TED日本語 - ジュリアン・アサンジ: なぜ世界にWikiLeaksが必要なのか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジュリアン・アサンジ: なぜ世界にWikiLeaksが必要なのか

TED Talks

なぜ世界にWikiLeaksが必要なのか
Why the world needs WikiLeaks
ジュリアン・アサンジ
Julian Assange

内容

物議を醸しているWebサイトWikiLeaksでは、極秘にされている文書やビデオを収集しています。喚問のため米国当局から追求されていると言われるWikiLeaksの創設者ジュリアン・アサンジが、TEDのクリス・アンダーソンに、サイトがどのように運営されているのか、どのようなことを達成してきたのか、そして何が彼を駆り立てているのか話しています。このインタビューには最近注目を集めたバグダッドにおけるヘリ攻撃の映像も登場します。

Script

Chris Anderson: Julian, welcome. It's been reported that WikiLeaks, your baby, has, in the last few years has released more classified documents than the rest of the world's media combined. Can that possibly be true?

Julian Assange: Yeah, can it possibly be true? It's a worry -- isn't it? -- that the rest of the world's media is doing such a bad job that a little group of activists is able to release more of that type of information than the rest of the world press combined.

CA: How does it work? How do people release the documents? And how do you secure their privacy?

JA: So these are -- as far as we can tell -- classical whistleblowers, and we have a number of ways for them to get information to us. So we use this state-of-the-art encryption to bounce stuff around the Internet, to hide trails, pass it through legal jurisdictions like Sweden and Belgium to enact those legal protections. We get information in the mail, the regular postal mail, encrypted or not, vet it like a regular news organization, format it -- which is sometimes something that's quite hard to do, when you're talking about giant databases of information -- release it to the public and then defend ourselves against the inevitable legal and political attacks.

CA: So you make an effort to ensure the documents are legitimate, but you actually almost never know who the identity of the source is?

JA: That's right, yeah. Very rarely do we ever know, and if we find out at some stage then we destroy that information as soon as possible. (Phone ring) God damn it.

(Laughter)

CA: I think that's the CIA asking what the code is for a TED membership.

(Laughter)

So let's take [ an ] example, actually. This is something you leaked a few years ago. If we can have this document up ... So this was a story in Kenya a few years ago. Can you tell us what you leaked and what happened?

JA: So this is the Kroll Report. This was a secret intelligence report commissioned by the Kenyan government after its election in 2004. Prior to 2004, Kenya was ruled by Daniel arap Moi for about 18 years. He was a soft dictator of Kenya. And when Kibaki got into power -- through a coalition of forces that were trying to clean up corruption in Kenya -- they commissioned this report, spent about two million pounds on this and an associated report. And then the government sat on it and used it for political leverage on Moi, who was the richest man -- still is the richest man -- in Kenya. It's the Holy Grail of Kenyan journalism. So I went there in 2007, and we managed to get hold of this just prior to the election -- the national election, December 28. When we released that report, we did so three days after the new president, Kibaki, had decided to pal up with the man that he was going to clean out, Daniel arap Moi, so this report then became a dead albatross around President Kibaki's neck.

CA: And -- I mean, to cut a long story short -- word of the report leaked into Kenya, not from the official media, but indirectly, and in your opinion, it actually shifted the election. JA: Yeah. So this became front page of the Guardian and was then printed in all the surrounding countries of Kenya, in Tanzanian and South African press. And so it came in from the outside. And that, after a couple of days, made the Kenyan press feel safe to talk about it. And it ran for 20 nights straight on Kenyan TV, shifted the vote by 10 percent, according to a Kenyan intelligence report, which changed the result of the election.

CA: Wow, so your leak really substantially changed the world?

JA: Yep.

(Applause)

CA: Here's -- We're going to just show a short clip from this Baghdad airstrike video. The video itself is longer, but here's a short clip. This is -- this is intense material, I should warn you.

