TED日本語 - マック・ストーン: 危機にあるエバーグレーズの息を飲む写真

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

長い間、人々は沼地や湿地を避けるべき障害とみなしてきました。しかし、フロリダ州のエバーグレーズにいる野生生物を撮ってきた写真家マック・ストーンは、沼地は邪魔者ではなく国の宝なのだと言います。息を飲むような写真を通じて、ストーンは、蔑ろにされてきた太古からの貴重な自然に新たな光を当てます。彼のメッセージは、外へ出て自ら体験するようにと促しています。「やってご覧なさい。足を水に踏み入れてみて。請け合いますが、沼地はきっとあなたを変えることでしょう」

Script

私は世界各地の 風景や文化を 写真に収めながら 素晴らしい場所を 旅できるという 素晴らしい恩恵に 恵まれました この仕事は とても気に入っています

みんな私の毎日が 発見や 日の出や 虹の連続だと 思っているようですが 現実はむしろ こんな感じです

(笑)

これが私の仕事場です

素敵なホテルに泊まり歩くような 贅沢はできないので 野外で眠ることが多いです 乾いたところで眠れたなら もうけものです 素敵なレストランを 食べ歩くような贅沢もできません だからその土地で食べられるものは 何でも食べることになります エクアドルの高地にいれば クーイという大型齧歯類を 食すことになります

(笑)

もし私達の体験を 普通の人と少し違ったものに しているものがあるとしたら それは私達がたとえ 酷い目に遭っている時でも 頭の片隅で 「面白い写真が撮れるかも」とか 「面白いストーリーができるかも」と 思っていることです

なぜストーリーが大事なのか? それはストーリーが私達を文化的遺産や 自然遺産へと橋渡ししてくれるものだからです そして米国南東部では 私達がそもそもこの地に住むことを 可能にしてくれている自然の領域と 公共の領域の間に 憂うべき断絶があります 私達は視覚の生き物であり 見ることによって学びます

多くの人は 進んで沼地に行こう などとは思いません そういう人たちが その自然を保護する活動をすると どうして期待できるでしょう? できない相談です

私の仕事は 写真を コミュニケーションの手段として使い 科学と美の間の溝を埋め 人々に 話し合い 考え 究極的には 気にかけるように なってもらうことです

私がこれを始めたのは 15年前 ここゲーンズビルの 家の裏庭でした 家からほんの数分で行ける 様々な場所を探検し 発見することに 夢中になりました 見出すべき素晴らしい場所が 沢山あります 長い年月が過ぎた今でも 私は子供の目で世界を見 写真に できる限り 驚きの気持ちと好奇心を 取り入れようとしています

幸いここ南部はまだ 比較的無地の キャンバスに恵まれており それを空想的な冒険や ものすごい体験で 埋めることができます どこまで想像力を膨らませられるか だけが問題です 多くの人はこの写真を見て 「ああ きれいな木だね」と思います でも私はここに木だけ 見ているわけではありません チャンスを見ています 週末をまるまる見ています このようなイメージこそ 子供の頃の私に ソファから 抜け出して 探検にでかけ 森の中を進み 水の中に頭を突っ込んで 何があるか見てやろうと 思わせたものだったのです

世界中で写真を 撮ってきた私が 請け合いますが ここ南部 陽光の州フロリダにあるものは どこにも引けを 取りません しかし旅行業界は間違ったものばかり 宣伝しています 12歳になるまでに 多くの子供は カヌーや 星空の下でのキャンプよりも多く ディズニーワールドを 体験しています 別にディズニーやミッキーを悪く言うつもりはなく 私だって行きましたが 故郷と呼ぶ場所に対する 誇りや一体感を生み出す 本質的な繋がりが 失われています

問題をより一層悪くしているのは 私達の自然遺産を定義し 帯水層を飲み水で 充たしているここの風景が 怖く 危険で 不気味なものと 見られてきたことです 我々の祖先が初めて この地にやって来た時 彼らは「この場所は祟られているから 近づいてはならない 悪霊や幽霊に満ちている」 と警告したものでした そんな考えがどこから 出てきたのか分かりませんが それがマイナスの感情や 断絶へと繋がって 人々に無関心や 沈黙をもたらし この環境を危険に さらすことになりました この州は 水に囲まれ 水によって 成り立っているにもかかわらず 何世紀にも渡って 我々は沼地や湿地を 克服すべき障害と見なし 二級の生態系として 扱ってきました わずかな経済的的価値しか持たず ワニやヘビの棲み家に なっているからです 確かにあまり愛らしい 大使でないのは認めます

(笑)

それで良い沼地は 水のない沼地だ ということになりました 沼地から水を抜いて 農業や土地開発をするのが この場所のあり方だと 考えられていたのは そんなに昔の話ではありません

しかし私達は考えを改めました この水浸しの土地について 知るにつれ 秘められた生物間の係わり合いや 生息地と 川の流域と 渡りの経路の間にある繋りが 明らかになってきたからです たとえばこの鳥 オウゴンアメリカムシクイ 大好きな鳥です 徹頭徹尾 沼地の鳥だからです この水浸しの原生林で 巣作りをし つがいになり 繁殖します 春が過ぎ 雛鳥を育てると メキシコ湾を越えて 何千キロも飛んで 中央アメリカや南アメリカへと 渡っていきます 冬が過ぎて 春が巡ってくると メキシコ湾を越え 何千キロも飛んで 戻ってきます それでどこに行くと思いますか? どこに降り立つのでしょう? まったく同じ木に 戻ってくるのです たまげた話です テニスボールくらいの大きさしか ない鳥だというのに 私なんて この故郷の町に来るのでさえ GPSが必要だと言うのに

(笑)

驚くばかりです それに何が 起きているのでしょう? この鳥が冬の間メキシコ湾を越えて 中央アメリカに渡り 春になって戻ってきて 何が待っているかというと できたてのゴルフコースです

この州であまりに多く 起きている話です これは何千年も続いてきた 自然のプロセスであり 私達は最近ようやく知るように なったにすぎません 他にどれほど学ぶべきことがあるか 想像できるでしょう 環境を壊さずにいさえすれば ― これほど生命に溢れている にもかかわらず この沼地は 悪い評判を持っています

フロリダのよどんだ川に 足を踏み入れるのは 多くの人が不安に感じることで それは理解できることです 私がこのフロリダに生まれ育って 気に入っていることは 多くの人が 目に見えないけど 感じ取れる恐怖と ともに生活していることです 水に足を踏み入れたなら そこには私達よりもずっと古く ずっと適応したものが いるかもしれません 頂点にいるのが自分でないと気付かされるのは 居心地が悪くとも 歓迎すべきことです この現代的 都会的 デジタル的な世界にいて 無防備だと感じ 世界は自分達のためにあるわけではないと 思い知らされる機会がどれほどあるでしょう?

この十年ほど私は コンクリートが森へと 松が糸杉へと変わる場所を 探求するようになり 蚊や は虫類 快くないあらゆるものを 真の荒野を見出した しるしとして捉え それをあるがままに 受け入れてきました ブラックウォーターにこだわる 環境保護写真家として もっとも有名な沼地である エバーグレーズに たどり着いたのは 自然なことでした

北部中央フロリダに 育った者として よく耳にしてきた 魅惑的な地名があります ロクサハッチー ファカハッチー コークスクリュー ビッグ・サイプレス 5年に及ぶプロジェクトになった エバーグレーズを新しく より美しい光の元に再紹介しようという プロジェクトに 私は着手しました それが大変なものになるのは 分かっていました フロリダの3分の1に及ぶ 広大な領域です 私がエバーグレーズと言うと 多くの人は「ああ あの国立公園ね」 としか思いません しかしエバーグレーズは ただの自然公園ではありません 広大な流域であり 北部キシミーの湖群に始まり 夏に降った雨が オキーチョビー湖へと流れ込み オキーチョビー湖が満ちると 湖畔へと溢れ 南へと地形に沿って ゆっくりと流れ 草の川 ススキの草原に至り 糸杉の湿地へと溶け込みます さらに南へ下って マングローブの湿地へ そして最後に フロリダ湾に到ります エバーグレーズの緑の宝石 2,200平方キロの 大きな入り江です

国立公園になっているのは 水系の南の端ですが この場所を独特にしているのは 流れ込む 150キロ北に始まる淡水です しかしエバーグレーズを 汚れた水や渇水から守る 政治的な見えない境界は 何もありません そして残念ながら それがまさに 私達のしてきたことです この60年に渡って 私達はエバーグレーズの水を抜き 堰き止め さらってきました フロリダ湾に達する水の量は かつての3分の1しかありません だからこれは まばゆい太陽の話でも 虹の話でもありません 良くも悪くも エバーグレーズの物語は 人と自然の関係の浮き沈みと 本質的に結びついているのです

私がこの美しい景色の 写真を見せるのは 皆さんにも 参加してほしいからです 皆さんの注意力が切れる前に 本当の話をしましょう 懸念すべきスピードで 私達はこの風景を この風景へと 置き換えています 多くの人が把握しないのは その規模の大きさです エバーグレーズは 7百万のフロリダ州民の 飲み水に関わるだけではなく 3億のアメリカ国民に 1年を通じてトマトや オレンジを届ける 農地も提供しているのです そしてそれを生み出しているのは 6千年前に草の川を作り出したのと同じ 夏期の増水なのです 皮肉にも 今日それはまた 延々と続く2千平方キロの サトウキビの川をも支えています そこではまた極めて高濃度の肥料が 水系にばらまかれ 環境を恒久的に変えています

この環境がシステムとして どう働いているか理解するだけでなく もっと身近に感じてもらえるよう いくつかの物語に分けて 示すことにしました その物語はエバーグレーズの心臓 オキーチョビー湖から 始めたいと思いました その大使として この場所を代表する 生き物を選びました タニシトビです 素晴らしい鳥で かつてはエバーグレーズ北部に 何千ものつがいが 営巣していました 今日ではそれが 4百にまで減っています なぜでしょうか? 1種類のものしか 食べないからです リンゴガイという ピンポン玉大の水に住む腹足類です

人間がエバーグレーズを堰き止め オキーチョビー湖を干拓し 湿地の水を抜くようになって この巻き貝は棲み家を失い それにつれて タニシトビの数も減りました 私が撮りたいと思ったのは この湿原と 巻き貝と 鳥の関係を伝えるだけでなく この関係がいかに素晴らしいものか 三者の依存関係 湿原の健康 この鳥が いかに重要かも 伝えられるような写真です いろいろアイデアを考えました そして撮影の計画を立て始め それをオキーチョビー湖の 野生生物研究者に送りました この鳥は絶滅危惧種で 特別な許可が必要だからです それで水面下に 巻き貝を保持するための 台を作りました 私はこのいかれた計画の実現のために 何ヶ月も費やしました その台をオキーチョビー湖に 運び込んで 1週間水の中で過ごしました 腰まで水に浸かり 夜明けから日没まで毎日9時間です それもすべて この話を伝えられる 1枚の写真を撮るためです そしてついに その実現する日が やってきました

(ナレーション)この台を設置して 空を見上げると タニシトビが蒲の上を やってくるのが見えました 水の中に餌を探しています 罠の上に来て それに気付くのが 見ていて分かりました そして罠へと一直線に 下降してきました あの何ヶ月にも渡る計画 待機 日焼け 虫刺され すべてが報われた瞬間でした 「ああ なんて素晴らしいんだ!」

この瞬間 私がどれほど興奮したか ご想像いただけるでしょう 私がこれをやったのは みんなこの鳥を 見たことがなかったら 気にかけることもないからです この写真 この新しい視点は この湿原をかくも素晴らしく 貴重で大切なものにしている 1つの生き物に 光を当てる助けになるでしょう ゲンイズビルまでやって来て エバーグレーズの 生き物の話をしながら ワニに触れないわけには いかないでしょう 私はワニが好きです ワニに憧れながら育ったんです 私の両親なんか お前のワニとの関係は 不健全だと いつも言っていたくらいです 私がワニを好きなのは それがサメの淡水版の ようなものだからです ワニは恐れられ憎まれ 悲劇的なまでに 誤解されています 単に生態系の頂点に立つ捕食者というだけでなく 独特な生き物だからです エバーグレーズにとって ワニは建築家なんです 乾期になって 水が減ると ワニはワニ穴と呼ばれる 穴を掘り始めます 水位が下がっても 水に浸かり 餌を取れるように するためです これはワニにだけ 関わることではなく 他の生き物も これに依存しているので ワニは要となる種なのです 頂点の捕食者 太古のハ虫類 生態系の支配者に見えながら 同時にか弱い存在であることを どうすれば見せられるでしょう 120匹のワニがいる 窪地に足を踏み入れて 自分の決断が正しかったことを 祈るのです

