TED日本語 - ションダ・ライムズ: すべてにイエスという年

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ションダ・ライムズは、『グレイズ・アナトミー』『スキャンダル』『殺人を無罪にする方法』のドラマの背後にいる巨匠「タイタン」であり、シーズンごとに担当するテレビ番組の放送時間は70時間にもなります。そして、何よりも彼女は働くことを愛しています。「懸命に働いている時、深く入り込んでいる時には、他には何も感じないのです」と語る彼女は、その感覚をハム(hum)と呼んでいます。ハムはドラッグで、音楽で、耳元で聞こえる神のささやきでもあるのです。もし、そのハムが止まったとしたら、何が起きるのでしょう?ライムズと一緒に、「イエスという年」を通して彼女がいかにハムを取り戻したのかを見てみましょう。

Script

少し前のことですが ある実験をしてみることにしました 一年間 苦手なものすべてに 「イエス」と言ってみることにしたのです 不安になることや いつもはやりたがらないことなら何でも 自分にイエスと言わせました 沢山の人の前で話したい? いいえ でも イエス テレビの生放送に出たい? いいえ でも イエス 演技をしてみたい? 絶対にいやです でも イエス イエス イエス

そうしたら すごいことが起きました 怖気づいてしまうことを やってみることで 不安が消えたのです もう 怖くはないのです 沢山の人の前で話す恐怖心、社会不安 パッ!とどこかへ行ってしまいました この一言の力は驚くべきものでした 「イエス」は私の人生を変えました 「イエス」は私を変えたのです 中でも ある特別な「イエス」があり それが想像もしなかった方法で 私の人生に 深い影響を与えたのです 始まりは 我が家の 幼い娘の問いかけからでした

私には3人の素晴しい娘がいます ハーパー、ベケット、エマーソンです 幼いエマーソンはどういうわけか 南部のウェイトレスのように 誰もを「ハニー」と呼びます

(笑)

「ハニー マグマグに 牛乳が欲しいんだけどぉ?」

(笑)

我が家の南部のウェイトレスは ある夜 一緒に遊ぼうと誘ってきました 私はどこかへ出かけるところでしたが イエス と言いました このイエスが私たち家族の 新しい人生の始まりとなったのです 私は誓いました これからずっと 子供たちが遊ぼうと求めてきたときには 私が何をしていようとも どこへ行こうとしていても イエスと言うことを どんな時も です 完ぺきではありませんが 精一杯 やってみています そして それは 私と子供たちと家族に 魔法のような効果をもたらしてきました そして期待していなかった素晴らしい副作用も 最近まで完全には 理解してはいませんでしたが 子供たちと遊ぶことにイエスということが 私のキャリアを救ったといえるでしょう

私の職業は多くの人が 「夢のような仕事」と呼ぶものです 私は作家です 物語を綴って生活をしています 夢のような仕事 そうではありません 私は巨匠 ― 「タイタン」です 夢のような仕事 私はテレビ番組を製作しています 製作総指揮もです かなりの量の番組になります 今シーズン(9月~5月)では 70時間分の番組を世の中に 送り出す責任があります 4つのテレビ番組 70時間の放送時間

(拍手)

同時製作するショーは3つ 時には4つ どの番組もこれまでにはなかった 何百もの仕事を作り出しました 1つのエピソードの製作予算は 3~6百万ドルぐらいになりますが 5百万ドルとしましょうか 9日ごとに4番組分の 新しいエピソードを製作 つまり 9日ごとに 2千万ドル相当の番組 4つのテレビ番組 70時間の放送 3つのショーの製作が同時進行で 時には4つ 常に16話が進行中 『グレイズ・アナトミー』全24話 『スキャンダル』全21話 『殺人を無罪にする方法』全15話 『The Catch』全15話 全部で70時間 1シーズンで3億5千万ドルにもなります アメリカでは私の番組は 木曜日の夜毎に放送されます 世界中で256もの地域で 67言語へ翻訳され放送されています 視聴者は3千万人にも上ります 私の頭脳はグローバルですね 70時間の内の45時間については プロデュースしただけではなく 脚本も書いています そのため 何を置いても 製作に充てる とにかく静かで クリエイティブな時間が必要なのです ファンをキャンプファイヤーの周りに集め お話を聞かせるためにね 4つのテレビ番組 70時間もの放送時間 同時製作するショーは3つ 時には4つ 予算は3億5千万ドル キャンプファイヤーは世界中で燃える 他に誰がこんなことを? 誰もいません だから 私はタイタンなのです 夢のような仕事

(拍手)

感心してもらいたくて 言ってるのではありません 作家という言葉を聞いて どのように思われるかは知っています これをお話しすることで 会社を経営していたり 国のために または教室や お店や家庭で 懸命に働いている皆さんに 私の仕事の話を 真剣に受け止めてもらえるでしょう 私が一日中 コンピューターの前で 空想しているのではないということを ご理解いただけるでしょう 夢のような仕事とは 夢見ることではないのです 仕事なのです 働くことなのです 現実で 血と汗を流すことで...涙はありませんが 私は目いっぱい働きます 一生懸命ね 働くことが大好きなのです

必死で働いている時 のめり込んでいる時は ― 他には何も感じないのです 私にとって自分の仕事は 何もないところから国を作り出すこと 劇団の人員配置をすること キャンバスに描くこと すべての高音を歌いこなすこと マラソンをすること ビヨンセになることです これらすべてを同時進行でするのです 私は働くことが大好きです 創造的で 機械的で 疲労困憊するもので ウキウキするもの 楽しくて 困ったもので 客観的で 母性的で 厳格で 賢明なのです この素晴らしさをもたらしているのが 「ハム(hum)」なのです 仕事が順調に進んでいる時 私の中にはある種の変換が起こります ハムが脳の中で始まり それがどんどん大きくなるのです 目の前に広がる道路のようで どこまでも走っていけるような気がするのです 私がハムについて説明しようとすると 多くの人は 執筆の話だと思い込んでしまいます 書く喜びを語っているのだと 誤解しないでください その通りなのですが でも ハムは ― 番組製作を始めるまでは どこにもなく 仕事を始めて 働いて作って 組立てて 創作して 共同製作して 発見したのです この音を この流れを このハムを ハムは書くこと以上のものなのです ハムは行動することであり活動であり ハムはドラッグで ハムは音楽で ハムは光であり 空気なのです ハムは耳元での神のささやきなのです こんなハムがある時には 高みへと ただただ突き動かされるのです どんな犠牲を払おうとも それを得るまで 懸命に努力する その感覚が ハムと呼ばれるものなのです もしくは 仕事中毒ともいえるかもしれません

(笑)

天才といえるか エゴかもしれません 単に失敗することへの 恐れなのかも わかりません わかっているのは 私は失敗するような人間ではないこと ハムを愛していること タイタンであることを伝えたいということ それを疑うようなことはしたくないということ

要は ― さらなる 成功を収めると 手がける番組やエピソード 乗り越えるべき障害も増え やらなくてはならない仕事は増え 責任と職務も増し さらに注目されて これまでの実績が重くのしかかり 期待も もっとされます 成功するために働けば働くほど 仕事は増えていくばかりでした 私が仕事について言っていたのは 働くのが大好きということでしたよね? 私が建てていた国 走っていたマラソン 劇団 キャンバス 高音 そしてハム ハム ハム ハムが好きです ハムが大好きです ハムが必要なのです 私はハムなのです 私はハム以外の何者でもないのか?

間もなく ハムは止まりました 働き過ぎて 酷使されて 使い古され 燃え尽くされ ハムは止まったのです

3人の娘たちは 母親がシングルの 働くタイタンなのは いつものことで ハーパーはこう言います 「ママは来れないけど ナニーにメールできるわよ」 エマーソンは 「ハニー 私 ションダ社に行きたいって思ってるのに」と言います 娘たちはタイタンの子で 小さなタイタンなのです ハムが止まった時 娘たちは12歳、3歳、1歳でした ハムのエンジンは死に 仕事は大好きではなくなりました エンジンはかからないのです ハムはどうしても戻ってきません 私のハムは壊れてしまったのです 私はこれまでと同じように タイタンの仕事をこなしていました 1日15時間 週末もずっと働き 後悔も 降参もしないし タイタンは眠らず 決して辞めないのです 情熱に満ちた心 澄んだ目 何ら変わりなく でも そこにはハムはなく 私の中には静けさだけが... 4つのテレビ番組で 70時間の放送時間 同時製作するショーは3つ 時には4つ 4つのテレビ番組で 70時間の放送時間 同時製作するショーは3つ ... 私は完璧なタイタンでした 皆さんのお母さんに 紹介できるような 世界は同じ色をしていましたが 私にはもはや何の楽しみもありませんでした それが私の人生でした すべては私のしてきたこと 私はハムで ハムは私で あなたは自分のやっていることや 大好きだった仕事が 砂を噛むようなものになってしまったら どうしますか?

今 こんな風に思っている方もいるでしょう 「好きなだけ泣きなさいな 頭のおかしいタイタン作家さん」

(笑)

でもね そうでしょう あなたが創作したり 働いていたり 大好きなことをしていたら 教師でいることや 銀行員でいること 母親でいること 画家でいること ビル・ゲイツでいること もし ただ誰かを愛しているとしたら それがハムをもたらすのです あなたがハムを知っているとしたら ハムがどんなものかを感じたことがあったら ハムへ行ったことがあったとしたら ハムが止まったら あなたは何者? あなたは何? 私は? 私はまだタイタンといえるでしょうか? 心が歌を奏でるのをやめてしまったとしたら 静寂の中で生きていける?

そんな時に幼い南部のウェイトレスが こう言ったのです 私はまさにドアを出るところで しかも すでに遅れていたのですが 「ママ 遊ばない?」 と娘は言います

遊べないのよ と言いかけたとき 2つの事に気がつきました 1つは私はすべての事に イエスと言うべきだという事 2つ目は私の南部のウェイトレスが 「ハニー」と呼ばなかったこと 彼女は もう誰の事も 「ハニー」と呼ばなくなったのです いつの間に? タイタン時代を懐かしみ 失った私のハムを悼んでいましたが 今ここで 娘は私の目の前で変わっていっているのです 「ママ 遊ばない?」 と娘は言います 私は 「イエス」 と答えます 何も特別なことはありません 一緒に遊び 姉たちも混ざりました たくさん笑って ドラマティックに『みんなうんち』を 読み聞かせました 特別なことはしていません

(笑)

でも特別なものでした 何故かというと 痛みやパニック ハムがなくなった行き場のない想いの中では 意識する以外は何もできないからです 集中するのです ただ じっとして 創りあげていた国も 走っていたマラソンも 劇団もキャンバスも そして高音も存在せず そこにあるのは べとつく指と 砂糖まみれのキスと 小さな声と クレヨン そしてあの歌!凍り付いた少女が 何だか知らないけど ありのままの自分になるとかいう

(笑)

平和でシンプル この場所の空気は特別で 私はやっと息をすることができました 呼吸をしていると思えました 遊びとは仕事の真逆です 幸せでした 私の中で何かが解れたのです 脳の中のドアがゆっくりと開く音がし エネルギーがなだれ込んできました ほんの一瞬だけじゃなく 確かに起こっているのです 感じるのです ハムはひそやかに戻り 完全にではなく かろうじてですが 静かで 耳を澄まさないといけませんが でも確かにいるのです かつてのハムではありませんが それでもハムなのです

