TED日本語 - ヘレン・フィッシャー: 技術は進歩しても愛の形が変わらないのはなぜか

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

テクノロジーの進歩で全てがつながった現代社会では、男女交際の新しい方法やルールが生まれています。しかし愛の根本的な原則は不変である、と断言する人類学者のヘレン・フィッシャー。恋愛業界の最前線からの衝撃の事実を交えたエネルギッシュなトークを進め、人とのつながりが速く生まれるからこそ、親密な恋愛関係を築くのには時間がかかるようになったのだと語ります。最後には恋愛エキスパートのエステル・ペレルが登場。2人の賑やかな応酬もお楽しみください。

Script

最近 ニューギニア高地を訪れ 3人の妻を持つ男性と 話したときのことです 「奥さんの数は何人が 理想的ですか?」と聞くと 長い沈黙が流れ 私は想像を膨らませました 「5人かしら? それとも10人? それとも25人?」 男性は私に顔を近づけ ボソッと言いました 「0人」

(笑)

人間社会のうち86%では 複数の妻を持つことが許されています 一夫多妻制ですね しかし その中でも 圧倒的多数の文化において 実際に複数の妻を持つ人は 5%から10%しかいないそうです パートナーが複数いることは 頭痛の種になりえます 実際問題 妻同士が いがみ合ったり お互いの子供に毒を盛ったりさえ することもあります そもそも 牛やヤギをたくさん所有し お金も土地もたくさん所有していないと ハーレムは作れません

人類はつがいを作る種です ほ乳類の97%は 子育てのために 夫婦になったりはしませんが 人類はします ただ 私たち人間が必ずしも 貞操面で誠実であると 言っているわけではありません 42の文化における 「不貞」について調べた結果 遺伝子の面からも 脳の回路の面からも ある程度説明がつくとわかりました 世界中どこでも 非常にありふれた行為です でも 人は愛し合うように作られています

では テクノロジーにより「愛」は どう変わってきているのでしょうか? 私の答えは「ほぼ全く変わりなし」です 脳を研究して 同僚と一緒に 100人以上の 脳スキャンをしました 対象は 恋に落ちたばかりの幸せな人や 愛する相手に振られたばかりの人 長い間 愛し合っている相手がいる人です ちなみに「愛し合っている」状態が 長続きすることはありえます 私が前々から唱えていることですが 人間は3種類の それぞれ はっきり異なる脳の働きを 交配と生殖のため発達させました 性欲と 熱烈な恋愛感情と 長年一緒にいる相手に対して湧く 深く自然な愛情です この3種類の働きと 脳の他の領域が合わさって 性生活、恋愛生活 そして家庭生活を統率しています

しかし これらの仕組みは 脳の皮質よりも 人が感情を感じたり 感情が生まれる 大脳辺縁系よりも ずっと深層に位置します 脳の最も原始的な部分です ここに関連するのは エネルギー、集中、渇望、動機、欲求、欲動などです この場合の欲動とは 人生最大の目的を達成すること つまり交配相手の獲得です これらの仕組みは440万年の時を経て 人類の祖先が築き上げたものです 恋活アプリで画面を右や左に スワイプするようになったって変わりません

(笑)

(拍手)

テクノロジーによって 男女交際の姿が 変わりつつあるのは間違いありません メールしたり ショートメールを送ったり 絵文字を使って感情を表現したり エッチなメールをしたり 人の写真やセルフィーに 「いいね!」を押したり 交際の新しいルールや タブーも登場しています でも 実際これで 「愛の形」自体も 劇的に変わりつつあるのでしょうか? 1940年代はどうだったでしょうか 自動車が広く普及して 突如 移動式ベッドルームが 使えるようになりました

(笑)

経口避妊薬の登場はどうでしょうか? かつては未婚で妊娠したら世間に後ろ指を 指されるという恐怖と隣り合わせでしたが ついに女性が原始的で本能的な性を 表現してよい時代になりました

恋活サイトをもってしても 「愛」は変わっていません 私はMatch.comの 主席科学顧問を 11年にわたって務めています 私が言い続け 運営会社も同意していることは 恋活サイトの目的は 交際ではなく紹介なのだということです 人は バーに入って座ったり 喫茶店で席についたり 公園のベンチに腰かけると 眠っていた猫が飛び起きるかのごとく 原始脳が急に活性化します そうして 微笑んだり 笑ったり 相手の話に聴き入ったりと 私たちの祖先が10万年前に通った道を 繰り返すわけです サイトで出会える相手はよりどりみどりです どの恋活サイトでも同じです でも 肝心のアルゴリズムは 人間の脳みそにしか入っていません これがテクノロジーで 変わることはないでしょう

また 誰を好きになるかという選択も テクノロジーでは変わらないでしょう 私は 性格特性の 生物学的側面を研究する中で 人間の進化と共に 大別して4種類の思考と行動の様式が 発達したという考えに至りました 関連するのはドーパミン、セロトニン テストステロン、エストロゲンの分泌系です そこで 脳科学の知見を反映した 調査用アンケートを作りました これら4種類の 分泌系それぞれを反映した特性や 同系統の特性の集まりが どの程度強いのかを評価するものです このアンケートをあちこちの 恋活サイトに設置し 40ヶ国で調査しました 今までに1400万人を超える人々からの 回答が集まり どんな人が どんな人に 自然に惹かれるのか観察できました

こうして分かったのは ドーパミンが優位の人は 好奇心旺盛で、創造力があり 自由奔放で、活発な傾向があります この会場は そんな人で 溢れかえっていることでしょうが このタイプは自分に似た人に惹かれます 好奇心が強く創造的な人は 同じような相手を必要とするのです セロトニンが優位の人は 伝統を尊び、保守的で、ルールに従い 権威を重んじ 信心深い傾向があります 信心深さはセロトニン系の特性です 伝統を大事にする人は そういう人を好きになります そういった意味では 似た者同士惹かれ合うものなのです 残り2タイプの場合 対極同士が惹かれ合います テストステロンが優位の人は 分析を好み、論理的で ズバズバものを言い、決断力があり 自分と反対のタイプを求めます つまり エストロゲンが優位で 会話スキルに秀でていて 人との接し方に優れ 非常に直感的で 親切かつ感情表現が豊かな人を 求めるわけです 相手選びには自然なパターンがある というわけです 現代のテクノロジーによって 選ぶ相手が変わることはないでしょう

しかし 私はテクノロジーが 最近生み出した ― ある傾向に特に注目しています 「選択のパラドックス」という概念と 関連があります 人間は何百万年もの間 狩猟採集民の小集団の中で 暮らしていました そこでは 恋活サイトで 千人の相手の中から選ぶ 機会はありませんでした 事実 近年の調査結果によると 脳にとって理想の選択肢の数が ありそうなのです その正体は不明ですが どうも 莫大なデータから分かるのは 人間は5つから9つの選択肢までは 余裕で扱えるのですが それ以上増えると 学術用語でいう 「認知的過負荷」が起こり どれも選べなくなってしまうのです

私はこのことから この認知的過負荷が原因で 新たな交際の形が台頭してきている という説に至りました 「スローラブ」と呼んでいます この考えに行き着いたのは Match.comでの仕事からでした そこでは過去6年間 毎年 『アメリカの独身者』と銘打った 調査をしてきました サイトの利用者ではなく アメリカ国民が対象です 国勢調査に基づいて アメリカ人の代表といえるような 5千人以上を選んでいます

今や 3万人を超える人々の データが集まりましたが 毎年毎年 幾つか同じようなパターンが 見られるのです 毎年 回答者のうち 半数以上が一夜限りの関係を 持ったことがあると答え ― 過去1年に限らず 今までにということですが ― そして 半数は過去に セックスフレンドがいた時期があると答え 半数以上が 結婚前に長期間 同棲した経験があると答えます アメリカでは軽率だと みなされる行動ですが 違うんではないかと 私はずっと前から思っています 傾向が強すぎるからです 進化論的な説明がつくはずで そこまで無分別な人が 多いわけではないだろうと

そんな中 偶然ある統計を見つけて 大いに合点がいきました 非常に興味深い学術論文でした こんにちアメリカに住む 独身者のうち67%にあたる ― 長い間同棲している相手がいる人が 結婚に至っていない理由は 離婚が怖いからだというのです 社会的な面や 法的な面、感情面 そして経済面で離婚がもたらす結末を 案じているという理由です これは 軽率から来るものではない と確信しました むしろ慎重さだと言えます 現代の独身者は相手について 全て知り尽くしたうえで ゴールインしたいのです ベッドの中で 色々分かりますよね どんな愛し方をするかだけでなく 優しい人かどうか 人の話を聞けるかどうか この歳になると 気まずい状況下で ユーモアのセンスも

(笑)

あまりに多くの選択肢に囲まれ 妊娠や性病の脅威は 限りなく少なく 婚前のセックスを恥じる気持ちなど 皆無である現代人は 人を愛することに時間をかけるように なったのだと思います

実際 現代社会で起きているのは 一生の誓いを交わす その前の段階が 長々と伸びるという現象です かつては結婚から 2人の関係が始まったのに対し 今では結婚がフィナーレなのです でも 人の脳は・・・

(笑)

いつだって 頂点に立つのは脳です 事実 こんにちのアメリカでは 人口の86%が49歳までに結婚します 結婚がそこまで盛んではない 世界の他の地域であっても 最終的には 長年連れ添う相手を見つけて 落ち着くものなのです

そんな中 思いつきました 一生の愛を誓う前の段階に 長い時間をかけることで うまく行かない関係を 結婚前に終わらせているおかげで 円満な結婚生活が 増えているのではないか そこで アメリカ在住の 1100組の夫婦に ― 当然Match.com上ではなく ― たくさんの質問に答えてもらいました その中の1つ 「現在の結婚相手と また結婚したいですか?」 これに81%が「はい」と答えたのです

実際 現代の恋愛や家庭生活が 今までと最も違う点は何かと言えば テクノロジーではありません スローラブでさえありません 実は 世界中あちこちで 労働市場に続々と参入している ― 女性の数なのです 何百万年もの間 人類の祖先は狩猟採集民の 小集団の中で暮らしていました 果物や野菜を探し集めるのが 女性の仕事でした 夕食の60%から80%が こうして女性が採集した食糧でした 原則 共働きだったのです 当時の女性は 経済的にも、社会的にも、性的にも 男性と同格とみなされていました

しかし1万年ほど前に環境が変わりました 人間は畑を作って定住するようになり 男性も女性も ふさわしい相手と 結婚しなければならなくなりました 適切な素性の人 宗教観の合う人 ふさわしい社会・政治的なコネを持つ ふさわしい血筋の人です 男の仕事が重みを増すようになりました 石を運んだり、木を切ったり、畑を耕したり 農産物を市場に持っていって 稼ぎを持ち帰るという役割です

この変化と共に 次々と固定観念が作られました 結婚相手は処女であるべきだとか 結婚は親が決めるものだとか 親が決めた相手は絶対だとか 男が家長を務めるものだとか 妻の居場所は家庭であって 何より重要な 「死が2人を分かつまで 常に夫を敬う」という誓い どれも今では時代遅れの考え方です 廃れつつありますし 多くの国では 既に廃れた観念です

今や結婚に革命が起きています 人間は1万年続いた農耕の伝統を捨てて 両性を平等に扱う男女関係に 移り変わりつつあるのです これは太古の人類の精神に 非常に近いものだと私は考えています

私は超楽観主義者ではありません 世の中に憂うべきことは 大いにあります 80の文化における離婚や 多くの文化における 不貞について研究しました 問題はそれこそ山ほどあります 詩人ウィリアム・B・イェイツの 言葉を借りれば 「愛とは歪んだものである」 私なりに付け足すと「生きて出た者はいない」

(笑)

誰だって問題を抱えています でも 詩人ランダル・ジャレルが 実にうまく言い表しています 「家庭生活という 暗く 先行きの見えない世界では 最も優秀な者でも挫折し 最も謙虚な者が成功する」