Radio: ... just fuckin', once you get on 'em just open 'em up. I see your element, uh, got about four Humvees, uh, out along ... You're clear. All right. Firing. Let me know when you've got them. Let's shoot. Light 'em all up. C'mon, fire! (Machine gun fire) Keep shoot 'n. Keep shoot 'n. (Machine gun fire) Keep shoot 'n. Hotel ... Bushmaster Two-Six, Bushmaster Two-Six, we need to move, time now! All right, we just engaged all eight individuals. Yeah, we see two birds [ helicopters ], and we're still firing. Roger. I got 'em. Two-Six, this is Two-Six, we're mobile. Oops, I'm sorry. What was going on? God damn it, Kyle. All right, hahaha. I hit 'em.

CA: So, what was the impact of that?

JA: The impact on the people who worked on it was severe. We ended up sending two people to Baghdad to further research that story. So this is just the first of three attacks that occurred in that scene.

CA: So, I mean,11 people died in that attack, right, including two Reuters employees?

JA: Yeah. Two Reuters employees,two young children were wounded. There were between 18 and 26 people killed all together.

CA: And releasing this caused widespread outrage. What was the key element of this that actually caused the outrage, do you think?

JA: I don't know. I guess people can see the gross disparity in force. You have guys walking in a relaxed way down the street, and then an Apache helicopter sitting up at one kilometer firing 30-millimeter cannon shells on everyone -- looking for any excuse to do so -- and killing people rescuing the wounded. And there was two journalists involved that clearly weren't insurgents because that's their full-time job.

CA: I mean, there's been this U.S. intelligence analyst, Bradley Manning, arrested, and it's alleged that he confessed in a chat room to have leaked this video to you, along with 280,000 classified U.S. embassy cables. I mean, did he?

JA: We have denied receiving those cables. He has been charged, about five days ago, with obtaining 150,000 cables and releasing 50. Now, we had released, early in the year, a cable from the Reykjavik U.S. embassy, but this is not necessarily connected. I mean, I was a known visitor of that embassy.

CA: I mean, if you did receive thousands of U.S. embassy diplomatic cables ...

JA: We would have released them. (CA: You would?)

JA: Yeah. (CA: Because?)

JA: Well, because these sort of things reveal what the true state of, say, Arab governments are like, the true human-rights abuses in those governments. If you look at declassified cables, that's the sort of material that's there.

CA: So let's talk a little more broadly about this. I mean, in general, what's your philosophy? Why is it right to encourage leaking of secret information?

JA: Well, there's a question as to what sort of information is important in the world, what sort of information can achieve reform. And there's a lot of information. So information that organizations are spending economic effort into concealing, that's a really good signal that when the information gets out, there's a hope of it doing some good -- because the organizations that know it best, that know it from the inside out, are spending work to conceal it. And that's what we've found in practice, and that's what the history of journalism is.

CA: But are there risks with that, either to the individuals concerned or indeed to society at large, where leaking can actually have an unintended consequence?

JA: Not that we have seen with anything we have released. I mean, we have a harm immunization policy. We have a way of dealing with information that has sort of personal -- personally identifying information in it. But there are legitimate secrets -- you know, your records with your doctor; that's a legitimate secret -- but we deal with whistleblowers that are coming forward that are really sort of well-motivated.

CA: So they are well-motivated. And what would you say to, for example, the, you know, the parent of someone whose son is out serving the U.S. military, and he says, "You know what, you've put up something that someone had an incentive to put out. It shows a U.S. soldier laughing at people dying. That gives the impression, has given the impression, to millions of people around the world that U.S. soldiers are inhuman people. Actually, they're not. My son isn't. How dare you?" What would you say to that?

JA: Yeah, we do get a lot of that. But remember, the people in Baghdad, the people in Iraq, the people in Afghanistan -- they don't need to see the video; they see it every day. So it's not going to change their opinion. It's not going to change their perception. That's what they see every day. It will change the perception and opinion of the people who are paying for it all, and that's our hope.

CA: So you found a way to shine light into what you see as these sort of dark secrets in companies and in government. Light is good. But do you see any irony in the fact that, in order for you to shine that light, you have to, yourself, create secrecy around your sources?

