TED日本語 - メラティ&イサベル・ワイゼン: 子どもたちが成し遂げた「バリのレジ袋廃止運動」

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

レジ袋は基本的には分解されませんが、使用後は後先考えずに捨てられています。ほとんどは最終的に海に辿り着き、海水を汚染し、海の生命体を傷つけています。ごみとして燃やされたものは、大気中に有害なダイオキシンを放出します。メラティとイサベル・ワイゼンは、美しい故郷バリ島が、レジ袋によって汚染されるのを阻止しようという使命に目覚め、署名を集めたり、海岸を清掃したり、ハンストを決行しました。この努力は、バリの知事が2018年までに島におけるレジ袋を廃止するという宣言をしたことで報われました。イサベルは他のやる気溢れる活動家たちに向け「若いから分からないのだなどと、誰にも言わせちゃだめだ。」と言います。「楽な道のりだとは言いません。しかしやる価値はあると言いたいのです。」

Script

メラティ・ワイゼン: 神々の島 バリ

イサベル・ワイゼン: 緑の楽園

メラティ: それとも・・・ 失楽園 バリ ゴミの島

イサベル: バリでは 1日に 680立方メートルの プラスチックごみが 排出されています 14階建てのビルに 相当する量です そして レジ袋となると その5%以下しか 再生されません

メラティ: そう聞くと バリ島のイメージが変わるでしょう 私たちも 知った時 同じように感じました バリではほとんど全てのレジ袋が 排水溝に流され 川を通って 最終的には 海へと流れ込むことを そして 海にも到達しないレジ袋は 燃やされるか 捨て散らかされるかなのです

イサベル: これを どうにかしようと決意しました 故郷バリ島から レジ袋を廃止しようという 運動を始めてから 今 およそ3年が経ちますが かなりの成功を収めてきました

メラティ: 私たちは姉妹です 地上で最高の学校に通っています バリのグリーンスクールです この学校は 竹でできていますが 建築方法の違いだけでなく そこでの「学び」 も違うのです 今日のリーダーとなるべく 教育を受けます 通常の教科書通りの 教育ではありません

イサベル: ある日の授業では 「すごい人々」 について学びました ネルソン・マンデラや ダイアナ元妃 マハトマ・ガンジーなどです その日帰宅の路で 自分たちも そんな風に なりたいと思いました 「すごい人」 になるのを 大人になるまで 待つことはありませんよね? 今 何かをしたいと思ったのです

メラティ: その夜2人で バリが直面する問題を全て 洗い出してみました 最も際立った問題は プラスチックごみでした しかし すごく大きな問題です だから 私たち子どもが 現実的に 目標にできるものを考えました ビニール袋です アイデアが生まれたわけです

イサベル: 調査を始めましたが まあ 調べれば調べるほど レジ袋の利点は 何もなかったのです というか レジ袋など 必要ないのです

外国でのレジ袋廃止活動に すごく刺激を受けました あちこちで行われている活動です ハワイからルワンダ オークランドにダブリンなど 都市でも行われています

イサベル: これをヒントに 「バイバイレジ袋」 運動が始動しました メラティ: 運動を続けてきた数年で 多くのことを学びました

教訓その1 「一人だけでは 成し遂げられない」 同じ考えの仲間が たくさん必要です そうして「バイバイレジ袋」 チームが 結成されました ボランティチームは島中の 子どもたちが参加しています インターナショナルスクールや 地元の学校の子 皆 共に活動しています 色々なレベルでのアプローチも始めました オンライン・オフラインでの 請願書署名活動や 学校での 教育的かつ感動的な プレゼンを基にして 市場、お祭り、海岸の清掃などを利用し 一般的な意識を高めるのです また これも大事なのですが エコバッグの配布もしました 網バッグや 新聞紙で作った リサイクルバッグとか 100%オーガニック素材のバッグなど 全てこの島の 地元の主導で 作られたものです

イサベル: 800世帯が住む村で 実験的に試行しました 村長は 村での最初の友人で Tシャツを気に入ってくれたのが きっかけでした お客さんの意識を変えることに 集中しました まずは意識の変化が必要だからです 村では既に 3分の2の店が レジ袋を撤廃しようとしていました

バリの役所を 巻き込もうとしましたが 一度目は失敗に終わりました そこで 考えました 「うーん・・・ 100万人が署名した請願書があれば 聞いてくれるんじゃない?」

メラティ: その通り!

イサベル: でも100万の署名って 千人が千回書くみたいな?

(笑)

八方塞がりでしたが・・・ 教訓その2「既成概念を捨てろ」 を 学んで変わりました 誰かが言っていたんです バリ空港では 年間1600万人が乗り降りするって

メラティ: でも どうやって 空港に乗り込むのか? さて ここで教訓その3 「粘り強さ」 です 空港へ向かい 守衛を通過し その上司の上司 それから 副事務所長 そして 事務所長 次に・・・ また2つ 下位に戻され 再び守衛と話をするといった具合でした

使命を負った子どもたちとして 何日も粘った後 ついに バリ空港の 商業部門の責任者に辿り着きました バリのレジ袋について スピーチしたら 彼はとてもいい人で [男の声を真似て] 「こんなことは 前例がないのですが 税関や入国審査場の外での 署名運動を許可します」 と言いました

(笑)

(拍手)

イサベル: 最初の1時間半で およそ千人分の署名が集まりました すごいでしょ?