でも最後に一言 結局勝つのは愛と情です これがテクノロジーで 変わることはありえません 結論を言いましょう 人間関係について考えるなら 人の行動を最も強く決定する要因を 必ず念頭に置かねばなりません 決して飽き足らず ― 変幻自在で ― 何よりも根本的な人間の欲求 すなわち「愛」です

ありがとうございました

(拍手)

(ケリー・ステッツェル)ありがとうございました ご存知のように 会場にはもう1人 同じ分野のスピーカーがいらしています このテーマに別の視点から取り組む エステル・ペレルさん カップルを対象に 心理療法を行っている方です あなたの専門はデータですが エステルは相談に訪れる カップルたちから聞いた話を 研究対象としています では登場してもらいましょう エステル どうぞ

(拍手)

さて エステル ヘレンのトークをご覧になって ご自身の専門領域から見た視点で 共感された点があれば コメントをお願いします

(エステル・ペレル)面白いお話です 世界中どこであっても 誰もが愛を求めているのに 一方で 愛し方や 愛の解釈の仕方や 男女関係のあり方のルールに 根本的な変化が起きつつあります

旧来の結婚のモデルは 主に 様々な義務や義理 相手への忠誠や 地域共同体からの要求を 中心に回っていました それが今では 自由選択、個人の権利 自己充足と幸福を追求するモデルに 移り変わりました ですから 私がまず初めに思ったのは 人は変わらず愛を求めているけれど その位置づけや 恋愛関係のあるべきとされる姿は 大いに変わるということです

選択のパラドックスについて言うと 一方では たくさんの選択肢があることで 現代人は新鮮さや 遊び心を享受していますが 同時に もう一方では 認知的過負荷のお話が出たように 私の元を訪れる 本当にたくさんの人が 選択肢が数限りなくあるがために 不確実性や自信の欠如に立ちすくみ “FOMO”という状態に陥っています “Fear Of Missed Opportunity”つまり機会損失を恐れているのです 「私にふさわしい運命の人を 見つけたのか分からない」 そんな気持ちです

私が「安定した曖昧さ」と呼ぶ状態が 起こるようになりました これは何かというと 独りになるのは怖いけれど 進んで親密性を築こうという 気持ちにはなれないときに起こり 2人の関係の先行きのみならず 別れるかどうかもはっきりしない状態を 長引かせる一連の作戦を指します インターネットの世界では 主に3種類あります まず「冷凍保存」 そして「弱火保温」 この2つは関係を停滞させるのに もってこいです ある種の保留状態を生み出すので 2人の関係がいっそう曖昧になる一方で 同時に 心地よい安定感が適度に残り 白黒つかない中での 自由も十分にあるというわけです

(笑)

わかります?

とどめは「音信不通」 これは 何かというとつまり やりとりを積み重ねたあとで 唐突に消えることで 他者に与える痛みに 対処しなくて済むという策です 自分自身にさえ見えないように しているのですから

(笑)

わかりますよね?

お話を聴きながら そういった言葉が浮かんできました 語彙から現実が形づくられる とも言いますしね 同時に ここからが質問ですが 周りを取り巻く環境が変わっても 愛の本質は変わらない とお考えでしょうか?

あなたは脳を 私は 男女関係や事情を研究しています お話は全くその通りだと思いますし その他の要素もあります でも 周辺環境の変化が どの程度・・・ つまり環境が変わり 男女関係の意味も変われば そこでのニーズも変わるのか それともニーズは 周辺環境に左右されないのでしょうか?

(ヘレン・フィッシャー)うわぁ

(笑)

(拍手)

ええと ポイントは3つですよね まず 最初におっしゃったことですが 言うまでもなく 昔と今は違いますし 現代人は愛する人を求めています 過去何千年もの間 人は 素性、血筋の面でふさわしい相手と 結婚しなければなりませんでした 事実 私が毎年5千人を対象に 行っている調査では 相手に求めるものは何かという 質問をします 毎年毎年 97%以上がこう回答・・・

(エステル)条件は増える一方?

(ヘレン)いえ 違うんです まとめると 回答者の97%が 自分を尊重してくれる相手や 信頼できて 何でも包み隠さず話せる相手や 笑わせてくれる相手や 一緒にいる時間を十分に作ってくれる相手 そして 外見も好みの相手がいい と答えます この条件は毎年同じです そしてもちろん 2つの側面が・・・

(エステル)その現象よく分かります 昔はそんな条件ではなかったんです

(ヘレン)全くその通り

(エステル)昔の条件は 連れ添ってくれ 経済的に支えてくれ 一緒に子作りできる相手でした 生産経済からサービス経済に 移行したということです

(笑)

世界経済レベルでも 結婚でも見られる現象です

(ヘレン)それは間違いありません でも面白いことに ミレニアル世代は 実のところ 良い親を目指す傾向があります 一方で その一世代上になると 結婚生活に対する理想は高いけど 良い親になることには そこまで興味がないのです こういった差異があちこちで見られます

性格特性は大きく2つに分かれます 1つは文化的な面 つまり幼少期から 培われてきた言動や信条 もう1つはその人の態度です 私がお話ししてきたのは 基本的に 態度の方でした 人の態度というものは 時代が変わり常識が変われば 確かに変わるでしょう

選択のパラドックスについて言えば やりにくい状況であることは 間違いありません 人間は何百万年の間ずっと 水面に映る美少年に見惚れて 水に飛び込むという繰り返しでした

(エステル)でも・・・

(ヘレン)あともう1つだけ そもそも 狩猟採集社会においては 一生を通じて2、3人の パートナーがいるのが普通でした 別に堅物ではなかったのです その真似をしろとは言いませんが 要は いつだって 代わりの相手は 必ずいるものだったということです 事実 脳はうまくできていて 「均衡化」という機能で 意思決定をしようとします 「行こうか やめようか 去ろうか 留まろうか」 「どんなチャンスがあるのか」 「これはどう対処しようか」 そんな脳の機能が 現代人の 振る舞いにも表れていると思います

(ケリー)ありがとうございました お2人とも今晩の夕食のお誘いは 数え切れないほどでしょうね!

(拍手)

ありがとうございました

I was recently traveling in the Highlands of New Guinea, and I was talking with a man who had three wives. I asked him, "How many wives would you like to have?" And there was this long pause, and I thought to myself, "Is he going to say five? Is he going to say 10? Is he going to say 25?" And he leaned towards me and he whispered, "None."

(Laughter)

Eighty-six percent of human societies permit a man to have several wives: polygyny. But in the vast majority of these cultures, only about five or ten percent of men actually do have several wives. Having several partners can be a toothache. In fact, co-wives can fight with each other, sometimes they can even poison each other's children. And you've got to have a lot of cows, a lot of goats, a lot of money, a lot of land, in order to build a harem.

We are a pair-bonding species. Ninety-seven percent of mammals do not pair up to rear their young; human beings do. I'm not suggesting that we're not -- that we're necessarily sexually faithful to our partners. I've looked at adultery in 42 cultures, I understand, actually, some of the genetics of it, and some of the brain circuitry of it. It's very common around the world, but we are built to love.

How is technology changing love? I'm going to say almost not at all. I study the brain. I and my colleagues have put over 100 people into a brain scanner -- people who had just fallen happily in love, people who had just been rejected in love and people who are in love long-term. And it is possible to remain "in love" long-term. And I've long ago maintained that we've evolved three distinctly different brain systems for mating and reproduction: sex drive, feelings of intense romantic love and feelings of deep cosmic attachment to a long-term partner. And together, these three brain systems -- with many other parts of the brain -- orchestrate our sexual, our romantic and our family lives.

But they lie way below the cortex, way below the limbic system where we feel our emotions, generate our emotions. They lie in the most primitive parts of the brain, linked with energy, focus, craving, motivation, wanting and drive. In this case, the drive to win life's greatest prize: a mating partner. They evolved over 4.4 million years ago among our first ancestors, and they're not going to change if you swipe left or right on Tinder.

(Laughter)

(Applause)

There's no question that technology is changing the way we court: emailing, texting, emojis to express your emotions, sexting, "liking" a photograph, selfies ... We're seeing new rules and taboos for how to court. But, you know -- is this actually dramatically changing love? What about the late 1940s, when the automobile became very popular and we suddenly had rolling bedrooms?

(Laughter)

How about the introduction of the birth control pill? Unchained from the great threat of pregnancy and social ruin, women could finally express their primitive and primal sexuality.

Even dating sites are not changing love. I'm Chief Scientific Advisor to Match.com, I've been it for 11 years. I keep telling them and they agree with me, that these are not dating sites, they are introducing sites. When you sit down in a bar, in a coffee house, on a park bench, your ancient brain snaps into action like a sleeping cat awakened, and you smile and laugh and listen and parade the way our ancestors did 100,000 years ago. We can give you various people -- all the dating sites can -- but the only real algorithm is your own human brain. Technology is not going to change that.

Technology is also not going to change who you choose to love. I study the biology of personality, and I've come to believe that we've evolved four very broad styles of thinking and behaving, linked with the dopamine, serotonin, testosterone and estrogen systems. So I created a questionnaire directly from brain science to measure the degree to which you express the traits -- the constellation of traits -- linked with each of these four brain systems. I then put that questionnaire on various dating sites in 40 countries. Fourteen million or more people have now taken the questionnaire, and I've been able to watch who's naturally drawn to whom.

And as it turns out, those who were very expressive of the dopamine system tend to be curious, creative, spontaneous, energetic -- I would imagine there's an awful lot of people like that in this room -- they're drawn to people like themselves. Curious, creative people need people like themselves. People who are very expressive of the serotonin system tend to be traditional, conventional, they follow the rules, they respect authority, they tend to be religious -- religiosity is in the serotonin system -- and traditional people go for traditional people. In that way, similarity attracts. In the other two cases, opposites attract. People very expressive of the testosterone system tend to be analytical, logical, direct, decisive, and they go for their opposite: they go for somebody who's high estrogen, somebody who's got very good verbal skills and people skills, who's very intuitive and who's very nurturing and emotionally expressive. We have natural patterns of mate choice. Modern technology is not going to change who we choose to love.

But technology is producing one modern trend that I find particularly important. It's associated with the concept of paradox of choice. For millions of years, we lived in little hunting and gathering groups. You didn't have the opportunity to choose between 1,000 people on a dating site. In fact, I've been studying this recently, and I actually think there's some sort of sweet spot in the brain; I don't know what it is, but apparently, from reading a lot of the data, we can embrace about five to nine alternatives, and after that, you get into what academics call "cognitive overload," and you don't choose any.

So I've come to think that due to this cognitive overload, we're ushering in a new form of courtship that I call "slow love." I arrived at this during my work with Match.com. Every year for the last six years, we've done a study called "Singles in America." We don't poll the Match population, we poll the American population. We use 5, 000-plus people, a representative sample of Americans based on the US census.

We've got data now on over 30,000 people, and every single year, I see some of the same patterns. Every single year when I ask the question, over 50 percent of people have had a one-night stand -- not necessarily last year, but in their lives -- 50 percent have had a friends with benefits during the course of their lives, and over 50 percent have lived with a person long-term before marrying. Americans think that this is reckless. I have doubted that for a long time; the patterns are too strong. There's got to be some Darwinian explanation -- Not that many people are crazy.

And I stumbled, then, on a statistic that really came home to me. It was a very interesting academic article in which I found that 67 percent of singles in America today who are living long-term with somebody, have not yet married because they are terrified of divorce. They're terrified of the social, legal, emotional, economic consequences of divorce. So I came to realize that I don't think this is recklessness; I think it's caution. Today's singles want to know every single thing about a partner before they wed. You learn a lot between the sheets, not only about how somebody makes love, but whether they're kind, whether they can listen and at my age, whether they've got a sense of humor.

(Laughter)

And in an age where we have too many choices, we have very little fear of pregnancy and disease and we've got no feeling of shame for sex before marriage, I think people are taking their time to love.

