TED日本語 - エリック・ウィテカー: 2000の歌声でつくるバーチャル合唱団

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - エリック・ウィテカー: 2000の歌声でつくるバーチャル合唱団

TED Talks

2000の歌声でつくるバーチャル合唱団
A virtual choir 2,000 voices strong
エリック・ウィテカー
Eric Whitacre

内容

去年現れた感動的でものすごくバイラルなビデオの中で、作曲家エリック・ウィテカーは世界中の歌手たちによるバーチャル合唱団を指揮しました。YouTubeの力を借りて音楽を作るクリエイティブな挑戦について語り、2,052人の合唱からなる新作「眠り」の最初の2分をお披露目します。完全版は4月7日に公開されます(もちろんYouTubeで!)

Script

I wanted to be a rock star. I dreamed of it, and that's all I dreamed of. To be more accurate, I wanted to be a pop star. This was in the late '80s. And mostly I wanted to be the fifth member of Depeche Mode or Duran Duran. They wouldn't have me. I didn't read music, but I played synthesizers and drum machines. And I grew up in this little farming town in northern Nevada. And I was certain that's what my life would be.

And when I went to college at the University of Nevada, Las Vegas when I was 18, I was stunned to find that there was not a Pop Star 101, or even a degree program for that interest. And the choir conductor there knew that I sang and invited me to come and join the choir. And I said, "Yes, I would love to do that. It sounds great." And I left the room and said, "No way." The choir people in my high school were pretty geeky, and there was no way I was going to have anything to do with those people. And about a week later, a friend of mine came to me and said, "Listen, you've got to join choir. At the end of the semester, we're taking a trip to Mexico, all expenses paid. And the soprano section is just full of hot girls." And so I figured for Mexico and babes, I could do just about anything.

And I went to my first day in choir, and I sat down with the basses and sort of looked over my shoulder to see what they were doing. They opened their scores, the conductor gave the downbeat, and boom, they launched into the Kyrie from the "Requiem" by Mozart. In my entire life I had seen in black and white, and suddenly everything was in shocking Technicolor. The most transformative experience I've ever had -- in that single moment, hearing dissonance and harmony and people singing, people together, the shared vision. And I felt for the first time in my life that I was part of something bigger than myself. And there were a lot of cute girls in the soprano section, as it turns out.

I decided to write a piece for choir a couple of years later as a gift to this conductor who had changed my life. I had learned to read music by then, or slowly learning to read music. And that piece was published, and then I wrote another piece, and that got published. And then I started conducting, and I ended up doing my master's degree at the Juilliard School. And I find myself now in the unlikely position of standing in front of all of you as a professional classical composer and conductor.

Well a couple of years ago, a friend of mine emailed me a link, a YouTube link, and said, "You have got to see this." And it was this young woman who had posted a fan video to me, singing the soprano line to a piece of mine called "Sleep."

(Video) Britlin Losee: Hi Mr. Eric Whitacre. My name is Britlin Losee, and this is a video that I'd like to make for you. Here's me singing "Sleep." I'm a little nervous, just to let you know. ♪ If there are noises ♪ ♪ in the night ♪

Eric Whitacre: I was thunderstruck. Britlin was so innocent and so sweet, and her voice was so pure. And I even loved seeing behind her; I could see the little teddy bear sitting on the piano behind her in her room. Such an intimate video.

And I had this idea: if I could get 50 people to all do this same thing, sing their parts -- soprano, alto, tenor and bass -- wherever they were in the world, post their videos to YouTube, we could cut it all together and create a virtual choir. So I wrote on my blog, "OMG OMG." I actually wrote, "OMG," hopefully for the last time in public ever. (Laughter) And I sent out this call to singers. And I made free the download of the music to a piece that I had written in the year 2000 called "Lux Aurumque," which means "light and gold." And lo and behold, people started uploading their videos.

Now I should say, before that, what I did is I posted a conductor track of myself conducting. And it's in complete silence when I filmed it, because I was only hearing the music in my head, imagining the choir that would one day come to be. Afterwards, I played a piano track underneath so that the singers would have something to listen to. And then as the videos started to come in ...

(Singing) This is Cheryl Ang from Singapore.

(Singing) This is Evangelina Etienne

(Singing) from Massachusetts.

(Singing) Stephen Hanson from Sweden.

(Singing) This is Jamal Walker from Dallas, Texas.

