TED日本語 - マティアス・ユード: アートでNSAのスパイに話しかけよう

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

2013年、アメリカのNSAとイギリスのGCHQが、ドイツ政府を日常的に監視していたことが暴露されました。怒りが渦巻く中で、芸術家マティアス・ユードとクリストフ・ワクターは、こう考えました。向こうは聞き耳を立てている…それなら話しかけてみよう、と。ベルリンの官庁街にあるスイス大使館の屋根にアンテナを設置して、オープンネットワークを立ち上げ、その周辺を盗聴するアメリカとイギリスのスパイに向けて、世界中の人々がメッセージを送れるようにしたのです。これは、今回紹介がある3つの作品の1つですが、どれも大胆で、時に笑いを誘い、明らかに反体制的です。これらの作品を通して、監視と閉じたネットワークに対して世界中に広がる不満について考察しているのです。

Script

1年前 ベルリンにある スイス大使館に招かれて 私たちの作品を展示しました 招待されるのは慣れていますが この時は本当にドキドキしました ベルリンのスイス大使館は特別なんです 官庁街にある建物の中で 第二次世界大戦の破壊を免れた 唯一の建物で 連邦首相府のすぐ隣にあるんです スイスの外交官ほど メルケル首相の近くにいる人はいません

(笑)

ベルリンの官庁街には “Reichstag” つまり国会議事堂や ブランデンブルク門もあります 門のそばには 大使館がたくさんあって その中にはアメリカ大使館と イギリス大使館もあります

ドイツは民主主義の点で先進国ですが 市民の憲法上の権利は 官庁街において 制限のあるものとなっています 集会とデモの権利が 制限されているのです これは芸術家の立場から見ると 面白い状況です 参加する権利を行使し 自己表現するためには 常に一定の秩序に従う必要があり 何らかの制約を受けるものです そして 規制に頼っていることに 気づいてはじめて 新たな見方ができるんです 既存の決まりが 私たちの認識や行動や生活を 形作っているんです

違う状況下では これが極めて重要になります 過去2年間に渡って アメリカ イギリス両大使館の屋根の上から シークレットサービスが この地区全域を盗聴していて そこにはアンゲラ・メルケル独首相の 携帯電話も含まれていたことが分かっています イギリスの諜報機関GCHQのアンテナが 白い円筒形のレーダードームに隠され アメリカ NSAの情報収集拠点は 無線を通す幕で覆われています

ただ 偽装され目に見えない勢力に どう対抗すればいいのか? 同僚のクリストフ・ワクターと共に スイス大使館からの招待に応じて この機会を利用しようと考えたんです

誰かが こちらを監視しているのなら 私たちが話していることを 向こうは聞いているはずです

(笑)

スイス大使館の屋上に 一連のアンテナを設置しました アメリカやイギリスのものほど 立派ではありません

(笑)

私たちのは 空き缶で作ったアンテナで 偽装などしておらず あからさまな上に 丸見えでした ベルリン芸術アカデミーも この作品に参加してくれたので そこの屋根に もう1つ大きなアンテナを立てました NSAとGCHQの情報収集拠点の ちょうど中間地点です

(笑)

インスタレーション・アートを作る間に ここまで監視されたことはありません ヘリが私たちの頭上を旋回しながら カメラで一挙一動を記録し アメリカ大使館の屋上には 警備員が巡視していました 官庁街は厳格な警察令の 支配下にありますが デジタル・コミュニケーションについて 特に法律はありません だから私たちのインスタレーションは 完全に合法でしたし スイス大使が メルケル首相にも このことを伝えました 作品のタイトルは “Can You Hear Me?”(『聞こえますか?』)

(笑)

この一連のアンテナで 無料の オープンWi-Fiネットワークを作りました 参加しようと思ったら Wi-Fi対応デバイスで 誰でも自由に参加でき 特定の周波数を 傍受している人々に向けて メッセージを送れます テキストでも ボイスチャットでも ファイル共有でも 何でも匿名で送信できます そして本当に 多くの人が送信しました 1万5千を超えるメッセージが 送信されたんです いくつか紹介しましょう

「ハロー ワールド ハロー ベルリン ハロー NSA ハロー GCHQ」

「NSA職員へ 正しいことをしよう! 内部告発しよう!」

「こちらNSA 我らは神を信ずる 神以外は追跡する!!!!!」

(笑)

「アノニマスが NSAとGCHQを 監視している 我々は組織の一部だ 待っていろ シャットダウンしてやろう」

「これがNSAのアキレス腱 オープンネットワークだ」

「職員へ 自分の孫に どんな嘘をつくつもりだ?」

「@NSA 隣家がうるさい ドローンで攻撃してくれ」

(笑)

「サイバー戦じゃなく セックスしよう」

私たちは各国大使館と政府機関を オープンネットワークに招待したところ 驚いたことに 参加してくれました ネットワーク上に ファイルが現れ その中には 議会調査委員会からリークされた 機密文書も含まれていました そこから明らかになったのは 重要情報の自由なやり取りや議論が 国会議員ですら 難しくなりつつあることです また私たちは 権力の分布を 現地で経験し 探るために ツアーを開催しました ツアーでは大使館周辺の 制限地区を訪れて コミュニケーションの 可能性と重要性について議論しました

もし私たちが権力の分布や コミュニケーションの条件に気付けば 視野が広がるだけでなく 自分の世界観や 社会的 政治的 美学的な慣習を制限する 規制の背景が見えてきます

実例を見てみましょう パリ郊外にある 仮設住宅で暮らす 人々の運命は 隠蔽され 見えにくくなっています これは悪循環です 貧困や人種差別や排除は 目新しいものではありません 新しい状況とは 地球規模の圧倒的な コミュニケーションと情報交換の時代に 現実が隠され 人間が見えなくなっている 状況なんです そんな仮設住宅地は違法とされていて そこに住む人々には 自分の声を届ける機会は ありません それどころか 人々が表に現れ 姿を晒すリスクを冒しても さらなる迫害と排除と抑圧を招く 理由を与えるだけなのです 私たちは この隠れた部分を 知る方法に興味を持ちました 何か接点がないか探していて とうとう見つけました その接点とはデジタルなものではなく 形のあるもの すなわち「ホテル」です

プロジェクト名は『ホテル・ジェレム』 ロマ(欧州の少数民族)の一族と共に ヨーロッパ中にホテルを何軒か建てました ドイツのフライブルクや パリ近郊モントルイユ バルカン諸国にも建てました 全部 本物のホテルで 泊まることができます ただ これは事業ではありません シンボルなんです オンラインで招待を申請すれば ホテル・ジェレム すなわち ロマの家で数日間 食事や仕事をして 暮らすことになります ここでは ロマの一族は旅人ではなく 訪問者が旅人です マイノリティは ロマの一族ではなく 訪問者の方です

重要なのは判断することではなく この多様で 一見 解消できない矛盾を決定づける 背景に目を向けることにあります このグローバル化する世界では 大陸同士が どんどん近づいています 文化や商品や人間の交換は 絶え間なく続きますが 同時に 恵まれた世界と そこから排除された世界の間にある 溝は深くなるばかりです