教訓その4 「学生から責任者、有名人に至るまで 社会のあらゆるレベルで 『味方』 が必要である」 グリーンスクールの話題性のおかげで 定期的に 有名人と会うことができました パン・ギムン氏からの学びは 「国連の事務総長は 請願書に署名はしないものだ」 ということ

(笑)

子どもが丁寧に頼んだとしてもです でも活動を広めると約束してくれて 今私たちは 国連と緊密に 動いています

メラティ: ジェーン・グドール氏は 人の繋がりの力を教えてくれました たった1つの Roots&Shootsグループを 今や世界中で4千もの グループにまで広げた人です 私たちも入りました 真の模範となる人です

ここにロータリー会員の方がいたら よろしくお願いします 私たちは国際ロータリーの 最若年部の会員ですので

イサベル: 多くのことを学びました 忍耐についてや

メラティ: 不満にどう対処するか

イサベル: リーダーシップ

メラティ: チームワーク

イサベル: 友情

メラティ: バリの人々や文化についての 知識も深まり

イサベル: 責任の重要性も学びました

メラティ: 言動を一致させるのは 常に簡単ではなく ちょっと難しいこともあります

イサベル: でも昨年は実行しました インドへ講演をしに行って 私たち2人は 両親に ガンジーの旧邸に 連れて行ってもらいました 彼が目標達成のために行った ― ハンストの力について学びました そう そのツアーの最後に 両親と合流した時 2人とも 心を決めて言いました 「私たち ハンストするわ!」

(笑)

メラティ: その時の両親の顔が 想像できるでしょう 説得には時間がかかりました 両親だけでなく 友人や先生への説得もです 私たちは 本気で ハンストしようとしていました 栄養士とも会いました そして妥協点に辿り着きました 毎日夜明けから日没まで 断食する ということです バリ州知事が 島のレジ袋廃止方法について 会って話し合うと 同意してくれるまで

イサベル: インドネシア語で言う 私たちの"mogak makan"(ハンスト)が 始まったのです 目標達成のため SNSを使いました 2日目にして既に 警察が 家や学校に来るようになりました 2人は一体何をしているのかとね 私たちのハンストのせいで 知事の格好がつかない ― それはわかっていました 投獄されたかもしれません でもね 上手くいったのです 24時間後 学校に迎えが来て 知事のオフィスに 案内されました

メラティ: そこに知事がいて ―

(拍手)

知事が 私たちを待っていて バリの環境と景観美を 守ろうという意思に 感謝と全面協力の意を 示してくれました

バリでレジ袋を撤廃する ― 支援をするという 約束に署名してくれました 今では知事は友人です そして 知事と彼の部下に その時の約束を守るよう 定期的に 念を押しています 実際に知事は 最近こう宣言し 誓約しました 「バリでは 2018年までに レジ袋を撤廃する」

(拍手)

イサベル: 私たちの支持者の中に バリ国際空港で 2016年までに レジ袋ゼロの 実施計画を立てている人もいます

メラティ: 無料レジ袋配布を止めて エコバッグを持ち歩こう これが 世の中の意識変革を呼びかける 次のメッセージです

イサベル: 短期キャンペーンの 「ひとつの島 / ひとつの声」 の 目的はこれです レジ袋廃止を 自ら宣言した店や レストランを検査して 店の入り口にステッカーを貼り SNSやバリの主要な雑誌に 店名を公表します これで 逆に ステッカーのない店が 目立ってしまうようになります

(笑)

メラティ: ここで こうして 色々と話している 理由の一つは 仲間と協力して達成した結果に 誇りを持っているからであり また その過程で 子どもにも できることがあるのだと 分かったからでもあります 私たちでも 変化を起こせるのです イサベルと私はたった10歳と12歳で 活動を始めました ビジネスプランもなければ 確固とした戦略もなく 下心もありませんでした あったのは 目の前のアイディアと 協力してくれる 友人たちだけでした ただ 故郷が ビニールのレジ袋で覆われ 窒息してしまうのを 阻止したかっただけでした 子どもには 無限のエネルギーと 世界が必要とする変化を起こす モチベーションがあります

イサベル: だから この美しくも険しい 世界の子どもたちに向かって言います やりましょう! 変革を 起こしましょう 楽な道のりだとは言いません でもやろうとする価値はあるのです 私たち子どもは 世界の人口の わずか25%に過ぎないかもしれませんが 未来の100%を担っています

メラティ: 私たちには まだやることが沢山あります でもバリ空港に降りた人への 最初の質問が こうなるまでは止めませんよ

2人: 「バリ島へようこそ 申告するレジ袋はありますか?」

(笑)

オーム シャンティ シャンティ・・・ (平安で満たされますように)

ありがとうございました

(拍手)

Melati Wijsen: Bali -- island of gods.

Isabel Wijsen: A green paradise.

MW: Or ... a paradise lost. Bali: island of garbage.

IW: In Bali, we generate 680 cubic meters of plastic garbage a day. That's about a 14-story building. And when it comes to plastic bags, less than five percent gets recycled.

MW: We know that changes the image you may have of our island. It changed ours, too, when we learned about it, when we learned that almost all plastic bags in Bali end up in our drains and then in our rivers and then in our ocean. And those that don't even make it to the ocean, they're either burned or littered.

IW: So we decided to do something about it. And we've been working for almost three years now to try to say no to plastic bags on our home island. And we have had some significant successes.

MW: We are sisters, and we go to the best school on earth: Green School, Bali. Green School is not only different in the way that it is built out of bamboo, but also in the way that it teaches. We are taught to become leaders of today, something a normal textbook can not match.

IW: One day we had a lesson in class where we learned about significant people, like Nelson Mandela, Lady Diana and Mahatma Gandhi. Walking home that day, we agreed that we also wanted to be significant. Why should we wait until we were grown up to be significant? We wanted to do something now.

MW: Sitting on the sofa that night, we brainstormed and thought of all the issues facing Bali. And one thing that stood out to us the most was the plastic garbage. But that is a huge problem. So we looked into what was a realistic target for us kids: plastic bags. And the idea was born.

IW: We started researching, and let's just say, the more we learned, there was nothing good about plastic bags. And you know what? We don't even need them.

MW: We were really inspired by the efforts to say no to plastic bags in many other places, from Hawaii to Rwanda and to severals cities like Oakland and Dublin.

IW: And so the idea turned into the launch of "Bye Bye Plastic Bags." MW: In the years that we have been campaigning, we have learned a lot.

Lesson number one: you can not do it all by yourself. You need a big team of like-minded kids, and so we formed the Bye Bye Plastic Bags crew. The volunteer team includes children from all over the island, from both international and local schools. And together with them, we started a multi-layered approach, based on an on- and off-line signature petition, educational and inspirational presentations at schools and we raise general awareness at markets, festivals, beach clean-ups. And last but not least, we distribute alternative bags, bags like net bags, recycled newspaper bags or 100 percent organic material bags, all made by local initiatives on the island.

IW: We run a pilot village, home of 800 families. The village mayor was our first friend and he loved our T-shirts, so that helped. We focused on making the customers aware, because that's where the change needs to happen. The village is already two-thirds along the way of becoming plastic bag free.

