TED日本語 - パメラ・メイヤー: 嘘の見抜き方

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - パメラ・メイヤー: 嘘の見抜き方

TED Talks

嘘の見抜き方
How to spot a liar
パメラ・メイヤー
Pamela Meyer

内容

私たちは1日に10~200回ほど嘘をつかれており、嘘を見抜く手掛かりはとてもとらえにくく、また直感で自然に分かるものでもありません。「しょっちゅうウソをつかれてしまうあなたへ 」の著者パメラ・メイヤーが、嘘の手法と、嘘が多く使われている場面でどうやって訓練をした「嘘を見抜く専門家(嘘発見人)」が嘘の検知を行うのか、その方法を見せてくれます。 また「正直さ」は守るべき価値観であると彼女は主張しています。

Script

Okay, now I don't want to alarm anybody in this room, but it's just come to my attention that the person to your right is a liar. (Laughter) Also, the person to your left is a liar. Also the person sitting in your very seats is a liar. We're all liars. What I'm going to do today is I'm going to show you what the research says about why we're all liars, how you can become a liespotter and why you might want to go the extra mile and go from liespotting to truth seeking, and ultimately to trust building.

Now speaking of trust, ever since I wrote this book, "Liespotting," no one wants to meet me in person anymore, no, no, no, no, no. They say, "It's okay, we'll email you." (Laughter) I can't even get a coffee date at Starbucks. My husband's like, "Honey, deception? Maybe you could have focused on cooking. How about French cooking?"

So before I get started, what I'm going to do is I'm going to clarify my goal for you, which is not to teach a game of Gotcha. Liespotters aren't those nitpicky kids, those kids in the back of the room that are shouting, "Gotcha! Gotcha! Your eyebrow twitched. You flared your nostril. I watch that TV show 'Lie To Me.' I know you're lying." No, liespotters are armed with scientific knowledge of how to spot deception. They use it to get to the truth, and they do what mature leaders do everyday; they have difficult conversations with difficult people, sometimes during very difficult times. And they start up that path by accepting a core proposition, and that proposition is the following: Lying is a cooperative act. Think about it, a lie has no power whatsoever by its mere utterance. Its power emerges when someone else agrees to believe the lie.

So I know it may sound like tough love, but look, if at some point you got lied to, it's because you agreed to get lied to. Truth number one about lying: Lying's a cooperative act. Now not all lies are harmful. Sometimes we're willing participants in deception for the sake of social dignity, maybe to keep a secret that should be kept secret, secret. We say, "Nice song." "Honey, you don't look fat in that, no." Or we say, favorite of the digiratti, "You know, I just fished that email out of my spam folder. So sorry."

But there are times when we are unwilling participants in deception. And that can have dramatic costs for us. Last year saw 997 billion dollars in corporate fraud alone in the United States. That's an eyelash under a trillion dollars. That's seven percent of revenues. Deception can cost billions. Think Enron, Madoff, the mortgage crisis. Or in the case of double agents and traitors, like Robert Hanssen or Aldrich Ames, lies can betray our country, they can compromise our security, they can undermine democracy, they can cause the deaths of those that defend us.

Deception is actually serious business. This con man, Henry Oberlander, he was such an effective con man British authorities say he could have undermined the entire banking system of the Western world. And you can't find this guy on Google; you can't find him anywhere. He was interviewed once, and he said the following. He said, "Look, I've got one rule." And this was Henry's rule, he said, "Look, everyone is willing to give you something. They're ready to give you something for whatever it is they're hungry for." And that's the crux of it. If you don't want to be deceived, you have to know, what is it that you're hungry for? And we all kind of hate to admit it. We wish we were better husbands, better wives, smarter, more powerful, taller, richer -- the list goes on. Lying is an attempt to bridge that gap, to connect our wishes and our fantasies about who we wish we were, how we wish we could be, with what we're really like. And boy are we willing to fill in those gaps in our lives with lies.

On a given day, studies show that you may be lied to anywhere from 10 to 200 times. Now granted, many of those are white lies. But in another study, it showed that strangers lied three times within the first 10 minutes of meeting each other. (Laughter) Now when we first hear this data, we recoil. We can't believe how prevalent lying is. We're essentially against lying. But if you look more closely, the plot actually thickens. We lie more to strangers than we lie to coworkers. Extroverts lie more than introverts. Men lie eight times more about themselves than they do other people. Women lie more to protect other people. If you're an average married couple, you're going to lie to your spouse in one out of every 10 interactions. Now you may think that's bad. It you're unmarried, that number drops to three.