(Singing)

There was even a little soprano solo in the piece, and so I had auditions. And a number of sopranos uploaded their parts. I was told later, and also by lots of singers who were involved in this, that they sometimes recorded 50 or 60 different takes until they got just the right take -- they uploaded it. Here's our winner of the soprano solo. This is Melody Myers from Tennessee. (Singing) I love the little smile she does right over the top of the note -- like, "No problem, everything's fine."

(Laughter)

And from the crowd emerged this young man, Scott Haines. And he said, "Listen, this is the project I've been looking for my whole life. I'd like to be the person to edit this all together." I said, "Thank you, Scott. I'm so glad that you found me." And Scott aggregated all of the videos. He scrubbed the audio. He made sure that everything lined up. And then we posted this video to YouTube about a year and a half ago. This is "Lux Aurumque" sung by the Virtual Choir.

(Singing)

I'll stop it there in the interest of time. (Applause)

Thank you. Thank you.

(Applause)

Thank you. So there's more. There's more. Thank you so much.

And I had the same reaction you did. I actually was moved to tears when I first saw it. I just couldn't believe the poetry of all of it -- these souls all on their own desert island, sending electronic messages in bottles to each other. And the video went viral. We had a million hits in the first month and got a lot of attention for it. And because of that, then a lot of singers started saying, "All right, what's Virtual Choir 2.0?" And so I decided for Virtual Choir 2.0 that I would choose the same piece that Britlin was singing, "Sleep," which is another work that I wrote in the year 2000 -- poetry by my dear friend Charles Anthony Silvestri. And again, I posted a conductor video, and we started accepting submissions. This time we got some more mature members. (Singing) And some younger members.

(Video) Soprano: ♪ Upon my pillow ♪ ♪ Safe in bed ♪ EW: That's Georgie from England. She's only nine. Isn't that the sweetest thing you've ever seen?

Someone did all eight videos -- a bass even singing the soprano parts. This is Beau Awtin. (Video) Beau Awtin: ♪ Safe in bed ♪

EW: And our goal -- it was sort of an arbitrary goal -- there was an MTV video where they all sang "Lollipop" and they got people from all over the world to just sing that little melody. And there were 900 people involved in that. So I told the singers, "That's our goal. That's the number for us to beat." And we just closed submissions January 10th, and our final tally was 2,051 videos from 58 different countries. Thank you. (Applause) From Malta, Madagascar, Thailand, Vietnam, Jordan, Egypt, Israel, as far north as Alaska and as far south as New Zealand.

And we also put a page on Facebook for the singers to upload their testimonials, what it was like for them, their experience singing it. And I've just chosen a few of them here. "My sister and I used to sing in choirs together constantly. Now she's an airman in the air force constantly traveling. It's so wonderful to sing together again!" I love the idea that she's singing with her sister. "Aside from the beautiful music, it's great just to know I'm part of a worldwide community of people I never met before, but who are connected anyway." And my personal favorite, "When I told my husband that I was going to be a part of this, he told me that I did not have the voice for it." Yeah, I'm sure a lot of you have heard that too. Me too. "It hurt so much, and I shed some tears, but something inside of me wanted to do this despite his words. It is a dream come true to be part of this choir, as I've never been part of one. When I placed a marker on the Google Earth Map, I had to go with the nearest city, which is about 400 miles away from where I live. As I am in the Great Alaskan Bush, satellite is my connection to the world."

So two things struck me deeply about this. The first is that human beings will go to any lengths necessary to find and connect with each other. It doesn't matter the technology. And the second is that people seem to be experiencing an actual connection. It wasn't a virtual choir. There are people now online that are friends; they've never met. But, I know myself too, I feel this virtual esprit de corps, if you will, with all of them. I feel a closeness to this choir -- almost like a family.

What I'd like to close with then today is the first look at "Sleep" by Virtual Choir 2.0. This will be a premiere today. We're not finished with the video yet. You can imagine, with 2,000 synchronized YouTube videos, the render time is just atrocious. But we do have the first three minutes. And it's a tremendous honor for me to be able to show it to you here first. You're the very first people to see this. This is "Sleep," the Virtual Choir.

(Video) Virtual Choir: ♪ The evening hangs ♪ ♪ beneath the moon ♪ ♪ A silver thread on darkened dune ♪ ♪ With closing eyes and resting head ♪ ♪ I know that sleep is coming soon ♪ ♪ Upon my pillow, ♪ ♪ safe in bed, ♪ ♪ a thousand pictures fill my head ♪ ♪ I can not sleep ♪ ♪ my mind's aflight ♪ ♪ and yet my limbs seem made of lead ♪ ♪ If there are noises in the night ♪

Eric Whitacre: Thank you very, very much. Thank you.

