TED日本語 - ニコラ・ジョーンズ: 騒がしい海の危険性―海をどのように静かできるのか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ニコラ・ジョーンズ: 騒がしい海の危険性―海をどのように静かできるのか

TED Talks

騒がしい海の危険性―海をどのように静かできるのか
The dangers of a noisy ocean -- and how we can quiet it down
ニコラ・ジョーンズ
Nicola Jones

内容

「海は生来クジラの歌声、魚の低い音、テッポウエビ、氷の割れる音、風の音や雨の音などに溢れています。けれども海洋生物にとって、船のエンジン音から石油掘削の音にいたるまでの人工音が深刻な脅威となっています。」と科学ジャーナリストのニコラ・ジョーンズは語ります。海の騒音公害に直面した海洋生物に起こった知られざることを論じ、直接的な影響を調べるために騒音を減らす簡単な方法を共有するビデオをご視聴ください。

Script

This is the sound of orcas off the coast of Vancouver.

(Whale chirps and squeaks)

They make these fantastic sounds not just to communicate, but also sometimes to echolocate, to find their way around and to find food. But that can be tricky sometimes, because, well, here is the sound of a ship passing by, recorded underwater.

(Screeching oscillating sound)

You know, when we think about marine pollution, I think we usually think about plastics. Maybe toxic chemicals, or even ocean acidification from climate change. As a science journalist who often writes about environmental issues, those are the things that have passed my desk over the past 10 years or so. But as I recently realized when I was writing a feature for the science journal "Nature," noise is another important kind of pollution. One that often gets ignored.

You know, maybe you've heard of the dark-skies movement, which aimed to raise awareness of the issue of light pollution and create pockets of unilluminated night, so that people and animals could enjoy more natural cycles of light and dark, night and day. Well, in much the same way, there are people now raising awareness of the issue of noise pollution and trying to create pockets of quiet in the ocean, so that marine life can enjoy a more natural soundscape.

This is important. Noise isn't just an irritation. It can cause chronic stress, or even physical injury. It can affect marine life's ability to find food and mates and to listen out for predators and more. Think of all the sounds we inject into the ocean. Perhaps one of the most dramatic is the seismic surveys used to look for oil and gas. Air guns produce loud blasts, sometimes every 10 to 15 seconds, for months on end. And they use the reflections of these sounds to map the ground beneath. It can sound like this.

(Explosion sounds)

Then, there's the sound of the actual drilling for oil and gas, the construction of things like offshore wind farms, sonar and of course, the nearly constant drone from more than 50,000 ships in the global merchant fleet.

Now the natural ocean itself isn't exactly quiet. If you put your head under the water, you can hear cracking ice, wind, rain, singing whales, grunting fish, even snapping shrimp. Altogether, that can create a soundscape of maybe 50 to 100 decibels, depending on where and when you are.

But mankind's addition to that has been dramatic. It's estimated that shipping has added three decibels of noise to the ocean every 10 years in recent decades. That might not sound like a lot, but decibels are on a logarithmic scale, like the Richter scale for earthquakes. So a small number can actually represent a large change. Three decibels means a doubling of noise intensity in the ocean. A doubling.

And that's only an estimate, because no one is actually keeping track of how noisy the ocean is all around the world. There is a body called the International Quiet Ocean Experiment, and one of their missions is to try and plug the hole in that data. So for example, last year, they managed to convince the Global Ocean Observation System to start including noise as one of their essential variables for monitoring, alongside things like temperature and salinity.

We do know some things. We know that sonar can be as loud, or nearly as loud, as an underwater volcano. A supertanker can be as loud as the call of a blue whale. The noises we add to the ocean come in all different frequencies and can travel great distances. Seismic surveys off the East Coast of the United States can be heard in the middle of the Atlantic. In the 1960s, they did an experiment where they set off a loud noise off the coast of Perth, Australia, and they detected it as far away as Bermuda,20,000 kilometers away.

So what does all this sound like to marine life, what do they hear? It's kind of difficult to describe. Sound travels further, faster in water than it does in air, and it also packs a different punch. So sound of the same pressure will have a different intensity whether you measure it in the air or underwater. Then there's the fact that whales don't have ears exactly like human ears. Creatures like zooplankton don't even have what you would consider to be ears. So what does this mean, what is the impact on all this marine life?