(笑)

指1本なくしませんでしたよ

「ワニのためにエバーグレーズを守ろう!」と 呼びかけるつもりはありません 今ではどこでも 見かけるようになりました ワニはアメリカにおける自然保護の 優れた成功例の1つです エバーグレーズには 誰でも好きにならずにいられない 生き物がいます ベニヘラサギです 素晴らしい鳥ですが エバーグレーズでは苦難の時期がありました かつてはフロリダ湾で 数千のつがいが 巣を作っていましたが それが20世紀初頭には たった2組にまで減ったのです なぜかというと 空を飛んでいる姿よりも 帽子飾りにしたほうが見栄え良いと ご婦人方に思われたためです 羽根の売買が禁止されたことで 数が増え始めました 数が増えるにつれて 生物学者の注意を引くようになり 研究がなされました

そうして分かったのは この鳥の行動は エバーグレーズの水域を特徴付ける 乾季雨季のサイクルと 深く結びついていることです この鳥は水位が下がる冬に 巣作りを始めます 嘴に触れたものを食べる 習性のためです 魚の密集する水たまりができて 雛鳥に食べさせるのに十分な餌が 取れる時期を待つのです 生態系全体の 健全さを示す種として この鳥はエバーグレーズの シンボルのようになりました 20世紀中頃に 個体数が回復して 900羽 1,000羽 1,100羽 1,200羽と 増えていきましたが 同時に人間がエバーグレーズから 水を抜き始めました 南に行く水の3分の2を せき止めたのです その影響は大きなものでした ベニヘラサギの数は減り始め 今日ではその本当の物語 その本当の有様を示す写真は このようなものになってしまいました 今ではフロリダ湾で営巣するつがいは 70組以下です 環境をそこまで 壊してしまったからです だから様々な組織が 声を上げています 「エバーグレーズは脆いんだ!」 そうではありません 弾力性に富んでいるのです 水を抜き 堰き止め 浚い 人間がやってきた あらゆることにも関わらず ピースは依然として そこにあり 再び組み合わせられるのを待っているのです

これは私が南フロリダを 好きなところです 人間の留め難い力と 動かし難い熱帯的自然が ぶつかり合っています この新たなフロンティアで 我々は新たな評価を求められています 自然にはどれほど 価値があるのか? 生物多様性の価値は? 飲み水の価値は? 幸い 何十年に及ぶ議論の末に 我々はようやくこれらの問に 答え始めました 水をもっとフロリダ湾に戻そう というプロジェクトが 徐々に進められています しかし政治家に 約束を守らせることは 市民であり 住人であり 世話人である我々にかかっています

私達はそのために 何ができるでしょう? 簡単なことです 外へ 自然の中へ 出かけていくことです 友達と一緒に 子供達と一緒に 家族と一緒に 釣りのガイドを雇いましょう 自然保護が環境だけでなく 経済的にも有効であることを 州当局に見せてやりましょう 楽しいからやってご覧なさい 足を水の中に踏み入れるのです 沼地はきっと あなたを変えることでしょう

アメリカの誇りで包まれた 我々を定義する場所としての地位を 私達は長い間 この国の他所の風景に 譲ってきました グランドキャニオン ヨセミテ イエローストーン これらの自然公園が 文化的指針とされてきました あいにくエバーグレーズは そこから漏れていました しかし私は他の場所に劣らず エバーグレーズは アメリカにとって 象徴的で代表的な風景だと 思っています ただ他と違った種類の 自然だというだけです

私は自信を感じています ようやく時が巡ってきたのです かつてぬかるんだ荒れ地としか 思われていなかった場所が 今や世界遺産になっているんです 世界的な価値を持つ 湿地ということです この60年 私達は 長い道のりを歩んできました 世界でも最大の野心的な 湿地回復プロジェクトが進められ 世界の関心が フロリダに向けられています もしエバーグレーズを 癒すことに成功すれば それは世界の湿地回復の 旗印になるでしょう 我々の旗をどちらの遺産に付けるかは 我々にかかっています

エバーグレーズは私達にとって 最大の試金石だと言われています 成功すれば 私達は地球を保全できるでしょう いい言葉です これは挑戦であり 問うています 我々にできるだろうか? 我々はやるだろうか? やらなければ 絶対に しかしエバーグレーズは 試金石であるだけでなく 賜でもあり 最終的には 我々に託されているのです

ありがとうございました

(拍手)

So I've had the great privilege of traveling to some incredible places, photographing these distant landscapes and remote cultures all over the world. I love my job.

But people think it's this string of epiphanies and sunrises and rainbows, when in reality, it looks more something like this.

(Laughter)

This is my office.

We can't afford the fanciest places to stay at night, so we tend to sleep a lot outdoors. As long as we can stay dry, that's a bonus. We also can't afford the fanciest restaurants. So we tend to eat whatever's on the local menu. And if you're in the Ecuadorian Paramo, you're going to eat a large rodent called a cuy.

(Laughter)

But what makes our experiences perhaps a little bit different and a little more unique than that of the average person is that we have this gnawing thing in the back of our mind that even in our darkest moments, and those times of despair, we think, "Hey, there might be an image to be made here, there might be a story to be told."

And why is storytelling important? Well, it helps us to connect with our cultural and our natural heritage. And in the Southeast, there's an alarming disconnect between the public and the natural areas that allow us to be here in the first place. We're visual creatures, so we use what we see to teach us what we know.

Now the majority of us aren't going to willingly go way down to a swamp. So how can we still expect those same people to then advocate on behalf of their protection? We can't.

So my job, then, is to use photography as a communication tool, to help bridge the gap between the science and the aesthetics, to get people talking, to get them thinking, and to hopefully, ultimately, get them caring.

I started doing this 15 years ago right here in Gainesville, right here in my backyard. And I fell in love with adventure and discovery, going to explore all these different places that were just minutes from my front doorstep. There are a lot of beautiful places to find. Despite all these years that have passed, I still see the world through the eyes of a child and I try to incorporate that sense of wonderment and that sense of curiosity into my photography as often as I can.

And we're pretty lucky because here in the South, we're still blessed with a relatively blank canvas that we can fill with the most fanciful adventures and incredible experiences. It's just a matter of how far our imagination will take us. See, a lot of people look at this and they say, "Oh yeah, wow, that's a pretty tree." But I don't just see a tree -- I look at this and I see opportunity. I see an entire weekend. Because when I was a kid, these were the types of images that got me off the sofa and dared me to explore, dared me to go find the woods and put my head underwater and see what we have.

And folks, I've been photographing all over the world and I promise you, what we have here in the South, what we have in the Sunshine State, rivals anything else that I've seen. But yet our tourism industry is busy promoting all the wrong things. Before most kids are 12, they'll have been to Disney World more times than they've been in a canoe or camping under a starry sky. And I have nothing against Disney or Mickey; I used to go there, too. But they're missing out on those fundamental connections that create a real sense of pride and ownership for the place that they call home.

And this is compounded by the issue that the landscapes that define our natural heritage and fuel our aquifer for our drinking water have been deemed as scary and dangerous and spooky. When our ancestors first came here, they warned, "Stay out of these areas, they're haunted. They're full of evil spirits and ghosts." I don't know where they came up with that idea. But it's actually led to a very real disconnect, a very real negative mentality that has kept the public disinterested, silent, and ultimately, our environment at risk. We're a state that's surrounded and defined by water, and yet for centuries, swamps and wetlands have been regarded as these obstacles to overcome. And so we've treated them as these second-class ecosystems, because they have very little monetary value and of course, they're known to harbor alligators and snakes -- which, I'll admit, these aren't the most cuddly of ambassadors.

(Laughter)

So it became assumed, then, that the only good swamp was a drained swamp. And in fact, draining a swamp to make way for agriculture and development was considered the very essence of conservation not too long ago.

But now we're backpedaling, because the more we come to learn about these sodden landscapes, the more secrets we're starting to unlock about interspecies relationships and the connectivity of habitats, watersheds and flyways. Take this bird, for example: this is the prothonotary warbler. I love this bird because it's a swamp bird, through and through, a swamp bird. They nest and they mate and they breed in these old-growth swamps in these flooded forests. And so after the spring, after they raise their young, they then fly thousand of miles over the Gulf of Mexico into Central and South America. And then after the winter, the spring rolls around and they come back. They fly thousands of miles over the Gulf of Mexico. And where do they go? Where do they land? Right back in the same tree. That's nuts. This is a bird the size of a tennis ball -- I mean, that's crazy! I used a GPS to get here today, and this is my hometown.

(Laughter)

It's crazy. So what happens, then, when this bird flies over the Gulf of Mexico into Central America for the winter and then the spring rolls around and it flies back, and it comes back to this: a freshly sodded golf course?

This is a narrative that's all too commonly unraveling here in this state. And this is a natural process that's occurred for thousands of years and we're just now learning about it. So you can imagine all else we have to learn about these landscapes if we just preserve them first. Now despite all this rich life that abounds in these swamps, they still have a bad name.

Many people feel uncomfortable with the idea of wading into Florida's blackwater. I can understand that. But what I loved about growing up in the Sunshine State is that for so many of us, we live with this latent but very palpable fear that when we put our toes into the water, there might be something much more ancient and much more adapted than we are. Knowing that you're not top dog is a welcomed discomfort, I think. How often in this modern and urban and digital age do you actually get the chance to feel vulnerable, or consider that the world may not have been made for just us?

So for the last decade, I began seeking out these areas where the concrete yields to forest and the pines turn to cypress, and I viewed all these mosquitoes and reptiles, all these discomforts, as affirmations that I'd found true wilderness, and I embrace them wholly. Now as a conservation photographer obsessed with blackwater, it's only fitting that I'd eventually end up in the most famous swamp of all: the Everglades.

Growing up here in North Central Florida, it always had these enchanted names, places like Loxahatchee and Fakahatchee, Corkscrew, Big Cypress. I started what turned into a five-year project to hopefully reintroduce the Everglades in a new light, in a more inspired light. But I knew this would be a tall order, because here you have an area that's roughly a third the size the state of Florida, it's huge. And when I say Everglades, most people are like, "Oh, yeah, the national park." But the Everglades is not just a park; it's an entire watershed, starting with the Kissimmee chain of lakes in the north, and then as the rains would fall in the summer, these downpours would flow into Lake Okeechobee, and Lake Okeechobee would fill up and it would overflow its banks and spill southward, ever slowly, with the topography, and get into the river of grass, the Sawgrass Prairies, before meting into the cypress slews, until going further south into the mangrove swamps, and then finally -- finally -- reaching Florida Bay, the emerald gem of the Everglades, the great estuary, the 850 square-mile estuary.

So sure, the national park is the southern end of this system, but all the things that make it unique are these inputs that come in, the fresh water that starts 100 miles north. So no manner of these political or invisible boundaries protect the park from polluted water or insufficient water. And unfortunately, that's precisely what we've done. Over the last 60 years, we have drained, we have dammed, we have dredged the Everglades to where now only one third of the water that used to reach the bay now reaches the bay today. So this story is not all sunshine and rainbows, unfortunately. For better or for worse, the story of the Everglades is intrinsically tied to the peaks and the valleys of mankind's relationship with the natural world.

But I'll show you these beautiful pictures, because it gets you on board. And while I have your attention, I can tell you the real story. It's that we're taking this, and we're trading it for this, at an alarming rate. And what's lost on so many people is the sheer scale of which we're discussing. Because the Everglades is not just responsible for the drinking water for 7 million Floridians; today it also provides the agricultural fields for the year-round tomatoes and oranges for over 300 million Americans. And it's that same seasonal pulse of water in the summer that built the river of grass 6,000 years ago. Ironically, today, it's also responsible for the over half a million acres of the endless river of sugarcane. These are the same fields that are responsible for dumping exceedingly high levels of fertilizers into the watershed, forever changing the system.

But in order for you to not just understand how this system works, but to also get personally connected to it, I decided to break the story down into several different narratives. And I wanted that story to start in Lake Okeechobee, the beating heart of the Everglade system. And to do that, I picked an ambassador, an iconic species. This is the Everglade snail kite. It's a great bird, and they used to nest in the thousands, thousands in the northern Everglades. And then they've gone down to about 400 nesting pairs today. And why is that? Well, it's because they eat one source of food, an apple snail, about the size of a ping-pong ball, an aquatic gastropod.

