TED日本語 - アダム・デ・ラ・ゼルダ: がんとの戦いに勝利するために我々が始めた方法

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

スタンフォード大の研究者であるアダム・デ・ラ・ゼルダから、がんに対する最新技術について聞いてみましょう。彼は、自ら最先端技術の開発を手掛けています。彼の研究室では、体内に注入されたがんを識別する金の微粒子を描出する素晴らしいイメージング技術を確立しようとしています。この技術で、命にかかわる腫瘍は、極小サイズでも全てを、外科医が摘出できるようにすることを目指しています。

Script

「我々はがんに対して宣戦布告し 2015年までに勝利を収めます」

これは アメリカ議会と 国立がん研究所が ほんの少し前 2003年に 宣言したメッセージです 皆さんはどうお思いになるか分かりませんが 私はこれには懐疑的です 我々はいまだ 勝利からほど遠い所にいます 皆さんも きっとそうお思いでしょう 我々のがんに対する戦いの 勝利の目途が立たないのは がんを「見る」ことなく 戦いを仕掛けているからだと思います

まずは私の友人について お話しします 彼の名前はエフドです 数年前に 彼は脳の悪性腫瘍と診断されました よくあるタイプの脳腫瘍ではなく 脳腫瘍の中でも 最も恐ろしいタイプだと 診断されたのです 事実 とても悪性で 医師達は余命は12カ月しかないと 彼に言い渡しました この12カ月の間に 治療法を見つけ出さなければなりません 治療法が見つからなければ 彼は死に至ります

でも 良い知らせもありました 治療に様々な選択肢があるということです 一方 悪い知らせは それらの治療法が 有効であるかどうかは明らかでなく 3カ月間試してみないと 分からないということです だから そんなに多くの治療法を 試すことができません

エフドは1つ目の治療を開始し 開始後 数日経った時 彼と面会すると 彼はこう言いました 「アダム 効果が出ているようだ 本当に幸運だよ 何か変化が起きているよ」

私は尋ねました 「本当かい?どうしてそう思うんだ?」

彼の返事は 「頭の中がとても具合悪く感じるんだ 何かが起きているってことだから 効いているに違いないよ」

残念ながら 3か月後に 効果がでていないとの知らせを受けました エフドは2つ目の治療を 試すことになりました 同じことが繰り返されました 「ひどく気分が悪い 何かが効いているに違いない」 3カ月後 またもや悪い報告を受けました 3つ目、4つ目の治療を試し 予告通り エフドは亡くなりました

誰か身近な人が このような とてつもない苦しみと戦っているとき 我々はとても感情的になります 様々なことが頭をよぎります 私の場合 憤りを感じました こんな治療しかできないのか という憤りでした 詳しく調べてみると こんなことが分かりました これが医師がエフドに与え得る 最善の治療だったのみならず また ― 一流の医師が脳腫瘍全般に対して可能な 最善の治療だったのです 実際のところ がん全般に対して 我々は決め手に欠ける有様です

私は統計データの1つに注目しました 皆さんの中にも 見たことがある方が きっといると思います ここにお見せしているのは 1930年代以降 アメリカに住む女性のがん患者で 実際に亡くなった人の数です 目立った改善が見られず 相変わらず大きな問題であることが お分かりになるでしょう でも変化していることもあります 例えば 肺がんは増加しています たばこが原因です また 例えば胃がんは かつてはがんの中でも最も死亡数が 多いものでしたが ほぼ無くなっています なぜでしょう? 皆さん ご存知でしょうか? なぜ人類は胃がんを 乗り越えられたのか? 人類が胃がんから救われたのは いったいどんな 医療技術の大発明が 世界に登場したからでしょうか それは新薬の発見や 診断法にあったのでしょうか? 皆さんはお分かりですね それは冷蔵庫を発明して 腐った肉を食べなくなったことです 医療の分野において がん研究に関し 最も役に立った出来事は 冷蔵庫の発明だったのです

(笑)

そういうことなんです 大した成果を上げていません がん研究の進歩や諸々のことを 過小評価するのは 私の意図ではありません ご覧の通り50年あまりの間に 素晴らしいがん研究が行われ がんとは何かについて とても重要な発見がありました しかしそれにも関わらず 立ちはだかる壁は厚いのです

なぜ顕著な成果が出せていないのか その主な理由は 我々が がんを「見る」ことなく 戦っているからだと 私は思います ここで医療イメージング技術が 役に立ちます 私の研究分野の出番です

脳腫瘍患者の診断に使われる 最新技術による画像が どのようなものか お見せしましょう 実際にはほぼ全てのがんにも 適用可能です PETスキャン画像を ご覧いただきます はい この通り

これはPET/CTスキャンで これで見えるものは CTスキャンは骨を 可視化することができて PETスキャンは腫瘍が どこにあるかを示します ここに見えているのは 糖の分子で 小さなタグが付されており 体外へ信号を発信しています 「僕はここにいるよ」 何十億という数の糖分子が 患者に注射され 体中を動き回り 糖を欲している細胞を 探し出します 例えば 心臓が 光っています それは心臓が大量の糖を 必要としているからです 膀胱も光っています この場合 膀胱は 体から糖を 排出する役目があるからです 他にも何カ所から 信号が出ていますが 実はこれらが腫瘍なのです

これは実に素晴らしい技術です 初めて 人々の体内を検査するときに 顕微鏡で調べるために 細胞を取り出すことなく 非侵襲的に 調べることができるようになりました こう問いかけます 「がんは転移していないか?」 「がんはどこに?」 ご覧の通り PETスキャンは 腫瘍のある場所を ホットスポットとして はっきりと示すことができます

とても奇跡的なことのように思えますが 残念ながら そうとも言いきれません 小さなホットスポットが見えますが これらの腫瘍の中に いくつがん細胞があると思いますか? 約1億個のがん細胞が含まれていますが これだけ集まって ようやく見えるようになるのです この画像で見えている これらの一つ一つの小さな点が 検知されるためには 少なくとも1億個のがん細胞が 集まっていなければなりません 大変大きな数に 思えるかも知れませんが 実際その通りです これは事実 悩ましいほどに大きな数です がんの治療を 真に効果的なものにするには 十分に早期に発見する必要があるので 1千個の細胞からなる腫瘍を検知し さらに理想を言えば ― わずか数個でも 検知できる必要があります だから 解決にほど遠いのは 明らかです

さてちょっとした実験を行ってみましょう 皆さんは脳外科医になったと 想像してみてください 今 手術室にいて 目の前に患者さんがいます あなたの役目は 腫瘍を確実に摘出することです 患者さんを観察してみると 頭皮と頭蓋骨は 既に取り除かれており あなたは脳を見ています この患者について分かることは ゴルフボール大の腫瘍が 脳の右前頭葉に あることです 目で見える腫瘍はこんな感じです じっくり見てみても 残念ながら ― がん組織も 健康な組織も 同じように見えるので 区別できません そこで親指を中に入れて 脳を軽く触れてみると 腫瘍組織の方が 幾分固く ぴんと張っているので こんな感じで触っていくと こう言うことが出来ます 「腫瘍がそこにあるように思える」 そこでメスを取り出し 腫瘍を少しずつ丁寧に 切除していきます 腫瘍をだんだん切除していくと あなたは こう言える段階に到達します 「よし 終わった 全て取り除いたぞ」 この段階で ― これは実に野蛮な話と 思ったでしょうが さらに 人生で最も困難な 決断を迫られます というのは その決断は ここで手術を終えて患者を帰すのか つまり ― もしかしたら目に見えない 腫瘍細胞が残っているかもしれないという リスクを取るべきなのか いくらか安全な幅を加味して 通常 2-3 cm程余分に 腫瘍周囲を切除して 確実に腫瘍を全部 摘出するべきかということです