Perhaps the easiest thing for scientists to assess is the effect of acute noise, really loud sudden blasts that might cause physical injury or hearing loss. Beaked whales, for example, can go into panicked dives when exposed to loud noises, which may even give them a condition similar to the bends. In the 1960s, after the introduction of more powerful sonar technologies, the number of incidents of mass whale strandings of beaked whales went up dramatically. And it's not just marine mammals, fish, if they stray too close to the source of a loud sound, their fish bladders may actually explode. The airgun blasts from seismic surveys can mow down a swath of zooplankton, the tiny creatures near the base of the food chain, or can deform scallop larvae while they're developing.

Well, what about chronic noise, the more pervasive issue of raising background noise from things like shipping? That can mask or drown out the natural soundscape. Some whales have responded to this by literally changing their tune, a little bit like people shouting to be heard in a noisy nightclub. And some fish will spend more time patrolling their borders and less time caring for their young, as if they're on high alert.

Chronic noise can affect people too, of course. Studies have shown that people living near busy airports or really busy highways may have elevated levels of cardiovascular disease. And students living under busy flight paths may do worse on some educational tests. And even while I was researching this subject, they were actually blasting out about three meters of solid granite from the lot across from my home office to make room for a new house, and the constant jittering of the rock hammer was driving me completely insane. And whenever the workers stopped for a moment, I could feel my shoulders relax.

This effect has been seen in whales, too. After the terrorist attacks of 9/11, international shipping largely ground to a halt for a little while in the waters off the East Coast of the United States. And in that lull, researchers noticed that endangered right whales in that region had fewer chemical markers of stress in their feces samples. As one researcher I spoke to likes to say, "We were stressed, but the whales weren't."

Now you have to remember, we have evolved to be a visual species. We really rely on our eyes. But marine life relies on sound the way that we rely on sight. For them, a noisy ocean may be as befuddling and even dangerous as a dense fog is for us. And maybe sometimes that just means being a little more stressed, maybe sometimes it means spending a little less time with the kids. Maybe some species can adapt. But some researchers worry that for endangered species already on the brink, noise may be enough to push them over the edge.

So take, for example, the southern resident killer whales that live in the waters off my hometown of Vancouver. There are only 75, maybe 76, animals left in this population. And they're facing a lot of challenges. There are chemical pollutants in these waters, and they are running low on the salmon that they really rely on for food. And then there's noise. When researchers studied these and similar killer whales, they found that they spend between 18 and 25 percent less time feeding in the presence of loud boat noise. And that's a lot for a species that's already struggling to find enough food to thrive.

The good news, as I heard from all the researchers I spoke to, is that you can do something relatively easily about ocean noise. Unlike the wicked problems of climate change and ocean acidification, you can just dial down the knob on ocean noise and see almost immediate impacts. So for example, in 2017, the Vancouver Fraser Port Authority started asking ships to simply slow down when going through the Haro Strait, where the southern resident killer whales are feeding in late summer. Slower ships are quieter ships. And because it's Canada, you can just ask, it can be voluntary.

(Laughter)

(Applause)

In that 2017 trial, most of the ships complied, adding about half an hour to their travel time, and reducing noise by about 1.2 decibels or 24 percent of noise intensity. This year, they decided to extend the length of time and the area over which they're asking ships to slow down. So hopefully that has a positive impact for these whales.

In 2017, the Vancouver Fraser Port Authority also introduced discounts in docking fees for ships that are physically designed to be quieter. You know, weirdly, a lot of the noise from a ship like this comes from the popping of tiny bubbles off the back of its propeller. And you can simply design a ship to do less of that and to be quieter. The International Maritime Organization has published a huge list of ways that boats can be made quieter. And they also have a target of reducing carbon dioxide emissions from global shipping by 50 percent by 2050. And the great news is that these two things go hand in hand. On the whole, a more efficient ship is a quieter ship.

People have also invented quieter ways of hammering in the giant posts needed for giant wind turbines, like this one, and gentler ways of doing seismic surveys. And there are some incentives for using quieter technologies. The European Union, for example, has a healthy marine system directive for 2020. And one of the ways that they define a healthy marine system is by how much noise is going in those waters. But on the whole, most waters remain completely unregulated when it comes to ocean noise.

