TED日本語 - レベッカ・マッキノン: インターネットを取り戻そう!

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - レベッカ・マッキノン: インターネットを取り戻そう!

TED Talks

インターネットを取り戻そう!
Let's take back the Internet!
レベッカ・マッキノン
Rebecca MacKinnon

内容

TEDGlobalで行われたこの力強いトークで、レベッカ・マッキノンはサイバー空間において広がり続ける自由と管理に対する闘争についてを説明し、こう問います。「管理よりも自由と責任を中心とした次世代のインターネットをどのようにデザインしていけばよいでしょうか?」彼女はインターネットが世界中の人々が自らの政府に対して言論の自由と通信の権利を要求する「マグナ・カルタ」の瞬間に向かっていることを信じています。

Script

So I begin with an advertisement inspired by George Orwell that Apple ran in 1984.

(Video) Big Brother: We are one people with one will,one resolve,one cause. Our enemies shall talk themselves to death, and we will fight them with their own confusion. We shall prevail. Narrator: On January 24th, Apple Computer will introduce Macintosh. And you'll see why 1984 won't be like "1984."

Rebecca MacKinnon: So the underlying message of this video remains very powerful even today. Technology created by innovative companies will set us all free. Fast-forward more than two decades: Apple launches the iPhone in China and censors the Dalai Lama out along with several other politically sensitive applications at the request of the Chinese government for its Chinese app store. The American political cartoonist Mark Fiore also had his satire application censored in the United States because some of Apple's staff were concerned it would be offensive to some groups. His app wasn't reinstated until he won the Pulitzer Prize. The German magazine Stern, a news magazine, had its app censored because the Apple nannies deemed it to be a little bit too racy for their users, and despite the fact that this magazine is perfectly legal for sale on newsstands throughout Germany. And more controversially, recently, Apple censored a Palestinian protest app after the Israeli government voiced concerns that it might be used to organize violent attacks.

So here's the thing. We have a situation where private companies are applying censorship standards that are often quite arbitrary and generally more narrow than the free speech constitutional standards that we have in democracies. Or they're responding to censorship requests by authoritarian regimes that do not reflect consent of the governed. Or they're responding to requests and concerns by governments that have no jurisdiction over many, or most, of the users and viewers who are interacting with the content in question.

So here's the situation. In a pre-Internet world, sovereignty over our physical freedoms, or lack thereof, was controlled almost entirely by nation-states. But now we have this new layer of private sovereignty in cyberspace. And their decisions about software coding, engineering, design, terms of service all act as a kind of law that shapes what we can and can not do with our digital lives. And their sovereignties, cross-cutting, globally interlinked, can in some ways challenge the sovereignties of nation-states in very exciting ways, but sometimes also act to project and extend it at a time when control over what people can and can not do with information has more effect than ever on the exercise of power in our physical world. After all, even the leader of the free world needs a little help from the sultan of Facebookistan if he wants to get reelected next year.

And these platforms were certainly very helpful to activists in Tunisia and Egypt this past spring and beyond. As Wael Ghonim, the Google-Egyptian-executive by day, secret-Facebook-activist by night, famously said to CNN after Mubarak stepped down, "If you want to liberate a society, just give them the Internet." But overthrowing a government is one thing and building a stable democracy is a bit more complicated. On the left there's a photo taken by an Egyptian activist who was part of the storming of the Egyptian state security offices in March. And many of the agents shredded as many of the documents as they could and left them behind in piles. But some of the files were left behind intact, and activists, some of them, found their own surveillance dossiers full of transcripts of their email exchanges, their cellphone text message exchanges, even Skype conversations. And one activist actually found a contract from a Western company for the sale of surveillance technology to the Egyptian security forces. And Egyptian activists are assuming that these technologies for surveillance are still being used by the transitional authorities running the networks there.

And in Tunisia, censorship actually began to return in May -- not nearly as extensively as under President Ben Ali. But you'll see here a blocked page of what happens when you try to reach certain Facebook pages and some other websites that the transitional authorities have determined might incite violence. In protest over this, blogger Slim Amamou, who had been jailed under Ben Ali and then became part of the transitional government after the revolution, he resigned in protest from the cabinet. But there's been a lot of debate in Tunisia about how to handle this kind of problem.