And actually, what's happening is, what we're seeing is a real expansion of the precommitment stage before you tie the knot. Where marriage used to be the beginning of a relationship, now it's the finale. But the human brain --

(Laughter)

The human brain always triumphs, and indeed, in the United States today,86 percent of Americans will marry by age 49. And even in cultures around the world where they're not marrying as often, they are settling down eventually with a long-term partner.

So it began to occur to me: during this long extension of the precommitment stage, if you can get rid of bad relationships before you marry, maybe we're going to see more happy marriages. So I did a study of 1,100 married people in America -- not on Match.com, of course -- and I asked them a lot of questions. But one of the questions was, "Would you re-marry the person you're currently married to?" And 81 percent said, "Yes."

In fact, the greatest change in modern romance and family life is not technology. It's not even slow love. It's actually women piling into the job market in cultures around the world. For millions of years, our ancestors lived in little hunting and gathering groups. Women commuted to work to gather their fruits and vegetables. They came home with 60 to 80 percent of the evening meal. The double-income family was the rule. And women were regarded as just as economically, socially and sexually powerful as men.

Then the environment changed some 10,000 years ago, we began to settle down on the farm and both men and women became obliged, really, to marry the right person, from the right background, from the right religion and from the right kin and social and political connections. Men's jobs became more important: they had to move the rocks, fell the trees, plow the land. They brought the produce to local markets, and came home with the equivalent of money.

Along with this, we see a rise of a host of beliefs: the belief of virginity at marriage, arranged marriages -- strictly arranged marriages -- the belief that the man is the head of the household, that the wife's place is in the home and most important, honor thy husband, and 'til death do us part. These are gone. They are going, and in many places, they are gone.

We are right now in a marriage revolution. We are shedding 10,000 years of our farming tradition and moving forward towards egalitarian relationships between the sexes -- something I regard as highly compatible with the ancient human spirit.

I'm not a Pollyanna; there's a great deal to cry about. I've studied divorce in 80 cultures, I've studied, as I say, adultery in many -- there's a whole pile of problems. As William Butler Yeats, the poet, once said, "Love is the crooked thing." I would add, "Nobody gets out alive."

(Laughter)

We all have problems. But in fact, I think the poet Randall Jarrell really sums it up best. He said, "The dark, uneasy world of family life -- where the greatest can fail, and the humblest succeed."

But I will leave you with this: love and attachment will prevail, technology can not change it. And I will conclude by saying any understanding of human relationships must take into account one the most powerful determinants of human behavior: the unquenchable, adaptable and primordial human drive to love.

Thank you.

(Applause)

Kelly Stoetzel: Thank you so much for that, Helen. As you know, there's another speaker here with us that works in your same field. She comes at it from a different perspective. Esther Perel is a psychotherapist who works with couples. You study data, Esther studies the stories the couples tell her when they come to her for help. Let's have her join us on the stage. Esther?

(Applause)

So Esther, when you were watching Helen's talk, was there any part of it that resonated with you through the lens of your own work that you'd like to comment on?

Esther Perel: It's interesting, because on the one hand, the need for love is ubiquitous and universal. But the way we love -- the meaning we make out of it -- the rules that govern our relationships, I think, are changing fundamentally.

We come from a model that, until now, was primarily regulated around duty and obligation, the needs of the collective and loyalty. And we have shifted it to a model of free choice and individual rights, and self-fulfillment and happiness. And so, that was the first thing I thought, that the need doesn't change, but the context and the way we regulate these relationships changes a lot.

On the paradox of choice -- you know, on the one hand we relish the novelty and the playfulness, I think, to be able to have so many options. And at the same time, as you talk about this cognitive overload, I see many, many people who ... who dread the uncertainty and self-doubt that comes with this massa of choice, creating a case of "FOMO" and then leading us -- FOMO, fear of missed opportunity, or fear of missing out -- it's like, "How do I know I have found 'the one' -- the right one?"

So we've created what I call this thing of "stable ambiguity." Stable ambiguity is when you are too afraid to be alone but also not really willing to engage in intimacy-building. It's a set of tactics that kind of prolong the uncertainty of a relationship but also the uncertainty of the breakup. So, here on the internet you have three major ones. One is icing and simmering, which are great stalling tactics that offer a kind of holding pattern that emphasizes the undefined nature of a relationship but at the same time gives you enough of a comforting consistency and enough freedom of the undefined boundaries.

(Laughter)

Yeah?

And then comes ghosting. And ghosting is, basically, you disappear from this massa of texts on the spot, and you don't have to deal with the pain that you inflict on another, because you're making it invisible even to yourself.

(Laughter)

Yeah?

So I was thinking -- these words came up for me as I was listening to you, like how a vocabulary also creates a reality, and at the same time, that's my question to you: Do you think when the context changes, it still means that the nature of love remains the same?

You study the brain and I study people's relationships and stories, so I think it's everything you say, plus. But I don't always know the degree to which a changing context ... Does it at some point begin to change -- If the meaning changes, does it change the need, or is the need clear of the entire context?

HF: Wow! Well --

(Laughter)

(Applause)

Well, I've got three points here, right? First of all, to your first one: there's no question that we've changed, that we now want a person to love, and for thousands of years, we had to marry the right person from the right background and right kin connection. And in fact, in my studies of 5,000 people every year, I ask them, "What are you looking for?" And every single year, over 97 percent say --

EP: The list grows --

HF: Well, no. The basic thing is over 97 percent of people want somebody that respects them, somebody they can trust and confide in, somebody who makes them laugh, somebody who makes enough time for them and somebody who they find physically attractive. That never changes. And there's certainly -- you know, there's two parts --

EP: But you know how I call that? That's not what people used to say --

HF: That's exactly right.

EP: They said they wanted somebody with whom they have companionship, economic support, children. We went from a production economy to a service economy.

(Laughter)

We did it in the larger culture, and we're doing it in marriage.

HF: Right, no question about it. But it's interesting, the millennials actually want to be very good parents, whereas the generation above them wants to have a very fine marriage but is not as focused on being a good parent. You see all of these nuances.

There's two basic parts of personality: there's your culture -- everything you grew up to do and believe and say -- and there's your temperament. Basically, what I've been talking about is your temperament. And that temperament is certainly going to change with changing times and changing beliefs.

And in terms of the paradox of choice, there's no question about it that this is a pickle. There were millions of years where you found that sweet boy at the other side of the water hole, and you went for it.

EP: Yes, but you --

HF: I do want to say one more thing. The bottom line is, in hunting and gathering societies, they tended to have two or three partners during the course of their lives. They weren't square! And I'm not suggesting that we do, but the bottom line is, we've always had alternatives. Mankind is always -- in fact, the brain is well-built to what we call "equilibrate," to try and decide: Do I come, do I stay? Do I go, do I stay? What are the opportunities here? How do I handle this there? And so I think we're seeing another play-out of that now.

KS: Well, thank you both so much. I think you're going to have a million dinner partners for tonight!

(Applause)

Thank you, thank you.

I was recently traveling in the Highlands of New Guinea,/ and I was talking with a man/ who had three wives.//

最近 ニューギニア高地を訪れ 3人の妻を持つ男性と 話したときのことです

I asked him,/ "How many wives would you like to have?"//

「奥さんの数は何人が 理想的ですか?」と聞くと

And there was this long pause,/ and I thought to myself,/ "Is he going to say five?//

長い沈黙が流れ 私は想像を膨らませました 「5人かしら?

Is he going to say 10?//

それとも10人?

Is he going to say 25?"//

それとも25人?」

And he leaned towards me/ and he whispered,/ "None."//

男性は私に顔を近づけ ボソッと言いました 「0人」

(笑)

Eighty-six percent of human societies permit a man/ to have several wives:/ polygyny.//

人間社会のうち86%では 複数の妻を持つことが許されています 一夫多妻制ですね

But in the vast majority of these cultures,/ only about five or ten percent of men actually do have several wives.//

しかし その中でも 圧倒的多数の文化において 実際に複数の妻を持つ人は 5%から10%しかいないそうです

Having several partners can be a toothache.//

パートナーが複数いることは 頭痛の種になりえます

In fact,/ co-wives can fight with each other,/ sometimes/ they can even poison each other's children.//

実際問題 妻同士が いがみ合ったり お互いの子供に毒を盛ったりさえ することもあります

And you've got to have/ a lot of cows,/ a lot of goats,/ a lot of money,/ a lot of land,/ in order to build a harem.//

そもそも 牛やヤギをたくさん所有し お金も土地もたくさん所有していないと ハーレムは作れません

We are a pair-bonding species.//

人類はつがいを作る種です

Ninety-seven percent of mammals do not pair up/ to rear their young;/ human beings do.//

ほ乳類の97%は 子育てのために 夫婦になったりはしませんが 人類はします

I'm not suggesting/ that we're not --/ that we're necessarily sexually faithful/ to our partners.//

ただ 私たち人間が必ずしも 貞操面で誠実であると 言っているわけではありません

I've looked at adultery/ in 42 cultures,/ I understand,/ actually,/ some of the genetics of it,/ and some of the brain circuitry of it.//

42の文化における 「不貞」について調べた結果 遺伝子の面からも 脳の回路の面からも ある程度説明がつくとわかりました

It's very common/ around the world,/ but we are built to love.//

世界中どこでも 非常にありふれた行為です でも 人は愛し合うように作られています

How is technology changing love?//

では テクノロジーにより「愛」は どう変わってきているのでしょうか?

I'm going to say almost not at all.//

私の答えは「ほぼ全く変わりなし」です

I study the brain.//

脳を研究して

I/ and my colleagues have put over 100 people/ into a brain scanner --/ people/ who had just fallen happily/ in love,/ people/ who had just been rejected in love/ and people/ who are in love long-term.//

同僚と一緒に 100人以上の 脳スキャンをしました 対象は 恋に落ちたばかりの幸せな人や 愛する相手に振られたばかりの人 長い間 愛し合っている相手がいる人です

And it is possible/ to remain "in love"/ long-term.//

ちなみに「愛し合っている」状態が 長続きすることはありえます

And I've long ago maintained/ that we've evolved three distinctly different brain systems/ for mating and reproduction:/ sex drive,/ feelings of intense romantic love and feelings of deep cosmic attachment/ to a long-term partner.//

私が前々から唱えていることですが 人間は3種類の それぞれ はっきり異なる脳の働きを 交配と生殖のため発達させました 性欲と 熱烈な恋愛感情と 長年一緒にいる相手に対して湧く 深く自然な愛情です

And together,/ these three brain systems --/ with many other parts of the brain --/ orchestrate our sexual,/ our romantic and our family lives.//

この3種類の働きと 脳の他の領域が合わさって 性生活、恋愛生活 そして家庭生活を統率しています

But they lie way/ below the cortex,/ way/ below the limbic system/ where we feel our emotions,/ generate our emotions.//

しかし これらの仕組みは 脳の皮質よりも 人が感情を感じたり 感情が生まれる 大脳辺縁系よりも ずっと深層に位置します

They lie in the most primitive parts of the brain,/ linked with energy,/ focus,/ craving,/ motivation,/ wanting and drive.//

脳の最も原始的な部分です ここに関連するのは エネルギー、集中、渇望、動機、欲求、欲動などです

In this case,/ the drive to win life's greatest prize:/ a mating partner.//

この場合の欲動とは 人生最大の目的を達成すること つまり交配相手の獲得です

They evolved over 4.4 million years ago/ among our first ancestors,/ and they're not going to change/ if you swipe left/ or right/ on Tinder.//

これらの仕組みは440万年の時を経て 人類の祖先が築き上げたものです 恋活アプリで画面を右や左に スワイプするようになったって変わりません

(笑)

(拍手)

There's no question/ that technology is changing the way/ we court:/ emailing,/ texting,/ emojis to express/ your emotions,/ sexting,/ "liking"/ a photograph,/ selfies ...//

テクノロジーによって 男女交際の姿が 変わりつつあるのは間違いありません メールしたり ショートメールを送ったり 絵文字を使って感情を表現したり エッチなメールをしたり 人の写真やセルフィーに 「いいね!」を押したり

We're seeing/ new rules and taboos/ for how to court.//

交際の新しいルールや タブーも登場しています

But,/ you know --/ is this actually dramatically changing love?//

でも 実際これで 「愛の形」自体も 劇的に変わりつつあるのでしょうか?