So as we started damming up the Everglades, as we started diking Lake Okeechobee and draining the wetlands, we lost the habitat for the snail. And thus, the population of the kites declined. And so, I wanted a photo that would not only communicate this relationship between wetland, snail and bird, but I also wanted a photo that would communicate how incredible this relationship was, and how very important it is that they've come to depend on each other, this healthy wetland and this bird. And to do that, I brainstormed this idea. I started sketching out these plans to make a photo, and I sent it to the wildlife biologist down in Okeechobee -- this is an endangered bird, so it takes special permission to do. So I built this submerged platform that would hold snails just right under the water. And I spent months planning this crazy idea. And I took this platform down to Lake Okeechobee and I spent over a week in the water, wading waist-deep, 9-hour shifts from dawn until dusk, to get one image that I thought might communicate this. And here's the day that it finally worked:

[ Video: (Mac Stone narrating) After setting up the platform, I look off and I see a kite coming over the cattails. And I see him scanning and searching. And he gets right over the trap, and I see that he's seen it. And he beelines, he goes straight for the trap. And in that moment, all those months of planning, waiting, all the sunburn, mosquito bites -- suddenly, they're all worth it. (Mac Stone in film) Oh my gosh, I can't believe it! ]

You can believe how excited I was when that happened. But what the idea was, is that for someone who's never seen this bird and has no reason to care about it, these photos, these new perspectives, will help shed a little new light on just one species that makes this watershed so incredible, so valuable, so important. Now, I know I can't come here to Gainesville and talk to you about animals in the Everglades without talking about gators. I love gators, I grew up loving gators. My parents always said I had an unhealthy relationship with gators. But what I like about them is, they're like the freshwater equivalent of sharks. They're feared, they're hated, and they are tragically misunderstood. Because these are a unique species, they're not just apex predators. In the Everglades, they are the very architects of the Everglades, because as the water drops down in the winter during the dry season, they start excavating these holes called gator holes. And they do this because as the water drops down, they'll be able to stay wet and they'll be able to forage. And now this isn't just affecting them, other animals also depend on this relationship, so they become a keystone species as well. So how do you make an apex predator, an ancient reptile, at once look like it dominates the system, but at the same time, look vulnerable? Well, you wade into a pit of about 120 of them, then you hope that you've made the right decision.

(Laughter)

I still have all my fingers, it's cool.

But I understand, I know I'm not going to rally you guys, I'm not going to rally the troops to "Save the Everglades for the gators!" It won't happen because they're so ubiquitous, we see them now, they're one of the great conservation success stories of the US. But there is one species in the Everglades that no matter who you are, you can't help but love, too, and that's the roseate spoonbill. These birds are great, but they've had a really tough time in the Everglades, because they started out with thousands of nesting pairs in Florida Bay, and at the turn of the 20th century, they got down to two -- two nesting pairs. And why? That's because women thought they looked better on their hats then they did flying in the sky. Then we banned the plume trade, and their numbers started rebounding. And as their numbers started rebounding, scientists began to pay attention, they started studying these birds.

And what they found out is that these birds' behavior is intrinsically tied to the annual draw-down cycle of water in the Everglades, the thing that defines the Everglades watershed. What they found out is that these birds started nesting in the winter as the water drew down, because they're tactile feeders, so they have to touch whatever they eat. And so they wait for these concentrated pools of fish to be able to feed enough to feed their young. So these birds became the very icon of the Everglades -- an indicator species of the overall health of the system. And just as their numbers were rebounding in the mid-20th century -- shooting up to 900,1,000,1,100,1,200 -- just as that started happening, we started draining the southern Everglades. And we stopped two-thirds of that water from moving south. And it had drastic consequences. And just as those numbers started reaching their peak, unfortunately, today, the real spoonbill story, the real photo of what it looks like is more something like this. And we're down to less than 70 nesting pairs in Florida Bay today, because we've disrupted the system so much. So all these different organizations are shouting, they're screaming, "The Everglades is fragile! It's fragile!" It is not. It is resilient. Because despite all we've taken, despite all we've done and we've drained and we've dammed and we've dredged it, pieces of it are still here, waiting to be put back together.

And this is what I've loved about South Florida, that in one place, you have this unstoppable force of mankind meeting the immovable object of tropical nature. And it's at this new frontier that we are forced with a new appraisal. What is wilderness worth? What is the value of biodiversity, or our drinking water? And fortunately, after decades of debate, we're finally starting to act on those questions. We're slowly undertaking these projects to bring more freshwater back to the bay. But it's up to us as citizens, as residents, as stewards to hold our elected officials to their promises.

What can you do to help? It's so easy. Just get outside, get out there. Take your friends out, take your kids out, take your family out. Hire a fishing guide. Show the state that protecting wilderness not only makes ecological sense, but economic sense as well. It's a lot of fun, just do it -- put your feet in the water. The swamp will change you, I promise.

Over the years, we've been so generous with these other landscapes around the country, cloaking them with this American pride, places that we now consider to define us: Grand Canyon, Yosemite, Yellowstone. And we use these parks and these natural areas as beacons and as cultural compasses. And sadly, the Everglades is very commonly left out of that conversation. But I believe it's every bit as iconic and emblematic of who we are as a country as any of these other wildernesses. It's just a different kind of wild.

But I'm encouraged, because maybe we're finally starting to come around, because what was once deemed this swampy wasteland, today is a World Heritage site. It's a wetland of international importance. And we've come a long way in the last 60 years. And as the world's largest and most ambitious wetland restoration project, the international spotlight is on us in the Sunshine State. Because if we can heal this system, it's going to become an icon for wetland restoration all over the world. But it's up to us to decide which legacy we want to attach our flag to.

They say that the Everglades is our greatest test. If we pass it, we get to keep the planet. I love that quote, because it's a challenge, it's a prod. Can we do it? Will we do it? We have to, we must. But the Everglades is not just a test. It's also a gift, and ultimately, our responsibility.

Thank you.

(Applause)

So I've had the great privilege of traveling to some incredible places,/ photographing these distant landscapes/ and remote cultures all/ over the world.//

私は世界各地の 風景や文化を 写真に収めながら 素晴らしい場所を 旅できるという 素晴らしい恩恵に 恵まれました

I love my job.//

この仕事は とても気に入っています

But people think/ it's this string of epiphanies and sunrises and rainbows,/ when in reality,/ it looks more something/ like this.//

みんな私の毎日が 発見や 日の出や 虹の連続だと 思っているようですが 現実はむしろ こんな感じです

(笑)

This is my office.//

これが私の仕事場です

We can't afford the fanciest places/ to stay at night,/ so we tend to sleep/ a lot outdoors.//

素敵なホテルに泊まり歩くような 贅沢はできないので 野外で眠ることが多いです

As long/ as we can stay dry,/ that's a bonus.//

乾いたところで眠れたなら もうけものです

We also can't afford the fanciest restaurants.//

素敵なレストランを 食べ歩くような贅沢もできません

So we tend to eat/ whatever's on the local menu.//

だからその土地で食べられるものは 何でも食べることになります

And/ if you're in the Ecuadorian Paramo,/ you're going to eat/ a large rodent called a cuy.//

エクアドルの高地にいれば クーイという大型齧歯類を 食すことになります

(笑)

But what makes our experiences perhaps/ a little bit different/ and a little more unique/ than that of the average person is/ that we have this gnawing thing/ in the back of our mind/ that even/ in our darkest moments,/ and those times of despair,/ we think,/ "Hey,/ there might be an image/ to be made here,/ there might be a story/ to be told."//

もし私達の体験を 普通の人と少し違ったものに しているものがあるとしたら それは私達がたとえ 酷い目に遭っている時でも 頭の片隅で 「面白い写真が撮れるかも」とか 「面白いストーリーができるかも」と 思っていることです

And why is storytelling important?//

なぜストーリーが大事なのか?

Well,/ it helps us/ to connect with our cultural and our natural heritage.//

それはストーリーが私達を文化的遺産や 自然遺産へと橋渡ししてくれるものだからです

And/ in the Southeast,/ there's an alarming disconnect/ between the public/ and the natural areas/ that allow us/ to be here in the first place.//

そして米国南東部では 私達がそもそもこの地に住むことを 可能にしてくれている自然の領域と 公共の領域の間に 憂うべき断絶があります

We're visual creatures,/ so we use/ what we see to teach/ us/ what we know.//

私達は視覚の生き物であり 見ることによって学びます

Now/ the majority of us aren't going to willingly go way/ down/ to a swamp.//

多くの人は 進んで沼地に行こう などとは思いません

So/ how can we still expect those same people/ to then advocate on behalf of their protection?//

そういう人たちが その自然を保護する活動をすると どうして期待できるでしょう?

We can't.//

できない相談です

So my job,/ then,/ is to use photography/ as a communication tool,/ to help bridge the gap/ between the science and the aesthetics,/ to get people/ talking,/ to get them thinking,/ and/ to hopefully,/ ultimately,/ get them/ caring.//

私の仕事は 写真を コミュニケーションの手段として使い 科学と美の間の溝を埋め 人々に 話し合い 考え 究極的には 気にかけるように なってもらうことです

I started doing/ this 15 years ago right here/ in Gainesville,/ right here/ in my backyard.//

私がこれを始めたのは 15年前 ここゲーンズビルの 家の裏庭でした

And I fell in love/ with adventure and discovery,/ going to explore all these different places/ that were just minutes/ from my front doorstep.//

家からほんの数分で行ける 様々な場所を探検し 発見することに 夢中になりました

There are a lot of beautiful places/ to find.//

見出すべき素晴らしい場所が 沢山あります

Despite all these years/ that have passed,/ I still see the world/ through the eyes of a child/ and I try to incorporate/ that sense of wonderment/ and/ that sense of curiosity/ into my photography as often/ as I can.//

長い年月が過ぎた今でも 私は子供の目で世界を見 写真に できる限り 驚きの気持ちと好奇心を 取り入れようとしています

And we're pretty lucky/ because here/ in the South,/ we're still blessed with a relatively blank canvas/ that we can fill with the most fanciful adventures and incredible experiences.//

幸いここ南部はまだ 比較的無地の キャンバスに恵まれており それを空想的な冒険や ものすごい体験で 埋めることができます

It's just/ a matter of how far/ our imagination will take us.//

どこまで想像力を膨らませられるか だけが問題です

See,/ a lot of people look at this/ and they say,/ "Oh/ yeah,/ wow,/ that's a pretty tree."//

多くの人はこの写真を見て 「ああ きれいな木だね」と思います

But I don't just see a tree --/ I look at this/ and I see opportunity.//

でも私はここに木だけ 見ているわけではありません チャンスを見ています

I see an entire weekend.//

週末をまるまる見ています

Because/ when I was a kid,/ these were the types of images/ that got me/ off the sofa/ and dared me/ to explore,/ dared me/ to go find the woods/ and put my head underwater/ and see/ what we have.//

このようなイメージこそ 子供の頃の私に ソファから 抜け出して 探検にでかけ 森の中を進み 水の中に頭を突っ込んで 何があるか見てやろうと 思わせたものだったのです

And folks,/ I've been photographing all/ over the world/ and I promise you,/ what we have here/ in the South,/ what we have in the Sunshine State,/ rivals anything else/ that I've seen.//

世界中で写真を 撮ってきた私が 請け合いますが ここ南部 陽光の州フロリダにあるものは どこにも引けを 取りません

But yet our tourism industry is busy/ promoting all the wrong things.//

しかし旅行業界は間違ったものばかり 宣伝しています

Before most kids are 12,/ they'll have been to Disney World/ more times/ than they've been in a canoe or camping/ under a starry sky.//

12歳になるまでに 多くの子供は カヌーや 星空の下でのキャンプよりも多く ディズニーワールドを 体験しています

And I have nothing/ against Disney or Mickey;/ I used to go there,/ too.//

別にディズニーやミッキーを悪く言うつもりはなく 私だって行きましたが

But they're missing out/ on those fundamental connections/ that create a real sense of pride and ownership/ for the place/ that they call home.//

故郷と呼ぶ場所に対する 誇りや一体感を生み出す 本質的な繋がりが 失われています

And this is compounded by the issue/ that the landscapes/ that define our natural heritage/ and fuel our aquifer/ for our drinking water have been deemed as scary and dangerous and spooky.//

問題をより一層悪くしているのは 私達の自然遺産を定義し 帯水層を飲み水で 充たしているここの風景が 怖く 危険で 不気味なものと 見られてきたことです

When our ancestors first came here,/ they warned,/ "Stay/ out of these areas,/ they're haunted.//

我々の祖先が初めて この地にやって来た時 彼らは「この場所は祟られているから 近づいてはならない

They're full of evil spirits and ghosts."//

悪霊や幽霊に満ちている」 と警告したものでした

I don't know/ where they came up/ with that idea.//

そんな考えがどこから 出てきたのか分かりませんが

But it's actually led to a very real disconnect,/ a very real negative mentality/ that has kept the public disinterested, silent,/ and ultimately,/ our environment/ at risk.//

