TED日本語 - ノリーナ・ハーツ: どのように専門家を使うか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ノリーナ・ハーツ: どのように専門家を使うか

TED Talks

どのように専門家を使うか
How to use experts, and when not to
ノリーナ・ハーツ
Noreena Hertz

内容

私たちは重大な決断を毎日行い、その多くを専門家に頼って決定します。しかし、経済学者のノリーナ・ハーツは、専門家に頼りすぎることには限界があり、危険ですらあると言います。彼女は私達に専門性の民主化を始めようと、つまり 外科医やCEO だけでなく、店頭スタッフにも耳を傾けるよう呼びかけます。

Script

It's Monday morning. In Washington, the president of the United States is sitting in the Oval Office, assessing whether or not to strike Al Qaeda in Yemen. At Number 10 Downing Street, David Cameron is trying to work out whether to cut more public sector jobs in order to stave off a double-dip recession. In Madrid, Maria Gonzalez is standing at the door, listening to her baby crying and crying, trying to work out whether she should let it cry until it falls asleep or pick it up and hold it. And I am sitting by my father's bedside in hospital, trying to work out whether I should let him drink the one-and-a-half-liter bottle of water that his doctors just came in and said, "You must make him drink today," -- my father's been nil by mouth for a week -- or whether, by giving him this bottle, I might actually kill him.

We face momentous decisions with important consequences throughout our lives, and we have strategies for dealing with these decisions. We talk things over with our friends, we scour the Internet, we search through books. But still, even in this age of Google and TripAdvisor and Amazon Recommends, it's still experts that we rely upon most -- especially when the stakes are high and the decision really matters. Because in a world of data deluge and extreme complexity, we believe that experts are more able to process information than we can -- that they are able to come to better conclusions than we could come to on our own. And in an age that is sometimes nowadays frightening or confusing, we feel reassured by the almost parental-like authority of experts who tell us so clearly what it is we can and can not do.

But I believe that this is a big problem, a problem with potentially dangerous consequences for us as a society, as a culture and as individuals. It's not that experts have not massively contributed to the world -- of course they have. The problem lies with us: we've become addicted to experts. We've become addicted to their certainty, their assuredness, their definitiveness, and in the process, we have ceded our responsibility, substituting our intellect and our intelligence for their supposed words of wisdom. We've surrendered our power, trading off our discomfort with uncertainty for the illusion of certainty that they provide. This is no exaggeration. In a recent experiment, a group of adults had their brains scanned in an MRI machine as they were listening to experts speak. The results were quite extraordinary. As they listened to the experts' voices, the independent decision-making parts of their brains switched off. It literally flat-lined. And they listened to whatever the experts said and took their advice, however right or wrong.

But experts do get things wrong. Did you know that studies show that doctors misdiagnose four times out of 10? Did you know that if you file your tax returns yourself, you're statistically more likely to be filing them correctly than if you get a tax adviser to do it for you? And then there's, of course, the example that we're all too aware of: financial experts getting it so wrong that we're living through the worst recession since the 1930s. For the sake of our health, our wealth and our collective security, it's imperative that we keep the independent decision-making parts of our brains switched on. And I'm saying this as an economist who, over the past few years, has focused my research on what it is we think and who it is we trust and why, but also -- and I'm aware of the irony here -- as an expert myself, as a professor, as somebody who advises prime ministers, heads of big companies, international organizations, but an expert who believes that the role of experts needs to change, that we need to become more open-minded, more democratic and be more open to people rebelling against our points of view. So in order to help you understand where I'm coming from, let me bring you into my world, the world of experts.

Now there are, of course, exceptions, wonderful, civilization-enhancing exceptions. But what my research has shown me is that experts tend on the whole to form very rigid camps, that within these camps, a dominant perspective emerges that often silences opposition, that experts move with the prevailing winds, often hero-worshipping their own gurus. Alan Greenspan's proclamations that the years of economic growth would go on and on, not challenged by his peers, until after the crisis, of course. You see, we also learn that experts are located, are governed, by the social and cultural norms of their times -- whether it be the doctors in Victorian England, say, who sent women to asylums for expressing sexual desire, or the psychiatrists in the United States who, up until 1973, were still categorizing homosexuality as a mental illness.

