on it using the same technology that you use for making comic books, which was the inspiration for this particular idea. And you put a drop, in this case, of urine at the bottom. It wicks its way up into these little branches. You know, no power required. It turns colors. In this particular case, you're reading kidney function. And, since the health care worker of much of this part of the world is an 18 year-old with an AK-47, who happens to be out of work and is willing to go around and do this sort of thing, he can take a picture of it with his cellphone, send the picture back to where there is a doctor, and the doctor can look at it.

So what you've done is to take a technology, which is available everywhere, make a device, which is extremely cheap, and make it in such a fashion that it is very, very reliable. If we can pull this off, if we can build more function, it will be stackable. That is to say, if we can make the basic technology of one or two things work, it will be applicable to a very, very large variety of human conditions, and hence, extendable in both vertical and horizontal directions. Part of my interest in this, I have to say, is that I would like to -- how do I put this politely? -- change the way, or maybe eviscerate, the capital structure of the U.S. health care system, which I think is fundamentally broken.

So, let me close -- (Applause)

Let me close with my two aphorisms. One of them is from Mr. Einstein, and he says, "Everything should be made as simple as possible, but not simpler." And I think that's a very good way of thinking about the problem. If you take too much out of something that's simple, you lose function. You have to have low cost, but you also have to have a function. So you can't make it too simple. And the second is a design issue, and it's not directly relevant, but it's a nice statement.

This is by de Saint-Exupery. And he says, "You know you've achieved perfection in design, not when you have nothing more to add, but when you have nothing more to take away." And that certainly is going in the right direction. So, what I think one can begin to do with this kind of cut at the word simplicity, which doesn't cover Brancusi, it doesn't answer the question of why Mondrian is better or worse or simpler or less simpler than Van Gogh, and certainly doesn't address the question of whether Mozart is simpler than Bach.

But it does make a point -- which is one which, in a sense, differentiates the real world of people who make things, and the world of people who think about things, which is, there is an intellectual merit to asking: How do we make things as simple as we can, as cheap as we can, as functional as we can and as freely interconnectable as we can? If we make that kind of simplicity in our technology and then give it to you guys, you can go off and do all kinds of fabulous things with it.

Thank you very much.

(Applause)

Chris Anderson: Quick question. So can you picture that a science of simplicity might get to the point where you could look out at various systems -- say a financial system or a legal system, health system -- and say, "That has got to the point of danger or dysfunctionality for the following reasons, and this is how we might simplify it"?

George Whitesides: Yes, I think you could. Because if you look at the components from which the system is made and examine their fragility, or their stability, you can probably build a kind of risk assessment based on that basis.

CA: Have you started to do that? I mean, with the health system, you got a sort of radical solution on the cost side, but in terms of the system itself?

GW: Well, no. How do I put that simply? No.

CA: That was a simple, powerful answer. GW: Yes.

CA: So, in terms of that diagnostic technology that you've got, where is that, and when do you see that maybe getting rolled out to scale.

GW: That's coming out soon. I mean, the systems work, and we have to find out how to manufacture them and do things of this kind, but the basic technology works.

CA: You've got a company set up to ... GW: A foundation, a foundation. Not-for-profit.

CA: All right. Well, thank you so much for your talk. Thank you. (Applause)

この数日間 皆さんが聞いてきた講演は 物事を考え抜いたことがある そういった方々による講演でした 彼らはエキスパートで 道理が分かっています 私がこれからお話しすることは 皆さんご存じです つまり 皆さんは簡潔性とは何か知っていますし 複雑性とは何か知っています ただ問題は 私は知らないのです これから私がすることは この演題に関する私の無知を晒そうということです

こちらを読んでください あとで振り返ります この引用文は 伝説的なポッター スチュワートによる ポルノグラフィーに関する意見です 重要な点を 読み上げます 「ハードコアポルノグラフィーと端的に表現されているものを ...[略]」 「きっと私は的確に定義できないでしょう」 「しかしそれは 見れば分かります」 あとでまたこれに戻ります

さて 簡潔性とは何でしょう 例から取りかかるのが良いでしょう 私たちはコーヒーカップについて考えたりしませんが これは想像以上に興味深いものです コーヒーカップは装置?イエス 容器?イエス 取っ手はある?イエス 取っ手のおかげで 中が熱い液体で満ちていても持つことができる?イエスですね どうしてこれは重要なのでしょう 一つには そのおかげでコーヒーを飲むことができます また コーヒーは熱いため 殺菌されています コーヒーを飲んでコレラに感染するということはないでしょう コーヒーカップ 取っ手付きのカップは 公衆衛生を保つために 社会で用いられている道具の一つです はさみは皆さんの衣類に使われています メガネは皆さんがものをよく見えるようにし チーターに食べられないように あるいは車にひかれないようにしてくれます 本は やはり皆さんの教養につながっています