最近 オーストラリアに行きました 私たちは問題なく入国できました ヨーロッパのパスポートと ビザ そして航空券があったからです でも ボートでオーストラリアに たどり着いた亡命者は 強制送還か 刑務所送りです ボートを捕捉していることや 亡命者たちが拘留システムの中に 消えていくことは オーストラリア当局が隠しています こういった手続きは 極秘の軍事作戦とされているんです 危険地帯や戦争地帯から 劇的な逃亡を図った後に 男性も女性も子どもも 裁判なしでオーストラリア政府に拘束され それが数年に渡ることもあります

私たちは滞在期間中に 拘留されている亡命者たちに 厳しい審査と隔離があるにも関わらず なんとか接触し 一緒に作業ができました このような背景から インスタレーションが生まれました 場所はブリスベンの クイーンズランド工科大学ギャラリーです

見た目は簡素なインスタレーションです 床には様式的なコンパスが それぞれ入国者収容所の 方向を指していて 距離と施設名が書かれています ただ展覧会はネットワークに 接続する形で行われました 床に描かれたサインの上には ヘッドホンがあります 観客は その収容所に 入所していた難民に 直接 話しかけ 個人的に 会話することになります この展覧会は 安全な環境なので 亡命者は自分自身のことや身の上話 自分が置かれた状況などを 結果を恐れず 自由に話せました 観客は長時間 話しこんでいました 離れ離れになった家族のこと 戦場からの劇的な逃亡の様子 自殺しようとしたこと 収容された子どもたちの運命などです 強い感情が表れ 観客の多くが泣きました 展覧会に何度か足を運ぶ人もいました とても力強い経験でした

今ヨーロッパには大量の移民が 流入しています 亡命者が置かれた状況は 矛盾する政策と 軍による対応を求める声のせいで 悪化の一歩をたどっています 私たちはコミュニケーションの設備を スイスとギリシャにある 人里離れた難民収容所にも設置しました 医療費や法律情報や アドバイスといった 必要な情報を提供するためです こういった設備は とても重要です インターネットの情報のおかげで 危険なルートでも安全が確保できますが こういった情報は検閲され 次第に 情報を提供すること自体が 違法になりつつあります

そして これが自作ネットワークや ベルリンのスイス大使館の 屋上に設置したアンテナ そして “Can You Hear Me?”プロジェクトにつながります 制限なくネットに接続できることを 当たり前と思ってはいけません 自分なりの接続環境を作り 平等に接続できる世界という 理想を求めて戦うべきです これは 私たちが ものを言えない状況を乗り越え 敵対する政治勢力が生んだ分裂を 乗り越えるためには不可欠です この経験が持つ「改革の力」に 本当の意味で身をさらして初めて 偏見や疎外を乗り越えられるのです

ありがとう

(拍手)

(ブルーノ・ジュッサーニ) ありがとう マティアス 芸術家コンビの もう1人にも 来ていただきました クリストフ・ワクター ステージにどうぞ

(拍手)

まず 細かい点ですが 教えてください ホテルの名前は 適当なものではないですよね ロマ語で「ジェレム」は 特別な意味を持っていますから

(マティアス・ユード)はい 『ジェレム・ジェレム』はロマの公式賛歌で 「私は旅した 長い道のりを」という意味です

(ブルーノ)先ほどの話に 付け加えたいのですが お二人は最近レスボス島に行って 2日前 帰ってきたばかりですね ギリシャでは この数か月 難民が何千人も 流入し続けています どんな様子でしたか? そこで何をしましたか?

(クリストフ・ワクター)レスボス島は ギリシャの島の中でも トルコに近く 滞在中にも たくさんの亡命者が 定員オーバーの ゴムボートでやって来ていて 上陸後は 放置されていました 彼らはサービスの多くを受けられません 例えばバスの切符の購入や ホテルへの宿泊は 許可されていません だから文字通り路上で寝る 家族も多いんです そこで 基本的な通信手段を提供するため ネットワークを設置しました その理由は 私たちは難民について 話し合うだけでなく 彼らに話しかける必要があると 思ったからです そして 話しかけることで これが人間の問題であり 彼らの暮らしや 生きるための苦労の 問題だということがわかるのです

(ブルーノ)そして 彼らからも 話せるようにしているんですね クリストフ 参加していただいて ありがとうございました マティアス 話をしていただいて ありがとうございました

(拍手)

A year ago, we were invited by the Swiss Embassy in Berlin to present our art projects. We are used to invitations, but this invitation really thrilled us. The Swiss Embassy in Berlin is special. It is the only old building in the government district that was not destroyed during the Second World War, and it sits right next to the Federal Chancellery. No one is closer to Chancellor Merkel than the Swiss diplomats.

(Laughter)

The government district in Berlin also contains the Reichstag -- Germany's parliament -- and the Brandenburg Gate, and right next to the gate there are other embassies, in particular the US and the British Embassy.

Although Germany is an advanced democracy, citizens are limited in their constitutional rights in its government district. The right of assembly and the right to demonstrate are restricted there. And this is interesting from an artistic point of view. The opportunities to exercise participation and to express oneself are always bound to a certain order and always subject to a specific regulation. With an awareness of the dependencies of these regulations, we can gain a new perspective. The given terms and conditions shape our perception, our actions and our lives.

And this is crucial in another context. Over the last couple of years, we learned that from the roofs of the US and the British Embassy, the secret services have been listening to the entire district, including the mobile phone of Angela Merkel. The antennas of the British GCHQ are hidden in a white cylindrical radome, while the listening post of the American NSA is covered by radio transparent screens.

But how to address these hidden and disguised forces? With my colleague, Christoph Wachter, we accepted the invitation of the Swiss Embassy. And we used this opportunity to exploit the specific situation.

If people are spying on us, it stands to reason that they have to listen to what we are saying.

(Laughter)

On the roof of the Swiss Embassy, we installed a series of antennas. They weren't as sophisticated as those used by the Americans and the British.

(Laughter)

They were makeshift can antennas, not camouflaged but totally obvious and visible. The Academy of Arts joined the project, and so we built another large antenna on their rooftop, exactly between the listening posts of the NSA and the GCHQ.

(Laughter)

Never have we been observed in such detail while building an art installation. A helicopter circled over our heads with a camera registering each and every move we made, and on the roof of the US Embassy, security officers patrolled. Although the government district is governed by a strict police order, there are no specific laws relating to digital communication. Our installation was therefore perfectly legal, and the Swiss Ambassador informed Chancellor Merkel about it. We named the project "Can You Hear Me?"

(Laughter)

The antennas created an open and free Wi-Fi communication network in which anyone who wanted to would be able to participate using any Wi-Fi-enabled device without any hindrance, and be able to send messages to those listening on the frequencies that were being intercepted. Text messages, voice chat, file sharing -- anything could be sent anonymously. And people did communicate. Over 15,000 messages were sent. Here are some examples.

"Hello world, hello Berlin, hello NSA, hello GCHQ."

"NSA Agents, Do the Right Thing! Blow the whistle!"

"This is the NSA. In God we trust. All others we track!!!!!"

(Laughter)

"# @ nonymous is watching # NSA # GCHQ - we are part of your organizations. # expect us. We will # shutdown"

"This is the NSA's Achilles heel. Open Networks."

"Agents, what twisted story of yourself will you tell your grandchildren?"

"@ NSA My neighbors are noisy. Please send a drone strike."