JA: Not really. I mean, we don't have any WikiLeaks dissidents yet. We don't have sources who are dissidents on other sources. Should they come forward, that would be a tricky situation for us, but we're presumably acting in such a way that people feel morally compelled to continue our mission, not to screw it up.

CA: I'd actually be interested, just based on what we've heard so far -- I'm curious as to the opinion in the TED audience. You know, there might be a couple of views of WikiLeaks and of Julian. You know, hero -- people's hero -- bringing this important light. Dangerous troublemaker. Who's got the hero view? Who's got the dangerous troublemaker view?

JA: Oh, come on. There must be some.

CA: It's a soft crowd, Julian, a soft crowd. We have to try better. Let's show them another example. Now here's something that you haven't yet leaked, but I think for TED you are. I mean it's an intriguing story that's just happened, right? What is this?

JA: So this is a sample of what we do sort of every day. So late last year -- in November last year -- there was a series of well blowouts in Albania, like the well blowout in the Gulf of Mexico, but not quite as big. And we got a report -- a sort of engineering analysis into what happened -- saying that, in fact, security guards from some rival, various competing oil firms had, in fact, parked trucks there and blown them up. And part of the Albanian government was in this, etc., etc. And the engineering report had nothing on the top of it, so it was an extremely difficult document for us. We couldn't verify it because we didn't know who wrote it and knew what it was about. So we were kind of skeptical that maybe it was a competing oil firm just sort of playing the issue up. So under that basis, we put it out and said, "Look, we're skeptical about this thing. We don't know, but what can we do? The material looks good, it feels right, but we just can't verify it." And we then got a letter just this week from the company who wrote it, wanting to track down the source -- (Laughter) saying, "Hey, we want to track down the source." And we were like, "Oh, tell us more. What document is it, precisely, you're talking about? Can you show that you had legal authority over that document? Is it really yours?" So they sent us this screen shot with the author in the Microsoft Word ID. Yeah. (Applause) That's happened quite a lot though. This is like one of our methods of identifying, of verifying, what a material is, is to try and get these guys to write letters.

CA: Yeah. Have you had information from inside BP?

JA: Yeah, we have a lot, but I mean, at the moment, we are undergoing a sort of serious fundraising and engineering effort. So our publication rate over the past few months has been sort of minimized while we're re-engineering our back systems for the phenomenal public interest that we have. That's a problem. I mean, like any sort of growing startup organization, we are sort of overwhelmed by our growth, and that means we're getting enormous quantity of whistleblower disclosures of a very high caliber but don't have enough people to actually process and vet this information.

CA: So that's the key bottleneck, basically journalistic volunteers and/or the funding of journalistic salaries?

JA: Yep. Yeah, and trusted people. I mean, we're an organization that is hard to grow very quickly because of the sort of material we deal with, so we have to restructure in order to have people who will deal with the highest national security stuff, and then lower security cases.

CA: So help us understand a bit about you personally and how you came to do this. And I think I read that as a kid you went to 37 different schools. Can that be right?

JA: Well, my parents were in the movie business and then on the run from a cult, so the combination between the two ...

(Laughter)

CA: I mean, a psychologist might say that's a recipe for breeding paranoia.

JA: What, the movie business?

(Laughter)

(Applause)

CA: And you were also -- I mean, you were also a hacker at an early age and ran into the authorities early on. JA: Well, I was a journalist. You know, I was a very young journalist activist at an early age. I wrote a magazine, was prosecuted for it when I was a teenager. So you have to be careful with hacker. I mean there's like -- there's a method that can be deployed for various things. Unfortunately, at the moment, it's mostly deployed by the Russian mafia in order to steal your grandmother's bank accounts. So this phrase is not, not as nice as it used to be.

CA: Yeah, well, I certainly don't think you're stealing anyone's grandmother's bank account, but what about your core values? Can you give us a sense of what they are and maybe some incident in your life that helped determine them?

JA: I'm not sure about the incident. But the core values: well, capable, generous men do not create victims; they nurture victims. And that's something from my father and something from other capable, generous men that have been in my life.

CA: Capable, generous men do not create victims; they nurture victims?