Our first attempts to get the government of Bali on board failed. So we thought, "Hmm ... a petition with one million signatures. They can't ignore us, right?"

MW: Right!

IW: But, who would have guessed one million signatures is, like, a thousand times a thousand?

(Laughter)

We got stuck -- till we learned lesson number two: think outside the box. Someone mentioned that the Bali airport handles 16 million arrivals and departures a year.

MW: But how do we get into the airport? And here comes lesson number three: persistence. Off we headed to the airport. We got past the janitor. And then it was his boss's boss, and then the assistant office manager, and then the office manager, and then ... we got shuffled down two levels and thought, well, here comes the janitor again.

And after several days knocking on doors and just being kids on a mission, we finally got to the commercial manager of Bali airports. And we gave him the "Bali of plastic bags" speech, and being a very nice man, he said, [ imitating the man's voice ] "I can not believe what I'm about say, but I'm going to give authorization to collect signatures behind customs and immigrations."

(Laughter)

(Applause)

IW: In our first hour and a half there, we got almost 1,000 signatures. How cool is that?

Lesson number four: you need champions at all levels of society, from students to commercial managers to famous people. And thanks to the attraction of Green School, we had access to a steady stream of celebrities. Ban Ki Moon taught us that Secretary-Generals of the United Nations don't sign petitions --

(Laughter)

even if kids ask nicely. But he promised to spread the word, and now we work closely with the United Nations.

MW: Jane Goodall taught us the power of a people's network. She started with just one Roots & Shoots group and now she has 4,000 groups around the world. We are one of them. She's a real inspiration.

If you're a fellow Rotarian, nice to meet you. We're Interactors, the youngest department of Rotary International.

IW: But we have also learned much about patience,

MW: how to deal with frustrations,

IW: leadership,

MW: teamwork,

IW: friendship,

MW: we learned more about the Balinese and their culture

IW: and we learned about the importance of commitment.

MW: It's not always easy. Sometimes it does get a little bit hard to walk your talk.

IW: But last year, we did exactly that. We went to India to give a talk, and our parents took us to visit the former private house of Mahatma Gandhi. We learned about the power of hunger strikes he did to reach his goals. Yes, by the end of the tour, when we met our parents again, we both made a decision and said, "We're going on a hunger strike!"

(Laughter)

MW: And you can probably imagine their faces. It took a lot of convincing, and not only to our parents but to our friends and to our teachers as well. Isabel and I were serious about doing this. So we met with a nutritionist, and we came up with a compromise of not eating from sunrise to sunset every day until the governor of Bali would agree to meet with us to talk about how to stop plastic bags on Bali.

IW: Our "mogak makan," as it is called in Bahasa Indonesia, started. We used social media to support our goal and already on day two, police started to come to our home and school. What were these two girls doing? We knew we weren't making the governor look his best by doing this food strike -- we could have gone to jail. But, hey, it worked. Twenty-four hours later, we were picked up from school and escorted to the office of the governor.

MW: And there he was --

(Applause)

waiting for us to meet and speak, being all supportive and thankful for our willingness to care for the beauty and the environment of Bali.

He signed a promise to help the people of Bali say no to plastic bags. And we are now friends, and on a regular basis, we remind him and his team of the promises he has made. And indeed, recently he stated and committed that Bali will be plastic bag free by 2018.

(Applause)

IW: Also, at the International Airport of Bali,one of our supporters is planning to start a plastic bag-free policy by 2016.

MW: Stop handing out free plastic bags and bring in your own reusable bag is our next message to change that mindset of the public.

IW: Our short-term campaign, "One Island / One Voice," is all about this. We check and recognize the shops and restaurants that have declared themselves a plastic bag-free zone, and we put this sticker at their entrance and publish their names on social media and some important magazines on Bali. And conversely, that highlights those who do not have the sticker.

(Laughter)

MW: So, why are we actually telling you all of this? Well, partly, it is because we are proud of the results that, together with our team, we have been able to reach. But also because along the way, we have learned that kids can do things. We can make things happen. Isabel and I were only 10 and 12 years old when we started this. We never had a business plan, nor a fixed strategy, nor any hidden agendas -- just the idea in front of us and a group of friends working with us. All we wanted to do was stop those plastic bags from wrapping and suffocating our beautiful home. Kids have a boundless energy and a motivation to be the change the world needs.

IW: So to all the kids of this beautiful but challenging world: go for it! Make that difference. We're not telling you it's going to be easy. We're telling you it's going to be worth it. Us kids may only be 25 percent of the world's population, but we are 100 percent of the future.

MW: We still have a lot of work to do, but know that we still not stop until the first question asked when arriving at the Bali airports will be

Both: "Welcome to Bali, do you have nay plastic bags to declare?"

(Laughter)

Om shanti shanti shanti om.

Thank you.

(Applause)

Melati Wijsen:/ Bali --/ island of gods.//

メラティ・ワイゼン: 神々の島 バリ

Isabel Wijsen:/ A green paradise.//

イサベル・ワイゼン: 緑の楽園

MW:/ Or ...//

メラティ: それとも・・・

失楽園

バリ ゴミの島

IW:/ In Bali,/ we generate 680 cubic meters of plastic garbage/ a day.//

イサベル: バリでは 1日に 680立方メートルの プラスチックごみが 排出されています

That's about a 14-story building.//

14階建てのビルに 相当する量です

And when it comes to plastic bags,/ less than five percent gets recycled.//

そして レジ袋となると その5%以下しか 再生されません

MW:/ We know/ that changes/ the image/ you may have of our island.//

メラティ: そう聞くと バリ島のイメージが変わるでしょう

It changed ours,/ too,/ when we learned about it,/ when we learned/ that almost all plastic bags/ in Bali end up/ in our drains/ and then/ in our rivers/ and then/ in our ocean.//

私たちも 知った時 同じように感じました バリではほとんど全てのレジ袋が 排水溝に流され 川を通って 最終的には 海へと流れ込むことを

And those/ that don't even make it/ to the ocean,/ they're/ either burned/ or littered.//

そして 海にも到達しないレジ袋は 燃やされるか 捨て散らかされるかなのです

IW:/ So we decided to do/ something/ about it.//

イサベル: これを どうにかしようと決意しました

And we've been working for almost three years now/ to try to say/ no/ to plastic bags/ on our home island.//