In fact, on Twitter, there were a number of people who were supportive of the revolution who said, "Well actually, we do want democracy and free expression, but there is some kinds of speech that need to be off-bounds because it's too violent and it might be destabilizing for our democracy. But the problem is, how do you decide who is in power to make these decisions and how do you make sure that they do not abuse their power? As Riadh Guerfali, the veteran digital activist from Tunisia, remarked over this incident, "Before, things were simple: you had the good guys on one side and the bad guys on the other. Today, things are a lot more subtle." Welcome to democracy, our Tunisian and Egyptian friends.

The reality is that even in democratic societies today, we do not have good answers for how you balance the need for security and law enforcement on one hand and protection of civil liberties and free speech on the other in our digital networks. In fact, in the United States, whatever you may think of Julian Assange, even people who are not necessarily big fans of his are very concerned about the way in which the United States government and some companies have handled Wikileaks. Amazon webhosting dropped Wikileaks as a customer after receiving a complaint from U.S. Senator Joe Lieberman, despite the fact that Wikileaks had not been charged, let alone convicted, of any crime.

So we assume that the Internet is a border-busting technology. This is a map of social networks worldwide, and certainly Facebook has conquered much of the world -- which is either a good or a bad thing, depending on how you like the way Facebook manages its service. But borders do persist in some parts of cyberspace. In Brazil and Japan, it's for unique cultural and linguistic reasons. But if you look at China, Vietnam and a number of the former Soviet states, what's happening there is more troubling. You have a situation where the relationship between government and local social networking companies is creating a situation where, effectively, the empowering potential of these platforms is being constrained because of these relationships between companies and government.

Now in China, you have the "great firewall," as it's well-known, that blocks Facebook and Twitter and now Google+ and many of the other overseas websites. And that's done in part with the help from Western technology. But that's only half of the story. The other part of the story are requirements that the Chinese government places on all companies operating on the Chinese Internet, known as a system of self-discipline. In plain English, that means censorship and surveillance of their users. And this is a ceremony I actually attended in 2009 where the Internet Society of China presented awards to the top 20 Chinese companies that are best at exercising self-discipline -- i.e. policing their content. And Robin Li, CEO of Baidu, China's dominant search engine, was one of the recipients.

In Russia, they do not generally block the Internet and directly censor websites. But this is a website called Rospil that's an anti-corruption site. And earlier this year, there was a troubling incident where people who had made donations to Rospil through a payments processing system called Yandex Money suddenly received threatening phone calls from members of a nationalist party who had obtained details about donors to Rospil through members of the security services who had somehow obtained this information from people at Yandex Money. This has a chilling effect on people's ability to use the Internet to hold government accountable. So we have a situation in the world today where in more and more countries the relationship between citizens and governments is mediated through the Internet, which is comprised primarily of privately owned and operated services.

So the important question, I think, is not this debate over whether the Internet is going to help the good guys more than the bad guys. Of course, it's going to empower whoever is most skilled at using the technology and best understands the Internet in comparison with whoever their adversary is. The most urgent question we need to be asking today is how do we make sure that the Internet evolves in a citizen-centric manner. Because I think all of you will agree that the only legitimate purpose of government is to serve citizens, and I would argue that the only legitimate purpose of technology is to improve our lives, not to manipulate or enslave us.

So the question is, we know how to hold government accountable. We don't necessarily always do it very well, but we have a sense of what the models are, politically and institutionally, to do that. How do you hold the sovereigns of cyberspace accountable to the public interest when most CEO's argue that their main obligation is to maximize shareholder profit?

And government regulation often isn't helping all that much. You have situations, for instance, in France where president Sarkozy tells the CEO's of Internet companies, "We're the only legitimate representatives of the public interest." But then he goes and champions laws like the infamous "three-strikes" law that would disconnect citizens from the Internet for file sharing, which has been condemned by the U.N. Special Rapporteur on Freedom of Expression as being a disproportionate violation of citizens' right to communications, and has raised questions amongst civil society groups about whether some political representatives are more interested in preserving the interests of the entertainment industry than they are in defending the rights of their citizens. And here in the United Kingdom there's also concern over a law called the Digital Economy Act that's placing more onus on private intermediaries to police citizen behavior.

