TED日本語 - ダイアン・デナポリ: ペンギン救出大作戦

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ダイアン・デナポリ: ペンギン救出大作戦

TED Talks

ペンギン救出大作戦
The great penguin rescue
ダイアン・デナポリ
Dyan deNapoli

内容

実録 チームワークの勝利:ダイアン・デナポリがボランティアによる史上最大のペンギン救出作戦を語ります。南アフリカ共和国沖での燃料油流出事故から4万羽を超えるペンギンを救った救出劇です。このような大作戦はいかに実現したのでしょうか。ペンギンを一匹、一匹、また一匹と....

Script

For as long as I can remember, I have felt a very deep connection to animals and to the ocean. And at this age, my personal idol was Flipper the dolphin. And when I first learned about endangered species, I was truly distressed to know that every day animals were being wiped off the face of this Earth forever. And I wanted to do something to help, but I always wondered, what could one person possibly do to make a difference? And it would be 30 years, but I would eventually get the answer to that question.

When these heartbreaking images of oiled birds finally began to emerge from the Gulf of Mexico last year during the horrific BP oil spill, a German biologist by the name of Silvia Gaus was quoted as saying, "We should just euthanize all oiled birds because studies have shown that fewer than one percent of them survive after being released." And I could not disagree more. And in addition, I believe that every oiled animal deserves a second chance at life. And I want to tell you why I feel so strongly about this.

On June 23rd,2000, a ship named the Treasure sank off the coast of Cape Town, South Africa, spilling 1,300 tons of fuel, which polluted the habitats of nearly half the entire world population of African penguins. Now the ship sank between Robben Island to the south and Dassen Island to the north. And these are two of the penguins' main breeding islands. And exactly six years and three days earlier, on June 20th,1994, a ship named the Apollo Sea sank near Dassen Island, oiling 10,000 penguins -- half of which died. Now when the Treasure sank in 2000, it was the height of the best breeding season scientists had ever recorded for the African penguin -- which at the time, was listed as a threatened species. And soon, nearly 20,000 penguins were covered with this toxic oil. And the local seabird rescue center, named SANCCOB, immediately launched a massive rescue operation -- and this soon would become the largest animal rescue ever undertaken.

Now at the time, I was working down the street. I was a penguin aquarist at the New England Aquarium. And exactly 11 years ago yesterday, the phone rang in the penguin office. And with that call, my life would change forever. It was Estelle van der Meer calling from SANCCOB, saying, "Please come help. We have thousands of oiled penguins and thousands of willing, but completely inexperienced, volunteers. And we need penguin experts to come train and supervise them." So two days later, I was on a plane headed for Cape Town with a team of penguin specialists.

And the scene inside of this building was devastating and surreal. In fact, many people compared it to a war zone. And last week, a 10 year-old girl asked me, "What did it feel like when you first walked into that building and saw so many oiled penguins?" And this is what happened. I was instantly transported back to that moment in time. Penguins are very vocal birds and really, really noisy. And so I expected to walk into this building and be met with this cacophony of honking and braying and squawking, but instead, when we stepped through those doors and into the building, it was eerily silent. So it was very clear these were stressed, sick, traumatized birds.

The other thing that was so striking was the sheer number of volunteers. Up to 1,000 people a day came to the rescue center, and eventually, over the course of this rescue, more than 12 and a half thousand volunteers came from all over the world to Cape Town to help save these birds. And the amazing thing was that not one of them had to be there -- yet they were. So for the few of us that were there in a professional capacity, this extraordinary volunteer response to this animal crisis was profoundly moving and awe-inspiring.

So the day after we arrived,two of us from the aquarium were put in charge of room two, and room two had more than 4,000 oiled penguins in it. Now mind you,three days earlier, we had 60 penguins under our care, so we were definitely overwhelmed and just a bit terrified -- at least I was. Personally, I really didn't know if I was capable of handling such a monstrous task. And collectively, we really didn't know if we could pull this off. Because we all knew that just six years earlier, half as many penguins had been oiled and rescued and only half of them had survived. So would it be humanly possible to save this many oiled penguins? We just did not know.

But what gave us hope were these incredibly dedicated and brave volunteers -- three of whom here are force-feeding penguins. And you may notice they're wearing very thick gloves. And what you should know about African penguins is that they have razor-sharp beaks. And before long, our bodies were covered head to toe with these nasty wounds inflicted by the terrified penguins.

Now the day after we arrived, a new crisis began to unfold. The oil slick was now moving north towards Dassen Island, and the rescuers despaired, because they knew if the oil hit, it would not be possible to rescue any more oiled birds. And there really were no good solutions. But then finally,one of the researchers threw out this crazy idea. He said, "Okay, why don't we try and collect the birds at the greatest risk of getting oiled" -- they collected 20,000 -- "and we'll ship them 500 miles up the coast to Port Elizabeth in these open air trucks and release them into the clean waters there and let them swim back home."

