TED日本語 - エディス・ウィダー: いかにして巨大イカを見つけたか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エディス・ウィダー: いかにして巨大イカを見つけたか

TED Talks

いかにして巨大イカを見つけたか
How we found the giant squid
エディス・ウィダー
Edith Widder

内容

人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。

Script

The Kraken, a beast so terrifying it was said to devour men and ships and whales, and so enormous it could be mistaken for an island. In assessing the merits of such tales, it's probably wise to keep in mind that old sailor's saw that the only difference between a fairytale and a sea story is a fairytale begins, "Once upon a time," and a sea story begins, "This ain't no shit." (Laughter)

Every fish that gets away grows with every telling of the tale. Nevertheless, there are giants in the ocean, and we now have video proof, as those of you that saw the Discovery Channel documentary are no doubt aware.

I was one of the three scientists on this expedition that took place last summer off Japan. I'm the short one. The other two are Dr. Tsunemi Kubodera and Dr. Steve O'Shea.

I owe my participation in this now-historic event to TED. In 2010, there was a TED event called Mission Blue held aboard the Lindblad Explorer in the Galapagos as part of the fulfillment of Sylvia Earle's TED wish. I spoke about a new way of exploring the ocean,one that focuses on attracting animals instead of scaring them away. Mike deGruy was also invited, and he spoke with great passion about his love of the ocean, and he also talked to me about applying my approach to something he's been involved with for a very long time, which is the hunt for the giant squid. It was Mike that got me invited to the squid summit, a gathering of squid experts at the Discovery Channel that summer during Shark Week. (Laughter)

I gave a talk on unobtrusive viewing and optical luring of deep sea squid in which I emphasized the importance of using quiet, unobtrusive platforms for exploration. This came out of hundreds of dives I have made, farting around in the dark using these platforms, and my impression that I saw more animals working from the submersible than I did with either of the remote-operated vehicles. But that could just be because the submersible has a wider field of view. But I also felt like I saw more animals working with the Tiburon than the Ventana,two vehicles with the same field of view but different propulsion systems.

So my suspicion was that it might have something to do with the amount of noise they make. So I set up a hydrophone on the bottom of the ocean, and I had each of these fly by at the same speed and distance and recorded the sound they made. The Johnson Sea-Link -- (whirring noise) -- which you can probably just barely hear here, uses electric thrusters -- very, very quiet. The Tiburon also uses electric powered thrusters. It's also pretty quiet, but a bit noisier. (Louder whirring noise) But most deep-diving ROVs these days use hydraulics and they sound like the Ventana. (Loud beeping noise) I think that's got to be scaring a lot of animals away.

So for the deep sea squid hunt, I proposed using an optical lure attached to a camera platform with no thrusters, no motors, just a battery-powered camera, and the only illumination coming from red light that's invisible to most deep-sea animals that are adapted to see primarily blue. That's visible to our eye, but it's the equivalent of infrared in the deep sea. So this camera platform, which we called the Medusa, could just be thrown off the back of the ship, attached to a float at the surface with over 2,000 feet of line, it would just float around passively carried by the currents, and the only light visible to the animals in the deep would be the blue light of the optical lure, which we called the electronic jellyfish, or e-jelly, because it was designed to imitate the bioluminescent display of the common deep sea jellyfish Atolla.

Now, this pinwheel of light that the Atolla produces is known as a bioluminescent burglar alarm and is a form of defense. The reason that the electronic jellyfish worked as a lure is not because giant squid eat jellyfish, but it's because this jellyfish only resorts to producing this light when it's being chewed on by a predator and its only hope for escape may be to attract the attention of a larger predator that will attack its attacker and thereby afford it an opportunity for escape. It's a scream for help, a last-ditch attempt for escape, and a common form of defense in the deep sea.

The approach worked. Whereas all previous expeditions had failed to garner a single video glimpse of the giant, we managed six, and the first triggered wild excitement.

Edith Widder (on video): Oh my God. Oh my God! Are you kidding me? Other scientists: Oh ho ho! That's just hanging there.

EW: It was like it was teasing us, doing a kind of fan dance -- now you see me, now you don't -- and we had four such teasing appearances, and then on the fifth, it came in and totally wowed us.

(Music) Narrator: (Speaking in Japanese)

Scientists: Ooh. Bang! Oh my God! Whoa!

