TED日本語 - ジャダイダ・アイスラー: 科学を良い方向に進める知られざる頭脳

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジャダイダ・アイスラー: 科学を良い方向に進める知られざる頭脳

TED Talks

科学を良い方向に進める知られざる頭脳
The untapped genius that could change science for the better
ジャダイダ・アイスラー
Jedidah Isler

内容

ジャダイダ・アイスラーは、少女の頃から天体物理学者になることを夢見ていました。しかし、現実は厳しいものでした。当時、米国の物理学関連の博士号を取得した黒人女性は、たった18人しかいなかったのです。この個人的なトークで、いかに黒人女性としてイェール大学初の天体物理学博士号を取得したのか、そして科学やSTEM(科学、テクノロジー、工学、数学)教育分野における多様性が持つ価値について、強い信念を伝えます。「こんな自分には、将来の夢をかなえるのは無理だなんて、一寸たりとも考えてはなりません。夢をしっかりとつかみ、想像することすらできなかった世界に進まなくては」と彼女は言います。

Script

Great things happen at intersections. In fact, I would argue that some of the most interesting things of the human experience occur at the intersections, in the liminal space, where by liminal I mean the space in-between. There's freedom in that in-between, freedom to create from the indefiniteness of not-quite-here, not-quite-there, a new self-definition. Some of the great intersections of the world come to mind, like the Arc de Triomphe in Paris, or Times Square in New York City, both bustling with the excitement of a seemingly endless stream of people. Other intersections, like the Edmund Pettus Bridge in Selma, Alabama, or Canfield Drive and Copper Creek Court in Ferguson, Missouri, also come to mind because of the tremendous energy at the intersection of human beings, ideologies and the ongoing struggle for justice.

Beyond the physical landscape of our planet, some of the most famous celestial images are of intersections. Stars are born at the messy intersection of gas and dust, instigated by gravity's irrevocable pull. Stars die by this same intersection, this time flung outward in a violent collision of smaller atoms, intersecting and efficiently fusing into altogether new and heavier things. We can all think of intersections that have special meaning to us. To be intersectional, then, is to occupy a position at an intersection.

I've lived the entirety of my life in the in-between, in the liminal space between dreams and reality, race and gender, poverty and plenty, science and society. I am both black and a woman. Like the birth of stars in the heavenlies, this robust combination of knowing results in a shining example of the explosive fusion of identities.

I am also an astrophysicist. I study blazars, supermassive, hyperactive black holes that sit at the centers of massive galaxies and shoot out jets nearby those black holes at speeds approaching the speed of light in a process we are still trying to completely understand.

I have dreamed of becoming an astrophysicist since I was 12 years old. I had no idea that at that time, according to Dr. Jamie Alexander's archive of African-American women in physics, only 18 black women in the United States had ever earned a PhD in a physics-related discipline, and that the first black woman to graduate with a PhD in an astronomy-related field did so just one year before my birth.

As I journeyed along my path, I encountered the best and worst of life at an intersection: the tremendous opportunity to self-define, the collision of expectation and experience, the exhilaration of victorious breakthroughs and, sometimes, the explosive pain of regeneration.

I began my college experience just after my family had fallen apart. Our financial situation disintegrated just after my father's departure from our lives. This thrust my mother, my sister and I out of the relative comfort of middle-class life and into the almost constant struggle to make ends meet. Thus, I was one of roughly 60 percent of women of color who find finances to be a major barrier to their educational goals. Thankfully, Norfolk State University provided me with full funding, and I was able to achieve my bachelor's in physics.

After graduation, and despite knowing that I wanted a PhD in astrophysics, I fell through the cracks. It was a poster that saved my dream, and some really incredible people and programs. The American Physical Society had this beautiful poster encouraging students of color to become physicists. It was striking to me because it featured a young black girl, probably around 12 years old, looking studiously at some physics equations. I remember thinking I was looking directly back at the little girl who first dared to dream this dream. I immediately wrote to the Society and requested my personal copy of the poster, which to this day still hangs in my office. I described to them in the email my educational path, and my desire to find myself again in pursuit of the PhD. They directed me to the Fisk-Vanderbilt University Bridge Program, itself an intersection of the master's and PhD degrees at two institutions. After two years out of school, they accepted me into the program, and I found myself again on the path to the PhD.