So what we need to recognize is that if we want to have a citizen-centric Internet in the future, we need a broader and more sustained Internet freedom movement. After all, companies didn't stop polluting groundwater as a matter of course, or employing 10-year-olds as a matter of course, just because executives woke up one day and decided it was the right thing to do. It was the result of decades of sustained activism, shareholder advocacy and consumer advocacy. Similarly, governments don't enact intelligent environmental and labor laws just because politicians wake up one day. It's the result of very sustained and prolonged political activism that you get the right regulations, and that you get the right corporate behavior. We need to make the same approach with the Internet.

We also are going to need political innovation. Eight hundred years ago, approximately, the barons of England decided that the Divine Right of Kings was no longer working for them so well, and they forced King John to sign the Magna Carta, which recognized that even the king who claimed to have divine rule still had to abide by a basic set of rules. This set off a cycle of what we can call political innovation, which led eventually to the idea of consent of the governed -- which was implemented for the first time by that radical revolutionary government in America across the pond. So now we need to figure out how to build consent of the networked.

And what does that look like? At the moment, we still don't know. But it's going to require innovation that's not only going to need to focus on politics, on geopolitics, but it's also going to need to deal with questions of business management, investor behavior, consumer choice and even software design and engineering. Each and every one of us has a vital part to play in building the kind of world in which government and technology serve the world's people and not the other way around.

Thank you very much.

(Applause)

はじめに アップルが1984年に ジョージ・オーウェルに触発され 放映したCMをご紹介します

(動画)ビッグブラザー:我々は ひとつの意思 ひとつの決意 ひとつの目的をもった ひとつの国民である 敵は死ぬまで話題にし続けるだろう 彼ら自身の当惑をもとに彼らと戦うのだ 我々は勝利をするだろう ナレーター:1月24日 アップルコンピューターはマッキントッシュを紹介する そしてなぜ1984年が ただの「1984年」ではなくなるのか その理由を知ることになるだろう

レベッカ・マッキノン:この動画の根底にあるメッセージは 今でも強烈に残っています 革新的企業が作りだした技術によって 我々を自由にするということです あれから20年後 アップルは中国にiPhoneを販売し ダライ・ラマをはじめとする 多くの政治的に物議を醸すアプリを 中国政府の要請で 中国のApp Storeに対し検閲を行いました アメリカの政治漫画家である マーク・フィオレも 自身の風刺アプリが アメリカで検閲されました アップルの従業員は それが 特定のグループにとって攻撃的であることを憂慮したからです 彼のアプリは 彼がピューリッツァー賞を受賞するまで公開されませんでした ドイツのニュース雑誌 Stern の アプリも検閲されました アップル側がユーザーに対し アプリの内容が若干際どすぎると見なしたからです この雑誌が ドイツ中の新聞売り場に 完全に合法で販売されているにも関わらずです そしてさらに議論をよぶものとして 最近 アップルはパレスチナ人による抗議アプリを検閲しました イスラエル政府がそれによって テロの計画に使われる可能性を憂慮する反応を示したからです

つまりこういうことです 今や 民間企業は 民主主義における 憲法に保証された言論の自由よりも はるかに厳しく 恣意的な検閲基準を 適用しはじめている状況なのです また 企業は国民の民意を無視する 独裁政権からの 検閲要求に応じています あるいは 企業は 問題となっているコンテンツと関係している 多くのユーザーに対して 権限を持たない政府からの 要求や懸念に応じているのです

状況はこうです インターネット以前の世界では 私たちの物理的な自由に対する 統治権は 国家によってほぼ完全に 統制されていました しかし今 新しい層として 民間による統治権が インターネット上に存在します そして彼らのソフトウェアコーディグや エンジニアリング デザイン サービス規約などが デジタルの生活において 何ができて 何ができないかを決める法律のように作用しています そして様々な分野で 世界中で繋がっている統治権は あるときは 国家の統治権と 興味深い方法で相対する場合があります また あるときは 統治権の行使と拡張によって 人々が情報に対して 何ができて 何ができないのかといった管理が これまで以上に 物理的な世界での行動の 制限に 影響を及ぼしています 結局 自由世界の指導者でさえ 来年の選挙で再選したければ Facebook帝国の皇帝の力が必要になるんです