私は魔法の秘密が わかったような気がしました 浮かれてしまわないようにしましょうか すべては愛なのです それがすべてなのです 魔法でもなく 秘密でもなく 愛なのです 私たちが忘れてしまったもの ハム 仕事場でのハム タイタンのハム それはただの代わりだったのです 私はどんな人ですかと聞くとしたら 私がどんな人かを お伝えしないといけないとしたら もし私が自分のことをショーについてや テレビの放送時間数や 私の頭脳がどれだけ 世界的にイケてるかで説明したとすると 本当のハムは何なのかを 忘れてしまっているのでしょう ハムは権力ではなく 仕事に限るものではなく ハムは喜びそのもので 本当のハムは愛そのものでもあり 人生にワクワクすることからの 熱情だったり 本当のハムは信頼と平和でもあり 本当のハムには 過去の栄光は関係なく 責任と職務も 期待も プレッシャーも 気にもかけないのです 本当のハムは非凡で独創的 本当のハムは耳元での神の囁きなのです でも神は間違った言葉を 囁いていたのかもしれません 私がタイタンだなんて 神が言うはずもなく

ただ愛することなのです もう少し愛を使いましょう たくさんの愛を 子供たちが遊ぼうという時は どんな時も イエスというつもりです ある理由で これを絶対のルールにしました 働き過ぎという罪悪感から 自由になる許可を自分に与えるためです これは規則なので 私には選択の余地はありません ハムを感じたい以上 私には選択の余地はないのです

気楽にできればよいのにと思いながらも 私は遊ぶのが得意ではなくて むしろ好きではないのです 仕事と同じようには興味が持てません この事実と向き合うには 劣等感を感じるし 傷つきますけど 遊ぶのは好きじゃありません 働くのが好きだから いつも働いています 家庭にいるよりも 仕事をしているほうが好きです この事実と向き合うのは とてもしんどいです 家族と過ごすよりも 働くほうが好きな人なんているでしょうか

ええ 私ですね 正直になりましょうか 私は自分のことをタイタンと言っています 問題があるといえるでしょう

(笑)

そして その問題の一つが リラックスし過ぎてることでしょうか?

(笑)

庭を走り回って あっちへいったり こっちへいったり 30秒間のダンスパーティーで踊りまくったり ミュージカルの曲を歌って ボールで遊んで シャボン玉を飛ばして 子供たちが割って 私はぎこちなくて 無我夢中で ほとんど困惑してばかりでした 常に携帯が気になっていましたし でも それでも大丈夫なのです 私の小さな人たちが生き方を示してくれるし 万物のハムがすべてを満たしてくれました 遊び続けました ふと不思議に思うまで そもそも なぜ私たちは 遊ぶのをやめてしまうのでしょう

あなたにも出来ますよ お子さんが遊ぼうという時 どんな時もイエスと言ってみませんか ダイヤモンドの靴を履いた おバカさんだと思います? そうかもしれませんが それでも 試してみては 時間は十分にあります どうしてかわかります? 何故って あなたはリアーナでもマペットでもないし お子さんからは 大して 面白くないと思われてます

(笑)

あなたに必要なのはたった15分だけ 私の2歳と4歳の子が 私と遊びたがるのは 他に何かやりたいことを 見つけるまでの ほんの15分だけです 素晴らしい15分ですけど それでも 15分なのです 私がテントウムシや あめ玉でもないかぎり 15分後にはいないも同然なのです

(笑)

13歳の娘については ― 13歳と15分間も話すことが出来たら 私は良い親として表彰もの

(笑)

あなたに必要なのは15分だけ どんなに大変な日だとしても 15分の 何にも邪魔されない時間くらいは確保できます 大事なのは 何にも邪魔されないということ 携帯も 洗濯も 他のこともしないでです 忙しい生活をしている皆さん 夕食の支度は必要だし 子供たちをお風呂にもいれなくては でも 15分なら何とかなります 子供たちこそ 私の幸せ 私のすべてです でも 子供たちでなくてもよいのです ハムを満たす原動力は あなたが より心地よく 生きられる場所にあるのです これは 子供と 遊ぶことについての話ではなく 喜びについてなのです 広い意味での遊ぶこと あなたにも この15分間を 楽しいと思えることを見つけて その舞台で遊んでみませんか

私は完ぺきではありませんし 成功するのと同じくらい失敗しています 友達に会ったり 読書をしたり 宙を見つめることを忘れてしまっています 「遊ばない?」は 自分を満たすことを思い出させてくれます テレビの仕事を 初めてもらったあの頃 タイタンとしてのトレーニングを 始めたあの頃 よくわからない方法で 自分と競い始めた あの頃に諦めてしまっていたもの 15分間 自分に完全に集中してみることが 問題になり得る? 15分だけですよ? 全くそんなことはないです 仕事をしなかった まさにそのお陰で ハムが戻ってきたのです 私がどこかに行っている間にだけ ハムのエンジンが給油されるかのように 仕事は遊びなしには成り立たないのです

少し時間はかかりましたが 数か月後のある日のこと せきを切ったかのように 感情がほとばしり 気づけば 私はオフィスで 聞きなれないメロディとグルーヴで 満たされました アイディアがどんどんと紡がれてくるのです ハミングロードが開かれ 私はどこまでも走っていけるのです 私はまた仕事が大好きになりました 今 ― 私は あのハムは好きですが もう 大好きではないのです あのハムはもう必要ありません 私はあのハムではないし ハムは私でもありません もう 違うのです 私はシャボン玉で べたつく指と 友人たちとの食事なのです 私はそういうハムなのです 人生にはハムがあり 愛にはハムが 仕事のハムは私の一部ではありますが ただもう それは全てではないのです ありがたいことです タイタンでいることは もはや重要ではなく タイタンが 「はないちもんめ」 を するところなんて見たことないですし

仕事を減らして遊びを増やして それでも何とか 私の世界は回っています 私の頭脳は相変わらずグローバルですし キャンプファイヤーはまだ燃えてる もっと遊ぶほどに 幸せは増し 子供たちも幸せになる もっと遊ぶほどに 良い母親でいるように感じられるし もっと遊ぶほどに 精神は自由になる もっと遊ぶほどに よりよく働けて 遊ぶほどに さらにハムを感じることが出来る 私が 建てている国 走っているマラソン 劇団に キャンバスに 高音に そしてハム、ハム また別にあるハム 現実にあるハム 人生はハムで もっとハムを感じるがごとに この見なれない 不安定で 繭から出たばかりの 不器用で 新しくなった 活気のある タイタンじゃない私は 自分らしく思えます この新しいハムを感じるほどに 自分を理解してきています 私は作家で 物語を綴り 心に描きます 仕事のその部分は 夢を生きること それは仕事の夢の部分 夢のような仕事なのだから 少しは夢があっても良いでしょう

私は働くのを減らし もっと遊ぶことに イエスと言いました タイタンにならなくてもよいのです

遊びませんか?

ありがとうございました

(拍手)

So a while ago, I tried an experiment. For one year, I would say yes to all the things that scared me. Anything that made me nervous, took me out of my comfort zone, I forced myself to say yes to. Did I want to speak in public? No, but yes. Did I want to be on live TV? No, but yes. Did I want to try acting? No, no, no, but yes, yes, yes.

And a crazy thing happened: the very act of doing the thing that scared me undid the fear, made it not scary. My fear of public speaking, my social anxiety, poof, gone. It's amazing, the power of one word. "Yes" changed my life. "Yes" changed me. But there was one particular yes that affected my life in the most profound way, in a way I never imagined, and it started with a question from my toddler.

I have these three amazing daughters, Harper, Beckett and Emerson, and Emerson is a toddler who inexplicably refers to everyone as "honey." as though she's a Southern waitress.

(Laughter)

"Honey, I'm gonna need some milk for my sippy cup."

(Laughter)

The Southern waitress asked me to play with her one evening when I was on my way somewhere, and I said, "Yes." And that yes was the beginning of a new way of life for my family. I made a vow that from now on, every time one of my children asks me to play, no matter what I'm doing or where I'm going, I say yes, every single time. Almost. I'm not perfect at it, but I try hard to practice it. And it's had a magical effect on me, on my children, on our family. But it's also had a stunning side effect, and it wasn't until recently that I fully understood it, that I understood that saying yes to playing with my children likely saved my career.

See, I have what most people would call a dream job. I'm a writer. I imagine. I make stuff up for a living. Dream job. No. I'm a titan. Dream job. I create television. I executive produce television. I make television, a great deal of television. In one way or another, this TV season, I'm responsible for bringing about 70 hours of programming to the world. Four television programs,70 hours of TV --

(Applause)

Three shows in production at a time, sometimes four. Each show creates hundreds of jobs that didn't exist before. The budget for one episode of network television can be anywhere from three to six million dollars. Let's just say five. A new episode made every nine days times four shows, so every nine days that's 20 million dollars worth of television,four television programs,70 hours of TV,three shows in production at a time, sometimes four,16 episodes going on at all times: 24 episodes of "Grey's," 21 episodes of "Scandal," 15 episodes of "How To Get Away With Murder," 10 episodes of "The Catch," that's 70 hours of TV, that's 350 million dollars for a season. In America, my television shows are back to back to back on Thursday night. Around the world, my shows air in 256 territories in 67 languages for an audience of 30 million people. My brain is global, and 45 hours of that 70 hours of TV are shows I personally created and not just produced, so on top of everything else, I need to find time, real quiet, creative time, to gather my fans around the campfire and tell my stories. Four television programs,70 hours of TV,three shows in production at a time, sometimes four,350 million dollars, campfires burning all over the world. You know who else is doing that? Nobody, so like I said, I'm a titan. Dream job.

(Applause)

Now, I don't tell you this to impress you. I tell you this because I know what you think of when you hear the word "writer." I tell you this so that all of you out there who work so hard, whether you run a company or a country or a classroom or a store or a home, take me seriously when I talk about working, so you'll get that I don't peck at a computer and imagine all day, so you'll hear me when I say that I understand that a dream job is not about dreaming. It's all job, all work, all reality, all blood, all sweat, no tears. I work a lot, very hard, and I love it.

When I'm hard at work, when I'm deep in it, there is no other feeling. For me, my work is at all times building a nation out of thin air. It is manning the troops. It is painting a canvas. It is hitting every high note. It is running a marathon. It is being Beyonce. And it is all of those things at the same time. I love working. It is creative and mechanical and exhausting and exhilarating and hilarious and disturbing and clinical and maternal and cruel and judicious, and what makes it all so good is the hum. There is some kind of shift inside me when the work gets good. A hum begins in my brain, and it grows and it grows and that hum sounds like the open road, and I could drive it forever. And a lot of people, when I try to explain the hum, they assume that I'm talking about the writing, that my writing brings me joy. And don't get me wrong, it does. But the hum -- it wasn't until I started making television that I started working, working and making and building and creating and collaborating, that I discovered this thing, this buzz, this rush, this hum. The hum is more than writing. The hum is action and activity. The hum is a drug. The hum is music. The hum is light and air. The hum is God's whisper right in my ear. And when you have a hum like that, you can't help but strive for greatness. That feeling, you can't help but strive for greatness at any cost. That's called the hum. Or, maybe it's called being a workaholic.