After receiving my master's at Fisk, I went on to Yale to complete my PhD. Once I was physically occupying the space that would ultimately give way to my childhood aspirations, I anticipated a smooth glide to the PhD.

(Laughter)

It became immediately apparent that not everyone was thrilled to have that degree of liminality in their space. I was ostracized by many of my classmates,one of whom went so far as to invite me to "do what I really came here to do" as he pushed all the dirty dishes from our meal in front of me to clean up. I wish that were an isolated occurrence, but for many women of color in science, technology, engineering, and mathematics, or STEM, this is something they have long endured. One hundred percent of the 60 women of color interviewed in a recent study by Joan C. Williams at UC Hastings reported facing racialized gender bias, including being mistaken for the janitorial staff. This mistaken identity was not reported by any of the white women interviewed for this study, which comprised 557 women in total. While there is nothing inherently wrong with a janitorial position, and in fact my forefathers and foremothers were able to attend college because many of their parents worked these jobs, it was a clear attempt to put me in my place.

While there was certainly the acute pain of the encounter, the real issue is that my appearance can tell anyone anything about my ability. Beyond that, though, it underscores that the women of color in STEM do not experience the same set of barriers that just women or just people of color face. That's why today I want to highlight women of color in STEM, who are inexorably, unapologetically living as the inseparable sum of identities.

STEM itself is an intersectional term, such that its true richness can not be appreciated without considering the liminal space between disciplines. Science, the pursuit of understanding the physical world by way of chemistry, physics, biology, can not be accomplished in the absence of mathematics. Engineering requires the application of basic science and math to the lived experience. Technology sits firmly on the foundation of math, engineering and science. Math itself serves the critical role of Rosetta Stone, decoding and encoding the physical principles of the world. STEM is utterly incomplete without each individual piece. This is to say nothing of the enrichment that is realized when STEM is combined with other disciplines.

The purpose for this talk is twofold: first, to say directly to every black, Latina, indigenous, First Nation or any other woman or girl who finds herself resting at the blessed intersection of race and gender, that you can be anything you want to be. My personal hope is that you'll become an astrophysicist, but beyond that, anything you want. Do not think for one minute that because you are who you are, you can not be who you imagine yourself to be. Hold fast to those dreams and let them carry you into a world you can't even imagine.

Secondly, among the most pressing issues of our time, most now find their intersection with STEM. We have as a global society solved most of the single-faceted issues of our time. Those that remain require a thorough investigation of the liminal space between disciplines to create the multifaceted solutions of tomorrow. Who better to solve these liminal problems than those who have faced their whole lives at the intersections. We as thought leaders and decision makers must push past the first steps of diversity and into the richer and more robust territory of full inclusion and equal opportunity.

One of my favorite examples of liminal excellence comes from the late Dr. Claudia Alexander, a black woman plasma physicist, who passed away this past July after a 10-year bout with breast cancer. She was a NASA project scientist who spearheaded the NASA side of the Rosetta mission, which became famous this year for landing a rover on a comet, and the 1.5 billion dollar Galileo mission to Jupiter,two high-profile scientific victories for NASA, the United States and the world. Dr. Alexander said it this way: "I'm used to walking between two cultures. For me, it's among the purposes of my life to take us from states of ignorance to states of understanding with bold exploration that you can't do every day."

This shows exactly the power of a liminal person. She had the technical ability to spearhead some of the most ambitious space missions of our time, and she perfectly understood her place of being exactly who she was in any place she was.

Jessica Matthews, inventor of the SOCCKET line of sports products, like soccer balls, that generate renewable energy as you play with them, said it this way: "A major part of invention isn't just creating things, it's understanding people and understanding the systems that make this world." The reason I tell my story and the story of Dr. Alexander and Jessica Matthews is because they are fundamentally intersectional stories, the stories of lives lived at the nexus of race, gender and innovation.

