TED日本語 - クリストファー・「ムート」・プール: オンラインにおける匿名性について

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - クリストファー・「ムート」・プール: オンラインにおける匿名性について

TED Talks

オンラインにおける匿名性について
The case for anonymity online
クリストファー・「ムート」・プール
Christopher "moot" Poole

内容

物議を醸し出しているオンライン画像掲示板、4chanの創始者が、そのサブカルチャーや、そこで生み出した様々なインターネット「ミーム」について、そしてユーザーが引き起こした主流メディアウェブサイトに仕掛けた非常に有名なハッキング事件について語ります。本トークでは匿名性が持つ力や、その対価について議論しています。

Script

Tom Green: That's a 4chan thing. These kids on the Internet, they have this group of kids and they like to say funny words like "barrel roll." It's a video game move from "Star Fox." "Star Fox 20"? (Assistant: "Star Fox 64.") Tom Green: Yeah. And they've been dogging me for a year. I got to tell you, it's driving me nuts, actually. Sometimes I wake up in the middle of the night and I scream, "4chan!"

Christopher Poole: When I was 15, I found this website called Futaba Channel. And it was a Japanese forum and imageboard. That format of forum, at that time, was not well-known outside of Japan. And so what I did is I took it, I translated it into English, and I stuck it up for my friends to use. Now,six and a half years later, over seven million people are using it, contributing over 700,000 posts per day. And we've gone from one board to 48 boards.

This is what it looks like. So, what's unique about the site is that it's anonymous, and it has no memory. There's no archive, there are no barriers, there's no registration. These things that we're used to with forums don't exist on 4chan. And that's led to this discussion that's completely raw, completely unfiltered. What the site's known for, because it has this environment, is it's fostered the creation of a lot of Internet phenomena, viral videos and whatnot, known as "memes."

Two of the largest memes that have come out of this site some of you might be familiar with are these LOLcats -- just silly pictures of cats with text. And this resonates with millions of people, apparently, because there are tens of thousands of these, and there is a whole blogging empire now dedicated to pictures like these. And Rick Astley's kind of rebirth these past two years ... Rickroll was this bait and switch, really simple, classic bait and switch. Somebody says they're linking to something interesting, and you get an '80s pop song. That's all it was. And it got big enough to the point where there was a float last year at the Macy's Thanksgiving Day parade, and Rick Astley pops out, and rickrolls millions of people on television. (Laughter)

There are thousands of memes that come out of the site. There are a handful that have escaped into the mainstream, the ones I've just shown you, but every day, every month, people are producing thousands of these.

So does a site like this have rules? We do; they're the codified rules that I've come up with, which are more-or-less ignored by the community. And so they've come up with their own set of rules, the "Rules of the Internet." And so there are three that I want to show you specifically. Rule one is you don't talk about /b/. Two is you do not talk about /b/. And this one's kind of interesting: "If it exists, there is porn of it. No exceptions." (Laughter) And I will spare you that slide. I assure you, it is very true.

/b/ is the first board we started with, and it is, in many ways, the beating heart of the website. It is where a third of all the traffic is going. And /b/ is known for, more than anything, not just the memes they've created, but the exploits. And Chris just touched on one of those a second ago, and that was the Time 100 poll. So somebody at Time, at the magazine, thought it would be fun to nominate me for this thing they did last year. And so they placed me on it, and the Internet got wind of it. My community decided they wanted me to win it. I didn't instruct them to do it; they just decided that that's what they wanted. And so, you know,390 percent approval rating ain't so bad. (Laughter) So they broke that poll. And I ended up on top. I ended up at this really fancy party.

But that's not what's interesting about this. It's that they weren't putting me at the top of this list; they were actually -- it got so sophisticated to the point where they gamed all of the top 21 places to spell "mARBLECAKE. ALSO, THE GAME." (Laughter) The amount of time and effort that went into that is absolutely incredible. And "marble cake" is significant because it is the channel that this group called Anonymous organized. Anonymous is this group of people that protested, very famously, Scientology. The story is, Scientology had this embarrassing video of Tom Cruise. It went up online. They got it taken offline and managed to piss off part of the Internet. And so these people, over 7,000 people, less than one month later, organized in a hundred cities around the globe and -- this is L.A. -- protested the Church of Scientology, and they have continued to do so, now,two full years after the fact. They are still protesting. (Laughter) So we've got this activist group that's this grassroots group that's come out of the site.

