TED日本語 - デビッド・グルーバー: 暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。

Script

私は海洋生物学者です そしてナショナルジオグラフィックの エクスプローラーであり 写真家です 秘密を教えましょう この画像は完全に間違っています 完全に違います 私が人魚の概念を 台無しにしたので 後ろで泣いている人が見えます いいでしょう 人魚は本当にいることにします でも海に潜ったことがあれば このように見えることは ご存知ですね 海は大きなフィルターなので 水中に入るとすぐに 色が失われます すぐに暗く青くなります

人間は陸生哺乳類です 三色視なので 赤、緑、青が見え 完全にカラー中毒者です 目を見張る色が大好きで 水中にも鮮やかな色を 持ち込もうとします

だから水中に色を持ち込もうという 長くさえない歴史があります それは88年前にビル・ロングレイと チャールズ・マーティンが始めました 初の水中カラー写真を 撮ろうとしたのです 彼らは旧式の潜水服を着て 水中にいました ポンプで空気を送るのです そして強力に爆発する マグネシウム粉の浮きを持っていました かわいそうな水上の人たちには いつ焦点が合って 紐が引かれるのか 見当もつきません そして ドーン!と 強烈に爆発しました これで少しだけ水中を明るくして このような美しいベラの 写真を撮りました 極めて美しい写真ですが 本物ではありません 彼らは人工的な環境を作って 私たちのカラー中毒を 満足させたのです

逆の視点から見ると 水中に色を付ける代わりに 青い海を見ていたことに 気が付きました そこは青のルツボで 生息する動物は 何百万年にも渡って 青い光を取り込んで他の色を放つために あらゆる方法で 進化していたのです この秘密の世界が どのようにみえるのかをお見せします 水中のライトショーみたいです

(音楽)

青い光が当たっています これらの動物は 青い光を吸収して すぐこの光に変換します

考えてみると 地球の71%は海です 青い光は 約1,000m下まで届きます 水中を潜っていくにつれて 約10mを過ぎると 赤い色は全てなくなります もし10mよりも深い場所で 赤いものが見えたら 生物が変換して作った 独自の赤い色です 地球最大で唯一の 単色の青い環境です

私の生物蛍光の世界への 入口はサンゴでした サンゴと その素晴らしさについての TEDトークをしたいものです サンゴの驚異的な能力の一つは 沢山の蛍光タンパク質を 生産することです 蛍光分子です このサンゴは体重の14%までの 蛍光タンパク質を 生産できます 使わない筋肉を 14%も作らないでしょう だから何か機能的な 役割がありそうです このことは10から15年間 私とって非常に特別なものでした この分子が生物医科学で 最も画期的な道具の一つと判明し ヒトの内部をより良く 見えるようにしたからです

では これをどのように 調査するのでしょうか? 生体蛍光の研究をするためには 夜に泳ぎます 私が研究を始めたときは 青い粘着テープのフィルターで ストロボをカバーしました これで実際に 動物が変換した光だと 確かめられます 私たちは蛍光のサンゴ礁の 素晴らしさを紹介する 自然史博物館の 展示物を準備していました そこで心底驚くことが 起こりました これです サンゴの真ん中にいるのは 緑色蛍光の魚です 緑色蛍光の魚や 脊椎動物を見たのは 初めてでした 目を擦って フィルターを確認しながら カメラを使って 誰かが からかっていると思っていました でもウナギは本物でした

緑色蛍光のウナギを 初めて発見したのです これで私の方向性が 完全に変わりました サンゴの研究は脇に置いて 魚類学者のジョン・スパークスと協力し これが一般的な 現象であるかを調べるために 世界中の調査を始めなくては なりませんでした 魚はサンゴより もっと興味深いものでした 本当に進化した視覚を持ち 中には私の撮影方法と同じように 蛍光を拡大して捉えるレンズが 目の中にある魚もいたからです だからこれを もっと追及したいと思いました

新しい装置一式を設計し 蛍光の生物を求めて 世界中の礁を探し回りました 「E.T.おうち 電話」 に少し似ています 私たちは青いライトを 持って泳いでいます 生物が光を吸収して これを返す反応を探しています ついにイワアナゴが こっそりと写りました とても内気で 人前に姿を見せず ほぼ何も知られていません だいたい指の大きさしかなく 約99.9%の時間を 岩の下に隠れて過ごしています イワアナゴは満月の夜 交尾のために出てきます 満月の夜には 水中も青く照らされます 多分 これでお互いを見て 素早く相手を見つけて交尾し 自分の穴に戻って また長い時間を過ごすのです それから この緑色蛍光のタイのような 蛍光の海洋生物を 発見し始めました 頭と首筋に走る縞模様で そこにあるサンゴの蛍光と 同じ明るさに光って ほぼカモフラージュされています

この魚のあとは この赤色蛍光のオニカサゴを 知りました 岩の上に被さって隠れています 唯一これを見たのは 赤色蛍光の藻の上か 赤色蛍光のサンゴの上でした

その後 このコソコソした 緑色蛍光のエソを発見しました このエソには色々な 模様がありますが 白色光の下では ほとんど同じに見えます しかし蛍光灯の下で見ると 沢山の模様が現れて 個体の違いが分かります ちょうど去年報告しましたが 合計200種以上の 生物蛍光の魚を発見しました

私はフランスの芸術家で生物学者の ジャン・パンルヴェに影響を受けました 生物学において まさに起業的で 創造的な精神を持つ人で 彼は自分で装置を設計し カメラを作りました タツノオトシゴに魅了されていて タツノオトシゴの出産を 初めて撮影しました これはオスです 頭を上にして直立で泳ぐようになった 最初の魚の一つです オスが出産する 驚異的な生物です パンルヴェは何日も起きていました 頭に 自分にショックを与える 電気バイザーを被ることまでして この瞬間を捉えたのです 彼が研究していたのと 全く同一の種に 生体蛍光のタツノオトシゴを 私たちがみつけた瞬間を パンルヴェに見せたかったです 私たちが撮った映像です

(音楽)

彼らは最も謎めいた魚です タツノオトシゴの真上を 泳いでも姿は見えません まさに赤色蛍光の藻に 溶け込んでいます 彼らはとても良い目を持ち 長い求愛の儀式を行います 恐らく 蛍光が求愛に 効果的なのでしょう

それから とてもゾッとする展開がありました エイにも緑色蛍光を みつけたのです どういうことかというと エイは軟骨魚類の仲間ですが 同じ仲間には ― サメもいます 私は まあ サンゴの生物学者なんです 誰かが潜って サメは蛍光か 確かめる必要があります そこに私がいます

(笑)

「サンゴに戻った方が良いかも」 という感じです

(笑)

このサメは 蛍光ではないと分りました それから見つけたのです カリフォルニア沖の 深く暗い渓谷で 生体蛍光のスウェルシャークを 初めて発見しました サーファーたちの真下です これです 約1mの大きさで スウェルシャークと呼ばれます スウェルシャークと呼ばれるのは 危険を感じると 水を飲んで タイヤのチューブのように 2倍に膨らんで 岩の下にはまり込んで 捕食者に 食べられないようにするからです 生体蛍光のスウェルシャークを撮った 初めての映像です 素晴らしいです ― つまり 彼らは独特な模様をしていて 蛍光部分と そうでない部分がありますが 他の部分より かなり明るい キラキラ光る斑点もあります

これを見ると みんな綺麗です 華やかな感じです でも これはサメにとって どんな意味があるのでしょうか? サメには見えるのでしょうか? 文献を見ましたが このサメの視覚について 何も知られていませんでした だからコーネル大学の眼科医である エリス・ロウの所に持ち込みました そして青と緑色の境界線が 個々にはっきりと 見えていることを発見しました 多分 暗闇では私たちより 約100倍よく見えますが 青と緑しか見えません 彼らはこの青い世界で 青を吸収して緑を作っています 彼らが実際に見える 明暗差を作っているのです このモデルは 全ての模様を見る能力が あることを示しています オスとメスは特徴的な 模様があることも 分りました

