TED日本語 - レジー・ワッツ: ビートボックスをも凌ぐビート

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

レジー・ワッツの刻むビートは、ビートボックスをも凌ぎます。論理をいったんオフにして、彼が詩を織り交ぜながら、音楽のジャンルを飛びこえて、スケールの大きなパフォーマンスを見せてくれるのをご覧ください。

Script

[スペイン語風の言語]

[仏語]たまに見えるはず 周りの人々が... ここで何かをするから 食べられる

[仏語]でも君が誰かに怒っていれば [仏語]許さんだろう [英語]最初は

[イギリス英語]これがTEDで 一番楽しい事だと思います 世の中のこととの関係は 深くも浅くもありません

(笑)

でもこれは 私利私欲で 自分たちのためだけに 人生設計を理解するようなものです

(笑)

未来はこう語りかけています 我々が生きている記憶という鏡 ― その感覚が崩れ去ってしまう以外に 何も残されないのだと

(笑)

常識であるとはいえ やはり重要です!

(笑)

こんな時代に恐怖に直面し 恐怖に囲まれていると 反恐怖性も生まれます 想像したり計るのは難しいものです 背景放射はあまりにも動きがないため 普通のスペクトル解析では 見えないのです

[アメリカ英語]でも私たちは まるでこれまでに何度も 私たちのほとんどが ― 言っていることが分かりますか? でも ― 本当に分かるのか? ほらよ ヒップホップみたいに 分かるだろ TEDはすげえっての 分かるだろ? 俺が歌を作ったから 気に入ってくれるといいな この歌は人々と あとビッグフットについての歌だ

(笑)

それとフランスの科学のこともね フランスの科学だよ じゃあ はじめようか

(歌)自分の中で 試してる ちょっと困ったことになった

(拍手)

困ったことになった 俺のせいなんだ でも逃れられない

(発声)

(ビートボックス)

(歌)お前に信じてもらえる人間に なろうとしてる お前は俺を粋がらせる お前のためなら ベイビー お前なら何だってできるさ 帰る途中でケガしなければな

(ビートボックス)

生き延びられたら どこが悪かったか言うよ だって もしお前が[不明瞭] お前は[不明瞭]のようさ お前に俺のなりたいものを教えるよ

(音楽)

(音楽が突然やむ)

[イギリス英語]それに 皆さんは望むままに 欲しい物を使えますよね?

(拍手) コンピュータのモデルは どんなに多く持っていても どれほど多くの人々が使っても 決して同じ結論に到達できないのです 4年前ブルッキングズ研究所で 数人と一緒に研究し 結論を導き出しました

(笑)

明日は新しい日なのです

(笑)

どんな日でもいいわけではなく ある1日なのです 明日がやってくることは 間違いありません

覚えておいてほしい重要なことは このシミュレーションが 良いものであることです 信じられるし触れられます 手を伸ばすことができ 頑丈です 物をある場所から 別の場所に動かせるし 自分の体を感じることもできます 「この場所に行きたい」と言えるし この分子の塊を気の向くままに 空気の中を通って動かせます

(笑)

毎日その空気の中で生きているのです さて理解が欠如しているということに関する 配分と理解をもって 私たちは科学の新しい時代に突入します 私たちが次のように語る以上には 感じることはありません それらはそれら自身の中で コンポラリーであれ 非コンポラリーであれ 私たちがソースとしたり 結論を導き出すような ネットワークに対する 私たちの無理解と 部分的な理解の組み合わせへと 比喩的に 描かれるのだと

(笑)

先ほどの曲の前に言った通り 感じるのです 我々が暮らしているのは球体ではなく 無限に広がる平面であり 自分の起源に戻れるという幻想に 憑りつかれていることを

(笑)

空に広がるすべての天体が 無限に広がる ― プレーン(平面)だとわかれば プレーンに(たやすく)わかります

(笑)

(聴衆)(笑)

最後の曲です 覚えておいてください あなた自身という概念を ネガティブなスペースに気付くことが より重要なのは 音楽はスペースを 分割するに過ぎないからです 私たちが耳を澄ますスペースこそ 分割されているものであり 伝えられたいアイディアが どうなりたいと考えているかを 教えてくれるような 他の何かと比較することで 私たちに情報を与えてくれます このくらいにしましょうか

(拍手)

ありがとう

(拍手)

これは楽しいよ こうするんだ

(ビートボックス)

(ちんぷんかんぷん)

(音楽終わり)

さて 最後の曲も これによく似ているんだ どの曲か気付いてくれよ やるぞ! 調子いいですね オッケー それではやるぞ!

(笑)

(ビートボックス)

やるぞ!