(Laughter)

"Make Love, Not cyberwar."

We invited the embassies and the government departments to participate in the open network, too, and to our surprise, they did. Files appeared on the network, including classified documents leaked from the parliamentary investigation commission, which highlights that the free exchange and discussion of vital information is starting to become difficult, even for members of a parliament. We also organized guided tours to experience and sound out the power constellations on-site. The tours visited the restricted zones around the embassies, and we discussed the potential and the highlights of communication.

If we become aware of the constellation, the terms and conditions of communication, it not only broadens our horizon, it allows us to look behind the regulations that limit our worldview, our specific social, political or aesthetic conventions.

Let's look at an actual example. The fate of people living in the makeshift settlements on the outskirts of Paris is hidden and faded from view. It's a vicious circle. It's not poverty, not racism, not exclusion that are new. What is new is how these realities are hidden and how people are made invisible in an age of global and overwhelming communication and exchange. Such makeshift settlements are considered illegal, and therefore those living in them don't have a chance of making their voices heard. On the contrary, every time they appear, every time they risk becoming visible, merely gives grounds for further persecution, expulsion and suppression. What interested us was how we could come to know this hidden side. We were searching for an interface and we found one. It's not a digital interface, but a physical one: it's a hotel.

We named the project "Hotel Gelem." Together with Roma families, we created several Hotel Gelems in Europe, for example, in Freiburg in Germany, in Montreuil near Paris, and also in the Balkans. These are real hotels. People can stay there. But they aren't a commercial enterprise. They are a symbol. You can go online and ask for a personal invitation to come and live for a few days in the Hotel Gelem, in their homes, eating, working and living with the Roma families. Here, the Roma families are not the travelers; the visitors are. Here, the Roma families are not a minority; the visitors are.

The point is not to make judgments, but rather to find out about the context that determines these disparate and seemingly insurmountable contradictions. In the world of globalization, the continents are drifting closer to each other. Cultures, goods and people are in permanent exchange, but at the same time, the gap between the world of the privileged and the world of the excluded is growing.

We were recently in Australia. For us, it was no problem to enter the country. We have European passports, visas and air tickets. But asylum seekers who arrive by boat in Australia are deported or taken to prison. The interception of the boats and the disappearance of the people into the detention system are veiled by the Australian authorities. These procedures are declared to be secret military operations. After dramatic escapes from crisis zones and war zones, men, women and children are detained by Australia without trial, sometimes for years.

During our stay, however, we managed to reach out and work with asylum seekers who were imprisoned, despite strict screening and isolation. From these contexts was born an installation in the art space of the Queensland University of Technology in Brisbane.

On the face of it, it was a very simple installation. On the floor, a stylized compass gave the direction to each immigration detention center, accompanied by the distance and the name of the immigration facility. But the exhibition step came in the form of connectivity. Above every floor marking, there was a headset. Visitors were offered the opportunity to talk directly to a refugee who was or had been imprisoned in a specific detention facility and engage in a personal conversation. In the protected context of the art exhibition, asylum seekers felt free to talk about themselves, their story and their situation, without fear of consequences. Visitors immersed themselves in long conversations about families torn apart, about dramatic escapes from war zones, about suicide attempts, about the fate of children in detention. Emotions ran deep. Many wept. Several revisited the exhibition. It was a powerful experience.

Europe is now facing a stream of migrants. The situation for the asylum seekers is made worse by contradictory policies and the temptation of militarized responses. We have also established communication systems in remote refugee centers in Switzerland and Greece. They are all about providing basic information -- medical costs, legal information, guidance. But they are significant. Information on the Internet that could ensure survival along dangerous routes is being censored, and the provision of such information is becoming increasingly criminalized.

This brings us back to our network and to the antennas on the roof of the Swiss Embassy in Berlin and the "Can You Hear Me?" project. We should not take it for granted to be boundlessly connected. We should start making our own connections, fighting for this idea of an equal and globally interconnected world. This is essential to overcome our speechlessness and the separation provoked by rival political forces. It is only in truly exposing ourselves to the transformative power of this experience that we can overcome prejudice and exclusion.

Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: Thank you, Mathias. The other half of your artistic duo is also here. Christoph Wachter, come onstage.

(Applause)

First, tell me just a detail: the name of the hotel is not a random name. Gelem means something specific in the Roma language.

Mathias Jud: Yes, "Gelem, Gelem" is the title of the Romani hymn, the official, and it means "I went a long way."

BG: That's just to add the detail to your talk. But you two traveled to the island of Lesbos very recently, you're just back a couple of days ago, in Greece, where thousands of refugees are arriving and have been arriving over the last few months. What did you see there and what did you do there?

Christoph Wachter: Well, Lesbos is one of the Greek islands close to Turkey, and during our stay, many asylum seekers arrived by boat on overcrowded dinghies, and after landing, they were left completely on their own. They are denied many services. For example, they are not allowed to buy a bus ticket or to rent a hotel room, so many families literally sleep in the streets. And we installed networks there to allow basic communication, because I think, I believe, it's not only that we have to speak about the refugees, I think we need to start talking to them. And by doing so, we can realize that it is about human beings, about their lives and their struggle to survive.

BG: And allow them to talk as well. Christoph, thank you for coming to TED. Mathias, thank you for coming to TED and sharing your story.

(Applause)

A year ago,/ we were invited by the Swiss Embassy/ in Berlin/ to present our art projects.//

1年前 ベルリンにある スイス大使館に招かれて 私たちの作品を展示しました

We are used to invitations,/ but this invitation really thrilled us.//

招待されるのは慣れていますが この時は本当にドキドキしました

ベルリンのスイス大使館は特別なんです

It is the only old building/ in the government district/ that was not destroyed during the Second World War,/ and it sits right/ next/ to the Federal Chancellery.//

官庁街にある建物の中で 第二次世界大戦の破壊を免れた 唯一の建物で 連邦首相府のすぐ隣にあるんです

No one is closer/ to Chancellor Merkel/ than the Swiss diplomats.//

スイスの外交官ほど メルケル首相の近くにいる人はいません

(笑)

The government district/ in Berlin also contains the Reichstag --/ Germany's parliament --/ and the Brandenburg Gate,/ and right next/ to the gate/ there are other embassies,/ in particular/ the US and the British Embassy.//

ベルリンの官庁街には “Reichstag” つまり国会議事堂や ブランデンブルク門もあります 門のそばには 大使館がたくさんあって その中にはアメリカ大使館と イギリス大使館もあります

ドイツは民主主義の点で先進国ですが 市民の憲法上の権利は 官庁街において 制限のあるものとなっています

The right of assembly/ and the right to demonstrate are restricted there.//

集会とデモの権利が 制限されているのです

And this is interesting/ from an artistic point of view.//

これは芸術家の立場から見ると 面白い状況です

The opportunities to exercise participation/ and to express oneself are always bound to a certain order/ and always subject/ to a specific regulation.//

参加する権利を行使し 自己表現するためには 常に一定の秩序に従う必要があり 何らかの制約を受けるものです

With an awareness of the dependencies of these regulations,/ we can gain a new perspective.//

そして 規制に頼っていることに 気づいてはじめて 新たな見方ができるんです

The given terms and conditions shape our perception,/ our actions and our lives.//

既存の決まりが 私たちの認識や行動や生活を 形作っているんです

And this is crucial/ in another context.//

違う状況下では これが極めて重要になります

Over the last couple of years,/ we learned/ that from the roofs of the US and the British Embassy,/ the secret services have been listening to the entire district,/ including/ the mobile phone of Angela Merkel.//

過去2年間に渡って アメリカ イギリス両大使館の屋根の上から シークレットサービスが この地区全域を盗聴していて そこにはアンゲラ・メルケル独首相の 携帯電話も含まれていたことが分かっています

The antennas of the British GCHQ are hidden in a white cylindrical radome,/ while the listening post of the American NSA is covered by radio transparent screens.//

イギリスの諜報機関GCHQのアンテナが 白い円筒形のレーダードームに隠され アメリカ NSAの情報収集拠点は 無線を通す幕で覆われています

But how to address these hidden and disguised forces?//

ただ 偽装され目に見えない勢力に どう対抗すればいいのか?