ソロモン諸島の今いるところから ほんの数キロの所で 最新の発見をしました 夜泳いでいたら 初めて生体蛍光の ウミガメに遭遇したのです 魚とサメから始まって 爬虫類まで進みました ほんの1か月ほど前の出来事です でも タイマイの視覚に関しても ほとんど何も 知識がないことが分りました 更に学ぶ事がどの位あるのかと 考えさせられました ここソロモン諸島は 彼らのホットスポットの一つですが 繁殖できるタイマイのメスは わずか数千匹いるだけです このことは彼らを保護する必要性に 迫られていることを示しています 彼らがまだ存在している間に 理解したいものです

生体蛍光は どの位深くまで 存在するのでしょうか? 海の底までずっとでしょうか? 私たちは前面に 特殊な青いライトを装備した 潜水艦を使い始めました そして潜って行って 一つの重要なことに 気付きました 1,000m近くまで潜ると 次第にいなくなるのです 生体蛍光の海洋生物は 1,000mより下にはいませんでした ほどんど何もなく暗闇だけです それは主に 浅い水深での現象だったのです 1,000mより下では 生物発光の領域に遭遇しました そこでは10匹中9匹は 自分の光を作って キラキラと点滅していました

もっと深く潜ろうとしたので 1人用潜水服を着ています 「ジャック・クストーとウディ・アレンが 出会った瞬間」と言う人がいます

(笑)

しかし水中で調査するにつれて 「生物を優しく扱う方法」を 考えるようになりました 探査の新時代に入っているので 最新の注意を払い 探査方法の手本を 示さなくてはいけません だからハーバード大学の ロボット研究家ロブ・ウッドと協力して 柔軟な水中ロボットの指を 設計しました これで水中生物を 優しく扱うことができます 深海探査の技術のほとんどは 石油、ガス、軍事に由来します これらはあまり 優しくすることは気にしていません いくつかのサンゴは 1,000歳かもしれません 大きな爪で 潰したくありませんよね 私の夢はこのようなものです 夜 潜水艦に乗り込んで フォースフィードバックグローブを使って 慎重に潜水艦の前に 研究室を作るというものです そこでは柔軟なロボットの指が やさしくサンプルを 採取して瓶に入れ 研究を行えるのです

有用な応用例に戻りましょう これは生きたままの脳です 生きた脳での発光から 神経の結合を見るために 海中の生物からの DNAを使っています この場合はクラゲと サンゴのものです 人の直観を満たすため 光の三原色を使っているのが 面白いのですが 私たちの脳を もっとよく見ることができます もっとびっくりするのは 私の親しい同僚のエール大学の ヴィンセント・ピエリボンが 電圧に反応する 蛍光タンパク質を 実際に考案し 設計したのです だから神経細胞の発火を 見られるようになりました ご覧のように 意識への玄関口が 海洋生物を利用して作られたのです

このことで将来への展望と その関連性のことを思い起こしました 深宇宙から見ると 私たちの銀河は 人間の脳細胞みたいです そして深海で 海洋生物と細胞は 人の心を照らし出せることが 分りました 私の望みは この照らし出された心で 私たちがあらゆる生き物の 全体的な関わり合いをよく考えて 健全な海を維持すれば いかに有益なのか 理解できるようになることです

ありがとうございました

(拍手)

I'm a marine biologist and an explorer-photographer with National Geographic, but I want to share a secret. This image is totally incorrect, totally incorrect. I see a couple of people crying in the back that I've blown their idea of mermaids. All right, the mermaid is indeed real, but anyone who's gone on a dive will know that the ocean looks more like this. It's because the ocean is this massive filter, and as soon as you start going underwater, you're going to lose your colors, and it's going to get dark and blue very quickly.

But we're humans -- we're terrestrial mammals. And we've got trichromatic vision, so we see in red, green and blue, and we're just complete color addicts. We love eye-popping color, and we try to bring this eye-popping color underwater with us.

So there's been a long and sordid history of bringing color underwater, and it starts 88 years ago with Bill Longley and Charles Martin, who were trying to take the first underwater color photograph. And they're in there with old-school scuba suits, where you're pumping air down to them, and they've got a pontoon of high-explosive magnesium powder, and the poor people at the surface are not sure when they're going to pull the string when they've got their frame in focus, and -- boom! -- a pound of high explosives would go off so they could put a little bit of light underwater and get an image like this beautiful hogfish. I mean, it's a gorgeous image, but this is not real. They're creating an artificial environment so we can satisfy our own addiction to color.

And looking at it the other way, what we've been finding is that instead of bringing color underwater with us, that we've been looking at the blue ocean, and it's a crucible of blue, and these animals living there for millions of years have been evolving all sorts of ways to take in that blue light and give off other colors. And here's just a little sample of what this secret world looks like. It's like an underwater light show.

(Music)

Again, what we're seeing here is blue light hitting this image. These animals are absorbing the blue light and immediately transforming this light.

So if you think about it, the ocean is 71 percent of the planet, and blue light can extend down to almost a 1,000 meters. As we go down underwater, after about 10 meters, all the red is gone. So if you see anything under 10 meters that's red, it's an animal transforming and creating its own red. This is the largest single monochromatic blue environment on our planet.

And my gateway into this world of biofluorescence begins with corals. And I want to give a full TED Talk on corals and just how cool these things are. One of the things that they do,one of their miraculous feats, is they produce lots of these fluorescent proteins, fluorescent molecules. And in this coral, it could be making up to 14 percent of its body mass -- could be this fluorescent protein. So you wouldn't be making, like,14 percent muscle and not using it, so it's likely doing something that has a functional role. And for the last 10,15 years, this was so special to me, because this molecule has turned out to be one of the most revolutionary tools in biomedical science, and it's allowing us to better see inside ourselves.

So, how do I study this? In order to study biofluorescence, we swim at night. And when I started out, I was just using these blue duct-tape filters over my strobe, so I could make sure I'm actually seeing the light that's being transformed by the animals. We're making an exhibit for the Museum of Natural History, and we're trying to show off how great the fluorescent corals are on the reef, and something happened that just blew me away: this. In the middle of our corals, is this green fluorescent fish. It's the first time we've ever seen a green fluorescent fish or any vertebrate for that matter. And we're rubbing our eyes, checking the filters, thinking that somebody's maybe playing a joke on us with the camera, but the eel was real.

It was the first green fluorescent eel that we found, and this just changed my trajectory completely. So I had to put down my corals and team up with a fish scientist, John Sparks, and begin a search around the world to see how prevalent this phenomenon is. And fish are much more interesting than corals, because they have really advanced vision, and some of the fish even have, the way that I was photographing it, they have lenses in their eyes that would magnify the fluorescence. So I wanted to seek this out further.

So we designed a new set of gear and we're scouring the reefs around the world, looking for fluorescent life. And it's a bit like "E.T. phone home." We're out there swimming with this blue light, and we're looking for a response, for animals to be absorbing the light and transferring this back to us. And eventually, we found our photobombing Kaupichphys eel. It's a really shy, reclusive eel that we know almost nothing about. They're only about the size of my finger, and they spend about 99.9 percent of their time hidden under a rock. But these eels do come out to mate under full-moon nights, and that full-moon night translates underwater to blue. Perhaps they're using this as a way to see each other, quickly find each other, mate, go back into their hole for the next long stint of time. But then we started to find other fluorescent marine life, like this green fluorescent bream, with its, like, racing stripes along its head and its nape, and it's almost camouflaged and fluorescing at the same intensity as the fluorescent coral there.

After this fish, we were introduced to this red fluorescent scorpionfish cloaked and hidden on this rock. The only time we've ever seen this, it's either on red fluorescent algae or red fluorescent coral.

Later, we found this stealthy green fluorescent lizardfish. These lizardfish come in many varieties, and they look almost exactly alike under white light. But if you look at them under fluorescent light, you see lots of patterns, you can really see the differences among them. And in total -- we just reported this last year -- we found over 200 species of biofluorescent fish.