そしてこれらのプラットフォームは 今年の春以降の チュニジアやエジプトの活動家にとって 実に便利なものでした 昼の顔はGoogleのエジプト幹部 夜の顔はFacebookの地下活動家だった ワエル・ゴニム氏は ムバラクが退任した後 CNNに対してこんな名言を残しました 「社会を解放させたいのなら インターネットを与えればいいのさ」 ただ 政権を転覆させるのと 安定した民主主義を構築するのは別の話で もっと複雑です 左に見えるのは 3月にエジプト国家保安局の襲撃に参加した エジプト人の活動家によって撮影された写真です 多くの局員は 出来るだけ多くの文書をシュレッダーにかけて 紙の山を残していきました しかしいくつかの文書は無傷のまま残されており 何人かの活動家は 自分たちに関する監視記録を発見しました 彼らのメールのやり取りの大量の写しや 携帯電話のメッセージ交換記録 スカイプ通話の記録もありました ある活動家は実際に 欧米企業によるエジプト治安部隊への 監視技術の販売に関する 契約書を発見しました エジプト人の活動家たちは これらの監視技術が ネットワークを運営している 暫定当局が未だに利用していると推測しています

チュニジアでは ベン・アリ大統領の下で行われた 大規模なものではないにせよ 検閲が5月頃から実際に再開されています 暫定当局が暴力を扇動する 可能性があると判断した 特定のFacebookのページや ウェブサイトを見ようとすると このようにブロックされたページを見ることになります これに対する抗議として ベン・アリによって投獄され 革命後 暫定政権の一員となった ブロガーの スリム・アマモウは 閣僚を辞任しました チュニジアではこのような問題に対して どう扱うべきか多くの議論が行われました

実際 Twitterで 革命を支持していた人々の中には こういう意見もありました 「まあ本当は民主主義も表現の自由も欲しいけど いくつかの主張はあまりにも暴力的で 私たちの民主主義を揺るがしかねないから規制されるべきだよ」 でも問題は そのような判断を行う責任者をどうやって決めるのか そして彼らが自分の権限を乱用しないように どうやって確認するかです ベテランのデジタル活動家である リア・グエファリは この事件についてこう述べました 「以前は物事はシンプルでした いいやつが一方にいて もう片方には悪いやつがいたんです 今は 物事はもっと複雑になっています」 民主主義へようこそ チュニジア人とエジプト人の皆さん

現実は 今の民主主義社会でさえ どのように 治安維持と法執行機関への要求がある一方 もう一方では 市民の自由への保護と デジタルなネットワーク間における 言論の自由への要求のバランスをいかに取るか 良い答えを持ち合わせていないことです 実際に アメリカでは ジュリアン・アサンジに対してどう思おうと 彼の熱烈なファンでは必ずしもない人々であっても アメリカ政府や特定の企業の WikiLeaksへの対応方法について非常に関心をもっています Amazonウェブホスティングはアメリカ上院議員である ジョー・リーバーマンから届いた苦情によりWikileaksを顧客から抹消しました Wikileaksは起訴されておらず 何らかの罪により有罪判決を受けた こともなかったにも 関わらずです

インターネットとは 国境をなくす技術であると私たちは想定しています これは世界におけるソーシャルネットワークの地図です 確実にFacebookが世界の大半を制覇していおり それが良いことか悪いことかは Facebookのサービス運営方針を 人がどう感じているかに応じて変わるでしょう しかし 国境は いくつのサイバー空間上に存続しています ブラジルや日本においては 独特の文化や言語的な理由によるものです 一方 中国やベトナムをはじめ いくつかの旧ソ連の属していた国々に目を向けると そこで起きている出来事はもっと深刻です 政府と 現地のソーシャルネットワーク企業との間では ある状況を 作り出しています 効果的に 個人の力を引き出す可能性をもつ これらのプラットフォームが 企業と政府における関係によって 制約されているのです

中国では 有名な「グレートファイアーウォール」が存在します Facebookや Twitter 今はGoogle+や その他多くの海外のウェブサイトをブロックしています それの一部分は欧米の技術が使われています でもそれはまだ話の半分にすぎません もう半分の話は 中国政府が中国のインターネット上で 運営している全ての会社に対して出した 自制システムとして知られている要件です 単純な英語に訳すと ユーザーに対する 検閲や監視を意味します これは2009年に私が実際に参加した 中国インターネット協会が 自制の行使 つまりコンテンツの取り締まりに 最も優れた中国企業上位20社に対して 表彰する式典です 中国の有力な検索エンジンである BaiduのCEOであるロビン・リーも 受賞者の一人でした