(Laughter)

So three of those penguins -- Peter, Pamela and Percy -- wore satellite tags, and the researchers crossed their fingers and hoped that by the time they got back home, the oil would be cleaned up from their islands. And luckily, the day they arrived, it was. So it had been a huge gamble, but it had paid off. And so they know now that they can use this strategy in future oil spills.

So in wildlife rescue, as in life, we learn from each previous experience, and we learn from both our successes and our failures. And the main thing learned during the Apollo Sea rescue in '94 was that most of those penguins had died due to the unwitting use of poorly ventilated transport boxes and trucks -- because they just had not been prepared to deal with so many oiled penguins at once. So in these six years between these two oil spills, they built thousands of these well-ventilated boxes, and as a result, during the Treasure rescue, just 160 penguins died during the transport process, as opposed to 5,000. So this alone was a huge victory.

Something else learned during the Apollo rescue was how to train the penguins to take fish freely from their hands, using these training boxes. And we used this technique again during the Treasure rescue. But an interesting thing was noted during the training process. The first penguins to make that transition to free feeding were the ones that had a metal band on their wing from the Apollo Sea spill six years earlier. So penguins learn from previous experience, too.

So all of those penguins had to have the oil meticulously cleaned from their bodies. And it would take two people at least an hour just to clean one penguin. And when you clean a penguin, you first have to spray it with a degreaser. And this brings me to my favorite story from the Treasure rescue. About a year prior to this oil spill, a 17 year-old student had invented a degreaser. And they'd been using it at SANCCOB with great success, so they began using it during the Treasure rescue. But part way through, they ran out. So in a panic, Estelle from SANCCOB called the student and said, "Please, you have to make more." So he raced to the lab and made enough to clean the rest of the birds. So I just think it is the coolest thing that a teenager invented a product that helped save the lives of thousands of animals.

So what happened to those 20,000 oiled penguins? And was Silvia Gaus right? Should we routinely euthanize all oiled birds because most of them are going to die anyway? Well she could not be more wrong. After half a million hours of grueling volunteer labor, more than 90 percent of those oiled penguins were successfully returned to the wild. And we know from follow-up studies that they have lived just as long as never-oiled penguins, and bred nearly as successfully.

And in addition, about 3,000 penguin chicks were rescued and hand-raised. And again, we know from long-term monitoring that more of these hand-raised chicks survive to adulthood and breeding age than do parent-raised chicks. So, armed with this knowledge, SANCCOB has a chick-bolstering project. And every year they rescue and raise abandoned chicks, and they have a very impressive 80 percent success rate. And this is critically important because,one year ago, the African penguin was declared endangered. And they could be extinct in less than 10 years, if we don't do something now to protect them.

So what did I learn from this intense and unforgettable experience? Personally, I learned that I am capable of handling so much more than I ever dreamed possible. And I learned that one person can make a huge difference. Just look at that 17 year-old. And when we come together and work as one, we can achieve extraordinary things. And truly, to be a part of something so much larger than yourself is the most rewarding experience you can possibly have.

So I'd like to leave you with one final thought and a challenge, if you will. My mission as the penguin lady is to raise awareness and funding to protect penguins, but why should any of you care about penguins? Well, you should care because they're an indicator species. And simply put, if penguins are dying, it means our oceans are dying, and we ultimately will be affected, because, as Sylvia Earle says, "The oceans are our life-support system." And the two main threats to penguins today are overfishing and global warming. And these are two things that each one of us actually has the power to do something about. So if we each do our part, together, we can make a difference, and we can help keep penguins from going extinct. Humans have always been the greatest threat to penguins, but we are now their only hope.

Thank you.

(Applause)

物心ついた頃から 私は海と動物たちに 強い絆を感じてきました すでにこの歳で 私のアイドルは 「わんぱくフリッパー」だったのです 絶滅危惧種の話を初めて聞いたとき 生物が日々この地上から永遠に失われることに 本当に暗い気持ちになりました 何かしたいと思っていましたが 「私一人で何ができるかな?」 と常に悩んでいました それから30年が経ち その疑問に何かしらの答えが得られそうです

先年のメキシコ湾原油流出事故の最中 油まみれの鳥たちの写真がメディアで 公開され始めた時期に ドイツの生物学者 シルヴィア=ガウスが 次のように語ったそうです 「研究によると 原油除去後に 生存する鳥は全体の 1%以下となっており 汚染された鳥は皆安楽死すべきである」 私はこれに真っ向から反論します 加えて 油の被害を受けたすべての動物は 再度生きる機会を与えられるべきだと信じます 私がなぜこのことをこれほど強く 主張するのかお聞かせしましょう