One of my inspirations is French artist and biologist Jean Painleve. He really captures this entrepreneuring, creative spirit in biology. He would design his own gear, make his own cameras, and he was fascinated with the seahorse, Hippocampus erectus, and he filmed for the first time the seahorse giving birth. So this is the male seahorse. They were one of the first fish to start swimming upright with their brain above their head. The males give birth, just phenomenal creatures. So he stayed awake for days. He even put this electrical visor on his head that would shock him, so he could capture this moment. Now, I wish I could have shown Painleve the moment where we found biofluorescent seahorses in the exact same species that he was studying. And here's our footage.

(Music)

They're the most cryptic fish. You could be swimming right on top of them and not see the seahorse. They would blend right into the algae, which would also fluoresce red, but they've got great vision, and they go through this long mating ritual, and perhaps they're using it in that effect.

But things got pretty edgy when we found green fluorescence in the stingray, because stingrays are in the Elasmobranch class, which includes ... sharks. So I'm, like, a coral biologist. Somebody's got to go down and check to see if the sharks are fluorescent. And there I am.

(Laughter)

And I was like, "Maybe I should go back to corals."

(Laughter)

It turns out that these sharks are not fluorescent. And then we found it. In a deep, dark canyon off the coast of California, we found the first biofluorescent swellshark, right underneath all the surfers. Here it is. They're just about a meter long. It's called a swellshark. And they call them a swellshark because if they're threatened, they can gulp down water and blow up like an inner tube, about twice their size, and wedge themselves under a rock, so they don't get eaten by a predator. And here is our first footage of these biofluorescent swellsharks. Just magnificent -- I mean, they're showing these distinct patterns, and there are areas that are fluorescent and areas that are not fluorescent, but they've also got these twinkling spots on them that are much brighter than other parts of the shark.

But this is all beautiful to see. I was like, this is gorgeous. But what does it mean to the shark? Can they see this? And we looked in the literature, and nothing was known about this shark's vision. So I took this shark to eye specialist Ellis Loew at Cornell University, and we found out that this shark sees discretely and acutely in the blue-green interface, probably about 100 times better than we can see in the dark, but they only see blue-green. So what it's doing is taking this blue world and it's absorbing the blue, creating green. It's creating contrast that they can indeed see. So we have a model, showing that it creates an ability for them to see all these patterns. And males and females also have, we're finding, distinct patterns among them.

But our last find came really just a few miles from where we are now, in the Solomon Islands. Swimming at night, I encountered the first biofluorescent sea turtle. So now it's going from fish and sharks into reptiles, which, again, this is only one month old, but it shows us that we know almost nothing about this hawksbill turtle's vision. And it makes me think about how much more there is to learn. And here in the Solomon Islands, there's only a few thousand breeding females of this species left, and this is one of the hotspots for them. So it shows us how much we need to really protect these animals while they're still here, and understand them.

In thinking about biofluorescence, I wanted to know, how deep does it go? Does this go all the way to the bottom of the ocean? So we started using submarines, and we equipped them with special blue lights on the front here. And we dropped down, and we noticed one important thing -- that as we get down to 1,000 meters, it drops off. There's no biofluorescent marine life down there, below 1,000 meters -- almost nothing, it's just darkness. So it's mainly a shallow phenomenon. And below 1,000 meters, we encountered the bioluminescent zone, where nine out of 10 animals are actually making their own lights and flashing and blinking.

As I try to get deeper, this is slapping on a one-person submarine suit -- some people call this my "Jacques Cousteau meets Woody Allen" moment.

(Laughter)

But as we explore down here, I was thinking about: How do we interact with life delicately? Because we're entering a new age of exploration, where we have to take great care, and we have to set examples how we explore. So I've teamed up with roboticist Rob Wood at Harvard University, and we've been designing squishy underwater robot fingers, so we can delicately interact with the marine life down there. The idea is that most of our technologies to explore the deep ocean come from oil and gas and military, who, you know, they're not really caring to be gentle. Some corals could be 1,000 years old. You don't want to just go and crush them with a big claw. So my dream is something like this. At night, I'm in a submarine, I have force-feedback gloves, and I could delicately set up a lab in the front of my submarine, where the squishy robot fingers are delicately collecting and putting things in jars, and we can conduct our research.

Back to the powerful applied applications. Here, you're looking at a living brain that's using the DNA of fluorescent marine creatures, this one from jellyfish and corals, to illuminate the living brain and see its connections. It's funny that we're using RGB just to kind of satisfy our own human intuition, so we can see our brains better. And even more mind-blowing, is my close colleague Vincent Pieribone at Yale, who has actually designed and engineered a fluorescent protein that responds to voltage. So he could see when a single neuron fires. You're essentially looking at a portal into consciousness that was designed by marine creatures.

So this brings me all back to perspective and relationship. From deep space, our universe looks like a human brain cell, and then here we are in the deep ocean, and we're finding marine creatures and cells that can illuminate the human mind. And it's my hope that with illuminated minds, we could ponder the overarching interconnectedness of all life, and fathom how much more lies in store if we keep our oceans healthy.

Thank you.

(Applause)

I'm a marine biologist and an explorer-photographer/ with National Geographic,/ but I want to share/ a secret.//

私は海洋生物学者です そしてナショナルジオグラフィックの エクスプローラーであり 写真家です 秘密を教えましょう

この画像は完全に間違っています 完全に違います

I see a couple of people/ crying in the back/ that I've blown their idea of mermaids.//

私が人魚の概念を 台無しにしたので 後ろで泣いている人が見えます

All right,/ the mermaid is indeed real,/ but anyone/ who's gone on a dive will know/ that the ocean looks more/ like this.//

いいでしょう 人魚は本当にいることにします でも海に潜ったことがあれば このように見えることは ご存知ですね

It's/ because the ocean is this massive filter,/ and as soon/ as you start going/ underwater,/ you're going to lose/ your colors,/ and it's going to get/ dark and blue very quickly.//

海は大きなフィルターなので 水中に入るとすぐに 色が失われます すぐに暗く青くなります

But we're humans --/ we're terrestrial mammals.//

人間は陸生哺乳類です

And we've got trichromatic vision,/ so we see in red, green and blue,/ and we're just complete color addicts.//

三色視なので 赤、緑、青が見え 完全にカラー中毒者です

We love eye-popping color,/ and we try to bring/ this eye-popping color underwater/ with us.//

目を見張る色が大好きで 水中にも鮮やかな色を 持ち込もうとします

So there's been a long and sordid history of bringing color underwater,/ and it starts 88 years ago/ with Bill Longley and Charles Martin,/ who were trying to take/ the first underwater color photograph.//

だから水中に色を持ち込もうという 長くさえない歴史があります それは88年前にビル・ロングレイと チャールズ・マーティンが始めました 初の水中カラー写真を 撮ろうとしたのです

And they're in there/ with old-school scuba suits,/ where you're pumping air down to them,/ and they've got a pontoon of high-explosive magnesium powder,/ and the poor people/ at the surface are not sure/ when they're going to pull/ the string/ when they've got their frame/ in focus,/ and --/ boom!// --/ a pound of high explosives would go off/ so they could put a little bit of light underwater/ and get an image/ like this beautiful hogfish.//

彼らは旧式の潜水服を着て 水中にいました ポンプで空気を送るのです そして強力に爆発する マグネシウム粉の浮きを持っていました かわいそうな水上の人たちには いつ焦点が合って 紐が引かれるのか 見当もつきません そして ドーン!と 強烈に爆発しました これで少しだけ水中を明るくして このような美しいベラの 写真を撮りました

I mean,/ it's a gorgeous image,/ but this is not real.//

極めて美しい写真ですが 本物ではありません

They're creating/ an artificial environment/ so we can satisfy our own addiction/ to color.//