(ビートボックス)

イェイ ヨ ヨ ヨ

(ちんぷんかんぷん)

(音楽が小さくなる)

ありがとう 次のトークも楽しんでくれ

(拍手)

(Non English)

(French) Mais Des fois on peut voir parce Que Les gens ici faire Des choses on peut manger.

(French) Mais quand tu es fache avec quelqu'un c'est pas passe the first time.

(British English) And that's one of the things that I enjoy most about this convention. It's not so much, as so little has to do with what everything is.

(Laughter)

But it is within our self-interest to understand the topography of our lives unto ourselves.

(Laughter)

The future states that there is no time other than the collapsation of that sensation of the mirror of the memories in which we are living.

(Laughter)

Common knowledge, but important nonetheless.

(Laughter)

As we face fear in these times, and fear is all around us, we also have anti-fear. It's hard to imagine or measure. The background radiation is simply too static to be able to be seen under the normal spectral analysis.

(American accent) But we feel as though there are times when a lot of us -- you know what I'm saying? But -- you know what I'm saying? Because, as a hip hop thing, you know what I'm saying, TED be rocking -- you know what I'm saying. Like so I wrote a song, and I hope you guys dig it. It's a song about people and sasquatches --

(Laughter)

And other French science stuff. That's French science. Okay, here we go.

(Singing) I've been trying inside I know that I'm in trouble

(Applause)

that I'm in trouble by myself But every time it gets me

(Vocalization)

(Beatbox)

(Singing) And I've been trying to be the one that you believe in And you're the one that I want to be so saucy And you're the one I want to [ unclear ], baby And you can do anything as long as you don't get hurt along the way back

(Beatbox)

If I survive, I'm going to tell you what is wrong Because if you were [ unclear ] And I think that you're looking like a [ unclear ] I give you what I want to be

(Music)

(Music ends abruptly)

(British accent) And it's like, you could use as many of those things that you want.

(Applause) And the computer models, no matter how many that you have and how many people that you use, are never going to be able to arrive at the same conclusions. Four years ago I worked with a few people at the Brookings Institute, and I arrived at a conclusion.

(Laughter)

Tomorrow is another day.

(Laughter)

Not just any day, but it is a day. It will get here, there's no question.

And the important thing to remember is that this simulation is a good one. It's believable, it's tactile. You can reach out -- things are solid. You can move objects from one area to another. You can feel your body. You can say, "I'd like to go over to this location," and you can move this mass of molecules through the air over to another location, at will.

(Laughter)

That's something you live inside of every day. Now with the allocation and the understanding of the lack of understanding, we enter into a new era of science in which we feel nothing more than so much so as to say that those within themselves, comporary or non-comporary, will figuratively figure into the folding of our non-understanding and our partial understanding to the networks of which we all draw our source and conclusions from.

(Laughter)

So, as I say before the last piece, feel not as though it is a sphere we live on, rather an infinite plane which has the illusion of leading yourself back to the point of origin.

(Laughter)

Once we understand that all the spheres in the sky are just large infinite planes, it will be plain to see.

(Laughter)

(Audience) (Laughter)

This is my final piece. And just remember, everything you are -- it's more important to realize the negative space, as music is only the division of space; it is the space we are listening to divided as such, which gives us the information in comparison to something other that gives us the idea of what the idea that wants to be transmitted wants to be. So please, without further ado.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

This is a fun one. It goes like this.

(Beatbox)

(Gibberish)

(Music ends)

Okay, for the last piece I'd like to do, this one goes very similar to this. I hope you guys recognize it. Here we go. Okay, that still works. Okay, good. All right, here we go.

(Laughter)

(Beatbox)

Here we go.

(Beatbox)

Yeah, yo, yo, yo

(Gibberish)

(Music fades out)

Thank you. Enjoy the rest.

(Applause)

(Non English)

[スペイン語風の言語]

(French)/ Mais Des fois on peut voir parce Que Les gens ici faire Des choses on peut manger.//

[仏語]たまに見えるはず 周りの人々が... ここで何かをするから 食べられる

(French)/ Mais quand tu es fache/ avec quelqu'un c'est pas passe the first time.//

[仏語]でも君が誰かに怒っていれば [仏語]許さんだろう [英語]最初は

(British English)/ And that's one of the things/ that I enjoy most/ about this convention.//

[イギリス英語]これがTEDで 一番楽しい事だと思います

It's not so much,/ as so little has to do/ with what everything is.//

世の中のこととの関係は 深くも浅くもありません

(笑)

But it is within our self-interest/ to understand the topography of our lives/ unto ourselves.//

でもこれは 私利私欲で 自分たちのためだけに 人生設計を理解するようなものです

(笑)

The future states/ that there is no time other/ than the collapsation of that sensation of the mirror of the memories/ in which we are living.//

未来はこう語りかけています 我々が生きている記憶という鏡 ― その感覚が崩れ去ってしまう以外に 何も残されないのだと

(笑)

Common knowledge,/ but important nonetheless.//

常識であるとはいえ やはり重要です!