別の意味でシンプルなものもあります そちらも非常に重要です シンプルな機能に まったくシンプルでない作り この二つは例です 一つは携帯電話で 日用品です 複雑性の上に成り立っています この複雑性は 私の友人 ブノワ マンデルブロの語るものとは 異なりますが 非常に興味深いです もう一方は避妊薬です これは非常にシンプルな方法で 社会構造を根本的に変えました 女性に 生殖に関する選択肢をもたらし 社会における役割を 変えたのです

簡潔性に関して 二つの考え方があると思います ポッター スチュワートの引用文を ご覧のようにいじりました このようにすると はさみ 携帯電話 インターネット 避妊薬など 幅広いものに 適用できます シンプル つまり機能がシンプルであると その簡潔性が何であるかは 見れば分かります

簡潔性に関するもう一つの考え方は 道徳哲学者が言うところの ティーポット問題と呼ばれるものからの 考え方です ティーポット問題とはこういうものです 皆さんの目の前に ティーポットがあるとします それにはお湯が入っています そこでみなさんはこう問います なぜそれはお湯なのか? シンプルな問いです 簡潔性とは何か? と同じような問いです 一つ目の回答はこんなものになるでしょう なぜなら水分子の運動エネルギーが高く 分子は激しく動き回っているからだと これは物理科学に基づいた回答です 二つ目の回答はこのような感じです なぜならそれは火のついたストーブの上にあったからだと これは時間軸に沿った回答です 三つ目は 紅茶用に私がお湯を欲しかったからだ というものです これは意図に基づいた回答です この問題は道徳哲学者によるものですので 四つ目の回答は それが神の意志だから となるでしょう これらは全て可能性の話です

論点は 回答欄が一つの問題を問うと やっかいなことになるということです 一つの問いが 一つの言い回しで たくさんの意味に取れる質問をしているためです 簡潔性とは何かという問いは この種の問題に陥ってしまいます 科学の状況はどうでしょう おもしろいことに 複雑性はとても進歩しており 複雑性に関する 興味深い情報はたくさん得られています 簡潔性は よく分からない理由で ほとんど研究されていません 少なくとも学問の世界では

学者は - 私も学者なのですが - 複雑性が好きです 皆さんは 複雑性について論文を書くことができます その複雑性の良いところは 根本的に手に負えないところです したがって皆さんは結果に責任を負いません 簡潔性ですが 皆さんは朝 ウェアリング製コーヒーミキサーには 作るべきものを作って欲しいでしょう 爆発したり ベートーベンの音楽を演奏して欲しくはありません 誰もコーヒーミキサーの限界に興味はありません 人が興味を持つものは それがもたらす恩恵と深いつながりがあります そして 複雑性や創発について考えることには 多くの恩恵があります 簡潔性にはあまりありません 私がやりたいことの一つは ある重要な状況での対策を皆さんにお教えすることです そんな機会はそうそうないと思いますが それはディナーパーティーで 物理学者の隣の席で おしゃべりして過ごす方法についてです 皆さんに注目してもらいたい言葉は 複雑性と創発です この言葉のおかげで会話は始まり あなたは物理以外のことを考えていられます

(笑い)

それでは 物事のこういった見方において 複雑性とは何でしょう そして創発とは何でしょう 複雑性については 実はなかなか実用的な定義があります それは例えば交通のような 構成要素があるシステムです 構成要素はお互いに相互作用します それは車と運転者であり エネルギーを消費します そういったシステムでは 奇妙なことが起こります ロサンジェルスにいる皆さんは きっと誰よりもそれを分かっているでしょう それでは 別の例です これを取り上げたのは 現在の科学における重要な例であるからです これを読むことはできません 読まれるようにできていません これはあらゆる瞬間に 皆さんの細胞それぞれで起こっている 化学反応のほんの一部です 先ほどの交通システムのようなものです 細胞の驚くべきことは 割としっかりした協働関係を 他の細胞と持っているということです それがなぜかは分かっていません 生命に造詣が深い人も 皆 背を向けていきます

ではこの考え方を最もシンプルなレベルまで落としてみましょう 私たちは先日ビル ゲイツのお話を聞きました 私たちは皆ある程度 ビル ゲイツと呼ばれる人について知っていきます すばらしいことです 皆さんは彼についてできるだけ全て知ります もう一人皆さんが知りたいと思うかもしれない人物がいます より熱心に知ろうとするかもしれません それはボノです こちらがボノです もしこの二人について分かること全てを知ったとして 二人を組み合わせると それについて どういったことが言えるでしょう その答えは「特になにも」です これが複雑性です さて これを街あるいは社会にまで高めて想像してください すると興味深い問題に気づくでしょう