彼らは人工的な環境を作って 私たちのカラー中毒を 満足させたのです

And looking at it/ the other way,/ what we've been finding is/ that instead of bringing color underwater/ with us,/ that we've been looking at the blue ocean,/ and it's a crucible of blue,/ and these animals/ living there/ for millions of years have been evolving all sorts of ways/ to take in that blue light/ and give off/ other colors.//

逆の視点から見ると 水中に色を付ける代わりに 青い海を見ていたことに 気が付きました そこは青のルツボで 生息する動物は 何百万年にも渡って 青い光を取り込んで他の色を放つために あらゆる方法で 進化していたのです

And here's just a little sample of what this secret world looks/ like.//

この秘密の世界が どのようにみえるのかをお見せします

It's like an underwater light show.//

水中のライトショーみたいです

(Music)

(音楽)

Again,/ what we're seeing/ here is blue light/ hitting this image.//

青い光が当たっています

これらの動物は 青い光を吸収して すぐこの光に変換します

So/ if you think about it,/ the ocean is 71 percent of the planet,/ and blue light can extend down/ to almost a 1,000 meters.//

考えてみると 地球の71%は海です 青い光は 約1,000m下まで届きます

As we go down/ underwater,/ after about 10 meters,/ all the red is gone.//

水中を潜っていくにつれて 約10mを過ぎると 赤い色は全てなくなります

So/ if you see anything/ under 10 meters/ that's red,/ it's an animal/ transforming and creating/ its own red.//

もし10mよりも深い場所で 赤いものが見えたら 生物が変換して作った 独自の赤い色です

地球最大で唯一の 単色の青い環境です

And my gateway/ into this world of biofluorescence begins with corals.//

私の生物蛍光の世界への 入口はサンゴでした

And I want to give/ a full TED Talk/ on corals/ and just how cool/ these things are.//

サンゴと その素晴らしさについての TEDトークをしたいものです

One of the things/ that they do,/one of their miraculous feats,/ is they produce lots of these fluorescent proteins,/ fluorescent molecules.//

サンゴの驚異的な能力の一つは 沢山の蛍光タンパク質を 生産することです 蛍光分子です

And/ in this coral,/ it could be making up to 14 percent of its body mass --/ could be this fluorescent protein.//

このサンゴは体重の14%までの 蛍光タンパク質を 生産できます

So/ you wouldn't be making,/ like,/14 percent muscle/ and not using/ it,/ so it's likely/ doing something/ that has a functional role.//

使わない筋肉を 14%も作らないでしょう だから何か機能的な 役割がありそうです

And/ for the last 10,15 years,/ this was so special/ to me,/ because this molecule has turned out/ to be one of the most revolutionary tools/ in biomedical science,/ and it's allowing us/ to better see inside ourselves.//

このことは10から15年間 私とって非常に特別なものでした この分子が生物医科学で 最も画期的な道具の一つと判明し ヒトの内部をより良く 見えるようにしたからです

So,/ how do I study this?//

では これをどのように 調査するのでしょうか?

In order to study biofluorescence,/ we swim at night.//

生体蛍光の研究をするためには 夜に泳ぎます

And when I started out,/ I was just using these blue duct-tape filters/ over my strobe,/ so I could make sure/ I'm actually seeing/ the light/ that's being transformed by the animals.//

私が研究を始めたときは 青い粘着テープのフィルターで ストロボをカバーしました これで実際に 動物が変換した光だと 確かめられます

We're making/ an exhibit/ for the Museum of Natural History,/ and we're trying to show off/ how great/ the fluorescent corals are on the reef,/ and something happened/ that just blew me away:/ this.//

私たちは蛍光のサンゴ礁の 素晴らしさを紹介する 自然史博物館の 展示物を準備していました そこで心底驚くことが 起こりました これです

In the middle of our corals,/ is this green fluorescent fish.//

サンゴの真ん中にいるのは 緑色蛍光の魚です

It's the first time/ we've ever seen a green fluorescent fish or any vertebrate/ for that matter.//

緑色蛍光の魚や 脊椎動物を見たのは 初めてでした

And we're rubbing/ our eyes,/ checking the filters,/ thinking/ that somebody's maybe/ playing a joke/ on us/ with the camera,/ but the eel was real.//

目を擦って フィルターを確認しながら カメラを使って 誰かが からかっていると思っていました でもウナギは本物でした

It was the first green fluorescent eel/ that we found,/ and this just changed my trajectory completely.//

緑色蛍光のウナギを 初めて発見したのです これで私の方向性が 完全に変わりました

So I had to put down/ my corals/ and team up/ with a fish scientist,/ John Sparks,/ and begin a search/ around the world/ to see how prevalent/ this phenomenon is.//

サンゴの研究は脇に置いて 魚類学者のジョン・スパークスと協力し これが一般的な 現象であるかを調べるために 世界中の調査を始めなくては なりませんでした

And fish are much more interesting/ than corals,/ because they have really advanced vision,/ and some of the fish even have,/ the way that/ I was photographing it,/ they have lenses/ in their eyes/ that would magnify the fluorescence.//

魚はサンゴより もっと興味深いものでした 本当に進化した視覚を持ち 中には私の撮影方法と同じように 蛍光を拡大して捉えるレンズが 目の中にある魚もいたからです

So I wanted to seek/ this out further.//

だからこれを もっと追及したいと思いました

So we designed a new set of gear/ and we're scouring/ the reefs/ around the world,/ looking for fluorescent life.//

新しい装置一式を設計し 蛍光の生物を求めて 世界中の礁を探し回りました

And it's a bit/ like "E.T. phone home."//

「E.T.おうち 電話」 に少し似ています

We're out there/ swimming with this blue light,/ and we're looking/ for a response,/ for animals to be absorbing the light/ and transferring this back to us.//

私たちは青いライトを 持って泳いでいます 生物が光を吸収して これを返す反応を探しています

And eventually,/ we found our/ photobombing Kaupichphys eel.//

ついにイワアナゴが こっそりと写りました

It's a really shy, reclusive eel/ that we know almost nothing about.//

とても内気で 人前に姿を見せず ほぼ何も知られていません

They're only about the size of my finger,/ and they spend about 99.9 percent of their time hidden under a rock.//

だいたい指の大きさしかなく 約99.9%の時間を 岩の下に隠れて過ごしています

But these eels do come out/ to mate under full-moon nights,/ and/ that full-moon night translates underwater/ to blue.//

イワアナゴは満月の夜 交尾のために出てきます 満月の夜には 水中も青く照らされます

Perhaps/ they're using/ this/ as a way/ to see each other,/ quickly find each other, mate,/ go back/ into their hole/ for the next long stint of time.//

多分 これでお互いを見て 素早く相手を見つけて交尾し 自分の穴に戻って また長い時間を過ごすのです

But then/ we started to find/ other fluorescent marine life,/ like this green fluorescent bream,/ with its,/ like,/ racing stripes/ along its head and its nape,/ and it's almost camouflaged/ and fluorescing at the same intensity/ as the fluorescent coral there.//

それから この緑色蛍光のタイのような 蛍光の海洋生物を 発見し始めました 頭と首筋に走る縞模様で そこにあるサンゴの蛍光と 同じ明るさに光って ほぼカモフラージュされています

After this fish,/ we were introduced to this red fluorescent scorpionfish cloaked and hidden on this rock.//

この魚のあとは この赤色蛍光のオニカサゴを 知りました 岩の上に被さって隠れています

The only time/ we've ever seen this,/ it's either on red fluorescent algae or red fluorescent coral.//

唯一これを見たのは 赤色蛍光の藻の上か 赤色蛍光のサンゴの上でした

Later,/ we found this stealthy green fluorescent lizardfish.//

その後 このコソコソした 緑色蛍光のエソを発見しました

These lizardfish come in many varieties,/ and they look almost exactly alike/ under white light.//

このエソには色々な 模様がありますが 白色光の下では ほとんど同じに見えます

But/ if you look at them/ under fluorescent light,/ you see lots of patterns,/ you can really see the differences/ among them.//