(笑)

As we face fear/ in these times,/ and fear is all around us,/ we also have anti-fear.//

こんな時代に恐怖に直面し 恐怖に囲まれていると 反恐怖性も生まれます

It's hard/ to imagine/ or measure.//

想像したり計るのは難しいものです

The background radiation is simply too static/ to be able to be seen under the normal spectral analysis.//

背景放射はあまりにも動きがないため 普通のスペクトル解析では 見えないのです

(American accent)/ But we feel/ as though there are times/ when a lot of us --/ you know/ what I'm saying?//

[アメリカ英語]でも私たちは まるでこれまでに何度も 私たちのほとんどが ― 言っていることが分かりますか?

But --/ you know/ what I'm saying?//

でも ― 本当に分かるのか?

Because,/ as a hip hop thing,/ you know/ what I'm saying,/ TED be rocking --/ you know/ what I'm saying.//

ほらよ ヒップホップみたいに 分かるだろ TEDはすげえっての 分かるだろ?

Like/ so I wrote a song,/ and I hope/ you guys dig it.//

俺が歌を作ったから 気に入ってくれるといいな

It's a song/ about people and sasquatches --/ (Laughter)

この歌は人々と あとビッグフットについての歌だ (笑)

And other French science stuff.//

それとフランスの科学のこともね

That's French science.//

フランスの科学だよ

Okay,/ here/ we go.//

じゃあ はじめようか

(Singing)/ I've been trying inside/ I know/ that I'm in trouble (Applause)/

(歌)自分の中で 試してる ちょっと困ったことになった (拍手)

that I'm in trouble/ by myself/ But every time/ it gets me (Vocalization)

困ったことになった 俺のせいなんだ でも逃れられない (発声)

(Beatbox)

(ビートボックス)

(Singing)/ And I've been trying to be the one/ that you believe in And you're the one/ that I want to be so saucy/ And you're the one/ I want to [ unclear ],/ baby/ And you can do anything as long/ as you don't get hurt along the way back (Beatbox)/

(歌)お前に信じてもらえる人間に なろうとしてる お前は俺を粋がらせる お前のためなら ベイビー お前なら何だってできるさ 帰る途中でケガしなければな (ビートボックス)

If I survive,/ I'm going to tell/ you/ what is wrong/ Because/ if you were [ unclear ]/ And I think/ that you're looking/ like a [ unclear ]/ I give you/ what I want to be (Music)

生き延びられたら どこが悪かったか言うよ だって もしお前が[不明瞭] お前は[不明瞭]のようさ お前に俺のなりたいものを教えるよ (音楽)

(Music ends abruptly)

(音楽が突然やむ)

(British accent)/ And it's like,/ you could use as many of those things/ that you want.//

[イギリス英語]それに 皆さんは望むままに 欲しい物を使えますよね?

(拍手)

And the computer models,/ no matter/ how many/ that you have/ and how many people/ that you use,/ are never going to be able to arrive at the same conclusions.//

コンピュータのモデルは どんなに多く持っていても どれほど多くの人々が使っても 決して同じ結論に到達できないのです

Four years ago/ I worked with a few people/ at the Brookings Institute,/ and I arrived at a conclusion.//

4年前ブルッキングズ研究所で 数人と一緒に研究し 結論を導き出しました

(笑)

Tomorrow is another day.//

明日は新しい日なのです

(笑)

Not/ just any day,/ but it is a day.//

どんな日でもいいわけではなく ある1日なのです

It will get here,/ there's no question.//

明日がやってくることは 間違いありません

And the important thing to remember is/ that this simulation is a good one.//

覚えておいてほしい重要なことは このシミュレーションが 良いものであることです

It's believable,/ it's tactile.//

信じられるし触れられます

You can reach out --/ things are solid.//

手を伸ばすことができ 頑丈です

You can move objects/ from one area/ to another.//

物をある場所から 別の場所に動かせるし

You can feel your body.//

自分の体を感じることもできます

You can say,/ "I'd like to go over to this location,/"/ and you can move this mass of molecules/ through the air/ over/ to another location,/ at will.//

「この場所に行きたい」と言えるし この分子の塊を気の向くままに 空気の中を通って動かせます

(笑)

