TED日本語 - ヘレン・ピアソン: 人間の成長・発達に関する最も長期に渡る研究から得た教訓

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

過去70年に渡って、イギリスの科学者達は何千人もの子供達の人生を追跡調査し、健康的で幸せに暮らす人と苦労する人に分かれる原因を探ってきました。この調査は世界でも最も長期に渡る人間の成長・発達に関する研究であり、人間に関する地球上で最も充実した研究で、私達の生き方や学び方、子育ての仕方に変化を与えています。科学ジャーナリストのヘレン・ピアソンが、この注目に値する研究を検討しながら、生き方やより良い子育てに関する重要な発見と、純然たる真実を語ります。

Script

今日は 皆さんに お伝えしたいことがあるのですが まず最初に いくつか 質問をしたいと思います この中で お子さんが いらっしゃる方は? では 絶対に正しいやり方で 我が子を育てる 自信のある方は?

(笑)

2つ目の質問には あまり 手が挙がらなかったようですが 実は私も 自信がありません 私には3人の男の子がおり 3歳、9歳、12歳です 皆さんや 殆どの親御さんのように 実は 自分がやっている事が あまりよく分かっていないのです 子供には 幸せで健康な人生を 歩んで欲しいと願っていますが そのために自分が何をすべきか 分かりません 相反する あらゆるアドバイスが 載った大量の本があり その量に圧倒されます ですから私はその都度 模索しながら子供に接してきました しかし数年前 イギリスで あるちょっとした秘訣に 出くわした時 何かが 私を変えました それにより 我が子の育て方に より自信がつきました また 社会が全ての子供を 手助けする方法を 数多く示していました 今日は皆さんにその秘密を お話しします

過去70年間 イギリスの科学者は 途方もない研究の一環として 何千人もの子供達の生涯を 追跡調査しました 世界中どこを見ても そんなものは見当たりません 何千人もの子供達の情報を 収集するのは 本当に意味のある事です 学校では成績が良く 成人してから 健康で幸福で 裕福だと言う人達と そうでない人達とを比較し 集めた全ての情報を精査して 何故その人達の人生が 異なるものになったのかを 解明する事になるからです

このイギリスの研究は 実際 無謀なものです それは1946年に遡ります 終戦の わずか数ヶ月後 科学者は 当時女性が 赤ん坊を持つとはどういうことか 知ろうとしました 母親を対象に大規模調査を行い イングランド、スコットランド、ウエールズで ある1週間に生まれた ほぼ全ての赤ん坊の誕生が 記録される事になりました その数は およそ 1万4千人にのぼりました 女性に問われた質問は こんにち 行われるものとは 全く異なるものです とても古臭いもので こんな感じでした 「妊娠中 余分に配給になったミルクを きちんと飲みましたか?」 「スモックやコルセット 寝間着、パンツやブラジャーに いくらお金を使いましたか?」 この質問は気に入ったのですが 「貴女が赤ちゃんと寝ている時 誰が旦那様の面倒を見ましたか?」

(笑)

さて この戦時中の調査が かなりの成功に終わった為 調査は再び行われる事になりました 1958年と更に1970年に 生まれた何千人もの 赤ん坊の誕生が 記録されました 調査は1990年代初期に再び行われ 2000年前後にも実施されました この一連の研究に参加した子供は 全部で7万人以上 5世代に渡ります それは英国の出生コホートと呼ばれ 科学者は この人達全員を 数年毎に追跡し 新たな情報を蓄積し続けています この人達に関して 収集されてきた情報の量は 全く想像を超えたものです それは何千もの 文書でのアンケートや 膨大なコンピューターデータを 含んでいます 科学者は又 生体組織試料の 巨大な貯蔵庫を作りました そこには髪の毛の束、切った爪 乳歯やDNAが保管されています 複数の出産から採取した 9千個の胎盤まで集められており 現在それは厳重に保管貯蔵庫の ポリバケツの中に保存してあります この全プロジェクトは ユニークなものです そう 世界でも これ程詳細に 子供達を数世代に渡って 追跡している国はありません この子供達は 世界で 最も詳細に研究された人々で 科学者にとって そのデータは 非常に貴重であり 6千件を優に超える学術論文や 著作に使われています ただ 今日は発見のうち 1つだけ取り上げたいと思います おそらくこの驚くべき研究から 生まれた 最も重要な発見です それは 私の心にも響きました 子供に最善を尽くすための 科学の活用法に関わるからです

まず悪い知らせから 片付けていきましょう この途方もない研究から示された 最大のメッセージはこれです 「貧困家庭や不利な環境に 生まれてはならない そうなってしまったら 困難な人生を歩む可能性は かなり高まるからだ」 この研究の中の多くの子供達は 貧しい家庭や 家は窮屈で 問題も多い 労働者階級の家庭に生まれましたが こういった恵まれない子供達は ほぼ あらゆる点で苦労することが 明らかになっています 学校の成績は振るわず 結局 良い仕事に就けず 稼ぎも少なくなりがちです それは当然と 思われるでしょうが 実に驚くべき研究結果もあるのです 人生のスタートで苦労した子供は 大人になって 健康を害する 可能性が高いのです 肥満や高血圧になる 可能性が高く 数十年後には 記憶力が低下し 健康を損ない 早死にさえしがちなのです

さて将来どうなるかについて 話をしましたが これらの違いには 実に驚く程幼い頃 表れるものもあるのです ある研究によれば 学力検査の結果 貧困の中で育った子供達は 経済的に恵まれた子供達より 3歳までには早くも 約1年分 学習が遅れていました このような格差は どの世代にも繰り返し現れています つまり 幼少期の環境が その後の人生を 大きく左右するのです そして その理由の解明こそ こんにち 私達が直面する 難題の1つなのです

これで おわかりでしょう 皆さん 成功する人生の 第1の教訓はこれです 「親を注意深く選びましょう」

(笑)

貧しい家庭や恵まれない家庭に 生まれない事です ここで 小さな問題に お気づきかと思います 自分の親や その収入は 選べないのです ただ このイギリスでの研究からは 楽観的な思いが生まれます 恵まれない環境に生まれた人が 皆 不遇に終わる訳ではないことを 明らかにしているからです ご存知の通り 恵まれない環境に生まれても 最終的に成功を収める人は たくさんいますが この研究で理由がわかりつつあります

2つ目の教訓はこれです 「親は本当に重要だ」 この研究では 子供に関心を持って 熱心に関わる親を持ち 未来に向けた 大志を持つ子供達は 困難な環境から 逃れやすいという事です 親と親がする事は 特に出生後 数年の間 非常に重要だと考えられます