Lying's complex. It's woven into the fabric of our daily and our business lives. We're deeply ambivalent about the truth. We parse it out on an as-needed basis, sometimes for very good reasons, other times just because we don't understand the gaps in our lives. That's truth number two about lying. We're against lying, but we're covertly for it in ways that our society has sanctioned for centuries and centuries and centuries. It's as old as breathing. It's part of our culture, it's part of our history. Think Dante, Shakespeare, the Bible, News of the World.

(Laughter)

Lying has evolutionary value to us as a species. Researchers have long known that the more intelligent the species, the larger the neocortex, the more likely it is to be deceptive. Now you might remember Koko. Does anybody remember Koko the gorilla who was taught sign language? Koko was taught to communicate via sign language. Here's Koko with her kitten. It's her cute little, fluffy pet kitten. Koko once blamed her pet kitten for ripping a sink out of the wall. (Laughter) We're hardwired to become leaders of the pack. It's starts really, really early. How early? Well babies will fake a cry, pause, wait to see who's coming and then go right back to crying. One-year-olds learn concealment. (Laughter) Two-year-olds bluff. Five-year-olds lie outright. They manipulate via flattery. Nine-year-olds, masters of the cover up. By the time you enter college, you're going to lie to your mom in one out of every five interactions. By the time we enter this work world and we're breadwinners, we enter a world that is just cluttered with spam, fake digital friends, partisan media, ingenious identity thieves, world-class Ponzi schemers, a deception epidemic -- in short, what one author calls a post-truth society. It's been very confusing for a long time now.

What do you do? Well there are steps we can take to navigate our way through the morass. Trained liespotters get to the truth 90 percent of the time. The rest of us, we're only 54 percent accurate. Why is it so easy to learn? There are good liars and there are bad liars. There are no real original liars. We all make the same mistakes. We all use the same techniques. So what I'm going to do is I'm going to show you two patterns of deception. And then we're going to look at the hot spots and see if we can find them ourselves. We're going to start with speech.

(Video) Bill Clinton: I want you to listen to me. I'm going to say this again. I did not have sexual relations with that woman, Miss Lewinsky. I never told anybody to lie, not a single time, never. And these allegations are false. And I need to go back to work for the American people. Thank you.

Pamela Meyer: Okay, what were the telltale signs? Well first we heard what's known as a non-contracted denial. Studies show that people who are overdetermined in their denial will resort to formal rather than informal language. We also heard distancing language: "that woman." We know that liars will unconsciously distance themselves from their subject using language as their tool. Now if Bill Clinton had said, "Well, to tell you the truth ... "or Richard Nixon's favorite, "In all candor ... "he would have been a dead giveaway for any liespotter than knows that qualifying language, as it's called, qualifying language like that, further discredits the subject. Now if he had repeated the question in its entirety, or if he had peppered his account with a little too much detail -- and we're all really glad he didn't do that -- he would have further discredited himself. Freud had it right. Freud said, look, there's much more to it than speech: "No mortal can keep a secret. If his lips are silent, he chatters with his fingertips." And we all do it no matter how powerful you are. We all chatter with our fingertips. I'm going to show you Dominique Strauss-Kahn with Obama who's chattering with his fingertips.

(Laughter)

Now this brings us to our next pattern, which is body language. With body language, here's what you've got to do. You've really got to just throw your assumptions out the door. Let the science temper your knowledge a little bit. Because we think liars fidget all the time. Well guess what, they're known to freeze their upper bodies when they're lying. We think liars won't look you in the eyes. Well guess what, they look you in the eyes a little too much just to compensate for that myth. We think warmth and smiles convey honesty, sincerity. But a trained liespotter can spot a fake smile a mile away. Can you all spot the fake smile here? You can consciously contract the muscles in your cheeks. But the real smile's in the eyes, the crow's feet of the eyes. They can not be consciously contracted, especially if you overdid the Botox. Don't overdo the Botox; nobody will think you're honest.

Now we're going to look at the hot spots. Can you tell what's happening in a conversation? Can you start to find the hot spots to see the discrepancies between someone's words and someone's actions? Now I know it seems really obvious, but when you're having a conversation with someone you suspect of deception, attitude is by far the most overlooked but telling of indicators.