故郷バリ島から レジ袋を廃止しようという 運動を始めてから 今 およそ3年が経ちますが

And we have had some significant successes.//

かなりの成功を収めてきました

MW:/ We are sisters,/ and we go to the best school/ on earth:/ Green School,/ Bali.//

メラティ: 私たちは姉妹です 地上で最高の学校に通っています バリのグリーンスクールです

Green School is not only different/ in the way/ that it is built out of bamboo,/ but also/ in the way/ that it teaches.//

この学校は 竹でできていますが 建築方法の違いだけでなく そこでの「学び」 も違うのです

We are taught to become leaders of today,/ something/ a normal textbook can not match.//

今日のリーダーとなるべく 教育を受けます 通常の教科書通りの 教育ではありません

IW:/ One day/ we had a lesson/ in class/ where we learned about significant people,/ like Nelson Mandela,/ Lady Diana and Mahatma Gandhi.//

イサベル: ある日の授業では 「すごい人々」 について学びました ネルソン・マンデラや ダイアナ元妃 マハトマ・ガンジーなどです

Walking home/ that day,/ we agreed/ that we also wanted to be significant.//

その日帰宅の路で 自分たちも そんな風に なりたいと思いました

Why should we wait/ until we were grown up/ to be significant?//

「すごい人」 になるのを 大人になるまで 待つことはありませんよね?

We wanted to do/ something/ now.//

今 何かをしたいと思ったのです

MW:/ Sitting on the sofa/ that night,/ we brainstormed/ and thought of all the issues/ facing Bali.//

メラティ: その夜2人で バリが直面する問題を全て 洗い出してみました

And one thing/ that stood out to us/ the most was the plastic garbage.//

最も際立った問題は プラスチックごみでした

But that is a huge problem.//

しかし すごく大きな問題です

So we looked into what was a realistic target/ for us kids:/ plastic bags.//

だから 私たち子どもが 現実的に 目標にできるものを考えました ビニール袋です

And the idea was born.//

アイデアが生まれたわけです

IW:/ We started researching,/ and let's just say,/ the more/ we learned,/ there was nothing good/ about plastic bags.//

イサベル: 調査を始めましたが まあ 調べれば調べるほど レジ袋の利点は 何もなかったのです

And you know/ what?//

というか

We don't even need them.//

レジ袋など 必要ないのです

MW:/ We were really inspired by the efforts/ to say no/ to plastic bags/ in many other places,/ from Hawaii/ to Rwanda/ and/ to severals cities/ like Oakland and Dublin.//

外国でのレジ袋廃止活動に すごく刺激を受けました あちこちで行われている活動です ハワイからルワンダ オークランドにダブリンなど 都市でも行われています

IW:/ And so/ the idea turned into the launch of "Bye Bye Plastic Bags."//

イサベル: これをヒントに 「バイバイレジ袋」 運動が始動しました

MW:/ In the years/ that we have been campaigning,/ we have learned a lot.//

メラティ: 運動を続けてきた数年で 多くのことを学びました

Lesson number one:/ you can not do it/ all/ by yourself.//

教訓その1 「一人だけでは 成し遂げられない」

You need a big team of like-minded kids,/ and/ so we formed the Bye Bye Plastic Bags crew.//

同じ考えの仲間が たくさん必要です そうして「バイバイレジ袋」 チームが 結成されました

The volunteer team includes children/ from all/ over the island,/ from both international and local schools.//

ボランティチームは島中の 子どもたちが参加しています インターナショナルスクールや 地元の学校の子

And together/ with them,/ we started a multi-layered approach,/ based/ on an on- and off-line signature petition,/ educational and inspirational presentations/ at schools/ and we raise general awareness/ at markets,/ festivals,/ beach clean-ups.//

皆 共に活動しています 色々なレベルでのアプローチも始めました オンライン・オフラインでの 請願書署名活動や 学校での 教育的かつ感動的な プレゼンを基にして 市場、お祭り、海岸の清掃などを利用し 一般的な意識を高めるのです

And last but not least,/ we distribute alternative bags,/ bags/ like net bags,/ recycled newspaper bags or 100 percent organic material bags,/ all made by local initiatives/ on the island.//

また これも大事なのですが エコバッグの配布もしました 網バッグや 新聞紙で作った リサイクルバッグとか 100%オーガニック素材のバッグなど 全てこの島の 地元の主導で 作られたものです

IW:/ We run a pilot village,/ home of 800 families.//

イサベル: 800世帯が住む村で 実験的に試行しました

The village mayor was our first friend/ and he loved our T-shirts,/ so that helped.//

村長は 村での最初の友人で Tシャツを気に入ってくれたのが きっかけでした

We focused on making the customers aware,/ because that's/ where the change needs to happen.//

お客さんの意識を変えることに 集中しました まずは意識の変化が必要だからです

The village is already two-thirds/ along the way of becoming plastic bag free.//

村では既に 3分の2の店が レジ袋を撤廃しようとしていました

Our first attempts to get the government of Bali/ on board failed.//

バリの役所を 巻き込もうとしましたが 一度目は失敗に終わりました

So/ we thought,/ "Hmm ...// a petition/ with one million signatures.//

そこで 考えました 「うーん・・・ 100万人が署名した請願書があれば

They can't ignore us,/ right?"//

聞いてくれるんじゃない?」

MW:/ Right!//

メラティ: その通り!

IW:/ But,/ who would have guessed/ one million signatures is,/ like,/ a thousand times/ a thousand?//

イサベル: でも100万の署名って 千人が千回書くみたいな?

(笑)

We got stuck --/ till/ we learned lesson number two:/ think outside the box.//

八方塞がりでしたが・・・ 教訓その2「既成概念を捨てろ」 を 学んで変わりました

Someone mentioned/ that the Bali airport handles 16 million arrivals/ and departures a year.//

誰かが言っていたんです バリ空港では 年間1600万人が乗り降りするって

MW:/ But how do we get into the airport?//

メラティ: でも どうやって 空港に乗り込むのか?