And last, I'm going to show you the example, the story of Dusty the cat. Dusty is the name that we've given to this cat. This young man posted a video of him abusing his cat on YouTube. And, you know, this didn't sit well with people, and so there was this outpouring of support for people to do something about this. So what they did is they -- I mean, they put CSI to shame here -- the Internet detectives came out. They matched, they found his MySpace. They took the YouTube video and they mashed everything in the video. Within 24 hours, they had his name, and within 48 hours, he was arrested.

(Applause)

And so, what I think is really intriguing about a community like 4chan is just that it's this open place. As I said, it's raw, it's unfiltered. And sites like it are kind of going the way of the dinosaur right now. They're endangered because we're moving towards social networking. We're moving towards persistent identity. We're moving towards, you know, a lack of privacy, really. We're sacrificing a lot of that, and I think in doing so, moving towards those things, we're losing something valuable.

Thank you.

(Applause)

Chris Anderson: Thank you. Got a couple questions for you. But if I ask them, is the TED website going to go down?

CP: You're lucky that this is not being streamed to them live right now.

CA: Well, you never know. Some of them -- we've got people in 75 countries out there watching. Don't tell. But seriously, this issue on anonymity is -- I mean, you made the case there. But anonymity basically allows people to say anything, all the rules gone. You've had to wrestle with issues like child pornography. And I'm just curious whether you sometimes lie awake in the night worrying that you've opened Pandora's box.

CP: Yes and no. I mean, for as much good that kind of comes out of this environment, there is plenty of bad. There are plenty of downsides. But I think that the greater good is being served here by just allowing people -- there are very few places, now, where you can go and not have identity, to be completely anonymous and say whatever you'd like. And saying whatever you like, I think, is powerful. Doing whatever you like is now crossing a line. But I think it's important to have these places. When I get emails, people say, "Thank you for giving me this place, this outlet, where I can come after work and be myself."

CA: But words, saying things, you know, can be constructive; it can be really damaging. And if you cut the link between what is said and any attribution back to you, I mean, surely there are huge risks with that.

CP: There are, certainly. But --

CA: Tell me about what -- I mean, I think you asked the board what you might say at TED, right?

CP: Yeah, I posted a thread on Sunday. And within 24 hours, it had over 12,000 responses. And the thing is, I didn't make it into that presentation because I can't read to you anything that they said, more or less. (Laughter) 99 percent of it is just, would have been, you know, bleeped out. But there were some good things that came out of that too. (Laughter) Love and peace were mentioned.

CA: Love and peace were mentioned, kind of with quote marks around them, right?

CP: Cats and dogs were mentioned too. CA: And that content is all off the board now. Right, it's gone? Or is it still up there?

CP: I stuck that thread so it lasted a few days. It went up to about 16,000 posts, and now it has been taken off.

CA: Okay, well. Now, I'm not sure I would have necessarily recommended everyone at TED to go and check it out anyway. Chris, you yourself? I mean, you're a figure of some intrigue. You've got this surprising semi-underground influence, but it's not making you a lot of money, yet. What's the commercial picture here?

CP: The commercial picture is that there really isn't much of one, I guess. The site has adult content on it. I mean, obviously, it's got some very offensive, obscene content on it, just in terms of language alone. And when you've got that, you've pretty much sacrificed any hope of making lots of money.

CA: But you still live at home, right?

CP: I actually moved out recently.

CA: That's very cool.

(Applause)

CP: I got out of Mom's, and I'm back in school right now.

CA: But what conversations did you or do you have with your mother about 4chan?

CP: At first, very kind of pained, awkward conversations. The content is not dinner table conversation in the least. But my parents -- I think part of why they kind of are able to appreciate it is because they don't understand it. (Laughter) CA: And they were probably pleased to see you on top of the Time poll.

CP: Yeah. They still didn't know what to think of that though.

(Laughter)

CA: And so, in 10 years' time, what do you picture yourself doing?

CP: That's a good question. As I said, I just went back to school, and I am considering majoring in urban studies and then going on to urban planning, kind of taking whatever I've learned from online communities and trying to adapt that to a physical community.

CA: Chris, thank you. Absolutely fascinating. Thank you for coming to TED.

