TED日本語 - ファビアン・クストー: 水中で31日間を過ごして学んだこと

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ファビアン・クストー: 水中で31日間を過ごして学んだこと

TED Talks

水中で31日間を過ごして学んだこと
What I learned from spending 31 days underwater
ファビアン・クストー
Fabien Cousteau

内容

1963年にジャック・クストーは、紅海の底に位置する水中の研究室で30日間を過ごしたことで、世界記録を樹立しました。今年の夏は、彼の孫にあたるファビアン・クストーがその記録を更新しました。若きクストーは、フロリダ州の海岸から1万4千キロ離れている水中の研究室「アクエリアス」で31日間を過ごしました。魅力的な講義で、驚くべき冒険を振り返ります。

Script

I have a confession to make. I am addicted to adventure, and as a young boy, I would rather look outside the window at the birds in the trees and the sky than looking at that two-dimensional chalky blackboard where time stands still and even sometimes dies. My teachers thought there was something wrong with me because I wasn't paying attention in class. They didn't find anything specifically wrong with me, other than being slightly dyslexic because I'm a lefty. But they didn't test for curiosity. Curiosity, to me, is about our connection with the world, with the universe. It's about seeing what's around that next coral head or what's around that next tree, and learning more not only about our environment but about ourselves.

Now, my dream of dreams, I want to go explore the oceans of Mars, but until we can go there, I think the oceans still hold quite a few secrets. As a matter of fact, if you take our planet as the oasis in space that it is and dissect it into a living space, the ocean represents over 3.4 billion cubic kilometers of volume, within which we've explored less than five percent. And I look at this, and I go, well, there are tools to go deeper, longer and further: submarines, ROVs, even Scuba diving. But if we're going to explore the final frontier on this planet, we need to live there. We need to build a log cabin, if you will, at the bottom of the sea.

And so there was a great curiosity in my soul when I went to go visit a TED [ Prize winner ] by the name of Dr. Sylvia Earle. Maybe you've heard of her. Two years ago, she was staked out at the last undersea marine laboratory to try and save it, to try and petition for us not to scrap it and bring it back on land. We've only had about a dozen or so scientific labs at the bottom of the sea. There's only one left in the world: it's nine miles offshore and 65 feet down. It's called Aquarius. Aquarius, in some fashion, is a dinosaur, an ancient robot chained to the bottom, this Leviathan. In other ways, it's a legacy. And so with that visit, I realized that my time is short if I wanted to experience what it was like to become an aquanaut.

When we swam towards this after many moons of torture and two years of preparation, this habitat waiting to invite us was like a new home. And the point of going down to and living at this habitat was not to stay inside. It wasn't about living at something the size of a school bus. It was about giving us the luxury of time outside to wander, to explore, to understand more about this oceanic final frontier.

We had megafauna come and visit us. This spotted eagle ray is a fairly common sight in the oceans. But why this is so important, why this picture is up, is because this particular animal brought his friends around, and instead of being the pelagic animals that they were, they started getting curious about us, these new strangers that were moving into the neighborhood, doing things with plankton. We were studying all sorts of animals and critters, and they got closer and closer to us, and because of the luxury of time, these animals, these residents of the coral reef, were starting to get used to us, and these pelagics that normal travel through stopped. This particular animal actually circled for 31 full days during our mission. So mission 31 wasn't so much about breaking records. It was about that human-ocean connection.

Because of the luxury of time, we were able to study animals such as sharks and grouper in aggregations that we've never seen before. It's like seeing dogs and cats behaving well together. Even being able to commune with animals that are much larger than us, such as this endangered goliath grouper who only still resides in the Florida Keys. Of course, just like any neighbor, after a while, if they get tired, the goliath grouper barks at us, and this bark is so powerful that it actually stuns its prey before it aspirates it all within a split second. For us, it's just telling us to go back into the habitat and leave them alone.