しかし蛍光灯の下で見ると 沢山の模様が現れて 個体の違いが分かります

And/ in total --/ we just reported this last year --/ we found over 200 species of biofluorescent fish.//

ちょうど去年報告しましたが 合計200種以上の 生物蛍光の魚を発見しました

One of my inspirations is French artist and biologist Jean Painleve.//

私はフランスの芸術家で生物学者の ジャン・パンルヴェに影響を受けました

He really captures this entrepreneuring, creative spirit/ in biology.//

生物学において まさに起業的で 創造的な精神を持つ人で

He would design his own gear,/ make his own cameras,/ and he was fascinated with the seahorse,/ Hippocampus erectus,/ and he filmed for the first time/ the seahorse/ giving birth.//

彼は自分で装置を設計し カメラを作りました タツノオトシゴに魅了されていて タツノオトシゴの出産を 初めて撮影しました

So this is the male seahorse.//

これはオスです

They were one of the first fish/ to start swimming upright/ with their brain/ above their head.//

頭を上にして直立で泳ぐようになった 最初の魚の一つです

The males give birth,/ just phenomenal creatures.//

オスが出産する 驚異的な生物です

So he stayed awake/ for days.//

パンルヴェは何日も起きていました

He even put this electrical visor/ on his head/ that would shock him,/ so he could capture this moment.//

頭に 自分にショックを与える 電気バイザーを被ることまでして この瞬間を捉えたのです

Now,/ I wish/ I could have shown Painleve/ the moment/ where we found biofluorescent seahorses/ in the exact same species/ that he was studying.//

彼が研究していたのと 全く同一の種に 生体蛍光のタツノオトシゴを 私たちがみつけた瞬間を パンルヴェに見せたかったです

And here's our footage.//

私たちが撮った映像です

(Music)/

(音楽)

They're the most cryptic fish.//

彼らは最も謎めいた魚です

You could be swimming right/ on top of them/ and not see the seahorse.//

タツノオトシゴの真上を 泳いでも姿は見えません

They would blend right into the algae,/ which would also fluoresce red,/ but they've got great vision,/ and they go through this long mating ritual,/ and perhaps/ they're using/ it/ in that effect.//

まさに赤色蛍光の藻に 溶け込んでいます 彼らはとても良い目を持ち 長い求愛の儀式を行います 恐らく 蛍光が求愛に 効果的なのでしょう

But things got pretty edgy/ when we found green fluorescence/ in the stingray,/ because stingrays are in the Elasmobranch class,/ which includes ...//

それから とてもゾッとする展開がありました エイにも緑色蛍光を みつけたのです どういうことかというと エイは軟骨魚類の仲間ですが 同じ仲間には ―

サメもいます

So I'm,/ like,/ a coral biologist.//

私は まあ サンゴの生物学者なんです

Somebody's got to go down/ and check to see/ if the sharks are fluorescent.//

誰かが潜って サメは蛍光か 確かめる必要があります

And there I am.//

そこに私がいます

(笑)

And I was like,/ "Maybe/ I should go back/ to corals."//

「サンゴに戻った方が良いかも」 という感じです

(笑)

It turns out/ that these sharks are not fluorescent.//

このサメは 蛍光ではないと分りました

And then/ we found it.//

それから見つけたのです

In a deep, dark canyon/ off the coast of California,/ we found the first biofluorescent swellshark,/ right/ underneath all the surfers.//

カリフォルニア沖の 深く暗い渓谷で 生体蛍光のスウェルシャークを 初めて発見しました サーファーたちの真下です

Here/ it is.//

これです

They're just about a meter long.// It's called a swellshark.//

約1mの大きさで スウェルシャークと呼ばれます

And they call them/ a swellshark/ because/ if they're threatened,/ they can gulp down/ water/ and blow up/ like an inner tube,/ about twice their size,/ and wedge themselves/ under a rock,/ so they don't get eaten by a predator.//

スウェルシャークと呼ばれるのは 危険を感じると 水を飲んで タイヤのチューブのように 2倍に膨らんで 岩の下にはまり込んで 捕食者に 食べられないようにするからです

And here is our first footage of these biofluorescent swellsharks.//

生体蛍光のスウェルシャークを撮った 初めての映像です

Just magnificent --/ I mean,/ they're showing/ these distinct patterns,/ and there are areas/ that are fluorescent/ and areas/ that are not fluorescent,/ but they've also got these twinkling spots/ on them/ that are much brighter/ than other parts of the shark.//

素晴らしいです ― つまり 彼らは独特な模様をしていて 蛍光部分と そうでない部分がありますが 他の部分より かなり明るい キラキラ光る斑点もあります

But this is all beautiful/ to see.//

これを見ると みんな綺麗です

I was like,/ this is gorgeous.//

華やかな感じです

But what does it mean/ to the shark?//

でも これはサメにとって どんな意味があるのでしょうか?

Can they see this?//

サメには見えるのでしょうか?

And we looked in the literature,/ and nothing was known about this shark's vision.//

文献を見ましたが このサメの視覚について 何も知られていませんでした

So I took this shark/ to eye specialist Ellis Loew/ at Cornell University,/ and we found out/ that this shark sees discretely and acutely/ in the blue-green interface,/ probably about 100 times better/ than we can see in the dark,/ but they only see blue-green.//

だからコーネル大学の眼科医である エリス・ロウの所に持ち込みました そして青と緑色の境界線が 個々にはっきりと 見えていることを発見しました 多分 暗闇では私たちより 約100倍よく見えますが 青と緑しか見えません

So/ what it's doing is taking this blue world/ and it's absorbing the blue,/ creating green.//

彼らはこの青い世界で 青を吸収して緑を作っています

It's creating contrast/ that they can indeed see.//

彼らが実際に見える 明暗差を作っているのです

So/ we have a model,/ showing/ that it creates an ability/ for them/ to see all these patterns.//

このモデルは 全ての模様を見る能力が あることを示しています

And males and females also have,/ we're finding,/ distinct patterns/ among them.//

オスとメスは特徴的な 模様があることも 分りました

But our last find came really/ just a few miles/ from where we are now,/ in the Solomon Islands.//

ソロモン諸島の今いるところから ほんの数キロの所で 最新の発見をしました

Swimming/ at night,/ I encountered the first biofluorescent sea turtle.//

夜泳いでいたら 初めて生体蛍光の ウミガメに遭遇したのです

So now/ it's going from fish and sharks/ into reptiles,/ which,/ again,/ this is only one month old,/ but it shows us/ that we know almost nothing/ about this hawksbill turtle's vision.//

魚とサメから始まって 爬虫類まで進みました ほんの1か月ほど前の出来事です でも タイマイの視覚に関しても ほとんど何も 知識がないことが分りました

And it makes me/ think about how much more/ there is to learn.//

更に学ぶ事がどの位あるのかと 考えさせられました

And here/ in the Solomon Islands,/ there's only a few thousand breeding females of this species left,/ and this is one of the hotspots/ for them.//

ここソロモン諸島は 彼らのホットスポットの一つですが 繁殖できるタイマイのメスは わずか数千匹いるだけです

So/ it shows us/ how much/ we need to really protect these animals/ while they're still here,/ and understand them.//

このことは彼らを保護する必要性に 迫られていることを示しています 彼らがまだ存在している間に 理解したいものです

In thinking about biofluorescence,/ I wanted to know,/ how deep does it go?//

生体蛍光は どの位深くまで 存在するのでしょうか?

Does/ this go all the way/ to the bottom of the ocean?//

海の底までずっとでしょうか?

