TED日本語 - ソマリアを救う親子医師: ハワ・アブディとデコ・モハメド

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ソマリアを救う親子医師: ハワ・アブディとデコ・モハメド

TED Talks

ハワ・アブディとデコ・モハメド
Hawa Abdi + Deqo Mohamed
ソマリアを救う親子医師
Mother and daughter doctor-heroes

内容

”ソマリアの聖人”と称されるハワ・アブディ医師と娘のデコ・モハメド医師が、ソマリアにあるハワ・アブディ診療所について語ります。この母娘はソマリアの内戦や女性への公然とした抑圧に立ち向かい、病院と学校と平和なコミュニティを作りました。

Script

Hawa Abdi: Many people -- 20 years for Somalia -- [ were ] fighting. So there was no job, no food. Children, most of them, became very malnourished, like this. Deqo Mohamed: So as you know, always in a civil war, the ones affected most [ are ] the women and children. So our patients are women and children. And they are in our backyard. It's our home. We welcome them. That's the camp that we have in now 90,000 people, where 75 percent of them are women and children. Pat Mitchell: And this is your hospital. This is the inside. HA: We are doing C-sections and different operations because people need some help. There is no government to protect them. DM: Every morning we have about 400 patients, maybe more or less. But sometimes we are only five doctors and 16 nurses, and we are physically getting exhausted to see all of them. But we take the severe ones, and we reschedule the other ones the next day. It is very tough. And as you can see, it's the women who are carrying the children; it's the women who come into the hospitals; it's the women [ are ] building the houses. That's their house. And we have a school. This is our bright -- we opened [ in the ] last two years [ an ] elementary school where we have 850 children, and the majority are women and girls. (Applause) PM: And the doctors have some very big rules about who can get treated at the clinic. Would you explain the rules for admission? HA: The people who are coming to us, we are welcoming. We are sharing with them whatever we have. But there are only two rules. First rule: there is no clan distinguished and political division in Somali society. [ Whomever ] makes those things we throw out. The second: no man can beat his wife. If he beat, we will put [ him ] in jail, and we will call the eldest people. Until they identify this case, we'll never release him. That's our two rules. (Applause) The other thing that I have realized, that the woman is the most strong person all over the world. Because the last 20 years, the Somali woman has stood up. They were the leaders, and we are the leaders of our community and the hope of our future generations. We are not just the helpless and the victims of the civil war. We can reconcile. We can do everything. (Applause) DM: As my mother said, we are the future hope, and the men are only killing in Somalia. So we came up with these two rules. In a camp with 90,000 people, you have to come up with some rules or there is going to be some fights. So there is no clan division, and no man can beat his wife. And we have a little storage room where we converted a jail. So if you beat your wife, you're going to be there. (Applause) So empowering the women and giving the opportunity -- we are there for them. They are not alone for this. PM: You're running a medical clinic. It brought much, much needed medical care to people who wouldn't get it. You're also running a civil society. You've created your own rules, in which women and children are getting a different sense of security. Talk to me about your decision, Dr. Abdi, and your decision, Dr. Mohamed, to work together -- for you to become a doctor and to work with your mother in these circumstances. HA: My age -- because I was born in 1947 -- we were having, at that time, government, law and order. But one day, I went to the hospital -- my mother was sick -- and I saw the hospital, how they [ were ] treating the doctors, how they [ are ] committed to help the sick people. I admired them, and I decided to become a doctor. My mother died, unfortunately, when I was 12 years [ old ] . Then my father allowed me to proceed [ with ] my hope. My mother died in [ a ] gynecology complication, so I decided to become a gynecology specialist. That's why I became a doctor. So Dr. Deqo has to explain. DM: For me, my mother was preparing [ me ] when I was a child to become a doctor, but I really didn't want to. Maybe I should become an historian, or maybe a reporter. I loved it, but it didn't work. When the war broke out -- civil war -- I saw how my mother was helping and how she really needed the help, and how the care is essential to the woman to be a woman doctor in Somalia and help the women and children. And I thought, maybe I can be a reporter and doctor gynecologist. (Laughter) So I went to Russia, and my mother also, [ during the ] time of [ the ] Soviet Union. So some of our character, maybe we will come with a strong Soviet background of training. So that's how I decided [ to do ] the same. My sister was different. She's here. She's also a doctor. She graduated in Russia also. (Applause) And to go back and to work with our mother is just what we saw in the civil war -- when I was 16, and my sister was 11, when the civil war broke out. So it was the need and the people we saw in the early '90s -- that's what made us go back and work for them. PM: So what is the biggest challenge working, mother and daughter, in such dangerous and sometimes scary situations? HA: Yes, I was working in a tough situation, very dangerous. And when I saw the people who needed me, I was staying with them to help, because I [ could ] do something for them. Most people fled abroad. But I remained with those people, and I was trying to do something -- [ any ] little thing I [ could ] do. I succeeded in my place. Now my place is 90,000 people who are respecting each other, who are not fighting. But we try to stand on our feet, to do something, little things, we can for our people. And I'm thankful for my daughters. When they come to me, they help me to treat the people, to help. They do everything for them. They have done what I desire to do for them. PM: What's the best part of working with your mother, and the most challenging part for you? DM: She's very tough; it's most challenging. She always expects us to do more. And really when you think [ you ] can not do it, she will push you, and I can do it. That's the best part. She shows us, trains us how to do and how to be better [ people ] and how to do long hours in surgery -- 300 patients per day,10,20 surgeries, and still you have to manage the camp -- that's how she trains us. It is not like beautiful offices here,20 patients, you're tired. You see 300 patients,20 surgeries and 90,000 people to manage. PM: But you do it for good reasons. (Applause) Wait. Wait. HA: Thank you. DM: Thank you. (Applause) HA: Thank you very much. DM: Thank you very much.

