TED日本語 - ジョシュア・ウォルターズ: 適度な狂気

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョシュア・ウォルターズ: 適度な狂気

TED Talks

適度な狂気
On being just crazy enough
ジョシュア・ウォルターズ
Joshua Walters

内容

TEDのFull Spectrum Auditionで双極性鬱を抱えるコメディアンのジョシュア・ウォルターズが精神の疾病と巧緻性という際どい差異について考察します。この面白いが どこか考えさせてくれるTalkで彼はある問いかけをします: 「精神病は直したい。でも適度な狂気は創造性と力を生み出す。精神病の適度なバランスとは?」

Script

My name is Joshua Walters. I'm a performer.

(Beatboxing)

(Laughter)

(Applause)

But as far as being a performer, I'm also diagnosed bipolar. I reframe that as a positive because the crazier I get onstage, the more entertaining I become. When I was 16 in San Francisco, I had my breakthrough manic episode in which I thought I was Jesus Christ. Maybe you thought that was scary, but actually there's no amount of drugs you can take that can get you as high as if you think you're Jesus Christ.

(Laughter)

I was sent to a place, a psych ward, and in the psych ward, everyone is doing their own one-man show. (Laughter) There's no audience like this to justify their rehearsal time. They're just practicing. One day they'll get here. Now when I got out, I was diagnosed and I was given medications by a psychiatrist. "Okay, Josh, why don't we give you some -- why don't we give you some Zyprexa. Okay? Mmhmm? At least that's what it says on my pen." (Laughter) Some of you are in the field, I can see. I can feel your noise. The first half of high school was the struggle of the manic episode, and the second half was the overmedications of these drugs, where I was sleeping through high school. The second half was just one big nap, pretty much, in class. When I got out I had a choice. I could either deny my mental illness or embrace my mental skillness.

(Bugle sound)

There's a movement going on right now to reframe mental illness as a positive -- at least the hypomanic edge part of it. Now if you don't know what hypomania is, it's like an engine that's out of control, maybe a Ferrari engine, with no breaks. Many of the speakers here, many of you in the audience, have that creative edge, if you know what I'm talking about. You're driven to do something that everyone has told you is impossible.

And there's a book -- John Gartner. John Gartner wrote this book called "The Hypomanic Edge" in which Christopher Columbus and Ted Turner and Steve Jobs and all these business minds have this edge to compete. A different book was written not too long ago in the mid-90s called "Touched With Fire" by Kay Redfield Jamison in which it was looked at in a creative sense in which Mozart and Beethoven and Van Gogh all have this manic depression that they were suffering with. Some of them committed suicide. So it wasn't all the good side of the illness.

Now recently, there's been development in this field. And there was an article written in the New York Times, September 2010, that stated: "Just Manic Enough." Just be manic enough in which investors who are looking for entrepreneurs that have this kind of spectrum -- you know what I'm talking about -- not maybe full bipolar, but they're in the bipolar spectrum -- where on one side, maybe you think you're Jesus, and on the other side maybe they just make you a lot of money. (Laughter) Your call. Your call. And everyone's somewhere in the middle. Everyone's somewhere in the middle.

So maybe, you know, there's no such thing as crazy, and being diagnosed with a mental illness doesn't mean you're crazy. But maybe it just means you're more sensitive to what most people can't see or feel. Maybe no one's really crazy. Everyone is just a little bit mad. How much depends on where you fall in the spectrum. How much depends on how lucky you are.

Thank you.

(Applause)

ジョシュア・ウォルターズです パフォーマーをしています

(ビート)

(笑)

(拍手)

私はパフォーマーですが それ以前に二重人格だと 診断されています 私はこれを良いことだと捉えています ステージで狂えば狂うほどに 私は輝きを増すからです 16歳の時 サンフランシスコで私は 革新的ともいえる体験をしました 自分をイエス・キリストだと思ったのです 恐ろしい体験だと思われたかもしれませんが 自身をイエス・キリストだと思うことほど 気持ちを高めてくれる 薬はどこにもないんです

(笑)

私はある場所に送られました 精神病院です そこでは皆が自身の ワンマンショーを繰り広げていました (笑) リハーサルだと言うにも 皆さんのような観客はいないんですよ 皆ひたすらに練習をするんです いつかこの舞台に来るかもしれませんよ さて その精神病院を出て 外で精神科医から 薬をもらいました その医者はこう言いました 「ジョシュ いいか ジプレキサ (非定型統合失調症治療薬)を出してやろう わかったか? ん? とりあえずペンにそう書いてあるだ」 (笑) ここにも専門の方がいるようですね ざわめきが聞こえてきますよ 高校の前半期は 狂った話との葛藤で 後半期はこの手の 薬の過剰摂取で 授業中ずっと眠っていました つまり 後半は居眠りの時期とでも呼べるかな 高校を卒業して 選択をする時が来ました 自分の精神病を拒むのか それとも この繊細な心を 受け入れるのか

(ラッパの音)

現在 精神病を肯定的に 捉え直そうとする動きが起こっています 少なくとも一部の躁病患者の間ではね 躁病というのが何か知らない方は ブレーキがないフェラーリ製の エンジンとでも思って頂いて間違いないです TEDの会場にはこの鋭い感性を持つ方が たくさんいることでしょう 何のことだかわかればの話ですが 一般に不可能と言われていることに 皆さん駆り立てられるのです

ジョン・ガートナーの著書 "The Hypomanic Edge"という本には クリストファ・コロンブス、テッド・ターナー、スティーブ・ジョブスといった 企業家は皆 競争力を生む 強みを持っていると書かれています ついこないだ 90年代半ば書かれた "Touched With Fire"という キー・レッドフィールドの著書の中でも モーツァルトやベートーベン、ゴッホも 皆 同様の躁うつ病を患っていたことが 独創的に描写されています 自殺してしまった方もいます 精神病が全体として 良いものであるわけではないのです

最近 こういった分野は だいぶ発展をしています ニューヨークタイムズにも2010年の9月に ある記事の中で "適度な狂気" という一説がありました 投資家たちが 冒険的な企業家を探すときには 適度に狂ってみたほうがいいようです わかるでしょ? 完全な双極性鬱ではないにしても どこか二つの面を持っている状態です 一方では自分自信を キリストと思い込みながらも 他方で彼らは 莫大な利益を生むかもしれませんから (笑) あなた次第ですよ 皆さん一般的には真ん中あたりにいます 両極にいる人はあまりいません

つまり おそらくは これ程までに 狂ったことはないのです 精神病 = 狂っている という図式は 成立しないのです でも実は精神病とは 多くの人に見えなかったり 認知されないことに 敏感なだけじゃないでしょうか みんな少しは変わったところがありますが 本当に狂った人なんて実はいないのではないでしょうか その程度というのは それを図る尺度によって変わりますし 言ってしまえば 運にかかっているんです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画