And here comes lesson number three:/ persistence.//

さて ここで教訓その3 「粘り強さ」 です

Off we headed to the airport.//

空港へ向かい

We got past the janitor.//

守衛を通過し

And then/ it was his boss's boss,/ and then/ the assistant office manager,/ and then/ the office manager,/ and then ...//

その上司の上司 それから 副事務所長 そして 事務所長 次に・・・

we got shuffled down two levels/ and thought,/ well,/ here comes the janitor again.//

また2つ 下位に戻され 再び守衛と話をするといった具合でした

And after several days/ knocking on doors/ and just being kids/ on a mission,/ we finally got to the commercial manager of Bali airports.//

使命を負った子どもたちとして 何日も粘った後 ついに バリ空港の 商業部門の責任者に辿り着きました

And we gave him/ the "Bali of plastic bags"/ speech,/ and being a very nice man,/ he said,/ [ imitating the man's voice ] "I can not believe/ what I'm about say,/ but I'm going to give/ authorization/ to collect signatures/ behind customs and immigrations."//

バリのレジ袋について スピーチしたら 彼はとてもいい人で [男の声を真似て] 「こんなことは 前例がないのですが 税関や入国審査場の外での 署名運動を許可します」 と言いました

(笑)

(拍手)

IW:/ In our first hour/ and a half there,/ we got almost 1,000 signatures.//

イサベル: 最初の1時間半で およそ千人分の署名が集まりました

How cool is that?//

すごいでしょ?

Lesson number four:/ you need champions/ at all levels of society,/ from students/ to commercial managers/ to famous people.//

教訓その4 「学生から責任者、有名人に至るまで 社会のあらゆるレベルで 『味方』 が必要である」

And thanks/ to the attraction of Green School,/ we had access/ to a steady stream of celebrities.//

グリーンスクールの話題性のおかげで 定期的に 有名人と会うことができました

Ban Ki Moon taught us/ that Secretary-Generals of the United Nations don't sign petitions --/ (Laughter)/

パン・ギムン氏からの学びは 「国連の事務総長は 請願書に署名はしないものだ」 ということ (笑)

even if kids ask nicely.//

子どもが丁寧に頼んだとしてもです

But he promised to spread/ the word,/ and now/ we work closely/ with the United Nations.//

でも活動を広めると約束してくれて 今私たちは 国連と緊密に 動いています

MW:/ Jane Goodall taught us/ the power of a people's network.//

メラティ: ジェーン・グドール氏は 人の繋がりの力を教えてくれました

She started with just one Roots & Shoots group/ and now/ she has 4,000 groups/ around the world.//

たった1つの Roots&Shootsグループを 今や世界中で4千もの グループにまで広げた人です

We are one of them.//

私たちも入りました

She's a real inspiration.//

真の模範となる人です

If you're a fellow Rotarian, nice to meet you.//

ここにロータリー会員の方がいたら よろしくお願いします

We're Interactors,/ the youngest department of Rotary International.//

私たちは国際ロータリーの 最若年部の会員ですので

IW:/ But we have also learned much/ about patience,/ MW:/ how to deal with frustrations,/ IW:/ leadership,/ MW:/ teamwork,/ IW:/ friendship,/ MW:/ we learned more/ about the Balinese and their culture IW:/ and we learned about the importance of commitment.//

イサベル: 多くのことを学びました 忍耐についてや メラティ: 不満にどう対処するか イサベル: リーダーシップ メラティ: チームワーク イサベル: 友情 メラティ: バリの人々や文化についての 知識も深まり イサベル: 責任の重要性も学びました

MW:/ It's not always easy.//

メラティ: 言動を一致させるのは

Sometimes/ it does get a little bit hard/ to walk your talk.//

常に簡単ではなく ちょっと難しいこともあります

IW:/ But last year,/ we did exactly/ that.//

イサベル: でも昨年は実行しました

We went to India/ to give a talk,/ and our parents took us/ to visit the former private house of Mahatma Gandhi.//

インドへ講演をしに行って 私たち2人は 両親に ガンジーの旧邸に 連れて行ってもらいました

We learned about the power of hunger strikes/ he did to reach/ his goals.//

彼が目標達成のために行った ― ハンストの力について学びました

Yes, by the end of the tour,/ when we met our parents again,/ we/ both made a decision/ and said,/ "We're going on a hunger strike!"//

そう そのツアーの最後に 両親と合流した時 2人とも 心を決めて言いました 「私たち ハンストするわ!」

(笑)

MW:/ And you can probably imagine their faces.//

メラティ: その時の両親の顔が 想像できるでしょう

It took a lot of convincing,/ and not only/ to our parents/ but/ to our friends/ and/ to our teachers/ as well.//

説得には時間がかかりました 両親だけでなく 友人や先生への説得もです

Isabel/ and I were serious/ about doing this.//

私たちは 本気で ハンストしようとしていました

So/ we met with a nutritionist,/ and we came up/ with a compromise of not eating from sunrise/ to sunset every day/ until the governor of Bali would agree to meet/ with us/ to talk about how to stop plastic bags/ on Bali.//

栄養士とも会いました そして妥協点に辿り着きました 毎日夜明けから日没まで 断食する ということです バリ州知事が 島のレジ袋廃止方法について 会って話し合うと 同意してくれるまで

IW:/ Our "mogak makan,/"/ as it is called in/ Bahasa Indonesia,/ started.//

イサベル: インドネシア語で言う 私たちの"mogak makan"(ハンスト)が 始まったのです

We used social media/ to support our goal/ and already/ on day two,/ police started to come/ to our home and school.//

目標達成のため SNSを使いました 2日目にして既に 警察が 家や学校に来るようになりました

What were these two girls doing?//

2人は一体何をしているのかとね

We knew/ we weren't making the governor look his best/ by doing this food strike --/ we could have gone to jail.//

私たちのハンストのせいで 知事の格好がつかない ― それはわかっていました 投獄されたかもしれません

But,/ hey,/ it worked.//

でもね 上手くいったのです

Twenty-four hours later,/ we were picked up/ from school/ and escorted to the office of the governor.//

24時間後 学校に迎えが来て 知事のオフィスに 案内されました

MW:/ And there/ he was --/ (Applause)/

メラティ: そこに知事がいて ― (拍手)

waiting/ for us to meet and speak,/ being all supportive and thankful/ for our willingness to care for the beauty and the environment of Bali.//

知事が 私たちを待っていて バリの環境と景観美を 守ろうという意思に 感謝と全面協力の意を 示してくれました

He signed a promise/ to help the people of Bali say no/ to plastic bags.//

バリでレジ袋を撤廃する ― 支援をするという 約束に署名してくれました

And we are now friends,/ and on a regular basis,/ we remind him/ and his team of the promises/ he has made.//