With my colleague,/ Christoph Wachter,/ we accepted the invitation of the Swiss Embassy.//

同僚のクリストフ・ワクターと共に スイス大使館からの招待に応じて

And we used this opportunity/ to exploit the specific situation.//

この機会を利用しようと考えたんです

If people are spying on us,/ it stands to reason/ that they have to listen/ to/ what we are saying.//

誰かが こちらを監視しているのなら 私たちが話していることを 向こうは聞いているはずです

(笑)

On the roof of the Swiss Embassy,/ we installed a series of antennas.//

スイス大使館の屋上に 一連のアンテナを設置しました

They weren't as sophisticated/ as those used by the Americans and the British.//

アメリカやイギリスのものほど 立派ではありません

(笑)

They were makeshift can antennas,/ not camouflaged but totally obvious and visible.//

私たちのは 空き缶で作ったアンテナで 偽装などしておらず あからさまな上に 丸見えでした

The Academy of Arts joined the project,/ and/ so we built another large antenna/ on their rooftop,/ exactly/ between the listening posts of the NSA and the GCHQ.//

ベルリン芸術アカデミーも この作品に参加してくれたので そこの屋根に もう1つ大きなアンテナを立てました NSAとGCHQの情報収集拠点の ちょうど中間地点です

(笑)

Never have we been observed in such detail/ while building an art installation.//

インスタレーション・アートを作る間に ここまで監視されたことはありません

A helicopter circled over our heads/ with a camera/ registering each and every move/ we made,/ and on the roof of the US Embassy,/ security officers patrolled.//

ヘリが私たちの頭上を旋回しながら カメラで一挙一動を記録し アメリカ大使館の屋上には 警備員が巡視していました

官庁街は厳格な警察令の 支配下にありますが デジタル・コミュニケーションについて 特に法律はありません

だから私たちのインスタレーションは 完全に合法でしたし スイス大使が メルケル首相にも このことを伝えました

We named the project "Can You Hear Me?"//

作品のタイトルは “Can You Hear Me?”(『聞こえますか?』)

(笑)

The antennas created an open and free Wi-Fi communication network/ in which anyone/ who wanted to would be able to participate using any Wi-Fi-enabled device/ without any hindrance,/ and be able to send messages/ to those listening on the frequencies/ that were being intercepted.//

この一連のアンテナで 無料の オープンWi-Fiネットワークを作りました 参加しようと思ったら Wi-Fi対応デバイスで 誰でも自由に参加でき 特定の周波数を 傍受している人々に向けて メッセージを送れます

Text messages,/ voice chat,/ file sharing --/ anything could be sent anonymously.//

テキストでも ボイスチャットでも ファイル共有でも 何でも匿名で送信できます

And people did communicate.//

そして本当に 多くの人が送信しました

Over 15,000 messages were sent.//

1万5千を超えるメッセージが 送信されたんです

Here are some examples.//

いくつか紹介しましょう

"Hello world,/ hello/ Berlin,/ hello NSA,/ hello GCHQ."//

「ハロー ワールド ハロー ベルリン ハロー NSA ハロー GCHQ」

"NSA Agents,/ Do the Right Thing!// Blow the whistle!"//

「NSA職員へ 正しいことをしよう! 内部告発しよう!」

"This is the NSA.// In God/ we trust.// All others we track!//!//!//!//!"//

「こちらNSA 我らは神を信ずる 神以外は追跡する!!!!!」

(笑)

"# @/ nonymous is watching # NSA/ # GCHQ -/ we are part of your organizations.//

「アノニマスが NSAとGCHQを 監視している 我々は組織の一部だ

# expect/ us.// We will # shutdown"/ "This is the NSA's Achilles heel.// Open Networks."//

待っていろ シャットダウンしてやろう」 「これがNSAのアキレス腱 オープンネットワークだ」

"Agents,/ what twisted story of yourself will you tell your grandchildren?"//

「職員へ 自分の孫に どんな嘘をつくつもりだ?」

"@ NSA/ My neighbors are noisy.// Please send a drone strike."//

「@NSA 隣家がうるさい ドローンで攻撃してくれ」

(笑)

"Make Love,/ Not cyberwar."//

「サイバー戦じゃなく セックスしよう」

We invited the embassies/ and the government departments/ to participate in the open network,/ too,/ and/ to our surprise,/ they did.//

私たちは各国大使館と政府機関を オープンネットワークに招待したところ 驚いたことに 参加してくれました

ネットワーク上に ファイルが現れ その中には 議会調査委員会からリークされた 機密文書も含まれていました そこから明らかになったのは 重要情報の自由なやり取りや議論が 国会議員ですら 難しくなりつつあることです

We also organized guided tours/ to experience/ and sound out/ the power constellations on-site.//

また私たちは 権力の分布を 現地で経験し 探るために ツアーを開催しました

The tours visited the restricted zones/ around the embassies,/ and we discussed the potential and the highlights of communication.//

ツアーでは大使館周辺の 制限地区を訪れて コミュニケーションの 可能性と重要性について議論しました

If we become aware of the constellation,/ the terms and conditions of communication,/ it not only broadens our horizon,/ it allows us/ to look behind the regulations/ that limit our worldview,/ our specific social, political or aesthetic conventions.//

もし私たちが権力の分布や コミュニケーションの条件に気付けば 視野が広がるだけでなく 自分の世界観や 社会的 政治的 美学的な慣習を制限する 規制の背景が見えてきます

Let's look/ at an actual example.//

実例を見てみましょう

The fate of people/ living in the makeshift settlements/ on the outskirts of Paris is hidden and faded from view.//

パリ郊外にある 仮設住宅で暮らす 人々の運命は 隠蔽され 見えにくくなっています

これは悪循環です

It's not poverty, not racism, not exclusion/ that are new.//

貧困や人種差別や排除は 目新しいものではありません

What is new is/ how these realities are hidden/ and how people are made invisible/ in an age of global and overwhelming communication and exchange.//

新しい状況とは 地球規模の圧倒的な コミュニケーションと情報交換の時代に 現実が隠され 人間が見えなくなっている 状況なんです

Such makeshift settlements are considered illegal,/ and therefore/ those living in them don't have a chance of making their voices heard.//

そんな仮設住宅地は違法とされていて そこに住む人々には 自分の声を届ける機会は ありません

On the contrary,/ every time/ they appear,/ every time/ they risk becoming/ visible,/ merely gives grounds/ for further persecution,/ expulsion and suppression.//