An honest person is going to be cooperative. They're going to show they're on your side. They're going to be enthusiastic. They're going to be willing and helpful to getting you to the truth. They're going to be willing to brainstorm, name suspects, provide details. They're going to say, "Hey, maybe it was those guys in payroll that forged those checks." They're going to be infuriated if they sense they're wrongly accused throughout the entire course of the interview, not just in flashes; they'll be infuriated throughout the entire course of the interview. And if you ask someone honest what should happen to whomever did forge those checks, an honest person is much more likely to recommend strict rather than lenient punishment.

Now let's say you're having that exact same conversation with someone deceptive. That person may be withdrawn, look down, lower their voice, pause, be kind of herky-jerky. Ask a deceptive person to tell their story, they're going to pepper it with way too much detail in all kinds of irrelevant places. And then they're going to tell their story in strict chronological order. And what a trained interrogator does is they come in and in very subtle ways over the course of several hours, they will ask that person to tell that story backwards, and then they'll watch them squirm, and track which questions produce the highest volume of deceptive tells. Why do they do that? Well we all do the same thing. We rehearse our words, but we rarely rehearse our gestures. We say "yes," we shake our heads "no." We tell very convincing stories, we slightly shrug our shoulders. We commit terrible crimes, and we smile at the delight in getting away with it. Now that smile is known in the trade as "duping delight."

And we're going to see that in several videos moving forward, but we're going to start -- for those of you who don't know him, this is presidential candidate John Edwards who shocked America by fathering a child out of wedlock. We're going to see him talk about getting a paternity test. See now if you can spot him saying, "yes" while shaking his head "no," slightly shrugging his shoulders.

(Video) John Edwards: I'd be happy to participate in one. I know that it's not possible that this child could be mine, because of the timing of events. So I know it's not possible. Happy to take a paternity test, and would love to see it happen. Interviewer: Are you going to do that soon? Is there somebody -- JE: Well, I'm only one side. I'm only one side of the test. But I'm happy to participate in one.

PM: Okay, those head shakes are much easier to spot once you know to look for them. There're going to be times when someone makes one expression while masking another that just kind of leaks through in a flash. Murderers are known to leak sadness. Your new joint venture partner might shake your hand, celebrate, go out to dinner with you and then leak an expression of anger. And we're not all going to become facial expression experts overnight here, but there's one I can teach you that's very dangerous, and it's easy to learn, and that's the expression of contempt. Now with anger, you've got two people on an even playing field. It's still somewhat of a healthy relationship. But when anger turns to contempt, you've been dismissed. It's associated with moral superiority. And for that reason, it's very, very hard to recover from. Here's what it looks like. It's marked by one lip corner pulled up and in. It's the only asymmetrical expression. And in the presence of contempt, whether or not deception follows -- and it doesn't always follow -- look the other way, go the other direction, reconsider the deal, say, "No thank you. I'm not coming up for just one more nightcap. Thank you."

Science has surfaced many, many more indicators. We know, for example, we know liars will shift their blink rate, point their feet towards an exit. They will take barrier objects and put them between themselves and the person that is interviewing them. They'll alter their vocal tone, often making their vocal tone much lower. Now here's the deal. These behaviors are just behaviors. They're not proof of deception. They're red flags. We're human beings. We make deceptive flailing gestures all over the place all day long. They don't mean anything in and of themselves. But when you see clusters of them, that's your signal. Look, listen, probe, ask some hard questions, get out of that very comfortable mode of knowing, walk into curiosity mode, ask more questions, have a little dignity, treat the person you're talking to with rapport. Don't try to be like those folks on "Law & Order" and those other TV shows that pummel their subjects into submission. Don't be too aggressive, it doesn't work.

Now we've talked a little bit about how to talk to someone who's lying and how to spot a lie. And as I promised, we're now going to look at what the truth looks like. But I'm going to show you two videos,two mothers -- one is lying,one is telling the truth. And these were surfaced by researcher David Matsumoto in California. And I think they're an excellent example of what the truth looks like.

This mother, Diane Downs, shot her kids at close range, drove them to the hospital while they bled all over the car, claimed a scraggy-haired stranger did it. And you'll see when you see the video, she can't even pretend to be an agonizing mother. What you want to look for here is an incredible discrepancy between horrific events that she describes and her very, very cool demeanor. And if you look closely, you'll see duping delight throughout this video.