But again, most of the scientists I spoke to said that there's real momentum right now in policy circles to pay attention to this issue and maybe do something about this issue. We already know enough to say that quieter seas are healthier seas. But now scientists are really scrambling to come up with the details. Just how quiet do we need to be? And where are the best places to make quiet or preserve quiet? And how best can we hush our noise?

And you know, I'm not trying to tell you that noise is the biggest environmental problem on the planet or even in the ocean. But the point is that humankind has a lot of impacts on our environmental system. And these impacts don't act in isolation. They act together, and they multiply. So even for the ones that are not so obvious, we really need to pay attention to them.

I'll tell you about one last experiment, just because it's so beautiful. So Rob Williams,one of the researchers who works on southern resident killer whales, also does some work in Bali. And there, they celebrate a Hindu tradition called nyepi, or a day of silence. And this day, apparently, is very strictly observed. No planes take off from the airport, no boats go out fishing, the tourists are gently led off the beach back into their hotel rooms. And Rob Williams put some hydrophones in the water there to see what the impact was, and it was dramatic. Sound levels dropped by six to nine decibels, about the same as in the waters after 9/11. For an "acoustic prospector" like Williams, which is what he calls himself, this silence is golden. Now he and other researchers can go back to this place and see what the fish choose to do with all this additional acoustic real estate.

(Soft bubbling)

I like to think of them having their own holiday, feasting and finding mates. Celebrating their own spot of calm in an otherwise noisy world.

Thank you.

(Applause)

これは バンクーバー沖の シャチの鳴き声です

(シャチの甲高い鳴き声)

この素晴らしい鳴き声は 会話だけでなく 時々エコロケーションで 食べ物を探しあてるのに 使われることもありますが でも それが難しい時もあります なぜなら 船舶が通り過ぎるときには 水中ではこんな音がするからです

(甲高い振動音)

海洋汚染を考えるとき 通常 頭に浮かぶのは プラスチックや 有害化学物質や 気候変動による海洋の酸性化の ことだと思います 私は科学ジャーナリストで 環境問題の記事をよく寄稿しますが それらは10年以上も前から 取り沙汰されてきた問題です でも 私は最近 科学雑誌『ネイチャー』の 特集記事を書いていた時 騒音が別の主要な公害だと 気付きました 騒音問題は 見過ごされがちです

皆さんは 光害対策について ご存じでしょうか? 光害問題への認識を高め 夜間に照明を使わない場所を作ることで 人間や動物が 光と闇、昼と夜という より自然なサイクルを享受できるのです これと全く同じように 騒音公害への 認識を高め 海の中に静かな場所を作ることで 海洋生物がより自然な音風景を 享受できるのです

これは重要です 騒音は単に不快なだけでなく 慢性的なストレスや 肉体的損傷の原因になります 海洋生物が 食べ物やつがいを見つけたり 捕食者などを察知したりする能力に 影響を与えます 海に放出した すべての音を考えてみてください おそらく最も大きな音の 1つに挙げられるのが 石油・天然ガスの探鉱に使う 地震調査でしょう エアガンでは大きな衝撃音が 何か月にもわたり 10~15秒おきに 延々と続くこともあります そして 音の反響を使って 地質図を作ります このような音がします

(爆発音)

そして 石油やガスを掘削する音や 洋上風力発電などの建設 ソナー 当然 5万隻以上の国際貨物船からは 低音のブンブン音が絶えず出ています

さて 海は自然の状態にあっても 音を発しています 海の中に頭を突っ込むと 氷の割れる音、風の音、雨の音 クジラの歌声、魚の低い声 テッポウエビの音さえ聞こえます すべて合わせると いつ どこで聞くかにもよりますが 50~100デシベルの音景になります

そこに 人間が出す大きな音が 加わります 船舶は ここ数十年間 推定で10年ごとに3デシベルの割合で 海に放出する騒音を増大させています 大きな音でないかもしれませんが デシベルとは対数目盛で 地震のリヒタースケールと同じです そのため 数値が小さくとも 実際は大きな変化となります 3デシベルとは 海洋の雑音強度を倍にしたものです 2倍です