That's something/ you live inside of every day.//

毎日その空気の中で生きているのです

Now/ with the allocation/ and the understanding of the lack of understanding,/ we enter into a new era of science/ in which we feel nothing more/ than so much so/ as to say/ that those/ within themselves,/ comporary or non-comporary,/ will figuratively figure into the folding of our non-understanding/ and our partial understanding/ to the networks of which we/ all draw our source and conclusions from.//

さて理解が欠如しているということに関する 配分と理解をもって 私たちは科学の新しい時代に突入します 私たちが次のように語る以上には 感じることはありません それらはそれら自身の中で コンポラリーであれ 非コンポラリーであれ 私たちがソースとしたり 結論を導き出すような ネットワークに対する 私たちの無理解と 部分的な理解の組み合わせへと 比喩的に 描かれるのだと

(笑)

So,/ as I say before the last piece,/ feel not/ as though it is a sphere/ we live on,/ rather an infinite plane/ which has the illusion of leading yourself back/ to the point of origin.//

先ほどの曲の前に言った通り 感じるのです 我々が暮らしているのは球体ではなく 無限に広がる平面であり 自分の起源に戻れるという幻想に 憑りつかれていることを

(笑)

Once we understand/ that all the spheres/ in the sky are just large infinite planes,/ it will be plain/ to see.//

空に広がるすべての天体が 無限に広がる ― プレーン(平面)だとわかれば プレーンに(たやすく)わかります

(笑)

(聴衆)(笑)

This is my final piece.//

最後の曲です

And just remember,/ everything/ you are --/ it's more important/ to realize the negative space,/ as music is only the division of space;/ it is the space/ we are listening to divided as such,/ which gives us/ the information/ in comparison/ to something other/ that gives us/ the idea of what the idea/ that wants to be transmitted wants/ to be.//

覚えておいてください あなた自身という概念を ネガティブなスペースに気付くことが より重要なのは 音楽はスペースを 分割するに過ぎないからです 私たちが耳を澄ますスペースこそ 分割されているものであり 伝えられたいアイディアが どうなりたいと考えているかを 教えてくれるような 他の何かと比較することで 私たちに情報を与えてくれます

So please,/ without further ado.//

このくらいにしましょうか

(拍手)

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

This is a fun one.//

これは楽しいよ

It goes like this.//

こうするんだ

(Beatbox)

(ビートボックス)

(ちんぷんかんぷん)

(Music ends)/

(音楽終わり)

Okay,/ for the last piece/ I'd like to do,/ this one goes very similar/ to this.//

さて 最後の曲も これによく似ているんだ

I hope you/ guys recognize it.//

どの曲か気付いてくれよ

Here/ we go.//

やるぞ!

Okay,/ that still works.// Okay,/ good.//

調子いいですね オッケー

All right,/ here/ we go.//

それではやるぞ!

(笑)

(Beatbox)

(ビートボックス)

Here/ we go.//

やるぞ!

(Beatbox)/

(ビートボックス)

Yeah,/ yo,/ yo,/ yo (Gibberish)

イェイ ヨ ヨ ヨ (ちんぷんかんぷん)

(Music fades out)/

(音楽が小さくなる)

Thank you.// Enjoy/ the rest.//

ありがとう 次のトークも楽しんでくれ

(拍手)

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

chose

chooseの過去形

manger

飼い葉おけ,まぐさおけ

pa

とうちゃん(papa)

passe

時代遅れの(out-of-date);(特に女性が)盛りを過ぎた

British English

イギリス英語(大ブリテン島,特にイングランド南部で用いられる英語)

convention

〈C〉(宗教上や政治上など特別の目的の)『会議』,協議会;《米》党大会(大統領候補者の指名・綱領決定などをする)

〈C〉〈U〉『因習』,慣例,しきたり

〈C〉(国家間などの)協定,申し合わせ

laughter

『笑い』,笑い声

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

self-interest

私利,私欲;利己主義(selfishness) = self interest

topography

〈U〉地形学,(ある地域の)地形図作成

〈C〉地形,地勢

unto

…に,の方へ,まで(to)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

sensation

〈U〉〈C〉(五感による)『感覚』,知覚

〈C〉(¨の)感じ,気持ち

〈C〉〈U〉大評判,センセーション;大評判になった人(物,事)

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

common knowledge

常識

nonetheless

『それでもなお』

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

radiation

〈U〉(光・熱・放射能などの)発散,放射

〈C〉放射物;放射線;輻射(ふくしゃ)熱

〈C〉(喜び・幸福感などの)発散《+『of』+『名』》

=radioactivity

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

static

静止の,固定した

動きのない,活気のない

静止電気の

静止学の

空電

(空電による)ラジオの雑音,テレビの電波障害

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

spectral

幽霊の,お化けのような(ghostly)