So we started using/ submarines,/ and we equipped them/ with special blue lights/ on the front here.//

私たちは前面に 特殊な青いライトを装備した 潜水艦を使い始めました

And we dropped down,/ and we noticed one important thing --/ that as we get down/ to 1,000 meters,/ it drops off.//

そして潜って行って 一つの重要なことに 気付きました 1,000m近くまで潜ると 次第にいなくなるのです

There's no biofluorescent marine life down there,/ below 1,000 meters --/ almost nothing,/ it's just darkness.//

生体蛍光の海洋生物は 1,000mより下にはいませんでした ほどんど何もなく暗闇だけです

それは主に 浅い水深での現象だったのです

And below 1,000 meters,/ we encountered the bioluminescent zone,/ where nine out of 10 animals are actually making their own lights and flashing and blinking.//

1,000mより下では 生物発光の領域に遭遇しました そこでは10匹中9匹は 自分の光を作って キラキラと点滅していました

As I try to get/ deeper,/ this is slapping on a one-person submarine suit --/ some people call/ this my "Jacques Cousteau meets Woody Allen"/ moment.//

もっと深く潜ろうとしたので 1人用潜水服を着ています 「ジャック・クストーとウディ・アレンが 出会った瞬間」と言う人がいます

(笑)

But/ as we explore down/ here,/ I was thinking about:/ How do we interact with life delicately?//

しかし水中で調査するにつれて 「生物を優しく扱う方法」を 考えるようになりました

Because we're entering/ a new age of exploration,/ where we have to take/ great care,/ and we have to set/ examples/ how we explore.//

探査の新時代に入っているので 最新の注意を払い 探査方法の手本を 示さなくてはいけません

So I've teamed up/ with roboticist Rob Wood/ at Harvard University,/ and we've been designing squishy underwater robot fingers,/ so we can delicately interact with the marine life down there.//

だからハーバード大学の ロボット研究家ロブ・ウッドと協力して 柔軟な水中ロボットの指を 設計しました これで水中生物を 優しく扱うことができます

The idea is/ that most of our technologies/ to explore the deep ocean come from oil and gas and military,/ who,/ you know,/ they're not really caring to be gentle.//

深海探査の技術のほとんどは 石油、ガス、軍事に由来します これらはあまり 優しくすることは気にしていません

Some corals could be 1,000 years/ old.//

いくつかのサンゴは 1,000歳かもしれません

You don't want to just go and crush them/ with a big claw.//

大きな爪で 潰したくありませんよね

So my dream is something/ like this.//

私の夢はこのようなものです

At night,/ I'm in a submarine,/ I have force-feedback gloves,/ and I could delicately set up/ a lab/ in the front of my submarine,/ where the squishy robot fingers are delicately collecting and putting things/ in jars,/ and we can conduct our research.//

夜 潜水艦に乗り込んで フォースフィードバックグローブを使って 慎重に潜水艦の前に 研究室を作るというものです そこでは柔軟なロボットの指が やさしくサンプルを 採取して瓶に入れ 研究を行えるのです

有用な応用例に戻りましょう

Here,/ you're looking/ at a living brain/ that's using the DNA of fluorescent marine creatures,/ this one/ from jellyfish and corals,/ to illuminate the living brain/ and see its connections.//

これは生きたままの脳です 生きた脳での発光から 神経の結合を見るために 海中の生物からの DNAを使っています この場合はクラゲと サンゴのものです

It's funny/ that we're using/ RGB just/ to kind of satisfy our own human intuition,/ so we can see our brains better.//

人の直観を満たすため 光の三原色を使っているのが 面白いのですが 私たちの脳を もっとよく見ることができます

And even more mind-blowing,/ is my close colleague Vincent Pieribone/ at Yale,/ who has actually designed/ and engineered a fluorescent protein/ that responds to voltage.//

もっとびっくりするのは 私の親しい同僚のエール大学の ヴィンセント・ピエリボンが 電圧に反応する 蛍光タンパク質を 実際に考案し 設計したのです

So he could see/ when a single neuron fires.//

だから神経細胞の発火を 見られるようになりました

You're essentially looking/ at a portal/ into consciousness/ that was designed by marine creatures.//

ご覧のように 意識への玄関口が 海洋生物を利用して作られたのです

So this brings me all back/ to perspective and relationship.//

このことで将来への展望と その関連性のことを思い起こしました

From deep space,/ our universe looks like a human brain cell,/ and then here/ we are in the deep ocean,/ and we're finding/ marine creatures and cells/ that can illuminate the human mind.//

深宇宙から見ると 私たちの銀河は 人間の脳細胞みたいです そして深海で 海洋生物と細胞は 人の心を照らし出せることが 分りました

And it's my hope/ that with illuminated minds,/ we could ponder the overarching interconnectedness of all life,/ and fathom/ how much/ more lies in store/ if we keep our oceans healthy.//

私の望みは この照らし出された心で 私たちがあらゆる生き物の 全体的な関わり合いをよく考えて 健全な海を維持すれば いかに有益なのか 理解できるようになることです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

marine

『海の』,海洋の;海産の,海洋に住む

海事の;航海[用]の;船舶[用]の

〈U〉《集合的に》(一国の)『船舶』

〈C〉『海兵』;《通例M-》『米国海兵隊員』(the Marine Corpsの一員)

biologist

生物学者

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

totally

全く,完全に

incorrect

『不正確な』,誤った

適切でない

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

mermaid

(女の)人魚

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

dive

(…から水中などに)『頭から飛び込む』《+『from』(『off』)+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…を取ろうと)『潜る』,潜水する《+『down for』+『名』》

(…へ向かって)急降下する,急潜航する《+『down toward』+『名』》

(…に)駆け込む,逃げ込む《+『into』+『名』》

(…に)手を突っ込む《+『in』(『into』)+『名』》

(仕事・問題などに)飛び込む《+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'急降下させる,急潜航させる

『飛び込み』

(飛行機の)急降下;(潜水艦・潜水夫などの)急潜航

《話》怪しげなナイトクラブ,いんちき酒場

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

underwater

水面下の,水中の

水面下に(を),水中で(を)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

terrestrial

地球の・陸の・(動植物)陸生の・俗世の・現世の,この世の

mammal

哺(ほ)乳動物

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

addict

《受動態で用いて》(…に)〈人〉'を'熱中させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』(do『ing』)》

(麻薬などの)常用者,中毒者

sordid

(環境などが)汚い,むさ苦しい

(人・行動などが)あさましい,卑しい

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

martin

イワツバメ

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

scuba

スキューバ(潜水呼吸用器具)

スキューバの

suit

〈C〉『スーツ』

〈C〉《複合語を作って》(…用の)服

〈C〉『訴訟,』告訴(lawsuit)

〈C〉(カードゲームで)同種のカードの一組;同種のカードの持ち札

〈U〉〈C〉嘆願,懇願

〈U〉《古》求愛,求婚;嘆願

〈C〉(…の)一組,一そろい《+of+名》

…‘に'『適する,』合う

《しばしば受動遠で》(…に)…‘を'合わせる,適応させる

〈人〉‘に'『似合う』

〈人〉‘に'都合がよい,‘を'満足させる

適する,合う

似合う

都合がよい

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

pontoon

(舟橋用の)鉄船

(沈没船を引き揚げるときの)浮き箱

(水上飛行機の)フロート

平底船

magnesium

マグネシウム(金属元素;化学記号は『Mg』)

powder

〈U〉〈C〉『粉』,粉末

〈U〉おしろい

〈U〉〈C〉粉薬

〈U〉火薬,爆薬(gunpowder)

〈U〉粉雪

…‘を'粉にする

(粉などを)…‘に'ふりかける《+『名』+『with』+『名』》

〈顔など〉‘に'おしろいをつける

粉になる

おしろいをつける

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

boom

〈遠雷・砲声・波などが〉とどろく

『にわか景気,急な人気』,プーム

(数の)急速な増加,(価格の)急騰

〈遠雷・砲声・波などが〉『とどろく』;〈ハチなどが〉ブーンという

〈商売などが〉にわかに景気づく…急に人気が出る

…'を'とどろくような音で告げる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…'を'人気(発殿)をあおる