Despite implicit and explicit questions of my right to be in an elite space, I'm proud to report that when I graduated, I was the first black woman to earn a PhD in astrophysics in Yale's then 312-year history.

(Applause)

I am now part of a small but growing cadre of women of color in STEM who are poised to bring new perspectives and new ideas to life on the most pressing issues of our time: things like educational inequities, police brutality, HIV/AIDS, climate change, genetic editing, artificial intelligence and Mars exploration. This is to say nothing of the things we haven't even thought of yet.

Women of color in STEM occupy some of the toughest and most exciting sociotechnological issues of our time. Thus, we are uniquely positioned to contribute to and drive these conversations in ways that are more inclusive of a wider variety of lived experience. This outlook can be expanded to the many intersectional people whose experiences, positive and negative, enrich the conversations in ways that outmatch even the best-resourced homogenous groups.

This is not a request born out of a desire to fit in. It's a reminder that we can not get to the best possible outcomes for the totality of humanity without precisely this collaboration, this bringing together of the liminal, the differently lived, distinctly experienced and disparately impacted. Simply put, we can not be the most excellent expression of our collective genius without the full measure of humanity brought to bear.

Thank you.

(Applause)

あらゆる交差点で 素晴らしい事が起きています 事実 私達が経験する 数々の興味深い出来事は 境界空間にある交差点で 起きるものだと 私は信じています 私の言う境界とは挟まれた空間で そこには自由があります ここでもない そこでもないという 不確かさから 自分を新たに定義し直すという 自由があるのです 世界の有名な交差点を思い浮かべると パリの凱旋門や NYのタイムズ・スクエアなどがあり どちらも 果てしなく続くかのような 人の流れによる興奮に満ちています 他の交差点 例えば アラバマ州セルマのエドモンド・ペタス橋や ミズーリ州ファーガソンのキャンフィールド通り カッパー・クリーク・コートなども 思い浮かぶのは それらの交差点には 人々、イデオロギー 止むことのない正義を求める戦いから来る 途方もないエネルギーがあるからです

地球の外へ目を向けると 最も良く知られている天体も 交差点での賜物です 星の誕生はガスや塵に満ちた交差点で 重力という避けようもない力によって生じます そして 星は その同じ交差する力で 最後を迎えます 今度は ずっと小さな原子の激しい衝突の中で 外に向かって はじき飛ばされ 交差と融合を繰り返し 全く別のずっと重い物体になります このように交差点が私達にとって 特別な意味を持つ事が分かります すると 「交差している」というのは 交差点に居場所を持つということです

私は常に境界で過ごしてきました 夢と現実 人種とジェンダー 貧しさと豊かさ 科学と社会の交差点です 私は黒人で女性でもあります 天空で星が誕生するように この2つの強力な組み合わせを認識すると 自我の爆発的な融合となり 輝ける例となります

私は 天体物理学者でもあります 私はブレーザーと呼ばれる 巨大楕円銀河の中心にあり ジェットを光速に近いスピードで放出する 非常に活発な 超大質量ブラックホールを 研究しています まだ完全には理解できていませんが 努力を続けています

私は天体物理学者になることを 12歳のときから夢見ていました 当時の私が知らなかったことは ジェイミー・アレクサンダー博士の物理学における アフリカ系米国女性の記録によると 物理学に関連する分野で 博士号を取得した黒人女性は 米国にたった18人しかいないということ そして 天文学関連の分野で博士号を はじめて黒人女性が取得したのは 私が生まれるわずか1年前だった ということです

自分の人生を歩んでいく中で 私の人生の最高の出来事も最悪な出来事も 交差点でおきました 自己を定義する絶好の機会であり 予測と経験の衝突であり やっとのことで得られた勝利の喜びであり そして 時には 再生の激しい痛みを 感じるものでもありました