(Video) Diane Downs: At night when I close my eyes, I can see Christie reaching her hand out to me while I'm driving, and the blood just kept coming out of her mouth. And that -- maybe it'll fade too with time -- but I don't think so. That bothers me the most.

PM: Now I'm going to show you a video of an actual grieving mother, Erin Runnion, confronting her daughter's murderer and torturer in court. Here you're going to see no false emotion, just the authentic expression of a mother's agony.

(Video) Erin Runnion: I wrote this statement on the third anniversary of the night you took my baby, and you hurt her, and you crushed her, you terrified her until her heart stopped. And she fought, and I know she fought you. But I know she looked at you with those amazing brown eyes, and you still wanted to kill her. And I don't understand it, and I never will.

PM: Okay, there's no doubting the veracity of those emotions.

Now the technology around what the truth looks like is progressing on, the science of it. We know for example that we now have specialized eye trackers and infrared brain scans, MRI's that can decode the signals that our bodies send out when we're trying to be deceptive. And these technologies are going to be marketed to all of us as panaceas for deceit, and they will prove incredibly useful some day. But you've got to ask yourself in the meantime: Who do you want on your side of the meeting, someone who's trained in getting to the truth or some guy who's going to drag a 400-pound electroencephalogram through the door?

Liespotters rely on human tools. They know, as someone once said, "Character's who you are in the dark." And what's kind of interesting is that today we have so little darkness. Our world is lit up 24 hours a day. It's transparent with blogs and social networks broadcasting the buzz of a whole new generation of people that have made a choice to live their lives in public. It's a much more noisy world. So one challenge we have is to remember, oversharing, that's not honesty. Our manic tweeting and texting can blind us to the fact that the subtleties of human decency -- character integrity -- that's still what matters, that's always what's going to matter. So in this much noisier world, it might make sense for us to be just a little bit more explicit about our moral code.

When you combine the science of recognizing deception with the art of looking, listening, you exempt yourself from collaborating in a lie. You start up that path of being just a little bit more explicit, because you signal to everyone around you, you say, "Hey, my world, our world, it's going to be an honest one. My world is going to be one where truth is strengthened and falsehood is recognized and marginalized." And when you do that, the ground around you starts to shift just a little bit.

And that's the truth. Thank you.

(Applause)

皆さんを警戒させるつもりはないですが 気がついたのでお知らせしますと あなたの右隣の人は嘘つきです (笑) 左隣の人も嘘つきです そして 席に座っている皆さん自身が嘘つきです 私たちはみな嘘つきなのです 今日は 私たちが なぜ嘘つきなのかについての研究結果をお見せし どうすれば嘘を検知できるようになるのか また 私たちはなぜ 嘘を見抜き 真実をみつけ 最終的に信頼関係を築くために努力しようとするのかについて お話したいと思います

信頼といえば 「しょっちゅうウソをつかれてしまうあなたへ 」の出版後 誰も私に直接会ってくれなくなりました 「いえ いえ いいです メールします」と言われるんです (笑) スターバックスでお茶をする相手もいなくなりました 夫曰く「嘘についてだって?それより 料理のほうがよかったんじゃない?フランス料理とか」

だから 初めに これからお話するのは 単純な嘘当てゲームではないということを 皆さんにお伝えしておきます 嘘を見抜く専門家(嘘発見人)は こましゃくれた子供が 「あ!嘘ついた! 眉毛がぴくっとして 小鼻が膨らんだ ドラマ 「ライ・トゥ・ミー」で見たもん」 というのとは違います 嘘発見人は 嘘を見つけるための 科学的な知識を持っており それを使って真実を見つけます そして経験豊かな指導者と同じように 時には非常に困難な場面で気難しい人々を相手に 毎日 複雑な会話をしています 嘘発見人は最初に核となる命題を 受け入れることから始めます その命題とは 嘘は共同作業であるということです どんな嘘も口から発せられたでけでは効力を持ちませんよね 他の誰かがそれを信じて初めて 嘘は力を得るのです