(Applause)

EW: The full monty.

What really wowed me about that was the way it came in up over the e-jelly and then attacked the enormous thing next to it, which I think it mistook for the predator on the e-jelly.

But even more incredible was the footage shot from the Triton submersible. What was not mentioned in the Discovery documentary was that the bait squid that Dr. Kubodera used, a one-meter long diamondback squid had a light attached to it, a squid jig of the type that longline fishermen use, and I think it was this light that brought the giant in.

Now, what you're seeing is the intensified camera's view under red light, and that's all Dr. Kubodera could see when the giant comes in here. And then he got so excited, he turned on his flashlight because he wanted to see better, and the giant didn't run away, so he risked turning on the white lights on the submersible, bringing a creature of legend from the misty history into high-resolution video. It was absolutely breathtaking, and had this animal had its feeding tentacles intact and fully extended, it would have been as tall as a two-story house.

How could something that big live in our ocean and yet remain unfilmed until now? We've only explored about five percent of our ocean. There are great discoveries yet to be made down there, fantastic creatures representing millions of years of evolution and possibly bioactive compounds that could benefit us in ways that we can't even yet imagine. Yet we have spent only a tiny fraction of the money on ocean exploration that we've spent on space exploration. We need a NASA-like organization for ocean exploration, because we need to be exploring and protecting our life support systems here on Earth.

We need - thank you. (Applause)

Exploration is the engine that drives innovation. Innovation drives economic growth. So let's all go exploring, but let's do it in a way that doesn't scare the animals away, or, as Mike deGruy once said, "If you want to get away from it all and see something you've never seen, or have an excellent chance of seeing something that no one's ever seen, get in a sub." He should have been with us for this adventure. We miss him. (Applause)

クラーケンは恐ろしい怪物で 人間や船やクジラを飲み込むと言われていました また あまりの巨大さゆえに島と間違えられることもありました そのような物語の真偽を判定する際には おとぎ話と船乗りの伝説の違いを心に留めておくのが賢明です その違いとは出だしだけ おとぎ話は「昔々…」で始まるのに対し 船乗りの伝説は「これはマジな話だぜ」で始まることだけの違いです (笑)

逃がした魚には 尾ひれがついて回るものです それでも海には確かに巨大な生き物が生息しており 証拠のビデオも手にすることが出来たのです ディスカバリーチャンネルでご覧になった方はご存じのことでしょう

私は 昨年夏に日本沖で行われた調査に 参加した3人の科学者の1人でした 背が低いのが私です あとの2人は窪寺恒己博士とスティーブ・オシェイ博士です

この歴史的な出来事に参加できたのは TEDのおかげです 2010年に シルビア・アールのTED wishを叶えるため ガラパゴス諸島のリンドブラッド・エクスプローラ号上で ミッション・ブルーというTEDイベントが開かれました 私は海洋探索の新しい方法について話しました 動物を怯えて逃げさせるのではなく引き寄せることに着目した方法です マイク・ディグリーも招待され 大いなる情熱をもって海への愛を語ってくれました 彼が長年携わっているダイオウイカ探しに 私のアプローチを適用することも 話し合いました ディスカバリーチャンネルのイカ専門家たちの会合である イカ・サミットに私を招待してくれたのはマイクです その夏のサメ週間でのことでした (笑)

私は 深海に棲息するイカを光で寄せ集めて 静かに観察することを提案しました 静かで耳障りでない機器で 探査することが重要だと強調しました 何百回も潜った経験から気づいたことですが さまざまな機材を用いて 漆黒の深海で過ごす中で 深海潜水調査艇で潜ったときの方が どの遠隔操作艇を使ったときよりも もっと多くの動物を見たという印象でした ただ深海潜水艇の視野が広いせいというだけかもしれません それでもティブロンを使ったほうがヴェンタナの時よりもたくさんの動物を見た気がしたのです その2つの潜水艇の視野は同じですが 推進システムは異なります

そこで 騒音レベルと関係があるのではないかと疑い始めました 水中マイクを海底に設置し それぞれの潜水艇を同じスピードで走らせ 同じ距離から 発した音を録音しました ジョンソン・シーリンクからの音は ここではほとんど聞こえないでしょう 電気推進装置を使っておりとても静かです ティブロンも電気推進装置を使っていて こちらもまあ静かですが少々騒がしくなります しかし最近の遠隔操作艇のほとんどには水力推進装置が用いられ ヴェンタナのような音がします これが多くの動物を怖がらせ逃げられてしまう原因だと考えました