ソマリアでは20年もの間 多くの人々が争ってきました。 なので、仕事もなく、食べ物もありません。 子どもたちの多くが このようにひどい栄養失調になりました。 ご存知のように、 民族紛争で一番影響を受けるのは いつも女性と子どもたちで 私たちの患者もほとんどがそうです。 私の家の裏庭で みんなを受け入れています。 これが今のうちのキャンプです。 9万人の人がいて 75%が女性と子どもです。 これが診療所の内部ですね。 キャンプの人々が助けを必要としているので 帝王切開やその他の手術を行っています。 彼らを守るべき政府がないのです。 毎朝400人前後の 患者さんがやって来ます。 我々5人の医師と 16人の看護士では 全ての患者さんを診るには肉体的に疲れ果ててしまうこともあります。 そういうときは重症患者を診て ほかの人たちを翌日にまわしたりします。 そうするのはとても辛いです。 見ての通り、子どもの世話をするのは女性で 病院にやってくるのも女性で、 家を作るのもその女性なのです。 これが女性たちの家です。 キャンプには学校もあります。 これが2年前に始めた小学校です。 850人の生徒がいて、 過半数は女性と女の子です。 (拍手) ハワ・アブディ診療所では、誰が診療を受けられるか 大事なルールがあるそうですが 説明していただけますか? 私たちのところへやって来る人たちは 誰でも歓迎です。 私たちは、自分たちが持っているものを 分かち合います。 でも、それには二つだけ決まりがあります。 最初のルールは ソマリア社会の部族による区別や 政治的な区別はナシということです。 区別をする人は追い出されます。 二つ目のルールは 妻への暴力の禁止です。 もしも暴力を振るったら その夫は牢屋に入れられ、 長老が呼ばれます。 長老が裁きを下すまでは 絶対に釈放しません。 これが私たちの二つの決まりです。 (喝采) もうひとつ私が気がついたことは 女性は地球上で もっとも強い存在だということです。 なぜなら、過去20年間 ソマリアの女性は立ち上がってきました。 ソマリアの女性はリーダーでした。 私たち女性は 自分たちのコミュニティのリーダーであり、 次の世代の希望です。 私たち女性は内戦による ただの無力な被害者ではありません。 私たち女性は仲直りができます。 私たち女性には何だって可能なのです。 (喝采) 母が言うように、ソマリアでは女性が未来の希望で、 男たちはただ殺しあっています。 だから、このような二つのルールが出来たのです。 9万人もの人がいるキャンプでは 何かルールを作らねば争いごとがおこります。 だから、民族区別をなくし、 男は妻に暴力を振るってはなりません。 そして、私たちは小さな倉庫を 牢屋に作り変えました。 なので、もし妻に暴力を振るったら牢屋に入るのです。 (喝采) 私たちは女性の権限と機会向上のために活動しています。 女性たちは一人ぼっちではありません。 貴女がた母娘は診療所を運営していますね。 そのおかげで、本当なら診療を受けられない人々に とても必要とされている医療的ケアをもたらしました。 あなたたちはコミュニティも運営しています。 独自の決まりを作り、 女性と子どもたちが 今までとは異なる安心感を得られるようになりました。 アブディ先生、あなたの決断について聞かせてください。 そして、モハメド先生は 医師となり お母様と一緒に働く決心を どのようにされたのかを聞かせてください。 1947年生まれの 私の世代には、 当時はまだ 政府があり、法と秩序がありました。 しかし、ある日 母が病気になり 私は病院へ行きました。 私は病院で医師が重要な仕事をし、 病人を助けることに いかに献身的に取り組んでいるのかを見ました。 