(Laughter)

Maybe it's called genius. Maybe it's called ego. Maybe it's just fear of failure. I don't know. I just know that I'm not built for failure, and I just know that I love the hum. I just know that I want to tell you I'm a titan, and I know that I don't want to question it.

But here's the thing: the more successful I become, the more shows, the more episodes, the more barriers broken, the more work there is to do, the more balls in the air, the more eyes on me, the more history stares, the more expectations there are. The more I work to be successful, the more I need to work. And what did I say about work? I love working, right? The nation I'm building, the marathon I'm running, the troops, the canvas, the high note, the hum, the hum, the hum. I like that hum. I love that hum. I need that hum. I am that hum. Am I nothing but that hum?

And then the hum stopped. Overworked, overused, overdone, burned out. The hum stopped.

Now, my three daughters are used to the truth that their mother is a single working titan. Harper tells people, "My mom won't be there, but you can text my nanny." And Emerson says, "Honey, I'm wanting to go to ShondaLand." They're children of a titan. They're baby titans. They were 12,3, and 1 when the hum stopped. The hum of the engine died. I stopped loving work. I couldn't restart the engine. The hum would not come back. My hum was broken. I was doing the same things I always did, all the same titan work, 15-hour days, working straight through the weekends, no regrets, never surrender, a titan never sleeps, a titan never quits, full hearts, clear eyes, yada, whatever. But there was no hum. Inside me was silence. Four television programs,70 hours of TV,three shows in production at a time, sometimes four. Four television programs,70 hours of TV,three shows in production at a time ... I was the perfect titan. I was a titan you could take home to your mother. All the colors were the same, and I was no longer having any fun. And it was my life. It was all I did. I was the hum, and the hum was me. So what do you do when the thing you do, the work you love, starts to taste like dust?

Now, I know somebody's out there thinking, "Cry me a river, stupid writer titan lady."

(Laughter)

But you know, you do, if you make, if you work, if you love what you do, being a teacher, being a banker, being a mother, being a painter, being Bill Gates, if you simply love another person and that gives you the hum, if you know the hum, if you know what the hum feels like, if you have been to the hum, when the hum stops, who are you? What are you? What am I? Am I still a titan? If the song of my heart ceases to play, can I survive in the silence?

And then my Southern waitress toddler asks me a question. I'm on my way out the door, I'm late, and she says, "Momma, wanna play?"

And I'm just about to say no, when I realize two things. One, I'm supposed to say yes to everything, and two, my Southern waitress didn't call me "honey." She's not calling everyone "honey" anymore. When did that happen? I'm missing it, being a titan and mourning my hum, and here she is changing right before my eyes. And so she says, "Momma, wanna play?" And I say, "Yes." There's nothing special about it. We play, and we're joined by her sisters, and there's a lot of laughing, and I give a dramatic reading from the book Everybody Poops. Nothing out of the ordinary.

(Laughter)

And yet, it is extraordinary, because in my pain and my panic, in the homelessness of my humlessness, I have nothing to do but pay attention. I focus. I am still. The nation I'm building, the marathon I'm running, the troops, the canvas, the high note does not exist. All that exists are sticky fingers and gooey kisses and tiny voices and crayons and that song about letting go of whatever it is that Frozen girl needs to let go of.

(Laughter)

It's all peace and simplicity. The air is so rare in this place for me that I can barely breathe. I can barely believe I'm breathing. Play is the opposite of work. And I am happy. Something in me loosens. A door in my brain swings open, and a rush of energy comes. And it's not instantaneous, but it happens, it does happen. I feel it. A hum creeps back. Not at full volume, barely there, it's quiet, and I have to stay very still to hear it, but it is there. Not the hum, but a hum.

And now I feel like I know a very magical secret. Well, let's not get carried away. It's just love. That's all it is. No magic. No secret. It's just love. It's just something we forgot. The hum, the work hum, the hum of the titan, that's just a replacement. If I have to ask you who I am, if I have to tell you who I am, if I describe myself in terms of shows and hours of television and how globally badass my brain is, I have forgotten what the real hum is. The hum is not power and the hum is not work-specific. The hum is joy-specific. The real hum is love-specific. The hum is the electricity that comes from being excited by life. The real hum is confidence and peace. The real hum ignores the stare of history, and the balls in the air, and the expectation, and the pressure. The real hum is singular and original. The real hum is God's whisper in my ear, but maybe God was whispering the wrong words, because which one of the gods was telling me I was the titan?

It's just love. We could all use a little more love, a lot more love. Any time my child asks me to play, I will say yes. I make it a firm rule for one reason, to give myself permission, to free me from all of my workaholic guilt. It's a law, so I don't have a choice, and I don't have a choice, not if I want to feel the hum.

I wish it were that easy, but I'm not good at playing. I don't like it. I'm not interested in doing it the way I'm interested in doing work. The truth is incredibly humbling and humiliating to face. I don't like playing. I work all the time because I like working. I like working more than I like being at home. Facing that fact is incredibly difficult to handle, because what kind of person likes working more than being at home?

Well, me. I mean, let's be honest, I call myself a titan. I've got issues.

(Laughter)

And one of those issues isn't that I am too relaxed.

(Laughter)

We run around the yard, up and back and up and back. We have 30-second dance parties. We sing show tunes. We play with balls. I blow bubbles and they pop them. And I feel stiff and delirious and confused most of the time. I itch for my cell phone always. But it is OK. My tiny humans show me how to live and the hum of the universe fills me up. I play and I play until I begin to wonder why we ever stop playing in the first place.

You can do it too, say yes every time your child asks you to play. Are you thinking that maybe I'm an idiot in diamond shoes? You're right, but you can still do this. You have time. You know why? Because you're not Rihanna and you're not a Muppet. Your child does not think you're that interesting.

(Laughter)

You only need 15 minutes. My two- and four-year-old only ever want to play with me for about 15 minutes or so before they think to themselves they want to do something else. It's an amazing 15 minutes, but it's 15 minutes. If I'm not a ladybug or a piece of candy, I'm invisible after 15 minutes.

(Laughter)

And my 13-year-old, if I can get a 13-year-old to talk to me for 15 minutes I'm Parent of the Year.

(Laughter)

15 minutes is all you need. I can totally pull off 15 minutes of uninterrupted time on my worst day. Uninterrupted is the key. No cell phone, no laundry, no anything. You have a busy life. You have to get dinner on the table. You have to force them to bathe. But you can do 15 minutes. My kids are my happy place, they're my world, but it doesn't have to be your kids, the fuel that feeds your hum, the place where life feels more good than not good. It's not about playing with your kids, it's about joy. It's about playing in general. Give yourself the 15 minutes. Find what makes you feel good. Just figure it out and play in that arena.

I'm not perfect at it. In fact, I fail as often as I succeed, seeing friends, reading books, staring into space. "Wanna play?" starts to become shorthand for indulging myself in ways I'd given up on right around the time I got my first TV show, right around the time I became a titan-in-training, right around the time I started competing with myself for ways unknown. 15 minutes? What could be wrong with giving myself my full attention for 15 minutes? Turns out, nothing. The very act of not working has made it possible for the hum to return, as if the hum's engine could only refuel while I was away. Work doesn't work without play.

It takes a little time, but after a few months,one day the floodgates open and there's a rush, and I find myself standing in my office filled with an unfamiliar melody, full on groove inside me, and around me, and it sends me spinning with ideas, and the humming road is open, and I can drive it and drive it, and I love working again. But now, I like that hum, but I don't love that hum. I don't need that hum. I am not that hum. That hum is not me, not anymore. I am bubbles and sticky fingers and dinners with friends. I am that hum. Life's hum. Love's hum. Work's hum is still a piece of me, it is just no longer all of me, and I am so grateful. And I don't give a crap about being a titan, because I have never once seen a titan play Red Rover, Red Rover.

I said yes to less work and more play, and somehow I still run my world. My brain is still global. My campfires still burn. The more I play, the happier I am, and the happier my kids are. The more I play, the more I feel like a good mother. The more I play, the freer my mind becomes. The more I play, the better I work. The more I play, the more I feel the hum, the nation I'm building, the marathon I'm running, the troops, the canvas, the high note, the hum, the hum, the other hum, the real hum, life's hum. The more I feel that hum, the more this strange, quivering, uncocooned, awkward, brand new, alive non-titan feels like me. The more I feel that hum, the more I know who I am. I'm a writer, I make stuff up, I imagine. That part of the job, that's living the dream. That's the dream of the job. Because a dream job should be a little bit dreamy.

I said yes to less work and more play. Titans need not apply.

Wanna play?

Thank you.

(Applause)

So a while ago,/ I tried an experiment.//

少し前のことですが ある実験をしてみることにしました

For one year,/ I would say yes/ to all the things/ that scared me.//

一年間 苦手なものすべてに 「イエス」と言ってみることにしたのです

Anything/ that made me nervous,/ took me/ out of my comfort zone,/ I forced myself/ to say yes to.//

不安になることや いつもはやりたがらないことなら何でも 自分にイエスと言わせました

Did I want to speak/ in public?//

沢山の人の前で話したい?

No, but yes.//

いいえ でも イエス

Did I want to be on live TV?//

テレビの生放送に出たい?

No, but yes.//

いいえ でも イエス

Did I want to try acting?//

演技をしてみたい?

No, no,/ no,/ but yes,/ yes,/ yes.//

絶対にいやです でも イエス イエス イエス

And a crazy thing happened:/ the very act of doing the thing/ that scared me/ undid the fear,/ made it not scary.//

そうしたら すごいことが起きました 怖気づいてしまうことを やってみることで 不安が消えたのです もう 怖くはないのです

My fear of public speaking,/ my social anxiety,/ poof,/ gone.//

沢山の人の前で話す恐怖心、社会不安 パッ!とどこかへ行ってしまいました

It's amazing,/ the power of one word.//

この一言の力は驚くべきものでした

"Yes"/ changed my life.//

「イエス」は私の人生を変えました

"Yes"/ changed me.//

「イエス」は私を変えたのです

But there was one particular yes/ that affected my life/ in the most profound way,/ in a way/ I never imagined,/ and it started with a question/ from my toddler.//

中でも ある特別な「イエス」があり それが想像もしなかった方法で 私の人生に 深い影響を与えたのです 始まりは 我が家の 幼い娘の問いかけからでした

I have these three amazing daughters,/ Harper, Beckett and Emerson,/ and Emerson is a toddler/ who inexplicably refers to everyone/ as "honey."//

私には3人の素晴しい娘がいます ハーパー、ベケット、エマーソンです 幼いエマーソンはどういうわけか 南部のウェイトレスのように

誰もを「ハニー」と呼びます

(笑)

"Honey,/ I'm gonna need/ some milk/ for my sippy cup."//

「ハニー マグマグに 牛乳が欲しいんだけどぉ?」

(笑)

The Southern waitress asked me/ to play with her one evening/ when I was on my way somewhere,/ and I said,/ "Yes."//

我が家の南部のウェイトレスは ある夜 一緒に遊ぼうと誘ってきました 私はどこかへ出かけるところでしたが イエス と言いました

And that yes was the beginning of a new way of life/ for my family.//

このイエスが私たち家族の 新しい人生の始まりとなったのです

I made a vow/ that from now on,/ every time/ one of my children asks me/ to play,/ no matter/ what I'm doing/ or where I'm going,/ I say yes,/ every single time.//