推定の域をこえません なぜなら誰も実際に世界中の海の 騒音を記録していないからです IQOE(国際静寂海洋実験)という組織があり 目的の1つが データの穴を埋めることです 例えば 昨年 GOOS(世界海洋観測システム)が 行う監視の 必須変数の1つに 騒音を追加する要望が叶い 元々計っていた温度や塩分と共に 測定することになりました

そして分かったのは ソナーは海底火山と同等程度に 騒がしいことです 超大型のタンカーの音はシロナガスクジラの 鳴き声と同じ大きさです 私たちが海へ放出する騒音は あらゆる周波数にわたり またとても遠くまで届くことがあります アメリカ東海岸沖での地震調査は 大西洋のど真ん中でも聞こえます 1960年代の実験では オーストラリアのパース沖の 大きな騒音は 2万キロ先の遠く離れた バミューダでも 探知できました

音は どんな風に 海洋生物の耳に入るのでしょうか? 何が聞こえるのでしょうか? 説明するのは少々難しいです 水中の音は 空気中よりも 遠くまで伝わり速く伝わります そのため 効果がまた違ってくるのです だから 同じ圧力の音でも 空気中または水中で測定するかにより 音のパワーが違うのです クジラには実際 人間のような耳がありません 動物プランクトンなどの生物は 耳そのものがありません これが何を意味し どんな影響を 海洋生物へ与えるのでしょうか?

科学者にとって 測定が一番簡単なのは 急激に生じる騒音の影響です 大きな突然の爆発は 肉体的損傷や聴覚消失をまねく 恐れがあります 例えば オオギハクジラは 大きな騒音がすると パニックを起こして潜水し 潜水病に似た症状が 起きることさえあります 1960年代 より高出力のソナー技術の導入後 オオギハクジラの集団自殺の件数が 急激に上昇しました 海洋哺乳類だけでなく 魚も 群れからはぐれ 大きな音源に近づいてしまった場合 浮袋が破裂するかもしれません 地震調査のエアガンの衝撃音は 小さな動物プランクトンなど 食物連鎖の底辺の生き物を 全滅させたり 成長中のホタテの稚貝を 変形させたりします

船舶からの影響で 暗騒音が大きくなる広域の 慢性的な騒音問題は どうでしょうか? それにより自然の音風景が かき消されます クジラの中にはそれに反応し 文字通り音域を変えたものもいます 騒がしいナイトクラブで 声を張り上げる人みたいな感じです 魚の中には 警戒するかのように 縄張りの見回りに長時間を割き 稚魚の世話をあまりしなくなるものも 出てくるでしょう

無論 慢性的な騒音は 人間にも影響を与えます 研究によると 発着便数の多い空港付近や 交通量の多い高速道路の付近では 住民が心疾患に罹る リスクが高くなる可能性があり 便数の多い飛行経路の下で 暮らす学生の テストの成績は 悪くなる可能性があります 私がこのテーマを 研究している時でさえ 私の自宅兼事務所の向かいの土地で 新築の家を建てるため 3メートルもある硬い花崗岩を 爆破しており ロックハンマーが 絶えず小刻みに動くので 私は 気が変になりそうでした そして 一瞬でも作業が止むと 肩の緊張がほぐれるのを感じました

この影響はクジラにも見られます アメリカ同時多発テロ事件後 アメリカ東海岸沖の海路の 広い領域において 国際輸送が しばらく中断されました その間 研究者は その地域の絶滅寸前の セミクジラの排泄物サンプルからの ストレスを示すバイオマーカの量が 減っていることに気付きました 私が話した研究者の1人は 「人間はストレスに苦しむが クジラは違う」という見解でした

しかし 留意してほしいのは 私たちは 視覚を進化させてきたことです 明らかに視力に頼っています しかし 海洋生物は音に頼るのです 私たちが視力に頼るように だから 騒がしい海は海洋生物に 混乱を引き起こすものですし 危険でもあります 私たちが濃霧の中にいるのと 同じことです だから 時々ストレス気味になったり あまり稚魚の世話を しなかったりします 適応できる種類も いるかもしれませんが すでに瀬戸際にいる絶滅危惧種は 騒音により絶滅すると 懸念する研究者もいます