Now, this wasn't just about adventure. There was actually a serious note to it. We did a lot of science, and again, because of the luxury of time, we were able to do over three years of science in 31 days. In this particular case, we were using a PAM, or, let me just see if I can get this straight, a Pulse Amplitude Modulated Fluorometer. And our scientists from FIU, MIT, and from Northeastern were able to get a gauge for what coral reefs do when we're not around. The Pulse Amplitude Modulated Fluorometer, or PAM, gauges the fluorescence of corals as it pertains to pollutants in the water as well as climate change-related issues. We used all sorts of other cutting-edge tools, such as this sonde, or what I like to call the sponge proctologist, whereby the sonde itself tests for metabolism rates in what in this particular case is a barrel sponge, or the redwoods of the [ ocean ] . And this gives us a much better gauge of what's happening underwater with regard to climate change-related issues, and how the dynamics of that affect us here on land. And finally, we looked at predator-prey behavior. And predator-prey behavior is an interesting thing, because as we take away some of the predators on these coral reefs around the world, the prey, or the forage fish, act very differently. What we realized is not only do they stop taking care of the reef, darting in, grabbing a little bit of algae and going back into their homes, they start spreading out and disappearing from those particular coral reefs. Well, within that 31 days, we were able to generate over 10 scientific papers on each one of these topics.

But the point of adventure is not only to learn, it's to be able to share that knowledge with the world, and with that, thanks to a couple of engineers at MIT, we were able to use a prototype camera called the Edgertronic to capture slow-motion video, up to 20,000 frames per second in a little box that's worth 3,000 dollars. It's available to every one of us. And that particular camera gives us an insight into what fairly common animals do but we can't even see it in the blink of an eye. Let me show you a quick video of what this camera does. You can see the silky bubble come out of our hard hats. It gives us an insight into some of the animals that we were sitting right next to for 31 days and never normally would have paid attention to, such as hermit crabs. Now, using a cutting-edge piece of technology that's not really meant for the oceans is not always easy. We sometimes had to put the camera upside down, cordon it back to the lab, and actually man the trigger from the lab itself. But what this gives us is the foresight to look at and analyze in scientific and engineering terms some of the most amazing behavior that the human eye just can't pick up, such as this manta shrimp trying to catch its prey, within about .3 seconds. That punch is as strong as a .22 caliber bullet, and if you ever try to catch a bullet in mid-flight with your eye, impossible. But now we can see things such as these Christmas tree worms pulling in and fanning out in a way that the eye just can't capture, or in this case, a fish throwing up grains of sand. This is an actual sailfin goby, and if you look at it in real time, it actually doesn't even show its fanning motion because it's so quick.

One of the most precious gifts that we had underwater is that we had WiFi, and for 31 days straight we were able to connect with the world in real time from the bottom of the sea and share all of these experiences. Quite literally right there I am Skyping in the classroom with one of the six continents and some of the 70,000 students that we connected every single day to some of these experiences. As a matter of fact, I'm showing a picture that I took with my smartphone from underwater of a goliath grouper laying on the bottom. We had never seen that before.

And I dream of the day that we have underwater cities, and maybe, just maybe, if we push the boundaries of adventure and knowledge, and we share that knowledge with others out there, we can solve all sorts of problems. My grandfather used to say, "People protect what they love." My father, "How can people protect what they don't understand?" And I've thought about this my whole life. Nothing is impossible. We need to dream, we need to be creative, and we all need to have an adventure in order to create miracles in the darkest of times. And whether it's about climate change or eradicating poverty or giving back to future generations what we've taken for granted, it's about adventure. And who knows, maybe there will be underwater cities, and maybe some of you will become the future aquanauts.

Thank you very much.