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

high explosive

高性能爆薬

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

gorgeous

『豪華な』,きらびやかな,華麗な

《話》とても美しい,魅力的な

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

satisfy

〈物事が〉〈人〉‘を'『満足させる』,喜ばせる

〈欲望・必要・要求・条件など〉‘を'『満たす』,充足する

〈借金〉‘を'『返済する』,〈不正・損害など〉‘を'償う

満足を与える

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

addiction

(物事に)熱中すること《+『to』+『名』》

(麻薬などの)常用《+『to』+『名』》

instead

『その代りとして』,それよりも

crucible

るつぼ(高温で溶解した金属などを入れる)

(溶鉱炉下底部の)湯だまり

厳しい試練

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

absorb

〈液体〉'を'『吸収する』,吸い込む

〈光・音・熱・エネルギーなど〉'を'吸収する

〈思想など〉'を'取り入れる

〈国・町・村など〉'を'併合する;(…に)…'を'併合する《+『名』+『into』+『名』》

〈心・注意・時間〉'を'『すっかり奪う』

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

planet

『惑星』,遊星

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

monochromatic

(絵・写真が)単色の,単色で描いた

gateway

(さく・へいについている門で開閉される)『出入口』;(…への)『入り口』,通路《+『to』+『名』》

coral

〈U〉サンゴ

〈C〉サンゴ細工

〈U〉サンゴ色,深紅色

サンゴ[製]の

サンゴ色の,深紅色の

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

miraculous

奇跡の,奇跡による

驚くべき,信じがたい

奇跡を行う力のある

feat

『手柄』,功績

芸当,離れ業

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

fluorescent

けい光を放つ,けい光性の

けい光灯

protein

蛋白(たんばく)質

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

revolutionary

《名詞の前にのみ用いて》革命の;革命的な

全く新しい

《『R-』》アメリカ独立戦争の

革命家

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

swim

『泳ぐ』,水泳をする

(水上・空中などに)浮かぶ

(水などの易体で)いっぱいになる,あふれる《+with+名》・(…に)浸る《+in+名》

〈物ず〉ぐるぐる回るように見える;〈頭などが〉くらくらする

〈河など〉‘を'泳いで渡る,〈ある距離〉‘を'泳ぐ

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'泳がせる;〈船〉‘を'浮かせる

『泳ぐこと』,

strobe

=stroboscope

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

exhibit

〈感情・性質など〉‘を'『表す』,『示す』

…‘を'『出品する』,陳列する

出品物,陳列品

《米》展覧会,展示会(exhibition)

(法律上の)証拠書類(物件)

museum

『博物館』;美術館

natural history

博物学(動物学・植物学・鉱物学など自然物の研究を扱う)

reef

[暗]礁,岩礁,砂州(さす)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

blew

blowの過去形

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

vertebrate

脊椎(せきつい)動物

背骨のある;脊椎動物の

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

rub

〈物の表面など〉‘を'『こする』,さする

(…に)…‘を'こすりつける《+名+『against(on, over)』+名》;(…に)…‘を'すりこむ《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈二つの物〉‘を'こすり合わせる《+『名』+『together,』+『together』+『名』》

‥‘を'こすり落とす《+『名』+『away』(『off』)『,』+『away』(『off』)+『名』》

…‘を'すりむく,ひりひりさせる

(…の表面を)『こする』,すれる《+『against』(『on』)+『名』》;〈二つの物が〉こすれ合う《+『together』》

《単数形で》こすること

当てこすり

《the rub》やっかいな事,困難

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

eel

ウナギ

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

trajectory

(ミサイルなどの描く)弾道,軌道,曲線

completely

『完全に』,全く,十分に

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

spark

〈C〉『火花』,火の粉;(電気の)スパーク;(一般に)閃光(せんこう),(宝石などの)きらめき

〈C〉(人などの)活気,生気;(才気などの)ひらめき《+『of』+『名』》

〈C〉(事件などの)発端,発火点

《a spark》ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

火花を出す;閃光を発する;〈電気が〉スパークする

〈人〉‘を'かり立てて…させる《+『名』〈人〉+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

prevalent

『いたる所ににある』,流行している

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

magnify

〈レンズなどが〉…‘を'『拡大うる』

〈危険・問題など〉‘を'誇張する

〈レンズなどが〉物を拡大して見せる

fluorescence

けい光発光

(放射された)けい光

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

gear

〈C〉(動力を伝動する)『歯車』,ギヤ

〈U〉歯車装置,伝動装置,ギヤ

〈U〉(特定の機能を果たす)装置

〈U〉(ある仕事・活動のための)道具一式

…‘に'ギヤ(伝動装置)を取り付ける

(…に)…‘を'かみ合わせる,連係させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)ギヤがかみ合う《+『into』+『名』》

scour

(きれいにするために)…‘を'こする,磨く

(…の)〈汚れなど〉‘を'こすって洗い流す《+『of』+『名』》;(…の)〈汚れなど〉‘を'こすって落とす《+『名』+『off』+『名』》

〈水流が〉〈水路〉‘を'作る

こする,磨く

こすること,磨き洗い

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

shy

(人が)『恥ずかしがり屋の』,内気な;(態度などが)恥ずかしそうな,引っ込み思案の・(動物が)『おく病な』,びくびくする・《補語にのみ用いて》(…を)用心する,警戒する,ためらう,いやがる《+『of』+『名』(do『ing』)》・《補語にのみ用いて》《米語》(…が)足りない,欠けている(short)《+『of』+『名』》・(…に)〈馬が〉驚いて(おびえて)後ずさりする《+『at』+『名』》;(…から)しりごみする(…に)おじける《《+『away』『from』+『名』(do『ing』)》

reclusive

世を捨てた

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

stint

…‘を'惜しむ,切り詰める;…‘を'制限する

(…を)出し惜しみする《+『on』+『名』》

〈U〉惜しむこと,制限,節約

〈C〉割り当て仕事

bream

タイ科の海産魚

コイ科の淡水魚

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

stripe

『筋,しま』

《複数形で》(軍服のそでにつける)記章,そで章(階級・勤続年数などを表す)

むち打ち

…‘に'しまをつける

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

nape

うなじ,えり首

camouflage

(戦場での)擬装,迷彩

(一般に)カムフラージュ,変装,見せかけ(動物の保護色など)

…'を'擬装で隠す;…‘に'迷彩を施す

fluoresce

けい光を発する

intensity

(感情・行動・熱・色などの)『強烈さ』,熱烈さ,強度

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

cloak

『そでなし外とう』,マント

口実,仮面

…‘に'外とうを着せる

…'を'おおい隠す,装う

algae

藻類

stealthy

ひそかな,人目を忍んだ

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

alike

『同じように』,等しく(similarly)

(複数の人・物が)似ている(similar)

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

in total

全部で,全体として

全く

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

jean

〈U〉ジーン布(じょうぶなあや織りの綿布)

《複数形で》ジーパン;(ジーン布製の)作業服

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

creative

『創造力のある』

『独創的な』

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

biology

『生物学』

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

seahorse

タツノオトシゴ・セイウチ = walrus・海馬(馬の頭と魚の尾を持つ架空の海獣)

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

swimming

〈U〉『水泳』

〈C〉めまい

upright

『まっすぐに立った』,直立した

『心のまっすぐな』,正直な

まっすぐなもの,(建築の)直立材

(上方に)まっすぐに,直立して

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

phenomenal

自然現象の(に関する)

並みはずれた,驚異的な

知覚できる

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

awake

(…から)…‘の'『目をさまさせる』,'を'起こす《+『名』+『from』+『名』》(wake)

〈記憶・感情など〉'を'呼び起こす,喚起する

(…を)〈人〉‘に'気づかせる,自覚させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

目をさます

(周囲の事情などに)気がつく《+『to』+『名』》

『眠らずに』,『目がさめて』

(…に)気づいている《+『to』+『名』》

days

たいてい昼間は

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

visor

(帽子の)まびさし,ひさし

(かぶとの)面頬(顔,特に目お保護するために上げ下げできる部分)