トム・グリーン:それは4chanですね インターネット好きの子供達が 「バレルロール」といった変な言葉を 言ったりするんです 「スターフォックス」というゲームの移動方法です 「スターフォックス20?」(助手:「スターフォックス64」) トム・グリーン:ええ 彼らは1年中 私をからかうんです 正直 気が狂いそうになりますよ たまに真夜中に起きてこう叫ぶんです 「4chan!」

クリストファー・プール:私が15歳の時 ふたばちゃんねるというウェブサイトを見つけました それは日本のフォーラムと画像掲示板で その当時のフォーラムの形式が 日本以外にはあまり知られていませんでした そこで私はそれを真似て 英語に訳し 友人達が使えるように公開したんです そして今 6年半後 700万人以上が利用していて 毎日70万ポストが投稿されています そして1つの板から 48もの板にまで増えました

こんな感じになっています このサイトのユニークな所は 匿名性であることと 内容を保存する機能がないことです アーカイブはありません 垣根がなく 登録も必用ありません フォーラムにおいて今まで親しんできた 機能は4chanには存在しません それによって フィルター無しで 完全に生の情報が投稿されているのです このサイトはそういうことで知られています この環境によって ヴァイラルビデオのような「ミーム」といわれる インターネットにおける現象を作り出してきました

このサイトから生まれた最も大きなミームを2つ 挙げると ご存知の方もいると思いますが LOLcats と呼ばれる おかしな テキスト付きの猫の写真があります 何万もこのようなものが存在していることから 多くの人々の反響を呼んでいます このような写真に熱心な 広大なブログ帝国が存在するのです リック・アストリーのここ2年における 人気の再燃もありました リックロールという とても単純な昔ながらの仕掛けがあります 誰かがとても面白いものにリンクしていると言って クリックすると80年代のポップソングが出てくるのです たったそれだけです それがあまりにも広まりすぎて 昨年のメーシーの感謝祭パレードの山車に リック・アストリーが飛び出し 多くの人々の前でリックロールを披露したのです (笑)

サイトからは多くのミームが生まれます 人気となるものは 今 私がお見せしたような 一握りのものだけですが 毎日 毎月 人々はこういうのを数多く作り上げているのです

では このようなサイトにはルールがあるでしょうか? あります 私が考えだした体系化されたルールがあるのですが コミュニティー側は大体 無視します そして彼らは「インターネットのルール」という 独自のルールを考え出したのです 皆さんには具体的に3つ紹介したいと思います 1つ目のルールは /b/について話さないこと 2つ目のルールは /b/について話してはならないこと そして最後のルールは興味深いと思います 「存在していれば 例外なく それに関するポルノもあること」 (笑) このスライドの内容は控えさせて頂きます 間違いなく正しいからです

/b/ は 私たちが始めた時の初めの板のことで いろいろな意味で このサイトの心臓部でもあります 3分の1のトラフィックが発生している場所であり /b/ は そこで生まれた ミームというだけではなく 何よりもその偉業で知られています クリスが先ほどその1つについて触れましたが それが タイム誌の 「最も影響力のあった人物 Top 100」投票です タイム誌の誰かが 去年行ったこの投票に 私を推薦すると 面白そうだと考えたようです そこで彼らは私を候補者に掲載し ネットユーザーがそれを嗅ぎ付けました 私のコミュニティーは 私を1位にさせようと考えました 彼らに指示はしていません 彼らは ただそう望んだのです 支持率390パーセントというのはなかなか悪くありません (笑) 彼らは投票システムを乗っ取り 私が1位になってしまいました そしてこんなおしゃれなパーティーに呼ばれることになったのです

でも興味深いのは このことではありません 彼らは私をこのリストの一番上にもっていこうとした訳ではなく 実際は 上位21位までを利用して "mARBLECAKE. ALSO, THE GAME." とつづるゲームにすり替えたのです (笑) それにかけた時間と労力は本当に 目を見張るものがあります "marble cake" は重要な意味を持ちます "Anonymous" と呼ばれるグループが組織したチャンネル名だからです "Anonymous" はある団体を 抗議して大変有名になったグループです その団体とはサイエントロジーです 話はこうです サイエントロジーは オンライン上に流出したトム・クルーズが出演している恥ずかしい動画を 削除したことによって一部のネットユーザーを敵に回しました そしてこのように 7000人もの人々が 1ヶ月もたたない内に 世界中の街中で組織され これはロサンゼルスです サイエントロジー教会に抗議運動を起こしたのです 彼らは継続的に活動を続け 今や2年経っても 彼らはまだ抗議しています (笑) このような草の根的な活動グループが サイトから生まれたのです

最後に 皆さんにダスティーという 猫のお話をご紹介します ダスティーはこの猫に名付けた名前です この若い男は Youtubeに 彼の猫を 虐待する動画を投稿しました 人々はこのことに不快感を示し この事について何とかするために 溢れんばかりの支援が行われました 鑑識班顔負けの インターネット刑事が現れました 彼のMySpaceを探し出し Youtubeの動画と照合しました そして24時間以内に 彼らは名前を特定し 48時間以内に 彼は逮捕されました