それでは ある特定の種類の 簡潔性の 例をお見せします 次いで私がとても有用だと思う 言葉を紹介します 積み重ねという言葉です 私は積み重ねという言葉を それで何かを構築できるほど シンプルで 信頼性のある そういった簡潔性に対して用いていきます あるいはシンプルという言葉を 信頼性があり 予測可能であり 再現性があることを言うために用いていきます インターネットを例として挙げます これは積み重ねからなっている簡潔性の 特に優れた例だからです 私たちはインターネットを複雑系と呼び 実際にそうなのですが また同時に別のものでもあります

インターネットは数学とともに始まります 二進法とともにです 下に並べたリストをご覧ください 1から10 そして続いていくアラビア数字に 私たちは慣れ親しんでいます 二進法では 1 は 0001 7 は 0111 です 問題は なぜ二進法は アラビア数字よりシンプルなのか 答えは単純にこういうことで つまり私が指を 3本立てると 皆さんは簡単に数えることができます でもこうしたら 私が今 7 を出したと判断するのは少し難しいでしょう 二進法の素晴らしいところはこれが数を表す 最も簡潔な方法だということです 他の方法は全てこれより複雑です 二進法を用いることで間違いを防ぐことができます 表示も明白です 二進法には良い点がたくさんあります なので 一度読み方が分かれば これはとてもシンプルです さて もし二進法の 0 と 1 を 表現したい場合には 何か機器が必要となります 皆さんの生活の中にあるもので 二進法のものを思い浮かべてください 一つは照明のスイッチです スイッチはオンオフできます これは二進法です

壁面スイッチは誰もが知っての通り 故障しますが 50 年ほど前 私たちの友人である物性物理学者は あのガラス鐘の下にある 洗練された機器を発明しました トランジスタです トランジスタは壁面スイッチ以上の何物でもありません それは何かをオンオフしますが 部品を動かすことなくそれを為すのです 基本的に長期間故障せずに作動します 簡潔性の第二層は トランジスタとインターネットでした トランジスタはとてもシンプルであったため まとめ合わせることができます トランジスタをまとめ合わせると 集積回路と呼ばれるものになります 現在の集積回路は ご覧のようなチップの中に それぞれ10億個ほどのトランジスタがあるでしょう その全てが常に完璧に作動しなくてはなりません これが簡潔性の第二層です 集積回路は しっかり動作するという点で 極めてシンプルなのです

この集積回路を用いると携帯電話が作れます 皆さんは携帯電話がいつも きちんと動作することに慣れています ボストンは携帯電話の電波受信可能範囲という点で ナミビアと少し似ていて ボストンでは 私たちは電波が常に届くということに慣れていません いつもいつもではありませんですけれどね とにかく 実際携帯電話を持っていれば ナミビアかどこかにいる このすてきなレディを訪ねることができます 彼女は MIT の電子工学部で 修士号を修めていないのにもかかわらず 携帯電話をハックし あるおもしろい方法で 携帯電話を充電できます このことに 彼女は非常に満足しています 次はインターネットです こちらは大陸間の通信量を表したマップです 真ん中にある 二つのぼやけている光は アメリカとヨーロッパです

それでは再び簡潔性に戻りましょう これは最も偉大なアイデアの一つだと思います グーグルです このシンプルなポータルから 世界の全ての情報に アクセスできると グーグルは謳っています ここでの要点は 桁外れにシンプルなアイデアは 幾層もの簡潔性の上に成り立っているということです それらが組み合わさって シンプルな複雑性を作り上げます 完全に信頼性があるという意味で シンプルなのです

では 4つの総論 1つの例 そして2つの格言を話して 終わりにしたいと思います シンプルなものについて考えるときに このような性質を考えると便利だと思います: 第一に それは予測可能なものです その振る舞いは予測可能です シンプルなものの 素晴らしい性質の一つは 一般的に それが何をするものか分かるということです つまり 簡潔性と予測可能性は シンプルなものの性質なのです 第二に これは実社会的なことですが 安いです 十分に安い何かがそこにあれば 誰かがその使い道を見つけます それがどれだけ原始的に思えるものであってもです 例えば 石です 皆さんは石から大聖堂を建てることができます それには 石で何ができるか知っていれば良いだけです 石をブロック状に彫り 一つ一つ積み上げます そうすることでものを支えることができます

つまり機能がなければなりません その機能は予測可能でなければならず 同時に低コストでなければなりません つまり 高性能 あるいは 対費用効果がなければなりません 最後の構成要素として 私が取り上げたいのは それが構成単位として機能する あるいはその可能性を秘めているということです つまり 積み重ねができるということです 積み重ねはこの方向でも良いですし この方向でも良いですし あるいはある任意のn次元空間においてでも良いです 機能を有しており それがとても安価であれば 人々は新しいものを作るための 新しい組み合わせを発見するでしょう 安価で機能的で そして信頼性のあるものは 人々の創造性を解き放ちます その人々は想像もつかないものを作り上げるでしょう 最初のトランジスタからインターネットを予見するなんて とても無理です ただただ あり得ません 以上が構成要素です