これは難しい決断ですが 残念ながら 脳腫瘍の手術を行う外科医が 患者を前にして 日々 避けて通ることができない 決断なのです

ある日 研究室の同僚との間で こんな会話がありました 「もっといい方法があるべきだ」 それは友人に対し 「何かいい方法が あるべきだ」と言う以上の意味です まさに良い方法があるべきなのです 良い方法がないとはひどすぎます

振り返ってみました 先ほどお話ししたPETスキャンや 糖のことなどを思い出してください 我々はこう考えました 「糖分子の代わりに 金の極小微粒子を使って 興味ある化学的性質を与えてみよう がん細胞が探せるような性質を与えてみよう」 何十億という数の金の粒子を 患者に注射し 体中に行き渡るようにしました それはスパイと言ってもよいでしょう 体の全ての細胞へと移動していって 細胞の戸をノックして回ります 「お前はがん細胞か? それとも正常な細胞?」 正常な細胞なら次へと進みます がん細胞なら そこにくっついて 輝いて こう伝えます 「俺はここにいる 見てくれ」 すると我が研究室が開発した 特殊なカメラが 彼らを捉えます いったん 見つかれば 脳腫瘍外科医が 腫瘍だけを切除し 健康な細胞は 触れずに済むことでしょう 実際試してみると 上手くいきました

では実例をお見せしましょう ここでご覧になっているのは マウスの脳の画像です このマウスの脳には 前もって小さな腫瘍が 移植してありました 腫瘍はマウスの脳で成長し そこで医師を呼び こう依頼します このマウスを患者と思って 手術してください 腫瘍だけを少しずつ切除してください 彼が手術をしている間 我々は金の粒子の位置を示す 画像を撮り続けます まず初めに 金の粒子をマウスの体内に注射します 画面左隅を見てください 下側の画像が 金の粒子が存在する場所を 表しています 見事なのは これらの金の粒子が 腫瘍に到達し そこで輝き こう伝えてくれることです 「ここだ ここに腫瘍があるぞ」

我々には腫瘍が見られますが 医師には まだこれを見せていません 医師にこうお願いします 「腫瘍の切除を開始して下さい」 医師がまず腫瘍の4分の1を切除し この部分がなくなったのが 見て取れます 次 そのまた次と 4分の1ずつ切除していき ついに全てが終了したようです この段階で医師が我々のところに来て こう言います 「よし 終わった 次に何をして欲しいんだい? これで終わりにするのか 少し周りを余分に 切除して欲しいのかい?」

我々は「少し待って」と返事します そしてこう伝えます 「腫瘍が2か所に残っています 周りをごっそり切除するのではなく この小さな部分だけ切除してください これらを切除したら また見てみましょう」

医師が切除を終えると 見事なことに 腫瘍細胞は全てなくなりました ここで重要なことは 腫瘍細胞が患者の脳や マウスの脳から 完全に除去された ということだけではありません もっとも大切なことは この手術の過程で 正常な脳をごっそりと切除する ― 必要がないということです 医師、外科医が 腫瘍を切除するときに 切除すべき場所を知ることができる そんな世の中を 今では ― 思い浮かべることができます もはや親指の勘に頼る必要は ありません

腫瘍を少しでも取り残してはならない 理由があります 取り残しがあると それは僅かな数の細胞であったとしても 成長し 腫瘍は再生してしまいます 腫瘍が舞い戻ってくるのです 事実 脳の悪性腫瘍摘出が不成功に終わる 究極の原因の80から90%は 切除部のすぐ外側の部分に 微小な腫瘍が切除されず 残されているためです

だからこの検査法は とても効果的です さて 一番お伝えしたいことは その先にめざすものです スタンフォード大の私の研究室では 学生たちも私も 次にやるべき研究について考えています 医療イメージングが目指すところは 人間の体内を検査し 細胞を個々に区別して見ることです これが実現すれば 1億のがん細胞へと増殖するよりも ずっと早い段階で 腫瘍を検出することができるので 何らかの対処が可能となります

個々の細胞を見分けることができれば 洞察的な疑問を提起できます 研究室では がん細胞に関する ― こんな疑問を呈するに至りました 例えば 我々が施す治療は がん細胞に効果があるのだろうか? もし効果がないと分かれば 治療を始めてから3か月も待たずに 数日で直ちに治療を 中止することができます だからエフドのような患者が とても厄介な化学療法薬を 効き目がないにもかかわらず 服用し続けることで ひどい副作用に 苦しめられることがありません

正直言えば がんとの戦いに勝利するには ほど遠いところにいるというのが 現実です しかし 少なくとも より優れた医療イメージング技術で がんを「見極める」ことで がんと戦うことができるのだと願っています

ありがとうございました

(拍手)

"We're declaring war against cancer, and we will win this war by 2015."

This is what the US Congress and the National Cancer Institute declared just a few years ago, in 2003. Now, I don't know about you, but I don't buy that. I don't think we quite won this war yet, and I don't think anyone here will question that. Now, I will argue that a primary reason why we're not winning this war against cancer is because we're fighting blindly.

I'm going to start by sharing with you a story about a good friend of mine. His name is Ehud, and a few years ago, Ehud was diagnosed with brain cancer. And not just any type of brain cancer: he was diagnosed with one of the most deadly forms of brain cancer. In fact, it was so deadly that the doctors told him that they only have 12 months, and during those 12 months, they have to find a treatment. They have to find a cure, and if they can not find a cure, he will die.

Now, the good news, they said, is that there are tons of different treatments to choose from, but the bad news is that in order for them to tell if a treatment is even working or not, well, that takes them about three months or so. So they can not try that many things.

Well, Ehud is now going into his first treatment, and during that first treatment, just a few days into that treatment, I'm meeting with him, and he tells me, "Adam, I think this is working. I think we really lucked out here. Something is happening."

And I ask him, "Really? How do you know that, Ehud?"

And he says, "Well, I feel so terrible inside. Something's gotta be working up there. It just has to."

Well, unfortunately,three months later, we got the news, it didn't work. And so Ehud goes into his second treatment. And again, the same story. "It feels so bad, something's gotta be working there." And then three months later, again we get bad news. Ehud is going into his third treatment, and then his fourth treatment. And then, as predicted, Ehud dies.

Now, when someone really close to you is going through such a huge struggle, you get really swamped with emotions. A lot of things are going through your head. For me, it was mostly outrage. I was just outraged that, how come this is the best that we can offer? And I started looking more and more into this. As it turns out, this is not just the best that doctors could offer Ehud. It's not just the best doctors could offer patients with brain cancer generally. We're actually not doing that well all across the board with cancer.