JA: Yeah. And you know, I'm a combative person, so I'm not actually so big on the nurture, but some way -- there is another way of nurturing victims, which is to police perpetrators of crime. And so that is something that has been in my character for a long time.

CA: So just tell us, very quickly in the last minute, the story: what happened in Iceland? You basically published something there, ran into trouble with a bank, then the news service there was injuncted from running the story. Instead, they publicized your side. That made you very high-profile in Iceland. What happened next?

JA: Yeah, this is a great case, you know. Iceland went through this financial crisis. It was the hardest hit of any country in the world. Its banking sector was 10 times the GDP of the rest of the economy. Anyway, so we release this report in July last year. And the national TV station was injuncted five minutes before it went on air, like out of a movie: injunction landed on the news desk, and the news reader was like, "This has never happened before. What do we do?" Well, we just show the website instead, for all that time, as a filler, and we became very famous in Iceland, went to Iceland and spoke about this issue. And there was a feeling in the community that that should never happen again, and as a result, working with Icelandic politicians and some other international legal experts, we put together a new sort of package of legislation for Iceland to sort of become an offshore haven for the free press, with the strongest journalistic protections in the world, with a new Nobel Prize for freedom of speech. Iceland's a Nordic country, so, like Norway, it's able to tap into the system. And just a month ago, this was passed by the Icelandic parliament unanimously.

CA: Wow.

(Applause)

Last question, Julian. When you think of the future then, do you think it's more likely to be Big Brother exerting more control, more secrecy, or us watching Big Brother, or it's just all to be played for either way?

JA: I'm not sure which way it's going to go. I mean, there's enormous pressures to harmonize freedom of speech legislation and transparency legislation around the world -- within the E.U., between China and the United States. Which way is it going to go? It's hard to see. That's why it's a very interesting time to be in -- because with just a little bit of effort, we can shift it one way or the other.

CA: Well, it looks like I'm reflecting the audience's opinion to say, Julian, be careful, and all power to you.

JA: Thank you, Chris. (CA: Thank you.)

(Applause)

ようこそ ジュリアン あなたの作った WikiLeaksが この数年すっぱ抜いてきたものは 世界中の報道機関すべてを 合わせたよりも 多いと伺いました そんなことって あり得るのでしょうか?

あり得て いいのでしょうかねえ… 憂えますよね― 小さな活動家の一団の方が 機密情報を より多く 公開できているなんて 世界の報道機関の仕事ぶりは まずいのではないでしょうか

どういう仕組みなんですか? どう 情報を受け取り― どう プライバシーを守っているんですか?

私達が受け取る情報は おそらくは 内部告発によるものです データの受け渡し方法は いくつも用意しています 例えば最新の暗号技術を用い インターネット上で痕跡を消しつつ スウェーデンやベルギーのような 法的保護の整った国を介しながら データをあちこち転送します 普通の郵便という方法もあります 暗号化されていることもあれば されていないこともあります それを 普通の報道機関のように 裏を取り 形式を整えます データが巨大だと なかなか厄介な作業です それを世間に公表し 当然予想される 法的 政治的な攻撃から 身を守ります

つまり 情報の正当性を 検証しているということですね しかし 情報源が誰なのかは 実際 分からないんですよね?

ええ 滅多に分かりません たとえ分かったとしても すぐに情報を破棄します (着信音) ああ しまった

(笑)

きっとCIAですよ TEDの会員コードを教えろと

(笑)

では 実例を見てみましょう これは何年か前に あなた方がすっぱ抜いたものです スライド 出るかな… ケニアでの話です どんな情報を公開し それでどうなったのでしょう?