And what all this means is that paradigms take far too long to shift, that complexity and nuance are ignored and also that money talks -- because we've all seen the evidence of pharmaceutical companies funding studies of drugs that conveniently leave out their worst side effects, or studies funded by food companies of their new products, massively exaggerating the health benefits of the products they're about to bring by market. The study showed that food companies exaggerated typically seven times more than an independent study.

And we've also got to be aware that experts, of course, also make mistakes. They make mistakes every single day -- mistakes born out of carelessness. A recent study in the Archives of Surgery reported surgeons removing healthy ovaries, operating on the wrong side of the brain, carrying out procedures on the wrong hand, elbow, eye, foot, and also mistakes born out of thinking errors. A common thinking error of radiologists, for example -- when they look at CT scans -- is that they're overly influenced by whatever it is that the referring physician has said that he suspects the patient's problem to be. So if a radiologist is looking at the scan of a patient with suspected pneumonia, say, what happens is that, if they see evidence of pneumonia on the scan, they literally stop looking at it -- thereby missing the tumor sitting three inches below on the patient's lungs.

I've shared with you so far some insights into the world of experts. These are, of course, not the only insights I could share, but I hope they give you a clear sense at least of why we need to stop kowtowing to them, why we need to rebel and why we need to switch our independent decision-making capabilities on. But how can we do this? Well for the sake of time, I want to focus on just three strategies. First, we've got to be ready and willing to take experts on and dispense with this notion of them as modern-day apostles. This doesn't mean having to get a Ph.D. in every single subject, you'll be relieved to hear. But it does mean persisting in the face of their inevitable annoyance when, for example, we want them to explain things to us in language that we can actually understand. Why was it that, when I had an operation, my doctor said to me, "Beware, Ms. Hertz, of hyperpyrexia," when he could have just as easily said, "Watch out for a high fever." You see, being ready to take experts on is about also being willing to dig behind their graphs, their equations, their forecasts, their prophecies, and being armed with the questions to do that -- questions like: What are the assumptions that underpin this? What is the evidence upon which this is based? What has your investigation focused on? And what has it ignored?

It recently came out that experts trialing drugs before they come to market typically trial drugs first, primarily on male animals and then, primarily on men. It seems that they've somehow overlooked the fact that over half the world's population are women. And women have drawn the short medical straw because it now turns out that many of these drugs don't work nearly as well on women as they do on men -- and the drugs that do work well work so well that they're actively harmful for women to take. Being a rebel is about recognizing that experts' assumptions and their methodologies can easily be flawed.

Second, we need to create the space for what I call "managed dissent." If we are to shift paradigms, if we are to make breakthroughs, if we are to destroy myths, we need to create an environment in which expert ideas are battling it out, in which we're bringing in new, diverse, discordant, heretical views into the discussion, fearlessly, in the knowledge that progress comes about, not only from the creation of ideas, but also from their destruction -- and also from the knowledge that, by surrounding ourselves by divergent, discordant, heretical views. All the research now shows us that this actually makes us smarter. Encouraging dissent is a rebellious notion because it goes against our very instincts, which are to surround ourselves with opinions and advice that we already believe or want to be true. And that's why I talk about the need to actively manage dissent.

Google CEO Eric Schmidt is a practical practitioner of this philosophy. In meetings, he looks out for the person in the room -- arms crossed, looking a bit bemused -- and draws them into the discussion, trying to see if they indeed are the person with a different opinion, so that they have dissent within the room. Managing dissent is about recognizing the value of disagreement, discord and difference. But we need to go even further. We need to fundamentally redefine who it is that experts are. The conventional notion is that experts are people with advanced degrees, fancy titles, diplomas, best-selling books -- high-status individuals. But just imagine if we were to junk this notion of expertise as some sort of elite cadre and instead embrace the notion of democratized expertise -- whereby expertise was not just the preserve of surgeons and CEO's, but also shop-girls -- yeah.