I picked up one of those statistics, and I'm sure some of you have seen those statistics before. This is going to show you here how many patients actually died of cancer, in this case females in the United States, ever since the 1930s. You'll notice that there aren't that many things that have changed. It's still a huge issue. You'll see a few changes, though. You'll see lung cancer, for example, on the rise. Thank you, cigarettes. And you'll also see that, for example, stomach cancer once used to be one of the biggest killers of all cancers, is essentially eliminated. Now, why is that? Anyone knows, by the way? Why is it that humanity is no longer struck by stomach cancer? What was the huge, huge medical technology breakthrough that came to our world that saved humanity from stomach cancer? Was it maybe a new drug, or a better diagnostic? You guys are right, yeah. It's the invention of the refrigerator, and the fact that we're no longer eating spoiled meats. So the best thing that happened to us so far in the medical arena in cancer research is the fact that the refrigerator was invented.

(Laughter)

And so -- yeah, I know. We're not doing so well here. I don't want to miniaturize the progress and everything that's been done in cancer research. Look, there is like 50-plus years of good cancer research that discovered major, major things that taught us about cancer. But all that said, we have a lot of heavy lifting to still do ahead of us.

Again, I will argue that the primary reason why this is the case, why we have not done that remarkably well, is really we're fighting blindly here. And this is where medical imaging comes in. This is where my own work comes in.

And so to give you a sense of the best medical imaging that's offered today to brain cancer patients, or actually generally to all cancer patients, take a look at this PET scan right here. Let's see. There we go.

So this is a PET/CT scan, and what you'll see in this PET/CT scan is the CT scan will show you where the bones are, and the PET scan will show you where tumors are. Now, what you can see here is essentially a sugar molecule that was added a small little tag that is signaling to us outside of the body, "Hey, I'm here." And those sugar molecules are injected into these patients by the billions, and they're going all over the body looking for cells that are hungry for sugar. You'll see that the heart, for example, lights up there. That's because the heart needs a lot of sugar. You'll also see that the bladder lights up there. That's because the bladder is the thing that's clearing the sugar away from our body. And then you'll see a few other hot spots, and these are in fact the tumors.

Now, this is a really a wonderful technology. For the first time it allowed us to look into someone's body without picking up each and every one of the cells and putting them under the microscope, but in a noninvasive way allowing us to look into someone's body and ask, "Hey, has the cancer metastasized? Where is it?" And the PET scans here are showing you very clearly where are these hot spots, where is the tumor.

So as miraculous as this might seem, unfortunately, well, it's not that great. You see, those small little hot spots there. Can anyone guess how many cancer cells are in any one of these tumors? So it's about 100 million cancer cells, and let me make sure that this number sunk in. In each and every one of these small little blips that you're seeing on the image, there needs to be at least 100 million cancer cells in order for it to be detected. Now, if that seemed to you like a very large number, it is a very large number. This is in fact an incredibly large number, because what we really need in order to pick up something early enough to do something about it, to do something meaningful about it, well, we need to pick up tumors that are a thousand cells in size, and ideally just a handful of cells in size. So we're clearly pretty far away from this.

So we're going to play a little experiment here. I'm going to ask each of you to now play and imagine that you are brain surgeons. And you guys are now at an operating room, and there's a patient in front of you, and your task is to make sure that the tumor is out. So you're looking down at the patient, the skin and the skull have already been removed, so you're looking at the brain. And all you know about this patient is that there's a tumor about the size of a golf ball or so in the right frontal lobe of this person's brain. And that's more or less it. So you're looking down, and unfortunately everything looks the same, because brain cancer tissue and healthy brain tissue really just look the same. And so you're going in with your thumb, and you start to press a little bit on the brain, because tumors tend to be a little harder, stiffer, and so you go in and go a little bit like this and say, "It seems like the tumor is right there." Then you take out your knife and start cutting the tumor piece by piece by piece. And as you're taking the tumor out, then you're getting to a stage where you think, "Alright, I'm done. I took out everything." And at this stage, if that's -- so far everything sounded, like, pretty crazy -- you're now about to face the most challenging decision of your life here. Because now you need to decide, should I stop here and let this patient go, risking that there might be some leftover cancer cells behind that I just couldn't see, or should I take away some extra margins, typically about an inch or so around the tumor just to be sure that I removed everything?

So this is not a simple decision to make, and unfortunately this is the decision that brain cancer surgeons have to take every single day as they're seeing their patients.

And so I remember talking to a few friends of mine in the lab, and we say, "Boy, there's got to be a better way." But not just like you tell a friend that there's got to be a better way. There's just got to be a better way here. This is just incredible.

And so we looked back. Remember those PET scans I told you about, the sugar and so on. We said, hey, how about instead of using sugar molecules, let's maybe take tiny, tiny little particles made of gold, and let's program them with some interesting chemistry around them. Let's program them to look for cancer cells. And then we will inject these gold particles into these patients by the billions again, and we'll have them go all over the body, and just like secret agents, if you will, go and walk by every single cell in our body and knock on the door of that cell, and ask, "Are you a cancer cell or are you a healthy cell? If you're a healthy cell, we're moving on. If you're a cancer cell, we're sticking in and shining out and telling us, "Hey, look at me, I'm here." And they'll do it through some interesting cameras that we developed in the lab. And once we see that, maybe we can guide brain cancer surgeons towards taking only the tumor and leaving the healthy brain alone. And so we've tested that, and boy, this works well.

So I'm going to show you an example now. What you're looking at here is an image of a mouse's brain, and we've implanted into this mouse's brain a small little tumor. And so this tumor is now growing in this mouse's brain, and then we've taken a doctor and asked the doctor to please operate on the mouse as if that was a patient, and take out piece by piece out of the tumor. And while he's doing that, we're going to take images to see where the gold particles are. And so we're going to first start by injecting these gold particles into this mouse, and we're going to see right here at the very left there that image at the bottom is the image that shows where the gold particles are. The nice thing is that these gold particles actually made it all the way to the tumor, and then they shine out and tell us, "Hey, we're here. Here's the tumor."

So now we can see the tumor, but we're not showing this to the doctor yet. We're asking the doctor, now please start cutting away the tumor, and you'll see here the doctor just took the first quadrant of the tumor and you see that first quadrant is now missing. The doctor then took the second quadrant, the third, and now it appears to be everything. And so at this stage, the doctor came back to us and said, "Alright, I'm done. What do you want me to do? Should I keep things as they are or do you want me to take some extra margins around?"

And then we said, "Well, hang on." We told the doctor, "You've missed those two spots, so rather than taking huge margins around, only take out those tiny little areas. Take them out, and then let's take a look."

And so the doctor took them away, and lo and behold, the cancer is now completely gone. Now, the important thing is that it's not just that the cancer is completely gone from this person's brain, or from this mouse's brain. The most important thing is that we did not have to take huge amounts of healthy brain in the process. And so now we can actually imagine a world where doctors and surgeons, as they take away a tumor, they actually know what to take out, and they no longer have to guess with their thumb.

Now, here's why it's extremely important to take those tiny little leftover tumors. Those leftover tumors, even if it's just a handful of cells, they will grow to recur the tumor, for the tumor to come back. In fact, the reason why 80 to 90 percent of those brain cancer surgeries ultimately fail is because of those small little extra margins that were left positive, those small little leftover tumors that were left there.