それがマイナスの感情や 断絶へと繋がって 人々に無関心や 沈黙をもたらし この環境を危険に さらすことになりました

We're a state/ that's surrounded and defined by water,/ and yet/ for centuries, swamps and wetlands have been regarded as these obstacles/ to overcome.//

この州は 水に囲まれ 水によって 成り立っているにもかかわらず 何世紀にも渡って 我々は沼地や湿地を 克服すべき障害と見なし

And so/ we've treated them/ as these second-class ecosystems,/ because they have very little monetary value/ and of course,/ they're known to harbor/ alligators and snakes --/ which,/ I'll admit,/ these aren't the most cuddly of ambassadors.//

二級の生態系として 扱ってきました わずかな経済的的価値しか持たず ワニやヘビの棲み家に なっているからです 確かにあまり愛らしい 大使でないのは認めます

(笑)

So it became assumed,/ then,/ that the only good swamp was a drained swamp.//

それで良い沼地は 水のない沼地だ ということになりました

And in fact,/ draining a swamp to make way/ for agriculture and development was considered the very essence of conservation not too long ago.//

沼地から水を抜いて 農業や土地開発をするのが この場所のあり方だと 考えられていたのは そんなに昔の話ではありません

But now/ we're backpedaling,/ because the more/ we come to learn/ about these sodden landscapes,/ the more secrets/ we're starting to unlock/ about interspecies relationships and the connectivity of habitats,/ watersheds/ and flyways.//

しかし私達は考えを改めました この水浸しの土地について 知るにつれ 秘められた生物間の係わり合いや 生息地と 川の流域と 渡りの経路の間にある繋りが 明らかになってきたからです

Take this bird,/ for example:/ this is the prothonotary warbler.//

たとえばこの鳥 オウゴンアメリカムシクイ

I love this bird/ because it's a swamp bird,/ through and through,/ a swamp bird.//

大好きな鳥です 徹頭徹尾 沼地の鳥だからです

They nest/ and they mate/ and they breed in these old-growth swamps/ in these flooded forests.//

この水浸しの原生林で 巣作りをし つがいになり 繁殖します

And so/ after the spring,/ after they raise their young,/ they then fly thousand of miles/ over the Gulf of Mexico/ into Central and South America.//

春が過ぎ 雛鳥を育てると メキシコ湾を越えて 何千キロも飛んで 中央アメリカや南アメリカへと 渡っていきます

And then/ after the winter,/ the spring rolls around/ and they come back.//

冬が過ぎて 春が巡ってくると メキシコ湾を越え 何千キロも飛んで

They fly thousands of miles/ over the Gulf of Mexico.//

戻ってきます

And/ where do they go?// Where do they land?//

それでどこに行くと思いますか? どこに降り立つのでしょう?

Right back/ in the same tree.//

まったく同じ木に 戻ってくるのです

That's nuts.//

たまげた話です

This is a bird/ the size of a tennis ball --/ I mean,/ that's crazy!//

テニスボールくらいの大きさしか ない鳥だというのに 私なんて

I used a GPS/ to get here/ today,/ and this is my hometown.//

この故郷の町に来るのでさえ GPSが必要だと言うのに

(笑)

It's crazy.//

驚くばかりです

So/ what happens,/ then,/ when this bird flies over the Gulf of Mexico/ into Central America/ for the winter/ and then/ the spring rolls around/ and it flies back,/ and it comes back/ to this:/ a freshly sodded golf course?//

それに何が 起きているのでしょう? この鳥が冬の間メキシコ湾を越えて 中央アメリカに渡り 春になって戻ってきて 何が待っているかというと できたてのゴルフコースです

This is/ a narrative/ that's all too commonly unraveling/ here/ in this state.//

この州であまりに多く 起きている話です

And this is a natural process/ that's occurred for thousands of years/ and we're just now learning/ about it.//

これは何千年も続いてきた 自然のプロセスであり 私達は最近ようやく知るように なったにすぎません

So you can imagine all else/ we have to learn/ about these landscapes/ if we just preserve them first.//

他にどれほど学ぶべきことがあるか 想像できるでしょう 環境を壊さずにいさえすれば ―

Now/ despite all this rich life/ that abounds in these swamps,/ they still have a bad name.//

これほど生命に溢れている にもかかわらず この沼地は 悪い評判を持っています

Many people feel uncomfortable/ with the idea of wading into Florida's blackwater.//

フロリダのよどんだ川に 足を踏み入れるのは 多くの人が不安に感じることで

I can understand that.//

それは理解できることです

But what I loved about growing up/ in the Sunshine State is/ that for so many of us,/ we live with this latent but very palpable fear/ that/ when we put our toes/ into the water,/ there might be something much more ancient/ and much more adapted/ than we are.//

私がこのフロリダに生まれ育って 気に入っていることは 多くの人が 目に見えないけど 感じ取れる恐怖と ともに生活していることです 水に足を踏み入れたなら そこには私達よりもずっと古く ずっと適応したものが いるかもしれません

Knowing/ that you're not top dog is a welcomed discomfort,/ I think.//

頂点にいるのが自分でないと気付かされるのは 居心地が悪くとも 歓迎すべきことです

How often/ in this modern and urban and digital age do you actually get the chance/ to feel vulnerable,/ or consider/ that the world may not have been made for just/ us?//

この現代的 都会的 デジタル的な世界にいて 無防備だと感じ 世界は自分達のためにあるわけではないと 思い知らされる機会がどれほどあるでしょう?

So/ for the last decade,/ I began seeking out/ these areas/ where the concrete yields/ to forest/ and the pines turn to cypress,/ and I viewed all these mosquitoes and reptiles,/ all these discomforts,/ as affirmations/ that I'd found true wilderness,/ and I embrace them/ wholly.//

この十年ほど私は コンクリートが森へと 松が糸杉へと変わる場所を 探求するようになり 蚊や は虫類 快くないあらゆるものを 真の荒野を見出した しるしとして捉え それをあるがままに 受け入れてきました

Now/ as a conservation photographer obsessed with blackwater,/ it's only fitting/ that I'd eventually end up/ in the most famous swamp of all:/ the Everglades.//

ブラックウォーターにこだわる 環境保護写真家として もっとも有名な沼地である エバーグレーズに たどり着いたのは 自然なことでした

Growing up/ here/ in North Central Florida,/ it always had these enchanted names,/ places/ like Loxahatchee and Fakahatchee,/ Corkscrew,/ Big Cypress.//

北部中央フロリダに 育った者として よく耳にしてきた 魅惑的な地名があります ロクサハッチー ファカハッチー コークスクリュー ビッグ・サイプレス

I started/ what turned into a five-year project/ to hopefully reintroduce the Everglades/ in a new light,/ in a more inspired light.//

5年に及ぶプロジェクトになった エバーグレーズを新しく より美しい光の元に再紹介しようという プロジェクトに 私は着手しました

But I knew/ this would be a tall order,/ because here/ you have an area/ that's roughly a third the size/ the state of Florida,/ it's huge.//

それが大変なものになるのは 分かっていました フロリダの3分の1に及ぶ 広大な領域です

And when I say Everglades,/ most people are like,/ "Oh,/ yeah,/ the national park."//

私がエバーグレーズと言うと 多くの人は「ああ あの国立公園ね」 としか思いません

But the Everglades is not just a park;/ it's an entire watershed,/ starting with the Kissimmee chain of lakes/ in the north,/ and then/ as the rains would fall in the summer,/ these downpours would flow into Lake Okeechobee,/ and Lake Okeechobee would fill up/ and it would overflow its banks/ and spill southward,/ ever slowly,/ with the topography,/ and get into the river of grass,/ the Sawgrass Prairies,/ before meting into the cypress slews,/ until going further south/ into the mangrove swamps,/ and then finally --/ finally --/ reaching Florida Bay,/ the emerald gem of the Everglades,/ the great estuary,/ the 850 square-mile estuary.//

しかしエバーグレーズは ただの自然公園ではありません 広大な流域であり 北部キシミーの湖群に始まり 夏に降った雨が オキーチョビー湖へと流れ込み オキーチョビー湖が満ちると 湖畔へと溢れ 南へと地形に沿って ゆっくりと流れ 草の川 ススキの草原に至り 糸杉の湿地へと溶け込みます さらに南へ下って マングローブの湿地へ そして最後に フロリダ湾に到ります エバーグレーズの緑の宝石 2,200平方キロの 大きな入り江です

So sure,/ the national park is the southern end of this system,/ but all the things/ that make it unique are these inputs/ that come in,/ the fresh water/ that starts 100 miles north.//

国立公園になっているのは 水系の南の端ですが この場所を独特にしているのは 流れ込む 150キロ北に始まる淡水です

So no manner of these political or invisible boundaries protect the park/ from polluted water or insufficient water.//

しかしエバーグレーズを 汚れた水や渇水から守る 政治的な見えない境界は 何もありません

And unfortunately,/ that's precisely/ what we've done.//

そして残念ながら それがまさに 私達のしてきたことです

Over the last 60 years,/ we have drained,/ we have dammed,/ we have dredged the Everglades/ to/ where now/ only one third of the water/ that used to reach/ the bay now reaches the bay today.//

この60年に渡って 私達はエバーグレーズの水を抜き 堰き止め さらってきました フロリダ湾に達する水の量は かつての3分の1しかありません

So this story is not all sunshine and rainbows,/ unfortunately.//

だからこれは まばゆい太陽の話でも 虹の話でもありません

For better or for worse,/ the story of the Everglades is intrinsically tied to the peaks and the valleys of mankind's relationship/ with the natural world.//

良くも悪くも エバーグレーズの物語は 人と自然の関係の浮き沈みと 本質的に結びついているのです

But I'll show you/ these beautiful pictures,/ because it gets you/ on board.//

私がこの美しい景色の 写真を見せるのは 皆さんにも 参加してほしいからです

And/ while I have your attention,/ I can tell you/ the real story.//

皆さんの注意力が切れる前に 本当の話をしましょう

It's/ that we're taking/ this,/ and we're trading/ it/ for this,/ at an alarming rate.//

懸念すべきスピードで 私達はこの風景を この風景へと 置き換えています

And what's lost/ on so many people is the sheer scale of which we're discussing.//

多くの人が把握しないのは その規模の大きさです

Because the Everglades is not just responsible/ for the drinking water/ for 7 million Floridians;/ today/ it also provides the agricultural fields/ for the year-round tomatoes and oranges/ for over 300 million Americans.//

エバーグレーズは 7百万のフロリダ州民の 飲み水に関わるだけではなく 3億のアメリカ国民に 1年を通じてトマトや オレンジを届ける 農地も提供しているのです

And it's/ that same seasonal pulse of water/ in the summer/ that built the river of grass 6,000 years ago.//

そしてそれを生み出しているのは 6千年前に草の川を作り出したのと同じ 夏期の増水なのです

Ironically,/ today,/ it's also responsible/ for the over half a million acres of the endless river of sugarcane.//

皮肉にも 今日それはまた 延々と続く2千平方キロの サトウキビの川をも支えています

These are the same fields/ that are responsible/ for dumping exceedingly high levels of fertilizers/ into the watershed,/ forever/ changing the system.//

そこではまた極めて高濃度の肥料が 水系にばらまかれ 環境を恒久的に変えています

But in order/ for you to not just understand/ how this system works,/ but to also get personally connected to it,/ I decided to break/ the story down/ into several different narratives.//

この環境がシステムとして どう働いているか理解するだけでなく もっと身近に感じてもらえるよう いくつかの物語に分けて 示すことにしました

And I wanted/ that story/ to start in Lake Okeechobee,/ the beating heart of the Everglade system.//

その物語はエバーグレーズの心臓 オキーチョビー湖から 始めたいと思いました

And to do that,/ I picked an ambassador,/ an iconic species.//

その大使として この場所を代表する 生き物を選びました

This is the Everglade snail kite.//

タニシトビです

It's a great bird,/ and they used to nest/ in the thousands,/ thousands/ in the northern Everglades.//

素晴らしい鳥で かつてはエバーグレーズ北部に 何千ものつがいが 営巣していました

And then/ they've gone down/ to about 400 nesting pairs today.//

今日ではそれが 4百にまで減っています

And why is that?//

なぜでしょうか?