さて こちらについてですが 私たちが取り組んでいることから 例を紹介したいと思います 私たちは発展途上国への 医療提供にとても関心を持っています この問題について私たちが為したいことは できる限りゼロに近いコストでの 医療診断のやり方を 確立することです どのようにしたらよいでしょう 電気もお金もない そして医療能力もない世界です 詳細までお話しして時間を費やしたくないですが この右下にあるものは わたしたちが使っているものの一例です これは小さな紙の切れ端です 漫画本を作るのと 同じ技術で この紙切れにいくらか印刷されています このアイデアをひらめく元となった技術です これに尿を垂らすと ご覧のような枝状に染み渡ります 電力を必要としませんでしょう これは色を付けます これからは腎機能が診断できます この世界の 多くの医療従事者は AK-47を持ち歩く18歳で 職にありつけず 動き回って このような治療行為をやる意志を持った人たちです その人は携帯電話でこれの写真を撮り 医者へ送り そして医者はそれを診ることができます

ここで行われたことは どこでも使える技術を選出し 極めて安価な機器を作り このようなとても信頼性のある 形に仕上げたことです この試みを成功させられたら もっと機能を持たせることができたら それは積み重ねられるようになります つまり 一つか二つ うまくいく基本的な技術を確立できたら それはさまざまな症状の人に 適用できるようになり したがって 縦にも横にも拡張できるようになります どう丁寧に言えばよいでしょうか この問題におけるねらいの一つとして 私はアメリカの医療制度の資本構成を 変えたい あるいは骨抜きにしたい あの資本構成は根本的に機能していないと私は考えています

それでは ... (拍手)

二つの格言を紹介しておしまいとさせてください 一つはアインシュタイン氏によるものです 「全てはできるだけシンプルであるべきだ」 「しかしそれ以上にシンプルであってはならない」と彼は述べています これは問題を考えるにあたってとても良い方法だと思います もしシンプルなものから 多くのものを取り除きすぎたら 機能が失われます 低コストでなければなりませんが 機能が損なわれてもいけません したがって 過剰にシンプルにはできません 二つ目はデザインに関するもので 簡潔性と直接関係はありませんが 良い格言です

サン テグジュペリによるものです 「あなたが完璧なデザインを実現したと分かるのは」 「それは付け加えるものがなくなった時ではなく」 「取り除くものがなくなった時です」 これは確実に正しい方向へ導くものでしょう さて このような感じで解きほぐしてきた 簡潔性という言葉で 何ができるかと言いますと ランクージィは守備範囲外ですし なぜ モンドリアンがヴァン ゴッホより 良い 悪い シンプル あるいはシンプルでないか このような問いに答えることもできません 当然 モーツァルトがバッハより シンプルかどうかという問いにも答えられません

ただ 重要な点は 一つには ものを作る人の現実と ものについて考える人の現実を 区別することです もう一つは 次の問いを立てることには 知的な利点があるということです 「私たちはどのようにして」 「可能な限りシンプルに 安価に 機能的に」 「そして 自在に組み合わせられるように ものを作るでしょうか?」 もし私たちが持てる技術で このような簡潔性を達成することができ そして皆さんに提供できたら 皆さんはそれで あらゆる素晴らしいことができるようになるでしょう

どうもありがとうございました

(拍手)

クリス アンダーソン (CA): 少し質問があります ではあなたは 例えば金融制度 法制度 医療制度といったシステムが なんらかの理由で 危機に陥った時 あるいは機能不全に陥った時 簡潔性の科学が それらのシステムを補うことができるとお考えでしょうか また それが簡潔化への道なのでしょうか

ジョージ ホワイトサイド (GW): できると思います そのシステムの構成要素について その脆弱性や安定性を検証すると おそらくリスク評価のようなものが作れるでしょう

CA: それには既に着手されていますか つまり あなたは医療制度に関して コスト面で抜本的な解決策を持っていますが システム自体についてはいかがでしょう

GW: うーん ノーですね このシンプルなノーという答えはどうでしょう

CA: シンプルで力強いお答えでした GW: はい

CA: それでは あなたがもっている診断技術に関して それはどこで そしていつ 普及していくでしょうか

GW: すぐにです というのもシステムはうまくいっているので あとは製造や活動をどのように行っていくかです とにかく 基本的な技術はうまくいっています

CA: それにあたって会社の設立などは ... GW: 財団法人ですね 非営利です

CA: なるほど ご講演どうもありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画