親の小言のような言い方をすると 「あなたが嘘をつかれたのは 嘘をつかれることを許したから」なのです 「あなたが嘘をつかれたのは 嘘をつかれることを許したから」なのです 嘘についての一番目の真実:「嘘は共同作業である」 全ての嘘が悪いわけではありません 時には私たちは 進んで嘘に協力します 体面を保つために またおそらくは 黙っていたほうがよいことを隠すためにです たとえば 「いい歌ね」 「その服太って見えないよ 全然」 もしくは お決まりのフレーズ 「メールがスパムフォルダに入ってしまっていたんです 本当にすみません」

しかし時には不本意な形で嘘に巻き込まれることがあります そしてそれはものすごく高くつくことになりかねません 昨年 アメリカ合衆国内だけでも 企業による不正行為が9970億ドルありました 1兆ドル目前で 国家歳入の7%にあたります 何十億ドルもの損害を 嘘は与えうるのです エンロン破綻 マードフ投資詐欺 住宅ローン危機を思い出してください 他にも ロバート・ハンセン オルドリッチ・エイムズなどの2重スパイや国家反逆者のような場合には 他にも ロバート・ハンセン オルドリッチ・エイムズなどの2重スパイや国家反逆者のような場合には 嘘は 国を売り渡し 国家の安全保障を危うくし 民主主義を脅かし 国家の防衛に当たる人々の死を招きます

嘘は実際に深刻な問題なのです これは詐欺師のオバーランダーです 大変有能な詐欺師で 英国の当局によれば 彼は 西欧諸国の銀行制度そのものを崩壊させていた可能性がありました 彼はグーグルにもどこにも載っていません 彼はインタビューに答えたことが一度あり 「いいですか 一つの法則しか使ってません ヘンリーの法則だけです」と言っています 「誰もが 己の願望のためには 進んで何かを差し出すものだ」 これが嘘の本質なのです あなたが騙されたくないと思うのなら 自分の願望を知る必要があるのです 私たち皆が認めたくないことです もっと良い夫に 妻になりたい もっと賢くなりたい もっと権力を持ちたい 背が高くなりたい お金持ちになりたい 望みは尽きません 私たちの願いや夢想と現実の差を 埋めようとするのが嘘なのです 実際の自分と こうありたい自分 こんな風だったらと思う自分との差です なんと 進んで現実との差を嘘で埋めようとするのです

研究によると 私たちは毎日 10回から200回嘘をつかれています 確かにうした嘘の多くは罪のないものです 別の研究によると 初めて会う人同士は最初の10分で 3回嘘をつくという結果もでています (笑) さて この情報を知ると最初はたじろぎます これほどにも 嘘が溢れているとは信じられないからです 私たちは本質的に嘘を嫌います しかし もっと詳しく見てみると 事態はいっそう込み入っています 私たちは職場の同僚より見知らぬ人により嘘をつきます 外向型の人は内向型の人よりもより嘘をつきます 男性は他人のことより 自分のことについて 8倍嘘をつきます 女性は他の人を守るためにより嘘をつきます もしあなたが平均的な夫婦なら 10回の会話で1回は 嘘をついています これはひどいと思われるでしょうが 独身なら 3回に1回に増えます

嘘は複雑な行為です 嘘は私たちの日々の生活やビジネスに織り込まれています 私たちは真実に対して非常に両義的です 私たちは必要にせまられて もっともな理由があって 時には 単に現実を受け入れられず 嘘をつきます これが嘘についての2番目の真実です 私たちは嘘を否定しながらも 裏では嘘をついています それは何世紀にも渡って 私たちの社会で承認されてきているのです 嘘は 呼吸と同じくらい古いもので 私たちの文化 歴史の一部です ダンテやシェークスピアを 聖書を 世界のニュースを見てください

(笑)

人類という種にとって嘘は進化的価値があります 研究者達の間では以前から 知的な種ほど大脳の新皮質も大きくなって 嘘をつくようになることが 知的な種ほど大脳の新皮質も大きくなって 嘘をつくようになることが 知られています ゴリラのココを覚えていますか? 手話を覚えたゴリラです ココは手話を通じて会話することを覚えました これはココと子猫です かわいいふわふわのペットの猫 ココは流し台を壁からむしり取ったのを この猫のせいにしたことがあります (笑) 私たちは嘘の達人になる本能を備え 非常に早い頃からその頭角を表します どのくらい小さい頃からでしょう? 赤ちゃんは嘘泣きをしてみて 来る人によって泣きやんだり また泣き始めます 一歳児は隠蔽を覚えます (笑) 二歳児は はったりをかけます 四歳児は公然と嘘をつき おべっかを使います 九歳児はごまかしの達人です 大学に入学するころには 母親との会話で5回に1回は嘘をつくようになります 職について稼ぐようになると 嘘に取り囲まれるようになります スパムメール 偽のネット友達 狂信的なメディア 巧妙な なりすまし犯罪 世界規模のポンジ・スキーム 虚は蔓延しています 要するに ある作家が言ったような 「真実が失われた社会」です 今にいたるまでずっと 嘘に翻弄されてきました