So this is clearly very nice, but what I really want to share with you is where I think we're heading from here. And so in my lab at Stanford, my students and I are asking, what should we be working on now? And I think where medical imaging is heading to is the ability to look into the human body and actually see each and every one of these cells separately. The ability like this would allow us to actually pick up tumors way, way earlier in the process, way before it's 100 million cells inside, so we can actually do something about it.

An ability to see each and every one of the cells might also allow us to ask insightful questions. So in the lab, we are now getting to a point where we can actually start asking these cancer cells real questions, like, for example, are you responding to the treatment we are giving you or not? So if you're not responding, we'll know to stop the treatment right away, days into the treatment, not three months. And so also for patients like Ehud that are going through these nasty, nasty chemotherapy drugs, for them not to suffer through those horrendous side effects of the drugs when the drugs are in fact not even helping them.

So to be frank here, we're pretty far away from winning the war against cancer, just to be realistic. But at least I am hopeful that we should be able to fight this war with better medical imaging techniques in the way that is not blind.

Thank you.

(Applause)

"We're declaring/ war/ against cancer,/ and we will win this war/ by 2015."//

「我々はがんに対して宣戦布告し 2015年までに勝利を収めます」

This is/ what the US Congress/ and the National Cancer Institute declared just a few years ago,/ in 2003.//

これは アメリカ議会と 国立がん研究所が ほんの少し前 2003年に 宣言したメッセージです

Now,/ I don't know about you,/ but I don't buy/ that.//

皆さんはどうお思いになるか分かりませんが 私はこれには懐疑的です

I don't think/ we quite won this war yet,/ and I don't think anyone here will question that.//

我々はいまだ 勝利からほど遠い所にいます 皆さんも きっとそうお思いでしょう

Now,/ I will argue/ that a primary reason/ why we're not winning/ this war/ against cancer is/ because we're fighting/ blindly.//

我々のがんに対する戦いの 勝利の目途が立たないのは がんを「見る」ことなく 戦いを仕掛けているからだと思います

I'm going to start/ by sharing with you/ a story/ about a good friend of mine.//

まずは私の友人について お話しします

His name is Ehud,/ and a few years ago,/ Ehud was diagnosed with brain cancer.//

彼の名前はエフドです 数年前に 彼は脳の悪性腫瘍と診断されました

And not just any type of brain cancer:/ he was diagnosed with one of the most deadly forms of brain cancer.//

よくあるタイプの脳腫瘍ではなく 脳腫瘍の中でも 最も恐ろしいタイプだと 診断されたのです

In fact,/ it was so deadly/ that the doctors told him/ that they only have 12 months,/ and during those 12 months,/ they have to find/ a treatment.//

事実 とても悪性で 医師達は余命は12カ月しかないと 彼に言い渡しました この12カ月の間に 治療法を見つけ出さなければなりません

They have to find/ a cure,/ and/ if they can not find a cure,/ he will die.//

治療法が見つからなければ 彼は死に至ります

Now,/ the good news,/ they said,/ is/ that there are tons of different treatments/ to choose from,/ but the bad news is/ that in order/ for them/ to tell/ if a treatment is even working or not,/ well,/ that takes them/ about three months/ or so.//

でも 良い知らせもありました 治療に様々な選択肢があるということです 一方 悪い知らせは それらの治療法が 有効であるかどうかは明らかでなく 3カ月間試してみないと 分からないということです

So they can not try/ that many things.//

だから そんなに多くの治療法を 試すことができません

Well,/ Ehud is now going into his first treatment,/ and during that first treatment,/ just a few days/ into that treatment,/ I'm meeting/ with him,/ and he tells me,/ "Adam,/ I think/ this is working.//

エフドは1つ目の治療を開始し 開始後 数日経った時 彼と面会すると 彼はこう言いました 「アダム 効果が出ているようだ

I think we really lucked out/ here.// Something is happening."//

本当に幸運だよ 何か変化が起きているよ」

And I ask him,/ "Really?// How do you know/ that,/ Ehud?"//

私は尋ねました 「本当かい?どうしてそう思うんだ?」

And he says,/ "Well,/ I feel so terrible inside.//

彼の返事は 「頭の中がとても具合悪く感じるんだ

Something's gotta be working up/ there.//

何かが起きているってことだから

It just has to."//

効いているに違いないよ」

Well,/ unfortunately,/three months later,/ we got the news,/ it didn't work.//

残念ながら 3か月後に 効果がでていないとの知らせを受けました

And so/ Ehud goes into his second treatment.//

エフドは2つ目の治療を 試すことになりました

And again,/ the same story.//

同じことが繰り返されました

"It feels so bad,/ something's gotta be working there."//

「ひどく気分が悪い 何かが効いているに違いない」

And then/ three months later,/ again/ we get bad news.//

3カ月後 またもや悪い報告を受けました

Ehud is going into his third treatment,/ and then/ his fourth treatment.//

3つ目、4つ目の治療を試し

And then,/ as predicted,/ Ehud dies.//

予告通り エフドは亡くなりました

Now,/ when someone really close/ to you is going through such a huge struggle,/ you get really swamped with emotions.//

誰か身近な人が このような とてつもない苦しみと戦っているとき 我々はとても感情的になります

A lot of things are going through your head.//

様々なことが頭をよぎります

For me,/ it was mostly outrage.//

私の場合 憤りを感じました

I was just outraged/ that,/ how come this is the best/ that we can offer?//

こんな治療しかできないのか という憤りでした

And I started looking/ more and more/ into this.//

詳しく調べてみると こんなことが分かりました

As it turns out,/ this is not just the best/ that doctors could offer Ehud.//

これが医師がエフドに与え得る 最善の治療だったのみならず また ―

It's not just the best doctors could offer patients/ with brain cancer generally.//

一流の医師が脳腫瘍全般に対して可能な 最善の治療だったのです

We're actually not doing that well/ all/ across the board/ with cancer.//

実際のところ がん全般に対して 我々は決め手に欠ける有様です

I picked up/ one of those statistics,/ and I'm sure/ some of you have seen those statistics before.//

私は統計データの1つに注目しました 皆さんの中にも 見たことがある方が きっといると思います

This is going to show/ you here/ how many patients actually died of cancer,/ in this case/ females/ in the United States,/ ever since the 1930s.//

ここにお見せしているのは 1930年代以降 アメリカに住む女性のがん患者で 実際に亡くなった人の数です

You'll notice/ that there aren't/ that many things/ that have changed.//

目立った改善が見られず 相変わらず大きな問題であることが

It's still/ a huge issue.//

お分かりになるでしょう

You'll see a few changes,/ though.//

でも変化していることもあります

You'll see lung cancer,/ for example,/ on the rise.//

例えば 肺がんは増加しています

Thank/ you,/ cigarettes.//

たばこが原因です

And you'll also see/ that,/ for example,/ stomach cancer once used to be one of the biggest killers of all cancers,/ is essentially eliminated.//

また 例えば胃がんは かつてはがんの中でも最も死亡数が 多いものでしたが ほぼ無くなっています

Now,/ why is that?// Anyone knows,/ by the way?//

なぜでしょう? 皆さん ご存知でしょうか?