私は誓いました これからずっと 子供たちが遊ぼうと求めてきたときには 私が何をしていようとも どこへ行こうとしていても イエスと言うことを どんな時も です

Almost.// I'm not perfect/ at it,/ but I try hard/ to practice it.//

完ぺきではありませんが 精一杯 やってみています

And it's had a magical effect/ on me,/ on my children,/ on our family.//

そして それは 私と子供たちと家族に 魔法のような効果をもたらしてきました

But it's also had a stunning side effect,/ and it wasn't until recently/ that I fully understood it,/ that I understood/ that saying yes/ to playing with my children likely saved my career.//

そして期待していなかった素晴らしい副作用も 最近まで完全には 理解してはいませんでしたが 子供たちと遊ぶことにイエスということが 私のキャリアを救ったといえるでしょう

See,/ I have/ what most people would call a dream job.//

私の職業は多くの人が 「夢のような仕事」と呼ぶものです

I'm a writer.// I imagine.// I make stuff up/ for a living.//

私は作家です 物語を綴って生活をしています

Dream job.//

夢のような仕事

No.//

そうではありません

I'm a titan.//

私は巨匠 ― 「タイタン」です

Dream job.//

夢のような仕事

私はテレビ番組を製作しています 製作総指揮もです

I make television,/ a great deal of television.//

かなりの量の番組になります

In one way or another,/ this TV season,/ I'm responsible/ for bringing about 70 hours of programming to the world.//

今シーズン(9月~5月)では 70時間分の番組を世の中に 送り出す責任があります

Four television programs,/70 hours of TV --/ (Applause)/

4つのテレビ番組 70時間の放送時間 (拍手)

Three shows/ in production/ at a time,/ sometimes/ four.//

同時製作するショーは3つ 時には4つ

Each show creates hundreds of jobs/ that didn't exist before.//

どの番組もこれまでにはなかった 何百もの仕事を作り出しました

The budget/ for one episode of network television can be anywhere from three to six million dollars.//

1つのエピソードの製作予算は 3~6百万ドルぐらいになりますが

Let's just say five.//

5百万ドルとしましょうか

A new episode made every nine days times four shows,/ so every nine days/ that's 20 million dollars worth of television,/four television programs,/70 hours of TV,/three shows/ in production/ at a time,/ sometimes/ four,16 episodes/ going on/ at all times:/ 24 episodes of "Grey's,/"/ 21 episodes of "Scandal,/"/ 15 episodes of "How To Get Away/ With Murder,/"/ 10 episodes of "The Catch,/"/ that's 70 hours of TV,/ that's 350 million dollars/ for a season.//

9日ごとに4番組分の 新しいエピソードを製作 つまり 9日ごとに 2千万ドル相当の番組 4つのテレビ番組 70時間の放送 3つのショーの製作が同時進行で 時には4つ 常に16話が進行中 『グレイズ・アナトミー』全24話 『スキャンダル』全21話 『殺人を無罪にする方法』全15話 『The Catch』全15話 全部で70時間 1シーズンで3億5千万ドルにもなります

In America,/ my television shows are back to back to back/ on Thursday night.//

アメリカでは私の番組は 木曜日の夜毎に放送されます

Around the world,/ my shows air/ in 256 territories/ in 67 languages/ for an audience of 30 million people.//

世界中で256もの地域で 67言語へ翻訳され放送されています 視聴者は3千万人にも上ります

My brain is global,/ and 45 hours of that 70 hours of TV are shows/ I personally created/ and not just produced,/ so/ on top of everything else,/ I need to find/ time,/ real quiet, creative time,/ to gather my fans/ around the campfire/ and tell my stories.//

私の頭脳はグローバルですね 70時間の内の45時間については プロデュースしただけではなく 脚本も書いています そのため 何を置いても 製作に充てる とにかく静かで クリエイティブな時間が必要なのです ファンをキャンプファイヤーの周りに集め お話を聞かせるためにね

Four television programs,/70 hours of TV,/three shows/ in production/ at a time,/ sometimes/ four,350 million dollars,/ campfires/ burning all/ over the world.//

4つのテレビ番組 70時間もの放送時間 同時製作するショーは3つ 時には4つ 予算は3億5千万ドル キャンプファイヤーは世界中で燃える

You know/ who else is doing that?//

他に誰がこんなことを?

Nobody,/ so/ like I said,/ I'm a titan.//

誰もいません だから 私はタイタンなのです

Dream job.//

夢のような仕事

(拍手)

Now,/ I don't tell you/ this to impress you.//

感心してもらいたくて 言ってるのではありません

I tell you/ this/ because I know/ what you think of when you hear the word "writer."//

作家という言葉を聞いて どのように思われるかは知っています

I tell you/ this/ so that all of you/ out there/ who work so hard,/ whether you run a company or a country or a classroom or a store or a home,/ take me seriously/ when I talk about working,/ so you'll get/ that I don't peck at a computer and imagine/ all day,/ so you'll hear me/ when I say/ that I understand/ that a dream job is not about dreaming.//

これをお話しすることで 会社を経営していたり 国のために または教室や お店や家庭で 懸命に働いている皆さんに 私の仕事の話を 真剣に受け止めてもらえるでしょう 私が一日中 コンピューターの前で 空想しているのではないということを ご理解いただけるでしょう 夢のような仕事とは 夢見ることではないのです

It's all job,/ all work,/ all reality,/ all blood,/ all sweat,/ no tears.//

仕事なのです 働くことなのです 現実で 血と汗を流すことで...涙はありませんが

I work a lot,/ very hard,/ and I love it.//

私は目いっぱい働きます 一生懸命ね 働くことが大好きなのです

When I'm hard/ at work,/ when I'm deep/ in it,/ there is no other feeling.//

必死で働いている時 のめり込んでいる時は ― 他には何も感じないのです

For me,/ my work is at all times/ building a nation/ out of thin air.//

私にとって自分の仕事は 何もないところから国を作り出すこと

It is manning the troops.// It is painting a canvas.//

劇団の人員配置をすること キャンバスに描くこと

It is hitting every high note.// It is running a marathon.//

すべての高音を歌いこなすこと マラソンをすること

It is being Beyonce.//

ビヨンセになることです

And it is all of those things/ at the same time.//

これらすべてを同時進行でするのです

I love working.//

私は働くことが大好きです

It is creative and mechanical/ and exhausting and exhilarating and hilarious and disturbing and clinical and maternal and cruel and judicious,/ and what makes it all so good is the hum.//

創造的で 機械的で 疲労困憊するもので ウキウキするもの 楽しくて 困ったもので 客観的で 母性的で 厳格で 賢明なのです この素晴らしさをもたらしているのが 「ハム(hum)」なのです

There is some kind of shift/ inside me/ when the work gets good.//

仕事が順調に進んでいる時 私の中にはある種の変換が起こります

A hum begins in my brain,/ and it grows/ and it grows and/ that hum sounds/ like the open road,/ and I could drive/ it forever.//

ハムが脳の中で始まり それがどんどん大きくなるのです 目の前に広がる道路のようで どこまでも走っていけるような気がするのです

And a lot of people,/ when I try to explain/ the hum,/ they assume/ that I'm talking/ about the writing,/ that my writing brings me/ joy.//

私がハムについて説明しようとすると 多くの人は 執筆の話だと思い込んでしまいます 書く喜びを語っているのだと

And don't get me wrong,/ it does.//

誤解しないでください その通りなのですが

But the hum --/ it wasn't/ until I started making/ television/ that I started working,/ working and making and building/ and creating and collaborating,/ that I discovered this thing,/ this buzz,/ this rush,/ this hum.//

でも ハムは ― 番組製作を始めるまでは どこにもなく 仕事を始めて 働いて作って 組立てて 創作して 共同製作して 発見したのです この音を この流れを このハムを

The hum is more/ than writing.//

ハムは書くこと以上のものなのです

The hum is action/ and activity.// The hum is a drug.//

ハムは行動することであり活動であり ハムはドラッグで

The hum is music.// The hum is light/ and air.//

ハムは音楽で ハムは光であり 空気なのです

The hum is God's whisper right/ in my ear.//

ハムは耳元での神のささやきなのです

And when you have a hum/ like that,/ you can't help but strive for greatness.//

こんなハムがある時には 高みへと ただただ突き動かされるのです

That feeling,/ you can't help but strive for greatness/ at any cost.//

どんな犠牲を払おうとも それを得るまで 懸命に努力する その感覚が

That's called the hum.//

ハムと呼ばれるものなのです

Or,/ maybe/ it's called being a workaholic.//

もしくは 仕事中毒ともいえるかもしれません

(笑)

Maybe/ it's called genius.//

天才といえるか

Maybe/ it's called ego.//

エゴかもしれません

Maybe/ it's just/ fear of failure.//

単に失敗することへの 恐れなのかも

I don't know.//

わかりません

I just know/ that I'm not built for failure,/ and I just know/ that I love the hum.//

わかっているのは 私は失敗するような人間ではないこと ハムを愛していること

I just know/ that I want to tell/ you/ I'm a titan,/ and I know/ that I don't want to question/ it.//

タイタンであることを伝えたいということ それを疑うようなことはしたくないということ

But here's the thing:/ the more successful/ I become,/ the more shows,/ the more episodes,/ the more barriers broken,/ the more work there is to do,/ the more balls/ in the air,/ the more eyes/ on me,/ the more history stares,/ the more/ expectations there are.//

要は ― さらなる 成功を収めると 手がける番組やエピソード 乗り越えるべき障害も増え やらなくてはならない仕事は増え 責任と職務も増し さらに注目されて これまでの実績が重くのしかかり 期待も もっとされます

The more/ I work to be successful,/ the more/ I need to work.//

成功するために働けば働くほど 仕事は増えていくばかりでした

And what did I say about work?//

私が仕事について言っていたのは

I love working,/ right?//

働くのが大好きということでしたよね?

The nation/ I'm building,/ the marathon/ I'm running,/ the troops,/ the canvas,/ the high note,/ the hum,/ the hum,/ the hum.//

私が建てていた国 走っていたマラソン 劇団 キャンバス 高音 そしてハム ハム ハム

I like/ that hum.// I love/ that hum.//

ハムが好きです ハムが大好きです

I need/ that hum.// I am/ that hum.//

ハムが必要なのです 私はハムなのです

Am I nothing but that hum?//

私はハム以外の何者でもないのか?

And then/ the hum stopped.//

間もなく ハムは止まりました

Overworked,/ overused,/ overdone,/ burned out.//

働き過ぎて 酷使されて 使い古され 燃え尽くされ

The hum stopped.//

ハムは止まったのです

Now,/ my three daughters are used to the truth/ that their mother is a single working titan.//

3人の娘たちは 母親がシングルの 働くタイタンなのは いつものことで

Harper tells people,/ "My mom won't be there,/ but you can text my nanny."//

ハーパーはこう言います 「ママは来れないけど ナニーにメールできるわよ」

And Emerson says,/ "Honey,/ I'm wanting to go/ to ShondaLand."//

エマーソンは 「ハニー 私 ションダ社に行きたいって思ってるのに」と言います

They're children of a titan.//

娘たちはタイタンの子で

They're baby titans.//

小さなタイタンなのです

They were 12,3,/ and 1/ when the hum stopped.//

ハムが止まった時 娘たちは12歳、3歳、1歳でした

The hum of the engine died.//

ハムのエンジンは死に

I stopped loving/ work.// I couldn't restart the engine.//

仕事は大好きではなくなりました エンジンはかからないのです

The hum would not come back.//

ハムはどうしても戻ってきません

My hum was broken.//

私のハムは壊れてしまったのです

I was doing the same things/ I always did,/ all the same titan work,/ 15-hour days,/ working straight/ through the weekends,/ no regrets,/ never/ surrender,/ a titan never sleeps,/ a titan never quits,/ full hearts,/ clear eyes,/ yada,/ whatever.//

私はこれまでと同じように タイタンの仕事をこなしていました 1日15時間 週末もずっと働き 後悔も 降参もしないし タイタンは眠らず 決して辞めないのです 情熱に満ちた心 澄んだ目 何ら変わりなく

But there was no hum.//

でも そこにはハムはなく

Inside me was silence.//

私の中には静けさだけが...