その例をお話しします ある研究で 科学者は1970年に生まれた 約1万7千人の子供達を調査しました 困難な人生のスタートを切った 子供達が 悪条件にもかかわらず 何故学校で頑張って 成功をおさめたのか という謎を解明しようと 集めたデータを くまなく調べました 要は どんな子供が 逆境を乗り越えるかです データによると 何より重要なものは親でした 生まれて数年間 親が子供に関心を持ち 熱心に関わる事と 子供が学校でうまくやっていく事には 密接な関係がありました 実際 親が行う 極めて些細な事が 子供にとっては良い結果に 結びついているのです 子供と話す 子供の話を聞く 温かい返事をする 文字や数字を教える 旅行などに連れて行くなどです 毎日子供に読み聞かせをする事も 非常に重要なようです ある研究によると 子供が5歳の時に 親が毎日 読み聞かせをし 10歳の時に 子供の教育に関心を示した場合 そうしなかった親を持った場合に比べ 子供が30歳になった時 明らかに貧困に陥りにくかった というのです

さて この種類の学問は 解釈がとても難しいのです これらの研究が示すのは 親の振る舞いと 子供の成功との間に 相関関係があるという点だけで 親の行動が良い結果を生むのか あるいは 他の要因が絡むのかまで わかるとは限りません 例えば遺伝子を 考慮に入れなければならず それは 全く別の問題となるのです

しかし これを 研究対象としている科学者は 原因解明の為 本当に懸命に研究しています 次は 私が特に興味を持つ研究です この研究では 世紀の変わり目に生まれた 約1万人の子供達の 就寝の習慣を調べました 平日に子供達が 同じ時間に寝ていたか それとも時間は バラバラだったか? データによると 寝る時間が バラバラだった子供達は 問題行動を起こしやすく 規則正しく同じ時間に 寝る習慣に変えた人達は 行動の改善が しばしば見られたのです これは とても重要な点です データが示唆しているのは 規則的な就寝時間が 子供達の成功に 力を貸していたという事だからです

注目すべき研究が まだあります この研究で科学者は 娯楽として読書をする 子供達を調べました つまり 子供達が自分で 雑誌や絵本や物語を選んだ場合です データによると 5歳から10歳までで 楽しんで読書をする子供は 平均的に学校でも うまくやって行く傾向にあり その後の成績も 優れていたのです しかも 読解テストだけでなく 綴りや算数の成績も 優れていました この研究では 外部からの影響を できるだけ統制し 知能も 育った社会階層も 同程度の 子供達を調べました その結果 子供達が 学校でうまくやっていき 後に試験で良い成績をとったのは 読解力のおかげのようでした

初めに私は言いました この研究から得られた最初の教訓は 貧困や不利な環境の下に 生まれてはならない なぜなら子供が より苦難に満ちた人生を 歩む事になるからだと でも その一方で私は 子育てへの親の関わりが重要で 「優れた子育て」こそ 子供達が逆境を乗り越え 幼い頃のマイナスを克服する 役に立つとも言いました ちょっと考えてみて下さい それでは結局 貧困は 重要な要素ではないのでしょうか? 子供が貧しい中で生まれても 良い親が子育てをすれば 問題ないと言えるかもしれませんが 私は そうは思いません この研究は 貧困と子育て 両方の重要性を示しています ある研究は 実際 その正確な数値を出し 長年貧困に苦しむ家庭に 育った子供達の 学校での成績が どの程度か調査しました データによると たとえ 親がすべての事を きちんとしたとしても ― 親が時間通りに 子供をベッドに入れて 毎日 本を読んだとしても 限界があるのです 良い子育ては 貧困家庭と 裕福な家庭との教育的差異を 最大で約50%しか減らせないのです それは貧困が本当に深く 癒されない傷を残す事を意味しており 私達が本気で 次の世代の成功と幸福を 保証したいなら 子供の貧困の問題に取り組む事が 非常に重要になって来るのです

さて それは私達にとって どんな意味があるのでしょう? 家で誰でも実践できる 教訓はあるでしょうか? 科学者そしてジャーナリストとして 私は自分の子育てに 科学の知見を生かしたいのです… 皆さんが 時間通りに寝るようにと 子供を怒鳴りつける時 科学研究の成果が味方してくれたら すごく助かりますから

(笑)

こう考えると凄いと思いませんか? 幸福で成功した子供を育てるには 彼らに話しかけ 子供の将来に関心を持ち 同じ時間に寝かしつけ 本を与えるだけで良いのだと それで親の仕事は 終わりという訳です

ただ ご想像の通り 答えはさほど 単純ではありません 理由の1つは この研究では 何千人もの子供達に起こった事の 平均を調べていて 私や皆さんの子供をはじめ 個々の子供の役に立つとは 必ずしも言えないのです 結局 私達の子供は一人ひとり 自分自身の道を歩むもので 彼らが受け継いだ遺伝子や 勿論 私達 親との 関わりを含む 彼らが 人生で経験する全てによって ある程度 決められています

これら全てを学んでから 私が行った事をお話ししましょう ちょっと恥ずかしいのですが 自分は仕事や そして皮肉な事に この途方もない イギリスの子供達の調査に関する 研究や著作でかなり忙しかったので 自分の子供に ほとんど 話しかけさえしない日があると気付きました そこで家庭では おしゃべりタイムを導入しました それは1日の終わりの わずか15分です その時 私達は 息子達と話をするのです その日彼らが何をしたのかを 必死で聞こうとし 学校で彼らがした事を 認めている事を伝えようとします 勿論 常に 読んでいる本があるか確認します 自分が彼らの将来に 大いに期待していて 彼らは幸せになれるし すごい事ができるはずだと伝えます それで何かが変わるかは 分かりませんが きっと害にはならないでしょうし ひょっとしたら 彼らのためになるかもしれません

結局 子供を幸せにしたければ 私達 親にできる事とは 科学に耳を傾け そして勿論 子供の言う事に 耳を傾ける事だけなのです

ありがとうございました

Today I want to confess something to you, but first of all I'm going to ask you a couple of questions. How many people here have children? And how many of you are confident that you know how to bring up your children in exactly the right way?

(Laughter)

OK, I don't see too many hands going up on that second one, and that's my confession, too. I've got three boys; they're three,nine and 12. And like you, and like most parents, the honest truth is I have pretty much no idea what I'm doing. I want them to be happy and healthy in their lives, but I don't know what I'm supposed to do to make sure they are happy and healthy. There's so many books offering all kinds of conflicting advice, it can be really overwhelming. So I've spent most of their lives just making it up as I go along. However, something changed me a few years ago, when I came across a little secret that we have in Britain. It's helped me become more confident about how I bring up my own children, and it's revealed a lot about how we as a society can help all children. I want to share that secret with you today.

For the last 70 years, scientists in Britain have been following thousands of children through their lives as part of an incredible scientific study. There's nothing quite like it anywhere else in the world. Collecting information on thousands of children is a really powerful thing to do, because it means we can compare the ones who say, do well at school or end up healthy or happy or wealthy as adults, and the ones who struggle much more, and then we can sift through all the information we've collected and try to work out why their lives turned out different.

