TED日本語 - 8人のマヤ・バイザーによるチェロ合奏

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - 8人のマヤ・バイザーによるチェロ合奏

TED Talks

8人のマヤ・バイザーによるチェロ合奏
Maya Beiser(s) and her cello(s)

内容

チェリストのマヤ・バイザーが、彼女自身の7人の分身たちとともに8声からなる見事な現代的練習曲を演奏し、ついで瞑想的な音楽と映像のハイブリッドへと移行して、テクノロジーによって力強い音の際限のない可能性を作り出します。曲はスティーヴ・ライヒの「チェロ・カウンターポイント」をビル・モリソンの映像で、デヴィッド・ラングの「ワールド・トゥ・カム」をイリット・バツリーの映像でご覧いただきます。

Script

(Music)

(Applause)

Thank you.

Imagining a solo cello concert,one would most likely think of Johann Sebastian Bach unaccompanied cello suites. As a child studying these eternal masterpieces, Bach's music would intermingle with the singing voices of Muslim prayers from the neighboring Arab village of the northern Kibbutz in Israel where I grew up. Late at night, after hours of practicing, I would listen to Janis Joplin and Billie Holiday as the sounds of tango music would be creeping from my parents' stereo. It all became music to me. I didn't hear the boundaries.

I still start every day practicing playing Bach. His music never ceases to sound fresh and surprising to me. But as I was moving away from the traditional classical repertoire and trying to find new ways of musical expression, I realized that with today's technological resources, there's no reason to limit what can be produced at one time from a single string instrument.

The power and coherency that comes from one person hearing, perceiving and playing all the voices makes a very different experience. The excitement of a great orchestra performance comes from the attempt to have a collective of musicians producing one unified whole concept. The excitement from using multi-tracking, the way I did in the piece you will hear next, comes from the attempt to build and create a whole universe with many diverse layers, all generated from a single source. My cello and my voice are layered to create this large sonic canvas.

When composers write music for me, I ask them to forget what they know about the cello. I hope to arrive at new territories to discover sounds I have never heard before. I want to create endless possibilities with this cello. I become the medium through which the music is being channeled, and in the process, when all is right, the music is transformed and so am I.

(Music)

(Applause)

(演奏)

(拍手)

ありがとうございます

チェロの独奏といえば 大概はヨハン・ゼバスティアン・バッハの 無伴奏チェロ組曲を思い浮かべるでしょう この永遠の名作を 学んでいた子どもの頃 バッハの音楽は 私の育った北イスラエルのキブツで 近隣のアラブの村から聞こえてくる イスラムの祈りの歌うような声と 混ざり合っていました 長い練習の後 夜遅くに ジャニス・ジョプリンやビリー・ホリデイを聞いたものですが 同時に両親の部屋のステレオからは タンゴの音楽が漏れ聞こえていました そのすべてが私にとっての音楽になりました 音楽の境界を意識したことはありません

私は今でも毎日 バッハの曲で練習を始めます バッハの音楽はいつも新鮮で 絶えず驚きを与えてくれます でも伝統的な クラシックの曲目から離れ 音楽表現の新たな道を 模索するようになって 気づきました 現代の技術を使うなら 一つの弦楽器で 一度に出せる音に制限すべき理由は ないということです

全ての声部を一人で 聴き 感じ 演奏することによる力と緊密感は 全く異なる体験を生み出します 素晴らしいオーケストラ演奏のもたらす興奮は 音楽家の集団が一つの統合されたテーマを 作り出そうとする試みから生まれます 次の曲でお聞きいただきますが マルチトラッキングによる興奮は 幾層からなる宇宙の全体を すべて一個の音源から 構築し 作り出そうとする 試みから生まれます 私のチェロと私の声が重なり合い 大きな音のキャンバスを作り出します

曲を書いてもらうときに お願いしているのは 「チェロにとらわれないで」ということ 新しい領域に足を踏み入れて 聞いたことのない音を発見したいと思っているからです 私はこのチェロを使って 限りない可能性を生み出したいのです 自分自身が音楽の流れる媒体となって その過程で全てがうまくいった時 音楽は変貌を遂げ 私も違ったものになるのです

(演奏)

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画