今では知事は友人です そして 知事と彼の部下に その時の約束を守るよう 定期的に 念を押しています

And indeed,/ recently/ he stated and committed/ that Bali will be plastic bag free/ by 2018.//

実際に知事は 最近こう宣言し 誓約しました 「バリでは 2018年までに レジ袋を撤廃する」

(拍手)

IW:/ Also,/ at the International Airport of Bali,/one of our supporters is planning to start/ a plastic bag-free policy/ by 2016.//

イサベル: 私たちの支持者の中に バリ国際空港で 2016年までに レジ袋ゼロの 実施計画を立てている人もいます

MW:/ Stop/ handing out/ free plastic bags/ and bring in/ your own reusable bag is our next message/ to change that mindset of the public.//

メラティ: 無料レジ袋配布を止めて エコバッグを持ち歩こう これが 世の中の意識変革を呼びかける 次のメッセージです

IW:/ Our short-term campaign,/ "One Island // One Voice,/"/ is all about this.//

イサベル: 短期キャンペーンの 「ひとつの島 / ひとつの声」 の 目的はこれです

We check/ and recognize the shops and restaurants/ that have declared themselves/ a plastic bag-free zone,/ and we put this sticker/ at their entrance/ and publish their names/ on social media and some important magazines/ on Bali.//

レジ袋廃止を 自ら宣言した店や レストランを検査して 店の入り口にステッカーを貼り SNSやバリの主要な雑誌に 店名を公表します

And conversely,/ that highlights those/ who do not have the sticker.//

これで 逆に ステッカーのない店が 目立ってしまうようになります

(笑)

MW:/ So,/ why are we actually/ telling you/ all of this?//

メラティ: ここで こうして 色々と話している

Well,/ partly,/ it is/ because we are proud of the results/ that,/ together/ with our team,/ we have been able to reach.//

理由の一つは 仲間と協力して達成した結果に 誇りを持っているからであり

But also/ because along the way,/ we have learned/ that kids can do things.//

また その過程で 子どもにも できることがあるのだと 分かったからでもあります

We can make/ things happen.//

私たちでも 変化を起こせるのです

Isabel/ and I were only 10 and 12 years old/ when we started this.//

イサベルと私はたった10歳と12歳で 活動を始めました

We never had a business plan,/ nor a fixed strategy,/ nor any hidden agendas --/ just the idea/ in front of us/ and a group of friends/ working with us.//

ビジネスプランもなければ 確固とした戦略もなく 下心もありませんでした あったのは 目の前のアイディアと 協力してくれる 友人たちだけでした

All we wanted to do/ was stop those plastic bags/ from wrapping and suffocating/ our beautiful home.//

ただ 故郷が ビニールのレジ袋で覆われ 窒息してしまうのを 阻止したかっただけでした

Kids have a boundless energy/ and a motivation/ to be the change/ the world needs.//

子どもには 無限のエネルギーと 世界が必要とする変化を起こす モチベーションがあります

IW:/ So/ to all the kids of this beautiful but challenging world:/ go for it!//

イサベル: だから この美しくも険しい 世界の子どもたちに向かって言います やりましょう!

Make/ that difference.//

変革を 起こしましょう

We're not telling/ you/ it's going to be easy.//

楽な道のりだとは言いません

We're telling/ you/ it's going to be worth/ it.//

でもやろうとする価値はあるのです

Us kids may only be 25 percent of the world's population,/ but we are 100 percent of the future.//

私たち子どもは 世界の人口の わずか25%に過ぎないかもしれませんが 未来の100%を担っています

MW:/ We still have a lot of work/ to do,/ but know/ that we still not stop/ until the first question asked/ when arriving at the Bali airports will be Both:/ "Welcome to Bali,/ do you have nay plastic bags/ to declare?"//

メラティ: 私たちには まだやることが沢山あります でもバリ空港に降りた人への 最初の質問が こうなるまでは止めませんよ 2人: 「バリ島へようこそ 申告するレジ袋はありますか?」

(笑)

Om shanti shanti shanti om.//

オーム シャンティ シャンティ・・・ (平安で満たされますように)

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Bali

バリ島(インドネシア共和国の島)

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

paradise

〈C〉〈U〉《通例P-》『天国』,極楽(heaven)

〈C〉《話》(一般に)楽園,もってこいの場所;〈U〉この上ない幸福,至福

lost

loseの過去・渦去分詞

『失った』,なくなった,紛失した

『負けた』;(賞などを)取りそこなった

(時間・労力などが)『浪費された』・破壊された(destroyed)

《補語にのみ用いて》(…に)夢中になった,没頭した《+『in』+『名』》

garbage

(台所から出る)生ごみ,食べかす,残飯

くだらないもの,がらくた

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

cubic

(また『cubical』)立方体の

立方の,3乗の

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

bag

袋状の物

(女性の)ハンドバッグ;旅行かばん,スーツケース

(…の)1袋分の量《+『of』+『名』》

(野球の)走塁ベース

獲物入れ;(猟の)獲物

…'を'袋に入れる

《話》〈獲物〉'を'捕える

《話》'を'失敬する,こっそりもらう

(からの袋のように)だらりと下がる,だぶだぶする

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

drain

(液体を)…‘から'『排出する』《+『名』+『of』+『名』》;(…から)〈液体〉‘を'『排出する』《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'消耗させる,枯渇させる;(…を)〈人〉‘から'消耗させる《+『名』+『of』+『名』》