What about the late 1940s,/ when the automobile became very popular/ and we suddenly had rolling/ bedrooms?//

1940年代はどうだったでしょうか 自動車が広く普及して 突如 移動式ベッドルームが 使えるようになりました

(笑)

How about the introduction of the birth control pill?//

経口避妊薬の登場はどうでしょうか?

Unchained/ from the great threat of pregnancy and social ruin,/ women could finally express their primitive and primal sexuality.//

かつては未婚で妊娠したら世間に後ろ指を 指されるという恐怖と隣り合わせでしたが ついに女性が原始的で本能的な性を 表現してよい時代になりました

Even dating/ sites are not changing love.//

恋活サイトをもってしても 「愛」は変わっていません

I'm Chief Scientific Advisor/ to Match.com,/ I've been it/ for 11 years.//

私はMatch.comの 主席科学顧問を 11年にわたって務めています

I keep telling/ them/ and they agree with me,/ that these are not dating sites,/ they are introducing sites.//

私が言い続け 運営会社も同意していることは 恋活サイトの目的は 交際ではなく紹介なのだということです

When you sit down/ in a bar,/ in a coffee house,/ on a park bench,/ your ancient brain snaps into action/ like a sleeping cat awakened,/ and you smile/ and laugh and listen/ and parade the way/ our ancestors did 100,000 years/ ago.//

人は バーに入って座ったり 喫茶店で席についたり 公園のベンチに腰かけると 眠っていた猫が飛び起きるかのごとく 原始脳が急に活性化します そうして 微笑んだり 笑ったり 相手の話に聴き入ったりと 私たちの祖先が10万年前に通った道を 繰り返すわけです

We can give you/ various people --/ all the dating sites can --/ but the only real algorithm is your own human brain.//

サイトで出会える相手はよりどりみどりです どの恋活サイトでも同じです でも 肝心のアルゴリズムは 人間の脳みそにしか入っていません

Technology is not going to change that.//

これがテクノロジーで 変わることはないでしょう

Technology is also not going to change/ who you choose to love.//

また 誰を好きになるかという選択も テクノロジーでは変わらないでしょう

I study the biology of personality,/ and I've come to believe/ that we've evolved four very broad styles of thinking and behaving,/ linked with the dopamine,/ serotonin,/ testosterone and estrogen systems.//

私は 性格特性の 生物学的側面を研究する中で 人間の進化と共に 大別して4種類の思考と行動の様式が 発達したという考えに至りました 関連するのはドーパミン、セロトニン テストステロン、エストロゲンの分泌系です

So I created a questionnaire directly/ from brain science/ to measure the degree/ to/ which you express the traits --/ the constellation of traits --/ linked with each of these four brain systems.//

そこで 脳科学の知見を反映した 調査用アンケートを作りました これら4種類の 分泌系それぞれを反映した特性や 同系統の特性の集まりが どの程度強いのかを評価するものです

I then put that questionnaire/ on various dating sites/ in 40 countries.//

このアンケートをあちこちの 恋活サイトに設置し 40ヶ国で調査しました

Fourteen million or more people have now taken the questionnaire,/ and I've been able to watch/ who's naturally drawn to/ whom.//

今までに1400万人を超える人々からの 回答が集まり どんな人が どんな人に 自然に惹かれるのか観察できました

And/ as it turns out,/ those/ who were very expressive of the dopamine system tend to be curious, creative, spontaneous, energetic --/ I would imagine/ there's an awful lot of people/ like that/ in this room --/ they're drawn to people/ like themselves.//

こうして分かったのは ドーパミンが優位の人は 好奇心旺盛で、創造力があり 自由奔放で、活発な傾向があります この会場は そんな人で 溢れかえっていることでしょうが このタイプは自分に似た人に惹かれます

Curious, creative people need people/ like themselves.//

好奇心が強く創造的な人は 同じような相手を必要とするのです

People/ who are very expressive of the serotonin system tend to be traditional,/ conventional,/ they follow the rules,/ they respect authority,/ they tend to be religious --/ religiosity is in the serotonin system --/ and traditional people go for traditional people.//

セロトニンが優位の人は 伝統を尊び、保守的で、ルールに従い 権威を重んじ 信心深い傾向があります 信心深さはセロトニン系の特性です 伝統を大事にする人は そういう人を好きになります

In that way,/ similarity attracts.//

そういった意味では 似た者同士惹かれ合うものなのです

In the other two cases,/ opposites attract.//

残り2タイプの場合 対極同士が惹かれ合います

People very expressive of the testosterone system tend to be analytical, logical, direct, decisive,/ and they go for their opposite:/ they go for somebody/ who's high estrogen,/ somebody/ who's got very good verbal skills and people skills,/ who's very intuitive/ and who's very nurturing and emotionally expressive.//

テストステロンが優位の人は 分析を好み、論理的で ズバズバものを言い、決断力があり 自分と反対のタイプを求めます つまり エストロゲンが優位で 会話スキルに秀でていて 人との接し方に優れ 非常に直感的で 親切かつ感情表現が豊かな人を 求めるわけです

相手選びには自然なパターンがある というわけです

Modern technology is not going to change/ who we choose to love.//

現代のテクノロジーによって 選ぶ相手が変わることはないでしょう

But technology is producing one modern trend/ that I find particularly important.//

しかし 私はテクノロジーが 最近生み出した ― ある傾向に特に注目しています

It's associated with the concept of paradox of choice.//

「選択のパラドックス」という概念と 関連があります

For millions of years,/ we lived in little hunting/ and gathering groups.//

人間は何百万年もの間 狩猟採集民の小集団の中で 暮らしていました

You didn't have the opportunity/ to choose between 1,000 people/ on a dating site.//

そこでは 恋活サイトで 千人の相手の中から選ぶ 機会はありませんでした

In fact,/ I've been studying this recently,/ and I actually think/ there's some sort of sweet spot/ in the brain;/ I don't know/ what it is,/ but apparently,/ from reading a lot of the data,/ we can embrace about five to nine alternatives,/ and after that,/ you get into what academics call "cognitive overload,/"/ and you don't choose any.//

事実 近年の調査結果によると 脳にとって理想の選択肢の数が ありそうなのです その正体は不明ですが どうも 莫大なデータから分かるのは 人間は5つから9つの選択肢までは 余裕で扱えるのですが それ以上増えると 学術用語でいう 「認知的過負荷」が起こり どれも選べなくなってしまうのです

So I've come to think/ that due/ to this cognitive overload,/ we're ushering/ in a new form of courtship/ that I call "slow love."//

私はこのことから この認知的過負荷が原因で 新たな交際の形が台頭してきている という説に至りました 「スローラブ」と呼んでいます

I arrived at this/ during my work/ with Match.com.//

この考えに行き着いたのは Match.comでの仕事からでした

Every year/ for the last six years,/ we've done/ a study called "Singles/ in America."//

そこでは過去6年間 毎年 『アメリカの独身者』と銘打った 調査をしてきました

We don't poll the Match population,/ we poll the American population.//

サイトの利用者ではなく アメリカ国民が対象です

We use 5,/ 000-plus people,/ a representative sample of Americans/ based/ on the US census.//

国勢調査に基づいて アメリカ人の代表といえるような 5千人以上を選んでいます

We've got data now/ on over 30,000 people,/ and every single year,/ I see some of the same patterns.//

今や 3万人を超える人々の データが集まりましたが 毎年毎年 幾つか同じようなパターンが 見られるのです

Every single year/ when I ask the question,/ over 50 percent of people have had a one-night stand --/ not necessarily/ last year,/ but in their lives --/ 50 percent have had a friends/ with benefits/ during the course of their lives,/ and over 50 percent have lived with a person long-term/ before marrying.//

毎年 回答者のうち 半数以上が一夜限りの関係を 持ったことがあると答え ― 過去1年に限らず 今までにということですが ― そして 半数は過去に セックスフレンドがいた時期があると答え 半数以上が 結婚前に長期間 同棲した経験があると答えます

Americans think/ that this is reckless.//

アメリカでは軽率だと みなされる行動ですが

I have doubted/ that for a long time;/ the patterns are too strong.//

違うんではないかと 私はずっと前から思っています 傾向が強すぎるからです

There's got/ to be some Darwinian explanation --/ Not/ that many people are crazy.//

進化論的な説明がつくはずで そこまで無分別な人が 多いわけではないだろうと

And I stumbled,/ then,/ on a statistic/ that really came home/ to me.//

そんな中 偶然ある統計を見つけて 大いに合点がいきました

It was a very interesting academic article/ in which I found/ that 67 percent of singles/ in America/ today/ who are living long-term/ with somebody,/ have not yet married/ because they are terrified of divorce.//

非常に興味深い学術論文でした こんにちアメリカに住む 独身者のうち67%にあたる ― 長い間同棲している相手がいる人が 結婚に至っていない理由は 離婚が怖いからだというのです

社会的な面や 法的な面、感情面 そして経済面で離婚がもたらす結末を 案じているという理由です

So I came to realize/ that I don't think this is recklessness;/ I think/ it's caution.//

これは 軽率から来るものではない と確信しました むしろ慎重さだと言えます

Today's singles want to know/ every single thing/ about a partner/ before they wed.//

現代の独身者は相手について 全て知り尽くしたうえで ゴールインしたいのです

You learn a lot/ between the sheets,/ not only/ about how somebody makes love,/ but/ whether they're kind,/ whether they can listen and at my age,/ whether they've got a sense of humor.//

ベッドの中で 色々分かりますよね どんな愛し方をするかだけでなく 優しい人かどうか 人の話を聞けるかどうか この歳になると 気まずい状況下で ユーモアのセンスも

(笑)

And in an age/ where we have too many choices,/ we have very little fear of pregnancy and disease/ and we've got no feeling of shame/ for sex/ before marriage,/ I think/ people are taking their time/ to love.//

あまりに多くの選択肢に囲まれ 妊娠や性病の脅威は 限りなく少なく 婚前のセックスを恥じる気持ちなど 皆無である現代人は 人を愛することに時間をかけるように なったのだと思います

And actually,/ what's happening is,/ what we're seeing/ is a real expansion of the precommitment stage/ before you tie the knot.//

実際 現代社会で起きているのは 一生の誓いを交わす その前の段階が 長々と伸びるという現象です

Where marriage used to be the beginning of a relationship,/ now/ it's the finale.//

かつては結婚から 2人の関係が始まったのに対し 今では結婚がフィナーレなのです

But the human brain --//

でも 人の脳は・・・

(笑)

The human brain always/ triumphs,/ and indeed,/ in the United States/ today,/86 percent of Americans will marry by age 49.//

いつだって 頂点に立つのは脳です 事実 こんにちのアメリカでは 人口の86%が49歳までに結婚します

And even/ in cultures/ around the world/ where they're not marrying/ as often,/ they are settling down/ eventually/ with a long-term partner.//

結婚がそこまで盛んではない 世界の他の地域であっても 最終的には 長年連れ添う相手を見つけて 落ち着くものなのです

So it began to occur/ to me:/ during this long extension of the precommitment stage,/ if you can get rid of bad relationships/ before you marry,/ maybe/ we're going to see/ more happy marriages.//

そんな中 思いつきました 一生の愛を誓う前の段階に 長い時間をかけることで うまく行かない関係を 結婚前に終わらせているおかげで 円満な結婚生活が 増えているのではないか

So/ I did a study of 1,100 married people/ in America --/ not on Match.com,/ of course --/ and I asked them/ a lot of questions.//

そこで アメリカ在住の 1100組の夫婦に ― 当然Match.com上ではなく ― たくさんの質問に答えてもらいました

But one of the questions was,/ "Would you re-marry the person/ you're currently married to?"//

その中の1つ 「現在の結婚相手と また結婚したいですか?」

And 81 percent said,/ "Yes."//

これに81%が「はい」と答えたのです

In fact,/ the greatest change/ in modern romance and family life is not technology.//