This British study -- it's actually a kind of crazy story. So it all starts back in 1946, just a few months after the end of the war, when scientists wanted to know what it was like for a woman to have a baby at the time. They carried out this huge survey of mothers and ended up recording the birth of nearly every baby born in England, Scotland and Wales in one week. That was nearly 14,000 babies. The questions they asked these women are very different than the ones we might ask today. They sound really old-fashioned now. They asked them things like, "During pregnancy, did you get your full extra ration of a pint of milk a day?" "How much did you spend on smocks, corsets, nightdresses, knickers and brassieres?" And this is my favorite one: "Who looked after your husband while you were in bed with this baby?"

(Laughter)

Now, this wartime study actually ended up being so successful that scientists did it again. They recorded the births of thousands of babies born in 1958 and thousands more in 1970. They did it again in the early 1990s, and again at the turn of the millennium. Altogether, more than 70,000 children have been involved in these studies across those five generations. They're called the British birth cohorts, and scientists have gone back and recorded more information on all of these people every few years ever since. The amount of information that's now been collected on these people is just completely mind-boggling. It includes thousands of paper questionnaires and terabytes' worth of computer data. Scientists have also built up a huge bank of tissue samples, which includes locks of hair, nail clippings, baby teeth and DNA. They've even collected 9,000 placentas from some of the births, which are now pickled in plastic buckets in a secure storage warehouse. This whole project has become unique -- so, no other country in the world is tracking generations of children in quite this detail. These are some of the best-studied people on the planet, and the data has become incredibly valuable for scientists, generating well over 6,000 academic papers and books. But today I want to focus on just one finding -- perhaps the most important discovery to come from this remarkable study. And it's also the one that spoke to me personally, because it's about how to use science to do the best for our children.

So, let's get the bad news out of the way first. Perhaps the biggest message from this remarkable study is this: don't be born into poverty or into disadvantage, because if you are, you're far more likely to walk a difficult path in life. Many children in this study were born into poor families or into working-class families that had cramped homes or other problems, and it's clear now that those disadvantaged children have been more likely to struggle on almost every score. They've been more likely to do worse at school, to end up with worse jobs and to earn less money. Now, maybe that sounds really obvious, but some of the results have been really surprising, so children who had a tough start in life are also more likely to end up unhealthy as adults. They're more likely to be overweight, to have high blood pressure, and then decades down the line, more likely to have a failing memory, poor health and even to die earlier.

Now, I talked about what happens later, but some of these differences emerge at a really shockingly early age. In one study, children who were growing up in poverty were almost a year behind the richer children on educational tests, and that was by the age of just three. These types of differences have been found again and again across the generations. It means that our early circumstances have a profound influence on the way that the rest of our lives play out. And working out why that is is one of the most difficult questions that we face today.

So there we have it. The first lesson for successful life, everyone, is this: choose your parents very carefully.

(Laughter)

Don't be born into a poor family or into a struggling family. Now, I'm sure you can see the small problem here. We can't choose our parents or how much they earn, but this British study has also struck a real note of optimism by showing that not everyone who has a disadvantaged start ends up in difficult circumstances. As you know, many people have a tough start in life, but they end up doing very well on some measure nevertheless, and this study starts to explain how.

So the second lesson is this: parents really matter. In this study, children who had engaged, interested parents, ones who had ambition for their future, were more likely to escape from a difficult start. It seems that parents and what they do are really, really important, especially in the first few years of life.

Let me give you an example of that. In one study, scientists looked at about 17,000 children who were born in 1970. They sifted all the mountains of data that they had collected to try to work out what allowed the children who'd had a difficult start in life to go on and do well at school nevertheless. In other words, which ones beat the odds. The data showed that what mattered more than anything else was parents. Having engaged, interested parents in those first few years of life was strongly linked to children going on to do well at school later on. In fact, quite small things that parents do are associated with good outcomes for children. Talking and listening to a child, responding to them warmly, teaching them their letters and numbers, taking them on trips and visits. Reading to children every day seems to be really important, too. So in one study, children whose parents were reading to them daily when they were five and then showing an interest in their education at the age of 10, were significantly less likely to be in poverty at the age of 30 than those whose parents weren't doing those things.

Now, there are huge challenges with interpreting this type of science. These studies show that certain things that parents do are correlated with good outcomes for children, but we don't necessarily know those behaviors caused the good outcomes, or whether some other factor is getting in the way. For example, we have to take genes into account, and that's a whole other talk in itself.

But scientists working with this British study are working really hard to get at causes, and this is one study I particularly love. In this one, they looked at the bedtime routines of about 10,000 children born at the turn of the millennium. Were the children going to bed at regular times, or did they go to bed at different times during the week? The data showed that those children who were going to bed at different times were more likely to have behavioral problems, and then those that switched to having regular bedtimes often showed an improvement in behavior, and that was really crucial, because it suggested it was the bedtime routines that were really helping things get better for those kids.

Here's another one to think about. In this one, scientists looked at children who were reading for pleasure. That means that they picked up a magazine, a picture book, a story book. The data showed that children who were reading for pleasure at the ages of five and 10 were more likely to go on in school better, on average, on school tests later in their lives. And not just tests of reading, but tests of spelling and maths as well. This study tried to control for all the confounding factors, so it looked at children who were equally intelligent and from the same social-class background, so it seemed as if it was the reading which really helped those children go on and score better on those school tests later in their lives.

Now at the start, I said the first lesson from this study was not to be born into poverty or into disadvantage, because those children tend to follow more difficult paths in their lives. But then I said that parenting matters, and that good parenting, if you can call it that, helps children beat the odds and overcome some of those early disadvantages. So wait, does that actually mean, then, that poverty doesn't matter after all? You could argue it doesn't matter if a child is born poor -- as long as their parents are good parents, they're going to do just fine. I don't believe that's true. This study shows that poverty and parenting matter. And one study actually put figures on that, so it looked at children growing up in persistent poverty and how well they were doing at school. The data showed that even when their parents were doing everything right -- putting them to bed on time and reading to them every day and everything else -- that only got those children so far. Good parenting only reduced the educational gap between the rich and poor children by about 50 percent. Now that means that poverty leaves a really lasting scar, and it means that if we really want to ensure the success and well-being of the next generation, then tackling child poverty is an incredibly important thing to do.

Now, what does all this mean for you and me? Are there lessons here we can all take home and use? As a scientist and a journalist, I like to have some science to inform my parenting ... and I can tell you that when you're shouting at your kids to go to bed on time, it really helps to have the scientific literature on your side.

(Laughter)

And wouldn't it be great to think that all we had to do to have happy, successful children was to talk to them, be interested in their future, put them to bed on time, and give them a book to read? Our job would be done.

Now, as you can imagine, the answers aren't quite as simple as that. For one thing, this study looks at what happens to thousands and thousands of children on average, but that doesn't necessarily say what will help my child or your child or any individual child. In the end, each of our children is going to walk their own path, and that's partly defined by the genes they inherit and of course all the experiences they have through their lives, including their interactions with us, their parents.