これは「クロール レポート」です 2004年の選挙後に ケニア政府が作らせた 極秘のレポートです 2004年まで ケニアは18年間 ダニエル アラップ モイにより 支配されていました 彼はケニアの独裁者でした そこへ 汚職一掃を 望む人々に推され キバキが権力の座に着きました そして200万ポンドかけて この「クロール レポート」と 関連レポートを作ったのです それから政府はこれを ケニアで1番の金持ちだった― 今でもそうですが― モイに対抗する 武器として使ったのです ケニアのジャーナリズムにおける 渇望の品です 私は2007年にケニアに赴き 選挙の少し前に どうにかこれを入手しました 12月28日の国政選挙の時です 私達がこのレポートを公開したのは キバキ新大統領が 追放するはずの― ダニエル アラップ モイと 手を結ぶことに決めた 3日後のことでした だからこのレポートは キバキ大統領を患わせる 目の上の瘤のようになったのです

簡単に言うと このレポートに関する情報は ケニア側の機関が公開したのではなく 外部からケニアに入ってきたのですね? それで選挙結果が変わったと お考えですか? ええ ガーディアン紙の一面に載って その後 タンザニアや南アフリカ等の 周囲の国の新聞にも載ったことで ケニアに情報が入りました 2、3日すると ケニアのマスコミも 報道しても安全だと思うようになり 20日連続でテレビで流しました ケニアの情報機関の調査によれば 投票に 10%の違いが出たそうです それにより 選挙結果が変わりました

あなた方が公開したことで 本当に世界を変えたわけですね

ええ

(拍手)

次は バグダッドでの戦闘の 短いビデオクリップを ご覧に入れます 実際は長いのですが ここでは一部だけ お見せします 衝撃的な映像だと警告しておきます

(無線) 視野に入ったらぶちかませ そちらの部隊を確認した ハンヴィー4台と… 撃ってよし 了解 掃射する 片付いたら知らせてくれ やっつけろ 全部吹っ飛ばせ 行け! (機関砲の発射音) 掃射…掃射… (機関砲の発射音) 掃射… こちら ブッシュマスター2-6 即移動したい 了解 敵8人と交戦 ヘリ2機 確認 依然交戦中 了解 捕捉した 2-6 こちら移動中だ おっと失礼 どうなってたんだ? おいおい カイル ハッハッハ 当たった

この映像でどんな波紋がありましたか?

関係者には大きな衝撃が 走りました 私達はバグダッドに2人送り 追跡調査しました 今の映像は この時に起きた 3度の攻撃の 最初の部分です

確か 11人がこの攻撃で亡くなり ロイター記者が2人含まれていたという?

そうです 2人のロイター記者が死に 2人の幼いこどもが 重傷を負いました 全部で18人から26人が 殺されました

この映像の公開によって 人々の間に ものすごい怒りが起きました その怒りを引き起こした 大きな要素は何だったと思いますか?

おそらく 甚だしい力の不均衡を 目の当たりにしたことではないでしょうか くつろいで歩いているところへ 突然 1キロ先からアパッチヘリが 30ミリ機関砲弾を 全員に浴びせかけたのです 撃つべき口実を探しながら… 救助に来た人たちまで殺しました それにあの2人は 常勤の記者で 明らかに反乱者ではありません

米の諜報分析家が 逮捕されましたね ブラッドリー マニング上等兵です 彼はこのビデオ他 28万本の 米大使館の機密電信を WikiLeaksに渡したと チャット上で認めた と言われていますが 本当でしょうか?

電信の話は否定しました 5日ほど前に 彼は 15万本の電信を入手し― 内50本を漏洩したことで 告発されました 私達は 今年初めにレイキャビクの 米大使館から入手した 電信を公開しましたが それは無関係です 大使館へは私が行ったのですから

ではもし 何千本という 外交電信を 受け取っていたとしたら…

(ジュリアン:公開します) …公開するんですね?

ええ (クリス: どうして?)

このようなものは 例えば アラブ諸国の政府における 人権侵害が本当のところ どうなっているのか 明らかにしてくれます 機密解除された電信を見れば そういった資料があるのが分かります

もう少し広く見ていきましょう どのような信念に基づき 機密情報の漏洩を勧めることが 正しいと お考えになるのですか?

どんな情報が世界に重要で― 改革を達成させるのか― という問いがありますね 様々な情報がありますが 組織が金をかけてまで 情報を隠そうとしているというのは その情報を世に出せば 社会的利益があるという よい目印になるのです なにしろ 情報を― 熟知している企業が 必死に隠そうとしているわけですから それが私達が活動する中で学んだことです ジャーナリズムは 歴史的にそういうものなのです

しかし リスクはありませんか? 関係者や 社会全体に対して? 漏洩によって 予期せぬ結果が 生じることはありませんか?