そこで 深海イカ狩りのために 光るルアーを カメラに 取り付けることを提案しました 推進装置やモーターを持たない ただのバッテリー式のカメラです 照明は赤い光だけなので もっぱら青を見るために適応した ほとんどの深海生物には見えません 私たちの目には見える赤は 深海では赤外線と同等なのです メデューサと名づけたこの撮影装置は 船尾から海に投げ込みます 600メートル以上のケーブルで海面のブイに繋がれており 海の流れのままに漂い 光るルアーの青い光だけが 深海の生物の目に入ります 私たちはそのルアーを電子クラゲ (e-jelly) と呼んでいました 深海に多数生息するクラゲであるアトーラの 生物発光を模して作られたからです

アトーラが発するこの光の風車は 生物発光警報機として知られていますが 自己防衛の一種です 電子クラゲがルアーとして活用可能な理由は ダイオウイカがクラゲを補食するからではありません このクラゲは捕食者に食べられそうになっている時にだけ 光を放つのです そしてさらに大きな捕食者の 注意を引くことで最初の捕食者が襲われれば この隙に逃げ出すチャンスが 生まれるかもしれないからです 助けを求める叫び土壇場での最後のあがきであり 深海では一般的な自己防衛の形なのです

このアプローチはうまくいきました 以前の探査では ダイオウイカは一瞬たりとも ビデオに収められませんでした 今回は6 回も成功しました初回の映像から猛烈に興奮しました

エディス・ウィダー: 何てこと!本当に?科学者: おお、つかまってる!

まるで おかしなダンスを踊って私たちをからかっているようでした 出て来ては隠れるような そんなからかうような仕草を4回繰り返し 5回目にはカメラの近くにやってきて私たちは歓声を上げました

(音楽) 見ろよ

科学者: バン!何てこった!

(拍手)

全身が見えました

私が本当に驚いたのは ダイオウイカがe-jellyに覆いかぶさるようにして その隣の巨大なものを攻撃したことです おそらくe-jellyの捕食者だと勘違いしたのでしょう

さらに驚愕したのは トライトンで撮影された映像です ディスカバリーの映像にはでてきませんが 窪寺博士が餌として使ったイカは 体長1メートルのソデイカに ライトを取り付けた イカのルアーです これは はえ縄漁でも用いられます ダイオウイカはこの光に おびき寄せられたんだと思います

今ご覧頂いているのは 赤い照明で写した超高感度カメラの映像です ダイオウイカがやって来たとき窪寺博士にはこれだけしか見えていませんでした これを見て彼はとても興奮し もっとよく見たいと思い懐中電灯をつけましたが それでもダイオウイカは逃げませんでした 博士は思い切って潜水艇の白色ランプをつけて 歴史を覆う霧を払い 伝説の生き物を高解像度の映像で捉えたのです まさに息を飲む瞬間でした もしこの生き物が触手を完全な状態で保持しており それを伸ばしたなら 2階建ての家ほどになったことでしょう

どうしてこんな巨大な生物が 海に生息しているのに今まで撮影されずにいれたのでしょう? 海の探査はほんの5パーセントしかカバーできていません まだまだ発見は尽きません 何百万年もの進化を経た素晴らしい生物もいるでしょう 生物活性のある化合物が 想像もつかないような恩恵をもたらすかもしれません しかしながら 私たちが海洋探索に 注ぎ込んだ資金は 宇宙開発と比べてほんのわずかに過ぎません 海洋探索にもNASAのような組織が必要です この地球上の生命システムを 解明し 保護する必要があるからです

必要なのは ― ありがとう(拍手)

探検はイノベーションの原動力です イノベーションは経済成長の原動力です 皆さん 探検に出かけましょう しかし 動物が怖がって逃げないような方法で進めましょう マイク・ディグリーがかつて言ったように 「現実から逃れ 新しいものを見たり 誰も見たことのないものをぜひ見たいのなら 潜水艦に乗りなさい」 マイクはこの冒険に一緒に来るはずでした 彼の冥福を祈ります (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画