どうしたらよいでしょうか? 実は このような苦境を乗り切るための 手段があります 訓練された嘘発見人は90%の確率で真実を見つけます 普通の人は54%くらいです なぜそんなに簡単に習得できるかというと 上手下手はあっても本当に独創的な嘘つきはいません 嘘をつく時 同じように間違い 同じテクニックを使うからです では やってみましょう まず 嘘が現れる 2種類のパターンを紹介し 嘘の現場をお見せします 嘘を見抜けるでしょうか まずは会話に現れるパターンを見てみましょう

(ビデオ) クリントン: 「よろしいですか もう一度同じことを言います 私は あの女性 モニカ・ルインスキーさんと 性的な関係を持ったことはありません 誰にも 一度たりとも 嘘を強要していません この疑惑は事実ではありません 国民のための仕事に戻る必要があるのです ありがとうございました」

さて どんな兆候があったでしょうか まず 「短縮形を用いない否認(did not)」がありました 研究によると 否定しようと意気込みすぎている場合 形式ばった言葉を使ってしまうと言われています また 「あの女性」という「距離を置く言葉」がありました 嘘をついている人は 無意識に 嘘の対象について距離を置く言葉を 使おうをするのです もしクリントンが「本当のことを言うと」やニクソンのおなじみのフレーズ「率直に言って」などの-- もしクリントンが「本当のことを言うと」やニクソンのおなじみのフレーズ「率直に言って」などの-- 修飾する言葉を使っていたとしたら 嘘発見人には決め手になります こうした信憑性を高めようとする言葉は かえって 話の信憑性を低くすることがわかっているからです もしされた質問をそのまま繰り返していたり 詳細すぎる説明を振りまいていたとしたら --幸い私たちは聞かずにすみましたが-- もっと疑わしく見えたはずです フロイトの言うとおりです 彼は言葉以上に語るものがあると言っていました 「どんな人も秘密を守ることはできない 唇を閉じていても 指先が語っているから」 あなたがどれほど口が固くても 指先で秘密を漏らしているのです ドミニク・ストロスカーンと一緒に写っている オバマの指先にご注目を

(笑)

これが嘘をつく時の2つ目のパターン --- ボディランゲージです 見てみましょう しぐさについては 思いこみを一度全部捨てて 科学によって 考え方を少し変えてみましょう 私たちは嘘つきは始終そわそわしていると思っていますが 嘘をついているときは上半身を動かさないものなのです 嘘つきは目を見ないと思っていますが 嘘つきはこのことを逆手にとって 余計に長く目を見つめるのです 熱心さやほほえみは 正直さや 親密さをあらわすと思われていますが 訓練された嘘発見人は偽の微笑みを 1キロ先からでも見抜くことができます どちらが偽の笑いかわかりますか? ほほの筋肉は意識して 動かすことができますが 本物の笑みの場合は目じりに小じわができます ボトックス注射をしすぎると 特に目の筋肉は動かせなくなりますので やりすぎに注意 誰もあなたを信頼しなくなりますよ

さて 今度は嘘の現場を見ていきましょう 次の会話で何がおきているかわかりますか? 話されている言葉としぐさの 不一致を見つけることで 嘘を見抜くことができるでしょうか ごく当たり前と思われるでしょうが 嘘と疑っている人と話す時には 大変見落とされがちなのですが 実は態度が嘘をついているかどうかを表します

無実な人は協力的で あなたの味方だという態度を示し 熱心に 自分から進んで 真実をみつける 手助けをしようとします 一緒に考え 疑わしい人の名前をあげたり 詳細な話をします こんなことを言うかもしれません 「給料を改ざんしたのは給与計算課のあいつかもしれません」 無実の人は不当に疑われていることがわかったら 一瞬ではなく、 取り調べの間ずっと激昂するはずです 改ざんの犯人に対して どんな処罰を与えるべきか無実な人に質問すると 寛大ではない厳しい処置を するべきだと答えることが多いのです