ロシアでは 通常インターネットをブロックせず 直接ウェブサイトを検閲します このRospilと呼ばれるウェブサイトは 腐敗対策サイトです 今年の始めに RospilにYandex Moneyと呼ばれる オンライン決済システムを通して Rospilに寄付をした人々が Yandex Moneyの関係者から どうにかして情報を得た 保安局のメンバーより Rospilへの寄付に関する 詳細を得た 民族主義政党のメンバーから 突然 脅迫電話を受けるようになった 厄介な事件がありました これには 人々がインターネットを使って 政府に責任を課す能力を萎縮させてしまいます 世界には今 多くの国々が 市民と政府が 主に民間によって運営されている サービスから成っている インターネットを介して関係を築いている状況にあります

私が思うに 重要なことは インターネットが 悪いやつよりも良いやつを助けるかどうかの議論ではありません もちろん インターネットは 対抗する相手と比較して 技術を使う最も優れた人や インターネットを最も理解している人に力を与えます 今 最も急いで問いかけなければならない問題は インターネットが 市民を主体とした方法で進化していくのを どうやって確かめていけばいいのかということです なぜなら皆さんも全員賛成してくれると思いますが 政府が唯一持つ正当な目的は 市民のために奉仕することにあります そして私は 技術が唯一持つ正当な目的は 生活を向上させることであり 操られたり隷属化させることではないと考えます

政府に責任を課す方法を 私たちは知っています 普段からうまくする必要はありませんが どういった方法で政治的に 組織的に 行えばいいか大体分かっています 多くのCEOが 彼らの主な義務は 株主利益を最大化することだと主張するなかで どのようにしてサイバー空間の主導権を握り 公益に寄与させるべきでしょうか?

政府の規制は 普段はあまり役に立っていません 例えばフランスでは サルコジ大統領が インターネット企業のCEOに対して 「我々は公益のための唯一 正当な代表である」と言いました でもその後 彼は 悪名高いスリーストライク法を擁護しています これは ファイル共有を利用している 市民をインターネットから切断させる法律で 表現の自由における国連特別報告者から 市民の通信の権利に対する 不相応な侵害として 非難されています 市民社会団体の間で 特定の 政治家は 市民の権利を守るよりも 娯楽産業の利益を保護することに 関心があるのでは?と疑問を提起しています そして ここ イギリスでは デジタル経済法と呼ばれる 民営の仲介機関に対して 市民の行動を取り締まる責任を負わせる 法律に対する懸念も 存在します

つまり 認識する必要があるのは 将来 市民を主体としたインターネットを 求めるのであれば より広範囲で持続的な インターネット自由化運動が必要なのです 結局のところ 企業は地下水の汚染を 止めたのも 10歳児たちを雇うのを止めたのも 経営者たちがある朝目覚めて それが正しいと判断したからではありません それは何十年にも及ぶ持続的な 株主や 消費者が声をあげて運動した結果なのです 同様に 政府も 政治家がある朝目覚めて 知的環境法や労働法を成立させたりしません 非常に持続的で長期に渡る 政治運動の結果 適切な規則と 適切な企業の振る舞いを得たのです インターネットに対しても 同じ取り組みが必要です

政治的改革も 必要になります およそ800年前 イギリスの貴族たちは 王権が もはや彼らに対して有効に働いていないと判断し ジョン王に対して マグナ・カルタに署名するように強制しました これによって 神から授かった統治権を主張していた 王でさえ基本的なルールには 順守せざるを得ないことを世に知らしめることになりました これをきっかけとして 政治改革と呼ばれる 国民の合意という思想に発展し 後にそれは はじめて 海の向こう側のアメリカの 先鋭で革命的な政府によって導入されたのです 今から どのようにしてネットワーク化された人々の 同意を構築していくか考える必要があります

それはどのような感じなのでしょう? 今はわかりません でも それは 政治学や地政学にのみ焦点を当てた イノベーションが必要になる だけではありません それにはビジネスマネジメントや 投資家行動 消費者の選択 更には ソフトウェアデザインや エンジニアリングにおける 問題も扱う必要があります 政府や技術が 人々に奉仕する世の中 そういった世界を作る上で 私たち一人一人が 重要な役割を担っているのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画