Four television programs,/70 hours of TV,/three shows/ in production/ at a time,/ sometimes/ four.//

4つのテレビ番組で 70時間の放送時間 同時製作するショーは3つ 時には4つ

Four television programs,/70 hours of TV,/three shows/ in production/ at a time ...//

4つのテレビ番組で 70時間の放送時間 同時製作するショーは3つ ...

I was the perfect titan.//

私は完璧なタイタンでした

I was a titan/ you could take home/ to your mother.//

皆さんのお母さんに 紹介できるような

All the colors were the same,/ and I was no longer having any fun.//

世界は同じ色をしていましたが 私にはもはや何の楽しみもありませんでした

And it was my life.//

それが私の人生でした

It was all I did.//

すべては私のしてきたこと

I was the hum,/ and the hum was me.//

私はハムで ハムは私で

So/ what do you do/ when the thing/ you do,/ the work/ you love,/ starts to taste/ like dust?//

あなたは自分のやっていることや 大好きだった仕事が 砂を噛むようなものになってしまったら どうしますか?

Now,/ I know somebody's out there thinking,/ "Cry me/ a river,/ stupid writer titan lady."//

今 こんな風に思っている方もいるでしょう 「好きなだけ泣きなさいな 頭のおかしいタイタン作家さん」

(笑)

But you know,/ you do,/ if you make,/ if you work,/ if you love/ what you do,/ being a teacher,/ being a banker,/ being a mother,/ being a painter,/ being Bill Gates,/ if you simply love another person/ and that gives you/ the hum,/ if you know the hum,/ if you know/ what the hum feels like,/ if you have been to the hum,/ when the hum stops,/ who are you?//

でもね そうでしょう あなたが創作したり 働いていたり 大好きなことをしていたら 教師でいることや 銀行員でいること 母親でいること 画家でいること ビル・ゲイツでいること もし ただ誰かを愛しているとしたら それがハムをもたらすのです あなたがハムを知っているとしたら ハムがどんなものかを感じたことがあったら ハムへ行ったことがあったとしたら ハムが止まったら あなたは何者?

What are you?//

あなたは何?

What am I?//

私は?

Am I still/ a titan?//

私はまだタイタンといえるでしょうか?

If the song of my heart ceases to play,/ can I survive in the silence?//

心が歌を奏でるのをやめてしまったとしたら 静寂の中で生きていける?

And then/ my Southern waitress toddler asks me/ a question.//

そんな時に幼い南部のウェイトレスが こう言ったのです

I'm on my way/ out the door,/ I'm late,/ and she says,/ "Momma,/ wanna play?"//

私はまさにドアを出るところで しかも すでに遅れていたのですが 「ママ 遊ばない?」 と娘は言います

And I'm just/ about to say no,/ when I realize two things.//

遊べないのよ と言いかけたとき 2つの事に気がつきました

One,/ I'm supposed to say/ yes/ to everything,/ and two,/ my Southern waitress didn't call me "honey."//

1つは私はすべての事に イエスと言うべきだという事 2つ目は私の南部のウェイトレスが 「ハニー」と呼ばなかったこと

She's not calling/ everyone "honey"/ anymore.//

彼女は もう誰の事も 「ハニー」と呼ばなくなったのです

When did that happen?//

いつの間に?

I'm missing/ it,/ being a titan/ and mourning my hum,/ and here/ she is changing right/ before my eyes.//

タイタン時代を懐かしみ 失った私のハムを悼んでいましたが 今ここで 娘は私の目の前で変わっていっているのです

And so/ she says,/ "Momma,/ wanna play?"//

「ママ 遊ばない?」 と娘は言います

And I say,/ "Yes."//

私は 「イエス」 と答えます

There's nothing special/ about it.//

何も特別なことはありません

We play,/ and we're joined by her sisters,/ and there's a lot of laughing,/ and I give a dramatic reading/ from the book Everybody Poops.//

一緒に遊び 姉たちも混ざりました たくさん笑って ドラマティックに『みんなうんち』を 読み聞かせました

Nothing/ out of the ordinary.//

特別なことはしていません

(笑)

And yet,/ it is extraordinary,/ because in my pain and my panic,/ in the homelessness of my humlessness,/ I have nothing/ to do but pay attention.//

でも特別なものでした 何故かというと 痛みやパニック ハムがなくなった行き場のない想いの中では 意識する以外は何もできないからです

I focus.//

集中するのです

I am still.//

ただ じっとして

The nation/ I'm building,/ the marathon/ I'm running,/ the troops,/ the canvas,/ the high note does not exist.//

創りあげていた国も 走っていたマラソンも 劇団もキャンバスも そして高音も存在せず

All/ that exists/ are sticky fingers/ and gooey kisses/ and tiny voices and crayons/ and/ that song/ about letting go of whatever it is/ that Frozen girl needs to let go of.//

そこにあるのは べとつく指と 砂糖まみれのキスと 小さな声と クレヨン そしてあの歌!凍り付いた少女が 何だか知らないけど ありのままの自分になるとかいう

(笑)

It's all peace/ and simplicity.//

平和でシンプル

The air is so rare/ in this place/ for me/ that I can barely breathe.//

この場所の空気は特別で 私はやっと息をすることができました

呼吸をしていると思えました

Play is the opposite of work.//

遊びとは仕事の真逆です

And I am happy.//

幸せでした

Something/ in me loosens.//

私の中で何かが解れたのです

A door/ in my brain swings open,/ and a rush of energy comes.//

脳の中のドアがゆっくりと開く音がし エネルギーがなだれ込んできました

And it's not instantaneous,/ but it happens,/ it does happen.//

ほんの一瞬だけじゃなく 確かに起こっているのです

I feel it.//

感じるのです

A hum creeps back.//

ハムはひそやかに戻り

Not/ at full volume,/ barely there,/ it's quiet,/ and I have to stay very still/ to hear it,/ but it is there.//

完全にではなく かろうじてですが 静かで 耳を澄まさないといけませんが でも確かにいるのです

Not/ the hum,/ but a hum.//

かつてのハムではありませんが それでもハムなのです

And now/ I feel like I know a very magical secret.//

私は魔法の秘密が わかったような気がしました

Well,/ let's not get carried away.//

浮かれてしまわないようにしましょうか

It's just love.// That's all it is.//

すべては愛なのです それがすべてなのです

No magic.// No secret.// It's just love.//

魔法でもなく 秘密でもなく 愛なのです

It's just/ something/ we forgot.//

私たちが忘れてしまったもの

The hum,/ the work hum,/ the hum of the titan,/ that's just a replacement.//

ハム 仕事場でのハム タイタンのハム それはただの代わりだったのです

If I have to ask/ you/ who I am,/ if I have to tell/ you/ who I am,/ if I describe myself/ in terms of shows and hours of television/ and how globally badass my brain is,/ I have forgotten/ what the real hum is.//

私はどんな人ですかと聞くとしたら 私がどんな人かを お伝えしないといけないとしたら もし私が自分のことをショーについてや テレビの放送時間数や 私の頭脳がどれだけ 世界的にイケてるかで説明したとすると 本当のハムは何なのかを 忘れてしまっているのでしょう

The hum is not power/ and the hum is not work-specific.//

ハムは権力ではなく 仕事に限るものではなく

The hum is joy-specific.//

ハムは喜びそのもので

The real hum is love-specific.//

本当のハムは愛そのものでもあり

The hum is the electricity/ that comes from being excited by life.//

人生にワクワクすることからの 熱情だったり

The real hum is confidence and peace.//

本当のハムは信頼と平和でもあり

The real hum ignores the stare of history,/ and the balls/ in the air,/ and the expectation,/ and the pressure.//

本当のハムには 過去の栄光は関係なく 責任と職務も 期待も プレッシャーも 気にもかけないのです

The real hum is singular/ and original.//

本当のハムは非凡で独創的

The real hum is God's whisper/ in my ear,/ but maybe/ God was whispering the wrong words,/ because/ which one of the gods was telling me I was the titan?//

本当のハムは耳元での神の囁きなのです でも神は間違った言葉を 囁いていたのかもしれません 私がタイタンだなんて 神が言うはずもなく

It's just love.//

ただ愛することなのです

We could all use a little more love,/ a lot more love.//

もう少し愛を使いましょう たくさんの愛を

Any time/ my child asks me/ to play,/ I will say yes.//

子供たちが遊ぼうという時は どんな時も イエスというつもりです

I make it/ a firm rule/ for one reason,/ to give myself/ permission,/ to free me/ from all of my workaholic guilt.//

ある理由で これを絶対のルールにしました 働き過ぎという罪悪感から 自由になる許可を自分に与えるためです

It's a law,/ so I don't have a choice,/ and I don't have a choice,/ not/ if I want to feel/ the hum.//

これは規則なので 私には選択の余地はありません ハムを感じたい以上 私には選択の余地はないのです

I wish/ it were/ that easy,/ but I'm not good/ at playing.//

気楽にできればよいのにと思いながらも 私は遊ぶのが得意ではなくて

I don't like it.//

むしろ好きではないのです

I'm not interested/ in doing it/ the way/ I'm interested/ in doing work.//

仕事と同じようには興味が持てません

この事実と向き合うには 劣等感を感じるし 傷つきますけど

I don't like playing.//

遊ぶのは好きじゃありません

I work all the time/ because I like working.//

働くのが好きだから いつも働いています

I like working/ more/ than I like being at home.//

家庭にいるよりも 仕事をしているほうが好きです

Facing/ that fact is incredibly difficult/ to handle,/ because/ what kind of person likes/ working more/ than being at home?//

この事実と向き合うのは とてもしんどいです 家族と過ごすよりも 働くほうが好きな人なんているでしょうか

Well,/ me.//

ええ 私ですね

I mean,/ let's be honest,/ I call myself/ a titan.//

正直になりましょうか 私は自分のことをタイタンと言っています

I've got issues.//

問題があるといえるでしょう

(笑)

And one of those issues isn't/ that I am too relaxed.//

そして その問題の一つが リラックスし過ぎてることでしょうか?