I will tell you what I did after I learned all this. It's a bit embarrassing. I realized I was so busy working, and ironically, learning and writing about this incredible study of British children, that there were days when I hardly even spoke to my own British children. So at home, we introduced talking time, which is just 15 minutes at the end of the day when we talk and listen to the boys. I try better now to ask them what they did today, and to show that I value what they do at school. Of course, I make sure they always have a book to read. I tell them I'm ambitious for their future, and I think they can be happy and do great things. I don't know that any of that will make a difference, but I'm pretty confident it won't do them any harm, and it might even do them some good.

Ultimately, if we want happy children, all we can do is listen to the science, and of course, listen to our children themselves.

Thank you.

Today/ I want to confess/ something/ to you,/ but first of all I'm going to ask/ you/ a couple of questions.//

今日は 皆さんに お伝えしたいことがあるのですが まず最初に いくつか 質問をしたいと思います

How many people here have children?//

この中で お子さんが いらっしゃる方は?

And how many of you are confident/ that you know/ how to bring up/ your children/ in exactly the right way?//

では 絶対に正しいやり方で 我が子を育てる 自信のある方は?

(笑)

OK,/ I don't see too many hands/ going up/ on that second one,/ and that's my confession,/ too.//

2つ目の質問には あまり 手が挙がらなかったようですが 実は私も 自信がありません

I've got three boys;/ they're three,nine and 12.//

私には3人の男の子がおり 3歳、9歳、12歳です

And like you,/ and like most parents,/ the honest truth is I have pretty much/ no idea/ what I'm doing.//

皆さんや 殆どの親御さんのように 実は 自分がやっている事が あまりよく分かっていないのです

I want them/ to be happy and healthy/ in their lives,/ but I don't know/ what I'm supposed to do/ to make sure/ they are happy and healthy.//

子供には 幸せで健康な人生を 歩んで欲しいと願っていますが そのために自分が何をすべきか 分かりません

There's so many books/ offering all kinds of conflicting advice,/ it can be really overwhelming.//

相反する あらゆるアドバイスが 載った大量の本があり その量に圧倒されます

So I've spent most of their lives just making/ it up/ as I go along.//

ですから私はその都度 模索しながら子供に接してきました

However,/ something changed me/ a few years ago,/ when I came across a little secret/ that we have in Britain.//

しかし数年前 イギリスで あるちょっとした秘訣に 出くわした時 何かが 私を変えました

It's helped me/ become more confident/ about how I bring up/ my own children,/ and it's revealed a lot/ about how we/ as a society can help all children.//

それにより 我が子の育て方に より自信がつきました また 社会が全ての子供を 手助けする方法を 数多く示していました

I want to share/ that secret/ with you today.//

今日は皆さんにその秘密を お話しします

For the last 70 years,/ scientists/ in Britain have been following thousands of children/ through their lives/ as part of an incredible scientific study.//

過去70年間 イギリスの科学者は 途方もない研究の一環として 何千人もの子供達の生涯を 追跡調査しました

There's nothing quite/ like it anywhere else/ in the world.//

世界中どこを見ても そんなものは見当たりません

Collecting information/ on thousands of children is a really powerful thing/ to do,/ because it means/ we can compare the ones/ who say,/ do well/ at school/ or end up/ healthy or happy or wealthy/ as adults,/ and the ones/ who struggle much more,/ and then/ we can sift through all the information/ we've collected/ and try to work out/ why their lives turned out/ different.//

何千人もの子供達の情報を 収集するのは 本当に意味のある事です 学校では成績が良く 成人してから 健康で幸福で 裕福だと言う人達と そうでない人達とを比較し 集めた全ての情報を精査して 何故その人達の人生が 異なるものになったのかを 解明する事になるからです

This British study --/ it's actually/ a kind of crazy story.//

このイギリスの研究は 実際 無謀なものです

So it/ all starts back/ in 1946,/ just a few months/ after the end of the war,/ when scientists wanted to know/ what it was like for a woman/ to have a baby/ at the time.//

それは1946年に遡ります 終戦の わずか数ヶ月後 科学者は 当時女性が 赤ん坊を持つとはどういうことか 知ろうとしました

They carried out/ this huge survey of mothers/ and ended up/ recording the birth of nearly every baby born in England,/ Scotland and Wales/ in one week.//

母親を対象に大規模調査を行い イングランド、スコットランド、ウエールズで ある1週間に生まれた ほぼ全ての赤ん坊の誕生が 記録される事になりました

That was nearly 14,000 babies.//

その数は およそ 1万4千人にのぼりました

The questions/ they asked/ these women are very different/ than the ones/ we might ask today.//

女性に問われた質問は こんにち 行われるものとは 全く異なるものです

They sound really old-fashioned now.//

とても古臭いもので

They asked them/ things like,/ "During pregnancy,/ did you get your full extra ration of a pint of milk/ a day?"//

こんな感じでした 「妊娠中 余分に配給になったミルクを きちんと飲みましたか?」

"How much did you spend on smocks, corsets, nightdresses, knickers and brassieres?"//

「スモックやコルセット 寝間着、パンツやブラジャーに いくらお金を使いましたか?」

And this is my favorite one:/ "Who looked after your husband/ while you were in bed/ with this baby?"//

この質問は気に入ったのですが 「貴女が赤ちゃんと寝ている時 誰が旦那様の面倒を見ましたか?」

(笑)

Now,/ this wartime study actually ended up/ being so successful/ that scientists did it again.//

さて この戦時中の調査が かなりの成功に終わった為 調査は再び行われる事になりました

They recorded the births of thousands of babies born in 1958 and thousands more/ in 1970.//

1958年と更に1970年に 生まれた何千人もの 赤ん坊の誕生が 記録されました

They did it again/ in the early 1990s,/ and again/ at the turn of the millennium.//

調査は1990年代初期に再び行われ 2000年前後にも実施されました

Altogether,/ more than 70,000 children have been involved in these studies/ across those five generations.//

この一連の研究に参加した子供は 全部で7万人以上 5世代に渡ります

They're called/ the British birth cohorts,/ and scientists have gone back/ and recorded more information/ on all of these people/ every few years ever since.//

それは英国の出生コホートと呼ばれ 科学者は この人達全員を 数年毎に追跡し 新たな情報を蓄積し続けています

The amount of information/ that's now been collected on these people is just completely mind-boggling.//

この人達に関して 収集されてきた情報の量は 全く想像を超えたものです

It includes thousands of paper questionnaires and terabytes/' worth of computer data.//

それは何千もの 文書でのアンケートや 膨大なコンピューターデータを 含んでいます

Scientists have also built up/ a huge bank of tissue samples,/ which includes locks of hair,/ nail clippings,/ baby teeth and DNA.//

科学者は又 生体組織試料の 巨大な貯蔵庫を作りました そこには髪の毛の束、切った爪 乳歯やDNAが保管されています

They've even collected 9,000 placentas/ from some of the births,/ which are now pickled in plastic buckets/ in a secure storage warehouse.//