(またsun visor)(車の運転席の)日よけ板

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

footage

(映画フィルム・木材などの)フィート数,全長

(映画の)場面

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

blend

(分離できないほどに)…'を'『混ぜ合わせる』;(…に)…'を'混ぜる《+『名』+『with』+『名』》

『混じる』;溶け合う

(…と)『調和する』《+『with』+『名』》(harmonize)

『混合』,調合;〈C〉『混合物』

ritual

儀式の,儀式として行う

《集合的に》(宗教上の)儀式[形式];(特定の)儀式

(社会的慣習としての)礼儀,作法(おじき・脱帽・握手など)

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

edgy

(…で)(人が)いらいらした《+『with』(『about』)+『名』》

しきりに(…)したがって《+『to』 do》

stingray

アカエイ(尾にとげのある魚で刺されると激痛を起こす)

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

shark

サメ,フカ

詐欺師,ぺてん師

《米俗》名人,達人

laughter

『笑い』,笑い声

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

canyon

峡谷(米国西部やMexicoなどの乾燥地帯に多い)

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

surfer

波乗りをする人

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

gulp

〈飲み物・食べ物〉‘を'急いでごくりと飲む,ぐっと飲む《+『down』+『名,』+『名』+down》

あおる,ごくりと飲む

(…を)ごくりと飲むこと;ごくりと飲む音(量)《+『of』+『名』》

inner tube

(タイヤの)チューブ

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

wedge

(特に,木製の)『くさび』

『くさび形の物』;くさびのような働きをするもの

(ゴルフの)ウェッジ(頭部がくさび形の短いアイアンクラブ)

…‘に'くさびを打ち込む

(…に)…‘を'無理に押し込んで動けないようにする《+名+in(into)+名》

(…に)無理に割り込む,押し入る《+into+名》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

predator

捕(肉)食動物(ライオン・タカなど)

(強奪・搾取などで)他人を食いものにしている人

magnificent

『壮大な』,壮麗な

すばらしい,無類の

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

twinkling

きらきら光る

またたく間,瞬間

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

specialist

専門家

専門医

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

probably

『たぶん』,『おそらく』

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

Solomon

ソロモン大王(紀元前10世紀ごろの賢明なイスラエルの大王)

〈C〉(ソロモンのような)賢い人

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

turtle

海ガメ

reptile

爬(は)虫類の動物(ヘビ・トカゲ・ワニ・カメなど)

くだらぬ人間,哀れなやつ

=reptilian

breeding

繁殖,植殖;詞育

育ち,しつけ,教育;(特に)よい育ち

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

hotspot

(政治上などの)係争地域

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

doe

(シカ・カモシカ・ヤギ・ウサギなどの)雌

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

submarine

(また《話》sub)『潜水艦』

=hero sandwich

『海面下の』

equip

(ある目的のために必要な装備などで)〈人〉‘に'『したくさせる』,〈船・軍隊など〉‘に'『装備する』《+『名』+『with』+『名』》,(…に備えて)…‘に'したくさせる,‘を'装備する《+『名』+『for』+『名』》

(必要な知識・能力などを)〈人〉‘に'身につけさせる:《『equip』+『名』〈人〉+『with』+『名』+『for』+『名』…に備えて…を人に身につけさせる》

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

darkness

『暗さ』,『やみ』

徳黒さ

無知,無学

邪悪,腹黒さ

不明りょう,あいまいさ

mainly

『おもに』,もっぱら(chiefly);大部分は

shallow

『浅い』

『浅薄な』,表面菜な

浅瀬

…‘を'浅くする

浅くなる

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

flashing

雨押え(建物に雨水が入るのを防ぐため屋根の継ぎ目をおおう金属板)

blinking

《遠回しに》ひどい,いまわしい(bloody)

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

slap

『平手打ち』,平たい物で打つこと

(平手打ちなどの)ピシャリという音

…‘を'『平手でビシャリと打つ』;…‘の'(…を)平手打ちする《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

(…に)…‘を'すばやく(ぞんざいに,むぞうさに)置く《+『名』+『on』+『名』》

ピシャリと音を立てて打つ

まっすぐに,まともに

woody

木質の,木の

樹木の多い,樹木の茂った

木特有の,木に似た

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

delicately

繊細に;微妙に

きゃしゃに

敏感に

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

exploration

(未知・未調査の場所の)『探検』,『実地調査』《+『of』+『名』》

(問題の)探索,調査《+『of』+『名』》

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

rob

(金品を)〈人・銀行など〉‘から'『力ずくで奪う』,強奪する《+『名』〈人・銀行など〉+『of』+『名』〈金品〉》

〈人・銀行など〉‘から'金品を盗む;…‘の'中身を盗む

(人・銀行などから)〈金品〉‘を'『おどし取る』

(事を)…‘から'むりやりに取ってしまう,無くしてしまう《+『名』+『of』+『名』〈事〉》

略奪する,強盗を働く

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

squishy

ぬれて柔らかい,ぐしょぐしょの

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

gentle

(態度・性質・口調などが)『優しい』,物柔らかな

(天候・動作などが)『穏やかな』,適度の

(動物などが)おとなしい,なれた

(傾斜などが)なだらかな

《古》生まれ(家柄)のよい

しつけのよい,上品な

crush

…'を'『押しつぶす』,ぺしゃんこにする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『砕く』,粉々にする;…を砕いて(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…'を'押しつける《+『名』+『against』+『名』》;(…に)…'を'押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)…'を'押しつぶして出す,しぼり出す《+『名』+『from』+『名』》

…'を'ぎゅっと抱きしめる

…'を'打ちのめす,打ちひしぐ《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

『つぶれる』,ぺしゃんこになる;くしゃくしゃになる

『砕ける』,粉々になる

(…に)押し合って入る,殺到する《+『into』(『through』)+『名』》

〈C〉《単数形で》押し合いへし合い,殺到

〈C〉《話》《単数形で》大混雑の集会,すしづめの集会

〈U〉《英》(押しつぶして出した)果汁

〈C〉《話》(…に)のぼせ上がること,(…への)べたぼれ《+『on』+『名』》;のぼせ上がった相手

claw

(鳥・動物の足の)『かぎづめ』;かぎづめのある足

(エビ・カニなどの)はさみ

かぎづめの形をした物(くぎ抜きなど)

…'を'かぎづめでひっかく(引き裂く)

…'を'かぎづめでひっかいて作る

glove

(五指の分かれている)『手袋』

(野球の)『グローブ』;(ボクシング用の)グラブ

…‘に'手袋をはめる

(野球で)〈ボール〉‘を'グローブで捕る

lab

実験室(laboratory)

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

jar

(広口の)『つぼ』,かめ,びん,ジャー

一つぼ(びん)(の…)《+『of』+『名』》

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

jellyfish

クラゲ

illuminate

…‘を'『照らす』,照明する,明るくする

…‘を'『照明で飾る』

…‘を'明らかにする,解明する

〈ページ・写本など〉‘を'色模様(飾り字)で飾る

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

intuition

〈U〉直観[力],直覚[力]

〈C〉直観的洞察(知識)

mind-blowing

気持ちが吹っ飛んでいくような

(麻薬などが)幻覚症状を起こす

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

voltage

電圧,電圧量,ボルト数

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

portal

〈C〉(堂々とした)門,入り口

《複数形》《文》(大きな建物の)正門,表玄関

《複数形》《文》(…の)発端《+『of』+『名』》

consciousness

意識,知覚

(個人や集団の)意識,精神,意見

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

deep space

太陽系外宇宙

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

ponder

…‘を'『じっくり考える』,『熟考する』

(…を)じっくり考える,沈思する《+『on(over)』+『名』(do『ing』)》

fathom

ひろ(6フィート;1.83メートル;おもに水深を測るのに用いる)

…‘の'水深を測る

《通例不定文で》…‘を'十分に理解する,〈人の心など〉‘を'見抜く

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画