(Applause) Thank you very much. Thank you. Thank you.

(Applause)

私はロックスターになりたいと思っていました それが私の夢見ていたすべてでした より正確に言うと ポップスターです 80年代後半のことで デペッシュ・モードか デュラン・デュランの 5番目のメンバーになりたかったんです 入れてはもらえないでしょうけど 楽譜が読めないながら シンセや ドラムマシンをやっていました ネバダ州北部の小さな農村で育ちましたが それが? 自分の人生の進む道だと信じていました

18歳で ラスベガスにある ネバダ大学に入ったとき 私が驚いたのは 「初歩のポップスター」の授業もなければ ポップスターの学位もないということだったんです 私が歌うのを知っていた 合唱団の指揮者は 合唱団に入るよう誘ってくれました 「ええ 喜んで 楽しそうですね」と答えましたが その後「これはだめだ」と逃げ出すことになりました 高校の合唱団のメンバーはオタクみたいなのばかりで いっしょにやって行けそうな気がしませんでした でも一週間後に友達が言ったんです 「合唱団に入った方がいいぞ 学期末にタダでメキシコに 旅行ができるし 何より ソプラノにかわいい子がいっぱいいる」 メキシコと女の子のためとあれば 何だってやると思いました

合唱団に入った最初の日 バスのパートに入って 肩越しに他の人が どうするか見ていました 楽譜を開き 指揮者が拍子を取ると バーン! モーツァルトの「レクイエム」の キリエが始まりました これまでずっとモノクロで見ていた世界が 急にカラーに変わったような衝撃を覚えました 私にとって一瞬にして起きた最大の変化の体験でした 不協和音と和音が響き みんなが一緒に歌い ビジョンを共有していました 人生で初めて 自分よりも大きな 何かの一部になったのを感じました それにソプラノにかわいい女の子がたくさんいるというのも本当でした

何年か後に 自分の人生を変えてくれた その指揮者への感謝の気持ちで 合唱曲を書きました その頃には楽譜もだんだん読めるようになっていました その曲が出版され また別な曲を書き それも出版されました それから指揮をするようになり ジュリアード音楽院で修士号を取り そして今ではクラシックの 作曲家兼指揮者という 思ってもいなかった仕事をしています

2年ほど前に 友人が あるYouTubeのリンクを メールで送ってきました 「これすごいぞ」と ある若い女性が 私宛のファンビデオを作り 私の作った「眠り」という曲の ソプラノ部分を歌っていました

こんにちは エリック・ウィテカーさん ブリトリン・ルーシーです あなたのために ビデオを作ろうと思いました 「眠り」を歌います ちょっと緊張しています ごめんなさい 物音のする 夜には

雷に打たれたように感じました ブリトリンは あまりに無垢で愛らしく その声は透き通るようでした ピアノの上にあるクマのぬいぐるみが 彼女の後ろに見えているのも 心惹かれました とてもうち解けた光景だったのです

そしてひらめきました 50人の人がこれと同じことをして ソプラノ アルト テノール バス それぞれのパートを歌い YouTubeに投稿したら それをまとめてバーチャルな合唱を作れるかもしれないと それでブログに「キターーーーッ」と書きました 文字通りそう書いたんです 公に「キターッ」と書くのは これを最後にしたいですが (笑) そして歌手の人たちに呼びかけ 私の曲の楽譜も 自由にダウンロードできるようにしました 2000年に書いた 「ルクス・アルムクエ」という曲で 「光と金」という意味です するとみんながビデオをアップロードしはじめたのです

その前に 私が指揮をしている 指揮者のパートも 投稿しておきました 撮影した時はまったく音なしでやっていました 頭の中で音楽を聴きながら いつかできあがる合唱をイメージしていたのです 後でピアノの伴奏を付けて 歌手の人たちが聞けるようにしました そしてたくさんのビデオが寄せられました

(歌) これはシンガポールのシェリル・アン

(歌) これはエヴァンジェリーナ・エティエン

(歌) マサチューセッツの人です

(歌) スウェーデンのスティーブン・ハンソン

(歌) テキサス州ダラスのジャマル・ウォーカー

(歌)

曲の中に短いソプラノのソロがあって そのためのオーディションをしました たくさんの応募がありました 後で聞いたら 参加した人の多くは 完璧なのが撮れるまで 50回も60回も 撮り直ししていたということです ソプラノソロを勝ち取ったのはこの人 テネシーに住むメラニー・マイヤーズです (歌) 一番高音のところで見せる小さな微笑みがいいですね 何か「大丈夫 心配しないで」と