複数の出産から採取した 9千個の胎盤まで集められており 現在それは厳重に保管貯蔵庫の ポリバケツの中に保存してあります

This whole project has become unique --/ so,/ no other country/ in the world is tracking generations of children/ in quite this detail.//

この全プロジェクトは ユニークなものです そう 世界でも これ程詳細に 子供達を数世代に渡って 追跡している国はありません

These are some of the best-studied people/ on the planet,/ and the data has become incredibly valuable/ for scientists,/ generating well over 6,000 academic papers and books.//

この子供達は 世界で 最も詳細に研究された人々で 科学者にとって そのデータは 非常に貴重であり 6千件を優に超える学術論文や 著作に使われています

But today/ I want to focus/ on just one finding --/ perhaps the most important discovery to come from this remarkable study.//

ただ 今日は発見のうち 1つだけ取り上げたいと思います おそらくこの驚くべき研究から 生まれた 最も重要な発見です

And it's also/ the one/ that spoke to me personally,/ because it's about how to use science/ to do the best/ for our children.//

それは 私の心にも響きました 子供に最善を尽くすための 科学の活用法に関わるからです

So,/ let's get the bad news/ out of the way first.//

まず悪い知らせから 片付けていきましょう

Perhaps/ the biggest message/ from this remarkable study is this:/ don't be born into poverty/ or/ into disadvantage,/ because/ if you are,/ you're far more likely/ to walk a difficult path/ in life.//

この途方もない研究から示された 最大のメッセージはこれです 「貧困家庭や不利な環境に 生まれてはならない そうなってしまったら 困難な人生を歩む可能性は かなり高まるからだ」

Many children/ in this study were born into poor families/ or/ into working-class families/ that had cramped homes or other problems,/ and it's clear now/ that those disadvantaged children have been more likely/ to struggle on almost every score.//

この研究の中の多くの子供達は 貧しい家庭や 家は窮屈で 問題も多い 労働者階級の家庭に生まれましたが こういった恵まれない子供達は ほぼ あらゆる点で苦労することが 明らかになっています

They've been more likely/ to do worse/ at school,/ to end up/ with worse jobs/ and to earn less money.//

学校の成績は振るわず 結局 良い仕事に就けず 稼ぎも少なくなりがちです

Now,/ maybe/ that sounds really obvious,/ but some of the results have been really surprising,/ so children/ who had a tough start/ in life are also more likely/ to end up/ unhealthy/ as adults.//

それは当然と 思われるでしょうが 実に驚くべき研究結果もあるのです 人生のスタートで苦労した子供は 大人になって 健康を害する 可能性が高いのです

They're more likely/ to be overweight,/ to have high blood pressure,/ and then decades down the line,/ more likely to have a failing memory,/ poor health/ and even to die earlier.//

肥満や高血圧になる 可能性が高く 数十年後には 記憶力が低下し 健康を損ない 早死にさえしがちなのです

Now,/ I talked about what happens later,/ but some of these differences emerge at a really shockingly early age.//

さて将来どうなるかについて 話をしましたが これらの違いには 実に驚く程幼い頃 表れるものもあるのです

In one study,/ children/ who were growing up/ in poverty were almost a year/ behind the richer children/ on educational tests,/ and that was by the age of just three.//

ある研究によれば 学力検査の結果 貧困の中で育った子供達は 経済的に恵まれた子供達より 3歳までには早くも 約1年分 学習が遅れていました

These types of differences have been found again and again/ across the generations.//

このような格差は どの世代にも繰り返し現れています

It means/ that our early circumstances have a profound influence/ on the way that/ the rest of our lives play out.//

つまり 幼少期の環境が その後の人生を 大きく左右するのです

And working out/ why that is is one of the most difficult questions/ that we face today.//

そして その理由の解明こそ こんにち 私達が直面する 難題の1つなのです

So there/ we have it.//

これで おわかりでしょう

The first lesson/ for successful life,/ everyone,/ is this:/ choose your parents/ very carefully.//

皆さん 成功する人生の 第1の教訓はこれです 「親を注意深く選びましょう」

(笑)

Don't be born into a poor family/ or/ into a struggling family.//

貧しい家庭や恵まれない家庭に 生まれない事です

Now,/ I'm sure/ you can see the small problem here.//

ここで 小さな問題に お気づきかと思います

We can't choose our parents/ or how much/ they earn,/ but this British study has also struck a real note of optimism/ by showing/ that not everyone/ who has a disadvantaged start ends up/ in difficult circumstances.//

自分の親や その収入は 選べないのです ただ このイギリスでの研究からは 楽観的な思いが生まれます 恵まれない環境に生まれた人が 皆 不遇に終わる訳ではないことを 明らかにしているからです

As you know,/ many people have a tough start/ in life,/ but they end up/ doing very well/ on some measure nevertheless,/ and this study starts to explain/ how.//

ご存知の通り 恵まれない環境に生まれても 最終的に成功を収める人は たくさんいますが この研究で理由がわかりつつあります

So the second lesson is this:/ parents really matter.//

2つ目の教訓はこれです 「親は本当に重要だ」

In this study,/ children/ who had engaged,/ interested parents,/ ones/ who had ambition/ for their future,/ were more likely/ to escape from a difficult start.//

この研究では 子供に関心を持って 熱心に関わる親を持ち 未来に向けた 大志を持つ子供達は 困難な環境から 逃れやすいという事です

It seems/ that parents/ and what they do are really,/ really important,/ especially/ in the first few years of life.//

親と親がする事は 特に出生後 数年の間 非常に重要だと考えられます

Let/ me give you/ an example of that.//

その例をお話しします

In one study,/ scientists looked at about 17,000 children/ who were born in 1970.//

ある研究で 科学者は1970年に生まれた 約1万7千人の子供達を調査しました

They sifted all the mountains of data/ that they had collected to try to work out/ what allowed the children/ who'd had a difficult start/ in life/ to go on/ and do well/ at school nevertheless.//

困難な人生のスタートを切った 子供達が 悪条件にもかかわらず 何故学校で頑張って 成功をおさめたのか という謎を解明しようと 集めたデータを くまなく調べました

In other words,/ which ones beat the odds.//

要は どんな子供が 逆境を乗り越えるかです

The data showed/ that/ what mattered more/ than anything else was parents.//

データによると 何より重要なものは親でした

Having engaged,/ interested parents/ in those first few years of life was strongly linked to children/ going on/ to do well/ at school later on.//

生まれて数年間 親が子供に関心を持ち 熱心に関わる事と 子供が学校でうまくやっていく事には 密接な関係がありました

In fact,/ quite small things/ that parents do/ are associated with good outcomes/ for children.//

実際 親が行う 極めて些細な事が 子供にとっては良い結果に 結びついているのです

Talking and listening to/ a child,/ responding to them warmly,/ teaching them/ their letters and numbers,/ taking them/ on trips and visits.//