それどころか 人々が表に現れ 姿を晒すリスクを冒しても さらなる迫害と排除と抑圧を招く 理由を与えるだけなのです

What interested us/ was/ how we could come to know/ this hidden side.//

私たちは この隠れた部分を 知る方法に興味を持ちました

We were searching for an interface/ and we found/ one.//

何か接点がないか探していて とうとう見つけました

It's not a digital interface,/ but a physical one:/ it's a hotel.//

その接点とはデジタルなものではなく 形のあるもの すなわち「ホテル」です

We named the project "Hotel Gelem."//

プロジェクト名は『ホテル・ジェレム』

Together/ with Roma families,/ we created several Hotel Gelems/ in Europe,/ for example,/ in Freiburg/ in Germany,/ in Montreuil/ near Paris,/ and also/ in the Balkans.//

ロマ(欧州の少数民族)の一族と共に ヨーロッパ中にホテルを何軒か建てました ドイツのフライブルクや パリ近郊モントルイユ バルカン諸国にも建てました

These are real hotels.//

全部 本物のホテルで

People can stay there.//

泊まることができます

But they aren't a commercial enterprise.//

ただ これは事業ではありません

They are a symbol.//

シンボルなんです

You can go online/ and ask for a personal invitation/ to come/ and live for a few days/ in the Hotel Gelem,/ in their homes,/ eating, working and living with the Roma families.//

オンラインで招待を申請すれば ホテル・ジェレム すなわち ロマの家で数日間 食事や仕事をして 暮らすことになります

Here,/ the Roma families are not the travelers;/ the visitors are.//

ここでは ロマの一族は旅人ではなく 訪問者が旅人です

Here,/ the Roma families are not a minority;/ the visitors are.//

マイノリティは ロマの一族ではなく 訪問者の方です

The point is not to make judgments,/ but rather to find out/ about the context/ that determines these disparate and seemingly insurmountable contradictions.//

重要なのは判断することではなく この多様で 一見 解消できない矛盾を決定づける 背景に目を向けることにあります

In the world of globalization,/ the continents are drifting closer/ to each other.//

このグローバル化する世界では 大陸同士が どんどん近づいています

Cultures,/ goods/ and people are in permanent exchange,/ but at the same time,/ the gap/ between the world of the privileged/ and the world of the excluded is growing.//

文化や商品や人間の交換は 絶え間なく続きますが 同時に 恵まれた世界と そこから排除された世界の間にある 溝は深くなるばかりです

We were recently in Australia.//

最近 オーストラリアに行きました

For us,/ it was no problem/ to enter the country.//

私たちは問題なく入国できました

ヨーロッパのパスポートと ビザ そして航空券があったからです

But asylum seekers/ who arrive by boat/ in Australia are deported or taken to prison.//

でも ボートでオーストラリアに たどり着いた亡命者は 強制送還か 刑務所送りです

The interception of the boats/ and the disappearance of the people/ into the detention system are veiled by the Australian authorities.//

ボートを捕捉していることや 亡命者たちが拘留システムの中に 消えていくことは オーストラリア当局が隠しています

こういった手続きは 極秘の軍事作戦とされているんです

After dramatic escapes/ from crisis zones and war zones,/ men, women and children are detained by Australia/ without trial,/ sometimes/ for years.//

危険地帯や戦争地帯から 劇的な逃亡を図った後に 男性も女性も子どもも 裁判なしでオーストラリア政府に拘束され それが数年に渡ることもあります

During our stay,/ however,/ we managed to reach out/ and work with asylum seekers/ who were imprisoned,/ despite strict screening and isolation.//

私たちは滞在期間中に 拘留されている亡命者たちに 厳しい審査と隔離があるにも関わらず なんとか接触し 一緒に作業ができました

From these contexts was born an installation/ in the art space of the Queensland University of Technology/ in Brisbane.//

このような背景から インスタレーションが生まれました 場所はブリスベンの クイーンズランド工科大学ギャラリーです

On the face of it,/ it was a very simple installation.//

見た目は簡素なインスタレーションです

On the floor,/ a stylized compass gave the direction/ to each immigration detention center,/ accompanied by the distance and the name of the immigration facility.//

床には様式的なコンパスが それぞれ入国者収容所の 方向を指していて 距離と施設名が書かれています

But the exhibition step came in the form of connectivity.//

ただ展覧会はネットワークに 接続する形で行われました

Above every floor marking,/ there was a headset.//

床に描かれたサインの上には ヘッドホンがあります

Visitors were offered the opportunity/ to talk directly/ to a refugee/ who was/ or had been imprisoned in a specific detention facility/ and engage in a personal conversation.//

観客は その収容所に 入所していた難民に 直接 話しかけ 個人的に 会話することになります

In the protected context of the art exhibition,/ asylum seekers felt free/ to talk about themselves,/ their story and their situation,/ without fear of consequences.//

この展覧会は 安全な環境なので 亡命者は自分自身のことや身の上話 自分が置かれた状況などを 結果を恐れず 自由に話せました

Visitors immersed themselves/ in long conversations/ about families torn apart,/ about dramatic escapes/ from war zones,/ about suicide attempts,/ about the fate of children/ in detention.//

観客は長時間 話しこんでいました 離れ離れになった家族のこと 戦場からの劇的な逃亡の様子 自殺しようとしたこと 収容された子どもたちの運命などです

Emotions ran deep.// Many wept.//

強い感情が表れ 観客の多くが泣きました

Several revisited the exhibition.//

展覧会に何度か足を運ぶ人もいました

とても力強い経験でした

今ヨーロッパには大量の移民が 流入しています

The situation/ for the asylum seekers is made worse/ by contradictory policies and the temptation of militarized responses.//

亡命者が置かれた状況は 矛盾する政策と 軍による対応を求める声のせいで 悪化の一歩をたどっています

私たちはコミュニケーションの設備を スイスとギリシャにある 人里離れた難民収容所にも設置しました

医療費や法律情報や アドバイスといった 必要な情報を提供するためです

But they are significant.//

こういった設備は とても重要です

Information/ on the Internet/ that could ensure survival/ along dangerous routes is being censored,/ and the provision of such information is becoming increasingly criminalized.//

インターネットの情報のおかげで 危険なルートでも安全が確保できますが こういった情報は検閲され 次第に 情報を提供すること自体が 違法になりつつあります

This brings us back/ to our network/ and/ to the antennas/ on the roof of the Swiss Embassy/ in Berlin/ and the "Can You Hear Me?"// project.//

そして これが自作ネットワークや ベルリンのスイス大使館の 屋上に設置したアンテナ そして “Can You Hear Me?”プロジェクトにつながります

We should not take it/ for granted to be boundlessly connected.//

制限なくネットに接続できることを 当たり前と思ってはいけません

We should start making/ our own connections,/ fighting for this idea of an equal and globally interconnected world.//

自分なりの接続環境を作り 平等に接続できる世界という 理想を求めて戦うべきです

This is essential/ to overcome our speechlessness/ and the separation provoked by rival political forces.//

これは 私たちが ものを言えない状況を乗り越え 敵対する政治勢力が生んだ分裂を 乗り越えるためには不可欠です

It is only in truly/ exposing ourselves/ to the transformative power of this experience/ that we can overcome prejudice and exclusion.//