2000年6月23日に トレジャー号という貨物船が 南ア共和国ケープタウン沖で沈みました 1,300トンの燃料油が漏れ出しました 油はアフリカペンギンの総数の ほぼ半数が生息する地域を 汚染したのです 船が沈んだのはロビン島の北 ダッセン島の南でした これら2島はこのペンギンの2大繁殖地なのです それに先立つ6年と3日前 1994年6月20日に アポロ=シー号がダッセン島の近くで沈みました 1万羽のペンギンが油濁を受けて その半数が死にました 2000年にトレジャー号が沈んだ時期は アフリカペンギンの研究記録に残る 最良の繁殖期のまっただ中でした 彼らは当時 絶滅危惧種に指定されていました 事故直後に 約2万羽のペンギンが 有毒な油にまみれていました 地元の海鳥レスキューセンターSANCCOBは 即座に大規模な救出作戦を開始しました この作戦はすぐに 史上最大の動物救出作戦となったのです

当時 私は現地から遠く離れた ニューイングランド水族館のペンギン飼育係でした 11年前のちょうど昨日 事務室の電話が鳴りました その電話で私の人生は一変しました SANCCOB主任のエステル=メアからの電話でした 「ぜひ助けに来て 油濁したペンギンが数千羽もいるの やる気のあるボランティアはいるけど 経験が全くない状態で 彼らを訓練・監督する専門家を探しているの」 2日後 私はペンギンの専門家チームと ケープタウンに向かう飛行機に乗っていました

写真の建物の中の光景は 絶望的 かつ超現実的なものでした 皆それを戦場にたとえました 先週 10歳の女の子が私に尋ねました 「最初にその建物に入って 汚れたペンギンたちを見たとき どんな感じだった?」 その質問を受けたとき 私は即座に時空を飛び越えて あの現場に戻っていました ペンギンはおしゃべり好きな鳥です とてもとても にぎやかです 私は建物に足を踏み入れたら ガーガー ギャーギャー キーキーと 騒々しいだろうと思っていましたが 現実は違っていました ドアをくぐり 建物に入ると 不気味な静けさが漂っていました あきらかに 鳥たちは消耗し 病み ショック状態だったのです

もう一つ驚いたのは ボランティアの人数の多さでした 1,000人もの人が 一日に来ることもありました この救出作戦を通じて 世界中からペンギンを救おうと 12,500人を超えるボランティアが ケープタウンに集まりました 感動したのは 全ての人が自らの意志で そこに駆けつけたことです 私たち数名の専門家は ボランティアたちの ペンギンの危機を救おうとする熱意に 深く心を動かされたのです

私たちが到着した翌日 水族館から来た私と同僚が第2室の係になりました 第2室には4,000羽以上の汚れたペンギンがいました いいですか その3日前には わずか60羽だったのです 数の多さに完全に圧倒されました 多少怖くもありました 少なくとも私はそう感じました 個人的には 本当に私が この途方もない仕事を やり遂げられるかどうかわかりませんでした チームとしても 果たしてこの難局を 乗り越えられるかどうかわかりませんでした というのは 1994年の事故が 思い出されたからです 今回の約半数のペンギンが救出されましたが その半数しか生き残ることができませんでした 果たして人間の力で これだけの数の 鳥を救うことができるだろうか 私たちにはわかりませんでした

しかし 希望はありました 熱意に満ちた勇気あるボランティアたちです 写真の3人は ペンギンに強制給餌を行っています ご覧のようにボランティアたちは分厚い手袋をしています アフリカペンギンの特徴は くちばしがカミソリの刃のように鋭いことです しばらくすると 私たちの体は 全身 このようなひどい傷だらけになります おびえるペンギンたちが咬むのです

私たちの到着翌日には 新たな危機的状況が明らかになりました 油の帯がダッセン島へと北上し 救助隊は絶望しました 油が島に到達すれば それ以上の救出は不可能になります 解決の糸口が見えませんでした ですが そうするうちに 仲間の一人が奇抜な提案をしました 「よし 油に汚染される危険性のもっとも高い ペンギンを保護しよう」 --最終的に2万羽のペンギンを保護しました-- 「ペンギンをトラックの荷台に乗せて 800km離れたポートエリザベスまで運んで きれいな海に放してやろう ペンギンは自分で泳いで戻ればいい」

(笑)