そういうことは 起きていません 私達は万全を期しています 個人的な情報 個人を特定できる情報は 特別な扱いをしています 正当な秘密というのも存在します 例えば 個人の医療記録などは 正当な秘密です 私達が相手にしているのは 良心に動かされた 内部告発者です

良心に動かされたにしても たとえば誰か 息子が米軍で働いている人が 言うかもしれませんよね― “あれは 誰かが思惑があって 流出させたんだ アメリカ兵が笑いながら 人を殺す映像を公開したことで 世界中の何百万という人が アメリカ兵はみんな人でなしだと 誤解してしまった 息子は違うのに なんてことを!” それに対して どう答えますか?

そういうことはよく言われます しかし考えてみてください バグダッドや イラクや アフガニスタンの人たちは… ビデオを観ずとも こういう光景を 日常で目にしているのです だから彼らの意見や認識を 変えることはありません 私達が望むのは このような行為に 費用を払っている人たちの 意見や認識を変えることです

あなたは このような企業や政府の 暗い一面に光りを当てる 方法を見つけたわけですね 光は良いものです しかし その光を当てるために 他でもないあなたが 情報源を 機密扱いしなければならないとは 皮肉なことではありませんか?

そうでもありません WikiLeaksの反体派は 現れていません 相反する情報を示す人も 現れていません そうなると 難しいことになるのでしょうが… 私達は WikiLeaksの任務遂行が 道義的に正しいと 納得してもらえるよう 活動しているつもりです

ここまでお話を伺ってきて― 会場の皆さんの意見はどうでしょうか WikiLeaksとジュリアンに対しては 見方が分かれると思います “大切な光をもたらしてくれる みんなのヒーロー”という見方と “危険なトラブルメーカー”という見方です ヒーローだと思う方? 危険なトラブルメーカーだと思う方?

ほら 少しはいるでしょ! (笑)

皆さん寛大なんですよ もう1つの例を見ましょう この話は まだ公になっていませんが ここTEDにて 教えてくださるそうですね その“最近起こった面白い話” とは 何なのでしょう?

これは私達の日々の活動を お見せできる いい例です 去年の暮れ 11月に アルバニアで 一連の 石油流出事故がありました メキシコ湾の流出事故みたいなものですが そこまで大規模ではありません 私達は あるレポートを手に入れました 事故の技術分析資料のようでした そこには ライバル石油会社の 警備員がトラックでやってきて 爆破したのだと書いてあり― アルバニア政府が絡んでいる とのことでした しかし その資料には表紙も何もなくて 非常に扱いの難しいものでした 内容は分かるものの 誰が書いたか分からないのです ライバル会社がでっち上げた 可能性も疑いましたが 但し書き付きで 公開しました “この資料に関しては 疑念がある 中身はもっともらしく見えるが 検証はできなかった” そしたら今週になって このレポートを書いた会社から 手紙が届きまして 情報の流出元を調べたいと… (笑) “あの資料は誰から?” と聞くので 私達は “教えてください 正確には どの文書のお話でしょうか? 文書の法的権利は お持ちですか? 本当にお宅のなんですか?” そうしたら彼らは Microsoft Wordの 作成者欄の スクリーンショットを送ってきました そういうわけです (拍手) こういうことは 良くあります 文書の正当性を検証する 1つのやり方です 相手に手紙を書かせるわけです

BP内部からの情報というのは お持ちですか?

たくさんあります あいにく資金調達や 技術的な 作業に追われ ここ数ヶ月は 公開の頻度が最小限に 抑えられています 最近 急上昇した 社会的関心に対応できるよう バックエンドのシステムを再構築しているんです 困ったものです 急成長するベンチャーが陥りがちな “自らの成長についていけない” という問題です つまり 莫大な量の 手腕を要する 機密情報の 開示が行われていますが 処理や検証作業の 人員が足りていないのです

ジャーナリスト的な作業を受け持つ ボランティアや資金を募るのが 主な障害というわけですね?