この経験が持つ「改革の力」に 本当の意味で身をさらして初めて 偏見や疎外を乗り越えられるのです

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

Bruno Giussani:/ Thank you,/ Mathias.//

(ブルーノ・ジュッサーニ) ありがとう マティアス

The other half of your artistic duo is also here.//

芸術家コンビの もう1人にも 来ていただきました

Christoph Wachter,/ come onstage.//

クリストフ・ワクター ステージにどうぞ

(拍手)

First,/ tell me/ just a detail:/ the name of the hotel is not a random name.//

まず 細かい点ですが 教えてください ホテルの名前は 適当なものではないですよね

Gelem means something specific/ in the Roma language.//

ロマ語で「ジェレム」は 特別な意味を持っていますから

Mathias Jud:/ Yes, "Gelem, Gelem"/ is the title of the Romani hymn,/ the official,/ and it means "I went a long way."//

(マティアス・ユード)はい 『ジェレム・ジェレム』はロマの公式賛歌で 「私は旅した 長い道のりを」という意味です

BG:/ That's just/ to add the detail/ to your talk.//

(ブルーノ)先ほどの話に 付け加えたいのですが

But you two traveled to the island of Lesbos very recently,/ you're just back/ a couple of days ago,/ in Greece,/ where thousands of refugees are arriving/ and have been arriving over the last few months.//

お二人は最近レスボス島に行って 2日前 帰ってきたばかりですね ギリシャでは この数か月 難民が何千人も 流入し続けています

What did you see there/ and what did you do there?//

どんな様子でしたか? そこで何をしましたか?

Christoph Wachter:/ Well,/ Lesbos is one of the Greek islands close/ to Turkey,/ and during our stay,/ many asylum seekers arrived by boat/ on overcrowded dinghies, and/ after landing,/ they were left completely/ on their own.//

(クリストフ・ワクター)レスボス島は ギリシャの島の中でも トルコに近く 滞在中にも たくさんの亡命者が 定員オーバーの ゴムボートでやって来ていて 上陸後は 放置されていました

They are denied many services.//

彼らはサービスの多くを受けられません

For example,/ they are not allowed to buy/ a bus ticket/ or to rent a hotel room,/ so many families literally sleep in the streets.//

例えばバスの切符の購入や ホテルへの宿泊は 許可されていません だから文字通り路上で寝る 家族も多いんです

And we installed networks there/ to allow basic communication,/ because I think,/ I believe,/ it's not only/ that we have to speak/ about the refugees,/ I think/ we need to start talking/ to them.//

そこで 基本的な通信手段を提供するため ネットワークを設置しました その理由は 私たちは難民について 話し合うだけでなく 彼らに話しかける必要があると 思ったからです

And by doing so,/ we can realize/ that it is about human beings,/ about their lives/ and their struggle to survive.//

そして 話しかけることで これが人間の問題であり 彼らの暮らしや 生きるための苦労の 問題だということがわかるのです

BG:/ And allow them/ to talk as well.//

(ブルーノ)そして 彼らからも 話せるようにしているんですね

Christoph,/ thank you/ for coming to TED.//

クリストフ 参加していただいて ありがとうございました

Mathias,/ thank you/ for coming to TED/ and sharing your story.//

マティアス 話をしていただいて ありがとうございました

(拍手)

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

Swiss

『スイス人』;《the ~》《集合的に》スイス人,スイス国民

『スイスの』;スイス人の

embassy

〈C〉『大使館』

〈U〉大使の任務(職)

〈C〉《集合的に》大使館員

〈C〉使節団

Berlin

ベルリン(もとドイツの首都で,現在は東西ドイツ領に分かれる)

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

invitation

〈U〉〈C〉招待,案内

〈C〉(…への)『招待状』《+『to』+『名』》

〈C〉(…を)勧誘(誘惑)するもの《+『to』+『名』》

thrill

(喜び・恐れ・興奮などで)『ぞくぞくする感じ』,ぞっとする(わくわくする)感じ,スリル

『ぞくぞくさせるもの』,ぞっと(わくわく)させるもの

…‘を'『ぞくぞくさせる』,ぞっと(わくわく)させる

(…に)ぞくぞくする,ぞっとする,わくわくする《+at(to)+名》

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

district

(特別な目的のために区分された州・都市などの)『地区』,区域

(ある特色・機能をもつ)『地域』,地方

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

world war

『世界大戦』

federal

(国・州などが)『連邦の』,連邦制の

《F-》『米国連邦国家の』,米国国家の

《F-》(南北戦争当時の)北部同盟の

(南北戦争当時の)北部同盟支持者,北軍兵

chancellery

chancellorの地位(事務局)

大使館(領事館)事務局

no one

『だれも』…『ない』

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

chancellor

(西独・オーストリアなどの)首相

(アメリカのいくつかの大学で)総長,学長

《米》衡平法裁判所(court of equity)の判事

(国王などの)秘書;(外交官の)一等書記官

各種の高官の称号

diplomat

外交官;外交家

駆け引きのじょうずな人

laughter

『笑い』,笑い声

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

parliament

『議会』,『国会』

《通例P-》《英》議会

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

advanced

進出した,前進した

進歩した

上級の,高等の

(時が)進んだ,進行した

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

constitutional

体質の,生まれつきの;構成上の

憲法の,立憲の

《話》健康のための散歩

assembly

〈C〉(特定の目的をもった)『集会』,『会合』,会議

《A-》(米国州議会の)下院

〈U〉(機械の)組立て;〈C〉組立て部品

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

restrict

…‘を'『制限する』,限定する(limit)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

artistic

『芸術的な』

芸術(美術)の;芸術家(美術家)の

美的感受性に富む,美のわかる

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

opportunity

『機会』,好機

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

participation

(…への)参加,加入《+『in』+『名』》

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

oneself

《強意用法》《主語のoneと同格に用いて》『自分自身が(で)』,みずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『自分自身を(に)』,自分を(に)

bind

(ひもで)…'を'『しばる』,'を'束ねる《+『up+『名』,+『名』+『up』》

(旨で)旨'を'『巻く』《+『名』+『with』+『名』》;〈包帯など〉'を'巻きつける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

《しばし受動熊で》〈人〉'を'『束縛する』,‘に'義務を負わせる

(氷・セメントなどで)…'を'固める,凝結させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'年季奉公に出す,徒弟(‘とてい')に出す

〈本〉'を'とじる,製本する,装丁する

〈衣服が〉…'を'窮屈にする,締めつける

〈織物など〉‘に'へりをつける,縁飾りをつける

〈土・砂などが〉固まる,締まる

拘束する,拘束力がある

〈衣服が〉窮屈である

厄介な事熊

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

regulation

〈C〉『規則』,『規定』;法規,条例

〈U〉(…の)『規制』,『調整』《+『of』+『名』》

正規の,規定どおりの

awareness

(…に)気づいていること《+『of』+『名』(do『ing,wh-節』)》,(…であることに)気づいていること《+『that節』》

dependency

属国,保護領

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

lives

lifeの複数形

crucial

決定的な;(…にとって)決定的な《+『for』(『to』+『名』)》

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

secret service

《the S- S-》《米》財務省[秘密]検察局(大統領の護衛と紙幣為造者の摘発をする)