Well,/ it's/ because they eat one source of food,/ an apple snail,/ about the size of a ping-pong ball,/ an aquatic gastropod.//

1種類のものしか 食べないからです リンゴガイという ピンポン玉大の水に住む腹足類です

So/ as we started damming up/ the Everglades,/ as we started diking/ Lake Okeechobee/ and draining the wetlands,/ we lost the habitat/ for the snail.//

人間がエバーグレーズを堰き止め オキーチョビー湖を干拓し 湿地の水を抜くようになって この巻き貝は棲み家を失い

And thus,/ the population of the kites declined.//

それにつれて タニシトビの数も減りました

And so,/ I wanted a photo/ that would not only communicate this relationship/ between wetland, snail and bird,/ but I also wanted a photo/ that would communicate how incredible/ this relationship was,/ and how very important/ it is/ that they've come to depend/ on each other,/ this healthy wetland and this bird.//

私が撮りたいと思ったのは この湿原と 巻き貝と 鳥の関係を伝えるだけでなく この関係がいかに素晴らしいものか 三者の依存関係 湿原の健康 この鳥が いかに重要かも 伝えられるような写真です

And to do that,/ I brainstormed this idea.//

いろいろアイデアを考えました

I started sketching out/ these plans/ to make a photo,/ and I sent it/ to the wildlife biologist down/ in Okeechobee --/ this is an endangered bird,/ so it takes special permission/ to do.//

そして撮影の計画を立て始め それをオキーチョビー湖の 野生生物研究者に送りました この鳥は絶滅危惧種で 特別な許可が必要だからです

So I built this submerged platform/ that would hold snails just right/ under the water.//

それで水面下に 巻き貝を保持するための 台を作りました

And I spent months/ planning this crazy idea.//

私はこのいかれた計画の実現のために 何ヶ月も費やしました

And I took this platform down/ to Lake Okeechobee/ and I spent over a week/ in the water,/ wading waist-deep, 9-hour shifts/ from dawn/ until dusk,/ to get one image/ that I thought/ might communicate this.//

その台をオキーチョビー湖に 運び込んで 1週間水の中で過ごしました 腰まで水に浸かり 夜明けから日没まで毎日9時間です それもすべて この話を伝えられる 1枚の写真を撮るためです

And here's the day/ that it finally worked:/ [ Video:/ (Mac Stone/ narrating)/ After setting up/ the platform,/ I look off/ and I see a kite/ coming over the cattails.//

そしてついに その実現する日が やってきました (ナレーション)この台を設置して 空を見上げると タニシトビが蒲の上を やってくるのが見えました

And I see him/ scanning and searching.//

水の中に餌を探しています

And he gets right/ over the trap,/ and I see/ that he's seen it.//

罠の上に来て それに気付くのが 見ていて分かりました

And he beelines,/ he goes straight/ for the trap.//

そして罠へと一直線に 下降してきました

And/ in that moment,/ all those months of planning,/ waiting,/ all the sunburn,/ mosquito bites --/ suddenly,/ they're all worth it.//

あの何ヶ月にも渡る計画 待機 日焼け 虫刺され すべてが報われた瞬間でした

(Mac Stone/ in film)/ Oh/ my gosh,/ I can't believe it!// ]//

「ああ なんて素晴らしいんだ!」

You can believe how excited/ I was/ when/ that happened.//

この瞬間 私がどれほど興奮したか ご想像いただけるでしょう

But what the idea was,/ is that/ for someone/ who's never seen this bird/ and has no reason/ to care about it,/ these photos,/ these new perspectives,/ will help shed a little new light/ on just one species/ that makes this watershed so incredible,/ so valuable,/ so important.//

私がこれをやったのは みんなこの鳥を 見たことがなかったら 気にかけることもないからです この写真 この新しい視点は この湿原をかくも素晴らしく 貴重で大切なものにしている 1つの生き物に 光を当てる助けになるでしょう

Now,/ I know/ I can't come here/ to Gainesville/ and talk to you/ about animals/ in the Everglades/ without talking about gators.//

ゲンイズビルまでやって来て エバーグレーズの 生き物の話をしながら ワニに触れないわけには いかないでしょう

I love gators,/ I grew up/ loving gators.//

私はワニが好きです ワニに憧れながら育ったんです

My parents always said/ I had an unhealthy relationship/ with gators.//

私の両親なんか お前のワニとの関係は 不健全だと いつも言っていたくらいです

But what I like about them is,/ they're like the freshwater equivalent of sharks.//

私がワニを好きなのは それがサメの淡水版の ようなものだからです

They're feared,/ they're hated,/ and they are tragically misunderstood.//

ワニは恐れられ憎まれ 悲劇的なまでに 誤解されています

Because these are a unique species,/ they're not just apex predators.//

単に生態系の頂点に立つ捕食者というだけでなく 独特な生き物だからです

In the Everglades,/ they are the very architects of the Everglades,/ because/ as the water drops down/ in the winter/ during the dry season,/ they start excavating/ these holes called gator holes.//

エバーグレーズにとって ワニは建築家なんです 乾期になって 水が減ると ワニはワニ穴と呼ばれる 穴を掘り始めます

And they do this/ because/ as the water drops down,/ they'll be able to stay wet/ and they'll be able to forage.//

水位が下がっても 水に浸かり 餌を取れるように するためです

And now/ this isn't just affecting them,/ other animals also depend on this relationship,/ so they become a keystone species/ as well.//

これはワニにだけ 関わることではなく 他の生き物も これに依存しているので ワニは要となる種なのです

So/ how do you make an apex predator,/ an ancient reptile,/ at once look/ like it dominates the system,/ but at the same time,/ look vulnerable?//

頂点の捕食者 太古のハ虫類 生態系の支配者に見えながら 同時にか弱い存在であることを どうすれば見せられるでしょう

Well,/ you wade into a pit of about 120 of them,/ then/ you hope/ that you've made the right decision.//

120匹のワニがいる 窪地に足を踏み入れて 自分の決断が正しかったことを 祈るのです

(笑)

I still have all my fingers,/ it's cool.//

指1本なくしませんでしたよ

But I understand,/ I know/ I'm not going to rally/ you guys,/ I'm not going to rally the troops to "Save the Everglades for the gators!"//

「ワニのためにエバーグレーズを守ろう!」と 呼びかけるつもりはありません

It won't happen/ because they're so ubiquitous,/ we see them now,/ they're one of the great conservation success stories of the US.//

今ではどこでも 見かけるようになりました ワニはアメリカにおける自然保護の 優れた成功例の1つです

But there is one species/ in the Everglades/ that no matter/ who you are,/ you can't help but love,/ too,/ and that's the roseate spoonbill.//

エバーグレーズには 誰でも好きにならずにいられない 生き物がいます ベニヘラサギです

These birds are great,/ but they've had a really tough time/ in the Everglades,/ because they started out/ with thousands of nesting pairs/ in Florida Bay,/ and at the turn of the 20th century,/ they got down/ to two --/ two nesting pairs.//

素晴らしい鳥ですが エバーグレーズでは苦難の時期がありました かつてはフロリダ湾で 数千のつがいが 巣を作っていましたが それが20世紀初頭には たった2組にまで減ったのです

And why?//

なぜかというと

That's/ because women thought they looked better/ on their hats then/ they did flying/ in the sky.//

空を飛んでいる姿よりも 帽子飾りにしたほうが見栄え良いと ご婦人方に思われたためです

Then/ we banned the plume trade,/ and their numbers started rebounding.//

羽根の売買が禁止されたことで 数が増え始めました

And/ as their numbers started rebounding,/ scientists began to pay/ attention,/ they started studying/ these birds.//

数が増えるにつれて 生物学者の注意を引くようになり 研究がなされました

And what they found out/ is/ that these birds/' behavior is intrinsically tied to the annual draw-down cycle of water/ in the Everglades,/ the thing/ that defines the Everglades watershed.//

そうして分かったのは この鳥の行動は エバーグレーズの水域を特徴付ける 乾季雨季のサイクルと 深く結びついていることです

What they found out/ is/ that these birds started nesting/ in the winter/ as the water drew down,/ because they're tactile feeders,/ so they have to touch/ whatever they eat.//

この鳥は水位が下がる冬に 巣作りを始めます 嘴に触れたものを食べる 習性のためです

And/ so they wait for these concentrated pools of fish/ to be able to feed enough/ to feed their young.//

魚の密集する水たまりができて 雛鳥に食べさせるのに十分な餌が 取れる時期を待つのです

So these birds became the very icon of the Everglades --/ an indicator species of the overall health of the system.//

生態系全体の 健全さを示す種として この鳥はエバーグレーズの シンボルのようになりました

And just/ as their numbers were rebounding in the mid-20th century --/ shooting up to 900,1,000,1,100,1,200 --/ just as that started happening,/ we started draining/ the southern Everglades.//

20世紀中頃に 個体数が回復して 900羽 1,000羽 1,100羽 1,200羽と 増えていきましたが 同時に人間がエバーグレーズから 水を抜き始めました

And we stopped two-thirds of that water/ from moving south.//

南に行く水の3分の2を せき止めたのです

And it had drastic consequences.//

その影響は大きなものでした

And just/ as those numbers started reaching/ their peak,/ unfortunately,/ today,/ the real spoonbill story,/ the real photo of what it looks/ like is more something/ like this.//

ベニヘラサギの数は減り始め 今日ではその本当の物語 その本当の有様を示す写真は このようなものになってしまいました

And we're down/ to less than 70 nesting pairs/ in Florida Bay/ today,/ because we've disrupted the system so much.//

今ではフロリダ湾で営巣するつがいは 70組以下です 環境をそこまで 壊してしまったからです

So all these different organizations are shouting,/ they're screaming,/ "The Everglades is fragile!// It's fragile!"//

だから様々な組織が 声を上げています 「エバーグレーズは脆いんだ!」

It is not.//

そうではありません

It is resilient.//

弾力性に富んでいるのです

Because despite all we've taken,/ despite all we've done/ and we've drained/ and we've dammed/ and we've dredged it,/ pieces of it are still here,/ waiting to be put back/ together.//

水を抜き 堰き止め 浚い 人間がやってきた あらゆることにも関わらず ピースは依然として そこにあり 再び組み合わせられるのを待っているのです

And this is/ what I've loved about South Florida,/ that in one place,/ you have this unstoppable force of mankind/ meeting the immovable object of tropical nature.//

これは私が南フロリダを 好きなところです 人間の留め難い力と 動かし難い熱帯的自然が ぶつかり合っています

And it's at this new frontier/ that we are forced with a new appraisal.//

この新たなフロンティアで 我々は新たな評価を求められています

What is wilderness worth?//

自然にはどれほど 価値があるのか?

What is the value of biodiversity,/ or our drinking water?//

生物多様性の価値は? 飲み水の価値は?

And fortunately,/ after decades of debate,/ we're finally starting to act/ on those questions.//

幸い 何十年に及ぶ議論の末に 我々はようやくこれらの問に 答え始めました

We're slowly undertaking/ these projects/ to bring more freshwater back/ to the bay.//

水をもっとフロリダ湾に戻そう というプロジェクトが 徐々に進められています

But it's up to us/ as citizens,/ as residents,/ as stewards to hold our elected officials/ to their promises.//

しかし政治家に 約束を守らせることは 市民であり 住人であり 世話人である我々にかかっています

What can you do to help?//

私達はそのために 何ができるでしょう?

It's so easy.//

簡単なことです

Just get outside,/ get out/ there.//

外へ 自然の中へ 出かけていくことです

Take your friends out,/ take your kids out,/ take your family out.//

友達と一緒に 子供達と一緒に 家族と一緒に

釣りのガイドを雇いましょう

Show the state/ that protecting wilderness not only makes ecological sense,/ but economic sense/ as well.//

自然保護が環境だけでなく 経済的にも有効であることを 州当局に見せてやりましょう

It's a lot of fun,/ just do it --/ put your feet/ in the water.//

楽しいからやってご覧なさい 足を水の中に踏み入れるのです

The swamp will change you,/ I promise.//

沼地はきっと あなたを変えることでしょう

Over the years,/ we've been so generous/ with these other landscapes/ around the country,/ cloaking them/ with this American pride,/ places/ that we now consider to define/ us:/ Grand Canyon,/ Yosemite,/ Yellowstone.//

アメリカの誇りで包まれた 我々を定義する場所としての地位を 私達は長い間 この国の他所の風景に 譲ってきました グランドキャニオン ヨセミテ イエローストーン

And we use these parks and these natural areas/ as beacons/ and/ as cultural compasses.//

これらの自然公園が 文化的指針とされてきました

And sadly,/ the Everglades is very commonly left out of that conversation.//

あいにくエバーグレーズは そこから漏れていました

But I believe/ it's every bit/ as iconic and emblematic of who we are as a country/ as any of these other wildernesses.//

しかし私は他の場所に劣らず エバーグレーズは アメリカにとって 象徴的で代表的な風景だと 思っています

It's just a different kind of wild.//

ただ他と違った種類の 自然だというだけです

But I'm encouraged,/ because maybe/ we're finally starting to come around,/ because/ what was once deemed this swampy wasteland,/ today is a World Heritage site.//

私は自信を感じています ようやく時が巡ってきたのです かつてぬかるんだ荒れ地としか 思われていなかった場所が 今や世界遺産になっているんです

It's a wetland of international importance.//

世界的な価値を持つ 湿地ということです

And we've come a long way/ in the last 60 years.//

この60年 私達は 長い道のりを歩んできました

And/ as the world's largest and most ambitious wetland restoration project,/ the international spotlight is on us/ in the Sunshine State.//

世界でも最大の野心的な 湿地回復プロジェクトが進められ 世界の関心が フロリダに向けられています

Because/ if we can heal this system,/ it's going to become/ an icon/ for wetland restoration all/ over the world.//

もしエバーグレーズを 癒すことに成功すれば それは世界の湿地回復の 旗印になるでしょう

But it's up to us/ to decide/ which legacy/ we want to attach/ our flag to.//

我々の旗をどちらの遺産に付けるかは 我々にかかっています

They say/ that the Everglades is our greatest test.//

エバーグレーズは私達にとって 最大の試金石だと言われています

If we pass it,/ we get to keep/ the planet.//

成功すれば 私達は地球を保全できるでしょう

I love/ that quote,/ because it's a challenge,/ it's a prod.//

いい言葉です これは挑戦であり 問うています

Can we do it?// Will we do it?//

我々にできるだろうか? 我々はやるだろうか?