では これと全く同じ質問を 嘘を付いている人にしてみるとしましょう その人は体を遠ざけて 下を向き 声を低くし 尻込みし ぎこちない態度をとるでしょう 嘘をついている人に話をさせると 重要でないすべてのところに 細かい説明をつけすぎるでしょう そして 厳密に時系列に話をします 訓練された尋問者は 数時間にわたる尋問で さりげなく少しずつ検証します 同じ話を逆さまに話してくださいと頼んで その人が落ち着かない時を探し どの質問が最も疑わしい兆候があったのかを見極めます なぜこの方法なのでしょう?人は同じように準備するからです 嘘をつくときに話のおさらいはしますが 身振りまでは練習しません 「はい」といいつつ頭を「いいえ」と振ったり 非常に説得力のある話をしながら 肩をわずかにすくめたりします 恐ろしい犯罪を犯した時に 逃れられた安堵から笑みを浮かべます この笑みは「duping delight(欺瞞者の喜悦)」として知られています

では いくつかのビデオを見てみましょう 最初のビデオは ご存じない方のためにご説明しますと 大統領候補だったジョン・エドワードで 婚外子がいたことでアメリカに衝撃を与えた人です 彼が親子鑑定を受けることについて話しているところの映像です 彼が「はい」といいながら首を振っているところや わずかに肩をすくめているところなどを 見つけることができるかどうか試してください

(ビデオ)ジョン・エドワード: 喜んで受けますよ 子供ができた時期から考えて 私の子供でないということを 確信していますから ありえないということを知っています 進んで親子鑑定を受けて 結果を知りたいと思っています インタビュアー:鑑定はすぐにお受けになる予定ですか?他にも-- エドワード:いや 私だけです 受けるのは私一人だけですが 進んで受けますよ エドワード:いや 私だけです 受けるのは私一人だけですが 進んで受けますよ

パメラ:いかがでしょう わかっていれば 首を振っているのを見つけるのは簡単ですね 自分の感情を覆い隠そうとして 別の表情をする時には ほんの一瞬ですが 元の感情が漏れ出ることがよくあるのです 殺人者は悲しみの表情を漏らすことで知られています 新しい提携先と合意に達して お祝いに夕食を共にした時 怒りの表情を漏らすかもしれません 一晩で表情分析の専門家にはなれないですが 簡単に学べて非常に危険な兆候を一つお教えしましょう それは侮蔑の表情です 怒りがあっても人は付き合っていき 同じ土俵にもいられます いくらかは健全な関係があるからです しかし怒りが侮蔑に変わったら もうそこまでです 侮蔑とは道徳的上位に立っているということだからです この理由から 関係を修復するのが大変大変難しいのです これが侮蔑の表情です 片方の口の端が 上に上がって中に入り込みます 表情の中で 侮蔑はたった一つの非対称な表情です この侮蔑の表情を見たら 騙そうとしていようがいまいが -- 侮蔑は騙しているとは限らないので -- すぐに 背を向け 方向転換して 取引を見直すべきです 「結構です もう誘われても来ません それでは」と言いなさい

科学は もっともっとたくさんの 嘘の兆候を暴き出しています たとえば 嘘つきは まばたきの回数を変えること 足を出口側に向けようとします インタビュアーとの間に物をおいて 垣根を作ろうとします 声のトーンを変え しばしば低い声をだそうとします さて ここが重要ですが しぐさは単にしぐさにすぎません 嘘の証拠ではありません これらは注意信号です 私たちは人間です 一日中いたるところで嘘が疑われる動作をしています しぐさ自体は何も意味していません しかし それがいくつもあったら 注意が必要です よく見聞きし 探り 難しい質問を投げてみましょう ゆったりとくつろいだ雰囲気から 興味を惹かれた感じでもっと質問をしてみましょう 尊厳を忘れずに 親密な間柄だと感じさせるようにしながらです 刑事ドラマの「Law&Order」のやり方を真似て 降伏するまで叩きのめすような方法はやめましょう 刑事ドラマの「Law&Order」のやり方を真似て 降伏するまで叩きのめすような方法はやめましょう 攻撃的にならないこと それではうまく行きません