Why is it/ that humanity is no longer struck by stomach cancer?//

なぜ人類は胃がんを 乗り越えられたのか?

What was the huge, huge medical technology breakthrough/ that came to our world/ that saved humanity/ from stomach cancer?//

人類が胃がんから救われたのは いったいどんな 医療技術の大発明が 世界に登場したからでしょうか

Was it maybe/ a new drug,/ or a better diagnostic?//

それは新薬の発見や 診断法にあったのでしょうか?

You guys are right,/ yeah.//

皆さんはお分かりですね

It's the invention of the refrigerator,/ and the fact/ that we're no longer eating/ spoiled meats.//

それは冷蔵庫を発明して 腐った肉を食べなくなったことです

So the best thing/ that happened to us so far/ in the medical arena/ in cancer research is the fact/ that the refrigerator was invented.//

医療の分野において がん研究に関し 最も役に立った出来事は 冷蔵庫の発明だったのです

(笑)

And so --/ yeah,/ I know.//

そういうことなんです

We're not doing/ so well here.//

大した成果を上げていません

I don't want to miniaturize/ the progress and everything/ that's been done in cancer research.//

がん研究の進歩や諸々のことを 過小評価するのは 私の意図ではありません

Look,/ there is like 50-plus years of good cancer research/ that discovered major, major things/ that taught us/ about cancer.//

ご覧の通り50年あまりの間に 素晴らしいがん研究が行われ がんとは何かについて とても重要な発見がありました

But all that said,/ we have a lot of heavy lifting/ to still do ahead of us.//

しかしそれにも関わらず 立ちはだかる壁は厚いのです

Again,/ I will argue/ that the primary reason/ why this is the case,/ why we have not done/ that remarkably well,/ is really we're fighting/ blindly here.//

なぜ顕著な成果が出せていないのか その主な理由は 我々が がんを「見る」ことなく 戦っているからだと 私は思います

And this is/ where medical imaging comes in.//

ここで医療イメージング技術が 役に立ちます

This is/ where my own work comes in.//

私の研究分野の出番です

And so to give you/ a sense of the best medical imaging/ that's offered today/ to brain cancer patients,/ or actually generally/ to all cancer patients,/ take a look/ at this PET scan right here.//

脳腫瘍患者の診断に使われる 最新技術による画像が どのようなものか お見せしましょう 実際にはほぼ全てのがんにも 適用可能です PETスキャン画像を ご覧いただきます

Let's see.// There/ we go.//

はい この通り

So this is a PET/CT scan,/ and what you'll see in this PET/CT scan is the CT scan will show you/ where the bones are,/ and the PET scan will show you/ where tumors are.//

これはPET/CTスキャンで これで見えるものは CTスキャンは骨を 可視化することができて PETスキャンは腫瘍が どこにあるかを示します

Now,/ what you can see/ here is essentially a sugar molecule/ that was added a small little tag/ that is signaling to us outside of the body,/ "Hey,/ I'm here."//

ここに見えているのは 糖の分子で 小さなタグが付されており 体外へ信号を発信しています 「僕はここにいるよ」

And those sugar molecules are injected into these patients/ by the billions,/ and they're going/ all/ over the body/ looking for cells/ that are hungry/ for sugar.//

何十億という数の糖分子が 患者に注射され 体中を動き回り 糖を欲している細胞を 探し出します

You'll see/ that the heart,/ for example,/ lights up/ there.//

例えば 心臓が 光っています

That's/ because the heart needs a lot of sugar.//

それは心臓が大量の糖を 必要としているからです

You'll also see/ that the bladder lights up/ there.//

膀胱も光っています

That's/ because the bladder is the thing/ that's clearing the sugar away/ from our body.//

この場合 膀胱は 体から糖を 排出する役目があるからです

And then/ you'll see a few other hot spots,/ and these are in fact/ the tumors.//

他にも何カ所から 信号が出ていますが 実はこれらが腫瘍なのです

Now,/ this is a really a wonderful technology.//

これは実に素晴らしい技術です

For the first time/ it allowed us/ to look into someone's body/ without picking up/ each and every one of the cells/ and putting them/ under the microscope,/ but in a noninvasive way/ allowing us to look into someone's body and ask,/ "Hey,/ has the cancer metastasized?//

初めて 人々の体内を検査するときに 顕微鏡で調べるために 細胞を取り出すことなく 非侵襲的に 調べることができるようになりました こう問いかけます 「がんは転移していないか?」

Where is it?"//

「がんはどこに?」

And the PET scans here are showing you very clearly/ where are these hot spots,/ where is the tumor.//

ご覧の通り PETスキャンは 腫瘍のある場所を ホットスポットとして はっきりと示すことができます

So as miraculous/ as this might seem,/ unfortunately,/ well,/ it's not that great.//

とても奇跡的なことのように思えますが 残念ながら そうとも言いきれません

You see,/ those small little hot spots there.//

小さなホットスポットが見えますが

Can anyone guess how many cancer cells are in any one of these tumors?//

これらの腫瘍の中に いくつがん細胞があると思いますか?

So it's about 100 million cancer cells,/ and let me/ make sure/ that this number sunk in.//

約1億個のがん細胞が含まれていますが これだけ集まって ようやく見えるようになるのです

In each/ and every one of these small little blips/ that you're seeing/ on the image,/ there needs to be at least 100 million cancer cells/ in order/ for it/ to be detected.//

この画像で見えている これらの一つ一つの小さな点が 検知されるためには 少なくとも1億個のがん細胞が 集まっていなければなりません

Now,/ if that seemed to you/ like a very large number,/ it is a very large number.//

大変大きな数に 思えるかも知れませんが 実際その通りです

This is in fact/ an incredibly large number,/ because/ what we really need/ in order to pick up/ something early enough/ to do something/ about it,/ to do something meaningful/ about it,/ well,/ we need to pick up/ tumors/ that are a thousand cells/ in size,/ and ideally/ just a handful of cells/ in size.//

これは事実 悩ましいほどに大きな数です がんの治療を 真に効果的なものにするには 十分に早期に発見する必要があるので 1千個の細胞からなる腫瘍を検知し さらに理想を言えば ― わずか数個でも 検知できる必要があります

So we're clearly pretty far away/ from this.//

だから 解決にほど遠いのは 明らかです

So/ we're going to play/ a little experiment here.//

さてちょっとした実験を行ってみましょう

I'm going to ask/ each of you/ to now play/ and imagine/ that you are brain surgeons.//

皆さんは脳外科医になったと 想像してみてください

And you/ guys are now at an operating room,/ and there's a patient/ in front of you,/ and your task is to make sure/ that the tumor is out.//

今 手術室にいて 目の前に患者さんがいます あなたの役目は 腫瘍を確実に摘出することです

So you're looking down/ at the patient,/ the skin/ and the skull have already been removed,/ so you're looking/ at the brain.//

患者さんを観察してみると 頭皮と頭蓋骨は 既に取り除かれており あなたは脳を見ています

And all you know about this patient is/ that there's a tumor/ about the size of a golf ball or so/ in the right frontal lobe of this person's brain.//

この患者について分かることは ゴルフボール大の腫瘍が 脳の右前頭葉に あることです

And that's more or less/ it.//

目で見える腫瘍はこんな感じです

So you're looking down,/ and unfortunately/ everything looks the same,/ because brain cancer tissue/ and healthy brain tissue really just look the same.//