Best Buy, the consumer electronics company, gets all its employees -- the cleaners, the shop assistants, the people in the back office, not just its forecasting team -- to place bets, yes bets, on things like whether or not a product is going to sell well before Christmas, on whether customers' new ideas are going to be or should be taken on by the company, on whether a project will come in on time. By leveraging and by embracing the expertise within the company, Best Buy was able to discover, for example, that the store that it was going to open in China -- its big, grand store -- was not going to open on time. Because when it asked its staff, all its staff, to place their bets on whether they thought the store would open on time or not, a group from the finance department placed all their chips on that not happening. It turned out that they were aware, as no one else within the company was, of a technological blip that neither the forecasting experts, nor the experts on the ground in China, were even aware of.

The strategies that I have discussed this evening -- embracing dissent, taking experts on, democratizing expertise, rebellious strategies -- are strategies that I think would serve us all well to embrace as we try to deal with the challenges of these very confusing, complex, difficult times. For if we keep our independent decision-making part of our brains switched on, if we challenge experts, if we're skeptical, if we devolve authority, if we are rebellious, but also if we become much more comfortable with nuance, uncertainty and doubt, and if we allow our experts to express themselves using those terms too, we will set ourselves up much better for the challenges of the 21st century. For now, more than ever, is not the time to be blindly following, blindly accepting, blindly trusting. Now is the time to face the world with eyes wide open -- yes, using experts to help us figure things out, for sure -- I don't want to completely do myself out of a job here -- but being aware of their limitations and, of course, also our own.

Thank you.

(Applause)

月曜日のある朝のことです ワシントンでは アメリカの大統領が 大統領執務室に座っており イエメンにいるアルカイダを 攻撃すべきか否か 判断しようとしています ダウニング街10番地では デイビッド・キャメロンが思案しています 景気の二番底をくい止めるために 公共部門の仕事をもっと減らすべきかと... マドリードでは、マリア・ゴンザレスが ドアの前に立ち 赤ちゃんが泣きわめくのを聞きながら 眠りにつくまで泣かせておくか 抱き上げてあげるべきか 考えています そして私は病院で父のベッドの側に座り 先ほど医者に言われたままに 父に1.5リットルの水を 飲ませるべきか悩んでいます 彼の主治医が先ほど来て言いました 「今日中に飲ませるように」 父は一週間何も口にしていません もしこの水を飲ませてしまったら 私は父を死なせてしまうかもしれません

私たちは人生において 重大な結果をもたらす 様々な選択に直面します 決断を下すには様々な戦略があります 友達に相談したり インターネットで検索したり 本から探したり... しかし未だに グーグルやトリップアドバイザー アマゾンレコメンド などがある現代においても それでも専門家に 私たちは最も信頼を寄せています 特にリスクが高く 重要な選択であるほど頼ります なぜなら情報が氾濫し 極度に複雑化された社会においては 専門家は私たちよりも 情報処理能力が高いと信じているからです つまり、専門家の方が自分たちよりも 良い判断ができると信じているのです そして今のような 不安になったり 混乱するような時代では 私たちに可能、不可能を 明確に伝える 専門家の まるで親のような威信によって 私たちは安心するのです

しかし私は、これは 大きな問題だと感じています 危険な結果を招きかねない問題です 社会にとって 文化にとって そして個人にとって もちろん専門家が社会に 多く貢献していないわけではありません 当然、貢献しています 問題は私たちにあります つまり専門家に依存しすぎているのです 彼らの自信にあふれ 確信を持った 決定的な答えに依存しています そしてその過程で 私たちは考える責任を放棄して 自分の知性や思考力の代わりに 専門家の「賢明な言葉」とやらを 鵜呑みにします 私たちは自分の力を投げ出し 自分が抱える不確実性による不安を 彼らが与えてくれる 確実性という幻想に 置き換えるのです これはけっして大げさではありません 最近の実験で ある成人のグループが 専門家の話を聞いているところを MRIでスキャンしてみたところ とても驚くべき結果が出ました 彼らが専門家の声を聞き始めると 脳の自己意思決定領域は オフになったのです 文字通りフラット状態でした 彼らは専門家の言葉を聞き 正誤を問わず、助言を受け入れました