《the~》(政府の)秘密情報部(機関)

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

antenna

(虫などの)触角

《特に米》(ラジオ・テレビなどの)アンテナ(aerial)

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

cylindrical

円筒[形]の

radome

レーダーアンテナ収納ドーム

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

NSA

National Security Agency(米国の)国家安全保障局

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

hidden

隠された,隠れた,秘密の

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

exploit

英雄的行為,めざましい功績,偉業

〈鉱山・資源など〉‘を'『開発する』;〈機会など〉‘を'活用する

…‘を'食いものにする,搾取する

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

spy

『スパイ』,諜報員

『探偵』(たんてい),密偵

(敵意をもって)(…を)『ひそかに見張る』(探る)《『+on』(『upon』)+『名』》

(…について)調査する,せんさくする《+『into』+『名』》

…‘を'見つけ出す,探り出す《『out』+『名』,+『名』+『out』》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

saying

〈U〉『言うこと』;〈C〉言われた言葉

〈C〉『格言』,『ことわざ』

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

makeshift

当座の間に合わせの物,代用品

間に合わせの,一時しのぎの

camouflage

(戦場での)擬装,迷彩

(一般に)カムフラージュ,変装,見せかけ(動物の保護色など)

…'を'擬装で隠す;…‘に'迷彩を施す

totally

全く,完全に

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

academy

『学士院』,芸術院

《米》私立中等(高等)学校

(特殊教育の)専門学校

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

rooftop

屋根;屋上

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

installation

〈U〉(装置などの)取り付け,据え付け

〈U〉(人の)任命,就任

〈C〉(取り付けた)装置,設備

〈C〉軍事施設

helicopter

『ヘリコプター』

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

register

(氏名・出生などの)『登録』,届;記録

『登記簿』,『名簿』

自動登録機,レジスター

(暖房器などの)空調装置

音域,声域;(オルガンの)ストップ・…‘を'『記録する』

…‘を'『登録する』,名簿に入れる

〈郵便物〉‘を'書留にする

〈機械・器具が〉…‘を'示す

〈表情などが〉‘を'表す

(…に)『記録する』,記名する《+『with』(『at, in』)+『名』》

(…に)『登録する』;(…の)選挙人名簿に登録する;(…に)入学する《+『for』+『名』》

〈物事が〉心に残る,感銘を与える

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

officer

『公務員』,役人(会社などの)役員,幹部

『将校』,士官

(商船の)高級船員;船長(master)

警官,巡査(policeman)

govern

(権限をもって)〈国・国民〉‘を'『治める』,統治する

〈学校など〉‘を'管理する,運営する

〈行動など〉‘を'『左右する』,‘に'影響を及ぼす

〈感情など〉‘を'抑制する,抑える

〈文法で〉〈目的語〉‘を'支配する

『治める』,統治する,支配する

管理する,運営する

strict

(人が)『厳しい,』厳格な

<規則などが>『厳しい,』厳重な

『厳密な,』正確な

完全の,絶対の

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

ambassador

『大使』

inform

〈人〉‘に'『知らせる』

《inform+名+with+名》(思想・感情を)〈人・人の心〉‘に'吹き込む

(…の)情報を提供する,(…を)密告する《+『on』(upon, against)+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

hindrance

〈C〉(…を)じゃまする人(物),(…の)妨害物《+『to』+『名』》

〈U〉妨害,じゃま

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

frequency

〈U〉しばしば起こること,頻繁

〈C〉頻度数,(発生・生現などの)回数

〈C〉振動数;周波数

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

chat

〈C〉〈U〉《話》(…との)『雑談』,談笑《+『with』+『名』》

〈C〉ツグミ類の鳥

(…について)『談笑する』《+『away』+『about』+『名』》

file

やすり

…‘に'やすりをかける;…‘を'やすりで切る(削り取る)

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

sent

sendの過去・過去分詞

agent

『代理人』;周旋人

働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤

(政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

whistle

『口笛を吹く』;口笛を吹いて合図する

『口笛のような音を出す』;笛を鳴らす;〈鳥が〉ピーピー鳴く

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈弾丸・風などが〉『ピューと音を立てて飛ぶ』,ヒューと吹く

〈曲など〉‘を'『口笛で吹く』

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘に'『口笛で合図をする』

〈矢・銃弾など〉‘を'ヒヴーと放つ

〈C〉『口笛;警笛』,汽笛;ホイッスル

〈U〉〈C〉(笛・風・鳥などの)ピューという音《+of+名》

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

@

単価…で

…につき

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

shutdown

(工場などの一時的または永久的)閉鎖,操業停止

Achilles

アキレス(Homer作のIliadに出てくるギリシア軍の勇将;右足首以外は不死身であったが,ここに矢を射られ戦死をとげたという.このため,「唯一の弱点」のことを『Achilles' heel』「アキレスのかかと」という.《米》では'(アポストロフィ)をつけない)

heel

(人間の足の)『かかと』

(人間以外の脊椎(せきつい)動物の)かかと

(手首に近い)手のひらの縁の肉の盛り上がった部分

(靴・靴下などの)かかとを包む部分

(靴の裏の)かかと,ヒール;《複数形で》ヒールのついた靴;ハイヒール

(形・用途・位置などの)かかと状のもの

《おもに米俗》卑劣な男

…‘の'すぐ後に付いて行く

〈靴〉‘に'かかとをつける

すぐ後から付いて行く

twist

〈糸・なわなど〉‘を'『よる』,より合わせる(糸・なわなどに)…‘を'よる《+名+into(in)+名》

…‘を'よって(より合わせて)作る,なう;(…から)…‘を'よって作る《+名+from(out of)+名》

(…に)…‘を'『巻きつける』,からませる《+名+around(《英》round)+名》

…‘を'ねじる,よじる,しぼる

〈足首・関節など〉‘を'くじく,ねんざする

〈顔など〉‘を'ゆがめる,しかめる;…‘を'ゆがめて(…に)する《+名+into+名》

〈言葉・文章など〉‘の'意味を曲げる,‘を'曲解する

…‘を'回す,‘の'向きを変える

よじれる,ねじれる,ゆがむ

身をよじる,体をくねらせる

縫うように進む,曲がりくねる

〈C〉『より合わせること』;より,ねじれ,ゆがみ

〈C〉より合わせて(よって)作ったもの(より糸,なわ,ねじりパンなど)

〈C〉(意味などを)ねじ曲げること,曲解,こじつけ

〈C〉(道・流れなどの)曲がり,くねり

〈C〉(性質・態度などの)癖,かたより,ゆがみ

〈C〉(事件などの)意外な急変

〈C〉〈U〉(野球で)カーブ,曲球

《the ~》ツイスト(1960年代に流行した体をひねって踊る強烈な踊り)

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

noisy

(人・声などが)『やかましい』,騒々しい,(場所が)騒音に満ちている

drone

(特にミツバチの)雄バチ

(他人の労働で生活する)怠け者,ごくつぶし

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

make love

セックスする、性行為をする、性交する、愛の営みをする : 「make love to 誰々」「誰々とセックスをする」:「make love with」の用法は1990年くらいから少しずつ使われるようになりましたが、「make love to」の方が圧倒的に主流です。