(Applause)

告白したいことがあります 冒険にはまっています 子供の頃 時間の流れが淀んで 時には死んでしまう 平面でチョークまみれの黒板より 窓の外にいる 木に座っている鳥や 青空を見たかったんです 授業に集中していなかった私は 先生から何か変だと 疑われてしまいました 左利きなので 少しだけ難読症ですが それ以外は 特に異常は 見つかりませんでした しかし 医師たちは「好奇心」は 調べませんでした 私にとって「好奇心」とは 私達と世界や宇宙との 繋がりです 珊瑚礁や木々の向こう側を 探検することで 自分たちの環境に限らず 自分たちについて もっと知ることです

さて 私の最大の夢は 火星の海を探検することです でも そこにたどり着けるようになる前に 地球の海には かなりの秘密が まだ隠れていると思います 実際に 我々の地球を宇宙のオアシスとして 生活空間に割り当てると その容積は ― 34億立方キロメートル以上で 私達は その内の 5%以下しか探査していません それで私はこう考えました 海中をくまなく探査する為の 手段はあります 潜水艦や遠隔操作無人探査機や スキューバダイビングです でも 「地球の最後の未踏域」を 探検するなら そこに住んでみるべきだ と 言うならば 海底に 丸太小屋を建てなければいけません

そこで TED賞を受賞した シルビア・アール博士を訪問すると 私の魂に好奇心が芽生えました 皆さんは彼女をご存知でしょう 二年前 アール博士は 最後の海中の海洋研究室を 保存するために 請願し 廃棄させないように 陸地に戻そうとしました これまでに 海底の研究室は 12ヵ所程度しか存在せず 現在1ヵ所しか残っていません 場所は海岸から1万4千キロ離れ 水深は20メートルです 「アクエリアス」と呼ばれています アクエリアスは 見方によっては まるで恐竜のようです 海底に鎖で繋がれた 古代のロボットで 「レヴィアタン」です 遺産ともいえます その訪問で気づいたのは 「アクアノート」のような 経験をしたければ 人生は短いということでした

長きにわたる特訓と 二年間の準備の後 アクエリアスに向かうと この住みかは 迎え入れてくれるように待ち構え 新たな家のようでした 海底探索の目的とは アクエリアスの中に 引きこもるわけではありません スクールバスの大きさの場所に 住むわけではなく 外でさまよったり 冒険したり 海中の最後の未踏域について 理解する時間を与えてくれました

メガファウナも遊びに来てくれました このマダラトビエイは 海でよく見かける生き物です でも この写真が大事な理由 ― この写真をお見せした理由は このマダラトビエイは 他のトビエイを呼び寄せて 漂泳生物らしい行動をする代わりに 私達に興味を持ち始めたのです 海底に引っ越してきて 浮遊生物を調べるような 新しいお隣さんにです 様々な生物を観察していたところ 彼らは どんどん近づいてきたのです 時間が沢山あったので これらの生物たち ― 「珊瑚礁の住民」が 私達に慣れてきました 普段は通り過ぎてしまう 漂泳生物たちが近くに止まりました このマダラトビエイは ミッション中の全31日間 私達の近くを泳ぎ回っていました ミッション31の目的とは 記録の更新ではありませんでした 人間と海を繋ぐことが目的でした

時間が沢山あったからこそ これまで見たこともないような サメとハタの群れなどを 観察することができました まるで 犬と猫が 仲良く遊んでいるみたいです 我々より もっと大きな生物と 接触することもできました 例えば絶滅危惧種のイタヤラです フロリダ・キーズ以外には 生息していません もちろん人間の隣人と同じように しばらくして飽きられると イタヤラに吠えられます この声は本当にパワフルで 獲物を貪り食う前に 瞬く間に獲物を気絶させます 私達には 「居住地に戻れ 放っておいてくれ」 と言っているのです