言っているようです (笑)

それからスコット・ヘインズという 若者が現れて 「これはまさに私がずっと探し続けてきた プロジェクトです ビデオの編集を ぜひやらせてください」と言いました 私は「ありがとうスコット 見つけてもらえて助かったよ」と答えました スコットがビデオを すべてまとめ上げました 音声を取り出し すべてが揃うようにしました そして1年半前にYouTubeに投稿しました バーチャル合唱団による「ルクス・アルムクエ」です

(歌)

時間が限られているので ここで止めておきます (拍手)

ありがとうございます

(スタンディングオベーション)

ありがとうございます まだ続きがあります どうもありがとうございます

私の反応もみなさんと同じでした 最初に見たときには涙が出てきました これが生み出す詩情は信じられないほどでした それぞれの心の孤島から 瓶に詰められた電子のメッセージが 互いに送り交わされたかのようです このビデオは口コミで広まって 最初の1ヶ月で100万回再生され とても注目されました それで多くの歌手の人たちが言いました 「いいね それで第二弾はいつやるの?」と それで「バーチャル合唱団2.0」を やることにし 曲にはブリトリンが歌っていた 「眠り」を選びました これも私が2000年に書いた曲で 親友のチャールズ・シルベストリの作詞です 今回もまた 指揮者のビデオを投稿して 応募を受け始めました 今回はもっと年期の入ったメンバーや (歌) ずっと若いメンバーもいます

枕の上 ベッドに心安く イングランドのジョージー まだ9歳の子です こんな愛らしいもの見たことないでしょう?

1人でバスからソプラノまで歌い 8つのビデオを作った人もいます ボー・オーティンです ベッドで心安く

私たちが目指していたのは 勝手に決めたものですが MTVのビデオで「ロリポップ」の歌を 世界中の人が歌うというのがあって 900人の参加を集めていたので 私は「これを目標にしよう この人数を抜いてやろう」と言いました 1月10日に応募を締め切りましたが 最終的には2,051のビデオが 58カ国から寄せられました (拍手) ありがとうございます マルタ マダガスカル タイ ベトナム ヨルダン エジプト イスラエル 北はアラスカから 南はニュージーランドまで

Facebookにページを作って 歌手の人たちが参加してどうだったか 感想を書き込めるようにしました いくつかご紹介しましょう 「昔は妹とよく一緒に歌っていました 今は空軍のパイロットになっていつもどこかに行っています だからまた一緒に歌えてすごくよかったです!」 妹さんと一緒に歌ったというのがいいですね 「美しい音楽というだけでなく 会ったことはなくても繋がっている 世界に広がるコミュニティの 一員だというのが素晴らしいです」 これは個人的に好きなやつです 「私がこれに参加すると夫に言ったら お前の声じゃ無理だと言われました」 多くの人がそう言われていることでしょう 私もそうです 「とても傷ついて泣きました でも私の中にどうしてもやりたいという気持ちがありました 今までかなわなかった 合唱に加わる夢がかなうんです Google Earthにマーカーを付けたら 私の住んでいるところから一番近い町まで600キロ離れていました アラスカの未開の地にいて 衛星が私の世界との絆です」

2つのことが心を打ちました 1つは 人が 互いに繋がり合うために 努力をいとわないこと 重要なのはテクノロジーではありません もう1つは 人々が本当の繋がりを持っているということです バーチャルではなかったのです 会ったことはなくとも みんな友達になっています 私もそうです みんなとの団結心を感じています 合唱団と近しさを感じています ほとんど家族のように

今日は最後に バーチャル合唱団2.0による「眠り」を お目にかけたいと思います 今日が初公開です ビデオはまだ完成していないんですが 2,000本のYouTubeビデオを合成するところを考えてみてください レンダリングにとんでもなく時間がかかります でも最初の3分はできています ここでお披露目できるのを 大変光栄に思います これを見るのは皆さんが最初です バーチャル合唱団による「眠り」です

夕闇が 月の下にかかり 銀の光が暗い砂丘に差す 目を閉じて頭を休め 眠りが近づくのを知る 枕の上 ベッドに心安く 頭を満たす幾千の絵 眠らせることのできない 悩める心 手足は鉛のようでありながら 物音のする夜には

どうもありがとうございました

(スタンディングオベーション) どうもありがとうございます

(スタンディングオベーション)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画