We have to,/ we must.//

やらなければ 絶対に

But the Everglades is not just a test.//

しかしエバーグレーズは 試金石であるだけでなく

It's also/ a gift,/ and ultimately,/ our responsibility.//

賜でもあり 最終的には 我々に託されているのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

distant

(距離が)『遠い』,遠方の

(時間的に)『離れた』,隔たった;遠い[過去の]

《名詞の前にのみ用いて》(関係が)薄い,遠い

(態度などが)よそよそしい

《名詞の前にのみ用いて》遠方からの,遠方への

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

remote

『遠い』,『遠方の』;(…から)遠く離れた《+『from』+『名』》

(時間的に)遠い

《しばしば最上級で》かすかな,わずかの(slight)

(一般に)関係の薄い;(…から)かけ離れた《+『from』+『名』(『wh-節』)》

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

sunrise

『日の出』

日の出の時刻

rainbow

『にじ』

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

laughter

『笑い』,笑い声

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

fancy

〈U〉(取りとめのない)『空想』,想像

空想したもの,根拠のない考え(意見)

〈C〉(…に対する)『好み』(liking)《+『for』+『名』(do『ing』)》

『装飾的な』,意匠をこらした

空想に基づく,気まぐれな

《名詞の前にのみ用いて》(商品が)高級な,特選の,極上の

《名詞の前にのみ用いて》《話》(値段が)法外な

高度の技術の(を要する),こみ入った

《名詞の前にのみ用いて》(動植物が)珍種の

…‘を'『空想する』,想像する(《米》imagine)

…‘を'『好む』

《『fancy doing』》…したい気がする

(なんとなく)…‘と'『思う』

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

outdoors

『戸外で(へ)』,野外で(へ)

《the out・doors》《単数扱い》戸外,野外

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

bonus

ボーナス,特別手当;特別配当金

桂品,おまけ

《話》思いがけない喜び[を与えるもの]

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

menu

(レストランの)『メニュー』,献立表

料理

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

rodent

齧歯(げっし)類の動物(ネズミ・ウサギ・リス・ビーバーの類)

齧歯類の

かじる;かじるのに適した

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

gnaw

〈動物が〉…‘を'『かじる』;…‘を'かじり取る《+『away』(『off』)+『名』,+『名』+『away』(『off』)》

(…に)〈穴〉‘を'かじってあける《+『名』+『through』(『in』)+『名』》

〈心労・病気などが〉〈人・心など〉‘を『悩ます』,苦しめる(torment)

〈動物が〉(…を)『かじる』《+『at』(『on,through』)+『名』》

〈心労・病気などが〉(人・心などを)苦しめる,悩ます《+『at』(『in』)+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

despair

〈U〉『絶望』,失望

〈C〉絶望のもと;見放されたもの

(…の)『望みを失う』,(…に)『絶望する』《+『of』+『名』(do『ing』)》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

told

tell の過去・過去分詞

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

heritage

世襲財産

祖先から伝えられたもの,(有形・無形の)遺産,伝統

southeast

〈U〉《the ~》『南東』(《略》『SE,S.E.』)

《the ~》南東地域,南東部;《the S-》米国南東部

南東へ向かう

(風が)南東からの

南東へ(に)

alarming

人を驚かせる;急を告げる

disconnect

〈二者〉‘の'関係を絶つ;〈電話・電源など〉‘を'切る;(…から)…‘を'分離する《+『名』+『from』+『名』》

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

willingly

『喜んで』,快く

swamp

『沼沢地』,沼地,湿地

《しばしば受動態で》(困難なことや仕事などが)…‘に'押し寄せる,‘を'圧倒する

…‘を'水浸しにする;〈船など〉‘を'沈没させる

圧倒される,窮地に陥る

〈船〉が沈没する,浸水する

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

advocate

〈考え・主義・政策など〉'を'弁護(擁護)して言う,主唱する

擁護者,主唱者

弁護士

behalf

大義, 大目的; 支持, 利益; 《古》 点, 面

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

photography

写真術

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

aesthetic

美学の;審美的な

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

ultimately

最後に,ついに

backyard

裏庭

家の後ろの

adventure

〈U〉〈C〉『冒険』

〈C〉珍しい経験,意外なできごと

=venture

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

doorstep

戸口の上がり段(街路に面した家によく見られる)

despite

…『にもかかわらず』

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

incorporate

〈事業など〉‘を'法人[組織]にする

(…に)…‘を'合併する,編入する,組み入れる,加入させる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》,(…と)…‘を'合併する《+『名』+『with』+『名』》

〈団体などが〉(…と)合併する,一体となる《+『with』+『名』》

法人[組織]の

合併した,一体となった

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

wonderment

〈U〉不思議,驚き

〈C〉不思議な物

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

bless

〈神などが〉(…を〈人〉‘に'『授ける』,恵む《『名』〈人〉+『with』+『名』》

…'を'『祝福する』

〈神〉'を'ほめたたえる,賛美する;…‘に'感謝する

…'を'清める

《「…'を'悪から守る」の意から転化して間投詞として用いて》

…'を'のろう

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

blank

(紙が)『白紙の』;(欄が)空白の,書き入れていない

がらんとした,からの(empty);なんの装飾もない

『ぼんやりした』,うつろな,無関心な

全くの

『空白』,空所

書き込み用紙(form)

空虚;空(くう)の部分

(語句・文学を伏せる場所に用いる)ダッシュ'‐':Mr-某氏

(またblank cartridge)(銑火器の)空包

…'を'消す,削除する《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

《米》〈相手〉‘に'試合で得点させない

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

fanciful

空想上の,架空の,実在しない

(デザインなどが)奇抜な,風変わりな

空想的な,気まぐれな

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

opportunity

『機会』,好機

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

sofa

『長いす』,ソファー

dare

『あえて…る』

《『dare to』 do》『思いきって…する』,…する勇がある

〈危険など〉‘に'『立ち向かう』

〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する(challenge)

挑戦[すること](challenge)

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

underwater

水面下の,水中の

水面下に(を),水中で(を)

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

sunshine

『日光』

日なた

(物事の)『明るさ』,陽気,快活

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

rival

(…の)『競争相手』,『ライバル』,好敵手,匹敵する人(物)《+『for』+『名』》,(…における)競争相手《+『in』+『名』》

競争する,対坑する

(…において)…‘と'『競争する』《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《おもに米》(…において)…‘に'『匹敵する』,‘と'肩を並べる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

tourism

観光旅行

観光事業,旅行代理業

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

canoe

『カヌー』,丸木舟

カヌーで行く

〈湖など〉'を'カヌーで渡る

〈物〉'を'カヌーで運ぶ

camping

野営,キャンプ

starry

星の多い,星あかりの

ぴかぴか光る,星のように光る

星形の

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

pride

〈U〉『自尊心』,自尊

〈U〉『得意』,自慢,誇り

〈U〉『高慢』,『うぬぼれ』,思い上がり

〈C〉《単数形で》(…の)『自慢の種』,誇りにする物《+『of』+『名』》

〈C〉(特にライオン・クジャクの)群れ《+『of』+『名』》

《『pride』『oneself』『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》…‘を'自慢する

ownership

所有者であること,所有;所有権

compound

(…になるように)〈要素・成分など〉'を'混ぜ合わせる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)〈薬など〉'を'調合する,混ぜ合わせて作る《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

《しばしば受動態で》〈めんどうな事・損害など〉'を'もっとひどくする

〈利子〉'を'複利で計算する

(…と)話し合いをつける,妥協する《+『with』+『名』》

複合の,合成の

『合成物』,混合物,調合物;化合物

複合語,合成語(classroom, heart-to-heartなどをいう)

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

aquifer

水を含む地層,(特に)井戸(泉)の水源

drinking

飲むこと

(特に過度の)飲酒

deem

…‘と'思う(think)

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

spooky

幽霊の出るような,気味悪い

物おじする,おびえる

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

warn

〈人〉に『警告する』

〈人・物事などが〉〈人〉‘に'『予告する』

〈人・立て札などが〉(…に近寄らないように,…から立ち退くように)〈人〉‘に'通告する《+名〈人〉+away from(from,off,out of)+名》

haunted

幽霊のよく出る

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

ghost

『幽霊』,亡霊,死者の霊

(…の)ほんのわずか《+『of』+『名』》

(…の)幻,面影《+『of』+『名』》

=ghost writer

(テレビの画面の)ゴースト

=ghostwrite

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

mentality

〈U〉精神力,知力

〈C〉思考,考え方;性格

disinterested

公平無私の,公平な;(…に)公平な《+『in』+『名』》

silent

『音がしない』,静かな

『沈黙の』,口に出さない;音をたてない・無口の・《補語にのみ用いて》(…について)意見を述べていない,触れていない《+『about』(『on』)+『名』》

活動していない・(映画が)無声の・(文字が)発音されない・無声映画

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

regard

《『regard』+『名』+『as』+『名』(『形』[『句』])》(…と)〈人・物事など〉‘を'『みなす』,考える(consider)

《文》《副詞[句]を伴って》(ある感情・態度で)…‘を'見る,注視する

…‘を'『尊重する』

《副詞[句]を伴って》…‘を'評価する

《文》《通例否定文で》〈意見・希望など〉‘を'『考慮にいれる』,‘に'注意を払う

〈物事が〉…‘に'関係する,関連する

〈U〉(…に対する)『考慮』,注意,関心《+『for』)『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『敬意』,尊敬,好意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉《おもに文》注視,凝視

〈U〉(ある特別な)点,関係,関連

《複数形で》(敬意・愛情を表す)あいさつ(greetings),よろしくとの伝言(best wishes)

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

second-class

『二流の』;劣った(inferior)

《米》(郵便物が)第2種の,《英》普通郵便の

(乗り物などで)2等の

2等で

《米》第2種郵便で,《英》普通郵便で

ecosystem

生態系

monetary

貨幣の,通貨の

金銭上の;金銭についての

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

alligator

〈C〉(米国・中国産の)ワニ

〈U〉ワニ皮

snake

『ヘビ』(『蛇』)

(蛇のように)ずるく陰険な人

へび(配水管などの詰まった物を取り除く道具)

蛇行する,くねくねと続く

〈体など〉‘を'くねらす

《米》〈材木など〉‘を'引っぱる,引きずる

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

cuddly

抱き締めたいような

ambassador

『大使』

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

drain

(液体を)…‘から'『排出する』《+『名』+『of』+『名』》;(…から)〈液体〉‘を'『排出する』《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'消耗させる,枯渇させる;(…を)〈人〉‘から'消耗させる《+『名』+『of』+『名』》

〈酒など〉‘を'飲み干す,空にする

〈土地〉‘を'干上がらせる

〈土地などが〉水はけがよい;(液体を)排出する《+『of』+『名』》

〈水・液体などが〉徐々に流れ去る

〈C〉『排水設備』,排水路

〈C〉(…を)消耗(枯渇)させるもの《+『on』+『名』》

〈U〉《時にa~》(富・力などの)消耗,枯渇

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

agriculture

『農業』,農学

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

essence

〈U〉(…の)『本質』,真髄《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(植物・薬物などから抽出された)精,エキス《+『of』+『名』》

〈U〉香水(perfume)

〈U〉本質,実在;〈C〉(特に)霊的実在

conservation

保存,(特に自然環境の)保護

backpedal

(速度を落とすため)自転車のペダルを逆に踏む

《話》(意見などを)前に戻す

sodden

水ごたしの,びしょぬれの

(パンなどが)生焼けの

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

unlock

〈戸.箱など〉‘の'錠を開ける

〈つかんでいた手など〉'を'離す

〈秘密など〉'を'もらす,打ち明ける

錠が開く

拘束が解かれる(緩む)