〈酒など〉‘を'飲み干す,空にする

〈土地〉‘を'干上がらせる

〈土地などが〉水はけがよい;(液体を)排出する《+『of』+『名』》

〈水・液体などが〉徐々に流れ去る

〈C〉『排水設備』,排水路

〈C〉(…を)消耗(枯渇)させるもの《+『on』+『名』》

〈U〉《時にa~》(富・力などの)消耗,枯渇

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

bamboo

『竹』;竹材;〈C〉(1本の)竹

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

textbook

『教科書』

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

nelson

(レスリングの)首固め

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

Diana

ダイアナ(ローマ神話の月の女神で狩猟・処女性の守護神;ギリシア神話のアルテミスArtemisに当たる)

mahatma

マハトマ

(バラモン教の)大知識,大聖

《Mahatma》インドで高貴な人の名に添える敬称

Gandhi

ガンジー(Mohandas Karamchand~;1869‐1948;インド独立運動指導者;Mahatma Gandhi(偉大なる魂ガンジー)とも呼ばれる)

walking

歩くこと,歩行

歩き方

歩く,歩行する

歩行用の

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

sofa

『長いす』,ソファー

brainstorm

(突然の一時的な)精神錯乱

《米話》ひらめき,突然浮かんだ名案

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

realistic

『現実主義の』,現実的(実際的)な

写実的な,写実主義の

実在論の

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

bags

たくさん(…の)《+『of』+『名』》

(博性用,また一般に)だぶだぶのズボン

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

Hawaii

『ハワイ州』(ハワイ諸島より成る米国の州;州都はHonolulu)

ハワイ島(ハワイ諸島中の最大の島)

Rwanda

ルワンダ(アフリカ中東部の共和国;首都Kigali)

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

Oakland

オークランド(米国California州のサンフランシスコ湾に臨む港市)

Dublin

ダブリン(アイルランド共和国の首都)

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

bye

二の次の事(物)

付随的な,副次的な

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

crew

(船・飛行機の)『乗組員』[全員];(高級船員を除いた)船員,(高級乗務員を除いた)搭乗(とうじょう)員

(共同の仕事をする)従業員[全員],作業団[全員]

(ボートレースの)クルー

《話》仲間,連中

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

signature

『署名』

音楽記号(拍子記号・調記号など)

(本の)1ページの大きさに折り畳んだ大きな紙

petition

(正式の)『請願書』,陳情書

『請願』,陳情

…‘に'『請願する』,陳情する

(…を)『請願する』,陳情する《+『for』+『名』》

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

inspirational

霊感を与える;霊感を受けた

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

awareness

(…に)気づいていること《+『of』+『名』(do『ing,wh-節』)》,(…であることに)気づいていること《+『that節』》

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

festival

〈C〉〈U〉『祭り』,祝い,祭典

〈C〉『祭日』,祝日

《しばしば『F-』》(映画・音楽などの)…祭

beach

『浜』,海岸

海水浴場

〈ボートなど〉'を'浜に引き上げる

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

recycle

〈廃物など〉‘を'再利用する

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

initiative

開始,第一歩,手始め

『主導権』

独創力,創意工夫;進取の精神

(一般国民の)発議;発議権の手続き

pilot

『水先案内人』舵手(たしゅ)

(飛行機の)『パイロット』,操縦士

案内人,先導者(leader)

=pilot light

試験的な,実験的な,予備的な

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈船〉‘の'『水先案内をする』

〈飛行機〉‘を'操縦する;〈船〉‘の'かじを取る

《方向を表す副詞[句]を伴って》(|に向けて)〈人〉‘を'案内する,導く

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

mayor

『市長』;町長

T-shirt

ティーシャツ(丸首の半そでシャツ)

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

laughter

『笑い』,笑い声

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

airport

『空港』

handle

『取って』,柄,ハンドル

手がかり,きっかけ

《話》(sirなどの)肩書き

…‘に'『手で触れる』;手で持つ

〈材料・道具など〉‘を'手で扱う

〈人・動物など〉を『扱い』,統制する

〈問題など〉‘を'扱う,処理する,〈曲など〉‘を'弾きこなす

〈商品〉‘を'扱う,商う

〈自動車などが〉扱われる,操縦される(できる)

arrival

〈U〉(…への)『到着』《+『at』(『in』)+『名』》

〈U〉(目標・目的などへの)『到達』《+『at』(『in』)+『名』》

〈C〉到着した人(物),到着する人(物);生まれた子

departure

(…から)(遠くへ)『立ち去ること』,『出発』《+『from』+『名』》

(通常のことから)『はずれること』,逸脱《+『from』+『名』》

(方針・考えなどの)新機軸,新方針

persistence

(…を)あくまでもやり抜くこと,(…における)ねばり強さ,がん張り;執ようさ《『+in+名(doing』)》

(…が)永く続くこと,(…の)持続《+『of』+『名』)

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

janitor

《おもに英》門番,守衛

《おもに米》=caretaker

boss

『ボス』,親方;社長,所長

《米》《軽べつして》政党の首領

…'を'支配する,牛耳(ぎゅうじ)る《+『around』(『about』)『名』・+『名』+『around』(about)》

assistant

『助手』,補佐役;店員

補助の,副…,助…

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

manager

(商迭・会社・興行などの)『支配人』,『経営者』(団体・チームなどの)監督,部長

《形容詞を伴って》(仕事・家事を)やりくりする人,切り回す人

shuffle

〈足〉‘を'引きずる,引きずって歩く

〈カード〉‘を'混ぜて切る;〈物〉‘を'混ぜる

《副詞[句]を半って》〈物〉‘を'あちこちに動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》足を引きずる,足を引きずって歩く

カードを切る

(…を)無器用に(ぞんざいに,あわてて)する《+『through』+『名』》

言い逃れをする,あいまいな態度をとる

足を引きずること;(ダンスの)すり足

{C}(カードなどを)切ること;切る権利(順番)

(大臣などの)更迭(こうてつ)

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

knock

(音がするくらい強く)…‘を'『たたく』,『打つ』,なぐる

(…に)〈体・体の一部〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'打って(ある状態などに)する

〈穴など〉‘を'打ってあける

《俗》…‘を'けなす,こきおろす

《英俗》…‘を'びっくりさせる,‘に'ショックを与える

(…を)コツコツとたたく《+『on』(『at』)+『名』》

(…に)ぶつかる,衝突する《+『against』(『into』)+『名』》

(故障などで)〈エンジンなどが〉ガタガタいう,ノッキングを起こす

(…を)『打つこと』,(…に対する)一打(撃)《+『on』+『名』》

(…を)ノックすること(音)《+『on』(『at』)+『名』》

(エンジンの)ノック,ノッキング

《話》不運;悪評

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

imitate

…‘を'『見習う』,手本にする

…‘の'『まねをする』

…‘を'『模写(模造)する』,‘に'似せて作る

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

authorization

権限を与えること,委任;許可すること

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

custom

〈U〉〈C〉(社会の)『習慣』,『風習』,慣例

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』

〈U〉(客の商人に対する)ひいき,愛顧,引き立て《集合的に》得意先

《複数形で》関税;《the customs》税関

注文で作った,あつらえの

immigration

(外国からの)移住,入植

《集合的に》入植者,移民国

applause

『拍手かっさい』;称賛

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

champion

〈C〉(競技の)『優勝者』;最優秀賞をとった人(動物)