実際 現代の恋愛や家庭生活が 今までと最も違う点は何かと言えば テクノロジーではありません

It's not even slow love.//

スローラブでさえありません

It's actually/ women/ piling into the job market/ in cultures/ around the world.//

実は 世界中あちこちで 労働市場に続々と参入している ― 女性の数なのです

For millions of years,/ our ancestors lived in little hunting/ and gathering groups.//

何百万年もの間 人類の祖先は狩猟採集民の 小集団の中で暮らしていました

Women commuted to work to gather/ their fruits and vegetables.//

果物や野菜を探し集めるのが 女性の仕事でした

They came home/ with 60 to 80 percent of the evening meal.//

夕食の60%から80%が こうして女性が採集した食糧でした

The double-income family was the rule.//

原則 共働きだったのです

And women were regarded as just/ as economically,/ socially and sexually powerful/ as men.//

当時の女性は 経済的にも、社会的にも、性的にも 男性と同格とみなされていました

Then/ the environment changed some 10,000 years ago,/ we began to settle down/ on the farm/ and both men and women became obliged,/ really,/ to marry the right person,/ from the right background,/ from the right religion/ and/ from the right kin and social and political connections.//

しかし1万年ほど前に環境が変わりました 人間は畑を作って定住するようになり 男性も女性も ふさわしい相手と 結婚しなければならなくなりました 適切な素性の人 宗教観の合う人 ふさわしい社会・政治的なコネを持つ ふさわしい血筋の人です

Men's jobs became more important:/ they had to move/ the rocks,/ fell the trees,/ plow the land.//

男の仕事が重みを増すようになりました 石を運んだり、木を切ったり、畑を耕したり

They brought the produce/ to local markets,/ and came home/ with the equivalent of money.//

農産物を市場に持っていって 稼ぎを持ち帰るという役割です

Along/ with this,/ we see a rise of a host of beliefs:/ the belief of virginity/ at marriage,/ arranged marriages --/ strictly arranged marriages --/ the belief/ that the man is the head of the household,/ that the wife's place is in the home and most important, honor thy husband,/ and 'til death do us part.//

この変化と共に 次々と固定観念が作られました 結婚相手は処女であるべきだとか 結婚は親が決めるものだとか 親が決めた相手は絶対だとか 男が家長を務めるものだとか 妻の居場所は家庭であって 何より重要な 「死が2人を分かつまで 常に夫を敬う」という誓い

These are gone.//

どれも今では時代遅れの考え方です

They are going,/ and in many places,/ they are gone.//

廃れつつありますし 多くの国では 既に廃れた観念です

We are right now/ in a marriage revolution.//

今や結婚に革命が起きています

We are shedding 10,000 years of our farming tradition/ and moving forward/ towards egalitarian relationships/ between the sexes --/ something/ I regard as highly compatible/ with the ancient human spirit.//

人間は1万年続いた農耕の伝統を捨てて 両性を平等に扱う男女関係に 移り変わりつつあるのです これは太古の人類の精神に 非常に近いものだと私は考えています

I'm not a Pollyanna;/ there's a great deal/ to cry about.//

私は超楽観主義者ではありません 世の中に憂うべきことは 大いにあります

I've studied divorce/ in 80 cultures,/ I've studied,/ as I say,/ adultery/ in many --/ there's a whole pile of problems.//

80の文化における離婚や 多くの文化における 不貞について研究しました 問題はそれこそ山ほどあります

As William Butler Yeats,/ the poet,/ once said,/ "Love is the crooked thing."//

詩人ウィリアム・B・イェイツの 言葉を借りれば 「愛とは歪んだものである」

I would add,/ "Nobody gets out/ alive."//

私なりに付け足すと「生きて出た者はいない」

(笑)

We all have problems.//

誰だって問題を抱えています

But in fact,/ I think the poet Randall Jarrell really sums it up best.//

でも 詩人ランダル・ジャレルが 実にうまく言い表しています

He said,/ "The dark, uneasy world of family life --/ where the greatest can fail,/ and the humblest succeed."//

「家庭生活という 暗く 先行きの見えない世界では 最も優秀な者でも挫折し 最も謙虚な者が成功する」

But I will leave you/ with this:/ love and attachment will prevail,/ technology can not change it.//

でも最後に一言 結局勝つのは愛と情です これがテクノロジーで 変わることはありえません

And I will conclude by saying any understanding of human relationships must take into account one/ the most powerful determinants of human behavior:/ the unquenchable, adaptable and primordial human drive to love.//

結論を言いましょう 人間関係について考えるなら 人の行動を最も強く決定する要因を 必ず念頭に置かねばなりません 決して飽き足らず ― 変幻自在で ― 何よりも根本的な人間の欲求 すなわち「愛」です

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Kelly Stoetzel:/ Thank you/ so much/ for that,/ Helen.//

(ケリー・ステッツェル)ありがとうございました

As you know,/ there's another speaker here/ with us/ that works in your same field.//

ご存知のように 会場にはもう1人 同じ分野のスピーカーがいらしています

She comes at it/ from a different perspective.//

このテーマに別の視点から取り組む

Esther Perel is a psychotherapist/ who works with couples.//

エステル・ペレルさん カップルを対象に 心理療法を行っている方です

You study data,/ Esther studies/ the stories/ the couples tell her/ when they come to her/ for help.//

あなたの専門はデータですが エステルは相談に訪れる カップルたちから聞いた話を 研究対象としています

Let's have her/ join us/ on the stage.//

では登場してもらいましょう

エステル どうぞ

(拍手)

So Esther,/ when you were watching Helen's talk,/ was there any part of it/ that resonated with you/ through the lens of your own work/ that you'd like to comment/ on?//

さて エステル ヘレンのトークをご覧になって ご自身の専門領域から見た視点で 共感された点があれば コメントをお願いします

Esther Perel:/ It's interesting,/ because on the one hand,/ the need/ for love is ubiquitous and universal.//

(エステル・ペレル)面白いお話です 世界中どこであっても 誰もが愛を求めているのに

But the way/ we love --/ the meaning/ we make out of it --/ the rules/ that govern our relationships,/ I think,/ are changing fundamentally.//

一方で 愛し方や 愛の解釈の仕方や 男女関係のあり方のルールに 根本的な変化が起きつつあります

We come from a model/ that,/ until now,/ was primarily regulated around duty and obligation,/ the needs of the collective and loyalty.//

旧来の結婚のモデルは 主に 様々な義務や義理 相手への忠誠や 地域共同体からの要求を 中心に回っていました

And we have shifted it/ to a model of free choice and individual rights,/ and self-fulfillment/ and happiness.//

それが今では 自由選択、個人の権利 自己充足と幸福を追求するモデルに 移り変わりました

And so,/ that was the first thing/ I thought,/ that the need doesn't change,/ but the context/ and the way/ we regulate/ these relationships changes a lot.//

ですから 私がまず初めに思ったのは 人は変わらず愛を求めているけれど その位置づけや 恋愛関係のあるべきとされる姿は 大いに変わるということです

On the paradox of choice --/ you know,/ on the one hand/ we relish the novelty and the playfulness,/ I think,/ to be able to have so many options.//

選択のパラドックスについて言うと 一方では たくさんの選択肢があることで 現代人は新鮮さや 遊び心を享受していますが

And at the same time,/ as you talk about this cognitive overload,/ I see many, many people/ who ...//

同時に もう一方では 認知的過負荷のお話が出たように 私の元を訪れる 本当にたくさんの人が

who dread the uncertainty and self-doubt/ that comes with this massa of choice,/ creating a case of "FOMO"/ and then/ leading us --/ FOMO,/ fear of missed opportunity,/ or fear of missing out --/ it's like,/ "How do I know/ I have found 'the/ one' --/ the right one?"//

選択肢が数限りなくあるがために 不確実性や自信の欠如に立ちすくみ “FOMO”という状態に陥っています “Fear Of Missed Opportunity”つまり機会損失を恐れているのです 「私にふさわしい運命の人を 見つけたのか分からない」 そんな気持ちです

So we've created/ what I call this thing of "stable ambiguity."//

私が「安定した曖昧さ」と呼ぶ状態が 起こるようになりました

Stable ambiguity is/ when you are too afraid/ to be alone but also not really willing/ to engage in intimacy-building.//

これは何かというと 独りになるのは怖いけれど 進んで親密性を築こうという 気持ちにはなれないときに起こり

It's a set of tactics/ that kind of prolong/ the uncertainty of a relationship/ but also/ the uncertainty of the breakup.//

2人の関係の先行きのみならず 別れるかどうかもはっきりしない状態を 長引かせる一連の作戦を指します

So,/ here/ on the internet/ you have three major ones.//

インターネットの世界では 主に3種類あります

One is icing and simmering,/ which are great stalling tactics/ that offer a kind of holding pattern/ that emphasizes the undefined nature of a relationship/ but at the same time gives you enough of a comforting consistency and enough freedom of the undefined boundaries.//

まず「冷凍保存」 そして「弱火保温」 この2つは関係を停滞させるのに もってこいです ある種の保留状態を生み出すので 2人の関係がいっそう曖昧になる一方で 同時に 心地よい安定感が適度に残り 白黒つかない中での 自由も十分にあるというわけです

(笑)

Yeah?//

わかります?

And then comes ghosting.//

とどめは「音信不通」

And ghosting is,/ basically,/ you disappear from this massa of texts/ on the spot,/ and you don't have to deal/ with the pain/ that you inflict on another,/ because you're making/ it invisible even/ to yourself.//

これは 何かというとつまり やりとりを積み重ねたあとで 唐突に消えることで 他者に与える痛みに 対処しなくて済むという策です 自分自身にさえ見えないように しているのですから

(笑)

Yeah?//

わかりますよね?

So I was thinking --/ these words came up/ for me/ as I was listening to you,/ like how a vocabulary also creates a reality,/ and at the same time,/ that's my question/ to you:/ Do you think/ when the context changes,/ it still means/ that the nature of love remains the same?//

お話を聴きながら そういった言葉が浮かんできました 語彙から現実が形づくられる とも言いますしね 同時に ここからが質問ですが 周りを取り巻く環境が変わっても 愛の本質は変わらない とお考えでしょうか?

You study the brain/ and I study people's relationships and stories,/ so I think/ it's everything/ you say,/ plus.//

あなたは脳を 私は 男女関係や事情を研究しています お話は全くその通りだと思いますし その他の要素もあります

But I don't always know the degree/ to/ which a changing context ...//

でも 周辺環境の変化が どの程度・・・

Does it/ at some point begin to change --/ If the meaning changes,/ does it change the need,/ or is the need clear of the entire context?//

つまり環境が変わり 男女関係の意味も変われば そこでのニーズも変わるのか それともニーズは 周辺環境に左右されないのでしょうか?