さて ほんのさわりですが 嘘をついている人との話し方 また 嘘の見つけ方について話しました 次は 約束通り 真実を語る人がどう見えるのかお話しましょう これから2つのビデオをお見せしましょう 二人の母親のうち 片方は嘘をついていて もう片方は本当のことを語っています カリフォルニアの研究者デイヴッド・マツモトによって見いだされました これは真実がどのように見えるのかの 非常によい例だと思います

この母親 ダイアン・ダウンズは 自分の子供を至近距離で撃ってから 車の中を血まみれにしながら 車で病院にかけこみ 髪の薄い見知らぬ人の犯行だと主張したのです このビデオを見ると 彼女が苦悩する母親の 振りすらできていないことがわかるでしょう ここで見ていただきたいのは 信じられないほどの乖離です 彼女が説明する恐ろしい出来事に対して 彼女の態度は非常に冷静です また よく見ると「欺瞞者の喜悦」があちこちに現れているのが分かります

(ビデオ)ダイアン・ダウンズ: 夜に目を閉じると 車を運転している間にクリスティが私に手を延ばして 口から血が流れ続けている光景が見えるのです 日が経つにつれて薄れるだろうと言われますが 私にはそうは思えません このことが一番私を苦しめています

パメラ: 次は 本当に悲嘆にくれている母親 エリン・ルニオン のビデオをお見せしましょう 自分の娘を虐待して殺した犯人に対峙しているところです ここには全く偽りの感情がなく 母親の本物の悲痛な感情があるばかりです

(ビデオ)エリン・ルニオン:私はこの陳述を 娘の3回目の命日に書きました あなたが殺し 痛めつけ 押しつぶし あの子の心臓が止まるまで 傷めつけた日に あの子は何度も抵抗したはずです あの子はあなたを見たはずです あの素晴らしい茶色の目で でもあなたはそれでもあの子を殺したかったのです 私には どうしてそんなことができるのか 理解できません 今後も絶対ずっと理解できません 私には どうしてそんなことができるのか 理解できません 今後も絶対ずっと理解できません

パメラ:この感情が本物なことに疑いはないでしょう

真実がどのように表されるのかについての 科学技術は進歩しています 例えば 視線追跡装置や赤外線脳スキャン 嘘をつこうとしている時に体から発される 信号を解読するMRIなどがあります こうした技術が世界中に売り込まれるでしょう いつの日か 詐欺に対する万能薬として こうした機器は非常に便利になるでしょう しかしそれまでは自力で嘘をみつけなければなりません 人と対面する時 協力してもらうとしたら 嘘を見抜く訓練を受けた人と 180キロの嘘発見器を引きずって持ち込もうとしている人 人と対面する時 協力してもらうとしたら 嘘を見抜く訓練を受けた人と 180キロの嘘発見器を引きずって持ち込もうとしている人 人と対面する時 協力してもらうとしたら 嘘を見抜く訓練を受けた人と 180キロの嘘発見器を引きずって持ち込もうとしている人 どちらがいいですか?

嘘発見人は人間的手段に頼ります 誰かが言った「影に隠れた人格」のことを よく知っているからです ただ それなのに面白いことは 今の私たちには影がほとんどないことです 私たちは24時間白日のもとにいます 私たちの世界はつつぬけです ブログやSNSで 自分達の生活を公開することを選んだ 全く新しい世代の人々が噂話を公開しています 以前に比べて遙かに真実が見えにくくなった世界です 私たちに与えられた一つの課題は 過度な共有は正直さではないということを 覚えておくことです 熱狂的なツイートやテキストメッセージは さりげなく表される良識や高潔さが 常に大切であり これからも大切だということを 見失わせてしまいます 常に大切であり これからも大切だということを 見失わせてしまいます つまり この真実が見えなくなった世界で私たちに必要なのは つまり この真実が見えなくなった世界で私たちに必要なのは 今までよりもほんの少し 自分の道徳基準を明確に示すことです

科学的な嘘識別と よく見て聞き出す技を組み合せれば 科学的な嘘識別と よく見て聞き出す技を組み合せれば 嘘に乗せられずにすみます あなたは 今よりほんの少し 明確に示す生き方を始めます なぜなら あなたは周囲の人に対して 「私の 私たちの世界を 正直な世界にするの 真実が力を増し 偽りは 悟られてしまって効果の無い世界になる」と言うからです これを実践していけば 周りがほんの少しずつ変わり始めます

それこそが真実です ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画