しかし専門家でも間違いは犯します 研究によると医者は 10回のうち4回も誤診をすることを ご存知ですか? 自分で所得申告をすると 統計的に より正確に申告できると ご存知ですか あなたの代わりに 税理士に頼むよりもです そして、もちろん私たちが よく知っている事例があります 経済の専門家達があまりにも 大幅な見当違いをしたために 私たちは今 1930年代以来の大恐慌におかれています 自分達の健康 財産 そして安全保障のために 自己意思決定する脳の領域を 常に活性化させておくことは 大切です これは私が経済学者として ここ数年間 人は何を考え 誰を信頼し、なぜ信頼するか ということに注目し 研究を行った結果です しかし 皮肉なのは承知しています 私自身、専門家として そして教授、 首相や大企業の首脳陣、 国際機関に 助言する立場だからです 私は専門家の役割が変わらなければ いけないと信じる一人の専門家として 私達はよりオープンマインドになり、 民主的になるべきで 私たち専門家の見解に 人々が反抗することを 受け入れるべきだと思うのです では皆さんに私の立場を 理解してもらうため 専門家の世界に 案内しましょう

もちろんそこには例外があります 素晴らしい、文明に貢献するような例外です しかし私の研究によると 専門家らは全体的に 非常に融通の利かないいくつかの 立場に別れ、その中から 有力な説が現れると 反対説は黙殺されるのです 専門家達はその時主流な流行に沿い 自分達の仲間内で権威者を 英雄扱いするのです アラン・グリーンスパンの 経済成長はこの先どんどん 続くであろうという見通しは 経済危機の後になって初めて 異議を唱える人が出たのです 調べると 専門家はその時代の 社会的、文化的な 常識によって 支配され影響を受ける ことが分かります ビクトリア時代の医者は 女性が性的欲望を 表現すると彼女らを 精神病院へ送り込んだのです また1973年までアメリカの 精神科医らは同性愛を 精神疾患として 分類していました

これらが意味するところは パラダイムシフトが起こるまで 時間がかかりすぎること そして複雑さや細かいニュアンスは無視され 結局は金が物を言うこと 製薬会社が研究資金を出した 臨床試験で 一番酷い副作用が 好都合にも抜けている という証拠を見てきました 食品会社が研究資金を出した研究では 新製品を発売する際、 健康に良いという点をかなり 誇張するとようなことも見てきました 食品会社による研究では 独立した研究に比べ平均して 7倍も効果を誇張するという結果があります

そして私達は専門家であれど 間違いを犯すということを 自覚しなければなりません 彼らは毎日のように 不注意による間違いを犯します 最近の外科手術医学文書の研究では 外科医が健康な 卵巣を摘出したり、 脳の反対側を手術してしまったり、 間違った方の手、肘、目、足 などを手術した例がみつかりました また思考の間違いも起こります 例えば放射線科医に よく起こる思考の間違いは CTスキャンを見る時 照会した医師が何と言ったか すなわち 委託した医師が何と 言ったのかに対し 左右されすぎるということです 放射線科医が 肺炎の可能性がある 患者のスキャンを見ているとしましょう 何がおこるかというと スキャン上に肺炎の証拠を 見つけた時点で 見るのを止めてしまうのです そのため3インチ下にある 肺の腫瘍を 見逃してしまうのです

ここまでで私は専門家の 世界についての洞察を紹介しました 勿論これらの洞察以外にも 様々な事があるけれども これらの事例はあなたがたに 専門家の意見を盲目的に信じず 疑いを持つ必要性 自己の意志決定能力を 活性化させておく必要性を感じさせるでしょう それにはどうすればいいのでしょう? 時間がないので3つの 戦略だけに集中したいと思います まず、私達は専門家に対し 挑戦をし 同時に彼らを現代の伝道者として 扱うのをやめることです このために全ての科目で Ph.D.を取得する必要はありません ご安心ください でも彼らが苛立ちをあらわにしようとも 主張を貫いてください 例えば 私たちは理解できる言葉での 説明を望んでいます 私が手術を受けた後 医師はなぜ、 「ハーツさん、ハイパーパイレキシアに 気をつけてください」と言ったのでしょうか 単に、高い熱に気をつけてください と言えばよかったのに? 専門家に対して 挑戦をするということは 彼らのグラフや、方程式、 予報や予言の背後に 隠された本意を探し出し そのための質問を用意すること 例えばこのような質問です: 専門家の意見の前提となっているのは何か? どのような証拠に基づいているのか 何に焦点を置いて調査が進められたのか そして何が無視されたのか