HF:/ Wow!// Well --/ (Laughter)

(ヘレン・フィッシャー)うわぁ (笑)

(拍手)

Well,/ I've got three points here,/ right?//

ええと ポイントは3つですよね

First of all,/ to your first one:/ there's no question/ that we've changed,/ that we now want a person/ to love,/ and for thousands of years,/ we had to marry/ the right person/ from the right background and right kin connection.//

まず 最初におっしゃったことですが 言うまでもなく 昔と今は違いますし 現代人は愛する人を求めています 過去何千年もの間 人は 素性、血筋の面でふさわしい相手と 結婚しなければなりませんでした

And/ in fact,/ in my studies of 5,000 people/ every year,/ I ask them,/ "What are you looking for?"//

事実 私が毎年5千人を対象に 行っている調査では 相手に求めるものは何かという 質問をします

And every single year,/ over 97 percent say --/ EP:/ The list grows --/ HF:/ Well,/ no.//

毎年毎年 97%以上がこう回答・・・ (エステル)条件は増える一方? (ヘレン)いえ 違うんです

The basic thing is over 97 percent of people want somebody/ that respects them,/ somebody/ they can trust/ and confide in,/ somebody/ who makes them/ laugh,/ somebody/ who makes enough time/ for them/ and somebody/ who they find physically attractive.//

まとめると 回答者の97%が 自分を尊重してくれる相手や 信頼できて 何でも包み隠さず話せる相手や 笑わせてくれる相手や 一緒にいる時間を十分に作ってくれる相手 そして 外見も好みの相手がいい と答えます

That never/ changes.//

この条件は毎年同じです

And there's certainly --/ you know,/ there's two parts --/ EP:/ But you know/ how I call that?//

そしてもちろん 2つの側面が・・・ (エステル)その現象よく分かります

That's not/ what people used to say --/ HF:/ That's exactly right.//

昔はそんな条件ではなかったんです (ヘレン)全くその通り

EP:/ They said/ they wanted somebody/ with whom they have companionship,/ economic support,/ children.//

(エステル)昔の条件は 連れ添ってくれ 経済的に支えてくれ 一緒に子作りできる相手でした

We went from a production economy/ to a service economy.//

生産経済からサービス経済に 移行したということです

(笑)

We did it/ in the larger culture,/ and we're doing/ it/ in marriage.//

世界経済レベルでも 結婚でも見られる現象です

HF:/ Right,/ no question/ about it.//

(ヘレン)それは間違いありません

But it's interesting,/ the millennials actually want to be very good parents,/ whereas the generation/ above them wants to have/ a very fine marriage/ but is not/ as focused on being a good parent.//

でも面白いことに ミレニアル世代は 実のところ 良い親を目指す傾向があります 一方で その一世代上になると 結婚生活に対する理想は高いけど 良い親になることには そこまで興味がないのです

You see all of these nuances.//

こういった差異があちこちで見られます

There's two basic parts of personality:/ there's your culture --/ everything/ you grew up/ to do/ and believe and say --/ and there's your temperament.//

性格特性は大きく2つに分かれます 1つは文化的な面 つまり幼少期から 培われてきた言動や信条 もう1つはその人の態度です

Basically,/ what I've been talking about is your temperament.//

私がお話ししてきたのは 基本的に 態度の方でした

And/ that temperament is certainly going to change/ with changing times/ and changing beliefs.//

人の態度というものは 時代が変わり常識が変われば 確かに変わるでしょう

And/ in terms of the paradox of choice,/ there's no question/ about it/ that this is a pickle.//

選択のパラドックスについて言えば やりにくい状況であることは 間違いありません

There were millions of years/ where you found/ that sweet boy/ at the other side of the water hole,/ and you went for it.//

人間は何百万年の間ずっと 水面に映る美少年に見惚れて 水に飛び込むという繰り返しでした

EP:/ Yes, but you --/ HF:/ I do want to say/ one more thing.//

(エステル)でも・・・ (ヘレン)あともう1つだけ

The bottom line is,/ in hunting and gathering societies,/ they tended to have/ two or three partners/ during the course of their lives.//

そもそも 狩猟採集社会においては 一生を通じて2、3人の パートナーがいるのが普通でした

They weren't square!//

別に堅物ではなかったのです

And I'm not suggesting/ that we do,/ but the bottom line is,/ we've always had alternatives.//

その真似をしろとは言いませんが 要は いつだって 代わりの相手は 必ずいるものだったということです

Mankind is always --/ in fact,/ the brain is well-built/ to/ what we call "equilibrate,/"/ to try and decide:/ Do I come,/ do I stay?// Do/ I go,/ do I stay?//

事実 脳はうまくできていて 「均衡化」という機能で 意思決定をしようとします 「行こうか やめようか 去ろうか 留まろうか」

What are the opportunities here?//

「どんなチャンスがあるのか」

How do I handle this there?//

「これはどう対処しようか」

And so/ I think/ we're seeing/ another play-out of that now.//

そんな脳の機能が 現代人の 振る舞いにも表れていると思います

KS:/ Well,/ thank you both so much.//

(ケリー)ありがとうございました

I think you're going to have a million dinner partners for tonight!//

お2人とも今晩の夕食のお誘いは 数え切れないほどでしょうね!

(拍手)

Thank you,/ thank you.//

ありがとうございました

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

highland

〈C〉《おもに複数形で》高地[地方]

《the Highlands》スコットランドの北部および中部の高地地方

New Guinea

ニューバニア(オーストラリア大陸の北方にある世界第2の大島)

wives

wife の複数形

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

lean

(人・動物が)『やせた』,肉の落ちた

(肉などが)脂肪が少ない

乏しい,貧弱な(poor, scanty);(土地などが)やせた

脂肪のない肉,赤身(lean meat)

towards

toward

whisper

『ささやく』,ひそひそ話す《+about+名》

〈風・流れ・木の葉などが〉サラサラ音を立てる

…‘を'『ささやく』,ひそひそと言う

《しばしば受動態で》〈秘密など〉‘を'言いふらす《+about+名》

『ささやき』,ささやかれた言葉

《単数形で》(風・流れなどの)サラサラいう音

うわさ,ひそひそ話

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

laughter

『笑い』,笑い声

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

permit

〈人が〉…‘を'『許可する』

〈物事が〉…‘の'機会を与える,‘を'可能にする

〈事が〉許す

許可証(書)

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

polygyny

一夫多妻

(植物の)多雌ずい性

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

toothache

歯痛

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

poison

『毒』毒薬

(…に)害になるもの,害毒《+『to』+『名』》;《俗》酒

〈人・動物など〉‘を'『毒殺する』;…‘に'毒を入れる

…‘を'毒する,汚染する

(精神的に)…‘を'だめにする,害する

cow

『雌牛』,乳牛

(鯨・象・サイなどの)雌

goat

『ヤギ』

《米話》=scapegoat

《俗》好色家

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

harem

〈C〉ハレム(回教国の婦人部屋)

〈U〉》集合的に》ハレムの女たち

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

mammal

哺(ほ)乳動物

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

rear

(ある物の)『背後』,『後方』

(ある物の)『後部』

(軍・艦隊などの)最後尾,後衛・「bring up the rear」で「しんがりを務める」・《後回しに》尻

後方の;後部の

human being

人,人間

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

necessarily

『必ず』,必然的に

faithful

『忠実な』,誠実な;貞節な

正確な,そのままの

《名詞的に;the faithful》《集合的に,複数扱い》堅い信者たち;イスラム教徒

adultery

姦通,不義

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

circuitry

電気回路

電気回路構成物(真空管など)

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

scanner

精密に調べる人

スキャナー(テレビ・レーダーの映像走査機・走査板)・ 光学式走査器(文字を読み取りコンピーターに記憶させる機器)

happily

『幸福に』;愉快に,楽しく

幸いにも,幸運にも(luckily)

reject

…‘を'『断る』,『拒絶する』,はねつける

(役に立たないものとして)…‘を'捨てる,取り除く

断られた人(事)

long-term

長期の,長い目で見ての

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

distinctly

『はっきりと』,鮮明に,明確に

確かに,まぎれもなく

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

reproduction

〈U〉繁殖,生殖[作用]

〈U〉(…を)再生(再現)すること;模写(複製)すること《+『of』+『名』》

〈C〉再生(再現)された物,複写(複製)した物

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

intense

(感情・性質などが)『激しい』,強烈な,熱心な

romantic

『ロマンチックな』,伝奇(冒険,空想,英雄,恋愛)物語的な,小説にありそうな

(人,人の気持ちなどが)『空想的な』(考え・計画などが)非現実的な

《通例R-》(文学・芸術が)ロマン主義の,ロマン派の

空想的な人,ロマンチックな人

《しばしばR-》ロマン主義(派)の作家(詩人,芸術家)

《複数形で》空想的(非現実的)な考え,夢想的な感情(話,行動)

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

cosmic

『宇宙の』,宇宙に関する

広大無辺の,(時的・空間的に)無限の

attachment

〈U〉(…に)付くこと,付着,付属;〈C〉(…の)付属品,付属装置;留め金,締め具《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(人・物・主義・理想などへの)愛着,愛情《+『for』+『名』》

〈U〉(法律用語で)逮捕,差し押え

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

orchestrate

…‘を'オーケストラ用に作曲(編曲)する

(努力・材料など)‘を'結集する,編成する,整える

sexual

性の,男女(雌雄)の

有性生殖の

lives

lifeの複数形

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

primitive

『原始の』,太古の

原始的な,そぼくな;古風な,旧式な

原始人

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

craving

(…に対する)切望《+『for』+『名』》;(…したいという)熟望《+『to』 do》

motivation

動機を与えること,動機づけ

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

swipe

大振りの打撃,強打

…‘を'大振りで打つ,強打する

《話》…‘を'盗む,かっぱらう

(…を)強打する《+at+名》

tinder

火口(昔 点火に用いた燃えやすい物質)

applause

『拍手かっさい』;称賛

court

(またcourtyard〈C〉(建物や壁に囲まれた)『中庭』;中庭式の区画

〈C〉(テニス・バスケットボールなどの)『コート』

〈C〉(場末の)路地,袋小路

〈C〉〈U〉《しばしばC-》『宮廷』,皇居;《集合的に》廷臣たち

〈C〉〈U〉『法廷』,裁判所(court of justice);裁判,公判(trial)

《the~》《集合的に》裁判官,判事

〈U〉《まれ》求愛,言い寄り;きげんとり,追従

〈有力者など〉‘の'きげんをとる;〈女〉‘に'求愛する

〈賞賛など〉'を'求める,得るように努める

〈災いなど〉'を'招く〈男女が〉仲よくする

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

dramatically

劇的に,非常に効果的に

automobile

《米》『自動車』

自動の;自動車の

suddenly

『突然に』,だしぬけに

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

bedroom

『寝室』;(列車内の)寝室

introduction

〈U〉〈C〉(…に人を)『紹介すること』《+『of』+『名』〈人〉+『to』+『名』》

〈U〉(…に物・事を)紹介すること,取り入れること《+『of』+『名』+『into』(『to, among』)+『名』》

〈C〉(本論・主題に入る前の)『序論』,序説

〈C〉(…への)入門[書]《+『to』+『名』》

birth control

産児調節(制限)

pill

『丸薬』;《the pill》《話》ピル(経口避妊薬)

(耐えなければならない)不快なこと,苦しいこと

《通例単数形で》《俗》いやなやつ

threat

『脅し』,脅迫

(…の)(悪い)『きざし』,前兆《+of+名(doing)》

(…にとって)危険な人(もの);不幸(災難)のもと《+to+名》

pregnancy

〈U〉〈C〉妊娠の状態(期間)

〈U〉《文》含蓄

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

ruin

〈U〉(…の)『破滅』,崩壊,没落;破産《+『of』+『名』》

〈C〉崩壊(荒廃)した物,残がい;《複数形で》『廃墟』(はいきょ)

《単数形で》破滅(崩壊)させるもの(原因)

…‘を'『波滅させる』,崩壊させる,荒壊させる,〈人・会社など〉‘を'破産させる

…‘を'台なしにする,だめにする

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

primal

最初の,原始の

主要な,根本の

sexuality

(両性の)性的特質

性欲,性的関心

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

chief

(組織・集団の)『長』;長官,局(部,課)長;(部族の)長

『最高位の』,長である

『最も重要な』,おもな(most important; main)

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

coffee

〈U〉『コーヒー』[『飲料』];〈C〉《話》(1杯の)コーヒー

〈U〉コーヒー豆,コーヒーの粉末

〈C〉=coffee tree

〈U〉コーヒー色,濃褐色

bench

『ベンチ』,長いす

〈U〉(職人・技師・科学者の)作業台,実験台,細工台

長くて狭い段丘

《the~》(スポーツの)選手席,ベンチ;《集合的に》補舌選手たち

〈C〉裁判官席;〈U〉裁判官の職(地位)

《集合的に》《the~》裁判官[たち]