さて この探索は 単なる冒険ではありませんでした 重要な成果もありました 沢山の科学実験を行いましたし 時間的な贅沢があったからこそ 3年かけて得られる科学的成果を 31日で得ることができました 今回の実験には PAMを使いました 「PAM」というのは 正しくは ― 「パルス振幅変調蛍光光度計」です FIUとMIT ノースイースタン大学にいる 私達の科学者が 珊瑚礁の作用を測定することが できたのです パルス振幅変調蛍光光度計 通称「PAM」で 海水の汚染物質や 気候変動による問題と 関連づけることができる 珊瑚の蛍光性を測定します 他にも あらゆる最先端の機械を 使用しました 例えばこちらのソンデ 私の愛称は 「海綿の肛門科医」です ソンデは自ら 生物の代謝率を測定することが出来ます 例えば この巨大海綿の 別称は海のセコイアです ソンデのおかげで 海中で起こっていること ― 気候変動にまつわる問題や 地上への影響について より正確に測ることが出来ます 最後に 捕食・被食関係を観察しました 捕食・被食関係はとても面白いんです 世界の珊瑚礁にいる 捕食者を排除するとします すると被食者(餌になる魚)の 行動は大きく変わります 私達が気づいたのは 被食者が珊瑚礁の世話 ― 例えば 中に入って 少量の藻を摘んで 棲家に持ち帰るのを 止めただけでなく この珊瑚礁から立ち去り始め いなくなってしまうのです この31日以内に このような各テーマごとに 10本以上の 科学論文を作成することができました

しかし 冒険の重要な点は 学ぶことだけではなく 得られた知識を世界と 共有できるということです これに関しては MITの2名の技術者のおかげで Edgertronicという試作品のカメラを 使うことができました スローモーションビデオで 毎秒2万フレームまで 撮ることができます 小さな箱におさまりますが 3千ドルの価値があります 皆さんも購入することができます このカメラが私達に もたらしてくれるのは まばたきで見ることができない 平凡な生き物の行為をも 映し出してくれることです このカメラの性能について 短いビデオをご覧ください 硬いヘルメットから出てくる 滑らかな泡が見えますね このカメラによって 31日間 すぐ隣にいても 普段は無視してしまう いくつかの生物を 観察することができました 例えばヤドカリです さて 海中専用ではない 最新の技術を使うのは いつも簡単なわけではありません 時にはカメラを逆さにしたり ケーブルで研究室に繋いで 研究室からも 操作しています この技術がもたらしてくれるのは 科学や工学の分野で 人間の目ではとらえられない 生き物たちの素晴らしい行動を 調べたり分析できる力です 例えば このシャコです 約0.3秒以内で 獲物を捕まえようとしています シャコのパンチは22口径の銃弾と 同じくらい強烈です もし銃弾を掴もうとしても 人間の目では不可能なんです しかし このカメラで イバラカンザシが 萎んだり広がるところが見えます 人間の目では捉えられない瞬間です 別の例は 砂を撒き散らしている魚です ホタテツノハゼという名前です 実際にこの魚を前にすると リアルタイムでは ひれの動きは見えません あまりに素早いからです

水中で生活していた私達への 最高の贈り物の一つは WiFiが使えたこと このお陰で 31日間ずっとインターネットに繋がり 世界とリアルタイムで 海底から ― 私達の体験を共有することができました 文字どおり海の底から スカイプで 6大陸の一つの教室に繋がり 7万人の学生に 毎日欠かさず 私達の体験を伝えたのです これは私がスマートフォンで撮った 海底にいるイタヤラの写真を 学生に見せているところです こんな姿は見たことがありませんでした

私は海中都市が建てられる日を 夢見ています きっと 私達が冒険と知識の 境界線を越えて 多様な者達と 知識を共有することができれば あらゆる問題を解決することが出来ると思います 私の祖父が言っていたものです 「人間は愛するものを守る」と そして父は 「人間が自分で分からないものを どうやって守れるだろう?」と言いました 私は これについて 生涯をかけて考えてきました 不可能なことなんてない 私達は夢を持つべきで クリエイティブであるべきです そして誰しも冒険が必要です 最も暗い時代に 奇跡を起こすために 気候変動でも 貧困の削減でも 私達が当たり前に享受してきたものを 未来の世代に返すことでも 全ては冒険から始まります 誰にも分かりませんよ 海中都市もできるかもしれません そして 皆さんの中から 未来のアクアノートが 生まれるかもしれません

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画