3羽のペンギン ピーターとパメラと パーシーに 衛星発信器を付けました 研究者たちは幸運を祈りました 彼らが営巣地に戻る頃には 油の除去が終わっていることを願いました 幸運なことに 彼らがたどり着いたときには 海はきれいになっていたのです 大きなカケでしたが 成功したのです 今では この作戦が 将来の油汚染に対して 利用できることがわかっています

野生動物の救出は 人生と同様で 一つ一つ過去の事例から学ぶのです 成功から学ぶこともあり 失敗から学ぶこともあります 1994年のアポロ=シー号の 救出作戦から学んだことは 救出したペンギンの多くを死なせてしまったのは 不用意に使用した 換気が不十分な 輸送用の 箱とトラックのせいだということです あれほどの数のペンギンを一度に扱うには 準備があまりにも不十分でした 2つの大きな原油流出事故の間の 6年間に 換気が充分できる箱を作りました その結果 トレジャー号の救出作戦の 輸送中のペンギンの死亡数は かつての5,000という数字に対して わずか160羽にとどまりました これだけでも大いなる勝利と言えます

もう一つアポロ=シー号作戦から学んだのは 人の手から自由に食べるように ペンギンを訓練する方法です それにはこのような訓練用ケージを用いました この手法を再び トレジャー号作戦に使ったのですが ペンギンを訓練する過程で 興味深いことがわかりました まず最初に 自力で餌を食べ始めたのは 翼に金属の標識を付けた鳥たちでした アポロ=シー号作戦で救出された鳥たちです ペンギンたちも やはり過去の事例から 学ぶのです

ペンギンたちの 体に付着した油は丁寧に除去されます たった一匹の除去作業に二人がかりで 少なくとも1時間を要します ペンギンを徐染する際には まず体に油脂洗浄剤をスプレーします この洗浄剤にまつわる話は トレジャー号作戦でも私の特に好きな部分です この事件の約1年前 17歳の高校生が 油脂洗浄剤を開発しました SANCCOBで使われ 優れた成果を上げました それでトレジャー号作戦でも使い始めました ですがまもなく洗浄剤は底をつきました 慌てたSANCCOBの責任者は彼に連絡しました 「急いで 大量に作ってちょうだい」 彼はラボに走り 全部の鳥を徐染するだけの洗浄剤を製造したのです これってすごいと思いませんか 10代の若者の 発明が 数千羽の鳥の 命を救ったのです

2万羽の汚染された鳥たちはその後どうなったのでしょう? ところで「油濁した鳥はどうせ 死ぬんだから安楽死させるべきである」 というガウスの意見は 正しかったのでしょうか? 彼女はこの上なく間違っていました ボランティアたちの50万時間におよぶ 奮闘のおかげで 汚染されたペンギンたちの 9割以上を 自然に戻すことができました 追跡調査からわかることですが 救出された鳥たちの寿命は 汚染を免れた鳥たちと変わりません 繁殖率もほとんど変わりません

さらに 約3,000羽のひな鳥が 救出され人工飼育されたのですが 長期間の継続的な観察によれば 人工飼育により成鳥まで生き延び 繁殖期を迎えたひな鳥の割合は 親鳥に育てられた場合よりも高いのです これらの知見を得て SANCCOBはひな鳥の増殖計画を展開しています 毎年 親に放棄されたひな鳥を救出し飼育しています その成功率はすばらしく 実に8割です 非常に重要なことですが 1年前 アフリカペンギンは絶滅危惧種とされていました 我々が手をこまねいていれば 10年以内に 絶滅する可能性があったのです

この濃密で忘れがたい経験から 私は何を学んだのでしょうか? 個人的には 私は 私自身が思っていたより 遙かに大きなことを成し遂げることができること 一人の人間が 世界を変えることができるということ 17歳の若者が良い例です 皆の力を一つに合わせれば 途方もない偉業を 成し遂げることができます 自分よりはるかに大きなものの 一部となれることは 私たちができることのうちで もっとも価値ある体験です

最後に一つ提案をしましょう 課題と言っても良いでしょう ペンギンレディーとしての私の使命は ペンギンを守るための意識を高め 基金を募ることです でもなぜペンギンなのでしょう? 実は ペンギンはとても大切な存在です 指標動物だからです わかりやすく言えば ペンギンの死は海洋の死を意味します 究極的には人類も影響を受けます シルヴィア=アールが言うとおり 海は人類の生命維持装置なのです ペンギンに迫る2つの脅威は 魚の乱獲と地球温暖化です 実はこれら2つについては 私たちにも それを解決する力があるのです 私たちがそれぞれの役割を果たして 協力すれば 世界が変わります ペンギンの絶滅を防ぐことができます 人類はペンギンにとっての最大の脅威でした しかし今 人類はペンギンにとって唯一の希望なのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画