〈C〉(英国議会などの)議席

〈選手〉'を'補欠としてベンチに座らせておく

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

snap

『パチン』(『ポキン』,『カチッ』,『ピシッ』)『と音をたてる』・〈木の枝などが〉『ポキッと折れる』,〈糸などが〉プツンと切れる・〈戸・ふた・カギなどが〉パチン(カチッなど)と音をたてて(…の状態に)なる《+『形』〈補〉》・(…に)ぱくっとかみつく《+『at』+『名』》・…‘を'『パチン(ピシッ)と音をさせる』・…‘を'ポキッと折る,プツンと切る;…‘を'パチッと締める・〈命令・応答など〉‘を'ピシッと言う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》・《話》〈スナップ写真〉‘を'撮る・〈C〉『ポキッと折れる音』,プツンと切れる音;ビシャッと閉まる音・〈C〉(衣服などの)『スナップ』,留め金

〈C〉ぱっと飛びつくこと(かみつくこと,ひっつかむこと) ・〈C〉(急に襲う)一時の寒気・〈C〉(薄くてぱりぱりとした)ショウガ入りクッキー・=snapshot・〈U〉《話》活気,精力・〈C〉《単数形で》《話》容易なこと,楽な仕事・《話》即座の,急になされた・《話》容易な,楽な・どんぴしゃり,バッチリ

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

awaken

=awake

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

parade

〈C〉〈U〉『行進』,『行列』;示威行進,団体行進

〈C〉(多くの人・車などの)長い列,行列《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)見せびらかし,誇示;(これ見よがしの)陳列《+『of』+『名』》

〈C〉観兵式;観兵式場

〈C〉(海岸などの)遊歩道;歩行者の群れ,人波

『列を作って行進する』,練り歩く

《しばしば軽べつして》(目立つように)歩き回る

〈軍隊〉‘を'観閲のために整列させる

〈街・通りなど〉‘を'『行進する』

《しばしば軽べつして》〈財産・能力など〉‘を'見せびらかす,誇示する

〈軍隊〉‘を'観閲のために整列させる

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

biology

『生物学』

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

style

〈C〉〈U〉(服装などの)『流行[型]』,スタイル

〈C〉(衣服・物腰・ふん囲気などの)優雅さ,上品

〈C〉〈U〉(個人・集団・時代などに特有の)『様式』,型;文体,口調

〈C〉(商品などの)種類,形式

〈C〉称号,肩書き,呼び名

〈C〉鉄筆(stylus)

〈C〉(植物の)花柱

〈U〉〈C〉印刷様式,体裁

〈服装・家具など〉‘を'流行に合わせてデザインする(作る)

(特定の印刷様式に合わせるため)〈原稿など〉‘に'手を加える

《style+名+名〈補〉》(…と)…‘を'呼ぶ,称する

behave

《状態を表す副詞[句]を伴って》(…に)『ふるまう』

『行儀よくする』,ちゃんとしている

《状態を表す副詞[句]を伴って》〈船・車・機械などが〉(…にように)動く,作動する

〈自分自身〉'を'(…のように)ふるまう

estrogen

エストロゲン(動物の雌を発情させる卵胞ホルモン)(《英》oestrogen)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

questionnaire

質問表,アンケート

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

trait

特性,特質,特色

constellation

〈C〉星座;星位

〈C〉《胚》(名士・美女などの)きら星のように並んだ集まり《+『of』+『名』》

fourteen

〈C〉(数の)『14』;14の記号(14,『XIV』など)

〈U〉(24時間制の)14時,14分;14歳

〈U〉《複数扱い》14人,14個

〈C〉14(14人,14個)1組のもの

14の;14個の;14人の

《補語にのみ用いて》14歳の(で)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

expressive

『表情』(『表現力』)『の豊かな』;意味深長な

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

creative

『創造力のある』

『独創的な』

spontaneous

(行動などが)『自然に起こる』,自発的な

(現象などが)自然[発生]の;(植物などが)天然の,自生の

energetic

『精力的な』,元気旺盛な

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

awful

(光景・事故などが)『恐ろしい』,すさまじい

《話》(行為が)『ひどい』,見苦しい

《話》(程度が)大きい,すごい(great)

《俗》ひどく,すごく(very, extremely)

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

conventional

『型にはまった』,おきまりの

慣例の,示慣的な,因襲的な

(核兵器に対して)通常兵器の

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

religious

《名詞の前にのみ用いて》『宗教の』,宗教上の,宗教に関する

『信仰の厚い』,信心深い,敬けんな(pious)

良心的な,厳正な(strict)

修道会の,教団の

修道女,修道士

religiosity

信心深さ,熱狂的信心

にせの信心,えせ信仰

similarity

〈U〉類似,相似(resemblance)

〈C〉類似点

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

logical

論理学の

論理的な

(論理上)必然の,不可避の

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

decisive

『決定的な』,決め手となる

(性格などが)『断固とした』,果断な(resolute)

確かな,疑いのない

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

verbal

語の,言葉の;(意味とは関係なく)言葉の上だけの,語句だけの

口頭の,口上の(oral)

逐語的な,文字通りの

動詞の,動詞的な

準動詞(不定詞・分詞・動名詞の総称)

《英話》自白

《英話》《おどけて》口げんか

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

intuitive

直観の,直覚の

emotionally

感情的に,情緒的に;感情に訴えて

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

paradox

『逆説』(矛盾するようにみえても実際は真理を含んでいる説)

矛盾;へ理屈

hunting

狩り,狩猟;《英》キツネ狩り(fox hunting);《米》銃猟(shooting)

追求,探求

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

opportunity

『機会』,好機

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

sweet

(砂糖のように)『甘い』;砂糖の入った

心地よい,香りのよい,美しい,おいしい

新鮮な,腐っていない

(性質などが)『人好きのする』,気だてのよい,優しい,親切な

(酒が)甘口の

〈C〉《英》甘い料理,(特に)デザート

《複数形で》《英》(ケーキ・キャンデーなどの)『砂糖菓子』(《米》candy)

〈U〉《呼びかけで》あなた,おまえ

《複数形で》《the ~》《文》(…の)喜び,楽しみ《+of+名》

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

datum

dataの単数形

既知の事実

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

cognitive

認識の(に関する,を要する)

overload

…‘に'荷を積み過ぎる(負わせ過ぎる)

〈バッテリー・変圧器など〉‘に'充電し過ぎる;〈銃砲〉‘に'装薬し過ぎる

〈C〉〈U〉積み過ぎ;〈U〉過充電;過負荷

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

usher

(教会・劇場などの)『案内人』; (法廷などの)門衛

《米》(結婚式の)先導役

(…へ)…を案内する《+名+to(into, in)+名》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

courtship

〈U〉(人・動物の)求愛

〈C〉求婚期間

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

poll

〈U〉(選挙の)『投票』

《a ~》投票数

《米》《the polls》投票所

〈C〉選挙人名簿

(またopinion poll)〈C〉世論調査

(人の)頭(特に毛髪のある部分)

〈一定数の投票〉‘を'得る

《通例受動態で》…‘に'投票をさせる

(…について)〈人々〉‘の'世論調査をする《+『on(about)』+『名』》

〈頭髪・羊毛など〉‘を'刈る;〈樹木の枝先〉‘を'刈り込む

〈牛〉‘の'角(つの)を切る

(…に)投票する《+『for』+『名』》

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

census

人口調査,国勢調査

one-night stand

一夜興行

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

reckless

(人・行為が)『向こう見ずな』,無謀な

doubt

『疑い』,疑惑;疑わしさ,疑問

‘を'『疑う』,疑問に思う

explanation

〈U〉〈C〉(…の)『説明』,解説,弁明《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)説明(弁明)となる事(物)《+『of』(『for』)+『名』》

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

stumble

(…に)『つまずく』,とろける《+over(on)+名》

《副詞[句]を伴って》『よろめきながら歩く』よろよろする

『どもる』,とちる;(言葉に)つかえる《+over(at)+名》

《文》まちがいをする,へまをする;(道徳的な)過ちを犯す

(…を)偶然見つける《+on(upon, across)+名(doing)》

つまずき,よろめき

まちがい,へま

statistic

統計値,統計量

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

married

『結婚した』,夫婦の,結婚で結ばれた

既婚者

terrify

‘を'『恐れさせる』,おびやすか

divorce

〈U〉〈C〉『離婚』,離縁

〈C〉《単数形で》完全な分離,絶縁

〈夫または妻〉‘と'『離婚する』,〈夫婦〉‘を'離婚させる

(…から)…‘を'分離する,切り離す《+『名』+『from』+『名』》

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

economic

『経済の』

『経済学の』

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

caution

〈U〉『用心』,注意,慎重さ,用心深さ(prudence)

〈C〉『警告』(『注意』)『の言葉』(『合図』,『しるし』)

…‘に'『警告する』,用心させる

wed

…‘と'結婚する,‘を'妻(夫)にする

結婚する

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

make love

セックスする、性行為をする、性交する、愛の営みをする : 「make love to 誰々」「誰々とセックスをする」:「make love with」の用法は1990年くらいから少しずつ使われるようになりましたが、「make love to」の方が圧倒的に主流です。

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

shame

〈U〉『恥ずかしさ』,羞恥(しゅうち)心

〈U〉『恥』,恥辱,不名誉

〈C〉》単数形で》《話》『恥になる人』(『物』,『事』),面汚し,名折れ

〈C〉《単数形で》残念なこと,遺憾なこと

〈人〉‘を'『恥じさせる』,赤面させる

〈人〉‘の'不名誉になる,面目をつぶす

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

expansion

〈U〉『拡大』,『拡張』;展開

〈C〉拡大(拡張)されたもの

〈U〉〈C〉(数字で)展開[式]

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

knot

『結び目』,結び

(リボンなどで作った)飾り結び

(人・物の,通例小さな)群れ,一団

(板・木材の)節,節目;(筋肉などの)隆起

困難(difficulty)

縁,絆(きずな)

ノット(1時間に1海里(約1,852m)進む速さの単位)

…‘を'『結びなわせる』《+『名』+『together』,+『together』+『名』》

…‘に'結び目をつける,‘を'結ぶ

(こぶになって)堅く結ばれる,もつれる

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

finale

(曲の)終楽章,終曲;(劇の)最後の幕(場),フィナーレ

triumph

(…に)『勝利を収める』,勝つ《+over+名》

勝利を喜ぶ,勝ち誇る

〈C〉(…に対する)『勝利』,成功,功績《+over+名》

〈U〉勝利(成功)の喜び,勝ち誇り,得意の色

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

settle

…‘を'『決定する』,〈日取りなど〉‘を'決める,〈問題など〉‘を'解決する

…‘を'整理する,整とんする

〈勘定など〉‘を'清算する,支払う

(…に)〈財産など〉‘を'譲る《+『名』+『on』+『名』》

〈ある地域〉‘に'植民する

…‘を'『安定させる』,調節する

〈神経・胃など〉‘を'『静める』,落ち着かせる

〈液体〉‘を'澄ませる

〈かす・おりなど〉‘を'沈ませる,沈殿させる

(…に)決定する,決める《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)定住する《+『in』+『名』》

〈鳥などが〉(…に)とまる,降りる《+『on』+『名』》

徐々に沈む

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

extension

〈U〉〈C〉(…を)『拡大』(延長)『すること』,(…が)拡大(延長)されること《+『of』+『名』》

〈C〉拡大(延長)された部分(物)

〈C〉(電話の)内線

rid

《『rid』+『名』〈場所・人〉+『of』+『名』》(やっかいなものを)〈場所・人〉‘から'『取り除く』

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

currently

現在は;広く,一般に

romance

〈U〉(空想的な)『伝奇物語』,冒険物語;恋愛物語

〈U〉中世騎士物語

〈C〉〈U〉(…との,の間の)恋愛事件,ロマンス《+『with』(『between』)+『名』》

〈U〉伝奇的なふんい気

〈U〉冒険(空想)を好む性質(気持ち),空想癖

(…について)作り話をする;空想的(ロマンチック)に考える《+『about』+『名』》

(…と)恋をする《+『with』+『名』》

…‘に'言い寄る,求愛する

pile

〈C〉(…の)『積み重ね』《+『of』+『名』》

《話》『多数』(…の),たくさん(の…),大量(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》大金

〈C〉大建築物[群]

〈C〉=nuclear reactor

《副詞[句]を伴って》…‘を'『積み重ねる』,積み上げる

(…を)〈容器〉‘に'積み上げる,盛る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'畜積する,ためる《+『輝箇』+『名,』+『名』+『up』》