子供と話す 子供の話を聞く 温かい返事をする 文字や数字を教える 旅行などに連れて行くなどです

Reading to children/ every day seems to be really important,/ too.//

毎日子供に読み聞かせをする事も 非常に重要なようです

So/ in one study,/ children/ whose parents were reading to them daily/ when they were five/ and then/ showing an interest/ in their education/ at the age of 10,/ were significantly less likely/ to be in poverty/ at the age of 30/ than those/ whose parents weren't doing those things.//

ある研究によると 子供が5歳の時に 親が毎日 読み聞かせをし 10歳の時に 子供の教育に関心を示した場合 そうしなかった親を持った場合に比べ 子供が30歳になった時 明らかに貧困に陥りにくかった というのです

Now,/ there are huge challenges/ with interpreting this type of science.//

さて この種類の学問は 解釈がとても難しいのです

These studies show/ that certain things/ that parents do are correlated with good outcomes/ for children,/ but we don't necessarily know/ those behaviors caused the good outcomes,/ or/ whether some other factor is getting in the way.//

これらの研究が示すのは 親の振る舞いと 子供の成功との間に 相関関係があるという点だけで 親の行動が良い結果を生むのか あるいは 他の要因が絡むのかまで わかるとは限りません

For example,/ we have to take/ genes/ into account,/ and that's a whole other talk/ in itself.//

例えば遺伝子を 考慮に入れなければならず それは 全く別の問題となるのです

But scientists/ working with this British study are working really hard/ to get at causes,/ and this is one study/ I particularly love.//

しかし これを 研究対象としている科学者は 原因解明の為 本当に懸命に研究しています 次は 私が特に興味を持つ研究です

In this one,/ they looked at the bedtime routines of about 10,000 children born at the turn of the millennium.//

この研究では 世紀の変わり目に生まれた 約1万人の子供達の 就寝の習慣を調べました

Were the children/ going to bed/ at regular times,/ or did they go to bed/ at different times/ during the week?//

平日に子供達が 同じ時間に寝ていたか それとも時間は バラバラだったか?

The data showed/ that those children/ who were going to bed/ at different times were more likely/ to have behavioral problems,/ and then/ those/ that switched to having regular bedtimes often showed an improvement/ in behavior,/ and that was really crucial,/ because it suggested/ it was the bedtime routines/ that were really helping things get better/ for those kids.//

データによると 寝る時間が バラバラだった子供達は 問題行動を起こしやすく 規則正しく同じ時間に 寝る習慣に変えた人達は 行動の改善が しばしば見られたのです これは とても重要な点です データが示唆しているのは 規則的な就寝時間が 子供達の成功に 力を貸していたという事だからです

Here's another one/ to think about.//

注目すべき研究が まだあります

In this one,/ scientists looked at children/ who were reading for pleasure.//

この研究で科学者は 娯楽として読書をする 子供達を調べました

That means/ that they picked up/ a magazine,/ a picture book,/ a story book.//

つまり 子供達が自分で 雑誌や絵本や物語を選んだ場合です

The data showed/ that children/ who were reading for pleasure/ at the ages of five and 10 were more likely/ to go on/ in school better,/ on average,/ on school tests later/ in their lives.//

データによると 5歳から10歳までで 楽しんで読書をする子供は 平均的に学校でも うまくやって行く傾向にあり その後の成績も 優れていたのです

And not just/ tests of reading,/ but tests of spelling and maths/ as well.//

しかも 読解テストだけでなく 綴りや算数の成績も 優れていました

This study tried to control/ for all the confounding factors,/ so it looked at children/ who were equally intelligent and from the same social-class background,/ so it seemed/ as if it was the reading/ which really helped those children go on/ and score better/ on those school tests later/ in their lives.//

この研究では 外部からの影響を できるだけ統制し 知能も 育った社会階層も 同程度の 子供達を調べました その結果 子供達が 学校でうまくやっていき 後に試験で良い成績をとったのは 読解力のおかげのようでした

Now/ at the start,/ I said the first lesson/ from this study was not to be born into poverty/ or/ into disadvantage,/ because those children tend to follow/ more difficult paths/ in their lives.//

初めに私は言いました この研究から得られた最初の教訓は 貧困や不利な環境の下に 生まれてはならない なぜなら子供が より苦難に満ちた人生を 歩む事になるからだと

But then/ I said/ that parenting matters,/ and/ that good parenting,/ if you can call it/ that,/ helps children/ beat the odds/ and overcome some of those early disadvantages.//

でも その一方で私は 子育てへの親の関わりが重要で 「優れた子育て」こそ 子供達が逆境を乗り越え 幼い頃のマイナスを克服する 役に立つとも言いました

So wait,/ does/ that actually mean,/ then,/ that poverty doesn't matter after all?//

ちょっと考えてみて下さい それでは結局 貧困は 重要な要素ではないのでしょうか?

You could argue/ it doesn't matter/ if a child is born poor --/ as long/ as their parents are good parents,/ they're going to do just fine.//

子供が貧しい中で生まれても 良い親が子育てをすれば 問題ないと言えるかもしれませんが

I don't believe/ that's true.//

私は そうは思いません

This study shows/ that poverty/ and parenting matter.//

この研究は 貧困と子育て 両方の重要性を示しています

And one study actually put figures/ on that,/ so it looked at children/ growing up/ in persistent poverty/ and how well/ they were doing at school.//

ある研究は 実際 その正確な数値を出し 長年貧困に苦しむ家庭に 育った子供達の 学校での成績が どの程度か調査しました

The data showed/ that even when/ their parents were doing everything right --/ putting them/ to bed/ on time and reading/ to them/ every day and everything else --/ that only got those children so/ far.//

データによると たとえ 親がすべての事を きちんとしたとしても ― 親が時間通りに 子供をベッドに入れて 毎日 本を読んだとしても 限界があるのです

Good parenting only reduced the educational gap/ between the rich and poor children/ by about 50 percent.//

良い子育ては 貧困家庭と 裕福な家庭との教育的差異を 最大で約50%しか減らせないのです

Now/ that means/ that poverty leaves a really lasting scar,/ and it means/ that if we really want to ensure/ the success and well-being of the next generation,/ then/ tackling child poverty is an incredibly important thing/ to do.//

それは貧困が本当に深く 癒されない傷を残す事を意味しており 私達が本気で 次の世代の成功と幸福を 保証したいなら 子供の貧困の問題に取り組む事が 非常に重要になって来るのです

Now,/ what does all this mean/ for you and me?//

さて それは私達にとって どんな意味があるのでしょう?

Are there lessons here/ we can all take home and use?//

家で誰でも実践できる 教訓はあるでしょうか?