私はお医者さんたちを尊敬し、 自分も医師になろうと決心したのです。 残念ながら母は 私が12歳の時に亡くなりました。 それから父が私が夢に向かって 進むのを許してくれました。 母は婦人科系疾患の合併症が もとで亡くなりました。 だから私は婦人科の 専門医になろうと決めました。 こうして私は医師になりました。 次はデコ先生の番ですね。 私の場合、私が小さなときから医師になるように 母が準備をしてくれていましたが、本当はなりたくありませんでした。 私は歴史家か、 記者になるはずでした。 大好きですが、うまくはいきませんでした。 内戦が始まったとき、 私は母がいかに人々の助けになっているか、 いかに母が本当に助けを必要としているか、 そしてソマリアでは女性や子どもを助けるためには 女医のケアを受けられることがいかに必要か ということを目の当たりにしました。 そこで私は、記者と婦人科医の両方になれるかもと考えました。 (笑い) そして私は、母と同じように、 ビエト連邦時代のロシアへ行きました。 なので、私たち母娘の性格は ソビエトでの研修という強烈な経歴からきているかもしれません。 こういうわけで私は母と同じように医師になりました。 私の妹は違います。 妹も今日来ています。妹も医師です。 妹もロシアで卒業しました。 (喝采) 帰国して母と一緒に働くということは 内戦の中で私たち姉妹が見い出したことです。 私が16歳、妹が11歳のときに 内戦が勃発しました。 90年代の初めに目にした 人々の窮状が 私たち姉妹を帰国させ、 その人たちのために働こうと思わせたのです。 このように大変危険で、 時には恐ろしいよう状況で 母娘で働くときの 一番の問題はなんですか? そう、私はとても危険で、 大変な状況で働いていました。 私を必要とする人を見たときに、 私はその人たちを助けるために一緒にいることにしたのです。 なぜなら私はその人たちに何かをしてあげられたからです。 多くの人は海外へ脱出しました。 でも私は人々と残り、 私ができるどんなささいなことでも 何かをしようと努力しました。 私は自分のいる場所で成功しました。 今、私のところには お互いを尊重しあい、 争いごとをしない9万人もの人々がいます。 私たち母娘は自分の足で立って、 キャンプの人々のために小さくても何かをやろうとしています。 そして私は娘たちに感謝しています。 娘たちが私のところへ来てくれたとき、 娘たちは私が人々を治療して助けるのを 手伝ってくれました。 娘たちはキャンプの人々のために何でもしてくれます。 娘たちは私が人々にしてあげたいと願っていたことをやってくれました。 貴女にとってお母様と一緒に働くことで 一番良いことは何ですか? そして、一番困難なことは何ですか? 母はとても厳しいので、それが一番大変です。 母はいつも私たちがもっとやるよう期待しています。 そして本当にもう出来ないと思っても 母の押しで、出来るのです。 それが一番いい部分です。 母は私たちがどうやったらいいか、 どうしたらもっと良い人間になれるか、 どうしたら長時間手術をできるか...訓練するのです。 一日に300人の患者と 10~20件の手術をし、 さらにキャンプを世話しなくてはなりません。 母はそんな風に私たちを訓練するのです。 20人の患者で疲れたと言える ここのきれいなオフィスと違って 300人の患者を診て、20件の手術をして 9万人の人の世話をするのです。 でも、貴女たちはそれを素晴らしい理由でやっておられます。 (喝采) 待って、待って。 ありがとうございました。 ありがとうございます。 (喝采) どうもありがとうございました。

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画