例えば 北太平洋の定住型のシャチは 私の地元のバンクーバーの海で 生息していますが この個体群に残っているのは 75~76頭のみです 様々な難題に直面しています この海域は化学物質で汚染されており シャチが主食とする サケが減ってきています そこにきて騒音です 研究者が 同種および類似種の シャチの研究をしたところ 船舶の騒音のもとでは 採餌にかける時間が 18~25%も少なくなるのです じゅうぶんな餌の確保に 苦労している生物種にとっては 大きな減少率といえます

私が話した研究者全員が言うには 嬉しいことに 海洋雑音の対策は 比較的簡単なのだそうです 気候変動や海洋の酸性化のような 厳しい問題と違って 海洋雑音は 音量ボタンの要領で 簡単に小さくでき すぐに影響を見ることができます 例えば 2017年 バンクーバー・フレイザー港湾管理委員会は 船舶にハロ海峡を低速で航行するよう 要請を始めました ハロ海峡は定住型のシャチの 晩夏の餌場です 低速にすると より静かになります カナダですから 自発的な協力を 要請すれば良いのです

(笑)

(拍手)

あの2017年の取り組みで 大半の船舶が 30分程度航行時間を延長して 約1.2デシベル つまり雑音強度の24%を 削減しました 今年 さらに航行時間を延長し 低速での航行を要請する地域を 拡大することに決めました 願わくは シャチに良い影響を 与えてほしいものです

2017年 バンクーバー・フレイザー港湾管理委員会は 物理的により静かに航行するよう 設計された船舶に対する 入港料の軽減も導入しました このように船舶の騒音の多くは 不思議なことに スクリューの後に生じる小さな泡が原因です 単に 泡の発生を少なくするような 設計をすることで 騒音を低減できます 国際海事機関は 船舶をより静かにする方法を 膨大な量のリストにまとめました そして 2050年までの 海運分野での 二酸化炭素の排出量削減目標を 50%に設定しています これらが関連して起こるのは 素晴らしいことです 概して より効率的な船舶は より静かに航行します

このような巨大な風力タービンの 巨大な支柱をより静かに打ち込む方法や 静かな地震調査の方法も考案しました より静かな技術を使うことには メリットもあります 例えば EUには 2020年版の健全な海洋システムに関する 指令があります 健全な海洋システムと 定義する方法の1つは その海域に放出される 騒音の量ですが 海洋雑音の場合については 概して ほとんどの海域が 全く規制されていません

繰り返しますが 私が話した科学者の大半は 「今 政策担当者たちの間で 実に機運が高まっており この問題に注目し 何か行動に移せるかもしれない」と 言っていました より静かな海がより健全な海だと ご理解いただけたと思いますが 現在 科学者は具体的な内容を 決めるために奮闘しています どの程度の静けさが必要なのか? 騒音の低減 また静けさの維持に 最善の場所は? 騒音を抑制する最良の方法は?

騒音が地球上や海で 最大の環境問題であると 言うつもりはありません 肝心なのは人類が環境システムに 多大な影響を与えていることです これらの影響は単独のものではなく 同時に作用したときの相乗効果があります 顕著な問題でなくても 注目する必要があるのです

最新の実験についてお話しします 実に素晴らしいものです ロブ・ウィリアムという 定住型のシャチの 観察をしている研究者は バリでも研究を行なっています バリでは ヒンズーの伝統行事として ニュピという静寂の日を祝います この日は厳密に祝われているようで 空港から離陸する航空機も 釣りに出かける船もなく 観光客はビーチをはなれ ホテルの自室へ戻るよう丁重に促されます ロブ・ウィリアムが その海域に水中聴音器を入れて 影響を調べてみると 驚くものでした 騒音レベルが6~9デシベルほど 落ちていました 同時多発テロ事件後の 海域で見られたのと同じ傾向です ウィリアムのような 自称「音源発掘者」にとって まさに沈黙は金なりといえるでしょう ウィリアムと他の研究者は ニュピのバリ島を再訪すれば 魚たちが より静かになった場所で どんな反応を示すのか 見届けることができるでしょう

(柔らかい泡の音)

私は魚が自分たちの祝日を祝ったり ご馳走を食べたり つがいを見つけたり 騒がしい日常と違った 静寂を楽しんでいると 想像するのが好きです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画