私が大学生活を始めたのは 家族が崩壊した直後でした 家庭の経済状態は 父親がいなくなって ほどなく崩壊したのです そのため 母と姉妹 そして私は 比較的ゆとりある中流の暮らしから 生計を立てるために もがき続けるようになりました こうして私は 自分の教育を終えるには 経済状態が壁になっていると考える約60%の 有色人種女性の仲間入りをしました 幸い ノーフォーク州立大学は 学費を全額支給してくれたので 物理学の学士号を得ることができました

卒業後 天体物理学で博士号を得たいと いう希望は伝えてあったのに それは無視されてしまいました 私の夢を救ったのは 1枚のポスターと 本当にすばらしい人々と プログラムの数々でした アメリカ物理学会はこの美しいポスターで 有色人種の生徒たちに 物理学者になることを勧めていたのです 私がこのポスターを見て衝撃を受けたのは そこには12歳ぐらいの黒人少女が 物理学の何らかの方程式を熱心に 見つめていたからです 私より先に この夢に挑戦していた少女を じっと見つめ直したのを 私は覚えています 私はすぐに学会に手紙を書き そのポスターを1枚 分けてくれないか頼みました これは今でも私のオフィスに貼ってあります 学会に宛てたメールに 私の学歴と もう1度 博士過程入学に 挑戦したいと書きました 学会はフィスク-ヴァンダービルト大学 ブリッジプログラムを紹介してくれたのです これ自体が2つの大学が実施する 修士・博士課程の交差点となるプログラムです 2年間のブランクを経て 私はそこに入学を許され 博士号への道を歩み始めたのです

フィスク大学で修士号を得たあと 私は博士課程を終えるために イェール大学へ進学しました 子どもの頃 夢に見た場所に 腰を落ち着けられれば 難なく博士号を 得られるのだとばかり思っていました

(笑)

しかし すぐに明らかになったのは この世界によそ者がやって来ることを 皆が歓迎しているわけではないことでした 私は多くのクラスメイトに のけ者にされました 「身の程を知れ」とばかりに 食ベ終わった全員分のお皿を 私に押し付けて すべて洗わせようとした人もいました 本当は たまたま起きた事だと 思いたいのですが 有色人種の女性で 科学、テクノロジー、工学、数学 つまり STEMの分野に関わる人が 実際に長い間 こういうことに 耐え忍んできたのです UC へイスティングス校の ジョーン・C・ウィリアムズによる 最近の研究で インタビューを受けた 60人の有色人種の女性すべてが 人種的かつ性的差別を 経験したと答えています その中には清掃スタッフと 間違えられたというものもありました こういうふうに間違えられたという報告は 同じ研究に協力した白人女性557人からは 一切されていないのです 清掃スタッフがいけないと 言っているのではありませんよ 実際 私の先人たちが大学に行けたのは 彼らのご両親たちが清掃スタッフとして 働いたからです しかし 私を押しつぶそうという たくらみは明らかでした

こういう事には 確かに深く傷つきましたが 本当の問題は そういう事ではなく 人は 私の外観で私の能力のすべてを 判断してしまうということです しかし それにも増して強調されるべき事は STEMの有色人種の女性が経験する障害は 女性だから あるいは有色人種だから という理由で経験する障害とは別物だということです 私が 今日 STEMの有色人種の女性を 取り上げる理由は それなのです 彼女らは自分の持つ どのアイデンティティも 全てが自分の一部だと 堂々と恥じる事なく生きているのです

STEMそのものが 「交差する」言葉ですから STEMの真の豊かさを理解するには 学問分野間の境界にある空間を 考慮に入れる必要があります 物質的世界の理解を追及する科学には 化学、物理学、生物学という分野がありますが 数学なしでこれを達成することはできません 工学は基礎科学と数学を 実際の生活に応用する必要があります テクノロジーは数学、工学、科学の礎の上に 成り立っているのです そして数学は世界の物理法則を解読し そして暗号化する いわばロゼッタストーンとしての 役割を担っています STEMは それぞれの働きなしでは 全くの未完成なのです STEMが 他の分野と結びついたときに 実現される豊かさは 言うまでもありません