(拍手)

本当に面白いと思うのが 4chanのようなコミュニティーが オープンな広場であるというところです フィルターはかかっていません このようなサイトは 現在 恐竜のような運命を辿っています 時代の流れはソーシャルネットワーキングに 向かっており 絶滅寸前な状況です 流れは実名社会へと向かっており 私たちの社会はプライバシーの欠如を 容認する方向へと進んでいます そのような方向へ向かう事によって 私たちは多くの大切なものを失おうとしているのです

ありがとうございました

(拍手)

クリス・アンダーソン:ありがとう いくつか君に質問があるんだけど 聞いたら TEDのウェブサイトが落ちる事はないよね?

CP:これが今彼らに生で ストリーム放送されてなくてよかったですね

CA:まあ 分からないよ 75ヶ国もの人々が視聴しているんだから 彼らには言わないでね でもまじめな話 この匿名性を巡る問題というのは 君が主張したように 基本的に人々に何にでも言える許可を与えるもので ルールというのはない訳だ 児童ポルノなどの問題に 対応しなければならない訳で たまに眠れない夜を過し パンドラの箱を開けてしまったことを 後悔したことはないのかな?

CP:どちらとも言えません この環境から生まれる 良い面と同じくらい 悪い面も存在します 多くの否定的な側面もあります でも それ以上に良い面が ここには存在するのです 身元を隠して 完全に匿名でいられて 好きなことを発言できる場所は 今や限られた場所しかありません そして自由に発言できるということが重要なのです 好き勝手にして良いと言っても限度はありますが こういう場所が存在するという事は重要だと考えます 人々からは 「仕事から帰ってきて 本当の自分に戻れる こういう場所を提供してくれてありがとう」 というメールをもらいます

CA:でも 発言や意見には 建設的なものもあれば 実に攻撃的なものもあるよね 発言されたことと その出所についての つながりが断たれてしまった場合は とても大きなリスクが存在するのではないかな?

CP:それは確かに存在します でも ─

CA:恐らく今日 TEDで何を話せばいいかについて 板に投稿したんだよね?

CP:はい 日曜日に スレッドを立てました 24時間以内に 1万2千以上もの反応がありました このプレゼンテーションにはそれを反映していません なぜなら彼らが発言したことを ここでは紹介することが出来ないからです (笑) 99パーセントの内容は 放送できない内容ですから でもその中でも有用な意見はあるんです (笑) 愛と平和について提案されました

CA:愛と平和についての提案には 引用符で囲まれていたんですよね?

CP:犬と猫についても言及されていましたよ CA:そのコンテンツはもう板からなくなったんだよね? それともまだ残っているの?

CP:そのスレッドは数日間は残っていました 1万6千ものポスト数に昇り 今は削除されています

CA:なるほど 今 TEDの皆さんに必ずしもすぐに 確認してもらうように勧めるべきかはわからないな クリス 君自身は多くの人々に興味を持たれている人物だ 君はセミアンダーグラウンドの世界で 驚くべき影響力を持っているけど まだお金になる方向には向かっていないよね 今後のビジネスプランはあるの?

CP:ビジネスプランは 実は特にないです サイトにはアダルトコンテンツがあって 言葉通り 明らかにわいせつなコンテンツも 存在します おっしゃるとおり お金を稼ぐには ほど遠い状態にあると言えます

CA:君はまだ実家で暮らしているんだよね?

CP:実は最近引っ越したんです

CA:それは素晴らしい

(拍手)

CP:母親から離れて 今は学校に戻っています

CA:君の母親とは4chanについて どのような会話をするの?

CP:初めは とてもばつの悪い 気まずい会話内容でした 内容は少なくても晩ご飯の食卓で話す内容ではありません でも私の親がサイトのことを 許容してくれているのは あまり理解していないからだと思います (笑) CA:タイム誌の投票に1位に選ばれた時はさぞかし 喜ばれたでしょう

CP:ええ でもそれをどう考えていいか分からないようでしたけどね

(笑)

CA:10年後は 何をしていると思う?

CP:それは良い質問ですね さっき言ったように 学校に戻ったので 都市研究を先攻しようと 考えていて その後は都市計画を学んで オンラインコミュニティーで学んだことを リアルコミュニティーに対して 応用しようと思っています

CA:クリス ありがとう 非常に興味深かったよ TEDに来てくれてありがとう

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画