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

habitat

(動・植物の)産地,生息地

watershed

分水界

(川の)流域

flyway

(繁殖地と越冬地の間の)渡り鳥の飛路

warbler

さえずる鳥,ムシクイ類の鳴き鳥

さえずるように歌う人

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

breed

〈動物が〉『子を生む』,繁殖する

〈物事が〉生ずる,越こる

(新種の育成,品種改良などのために)〈家畜〉‘を'『詞育する』,〈植物〉‘を'『育てる』

…‘を'『生む』,『生じさせる』

〈子供など〉‘を'育てる,しつける

(動植物の改良された)『品種』,血統

種類

flood

〈C〉《しばしば複数形で》《単数扱い》『洪水』,大水;〈U〉(川の)はんらん

〈C〉《a~》(…の)『はんらん』,殺到《+『of』+『名』》

《the F-》ノアの洪水(旧約聖書「創世記」)

〈C〉『満潮』,上げ潮

…‘を'『あふれさせる』

〈人・物が〉…‘に'『殺到する』,どっと押し寄せる

〈川が〉はんらんする

(洪水のように)押し寄せてくる

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

gulf

『湾』

《詩》深いふち,深淵(えん)

(地位・立場・教養・感情などの)大きな融たり,越え難い溝

Mexico

メキシコ合衆国

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

South America

南アメリカ,南米(西半球の南部では第4の広さの大陸)

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

nuts

気違いの;気違いじみた

(…に)夢中の《+『about』(『over』)+『名』》

(失望・不幸・拒否・失敗などを示して)ちぇっ,だめだ,くそっ

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

hometown

今までいちばん長く住んだ町(市);子供のとき過ごした町(市);生まれた町(市)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

Central America

中央アメリカ(北米大陸の南端でメキシコと南米の間の地域)

freshly

新たに,新しく(newly)

新鮮に,すがすがしく

sod

〈U〉芝地

〈C〉(移植用に根をつけて四角か長方形に切り取った)芝土

…‘を'芝でおおう

golf course

ゴルフコース

narrative

〈C〉〈U〉『物語』,話(story)

〈U〉話術,語り口

『物語の』

手術の

commonly

『一般に』,通例,普通

俗に,下品に

unravel

〈編物など〉‘を'解く;〈もつれ〉‘を'ほどく

〈難問など〉‘を'解明する

ほどける

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

abound

〈人・動物などが〉『たくさんいる』,多い

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

wad

(綿・紙・毛など柔らかいものの)塊《+of+名》

《話》(紙などのぎっしり束ねた)束,(特に)札束

《俗》大量(の…),多額(の…)《+of+名》

…‘を'小さく丸める《+up+名,+名+up》

(…で)…‘を'ふさぐ《+名+with+名》

Florida

フロリダ州(米国南東端の州;州都はTallahassee;《略》『Fla.,Flor.,FL』)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

latent

潜在(潜伏)している,隠れている

palpable

触ってみることができる

明白な

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

toe

『足の指』

(靴・靴下などの)『つま先』

(動物の)足指に相当する部分;ひずめの前部

(形・位置・機能が)足指に似たもの

〈靴・靴下など〉‘に'つま先を付ける

〈くぎなど〉‘を'斜めに打ち込む

(斜めに打ち込んだくぎで)…‘を'締める,留める

つま先をある方向に向ける

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

top dog

(競争・努力の結果の)勝利者,支配者

discomfort

〈U〉『不安』(uneasiness)

〈U〉不快

〈C〉不安(不快)なもの

…‘を'不安(不快)にする

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

urban

都市(都会)の

都市に住む

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

decade

『10年間』

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

yield

…‘を'『産出する』,生ずる(produce);〈利益など〉‘を'生む

(圧迫・強制などによって)(…に)…‘を'『明け渡す』,放棄する《+up+名(+名+up)+to+名》

…‘を'譲る,与える

〈自分〉‘の'身を任せる

〈土地が〉『作物がてきてる』

(…に)『屈する』,負ける,従う;(…に)応ずる,譲歩する《+to+名》

(圧力・力などによって)動く,開く,曲がる,へこむ,壊れる《+to+名》

〈U〉〈C〉産出[高],収穫[高]

pine

(また『pine tree』)〈C〉『松』,松の木

〈U〉松材

cypress

イトスギ(糸杉)(故人に対する悲しみの象徴として詩に歌われたり,墓の傍らに植えられたりする)

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

mosquito

『カ』(蚊)

reptile

爬(は)虫類の動物(ヘビ・トカゲ・ワニ・カメなど)

くだらぬ人間,哀れなやつ

=reptilian

affirmation

断言;承認

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

wilderness

《the wilderness》《古》『荒れ地』,荒野

〈C〉果てしない広がり

《a wilderness》多数,無数(の…)《+of+名》

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

wholly

『まったく』,完全に(completely)

photographer

写真をとる人,(特にプロの)写真家

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

fitting

適切な

〈U〉(機械などの)組立て

仮縫いを着てみること

(組み立てる)部品,付属品

《通例複数形で》家具,調度品;備品,設備

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

everglade

(米南部の)沼沢地,低湿地

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

enchant

…‘に'『魔法をかける』

…‘を'『うっとりさせる』,魅惑する(charm)

corkscrew

(らせん状の)コルク栓抜き

らせん状の

…'を'らせん状に進める(曲げる)

らせん状に進む(曲がる)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

inspired

霊感を受けた

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

downpour

どしゃ降り,豪雨

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

overflow

〈川が〉『氾濫(はんらん)する』,〈容器が〉あふれる

〈中の物・人などが〉(…へ)『あふれ出る』《+『into』(『onto』)+『名』》

〈場所が〉(…で)『いっぱいになる』《+『with』+『名』》

〈川・水などが〉…★から'あふれ出る

〈川・水などが〉…‘を'水浸しにする

〈U〉〈C〉あふれ出ること氾濫,洪水(こうずい);(物・人数の)超過《+『of』+『名』》

〈C〉あふれ出た水;超過した物;過剰人員

〈C〉(許容量以上の水の出る)排水口,放出口

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

spill

(特に,うっかりして)〈液体・粉など〉‘を'『こぼす』

《しばしば受動態で》《おもに文》(人を傷つけて)〈血〉‘を'流す

〈馬・車などか〉〈人など〉‘を'ほうり出す,振り落す

《話》〈秘密など〉‘を'もらす;(…に)…‘を'もらす《+『名』+『to』+『名』》

〈液体・粉などが〉『こぼれる』,流れ出る

こぼれること,こぼすこと

こぼれたもの

落ちること;落馬

southward

南へ(に)

南の;南へ向かう

南方・南部

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

topography

〈U〉地形学,(ある地域の)地形図作成

〈C〉地形,地勢

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

grass

〈U〉《集合的に》『草』;牧草;イネ科の植物

〈U〉『草地』;牧草地,芝生

〈U〉《俗》マリファナ(marijuana)

〈C〉《英俗》密告者

〈人が〉仕事を離れて休養する

〈人〉を休ませる,に暇を出す

prairie

(特にミシシッピー川流域の)『大草原』

mete

《文》(程度に応じて)〈賞・罰など〉‘を'割りあてる《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

slew

slayの過去

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

mangrove

マングローブ,紅樹林(燃帯の川や海辺に密生する)

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

bay

『湾』,『入り江』

emerald

〈C〉エメラルド(濃緑色の宝石)

〈U〉エメラルド色,鮮緑色

gem

(特に,カットして磨いた)『宝石』(jewel),宝玉

宝石のような人(もの),逸品,珠玉

…‘を'宝石で飾る,‘に'宝石をちりばめる;(…で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』》

estuary

(潮のさす大きな川の)河口

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

fresh

『新鮮な』,生きのいい

『はつらつとした』,若々しい

(印象・色などが)『鮮やかな』,薄れていない;(色が)塗りたての

これまでになかった,初めての;新規の新たな

新米の,未熟な

(空気が)さわやかな,涼しい

(風が)やや強い

(水が)塩けのない;飲用できる

《米話》(特に異性に対して)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』(『to』)+『名』》

新たに,新しく

manner

《単数形で》〈文〉『方法』,仕方

《単数形で》(他人に対する)『態度』,様子,挙動

《複数形で》『行儀』,『作法』

《複数形で》(国民・時代などの)『風習』,慣習

《単数形で》(文学・美術上の)『流儀』,様式,…ふう,手法

《文》《単数形で》(…の)種類《+『of』+『名』》

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

boundary

『境界線』,境(border)

限界

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

insufficient

不十分な,不適当な

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

dam

〈C〉『ダム』,せき

〈U〉ダムでせき止めた水

〈水流など〉'を'『せき止める』《+『up』+『名』,+『up』+『名』》

〈感情など〉'を'むりやり抑える《+『up』(『back』)+『名,』+『名』+『up』》

dredge

浚渫(しゅんせつ)機(水底の泥をすくいあげる機械)

浚渫船

…‘を'浚渫する,さらう

渫浚機でさらう

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

peak

(とがった)『山頂』,峰;最も高い所

(独立した)鋭峰,孤峰

『とがった先』,先端

(事の)最頂点,絶頂,ピーク

(帽子の)前びさし

最高の,最大の,ピークの

頂点に達する,最高(最大)になる

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

mankind

《集合的に》『人類』(human race),人間(human beings)

《まれ》《集合的に》『男性』,男子(men)

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

sheer

(織物などが)『透けるほど薄い』

『純然たる』,完全な

『垂直に近い』,切り立った

完全に,全く

垂直に,険しく

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

agricultural

『農業の』,農耕の;農学[上]の

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

year-round

一年じゅうの

1年じゅう

tomato

『トマト』;トマトの木

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

seasonal

季節の,季節的,季節ごとの

pulse

《通例単数形で》『脈はく』

(一般に,規則的な)鼓動,律動

(電気の)パルス

(一般的な)傾向

脈を打つ,鼓動する

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

ironically

皮肉に,反語的に

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

acre

『エーカー』(面積の単位;約4,047平方メートル)

《複数形で》田畑,土地

endless

『無限の』,果てしのない

絶え間のない,ひっきりなしの

(端と端がつながって)輪になっている

sugarcane

サトウキビ

dump

〈重い荷物など〉‘を'『どさっと落とす』(降ろす);〈ごみなど〉‘を'どさっと捨てる

(特に外国市場で)〈商品〉‘を'投げ売りする,ダンピングする

ごみ捨て場

(捨てられた)ごみの山

(弾薬・軍需品などの)臨時集積場

exceedingly

悲常に,大いに,とても

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

snail

カタツムリ

kite

『トビ』(ワシタカ科の猛鳥)

『たこ』(凧)

nest

(鳥・昆虫・魚類・小動物などの)『巣』,巣穴

《集合的に》巣の中の鳥(動物など),(昆虫などの)群れ

居ごこちよい場所,落ちつける場所

(犯罪などの)温床;(悪党などの)巣窟(そうくつ)

(入れ子式・重箱式などになった物の)一組,一そろい《+『of』+『名』》

巣を作る,巣ごもる

…‘を'巣に入れる

(巣に入れるように)…‘を'すっぽり収める

…‘を'入れ子式にする,重ね合わせる

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

nesting

《英》(卵を取るための)鳥の巣捜し

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

apple

『リンゴ』;リンゴの木

aquatic

水生の,水の

水上の,水中で行われる

gastropod

腹足類の動物(カタツムリ・ナメクジなど)

thus

『このように』,かくかくして

『従って』,だから

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

photo

『写真』[photographの短縮形]

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

brainstorm

(突然の一時的な)精神錯乱

《米話》ひらめき,突然浮かんだ名案

sketch

(…の)『スケッチ』,素描,写生画《+『of』+『名』》

(…の)『草案』,下書き;(事実などの)概略,大要《+『of』+『名』》

(文芸作品の)小品,短編,(レビュー・ミュージカルなどの)寸劇

…‘を'『スケッチする』,写生する

…‘を'略述する《+『in』(『out』)+『名』》

スケッチ(写生)する

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

wildlife

野生生物(特に野生動物)

biologist

生物学者

endanger

〈生命・富・健康・計画など〉‘を'危うくする,危険にさらす

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

permission

『許可』,承諾

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

waist-deep

腰まで深い

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

dawn

〈U〉〈C〉『夜明け』,暁(daybreak)

《the ~》(物事の)『始まり』,端緒《+『of』+『名』》

『夜が明ける』,明るくなる

〈物事が〉はっきりして来る,現れ始める

dusk

(特に夕暮れの)たそがれ

(ある所の)薄暗がり

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

Mac

おい,君,名前の分からない相手(男)に対して呼びかけるときに使う, Apple社のMacintoshコンピューター

stone

〈U〉(物質としての)『石』,石材

〈C〉『小石』,岩石の小片

〈C〉《複合語を作って》(特定の目的に用いる)石材

=precious stone

〈C〉(形・堅さが)石に似たもの(あられなど)