じっくり見てみても 残念ながら ― がん組織も 健康な組織も 同じように見えるので 区別できません

And so/ you're going in/ with your thumb,/ and you start to press/ a little bit/ on the brain,/ because tumors tend to be a little harder,/ stiffer,/ and so/ you go in/ and go a little bit/ like this/ and say,/ "It seems like the tumor is right there."//

そこで親指を中に入れて 脳を軽く触れてみると 腫瘍組織の方が 幾分固く ぴんと張っているので こんな感じで触っていくと こう言うことが出来ます 「腫瘍がそこにあるように思える」

Then/ you take out/ your knife/ and start cutting/ the tumor piece/ by piece/ by piece.//

そこでメスを取り出し 腫瘍を少しずつ丁寧に 切除していきます

And/ as you're taking/ the tumor out,/ then/ you're getting/ to a stage/ where you think,/ "Alright,/ I'm done.// I took out/ everything."//

腫瘍をだんだん切除していくと あなたは こう言える段階に到達します 「よし 終わった 全て取り除いたぞ」

And at this stage,/ if that's --/ so far/ everything sounded,/ like,/ pretty crazy --/ you're now/ about to face the most challenging decision of your life here.//

この段階で ― これは実に野蛮な話と 思ったでしょうが さらに 人生で最も困難な 決断を迫られます

Because now/ you need to decide,/ should/ I stop here/ and let this patient go,/ risking/ that there might be/ some leftover cancer cells behind/ that I just couldn't see,/ or should/ I take away/ some extra margins,/ typically/ about an inch or so/ around the tumor just to be sure/ that I removed everything?//

というのは その決断は ここで手術を終えて患者を帰すのか つまり ― もしかしたら目に見えない 腫瘍細胞が残っているかもしれないという リスクを取るべきなのか いくらか安全な幅を加味して 通常 2-3 cm程余分に 腫瘍周囲を切除して 確実に腫瘍を全部 摘出するべきかということです

So this is not a simple decision/ to make,/ and unfortunately/ this is the decision/ that brain cancer surgeons have to take/ every single day/ as they're seeing/ their patients.//

これは難しい決断ですが 残念ながら 脳腫瘍の手術を行う外科医が 患者を前にして 日々 避けて通ることができない 決断なのです

And so/ I remember talking/ to a few friends of mine/ in the lab,/ and we say,/ "Boy,/ there's got/ to be a better way."//

ある日 研究室の同僚との間で こんな会話がありました 「もっといい方法があるべきだ」

But not just/ like you tell a friend/ that there's got/ to be a better way.//

それは友人に対し 「何かいい方法が あるべきだ」と言う以上の意味です

There's just got to be a better way here.//

まさに良い方法があるべきなのです

This is just incredible.//

良い方法がないとはひどすぎます

And so we looked back.//

振り返ってみました

Remember those PET scans/ I told you about,/ the sugar/ and so on.//

先ほどお話ししたPETスキャンや 糖のことなどを思い出してください

We said,/ hey,/ how about/ instead of using sugar molecules,/ let's maybe take tiny, tiny little particles made of gold,/ and let's program/ them/ with some interesting chemistry/ around them.//

我々はこう考えました 「糖分子の代わりに 金の極小微粒子を使って 興味ある化学的性質を与えてみよう

Let's program them/ to look for cancer cells.//

がん細胞が探せるような性質を与えてみよう」

And then/ we will inject these gold particles/ into these patients/ by the billions again,/ and we'll have them/ go all/ over the body,/ and just like secret agents,/ if you will,/ go/ and walk by every single cell/ in our body and knock/ on the door of that cell,/ and ask,/ "Are you a cancer cell/ or are you a healthy cell?//

何十億という数の金の粒子を 患者に注射し 体中に行き渡るようにしました それはスパイと言ってもよいでしょう 体の全ての細胞へと移動していって 細胞の戸をノックして回ります 「お前はがん細胞か? それとも正常な細胞?」

If you're a healthy cell,/ we're moving/ on.//

正常な細胞なら次へと進みます

If you're a cancer cell,/ we're sticking/ in and shining out/ and telling us,/ "Hey,/ look/ at me,/ I'm here."//

がん細胞なら そこにくっついて 輝いて こう伝えます 「俺はここにいる 見てくれ」

And they'll do it/ through some interesting cameras/ that we developed in the lab.//

すると我が研究室が開発した 特殊なカメラが 彼らを捉えます

And/ once we see/ that,/ maybe/ we can guide brain cancer surgeons/ towards taking only the tumor/ and leaving the healthy brain alone.//

いったん 見つかれば 脳腫瘍外科医が 腫瘍だけを切除し 健康な細胞は 触れずに済むことでしょう

And so/ we've tested/ that,/ and boy,/ this works well.//

実際試してみると 上手くいきました

So I'm going to show/ you/ an example now.//

では実例をお見せしましょう

What you're looking/ at here is an image of a mouse's brain,/ and we've implanted into this mouse's brain/ a small little tumor.//

ここでご覧になっているのは マウスの脳の画像です このマウスの脳には 前もって小さな腫瘍が 移植してありました

And so/ this tumor is now growing in this mouse's brain,/ and then/ we've taken a doctor/ and asked the doctor/ to please operate/ on the mouse/ as if that was a patient,/ and take out/ piece/ by piece/ out of the tumor.//

腫瘍はマウスの脳で成長し そこで医師を呼び こう依頼します このマウスを患者と思って 手術してください 腫瘍だけを少しずつ切除してください

And/ while he's doing/ that,/ we're going to take/ images/ to see/ where the gold particles are.//

彼が手術をしている間 我々は金の粒子の位置を示す 画像を撮り続けます

And so/ we're going/ to first start/ by injecting these gold particles/ into this mouse,/ and we're going to see right here/ at the very left there/ that image/ at the bottom is the image/ that shows/ where the gold particles are.//

まず初めに 金の粒子をマウスの体内に注射します 画面左隅を見てください 下側の画像が 金の粒子が存在する場所を 表しています

The nice thing is/ that these gold particles actually made it/ all the way/ to the tumor,/ and then/ they shine out/ and tell us,/ "Hey,/ we're here.// Here's the tumor."//

見事なのは これらの金の粒子が 腫瘍に到達し そこで輝き こう伝えてくれることです 「ここだ ここに腫瘍があるぞ」

So now/ we can see the tumor,/ but we're not showing/ this/ to the doctor yet.//

我々には腫瘍が見られますが 医師には まだこれを見せていません

We're asking/ the doctor,/ now please start cutting/ away/ the tumor,/ and you'll see here/ the doctor just took the first quadrant of the tumor/ and you see/ that first quadrant is now missing.//

医師にこうお願いします 「腫瘍の切除を開始して下さい」 医師がまず腫瘍の4分の1を切除し この部分がなくなったのが 見て取れます

The doctor then took the second quadrant,/ the third,/ and now/ it appears to be everything.//

次 そのまた次と 4分の1ずつ切除していき ついに全てが終了したようです

And so/ at this stage,/ the doctor came back/ to us/ and said,/ "Alright,/ I'm done.// What do you want me/ to do?//

この段階で医師が我々のところに来て こう言います 「よし 終わった 次に何をして欲しいんだい?

