TED日本語 - グレアム・ヒル: 「ウィークデイベジタリアン(週5日の菜食主義)」のすすめ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - グレアム・ヒル: 「ウィークデイベジタリアン(週5日の菜食主義)」のすすめ

TED Talks

「ウィークデイベジタリアン(週5日の菜食主義)」のすすめ
Why I'm a weekday vegetarian
グレアム・ヒル
Graham Hill

内容

ベジタリアンが環境と動物に優しいことはよく知られています。しかし、肉食文化のただ中では、ベジタリアンになることは簡単ではありません。グレアム・ヒルが強力で実行可能な提案を行います。

Script

About a year ago, I asked myself a question: "Knowing what I know, why am I not a vegetarian?" After all, I'm one of the green guys: I grew up with hippie parents in a log cabin. I started a site called TreeHugger -- I care about this stuff. I knew that eating a mere hamburger a day can increase my risk of dying by a third. Cruelty: I knew that the 10 billion animals we raise each year for meat are raised in factory farm conditions that we, hypocritically, wouldn't even consider for our own cats, dogs and other pets. Environmentally, meat, amazingly, causes more emissions than all of transportation combined: cars, trains, planes, buses, boats, all of it. And beef production uses 100 times the water that most vegetables do.

I also knew that I'm not alone. We as a society are eating twice as much meat as we did in the 50s. So what was once the special little side treat now is the main, much more regular. So really, any of these angles should have been enough to convince me to go vegetarian. Yet, there I was -- chk, chk, chk -- tucking into a big old steak.

So why was I stalling? I realized that what I was being pitched was a binary solution. It was either you're a meat eater or you're a vegetarian, and I guess I just wasn't quite ready. Imagine your last hamburger. (Laughter) So my common sense, my good intentions, were in conflict with my taste buds. And I'd commit to doing it later, and not surprisingly, later never came. Sound familiar?

So I wondered, might there be a third solution? And I thought about it, and I came up with one. I've been doing it for the last year, and it's great. It's called weekday veg. The name says it all: Nothing with a face Monday through Friday. On the weekend, your choice. Simple. If you want to take it to the next level, remember, the major culprits in terms of environmental damage and health are red and processed meats. So you want to swap those out with some good, sustainably harvested fish. It's structured, so it ends up being simple to remember, and it's okay to break it here and there. After all, cutting five days a week is cutting 70 percent of your meat intake.

The program has been great, weekday veg. My footprint's smaller, I'm lessening pollution, I feel better about the animals, I'm even saving money. Best of all, I'm healthier, I know that I'm going to live longer, and I've even lost a little weight.

So, please ask yourselves, for your health, for your pocketbook, for the environment, for the animals: What's stopping you from giving weekday veg a shot? After all, if all of us ate half as much meat, it would be like half of us were vegetarians.

Thank you.

(Applause)

一年ほど前に 私は自問しました 「これだけいろいろなことを知っていながら なぜ私はベジタリアンじゃないんだろう?」 私は地球に優しい人間です ヒッピー世代の両親に丸太小屋で育てられました 環境保全サイトtreehugger.com を立ち上げました 環境問題には関心があります 毎日ハンバーガーを一つ食べるだけで 死の危険が30%増加することも知っていました 動物への虐待については 毎年 肉のために飼育される動物が100億頭 工場飼育されていることも知っていました 私達は偽善者です 工場環境で猫や犬など ペットを飼おうとは思いもしません 驚くべきことに 環境の見地から言えば 肉の生産で生じる温暖化ガスの量は 自動車 電車 航空機 バス 船など あらゆる交通手段からの温暖化ガスの量よりも多いのです 牛肉の生産は 野菜の生産の 100倍の水を必要とします

これは私一人の問題ではありません 社会全体では 1950年代と比較して 2倍以上の肉を消費しています かつては特別なご馳走だった肉が 主役になり 毎日食卓に上っています だから どの点を取っても ベジタリアンになる理由は十分です なのに 私は 悪いこととは知りながら いつもの分厚いステーキにかぶりついていました

なぜ私には実行できなかったのでしょう? その理由がわかりました 私が行き詰まっていたのは あれかこれかの二者択一を迫られたからです そこには 肉食主義者か 菜食主義者かの選択しかありませんでした 私にはそのどちらかを選択する用意がなかったのです 最後に食べたハンバーガーのことを思えば わかるでしょう (笑) つまり 私の良識や 私の善意が 私の(味の)好みと争っていたのです そして 「また今度」 と片付けたのです でも その「今度」は決して巡って来なかったのです 皆さんにも わかるでしょう?

そこで 考えました 第3の解決法があるだろうと その結果 考案したのがこの方法です 昨年実践してみました 実にうまくいきます 「ウィークデイベジ(週5日の菜食主義)」と名付けました 名前を聞いただけでわかりますね 月曜から金曜までは菜食で 週末は好きなものを食べて良いのです 簡単です 次のレベルに行きたい場合 環境と健康によくないのは 赤身肉と加工肉なので それを覚えておいて それらの代わりに 環境にやさしい漁法でとれたおいしい魚を食べます カレンダーに沿って実行するので 守るのもいたって簡単です たまには決まりを破るのもOKとします 結局 週に5日間肉を食べないということは 肉の摂取を70%減らすということになります

「ウィークデイベジ」はすばらしいです 私の環境への負荷は低下し 環境汚染抑止にも貢献しています 動物への罪悪感も減少し お金も貯まっています 何よりも良いことは 体が健康になったことです 長生きできそうですし 体重も減りました

ですから 皆さん 健康のために 財布のためにも そして 環境のため 動物のためにもなります 一度「ウィークデイベジ」を試してみませんか? もしここにいる私たち全員が 食べる肉の量を半分にしたならば それは ここにいる人のちょうど 半数がベジタリアンであるのと同じです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画