(笑)

We run around the yard,/ up and back/ and up and back.//

庭を走り回って あっちへいったり こっちへいったり

We have 30-second dance parties.//

30秒間のダンスパーティーで踊りまくったり

We/ sing show tunes.// We play with balls.//

ミュージカルの曲を歌って ボールで遊んで

I blow bubbles/ and they pop them.//

シャボン玉を飛ばして 子供たちが割って

And I feel stiff and delirious/ and confused most of the time.//

私はぎこちなくて 無我夢中で ほとんど困惑してばかりでした

I itch for my cell phone always.//

常に携帯が気になっていましたし

But it is OK.//

でも それでも大丈夫なのです

My tiny humans show me/ how to live/ and the hum of the universe fills me up.//

私の小さな人たちが生き方を示してくれるし 万物のハムがすべてを満たしてくれました

I play/ and I play/ until I begin to wonder/ why we ever stop playing/ in the first place.//

遊び続けました ふと不思議に思うまで そもそも なぜ私たちは 遊ぶのをやめてしまうのでしょう

You can do it too,/ say yes/ every time/ your child asks you/ to play.//

あなたにも出来ますよ お子さんが遊ぼうという時 どんな時もイエスと言ってみませんか

Are you thinking/ that maybe/ I'm an idiot/ in diamond shoes?//

ダイヤモンドの靴を履いた おバカさんだと思います?

You're right,/ but you can still do this.//

そうかもしれませんが それでも 試してみては

You have time.//

時間は十分にあります

You know/ why?// Because you're not Rihanna/ and you're not a Muppet.//

どうしてかわかります? 何故って あなたはリアーナでもマペットでもないし

Your child does not think/ you're/ that interesting.//

お子さんからは 大して 面白くないと思われてます

(笑)

You only need 15 minutes.//

あなたに必要なのはたった15分だけ

My two-/ and four-year-old only ever want to play/ with me/ for about 15 minutes or so/ before they think to themselves/ they want to do/ something else.//

私の2歳と4歳の子が 私と遊びたがるのは 他に何かやりたいことを 見つけるまでの ほんの15分だけです

It's an amazing 15 minutes,/ but it's 15 minutes.//

素晴らしい15分ですけど それでも 15分なのです

If I'm not a ladybug or a piece of candy,/ I'm invisible/ after 15 minutes.//

私がテントウムシや あめ玉でもないかぎり 15分後にはいないも同然なのです

(笑)

And my 13-year-old,/ if I can get a 13-year-old/ to talk to me/ for 15 minutes/ I'm Parent of the Year.//

13歳の娘については ― 13歳と15分間も話すことが出来たら 私は良い親として表彰もの

(笑)

15 minutes is all you need.//

あなたに必要なのは15分だけ

I can totally pull off/ 15 minutes of uninterrupted time/ on my worst day.//

どんなに大変な日だとしても 15分の 何にも邪魔されない時間くらいは確保できます

大事なのは 何にも邪魔されないということ

No cell phone,/ no laundry,/ no anything.//

携帯も 洗濯も 他のこともしないでです

You have a busy life.// You have to get/ dinner/ on the table.//

忙しい生活をしている皆さん 夕食の支度は必要だし

You have to force/ them/ to bathe.// But you can do/ 15 minutes.//

子供たちをお風呂にもいれなくては でも 15分なら何とかなります

My kids are my happy place,/ they're my world,/ but it doesn't have to be your kids,/ the fuel/ that feeds your hum,/ the place/ where life feels more good/ than not good.//

子供たちこそ 私の幸せ 私のすべてです でも 子供たちでなくてもよいのです ハムを満たす原動力は あなたが より心地よく 生きられる場所にあるのです

It's not about playing with your kids,/ it's about joy.//

これは 子供と 遊ぶことについての話ではなく 喜びについてなのです

It's about playing in general.//

広い意味での遊ぶこと

Give yourself/ the 15 minutes.//

あなたにも この15分間を

Find/ what makes/ you feel good.//

楽しいと思えることを見つけて

Just figure it out/ and play in that arena.//

その舞台で遊んでみませんか

I'm not perfect/ at it.// In fact,/ I fail as often/ as I succeed,/ seeing friends,/ reading books,/ staring into space.//

私は完ぺきではありませんし 成功するのと同じくらい失敗しています 友達に会ったり 読書をしたり 宙を見つめることを忘れてしまっています

"Wanna play?"// starts to become/ shorthand/ for indulging myself/ in ways/ I'd given up/ on right/ around the time/ I got my first TV show,/ right/ around the time/ I became a titan-in-training,/ right/ around the time/ I started competing/ with myself/ for ways/ unknown.//

「遊ばない?」は 自分を満たすことを思い出させてくれます テレビの仕事を 初めてもらったあの頃 タイタンとしてのトレーニングを 始めたあの頃 よくわからない方法で 自分と競い始めた あの頃に諦めてしまっていたもの

15 minutes?// What could be wrong with giving myself/ my full attention/ for 15 minutes?//

15分間 自分に完全に集中してみることが 問題になり得る? 15分だけですよ?

Turns out,/ nothing.//

全くそんなことはないです

The very act of not working/ has made it possible/ for the hum/ to return,/ as if the hum's engine could only refuel/ while I was away.//

仕事をしなかった まさにそのお陰で ハムが戻ってきたのです 私がどこかに行っている間にだけ ハムのエンジンが給油されるかのように

Work doesn't work without play.//

仕事は遊びなしには成り立たないのです

It takes a little time,/ but after a few months,/one day the floodgates open/ and there's a rush,/ and I find myself/ standing in my office filled with an unfamiliar melody,/ full/ on groove/ inside me,/ and around me,/ and it sends me/ spinning with ideas,/ and the humming road is open,/ and I can drive it/ and drive it,/ and I love working/ again.//

少し時間はかかりましたが 数か月後のある日のこと せきを切ったかのように 感情がほとばしり 気づけば 私はオフィスで 聞きなれないメロディとグルーヴで 満たされました アイディアがどんどんと紡がれてくるのです ハミングロードが開かれ 私はどこまでも走っていけるのです 私はまた仕事が大好きになりました

But now,/ I like/ that hum,/ but I don't love that hum.//

今 ― 私は あのハムは好きですが もう 大好きではないのです

I don't need that hum.//

あのハムはもう必要ありません

I am not/ that hum.// That hum is not me,/ not anymore.//

私はあのハムではないし ハムは私でもありません もう 違うのです

I am bubbles and sticky fingers and dinners/ with friends.//

私はシャボン玉で べたつく指と 友人たちとの食事なのです

I am/ that hum.//

私はそういうハムなのです

Life's hum.//

人生にはハムがあり

Love's hum.//

愛にはハムが

Work's hum is still a piece of me,/ it is just no longer/ all of me,/ and I am so grateful.//

仕事のハムは私の一部ではありますが ただもう それは全てではないのです ありがたいことです

And I don't give a crap/ about being a titan,/ because I have never once seen a titan play Red Rover,/ Red Rover.//

タイタンでいることは もはや重要ではなく タイタンが 「はないちもんめ」 を するところなんて見たことないですし

I said yes/ to less work and more play,/ and somehow/ I still run my world.//

仕事を減らして遊びを増やして それでも何とか 私の世界は回っています

My brain is still global.// My campfires still burn.//

私の頭脳は相変わらずグローバルですし キャンプファイヤーはまだ燃えてる

The more/ I play,/ the happier/ I am,/ and the happier my kids are.//

もっと遊ぶほどに 幸せは増し 子供たちも幸せになる

The more/ I play,/ the more/ I feel like a good mother.//

もっと遊ぶほどに 良い母親でいるように感じられるし

The more/ I play,/ the freer/ my mind becomes.//

もっと遊ぶほどに 精神は自由になる

The more/ I play,/ the better/ I work.//

もっと遊ぶほどに よりよく働けて

The more/ I play,/ the more/ I feel the hum,/ the nation/ I'm building,/ the marathon/ I'm running,/ the troops,/ the canvas,/ the high note,/ the hum,/ the hum,/ the other hum,/ the real hum,/ life's hum.//

遊ぶほどに さらにハムを感じることが出来る 私が 建てている国 走っているマラソン 劇団に キャンバスに 高音に そしてハム、ハム また別にあるハム 現実にあるハム 人生はハムで

The more/ I feel/ that hum,/ the more/ this strange,/ quivering,/ uncocooned,/ awkward,/ brand new, alive non-titan feels/ like me.//

もっとハムを感じるがごとに この見なれない 不安定で 繭から出たばかりの 不器用で 新しくなった 活気のある タイタンじゃない私は 自分らしく思えます

The more/ I feel/ that hum,/ the more/ I know/ who I am.//

この新しいハムを感じるほどに 自分を理解してきています

I'm a writer,/ I make stuff up,/ I imagine.//

私は作家で 物語を綴り 心に描きます

That part of the job,/ that's living the dream.//

仕事のその部分は 夢を生きること

That's the dream of the job.//

それは仕事の夢の部分

Because a dream job should be a little bit dreamy.//

夢のような仕事なのだから 少しは夢があっても良いでしょう

I said yes/ to less work and more play.//

私は働くのを減らし もっと遊ぶことに イエスと言いました

Titans need not apply.//

タイタンにならなくてもよいのです

Wanna play?//

遊びませんか?

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

comfort

…'を'『慰める』,元気づける

〈苦しみなど〉'を'楽にする,和らげる

〈U〉『慰め』,慰安

〈C〉『慰めを与える人』)『物』);《通例複数形で》生活を楽しくするもの

〈U〉『快適さ』,安楽

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

undo

〈結び目など〉‘を'『開く』,ゆるめる,〈ボタンなど〉‘を'はずす

〈包みなど〉‘を'『開ける』;〈かんぬきなど〉‘を'はずす

〈一度やったこと〉‘を'『元どおりにする』,取り消す

《文》《しばしば受動態で》…‘を'破滅させる,だめにしてしまう

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

speaking

話をする,談話の

物を言いそうな,表情たっぷりの

話すこと;談話;演説

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

toddler

よちよち歩きをしはじめた幼児

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

Emerson

エマソン(『Ralph Waldo ~』;1803‐1882;米国の思想家・詩人)

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

honey

〈U〉『はちみつ』;花のみつ,糖みつ

〈U〉(みつのように)甘いもの;心地よいこと

〈C〉《おもに米話》かわいい人

〈C〉《おもに米話》りっぱなもの

はちみつの;(味・色が)はちみつのような,はちみつ入りの

〈食物など〉‘を'はちみつで甘くする

《話》〈人〉‘に'甘い言葉をかける,おせじを言う

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

waitress

(レストランなどの)『女給仕人』,ウエートレス

laughter

『笑い』,笑い声

gon na

going toの縮約形

milk

(雌の哺乳(ほにゅう)動物が分泌する)乳,(特に食料としての)『牛乳』,『ミルク』

(植物の)乳汁,乳剤,乳液

〈牛など〉‘の'乳をしぼる

〈情報など〉‘を'引き出す;(…を)〈人〉‘から'しぼり取る《+『名』+『of』+『名』》

(毒を)〈蛇〉‘から'抜き取る《+『名』+『of』+『名』》

〈牛などが〉乳を出す

cup

(紅茶・コーヒー用の)『茶わん』

『茶わん1杯』(の…)《+『of』+『名』》

カップ(容量の単位,約240,)

賞杯

《修飾語を伴って》(悲しみ・楽しみなど)人生の経験

《複数形で》酒・飲酒

〈手のひら〉'を'杯状にする

…'を'茶わん(杯状の物)の中へ入れる

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

vow

『誓い』,誓約

…‘を'『誓う』,誓約する

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

stunning

気絶させるような

すごくすてきな,すばらしく美しい

side effect

(薬などの)副作用

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

fully

『十分に』,完全に

まるまる

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

executive

『実行の』,執行力のある

『行政上の』,行政的な

〈C〉『行政官』:

《the executive》(政府の)行政部

〈C〉(会社などの)『重役』,経営陣,管理職員

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

applause

『拍手かっさい』;称賛

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

episode

挿話的なでき事(人生の特殊な経験など)

(小説・劇などの中の本筋と直接関係のない)挿話的な事件

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

times

…掛ける

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

grey

=gray

scandal

〈C〉〈U〉『醜聞』,スキャンダル

〈U〉〈U〉恥,不面目

〈C〉(スキャンダルに対する人々の)義憤,反感,物議

〈U〉(…についての)中傷,陰口,悪口《+『about』(『over』)+『名』》

murder

〈U〉『殺人』謀殺,殺害

〈C〉殺人行為,殺人事件

〈U〉《話》危険なこと,命取りになること

(殺意をもって)〈人〉‘を'『殺す』,殺害する

(力不足のために)〈作品など〉‘を'だめにする,ぶちこわす

殺人を犯す

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

back to back

(二つの類似したでき事が)相次いだ,連続した

相難いで,精続して

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

territory

〈C〉〈U〉(広い)『地域』,地方

〈C〉〈U〉(領海を含む)『領土』,領地

〈C〉〈U〉(セールスマン・代理店などの)『受け持ち区域』,担当区域;縄張り

〈C〉〈U〉(学問などの)領域,分野

〈C〉《T-》(アメリカ・カナダなどの)準州

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

creative

『創造力のある』

『独創的な』

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

campfire

(暖房または炊事用の)野営地のたき火,キャンプファイアー

(キャンプファイアーを囲んで行う)懇親会

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

impress

(…で)‥‘を'『感銘させる』,‘に'印象づける《+『名』+『with』+『名』》

(人,人の心・記憶に)…‘を'『銘記させる』

(…に)〈印〉‘を'つける,刻み込む《+『名』+『on』+『名』》(印などを)…‘に'つける《+『名』+『with』+『名』》

押印,刻印

影響,こん跡

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

classroom

『クラスルーム』,教室

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

peck

…‘を'『くちばしでつつく』

〈穴など〉‘を'くちばし(とがった道具)でつついて開ける

〈鳥が〉…‘を'ついばむ

《話》(あいさつなどぃ)〈人〉‘に'軽いキスをする

(…を)『くちばしでつつく』《+『at』+『名』》

computer

『計算機』;『電子計算機』

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

sweat

〈U〉『汗』

〈U〉(一般に,物の表面にできる)湿気,露,水滴

〈U〉《しばしばa ~》発汗[状態];〈C〉発汗作用

〈U〉《しばしばa ~》《話》心配(いらだち,怒り)の状態

〈U〉《しばしばa ~》骨折り,つらい労働

『汗をかく』

(一般に,物の表面が)湿気を帯びる,汗をかく

《話》汗水流して働く

〈水分〉‘を'毛穴などから出す

…‘に'汗をかかせる

〈体重など〉‘を'汗を流して減らす《+away(off)+名,+away(off)+名》

…から水分を出させる

〈人・馬など〉‘を'汗水流して働かせる,酷使する

tear

…‘を'『裂く』,破る,引き裂く

〈穴など〉‘を'『破って作る』

(…から)…‘を'『引きはがす』,もぎ取る,引き離す《+away(down, off, out, up)+名+from(out of, off)+名》

《受動態》で‥‘を'裂いて(破って)分ける《+名+apart》

裂ける,破れる

《副詞[句]を伴って》激しく(大急ぎで)動く,突進する

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

thin

『薄い』

細い

『やせた』,やつれた

(液体・気体が)『薄い』,希薄な

まばらな,密集していない

内容のない,見え透いた

(音・声が)『か細い』

薄く,細く,まばらに

…‘を'薄くする,細くする,まばらにする

薄くなる,細くなる,まばらになる

troop

(特に,移動中の人・野生の動物の)『群れ』,一団《+of+名》

騎兵大隊,装甲車大隊

《複数形で》『軍隊』;警官隊;武装団

ボーイ(ガール)スカウトの分隊(16‐32人で編成する)

群れをなして動く

〈軍旗〉‘を'先頭に立てて分列行進をする

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

canvas

〈U〉『ズック』,帆布

〈U〉『カンバス』,画布;〈C〉(1つの)カンバス

〈C〉(カンバスに描いた)油絵

〈U〉《集合的に》テント,帆

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

marathon

(また『marathon race』)《しばしばM-》マラソン競走(標準距離は42.195km)

(一般に)長距離競争;耐久競争

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

mechanical

『機械の』,道具の;機械(道具)を必要とする

機械仕掛けの,機械操作の,機械製の

機械に適した,機械向きの;(人・行動などが)機械的な,自動的な

exhaust

《しばしば受動態で》(…で)〈人〉‘を'『疲れ果てさせる』,消耗させる《+『名』〈人〉+『by』(『from, with』)+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》〈蓄え・体力など〉‘を'『使い果たす』

…‘を'研究し尽くす,論じ尽くす

(…から)〈空気・水・ガスなど〉‘を'抜き出す,からにする《+『名』+『from』+『名』》

(空気・水・ガスなどを)…‘から'抜き出す《+『名』+『of』+『名』》

〈U〉(エンジンなどからの)排気

(またexhaust gas, exhaust fumes)〈U〉排気ガス

(またexhaust pipe)〈C〉排気管

exhilarate

〈人〉‘を'うきうきさせる,陽気にさせる

hilarious

とてもおかしい,こっけいな

陽気に騒ぐ

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

maternal

母らしい;母の

母方の

cruel

(人・行動が)『残酷な』,無慈悲な

『悲惨な』,むごい

judicious

思慮分別のある(sensible),賢明な(wise)

hum

〈ハチ・機械などが〉『ブンブンいう』,ブーンと鳴る

『鼻歌を歌う』,ハミングスル

(ちゅうちょ・当惑で)ふむふむいう

《話》〈雰囲気・事業などが〉活気がある,活発に動く;(…で)活気づく《+『with』+『名』》

…‘を'『ハミングで歌う』,鼻歌を歌って…‘を'(ある状熊に)する

(ハチ・機械などの)『ブンブン』[『うなる音』];鼻歌

(雑踏などの)ガヤガヤ]いう音],騒音

ふ‐む,う‐ん(ちゅうちょ・当惑・黙考・疑惑・不快などの声)

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

writing

〈U〉『書くこと』

〈U〉筆跡,書掛

〈U〉(口頭に対して)書かれて形式,文書

〈U〉〈C〉『書かれたもの』(手紙,書類,銘など)

《複数形で》文学作品,著作

〈U〉著述業,文筆業

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

collaborate

(…と…について)共同して働く,共同研究する《+『with』+『名』+『in(on)』+『名』(do『ing』)》

(占領軍・敵などに)協力する,内通する《+『with』+『名』》

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

buzz

(ハチ・ハエ・機械などの)『ブンブンいう音』

(人々の)ざわめき

〈ハチ・ハエ・機械などが〉『ブンブンいう』

(…で)〈人々・場所が〉ざわめく《+『with』+『名』》;(特に声を落として)(…を)ひそひそとうわさする(騒ぎたてる)《+『about』+『名』》

ブンブン音をたてて動く;せわしく動き回る《+『about』(around)》

(…を)ブザーで呼ぶ《+『for』+『名』》

〈人〉‘に'ブザーで合図する;(…するよう)〈人〉‘に'ブザーで知らせる《+『名』+『to』do》

《『buzz』+『that 節』》…‘と'ひそひそとうわさする

〈飛行機が〉…‘の'上をブンブン飛ぶ

rush

トウシンソウ(灯心草);灯心草の茎(マット・かごなどを作る)

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

whisper

『ささやく』,ひそひそ話す《+about+名》

〈風・流れ・木の葉などが〉サラサラ音を立てる

…‘を'『ささやく』,ひそひそと言う

《しばしば受動態で》〈秘密など〉‘を'言いふらす《+about+名》

『ささやき』,ささやかれた言葉

《単数形で》(風・流れなどの)サラサラいう音

うわさ,ひそひそ話

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

strive

『大いに努力する』,励む

(…と)『戦う』,(…に)抵抗する《+against+『名』》

greatness

『大きいこと』,巨大;多大

『偉大さ』,高貴;高名

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

workaholic

仕事中毒の人,働き過ぎる人

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

ego

〈U〉〈C〉自我;《しばしばE・go》主観

〈U〉《話》うぬぼれ,自尊心(conceit)

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

stare

(…を)(目を大きく開いて)『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する《+『at』(『into』)+『名』》

〈色などが〉目見つ

…‘を'『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する

〈人〉‘を'にらみつけて(…)させる《+『名』〈人〉+『into』(『to』)+『名』》

『じっと見つめること』,凝視

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

overuse

…‘を'使い過ぎる

〈U〉乱用,使い過ぎ,酷使

overdone

overdoの過去分詞

煮過ぎた,焼き過ぎた

誇張した,度の過ぎた

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

mom

=mother

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

nanny

《英》(特に上流家庭の)乳母(うば),ばあや

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

regret

…‘を'『後悔する』;…‘を'残念に思う

〈人が〉〈失われたもの〉‘を'惜しむ,悲しむ

〈U〉(…に対する)『後悔』,悔い;残念な気持ち,遺憾《+『at』(『for, over』)+『名』(doing)》

〈U〉(…に対する)悲しみ,哀惜,哀悼の意《+『over』(『for』)+『名』》

〈C〉《複数形で》(招持などへのていねいな)断り[状];(断るための)遺憾の言葉

surrender

(…に)…‘を'『引き渡す』,明け渡す《+名+to+名》

(感情などに)〈自分の身〉‘を'『任せる』,ゆだねる《+oneself to+名》

《文》〈権利・自由など〉‘を'『譲る』,放棄する

(…に)『降伏する』,自首する《+to+名》

(感情などに)身をゆだねる,屈服する《+to+名》

『引き渡し,降伏』,自首;譲渡,放棄

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

quit

…‘を'『やめる』,『中止する』

〈職・地位など〉‘を'『断念する』,『此てる』,放棄する

《英では古》〈人・土地など〉‘から'去る

やめる,中止する

辞職(退職)する

(敗北を認めなどして)断念する

去る;立ちのく

(…を)免れた,(…から)自由な《+『of』+『名』》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

dust

〈U〉『ちり』,ほこり

《a ~》土煙,砂ぼこり

〈U〉粉末,粉

《the ~》《文》遺骨,なきがら

〈U〉(死後の)土

〈U〉屈辱,恥

〈U〉つまらぬもの

…‘の'『ちりを払う』,ごみをふき取る《+『名』+『off』(『down』),+『off』(『down』)+『名』》;(…から)…‘を'払う《+『名』+『from』+『名』》

(粉などを)…‘に'振り掛ける《+『名』+『with』+『名』》

(家具などの)ほこりを払う

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

banker

『銀行家』,銀行経営者

(ゲームの)親,胴元

painter

『画家』

ペンキ屋

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

cease

『やむ』,終わる

…'を'『やめる』,中止する

終止

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

momma

=mama

wanna

=want to

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

mourn

(…を)『悲しむ』,嘆く,いたむ《+『over』(『for』)+『名』(do『ing』)》

〈死んだ人,その人の死など〉‘を'『嘆き悲しむ』,哀悼(あいとう)する

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

laughing

笑っている;笑っているように見える(聞こえる)