このトークの目的は2つあります 1つは 全ての黒人、ラテン系、ネイティブアメリカン、ファースト・ネーション そしてその他のすべての女性や少女で 人種と性別の恵みの交差点に いることに気づいた人に あなたは 何でもなりたいものになれると 直接伝えることです 私としては ぜひ天体物理学者に なってほしいのですが それはともかく 本当になりたいものなら何でも構いません こんな自分には 将来の夢をかなえるのは無理だなんて 一寸たりとも考えてはなりません 夢をしっかりとつかんで 想像すらできなかった世界に 進んでいかなくては

そして この時代に存在する 緊急の課題の多くは STEMで交差していることが分かります 私達にはグローバル社会として 一丸となって解決すべき課題があります 複数の側面を持つ 明日への解決策を生み出すために これからも引き続き 学際的な調査の必要性がある課題です 交差点で全てを経験した人程 境界問題の解決に 長けている人はいません 私達はオピニオンリーダーや 政策に関わる者として 多様性の初期の段階を乗り越え 誰もが平等の権利を持つ 豊かな生き生きとした世界へと 踏み出すべきです

私の好きな境界の達人の一人は 黒人女性のプラズマ物理学者で 10年に亘る乳がんの闘病後 この7月に亡くなった 故クローディア・アレクサンダー博士です 彼女はNASAのプロジェクトの科学者で 今年 彗星に探査機を 着陸させて有名になった ロゼッタ・ミッションを NASA側で指揮を取りました そして 15億ドルを費やした 木星へのガリレオ・ミッション この2つの高名な科学的勝利を NASAや米国 世界にもたらした方です 博士はこのように言っていました 「私は2つの文化の間を 行き来するのには慣れています 私にとって それは私達を無知の状態から 理解へと導いてくれる 日常では経験できない大胆な探索であり 人生の目的のひとつでもあります」

これは 境界にいる人だからこそ持てる力です 彼女には 野心的な宇宙ミッションを指揮する 技術的な能力がありました そして どんな状況でも 自分の立ち位置を完璧に理解していました

遊びながら 繰り返し発電ができる サッカーボール等のスポーツ用品 SOCCKETシリーズを発明した ジェシカ・マシューズは こんな風に言っています 「発明で重要なのは 物を作るだけではなく 人々を理解し この世界を作っているシステムを 理解する事です」 私が 自分の話やアレクサンダー博士 ジェシカ・マシューの話をするのは どれもが基本的に 交差点で起きる物語であり 新たな人種、ジェンダー、革新の中核にある 人生の話だからです

私がエリート界にいることは 陰日向で疑問視されましたが 誇りを持って報告します 私が卒業する時には 創立312年だった イェール大学の歴史上で 私は天体物理学博士号を得た 初の黒人女性になりました

(拍手)

そして 今は ささやかながらもSTEMの 有色人種の女性幹部の一人となり 私達はこの時代にある緊急の課題に 新たな展望をもたらし アイデアを実現しようとしています 例えば 教育の不平等 警察の暴力 HIV/AIDS 気候変動 遺伝子操作 人工知能や火星探索など 今まで誰も考えたことすらなかった事柄です

STEMの有色人種の女性たちは 難解な しかし やり甲斐のある 社会工学の課題に取り組んでいます ですから 私達は より多様性のある人々の豊富な実経験で これらの会話を推し進める 特異な立場にいるのです この見通しは数多くの交差点の人々にまで 広げることができます 前向きであれ ネガティブであれ その経験を生かすことで リソースに事欠くことのない 恵まれた均一な団体に勝る方法で 会話を豊かにすることができるのです

これは仲間入りをしたい という思いからの要求ではなく 自分達への戒めなんです 全人類にとって最高の結果は 境界で多種多様な全く独自の経験をし 必死に生きてきた人々の協働が あってこそ生まれるのだという事を 忘れないようにと 一言でいえば 「集合天才」としての私達が 人類に愛を ふんだんに注ぐことで 初めて最高の叡智が発現するのです

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画