スペクトルの(による)

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

accent

〈C〉〈U〉『アクセント』,『強勢』;アクセント記号

〈C〉(言葉の)なまり

《複数形で》『口調』,音調(tone)

〈C〉〈U〉強調,重視

…‘に'アクセントをおく;…‘に'アクセント符号をつける

…'を'強調する,目立たせる

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

hip

『腰』[の一方の側],ヒップ

= hip joint

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

saying

〈U〉『言うこと』;〈C〉言われた言葉

〈C〉『格言』,『ことわざ』

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

dig

〈地面・穴など〉‘を'『掘る』

…‘を'『掘り出す』《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…から)…‘を'見つけ出す,探り出す《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'突く;(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

《俗》…‘を'理解する,好む

『地面を掘る』,掘り返す

《話》(資料などを)丹念に調べる《+『at』+『名』》

(…を)小突くこと《+『in』+『名』》

(…に対する)当てこすり《+『at』+『名』》

考古学上の発掘地

《複数形で》《英話》下宿

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

okay

=OK,O.K.

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

applause

『拍手かっさい』;称賛

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

saucy

生意気な,ずうずうしい

《話》気のきいた,いきな

unclear

はっきりしない

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

abruptly

突然に,不意に

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

computer

『計算機』;『電子計算機』

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

simulation

〈U〉ふりをすること,見せかけること

〈C〉まね,模擬実験(コンピューターで,経済,科学などの変化を予測するモデル実験)

believable

信じられる,信用できる

tactile

触覚の,触覚による,触知しうる

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

allocation

(…への)割り当て,配置;〈C〉割り当て額(量)《+『to』(『for』)+『名』)》

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

folding

折り畳みの

partial

(また『part』)『一部分の』,部分的な;不完全な

不公平な,偏った

《補語にのみ用いて》(…が)特に好きで《+『to』+『名』》

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

sphere

『球』,球体,球面

(惑星・星などの)『天体』;天球;《詞》天,空

(知識・活動・影響などの)『範囲』,領域《+『of』+『名』》

(社会的)地位,階級

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

infinite

(空間・数・量・程度などについて)『無限の』,限りがない

ばく大な,非常に大きい(very great)

《the I-》神(God)

《the ~》無限なもの,無限の空間(時間)

(数学で)無限

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

illusion

『思い込み』,思い違い

〈C〉(…の)『幻覚』,幻影,幻,錯覚《+『of』+『名』》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

origin

〈U〉〈C〉(…の)『起源』発端;もと,原因《+『of』+『名』》

〈U〉『生まれ』,素性,血統

〈U〉〈C〉(数学で,座標の)原点

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

plain

『はっきり見える』(『聞こえる』)

『はっきり理解できる』,明白な

全くの(sheer)

混ぜ物のない,生(き)のままの;飾りのない;無地の

ありのままの

『質素な』,飾り(模様)のない

(食べ物が)淡白な

平凡な,並みの,普通の;素朴な

『平原』,平野;《the Great Plains》(北米の)大平原地帯

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

division

〈U〉分けること,『分割』,分離;『分配』

〈C〉(分割された)部分

〈U〉(意見・感情の相違による)分裂,不一致,不和

〈U〉割り算

〈C〉仕切り;境界線

〈C〉(官庁・会社の)『部門』;(大学の)学部

〈C〉《集合的に》(陸軍で)師団;(海軍で)分艦隊

〈C〉(英議会の)票決,採決

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

comparison

(…と…との)『比較』《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》;(…間の)比較《+『between』+『名』》

(…を…に)たえること《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》

(形容詞・副詞の)比較変化

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

transmit

〈手紙・品物など〉‘を'送る,(ある人・場所・物から他へ)…‘を'伝える,移す

(相続・遺伝などによって子孫に)〈財産・性質など〉‘を'伝える《+名+to+名》

(媒介によって)〈光・熱・音・力など〉‘を'伝える,伝導する;〈ラジオ・テレビなどの内容〉‘を'放送する,〈信号など〉‘を'送信する

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

ado

騒ぎ,騒動(fuss);めんどう

gibberish

訳の分からぬおしゃべり,たわ言

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

fade

『衰える』,弱くなる;〈植物が〉『しぼむ』,しおれる

『しだいに消えてゆく』,姿を消す《+『away』》

…‘を'衰えさせる;…‘の'色をあせさせる

〈映像・音〉をしだいに消えさせる

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

関連動画