〈C〉(腎臓・膀胱(ぼうこう)などの)結石

〈C〉(果実の)種,核

〈C〉《英》(体重を表す重量単位の)ストーン(14ポンド(約5.35キログラム)に相当)

『石造りの』,石の・石器製の

…‘に'石を投げる,石を投げて殺す

…‘に'石を取り付ける(張る,敷く),沿って石を並べる

〈果実〉‘の'種を取る

narrate

…‘の'話をする,‘を'物語る,述べる

(ドラマなどで)語り手になる

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

cattail

ガマ(沼地に生える背の高いアシに似た植物)

searching

油断のない,注意深い,鋭い

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

beeline

一直線;(…への)最短路《+『for』(『to』)+『名』》

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

sunburn

(ひりひりして痛い)日焼け

焼けした箇所

…‘を'過度に日焼けさせる

ひどく日焼けする

bite

…'を'『かむ』,かじる,くわえる

〈虫が〉…'を'刺す,食う

〈こしょうなどが〉…'を'刺激する;〈寒さが〉…‘に'しみる;〈霜が〉…'を'いためる;〈酸が〉…'を'腐食す

〈歯車や機械などが〉…‘に'かみ合う;〈刃物などが〉…‘に'切り(食い)込む

かむ;かみつく;〈魚が〉えさに食いつく

〈寒さが〉しみる;〈こしょうなどが〉刺激する;〈言葉などが〉(…に)食い込む《+『into』+『名』)

(歯車などが)かみ合う,空回りしない

『かむこと』,食いつくこと;(釣りで,魚の)食い

〈C〉(食べ物の)1口[分]《+『of』+『名』》;《話》軽い食事

〈C〉かみ傷,(虫などの)刺した跡

〈U〉ぴっとする刺激;辛み;(傷の)痛み;激痛

〈U〉(機械などの)かみ合い

suddenly

『突然に』,だしぬけに

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

gosh

えっ,おや(軽い喜び・驚きを表す)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

excited

興奮した

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

shed

〈血・液など〉‘を'『流す』,こぼす

〈葉・毛・外皮など〉‘を'『自然に落とす』;〈衣服〉‘を'脱ぐ

〈光・香りなど〉‘を'放つ

〈布などが〉〈水〉‘を'はじく,通さない

〈動物などが〉脱毛する,脱皮する

〈葉が〉落ちる

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

unhealthy

(人が)健康でない,病弱の;健康でないことを示す

(場所・気候などが)健康によくない

道徳上よくない,不健全な

freshwater

淡水の,淡水性の;淡水産の

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

shark

サメ,フカ

詐欺師,ぺてん師

《米俗》名人,達人

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

tragically

悲劇的に,悲惨にも

misunderstood

misunderstandの過去・過去分詞

apex

頂上,頂点

《文》最高潮,絶頂

predator

捕(肉)食動物(ライオン・タカなど)

(強奪・搾取などで)他人を食いものにしている人

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

excavate

〈穴・トンネルなど〉‘を'掘る;…‘に'穴をあける

〈埋もれたもの〉‘を'発掘する

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

wet

『ぬれた』,湿った,乾いていない

『雨でぬれた』;雨降りの

《米》非(反)禁酒主義の

《英話》《軽べつして》(人が)気が弱い,湿っぽい,からっとしていない

《the wet》(特に雨後の)湿った地面

《the wet》『雨』;雨天

《しばしば a wet》《英俗》『酒』

…‘を'『ぬらす』,湿らせる

forage

〈U〉(牛馬の)飼料,かいば,まぐさ

〈U〉《a~》食糧あさり

〈動物などが〉食糧をあさる

(…を)捜し回る《+『about』+『名』》

〈食べ物〉‘を'あさる

〈ある場所〉‘から'食糧を入手する

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

keystone

(アーチの頂上の)かなめ石,くさび石

(…の)かなめ,根本原理《+『of』+『名』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

dominate

…‘を'『支配する』,‘に'君臨する

…‘で'優位を占める,幅を利かす

…‘を'見下ろす位置にある;…‘の'上にそびえ立つ

(…を)支配する,威圧する《+『over』+『名』》

《副詞[句]を伴って》優勢である

wade

《方向を表す副詞[句]を伴って》(川・雪などの中を)『歩く』

《話》(…を)苦労して進む,やっと切り抜ける《+through+名》

〈川など〉‘を'歩いて渡る

pit

(自然の,または掘った)『地面の穴』,『くぼみ』

《しばしば単数形で》《the pit》立て坑,採掘場

落とし穴

《単数形で》《the pit》《英》(劇場の)平土間(1階正面後部の安い料金の席全体を指す);平土間の観客;《米》(舞台手前の1段低くなった)オーケストラ席

(身体や物の表面の自然にできた)くぼみ

《しばしば複数形で》(傷・天然痘などでできた皮膚の)小さなくぼんだ跡,あばた

(動物を入れておく)囲い;闘鶏場(cockpit),闘犬場

《the ~》地獄(hell)

ピット

自動車修理店などで,車体の下で作業するために床に設けたくぼみ

《the pits》自動車レースで給油・タイヤ交換などの場所

…‘に'点々と穴をあける;…‘を'あばたにする

(…と)…‘を'取り組ませる,対坑させる《+『名』+『against』+『名』》

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

rally

(…のもとに)〈人〉‘を'『再び集める』《+『名』〈人〉+『around』(『to, behind』)+『名』》

(…に対して)〈気力・体力など〉‘を'『持ち直す』,もう一度奮い起こす《+『名』+『for』(『to』)+『名』》

(…のもとに)『再び集まる』;(援助などのために)はせ参じる《+『around』(『to, behind』)+『名』》

(不幸・病気などから)『持ち直す』,立ち直る《+『from』+『名』》

(テニスなどで)続けて打ち合う

(次の活動のための)再結集

(悪い状態からの)『持ち直し』,回復《+『from』+『名』》

(特定の目的のための)集会,大会

(テニスの)ラリー(続けて打ち合うこと)

ラリー(長距離自動車レース)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

troop

(特に,移動中の人・野生の動物の)『群れ』,一団《+of+名》

騎兵大隊,装甲車大隊

《複数形で》『軍隊』;警官隊;武装団

ボーイ(ガール)スカウトの分隊(16‐32人で編成する)

群れをなして動く

〈軍旗〉‘を'先頭に立てて分列行進をする

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

ubiquitous

《文》同時にいたる所に存在する,偏在する

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

roseate

バラ色の(rosy);楽観的な

spoonbill

ヘラサギ(長く平たいくちばしの渉禽(しょうきん)類の鳥)

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

ban

(法による)(…に対する)『禁止』,禁制(prohibition)《+『on』+『名』》

(世論などの)反対,非難

(教会の)破門

(法律や社会的圧力によって)…'を'『禁ずる』,禁止する

plume

《複数形で》(特に大きくて目立つ装飾用の)『羽毛』羽毛飾り,(帽子などの)前立(まえだて)

大きな羽毛に似た形の物;水柱,煙など《+『of』+『名』》

…‘を'羽毛で飾る

(くちばしで)〈羽毛〉‘を'整える

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

rebound

(…から)〈物体が〉はね返る《+『from』+『名』》

(自分に)〈したこと[の報]が〉はね返る《『on』(『upon』)one『self』》

はね返り

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

tactile

触覚の,触覚による,触知しうる

feeder

《修飾語を伴って》食う動物

飼養者;哺乳(ほにゅう)びん;えさ箱

支流,(鉄道・航空路などの)支線

材料供給装置,送り装置

よだれ掛け

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

concentrate

(…に)〈光線・注意など〉'を'『集中する』《+『on』+『名』》

〈液体など〉'を'濃縮する

《副詞[句]を伴って》(…に)『集中する』

専念する《+『on』+『名』》

濃縮したもの,濃縮液

pool

(特に,自然にできた)『水たまり』

(水以外の液体の)たまり《+『of』+『名』》

『水泳プール』(swimming pool)

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

indicator

指示する人(物),指示器,表示器;指針

(リトマスなどの)指示薬

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

drastic

思い切った,徹底的な

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

disrupt

…‘を'混乱させる

(一時的に)…‘を'中断させる

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

scream

(恐怖・苦痛などで)〈人が〉『悲鳴をあげる』,金切り声を出す

〈鳥・気笛などが〉『かん高い音を出す』

どなる,わめく,金切り声で言う

…‘を'『金切り声で言う』,大声で叫ぶ・金切り声,かん高い(鋭い)音

《俗》とてもおもしろおかしい人(物)

fragile

『壊れやすい』,もろい

(体質が)虚弱な(weak);《おどけて》調子が悪い

(幸福などが)はかない

resilient

はね返る;弾性のある

すぐ元気を取りもどす

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

immovable

動かせない,動かない

(意志などが)確固たる

不動産の

不動産

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

tropical

『熱帯の』,熱帯性の,熱帯産の

酷暑の

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

frontier

『国境』,国境地方

辺境(米国の西部開拓時代の開拓地と未開拓地の境界地方)

《しばしば複数形で》(学問・知識などの)最前線,未研究の分野

appraisal

評価;鑑定;(物の)値踏み

fortunately

『運よく』,幸いにも

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

undertake

〈仕事など〉‘に'『着手する』

〈仕事など〉‘を'『引き受ける』

《undertake+that 節》…であることを保証(断言)する

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

resident

『居住者』,居留民

(病院に住み込み実地の勉強をする)実習医

居住している,在住の;住み込みの

steward

(大家の)執事,家令

(組合・団体などの)支配人,取締役

(ホテル・病院・学校・クラブなどの)食堂主任

(汽船・旅客機などの)『スチュワード』,ボーイ,給仕

(会などの)世話役,幹事

elect

(投票で)〈議長・議員など〉‘を'『選ぶ』,『選挙する』

《文》…‘を'選択する;(…すること)‘に'決定する(decide)《+『to』 do》

《通例‐electの形で名詞に付けて》(まだ就任していないが)選挙された,当選した

選ばれた

《the~》選ばれるに値する人たち,エリート

《時にthe~》選ばれた者,選民

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

fishing

〈U〉(職業としての)『魚取り』,漁業

(スポーツとしての)釣り

漁場,釣リ場

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

ecological

生態学の

economic

『経済の』

『経済学の』

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

generous

『気前のよい』;『心が大きい』,『寛容な』

大きい;豊富な,十分な

cloak

『そでなし外とう』,マント

口実,仮面

…‘に'外とうを着せる

…'を'おおい隠す,装う

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

Grand Canyon

グランドキャニオン(米国Arizona州のColorado川に沿う大峡谷で国立公園)

beacon

(合図の)かがり火,のろし

標識塔;信号塔,灯台

航空無線標識(radio beacon)

《英》=Belisha beacon

指導(警告)するもの(人)

sadly

『悲しそうに』

ひどく

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

emblematic

象徴の,象徴的や;(…を)象徴する《+『of』+『名』》

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

swampy

沼地の,じめじめした

wasteland

荒れ地,不毛の地;(戦争・災害などで)荒廃した地域

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

ambitious

『大望を抱いた』,野心のある,大志を抱いた

(仕事・計画などが)野心的な,大がかりな;(悪い意味で)大げさな,高望みの

restoration

〈U〉(…を元の状態・役職などに)『復活』(『回復』)『すること』,(…の…への)修復(復元)《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉(…の)返還《+『of』+『名』》

〈C〉修復した物,復元された物

《the R-》(英国の)王政回復(1660年のチャールズ2世の復位);王政回復時代(1660‐88)

spotlight

〈C〉(舞台上で用いる)スポットライト;その照明器具,ランプ

《the~》(世間の)注目,注視

…‘に'スポットライトを当てる;‘を'目立つようにする

heal

〈傷など〉‘を'直す

〈悩み・不和など〉‘を'いやす,治める

〈傷などが〉直る《+『up』(over』)》

legacy

(特に遺言によって相読する)遺産

(祖先・先人から受け継いだ精神的・物質的)遺産

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

flag

(国家・団体などを象徴する)『旗』;(信号用の)旗

…‘に'旗を立てる,‘を'旗で飾る

〈人・車など〉‘に'旗(手)を振って止める《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

planet

『惑星』,遊星

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

prod

突き刺す(つつく)こと

刺し針,突き棒

(一般に)刺激

(先のとがったもので)…‘を'突き刺す,つつく《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'刺激する,呼び起こす;〈人〉‘を'励まして(…を)促す《+『名〈人〉+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

(…を)突く,つつく《+『at』+『名』》

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画