(主義・主張のために戦う)『闘士』

優勝した,最優秀賞をとった

《英話》とびきりの,この上ない

この上なく

…‘の'ために戦う

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

attraction

〈U〉『引力』

〈C〉(人を)引きつける力,魅力となる物(事)《+『for』+『名』》

〈C〉呼び物,出し物

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

steady

(速度・動作などが)『むらのない』,規則的な

『ぐらつかない』,しっかりした,安定した

『変わらない』,定まった

まじめな,着実な

動揺しない,落ち着いた

…‘を'安定させる,落ち着かせる

安定する,落ち着く

(婚約までは進んでいないが)決まった異性の交際相手(恋人)

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

ban

(法による)(…に対する)『禁止』,禁制(prohibition)《+『on』+『名』》

(世論などの)反対,非難

(教会の)破門

(法律や社会的圧力によって)…'を'『禁ずる』,禁止する

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

nicely

見事に,気持ちよく;うまく

精密に

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

United Nations

『国際連合』(1945年 San Francisco において世界50か国の共同署名により発足した国際的連盟で,かつての国際連盟(the League of Nations)に代わる新たな機関;本部は New York 市にある;《略》UN,U.N.)

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

rotary

回る,回転する;回転式の

=traffic circle

International

インターナショナル(19‐20世紀に結成された国際的な社会主義的労働者組織)

patience

(苦しみに耐える)『忍耐』,忍耐力,しんぼう

《英》=solitaire

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

frustration

〈U〉(努力・計画などの)失敗,ざ折,落胆,失意;〈C〉(具体的な事柄の)失敗,ざ折

〈U〉(心理学で)欲求不満,フラストレーション

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

teamwork

協同作業

friendship

〈U〉友情,親交

〈C〉交友,交際

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

commitment

〈U〉委託,委任

〈U〉〈C〉(刑務所などへの)抱留,(病院などへの)収容《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への…する)公約,約束《+『to』+『名』+『to』do》

〈C〉(…への)かかわり合い;専心,傾倒《+『to』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

private house

私宅,私邸

hunger strike

ハンスト,ハンガーストライキ

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

probably

『たぶん』,『おそらく』

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

convincing

(人を)納得させる,説得力のある

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

nutritionist

栄養士;栄養学者

compromise

〈U〉〈C〉(…との)『妥協』,和解,和解《+『with』+『名』》

〈C〉妥協案,折衷案;折衷したもの

〈信用・名声など〉'を'危うくする,傷つける,汚す

(…と)『妥協する』,和解する《+『with』+『名』》

sunrise

『日の出』

日の出の時刻

sunset

『日没』,日の入り

日没の時刻,

governor

(米国の州の)『知事』

(植民地・属領などの)『総督』

(協会・銀行などの)総裁,理事;(公共施設・病院などの)長,管理者

(燃料の供給を加減してエンジンの速度を調節する)調速機

《英話》部(課)長,上役(boss);おやじ

Indonesia

インドネシア(アジア南東部の共和国;正式名the Republic of Indonesia;首都はJakarta)

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

jail

〈C〉刑務所,牢獄,拘置所

〈U〉入獄,拘置

…‘を'刑務所に入れる,投獄する;…‘を'拘置する

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

escort

〈C〉(保護・案内・礼儀のための)『付き添い』,護衛者,(特に,パーティーなどで)女性に付き添う男性;《集合的に》(兵士・軍艦などの)武装護衛隊,(警官の)護衛

〈U〉案内;保護,護衛,護送

(ある場所まで)〈人〉‘に'『付き添って行く』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

〈軍艦など〉‘を'護衛する

supportive

支える;維持する;扶養する

thankful

(人が)『感謝している;』(心・言動が)感謝に満ちた

willingness

喜んですること;(…喜んで)(…する)気持ち《+to do》

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

supporter

支持者,後援者;支え,支える物

扶養する人

(運動選手が使う)サポーター

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

short-term

短期間の,短期満期の

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

declare

…'を'『宣言する』,告示する,公表する

…'を'『強調する』

〈課税品・所得額〉'を'申告する

…'を'明らかにする(reveal);…'を'表す(show)

(…に反対,賛成を)表明する,声明する《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』(do『ing』)》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

sticker

ステッカー,のり付きラベル

《米》いが;とげ

《話》粘り強い人

entrance

〈C〉(建物・場所などの)『入り口』,玄関;(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(場所・建物・学校・会社などへ)『入ること』,入場《+『to』(『into,on,upon』)+『名』》

〈U〉(新しい生活・職務などに)つくこと,入ること《+『on』(『upon, into』)+『名』》

〈U〉(…へ)入る権利(資格)《+『to』(『into』)+『名』》

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

conversely

逆に

《文全体を修飾して》逆に言えば

highlight

(絵画・写真などの)最も明るい部分,ハイライト

(事件・勝負・ニュースなどの)最も目立つ部長,最高潮の場面,呼び物

〈絵画・写真などの部分〉‘に'ハイライトを置く,…‘を'最も明るくする

…‘を'強調する

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

nor

《neither…nor,で》…『も』,『も』…『ない』,また…ない(or not)

《not,no,neverなどを含む否定節の後で,さらに次に続く内容を否定して》…『もまた』…『ない』

《肯定文の後,または文頭に置いて,次に続く内容を否定して》『そしてまた』…『ない』(and not)

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

hidden

隠された,隠れた,秘密の

agenda

会議事項,議事日程;備忘録

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

suffocate

…‘を'窒息死させる

…‘を'息苦しくさせる

(空気を断って)〈火〉‘を'消す

…‘の'発達を妨げる

窒息死する

息が詰まる,あえぐ

boundless

限りない,果てしない

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

motivation

動機を与えること,動機づけ

needs

《直ちに, 当面》 必要なもの[こと], 要求, 要望されるもの

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

nay

《古》いな,いや(no)

《文》そればかりでなく,それどころか

拒絶,否定

反対投票;反対投票者

関連動画