笑いを誘う(laughable)

笑い,笑い声(laughter)

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

poop

船尾楼[甲板]

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

panic

〈C〉〈U〉『あわてふためき,恐慌』,ろうばい

〈C〉経済恐慌,パニック

《単数形で》《米俗》とてもおかしなもの,珍無類なもの

あわてふためく,恐慌に陥る

…‘を'あわてさせる

《米俗》〈観客〉‘を'沸きたたせる

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

sticky

ねばねばした

接着剤のついた

(天候が)蒸し暑い

《話》(物が)扱いにくい,(人が)気むずかしい

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

gooey

(あめなどが)ねばつく,べたつく

感傷的な,甘ったるい

kiss

…‘に'『口づけする』,『キスする』

…‘に'軽く触れる

口づけする,キスをする

《俗》(前の車に)追突する

『口づけ,キス』

軽く触れること

(1個ずつ紙・銀紙に包まれたチョコレートなどの)小さなキャンデー

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

crayon

クレヨン;クレヨン画

〈絵〉'を'クレヨンで描く

frozen

freezeの過去分詞

凍った,凍結した

(態度などの)冷たい,冷淡な

(資産などが)凍結された

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

simplicity

『簡単』,平易;(…の)容易《+『of』+『名』》

『飾り気のなさ』,簡素,地味,質素

実直,誠実

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

barely

『かろうじて』,『やっと』[…する],わずかに[ある]

むきだしに,あからさまに

breathe

『呼吸する』,息をする

一息いれる,休息する

生きている,生存する

〈風などが〉そよぐ

〈空気〉‘を'『呼吸する』

(…に)…‘を'吹き込む《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'口に出す,〈秘密など〉‘を'もらす,ささやく〈ため息など〉‘を'もらす

…‘に'一息入れさせる

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

loosen

…‘を'『緩める』

〈土など〉‘を'ばらばらにする

〈制限・規定・訓練など〉‘を'緩める

『緩む』,ばらばらになる

swing

(一定の動きで)…‘を'『振る』,揺り動かす

(一点を軸にして)…‘を'『回転させる』,ぐるりと回す

〈棒など〉‘を'『振り回す』

…‘を'向きを変える

〈物〉‘を'『つるす』,掛ける

《米話》〈取引きなど〉‘を'うまく処理する,思いどおりに操る

(…から別の意見・立場などに)…‘を'変える《+from+名+to+名》

《副詞[句]を伴って》(一定の動きで)『揺れる』,揺れ動く;ぶらんこに乗る

(一点を軸にして)『回転する』,ぐるりと回る

(大きく弧を描くように)(…を)打つ《+at+名》

(…の方に)向きを変える《+on(onto,to,into)+名》

のびのびと調子よく歩く,活動的になる

《話》(…のことで)絞首刑になる《+for+名》

(別の意見・立場などに)変わる《+to(toward)+名(doing)》

《話》〈音楽が〉スイング風である(に演奏する)

〈C〉〈U〉(一定の動きを伴う)揺れ,振動;(ある方向への)揺れ動き《+toward+名》

〈C〉振幅

〈C〉『ぶらんこ』;ぶらんこ遊び

〈U〉《しばしば a~》リズミカルな動き(歩き方)

〈C〉(…を)大きく振ること,打つこと《+of+名》

〈U〉活動の自由

〈U〉スイング(1930‐40年代のジャズのリズム)

〈C〉各国・各大陸を飛び歩く

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

instantaneous

即時の,瞬間の

creep

〈動物・昆虫などが〉『はう』,〈赤ん坊などが〉腹ばいにはう

〈つた・ぶどうのつるが〉『はう』

《副詞[句]を伴って》ゆっくり(こっそり)近づく

《副詞[句]を伴って》〈時間などが〉徐々に過ぎる

(虫がはうように)〈体が〉むずむずする,ぞっとする

〈C〉『はうこと』,忍び歩き

《the creeps》《話》ぞっとする感じ

《俗》(人に取り入ろうと)はいつく回る奴

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

forgot

forgetの過去

replacement

置き換わること,取り替えること,元へ戻すこと;返済・置き換わる物(人),代理;補充員補充物

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

confidence

〈U〉《修飾語を伴って》『信頼』,信用,信任;(…を)信頼(信用)すること《+『in』+『名』》

〈U〉(自分の思想・能力・行動などに対する)『確信』,自信

〈C〉打ち明け話,秘密(secret)

=confidence game(trick)

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

singular

『非凡な』,目ざましい

『奇妙な』,変わった

(文法で)『単数の』

単数[形]

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

firm

(物が)『堅い』,堅固な,引き締まった

『しっかり固定した』,ぐらつかない

(人・信念・友情などが)変わらない

断固とした,決然たる

(価格・価値が)安定している

しっかりと

…‘を'固める,堅くする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'安定させる

安定する《+『up』》

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

permission

『許可』,承諾

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

guilt

『有罪』;『罪』;犯罪[行為]

罪の意識,やましさ

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

incredibly

信じられないほど

humble

(身分・質などが)『低い』,卑しい,そまつな;わずかな(scanty)

『控え目な』,謙そんな,出しゃばらない(modest)

甘んじて屈辱を受ける,平謝りさせられる

〈人・心など〉‘を'謙虚にする

…‘を'卑しめる,はずかしめる・「eat humble pie」で「屈辱を忍ぶ・ ひたすらわびる・甘んじて屈辱を受ける」

humiliate

〈人〉‘の'自尊心を傷つける,‘に'恥ずかしい思いをさせる

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

facing

〈U〉(壁などの)表面仕上げ,化粧張り

〈U〉(着年の)へり取り,へり飾り

《複数形で》(軍服のえりやそで口につけ,兵種・職種を示す)縫い取り,定色

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

handle

『取って』,柄,ハンドル

手がかり,きっかけ

《話》(sirなどの)肩書き

…‘に'『手で触れる』;手で持つ

〈材料・道具など〉‘を'手で扱う

〈人・動物など〉を『扱い』,統制する

〈問題など〉‘を'扱う,処理する,〈曲など〉‘を'弾きこなす

〈商品〉‘を'扱う,商う

〈自動車などが〉扱われる,操縦される(できる)

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

yard

ヤード(長さの単位で3フィート,約91.4センチ;《略》櫻.(複 yds.));(日本で布を測るときの)ヤール

(特に建築業で)1立方ヤード

帆げた

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

tune

(音楽の)『曲』,節(ふし),メロディー(melody)

〈楽器〉‘の'調子を合わせる,‘を'調律する《+up+名,+名+up》

〈エンジンなど〉‘を'調整する《+up+名,+名+up》

(…に)〈受信機〉‘を'同調させる,‘の'波長を合わせる《+名+to+名》

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

stiff

(物が)『堅い』,しなやかでない

(首・肩などが)『硬直した』,凝った,こわばった

(態度・動作が)『堅苦しい』,不自然な,ぎこちない

(刑罰・要求などが)『厳しい』

(値段などが)法外な

困難な,骨の折れる

(半固体物質が)堅練りの

(機械などが)なめらかに動かない

(風・流れなどが)力強い,激しい

《話》(アルコール分・薬効などの)強い

死体

堅苦しいやつ

(一般に)人,やつ(person)

全く,ひどく

delirious

(高熱などで)精神の錯乱した

(喜びなどで)有頂天になった

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

itch

〈C〉《an~》かゆい感じ,かゆみ;《the~》(皮膚病の)疥癬(かいせん)

《an~》うずうずする欲望,むずむずする気持ち

〈人・体の一部が〉かゆい,むずむずする

《しばしば進行形で》むずむずする,欲しくてたまらない

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

idiot

(3‐4歳以下の知能しかない)白痴

《話》ばか(fool)

diamond

『ダイヤモンド』,ダイヤ,金剛石

ガラス切り

菱(ひし)形[のもの]

(カードの)ダイヤの札

(野球の)内野;野球場

ダイヤモンド製の;ダイヤモンド入りの

ダイヤモンド形の

ダイヤモンド記念の(結婚記念日などが75回目,または60回目)

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

ladybug

テントウムシ

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

candy

《米》『砂糖菓子』,キャンデー(《英》sweets)

《英》氷砂糖(sugar candy)

…を砂糖づけにする 砂糖で煮る

(煮つめて)‥'を'結晶させる

‥'を'甘くする

氷砂糖状に固まる

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

totally

全く,完全に

pull off

~を引っ張って外す、起こす・車を道路脇へ寄せる、離れる、出発する ・(困難な状況の中で)成功する、~をうまく[首尾よく]やる[やってのける・やり通す・やり遂げる・成し遂げる]・(急いで)脱ぐ

uninterrupted

とぎれない,連続した

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

laundry

《集合的に》『洗濯』[『物』]

〈C〉『クリーニング屋』

『洗濯室』(laundry room)《形容詞的に》

bathe

《米》〈子供など〉'を'『入浴させる』(《英》bath)

…'を'『浸す』,『洗う』

〈汗・涙が〉…'を'ぬらす

〈光などが〉…‘に'いっぱいに注ぐ,'を'包む

《米》入浴する《英》bath)

《おもに英》水泳する

《英語》(海・川での)水泳

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

arena

(古代ローマ時代の円形劇場の中央にある)闘技場

(一般にスポーツなどの)競技場,競演場

競争の場,活躍の舞台

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

wan na

=want to

shorthand

速記,速記術

速記の

indulge

〈欲望など〉‘を'『満足させる』;〈人〉‘の'思いのままにさせる

〈子供など〉‘を'甘やかす

(欲望などを)『満足させる』,(…を)思いのままにする《+『in』+『名』(do『ing』)》

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

unknown

『知られていない』,不明の,無名の

『未確認の』,未発見の,未知の

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

refuel

…‘に'燃料を補給する

燃料を補給される

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

floodgate

(水量の調節をする)水門

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

unfamiliar

『よく知らない』,未知の見慣ない,聞き慣ない

《補語にのみ用いて》(物事を)よく知らない,未知の《+with+名》

melody

〈U〉『美しい音の流れ』,快い調べ

〈C〉『旋律』;(声楽曲・器楽曲の)主旋律[部分]

groove

(石・木・金属などに刻んだ)みぞ

(レコード盤面の)みぞ

慣例,きまり

…‘に'みぞを掘る(刻む)

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

humming

(虫・機械などが)ブンブンいう(うなる);鼻歌を歌う,ハミングで歌う

《話》(商売などが)活発な,活気のある

grateful

《補語にのみ用いて》『感謝している』,恩を感じている

《名詞の前にのみ用いて》感謝を表す

楽しい,快い(agreeable)

crap

〈U〉うんこ,くそ・糞

《a~》うんこをすること

〈U〉ほら,たわごと

〈U〉がらくた,ごみ

うんこをする

ふん,ばかばかしい

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

rover

さまよう人;留浪者・歩き回る人,流浪者

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

quiver

(通例小刻みに,またはわずかに)『震える』

(…の)(通例小刻みの,またはわずかな)震え,震動《+『of』(『in』+『名』》

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

dreamy

夢のような,ぼんやりした

(人が)夢見るような,空想にふけった

夢を誘う,心を和らげる

《俗》すばらしい

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

関連動画