『積み重なる』,積もる《+『up』》

《話》《方向・状熊を表す副詞[句]を伴って》どやどやと動く

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

women

woman の複数形

commute

《文》(別のものに)…'を'振り替える,切り替える《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

〈刑罰・責務など〉'を'(軽いものに)代える《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈電流〉'を'整流する

(…間を)定期(回数)券で通勤する《+『between』+『名』》,(…から…まで)定期で通勤する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(定期券による)通勤

fruit

〈U〉〈C〉『果物』,(植物の)実,果実

《複数形で》『農作物』(果物・穀物・野菜など)

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『成果』,結果

実を結ぶ

vegetable

{C}《複数形で》『野菜』,青物;野菜の食用になる部分

{U}植物

{C}植物人間(脳の機能が冒され,呼吸・消化・排出機能などだけが健全に人間)

植物の,植物性の

野菜の

植物のような,単調な,活気のない

meal

(一定の時刻に定められた)『食事』;食事の時間

(1回分の)食事,(食事1回分の)食べ物

regard

《『regard』+『名』+『as』+『名』(『形』[『句』])》(…と)〈人・物事など〉‘を'『みなす』,考える(consider)

《文》《副詞[句]を伴って》(ある感情・態度で)…‘を'見る,注視する

…‘を'『尊重する』

《副詞[句]を伴って》…‘を'評価する

《文》《通例否定文で》〈意見・希望など〉‘を'『考慮にいれる』,‘に'注意を払う

〈物事が〉…‘に'関係する,関連する

〈U〉(…に対する)『考慮』,注意,関心《+『for』)『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『敬意』,尊敬,好意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉《おもに文》注視,凝視

〈U〉(ある特別な)点,関係,関連

《複数形で》(敬意・愛情を表す)あいさつ(greetings),よろしくとの伝言(best wishes)

economically

倹約して

経済的に

socially

社会的に,社会によって

社交上;社交的に

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

men

manの複数形

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

religion

〈U〉『宗教』;『信仰』;信仰生活

〈C〉『宗旨』,宗派,…教

〈C〉信条,主義

kin

《古・話》《複数扱い》親族,親類

〈U〉(…との)親類関係《+『to』+『名』》

(…にとって)親類で,血族で;(…の)同類で《+『to』+『名』》

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

virginity

処女であること,処女性

arrange

…'を'『整理する』,『整える』;…'を'配置する,配列する

(前もって)…'を'『手配する』,準備する

…'を'前もって決める(打ち合わせる)

…‘の'調停をする

(…用に)…'を'編曲する《+『名』+『for』+『名』》

『手配する』,準備をする

(…と…について)打ち合わせる,協定する,取り決める《+『with』+『名』+『about』(『for』)+『名』》

strictly

『厳格に』,厳重に

『厳密に』,正確に

『全く』,きっはりと,断然

household

(雇い人を含めた)『家中の者』,一家,世帯

一家の,世帯

thy

なんじの

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

shed

〈血・液など〉‘を'『流す』,こぼす

〈葉・毛・外皮など〉‘を'『自然に落とす』;〈衣服〉‘を'脱ぐ

〈光・香りなど〉‘を'放つ

〈布などが〉〈水〉‘を'はじく,通さない

〈動物などが〉脱毛する,脱皮する

〈葉が〉落ちる

farming

農業

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

egalitarian

平等主義の

平等主義者

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

compatible

(…と)両立できる,矛盾のない《+『with』+『名』》

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

Pollyanna

底抜けの楽天家・非常な楽天家 (Eleanor H. Porterの小説中の少女の名から)

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

William

ウィリアム1世(William 1;1027‐87;1066年英国を改め英国ノルマン王朝初代の王となった.ウイリアム征服王(William the Conqueror)と呼ばれる)

butler

執事,使用人がしら

poet

『詩人』,歌人

詩的才能のある人

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

crook

曲がったもの(道具),かぎ;曲がった部分

(川・道路などの)屈曲[部],湾曲[部]

(羊飼いが持つ)一端がかぎ状に曲がった杖(羊の後脚を引っ掛けるのに用いる)

《話》詐欺(さぎ)師,どろぼう

…'を'屈曲(湾曲)させる,曲げる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

屈曲(湾曲)する,曲がる

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

uneasy

(人が)『心の落ち着かない』,不安な,心配な

(物事が)『落ち着きのない』,心地よくない,窮屈な

『ぎごちない』,不自然な

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

humble

(身分・質などが)『低い』,卑しい,そまつな;わずかな(scanty)

『控え目な』,謙そんな,出しゃばらない(modest)

甘んじて屈辱を受ける,平謝りさせられる

〈人・心など〉‘を'謙虚にする

…‘を'卑しめる,はずかしめる・「eat humble pie」で「屈辱を忍ぶ・ ひたすらわびる・甘んじて屈辱を受ける」

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

prevail

《文》

(…に)〈強さ・影響力が〉『勝る』,勝つ《+『over』(『against』)+『名』》

(…に)『普及している』,広く行きわたる《『in』(『among』)+『名』》

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

determinant

決定要素

決定力のある

adaptable

(物・事が)適応できる

(人が)融通のきく,順応性のある

primordial

原始の,最初からある

Helen

ヘレン(ギリシア神話でZeusとLedaの間に生まれた美女;TroyのParisに連れ去られたためキリシア軍はTroyに遠従しトロイ戦争が起こった)

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

Esther

エステル記(旧約聖書の歴史書の一つ)

psychotherapist

精神(心理)療法医

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

resonate

〈音が〉反響する,鳴り響く

〈部屋などが〉共鳴する

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

ubiquitous

《文》同時にいたる所に存在する,偏在する

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

govern

(権限をもって)〈国・国民〉‘を'『治める』,統治する

〈学校など〉‘を'管理する,運営する

〈行動など〉‘を'『左右する』,‘に'影響を及ぼす

〈感情など〉‘を'抑制する,抑える

〈文法で〉〈目的語〉‘を'支配する

『治める』,統治する,支配する

管理する,運営する

fundamentally

基本的に;本質的に

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

primarily

『第一に』,主として,おもに(chiefly)

最初に(originally)

regulate

(規則などで)…‘を'『規制する』,『統制する』

〈機械など〉‘を'『調整する』

〈量や率など〉‘を'ある限度内におさえる

duty

〈C〉〈U〉(道徳・法律上の)『義務』,本分,義理

〈C〉《しばしば複数形で》(地位・職業などからくる)『任務』,職務,仕事

〈U〉《古》尊敬,敬意

〈C〉《しばしば複数形で》『税』(tax),関税

obligation

(法律・社会・道徳上の)『義務』,約束

(法律・契約・約束などの持つ)拘束力,束縛

(与えられた恩恵・好意などに対する)『恩義』,義理《+『to(toward)』+『名』》

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

loyalty

〈U〉(…に対する)忠義,忠誠;忠実,忠節《+『to』+『名』》

〈C〉《複数形で》忠実な行為;忠節関係

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

first thing

まず最初に,朝一番に

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

relish

〈U〉〈C〉(食物の独特の)風味

〈C〉〈U〉調味料,薬味

〈U〉《通例否定文で》(…に対する)興味,好み《+『for』+『名』》

〈U〉》時にa~》おもしろみ,興趣

〈物・事〉‘を'楽しむ,好む

(…の)味がする,風味がある《+『of』+『名』》

novelty

〈U〉『新奇さ』,『珍しつ』,ざん新さ(newness)

〈C〉『珍しいもの』,珍しいこと

〈C〉《複数形で》(装飾品やおもちゃなどの)珍奇な商品,新型商品

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

dread

…‘を'『非常にこわがる』(『心配する,いやがる』)

(何か起こりそうなものに対する)『恐れ』,心配,不安

非常に恐ろしい

おそれ多い

uncertainty

〈U〉確信のなさ;疑わしさ;変わりやすさ;不明確さ

〈C〉《しばしば複数形で》確信のない(疑わしい,変わりやすい,不明確な)こと

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

ambiguity

(意味の)あいまいさ,不明りょうさ;〈C)あいまいな表現(語句)

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

prolong

(時間的・空間的に)‥‘を'『延ばす』,『延長する』

breakup

解体,分散;崩壊

(学期末の)終業;解散,散会

(夫婦,婚約者などの)別離,別居

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

icing

(菓子などの)糖衣

(飛行機の翼などへの)着氷

stall

(1頭を入れる)馬小屋(牛舎)の一仕切り

(部屋の中の)小仕切り

《おもに英》《しばしば複合語を作って》売店,屋台商,露店;商品陳列台

(教会の内陣または聖歌隊度にある)聖職者席

《通例複数形で》《英》(劇場・映画館の)1階前方の[特別]席

(飛行機の)失速,(車の)失速,エンスト

(指を保語するゴム製などの)指サック

《話》(時間かせぎの)口実,ごまかし,引き延ばし

(特に,太らせるために)〈家畜〉‘を'小屋に入れる

〈障害などが〉…‘を'止める,妨げる

(積み過ぎなどのために)〈エンジン・車など〉‘を'止める,‘に'エンストを起こさせる

(特に,口実・ごまかしなどによって)〈人〉‘を'待たせる,引き止める《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

〈エンジン・車などが〉止まる;〈飛行機が〉失速する

(特に,口実・ごまかしなどによって)引き延ばす,ごまかす,確答(決定)を避ける

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

consistency

〈U〉(言南・匡理などの)一致,一貫性

〈U〉〈C〉(特に液体の)濃度,濃さ;(物質の)堅さ,ねばり

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

basically

基本的に,根本的に;元来は

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

inflict

〈苦痛・打撃・罰など〉‘を'『与える』,加える

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

vocabulary

〈C〉(特定の人・グループ・分野で用いられるすべての)『語彙』,用語

〈C〉(アルファベット順に並べて語義や訳を付けた)語彙集,単語表(集)

〈U〉(一言語の)全語彙

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

HF

high frequency 短波,高周波

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

confide

〈秘密など〉'を'『打ち明ける』

(人などに)〈大切な事・物〉'を'『任せる』,委託する《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(人の誠実さ・能力などを)『信頼する』,信用する《+『in』+『名』》

(信頼して)(人に)秘密を打ち明ける《+『in』+『名』》

physically

物質的に;身体上;物理的に

attractive

『魅力のある』,興味をそそる

引力のある

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

companionship

交際,交わり;友情

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

nuance

(意味・色彩などの)微妙な違い,陰影,ニュアンス

temperament

〈U〉(特に個人の思考・感情・行動に影響を与える)『気質』,気性,性分

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

pickle

〈C〉《複数形で》(野菜,特にキュウリの)『ピクルス』

〈U〉(ピクルス用の)つけ汁

〈C〉《単数形で》《話》苦境,窮地,困った立場(plight)

〈U〉(金属などを洗う)希薄酸液

〈C〉《英語》いたずら小僧

…‘を'つけ汁につける,ピクルスにする

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

bottom line

(損益計算書や収益報告書の)最下行、計算結果、最終帳尻、最終的な収益[損益]、純損失、利益高、当期利益、純利益、総決算

最終結果、最終決定、結論、肝心な点、本質、かなめ、重要点、本当のこと、本音

基本線

女性のヒップの線

gathering

〈U〉(…を)集めること,(…が)集まること《+『of』+『名』》

〈C〉集められた(集まった)もの;(特に)集会,群衆

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

mankind

《集合的に》『人類』(human race),人間(human beings)

《まれ》《集合的に》『男性』,男子(men)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

handle

『取って』,柄,ハンドル

手がかり,きっかけ

《話》(sirなどの)肩書き

…‘に'『手で触れる』;手で持つ

〈材料・道具など〉‘を'手で扱う

〈人・動物など〉を『扱い』,統制する

〈問題など〉‘を'扱う,処理する,〈曲など〉‘を'弾きこなす

〈商品〉‘を'扱う,商う

〈自動車などが〉扱われる,操縦される(できる)

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

関連動画