Should I keep things/ as they are or do you want me/ to take some extra margins around?"//

これで終わりにするのか 少し周りを余分に 切除して欲しいのかい?」

And then/ we said,/ "Well,/ hang on."//

我々は「少し待って」と返事します

We told the doctor,/ "You've missed those two spots,/ so/ rather than taking huge margins around,/ only take out/ those tiny little areas.//

そしてこう伝えます 「腫瘍が2か所に残っています 周りをごっそり切除するのではなく この小さな部分だけ切除してください

Take them out,/ and then let's take a look."//

これらを切除したら また見てみましょう」

And/ so the doctor took them away,/ and lo and behold,/ the cancer is now completely gone.//

医師が切除を終えると 見事なことに 腫瘍細胞は全てなくなりました

Now,/ the important thing is/ that it's not just/ that the cancer is completely gone from this person's brain, or/ from this mouse's brain.//

ここで重要なことは 腫瘍細胞が患者の脳や マウスの脳から 完全に除去された ということだけではありません

The most important thing is/ that we did not have to take/ huge amounts of healthy brain/ in the process.//

もっとも大切なことは この手術の過程で 正常な脳をごっそりと切除する ― 必要がないということです

And so now/ we can actually imagine a world/ where doctors and surgeons,/ as they take away/ a tumor,/ they actually know/ what to take out,/ and they no longer have to guess/ with their thumb.//

医師、外科医が 腫瘍を切除するときに 切除すべき場所を知ることができる そんな世の中を 今では ― 思い浮かべることができます もはや親指の勘に頼る必要は ありません

Now,/ here's/ why it's extremely important/ to take those tiny little leftover tumors.//

腫瘍を少しでも取り残してはならない 理由があります

Those leftover tumors,/ even if it's just a handful of cells,/ they will grow to recur/ the tumor,/ for the tumor to come back.//

取り残しがあると それは僅かな数の細胞であったとしても 成長し 腫瘍は再生してしまいます 腫瘍が舞い戻ってくるのです

In fact,/ the reason/ why 80 to 90 percent of those brain cancer surgeries ultimately fail/ is because of those small little extra margins/ that were left positive,/ those small little leftover tumors/ that were left there.//

事実 脳の悪性腫瘍摘出が不成功に終わる 究極の原因の80から90%は 切除部のすぐ外側の部分に 微小な腫瘍が切除されず 残されているためです

So this is clearly very nice,/ but what I really want to share/ with you is/ where I think we're heading/ from here.//

だからこの検査法は とても効果的です さて 一番お伝えしたいことは その先にめざすものです

And so/ in my lab/ at Stanford,/ my students/ and I are asking,/ what should we be working on now?//

スタンフォード大の私の研究室では 学生たちも私も 次にやるべき研究について考えています

And I think/ where medical imaging is heading to is the ability/ to look into the human body/ and actually see each/ and every one of these cells separately.//

医療イメージングが目指すところは 人間の体内を検査し 細胞を個々に区別して見ることです

The ability/ like this would allow us/ to actually pick up/ tumors way,/ way earlier/ in the process,/ way/ before it's 100 million cells inside,/ so we can actually do something/ about it.//

これが実現すれば 1億のがん細胞へと増殖するよりも ずっと早い段階で 腫瘍を検出することができるので 何らかの対処が可能となります

An ability to see each and every one of the cells might also allow us/ to ask insightful questions.//

個々の細胞を見分けることができれば 洞察的な疑問を提起できます

So/ in the lab,/ we are now getting to a point/ where we can actually start asking/ these cancer cells real questions,/ like,/ for example,/ are you responding to the treatment/ we are giving you or not?//

研究室では がん細胞に関する ― こんな疑問を呈するに至りました 例えば 我々が施す治療は がん細胞に効果があるのだろうか?

So/ if you're not responding,/ we'll know to stop/ the treatment right away,/ days/ into the treatment, not three months.//

もし効果がないと分かれば 治療を始めてから3か月も待たずに 数日で直ちに治療を 中止することができます

And so also/ for patients/ like Ehud/ that are going through these nasty, nasty chemotherapy drugs,/ for them not to suffer through those horrendous side effects of the drugs/ when the drugs are in fact not even helping/ them.//

だからエフドのような患者が とても厄介な化学療法薬を 効き目がないにもかかわらず 服用し続けることで ひどい副作用に 苦しめられることがありません

So to be frank here,/ we're pretty far away/ from winning the war/ against cancer,/ just to be realistic.//

正直言えば がんとの戦いに勝利するには ほど遠いところにいるというのが 現実です

But at least/ I am hopeful/ that we should be able to fight this war/ with better medical imaging techniques/ in the way/ that is not blind.//

しかし 少なくとも より優れた医療イメージング技術で がんを「見極める」ことで がんと戦うことができるのだと願っています

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

declare

…'を'『宣言する』,告示する,公表する

…'を'『強調する』

〈課税品・所得額〉'を'申告する

…'を'明らかにする(reveal);…'を'表す(show)

(…に反対,賛成を)表明する,声明する《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』(do『ing』)》

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

congress

〈C〉(代議員・委員による)『大会』,代議員会,会議:

《C-》《米》『国会』,議会(the Senate「上院」とthe House [of representatives]「下院」から成る);国会の会期

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

blindly

盲目的に,向こうみずに

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

diagnose

〈病気〉‘を'診断する

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

deadly

『致命的な』,命にかかわる(fatal)

《名詞の前にのみ用いて》殺そう(滅ぼそう)とねらっている;生かしておけない

《名詞の前にのみ用いて》死(死人)のような

《名詞の前にのみ用いて》はなはだしい,過度の

耐えられないほど退屈な

『死んだように』,死人のように

はなはだしく,びどく(extremely)

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

Adam

アダム(聖書によれば,神が天地を創造したとき,最初Adamをつくり,そのろっ骨の1本から最初の女Eveを造ったという)

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

got ta

=have got to

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

swamp

『沼沢地』,沼地,湿地

《しばしば受動態で》(困難なことや仕事などが)…‘に'押し寄せる,‘を'圧倒する

…‘を'水浸しにする;〈船など〉‘を'沈没させる

圧倒される,窮地に陥る

〈船〉が沈没する,浸水する

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

outrage

〈C〉〈U〉(…に対する)暴行,乱暴(残虐)な行為《+『against』(『on, upon』)+『名』》

〈U〉激怒

…‘を'激怒させる

…‘に'乱暴を働く,‘を'踏みにじる

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

statistic

統計値,統計量

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

lung

《しばしば複数形で》『肺』,肺臓

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

stomach

〈C〉『胃』

〈C〉《話》『腹』,腹部(abdomen)