ええ それも信頼できる人間が必要です 扱っているものの性格上 組織として急速に成長する― ということが難しいのです 組織を再編する必要があります 国の安全保障に関わる 高度な機密情報と 重要度の低い情報は 別なグループで扱うべきでしょう

あなたの性格と ここに至るまでの 経緯を知りたいのですが 子供の頃 37もの学校を 渡り歩いたそうですね 本当なんですか?

両親が映画産業で働いていたのと あるカルトから逃げていたのが― 重なって そんなことに…

(笑)

心理学者なら 言うでしょうね 妄想的な人間が育つ格好の条件だと

ああ 映画産業がですか?

(笑)

(拍手)

それから あなたは若い頃 ハッカーをしていて 当局と衝突したそうですね …いえ ジャーナリストです 若い頃から― ジャーナリストで 活動家でした 十代の時 雑誌投稿が元で 起訴されたことがあります ハッカーという言葉は 注意して使う必要があります この技術は様々なことに使えますが あいにく 最近では お年寄りの預金口座から盗む ロシアン マフィアに使われています だから その言いまわしは かつてのようには 良くありません

あなたが どこかのお年寄りから お金を盗むとは 思いもしませんが でもあなたの中心的な価値観は 何なのでしょうか? それがどんなものなのか― また そう考えるに至った きっかけを教えてください

きっかけは 特にありませんが 中心的な価値観は… 有能で親切な人間は 犠牲者を生み出すのではなく 犠牲者を助ける ということです これは父をはじめ 私が人生で出会った 有能で親切な人たちから 学んだことです

なるほど 有能で親切な人間は 犠牲者を生み出すのではなく 助ける

ええ もっとも私は 闘争的な人間で 助けるという部分は 強くありません しかし 犠牲者を助ける方法は 他にもあります 私は悪人を取り締まることで 犠牲者を助けます それが 長年の間 私の性格の核を 成してきたものなのです

最後に 手短にお聞きしたいのですが アイスランドでは 何があったんですか? あなたは そこで何かを公開して 銀行と衝突しましたね そして その話の報道が 差止命令を受けましたよね 代わりに あなたのことが報道され 注目を集めました その後の展開は?

これは重要な事例です アイスランドの金融危機は どの国よりも 深刻なものでした 金融業のGDPが その他すべての 10倍にもなっていたのです 私達は去年の7月に レポートを公開したのですが 国営テレビが 放送5分前に 差止命令を受けました 映画のシーンみたいに 差止命令が ニュースデスクに届き キャスターは “こんなの初めてです どうしましょう?” と だからその代わりに WikiLeaksのサイトを見せたのです それでアイスランドで有名になり この問題について話しました 再びあってはならないという 気運が高まり その結果として アイスランドの政治家や 国際法の専門家と一緒に アイスランドが 世界一 報道の自由が保障された― 報道の聖域となるよう 一連の法案を作り上げました また 言論の自由のための ノーベル賞を設けるよう 働きかけました アイスランドは北欧の国なので ノルウェー同様 システムに入り込みやすいのです ほんの一ヶ月前のことですが アイスランド議会で 満場一致で可決されました

(クリス: すごいですね)

(拍手)

最後の質問です 社会はどうなっていくと思いますか? 巨大な権力による監視が 強くなっていくような 社会になると思いますか? それとも我々が 権力を 監視するような社会になると思いますか? あいるは可能性は五分五分でしょうか?

どちらに転ぶかは 分かりません 言論の自由や透明性を巡って 大きな力が 世界中で働いています EU諸国の間や 中国とアメリカの間でです どちらに転がるのでしょう? 予想は難しいです だからこそ 現在は面白い時なのです ほんのちょっとした努力で どちらに押しやることもできるのですから

会場の思いを代表して言いますが ジュリアン どうか気をつけて 健闘をお祈りしています

ジュリアン: ありがとうございます クリス: ありがとうございました

(スタンディングオベーション)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画