最近の研究では 専門家による薬の臨床試験では 売り出される前に 大抵まず、オスの動物で 試され、そして次に 男性で試されることが分かりました まるで世界の半分の人口が 女性であることが忘れられているようです そして女性は医学のハズレくじをひいたのです なぜならこれらの薬の多くが 女性に対してはあまりよく効かない ことが分かったのです 効く薬はといえばあまりにも よく効きすぎて、女性に害を与えるのです 反抗者であるということは 専門家の作った前提や手法が 間違っている可能性が あることを認識することです

次に、私が「管理された意見の 相違」と呼ぶもののための場を 作る必要があります パラダイムシフトを起こすためには 打開策を打ち出すためには そして神話を崩壊させるには 専門家の知識を 戦わせる環境を創ることが必要です そこには新しく、多様で、 対立し、異端的な意見を 臆することなく議論に 取り込み 人類の進展は アイデアの創造のみでなく 破壊からも起こることを念頭に置きながら そしてこのように 多様で、対立した、 異端的な意見で 自分達を取り囲むと 私達はいっそう賢くなれる という研究結果がでています 意見の相違を促すのは反逆的なことです なぜなら それはすでに 自分が正しいと信じることに沿う 意見やアドバイスで自分を 取り囲もうとする私達の 本能に逆らうことだからです 積極的に意見の相違を 管理する必要があるのはそのためです

グーグル社CEOのエリック?シュミッドは この考えを実際に日々 実行している人です 会議では腕を組み、困惑した 表情の人を見つけ出し 実際にその人が異なる 意見の持ち主かどうか 議論に引っ張り込み 意見の相違を促すのです 意見の相違を管理する ということは不一致、不和、 差異の価値を認識 することです しかし更に一歩踏み出し 専門家とは何かを新たに 定義し直す必要があります 従来専門家とは 高度な学位や 派手な肩書き、 ディプロマなどを持ったり ベストセラー本を書いた 地位の高い人々のことです もしこのような 専門性の定義を エリート主義集団として 切り捨て、代わりに 民主的な専門性を 受け入れることをご想像ください そこでは専門性は外科医やCEOだけの 領域ではなく、 店頭販売員のものでもあるーそう、

例えば家電量販店 ベスト・バイでは 従業員全員にー 掃除人、販売員、 バックオフィスの人達、 予測チームだけではなく 全員に掛けをさせます そう、掛けです ある商品がクリスマス前に売れるかどうか 客の新しいアイデアを 取り入れるべきかどうか あるプロジェクトが予定通りに 実現するかどうかなどにです 社内の専門性を 活用し採用することで ベスト・バイは これから中国に オープンする大型店舗の 開店が予定通り 実現しないことを発見しました なぜならスタッフ全員に 店が予定通り開くか 掛けをさせたところ 経理部門のグループが 全員予定通りにいかないと 掛けたのです 彼らは会社の中で唯一 ある技術的な問題に 気づいていたのです 予測の専門家や 中国にいた現場の専門家さえ 知らなかったことにです

今夜お話した これらの戦略はー 意見の相違を受け入れ 専門家に挑戦をし 専門性の民主化をはかる といった反抗的な戦略は 混沌とし複雑で 難しい時代における 様々な問題に対抗するために 役に立つ戦略であると 私は思います なぜなら私達が 自己意思決定のための 脳の領域を活性化させておき 専門家に挑戦をし、疑い、 権威を譲り、 反抗し、 なおかつ ニュアンスや不確実さ、 疑問にもっと 慣れ親しみ、 そして専門家もこういった言葉で 表現をすることを 容認できれば 21世紀の 様々な問題に対して 対してよりよく準備ができます 今は かつてないほど 盲目的に従い 盲目的に受け入れ 盲目的に信頼する 時代ではありません 今こそ 目をしっかり開けて 世間に向き合う時なのです もちろん専門家を使って 問題解決に助けてもらいながら 自分の仕事を完全に無くすつもりはないのでー しかし彼らの限界と 勿論、自分達の 限界も認識しながら

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画