As a scientist and a journalist,/ I like to have/ some science/ to inform my parenting ...//

科学者そしてジャーナリストとして 私は自分の子育てに 科学の知見を生かしたいのです…

and I can tell you/ that/ when you're shouting/ at your kids/ to go to bed/ on time,/ it really helps to have/ the scientific literature/ on your side.//

皆さんが 時間通りに寝るようにと 子供を怒鳴りつける時 科学研究の成果が味方してくれたら すごく助かりますから

(笑)

And wouldn't it be great/ to think/ that all we had to do/ to have happy, successful children was to talk to them,/ be interested/ in their future,/ put them/ to bed/ on time,/ and give them/ a book/ to read?//

こう考えると凄いと思いませんか? 幸福で成功した子供を育てるには 彼らに話しかけ 子供の将来に関心を持ち 同じ時間に寝かしつけ 本を与えるだけで良いのだと それで親の仕事は

Our job would be done.//

終わりという訳です

Now,/ as you can imagine,/ the answers aren't quite/ as simple/ as that.//

ただ ご想像の通り 答えはさほど 単純ではありません

For one thing,/ this study looks at what happens to thousands and thousands of children/ on average,/ but that doesn't necessarily say/ what will help my child or your child or any individual child.//

理由の1つは この研究では 何千人もの子供達に起こった事の 平均を調べていて 私や皆さんの子供をはじめ 個々の子供の役に立つとは 必ずしも言えないのです

In the end,/ each of our children is going to walk/ their own path,/ and that's partly defined by the genes/ they inherit and of course/ all the experiences/ they have through their lives,/ including/ their interactions/ with us,/ their parents.//

結局 私達の子供は一人ひとり 自分自身の道を歩むもので 彼らが受け継いだ遺伝子や 勿論 私達 親との 関わりを含む 彼らが 人生で経験する全てによって ある程度 決められています

I will tell you/ what I did/ after I learned all this.//

これら全てを学んでから 私が行った事をお話ししましょう

ちょっと恥ずかしいのですが

I realized/ I was so busy/ working,/ and ironically,/ learning and writing about this incredible study of British children,/ that there were days/ when I hardly even spoke to my own British children.//

自分は仕事や そして皮肉な事に この途方もない イギリスの子供達の調査に関する 研究や著作でかなり忙しかったので 自分の子供に ほとんど 話しかけさえしない日があると気付きました

So/ at home,/ we introduced talking/ time,/ which is just 15 minutes/ at the end of the day/ when we talk/ and listen to the boys.//

そこで家庭では おしゃべりタイムを導入しました それは1日の終わりの わずか15分です その時 私達は 息子達と話をするのです

I try better now/ to ask them/ what they did today,/ and to show/ that I value/ what they do at school.//

その日彼らが何をしたのかを 必死で聞こうとし 学校で彼らがした事を 認めている事を伝えようとします

Of course,/ I make sure/ they always have a book/ to read.//

勿論 常に 読んでいる本があるか確認します

I tell them/ I'm ambitious/ for their future,/ and I think/ they can be happy/ and do great things.//

自分が彼らの将来に 大いに期待していて 彼らは幸せになれるし すごい事ができるはずだと伝えます

I don't know/ that any of that will make a difference,/ but I'm pretty confident/ it won't do them/ any harm,/ and it might even do them/ some good.//

それで何かが変わるかは 分かりませんが きっと害にはならないでしょうし ひょっとしたら 彼らのためになるかもしれません

Ultimately,/ if we want happy children,/ all we can do/ is listen to the science, and of course,/ listen to our children/ themselves.//

結局 子供を幸せにしたければ 私達 親にできる事とは 科学に耳を傾け そして勿論 子供の言う事に 耳を傾ける事だけなのです

Thank you.//

ありがとうございました

confess

〈罪・秘密など〉'を'『白状する』,打ち明ける

〈過失など〉'を'『認める』

(神・司祭に)〈罪〉'を'ざんげする《+『名』+『to』+『名』》;(司祭が)〈人〉‘の'ざんげを聞く

〈人が〉(…を)『自白する』,告白する《+『to』+『名』(do『ing』)》,罪を認める

(司祭に)ざんげをする《+『to』+『名』》;〈司祭が〉ざんげを聞く

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

confident

(熊度などが)『自信のある』,確信ある

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

laughter

『笑い』,笑い声

confession

(罪などの)『自白』,自認《+『of』+『名』》

〈C〉《文》(信仰の)告白《+『of』+『名』》

(罪の)ざんげ

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

advice

〈U〉『忠告』,助言;(医者・弁護士などの)意見,指示

〈U〉〈C〉(商業取引上の)通知;《複数形で》報道,報告

overwhelming

圧倒的な,抗しきれない

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

Britain

『英国』,ブリテン

大ブリテン島(Great Britain)(England, Wales, Scotlandを含む)

イギリス連合王国(the United Kingdom [of Great Britain and Northern Ireland])

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

sift

〈粉・砂・灰など〉‘を'『ふるいにかける』

…‘を'入念に調べる

ふるい分けをする

(ふるい,すき間を通して)ぱらぱらと降りかかる

(…を)入念に調べる《+『through』+『名』》

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

England

『イングランド』(Great Britain島からScotlandとWalesを除いた部分;首都London)

『英国』,イギリス本国

Scotland

『スコットランド』(Great Britain島の北部;首都Edinburgh)

Wales

ウェールズ(Great Britain 島南西部の地域)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

old-fashioned

『旧式の』,流行遅れの(out-of-date)

昔風の,昔かたぎの

オールドファッションド(カクテルの一種)

pregnancy

〈U〉〈C〉妊娠の状態(期間)

〈U〉《文》含蓄

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

ration

〈V〉(非常時などの物資の)『配給量』

〈V〉(兵士などの)1日分の糧食

《複数形で》食料,糧食(food)

(…に)…‘を'配給する《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'食料(糧食)を供給する

〈物資〉‘を'供給を制限する;…‘を'配給制にする

pint

パイント(液量および穀量の単位;《英》では約0.57リットル,《米》では約0.47リットル)

milk

(雌の哺乳(ほにゅう)動物が分泌する)乳,(特に食料としての)『牛乳』,『ミルク』

(植物の)乳汁,乳剤,乳液

〈牛など〉‘の'乳をしぼる

〈情報など〉‘を'引き出す;(…を)〈人〉‘から'しぼり取る《+『名』+『of』+『名』》

(毒を)〈蛇〉‘から'抜き取る《+『名』+『of』+『名』》

〈牛などが〉乳を出す

smock

上っ張り,スモック(婦人・子供・画家・事務員などがはおる)

corset

コルセット(胴部を締める婦人用下着)

nightdress

=nightgown

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

wartime

戦時

戦時の

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

millennium

〈C〉1000年間

《the ~》至福千年(キリストが再臨してこの世を治めるという神聖な1000年間;新約聖書「ヨハネの黙示録」)

《the ~》(待ち望まれる幸福と平和と繁栄の)黄金時代,理想的な時代

altogether

『まったく』,全然(entirely)

『全部で』,何もかもひっくるめて(in all)

全体から見て,概して

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

cohort

(古代ローマの)歩兵隊(1隊が300‐600人で,10隊で1軍団(legion)となる)