〈U〉《しばしばa~》(…に対する)食欲《+『for』+『名』》

〈U〉《+『for』+『名』》・腹に入れる; 食べる, 消化する; 何とか我慢して飲み下す; (侮辱などを)がまんする

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

killer

殺人者;屠殺(とさつ)者;殺し屋

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

breakthrough

敵陣突破[作戦];(ある事態・線の)突破

(科学などの)新機軸,新発見,成功,大躍進

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

diagnostic

診断の,診断のために役立つ

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

refrigerator

『冷蔵庫』;冷凍室(また《おもに英話》fridge,《米古》icebox)

spoil

〈物事〉‘を'『だいなしにする』,損なう

〈子供など〉‘を'『甘やかしてだめにする』,増長させる

《古》(…を)…‘から'奪う《+『名』+『of』+『名』》

〈物が〉『だいなしになる』,だめになる

〈C〉《複数形で》『略奪品』,強奪品,戦利品

〈C〉《複数形で》《おもに米》(政権をとった政党が支持者に与える)利権,役職

〈U〉(採鉱・発掘などの際に廃棄される,土・石などの)くずもの

meat

(食用の)『動物の肉』

《英古》《米文》(一般的に)『食物』(food)

(課実などの)食用部分,果肉

(議論・書物などの)最も重要な部分,主眼点,骨子《+『of』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

arena

(古代ローマ時代の円形劇場の中央にある)闘技場

(一般にスポーツなどの)競技場,競演場

競争の場,活躍の舞台

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

laughter

『笑い』,笑い声

miniaturize

…‘を'小型化する

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

heavy

『重い』,重量のある

(分量・程度・規模・強さなどが)『激しい』,大きい,

『厳しい』,耐えがたい,つらい

悲しい,陰気な

(動作が)のろい,ぎこちない

ものうい,だるい

(空が)曇った,うっとうしい,(海が)荒れた

(食物が)消化の悪い

敵役,悪役

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

remarkably

著しく,目立って

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

pet

『愛がん動物』,ペット

《単数形で》お気に入りの人(物)

(動物などが)愛がん用の,ペットの

(名前などが)愛情を表す

お気に入りの;お得意の

…‘を'愛撫(あいぶ)する,かわいがる

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

tag

(名前・番号・定価などを記した)札,下げ札,荷札

(服などの)切れて垂れ下がった端;(靴ひもなどの)先金

(特にラテン語引用句の)きまり文句

=question tag

…‘に'下げ札をつける

(…に)…‘を'つける,加える《+名+on(to)+名》

〈人〉‘に'(…の)レッテルをはる《+名+as+名(形)》

人の後にくっついて行く《+along》;(人の)すぐ後について行く《+after(behind)+名》

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

inject

(…に)〈液体など〉‘を'注射する,注入する《+『名』+『into』+『名』》;(…を)…‘に'注射する《+『名』+『with』+『名』》

(話などに)…‘を'動入する,さしはさむ《+『名』+『into』+『名』》

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

hungry

『飢えた』,空腹の;空腹にさせる

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,渇望して《+『after』(『for』)+『名』》

(土地などが)不毛の,やせた

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

bladder

(人間・動物の)襄(のう),ぼうこう,(魚の)浮き袋;気胞 嚢に似た物

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

microscope

『顕微鏡』

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

miraculous

奇跡の,奇跡による

驚くべき,信じがたい

奇跡を行う力のある

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

sunk

sink の過去分詞

blip

レーダースクリーンの映像

ピッという音

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

incredibly

信じられないほど

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

meaningful

有意義な,意義のある

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

ideally

理想的に,申し分なく

観念的に

handful

(…の)『一握り』,一つかみ《+『of』+『名』》

《a handful》(…の)わずか,少量,少数《+of+名》

《話》手に負えない人(物事)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

surgeon

『外科医』

軍医

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

skull

『頭がい骨』,しゃれこうべ

《話》おつむ,頭

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

golf

『ゴルフ』

ゴルフをする

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

frontal

正面の,前面の

lobe

耳たぶ

(内臓・組織の)葉(よう)(肺葉・肝葉など)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

thumb

『親指』;(手袋などの)親指の部分

〈本のページ〉‘を'親指でめくる

《話》〈ヒッチハイカーが〉〈便乗〉‘を'親指を立てて頼む

ヒッチハイクする

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

knife

『ナイフ』,小刀;包丁;短刀

(機械などの)刃

…‘を'ナイフ(短刀)で切る(刺す)

(ナイフで)切るように進む

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

alright

=all right

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

leftover

(複数形:leftoversとして、特に食事などの)残り物,食べ残し,残飯・残りの,食べ残りの

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

margin

『へり』,『縁』,端(edge)

(ページの)『余白』,欄外

(可能の)限界,限度

(空間・時間・経費・活動などの)余裕,余地

利ざや,マージン,販売利益

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

lab

実験室(laboratory)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

instead

『その代りとして』,それよりも

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

particle

小片,(ごく)少量,微量

粒子

不変化詞(冠詞・前置詞・接続詞・感嘆詞など語形変化のない語);小詞,小辞

gold

『金』,黄金(おうごん)

《集合的に》『金貨』(gold coins)

金銭,富,財宝

黄金色,金色

《しばしば…of goldの形で》(金のように)価値のあるもの;純真,親切

『金の』,金製の

金色の

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

chemistry

『化学』

化学的性質,化学反応,化学作用

secret agent

諜報(ちょうほう)部員,密偵

knock

(音がするくらい強く)…‘を'『たたく』,『打つ』,なぐる

(…に)〈体・体の一部〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'打って(ある状態などに)する

〈穴など〉‘を'打ってあける

《俗》…‘を'けなす,こきおろす

《英俗》…‘を'びっくりさせる,‘に'ショックを与える

(…を)コツコツとたたく《+『on』(『at』)+『名』》

(…に)ぶつかる,衝突する《+『against』(『into』)+『名』》

(故障などで)〈エンジンなどが〉ガタガタいう,ノッキングを起こす

(…を)『打つこと』,(…に対する)一打(撃)《+『on』+『名』》

(…を)ノックすること(音)《+『on』(『at』)+『名』》

(エンジンの)ノック,ノッキング

《話》不運;悪評

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

towards

toward

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

implant

(心・人に)〈思想・感情など〉‘を'刻み込む,植え付ける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(思想

・感情などを)〈心・人〉‘に'刻み込む,植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

(体に)〈組織・器具など〉‘を'はめ込む,移植する《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

quadrant

四分円弧;四分円;象限(しょうげん)

四分円形のもの

(天文観測の)四分儀;象限儀

missing

粉失した,行方不明の

欠けている,ない(lacking)

《the ~;名詞的に》行方不明者

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

lo and behold

なんとまあ

completely

『完全に』,全く,十分に

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

extremely

『極端に』,非常に過度に

recur

〈問題・病気などが〉再び起こる,繰り返される

(心・記憶などに)〈考え・でき事などが〉再び浮かぶ《+『to』+『名』》

(もとの話・考えなどに)戻る,立ちかえる《+『to』+『名』》

(数学で)循環する

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

ultimately

最後に,ついに

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

separately

分かれて;別々に,単独で

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

nasty

『意地悪な』,卑劣な

『不快な』,いやな(unpleasant)

みだらな,下品な

厄介な,ひどい

chemotherapy

化学療法

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

horrendous

身の毛をよだたせる,ものすごい

side effect

(薬などの)副作用

frank

『率直な』,隠しだてをしない

realistic

『現実主義の』,現実的(実際的)な

写実的な,写実主義の

実在論の

hopeful

『希望に満ちた』

『有望な』,見込みのある,末たのもしい

前途有望な人

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画