群,グループ,一団

《米》(悪い意味で)仲間,兄弟分

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

completely

『完全に』,全く,十分に

mind-boggling

肝っ玉がつぶれるような,仰天させる

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

questionnaire

質問表,アンケート

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

computer

『計算機』;『電子計算機』

data

『資料』,事実;情報

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

nail

(手の)『つめ』(fingernail);《まれ》(足の)つめ(toe-nail);(鳥獣の)つめ(claw, talon)

『くぎ』,びょう

(…に)…‘を'くぎ(びょう)で止める《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈人,人の注意・目など〉‘を'くぎ付けにする《+『名』+『on』(『to』)+名》

《話》…‘を'つかまえる,しとめる;〈うそなど〉‘を'見破る

clipping

切り取ること,刈り込み;刈り取った毛

《しばしば複数形で》(新聞などの)切り抜き《英》cutting)

baby tooth

《おもに米》=milk tooth

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

placenta

胎盤

pickle

〈C〉《複数形で》(野菜,特にキュウリの)『ピクルス』

〈U〉(ピクルス用の)つけ汁

〈C〉《単数形で》《話》苦境,窮地,困った立場(plight)

〈U〉(金属などを洗う)希薄酸液

〈C〉《英語》いたずら小僧

…‘を'つけ汁につける,ピクルスにする

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

bucket

『バケツ,手おけ』;(井戸の)つるべ

バケツ状の物;(水車・タービンなどの)水受け;(ポンプの)吸い子

バケツ1杯(の…)(bucketful)《+『of』+『名』》

secure

『安定した』,確実性のある,保証されている

『安全な』

心配(疑い)のない

(土台などが)とっかりした,固定した

《文》(特に努力して)…‘を'『手に入れる』,獲得する

(危険・被害・損失などから)…‘を'『守る』,保護する《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

(…に)‘を'『固定させる』,しっかり留める《+『名』+『to』+『名』》

〈結果など〉‘を'もたらす,確実にする

storage

(倉庫などに)貯蔵すること,保管

貯蔵所,倉庫

保管料

warehouse

倉庫

〈商品など〉‘を'倉庫に入れる,貯蔵する

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

planet

『惑星』,遊星

datum

dataの単数形

既知の事実

incredibly

信じられないほど

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

finding

〈U〉〈C〉発見すること・〈C〉発見物;《しばしば複数形で》拾得物・〈C〉(裁判官による)判決,(陪審の)評決・《複数形で》・(調査・研究などの)結果,結論

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

disadvantage

〈C〉『不利な立場』(状態)

〈U〉『不利』,不利益;(名声・信用などの)損傷,損失

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

cramp

〈U〉〈C〉(筋肉の)けいれん,こむらがえり

《複数形で》急激な腹痛

…‘に'けいれんを起こさせる

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

disadvantaged

恵まれない,不利な立場にいる

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

unhealthy

(人が)健康でない,病弱の;健康でないことを示す

(場所・気候などが)健康によくない

道徳上よくない,不健全な

overweight

超過重量・太り過ぎ

重量超過の,太り過ぎの

…‘に'荷を積み過ぎる,負担をかけ過ぎる

《通例受動態で》…‘を'重視し過ぎる,大切にし過ぎる

blood pressure

血圧

decade

『10年間』

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

carefully

『注意深く』,気をつけて

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

optimism

楽天主義

楽観,のんき

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

nevertheless

『それでもやはり』

『それにもかかわらず』

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

ambition

『大望』,野心,野望

〈C〉大望(野心)の対象(目的)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

especially

『特に』,特別に;きわだって

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

odds

(ある率で起こる)『可能性』,見込み

(競技などで弱いほうに与えられる)『有利な条件』(handicap)

(勝負などでの)『優勢』[の方],強み,勝ち目(advantage)

strongly

『強く』,激しく

熱心に

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

warmly

『暖かく』

熱心に;興奮して

心から,親に

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

significantly

意味ありげに,意味深長に

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

interpret

〈物事〉‘を'『解釈する』,受け取る;…‘の'意味を明らかにする,‘を'説明する

〈外国語で表現されたもの〉‘を'『通訳する』,翻訳する(translate)

…‘を'自分の解釈に基づいて演じる(演奏する)

『通訳をする』

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

correlate

…‘に'相互関係を持たせる;…'を'(…と)関連させる《+『名』+『with』+『名』》

相互に関連がある;(…と)関連がある《+『with』+『名』》

相互関係にあるもの

necessarily

『必ず』,必然的に

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

gene

遺伝子

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

bedtime

(習慣としてほぼ一定した個人の)就寝時刻,寝る時間

routine

『いつもの手順』,『決まりきった仕事』

(喜劇・踊りの)型どおりの演技

(することや,やり方に)変化がないこと,単調

『いつもの』,型どおりの

独創性のない

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

improvement

〈U〉(…の,…における)『改良』,改善,進歩,上達《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉改良(改善)点

crucial

決定的な;(…にとって)決定的な《+『for』(『to』+『名』)》

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

lives

lifeの複数形

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

spelling

〈U〉『語のつづり方』

〈C〉語のつづり

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

confound

〈情況など〉'を'『混乱させる』,〈人〉'を'困惑させる,面くらわせる

(…と)…'を'『混同する』《+『名』+『with』+『名』》

〈計画・希望・敵など〉'を'破る,くじく(defeat)

《遠回しに腹立たしさなどを表して》〈神〉が…'を'地獄に落とす

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

persistent

(反対・困難にもくじけず)『あくまでもやり抜く』,ねばり強い,執ような

いつまでも続く,持続する(lasting)

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

lasting

『永続する』;長持ちする

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

well-being

幸福な状態,(特に)健康

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

journalist

ジャーナリスト

inform

〈人〉‘に'『知らせる』

《inform+名+with+名》(思想・感情を)〈人・人の心〉‘に'吹き込む

(…の)情報を提供する,(…を)密告する《+『on』(upon, against)+『名』》

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

inherit

(…から)〈財産・権利・称号など〉‘を'『相続する』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈体質・性質など〉‘を'『受け継ぐ』《+『名』+『from』+『名』》

(前任者・前代から)…‘を'受け継ぐ,継承ぐ,継承する《+『名』+『from』+『名』》

財産を相続する

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

embarrassing

(人を)まごつかせる,困惑させる,きまり悪がらせる

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

ironically

皮肉に,反語的に

hardly

『ほとんど』…『ない』,おそらく…ない;《遠回しに》少しも(全く)…ない

spoke

speakの過去

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

ambitious

『大望を抱いた』,野心のある,大志を抱いた

(仕事・計画などが)野心的な,大がかりな;(悪い意味で)大げさな,高望みの

harm

『害』,『損害』;危害

(精神的な)害,災い;不幸;不都合

…‘を'『害する』,‘に'損害を与える,危害を加える

ultimately

最後に,ついに

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

関連動画