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

classify

(…に)…'を'『分類する』,類別する,等級別にする《+『名』+『into』+『名』》

《米》〈文書類など〉'を'機密扱いにする

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

leak

〈U〉〈C〉(水・空気・ガス・光などが)漏れること

〈C〉『漏れ口』,漏れ穴

〈C〉(秘密などの)漏えい《+『of』+『名』》

〈船・屋根・容器などが〉漏る

(…から,…の中へ)〈水・空気・ガス・光など〉漏れる《+『from』(『into』)+『名』》

〈秘密などが〉漏えいする《+『out』》

〈水・空気・ガス・光など〉‘を'漏らす

(…に)〈秘密など〉‘を'漏らす《+『名』+『to』+『名』》

parliamentary

議会の,議会に関する

議会の規則に従った,議会方式の;議会で制定された

investigation

(…の)『調査』,取り調べ,研究《+『of』(『into』)+『名』》

commission

〈U〉〈C〉(任務・職権などの)『委任』,委託;委任状

〈U〉(委任された)『権限』,職権

〈C〉(権威筋より発せられた)命令,指示;責務,任務

〈C〉委任された仕事,頼まれごと;(…する)依頼,注文《+『to』 do》

《集合的に》『委員会』

〈U〉(商取引における)委託,代理業務;〈C〉(委託業務に対する)手数料,口銭

〈U〉(犯罪などを)犯すこと,遂行《+『of』+『名』》

〈C〉将校任命辞令;〈U〉将校の地位

〈人〉‘に'権限を与える,特別の依頼をする

〈将官に〉任命する

〈船など〉'を'就航させる

highlight

(絵画・写真などの)最も明るい部分,ハイライト

(事件・勝負・ニュースなどの)最も目立つ部長,最高潮の場面,呼び物

〈絵画・写真などの部分〉‘に'ハイライトを置く,…‘を'最も明るくする

…‘を'強調する

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

constellation

〈C〉星座;星位

〈C〉《胚》(名士・美女などの)きら星のように並んだ集まり《+『of』+『名』》

restricted

(特定の範囲に)制限された,限られた(limited)

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

broaden

…'を'広くする,広げる

広くなる,広がる

horizon

『地平線』,水平線

(知識・関心・経験などの)限界,範囲,視野《+『of』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

aesthetic

美学の;審美的な

convention

〈C〉(宗教上や政治上など特別の目的の)『会議』,協議会;《米》党大会(大統領候補者の指名・綱領決定などをする)

〈C〉〈U〉『因習』,慣例,しきたり

〈C〉(国家間などの)協定,申し合わせ

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

fate

〈U〉『運命』,宿命

〈U〉(運命として定められた)最期,破滅,(特に)死

《the Fates》(ギリシア・ローマ神話の)運命の三女神(Clotho,Lachesis,Atropes)

…‘を'運命づける

settlement

〈U〉〈C〉(…の)『解決』,決定《+『of』+『名』》;定住,身を固めること

小さい村,村落,部落

〈U〉植民,移民

〈C〉(特に初期の)植民地(colony)

〈U〉(貸借などの)清算,決算

(またsettlement house)〈C〉(恵まれない人の福祉に奉仕する)隣保事業館,セツルメント

fade

『衰える』,弱くなる;〈植物が〉『しぼむ』,しおれる

『しだいに消えてゆく』,姿を消す《+『away』》

…‘を'衰えさせる;…‘の'色をあせさせる

〈映像・音〉をしだいに消えさせる

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

vicious circle

悪循環

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

racism

民族主義,民族的優越感;人種差別

民族主義政策(体制)

exclusion

(…を…から)除外すること《+『of』+『名』+『from』+『名』》

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

overwhelming

圧倒的な,抗しきれない

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

illegal

『不法の』,違法の

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

merely

『単に』,ただ

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

persecution

(特に,異教徒・異種族・政治的対抗者などに対する)迫害,虐待;迫害(虐待)されている状態

expulsion

(…の…からの)排除;追放;除名《+『of』+『名』+『from』+『名』》

suppression

(反乱などの)鎮圧;(感情・欲望などの)抑制;(活動の)制限;(発表の)禁止《+of+名》

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

hotel

『ホテル』,旅館

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

enterprise

〈C〉(特に勇気を要したり困難を伴う)『事業』,企て(project);大仕事

〈U〉『進取の気性』,冒険心

〈C〉商事会社(business firm)

symbol

(…の)『象徴』,シンボル《+of+名》

(化学・数学・音楽などに用いられる)(…を表す)『記号』,符号《+for+名》

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

visitor

(…からの)『訪問者』,泊り客,見物人《+from+名》,(…への)訪問者《+to+名》

minority

〈C〉《単数形で》(ある集団または全体を構成する,多数に対する)『少数』,(過半数に対する)半数以下

(またminority group)〈C〉(人種・宗教・政治の点で)『少数派』,少数グループ,少数民族

〈U〉未成年;未成年期

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

disparate

本質的に異なる,異種の

seemingly

うわべは,表面は(apparently)

一見したところ,なるほど

insurmountable

越すことのできない,打ち勝ちがたい

contradiction

否定,反ばく

矛盾

continent

自制した,禁欲的な

drift

〈U〉『漂流』,流されること

〈U〉(海流・風などの)流れ,流れの方向(速度)

〈C〉(雪・砂などの)吹きだまり,漂流物《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉大勢,風潮,傾向

〈U〉《時にa~》主意,主旨

(水・風に)『流される』,漂う,漂流する

あてもなくさまよう

〈雪・砂などが〉吹き積もる,吹きだまりになる

〈砂・雪など〉‘を'吹き寄せる;〈場所〉‘を'吹きだまりにする

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

permanent

『永久の』不変の

常設の,常置の

=permanent wave

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

privileged

特権(特典)のある

exclude

(…から)…‘を'『除外する』,除く《+『名』+『from』+『名』》

〈見込み・可能性・疑いの余地など〉‘を'全く許さない

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

passport

『旅券』,パスポート

《単数形で》(…への)手段,便法《+『to』+『名』》

visa

(旅券の)査証,ビザ,入国出国許可

〈旅券〉‘を'査証する

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

ticket

『切符』,乗車券;入道券;(宝くじなどの)券,礼

正礼,値札,(品質・サイズなどの)表示札

《米》(政党の)公認候補者名簿

《話》交通違反者の呼び出し状

《the~》《 話》必要なもの

《the ~》《古・話》正しいこと,適なこと

〈商品〉に正礼(品質標示礼など)を付ける,〈荷物など〉‘に'礼を付ける

《米》…‘に'交通違反の呼び出し状を渡す

asylum

(孤児・盲人・狂人などの)保護収容所,養育院;〈U〉避難,保護

seeker

(…の)追求者,探求者《+『for』(『after, of』)+『名』》

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

deport

(…のように)〈自分〉‘を'ふるまう

〈好ましくない外国人〉‘を'国外に追放する

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

interception

(進行するものを)途中で捕まえること,横取り;しゃ断,妨害

disappearance

消失,消滅;〈U〉〈C〉失踪(しっそう)

detention

引き留めること,遅延

(判決前の)留置,拘置

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

veil

{C}『ベール』(婦人が顔を隠したり,装飾のために頭・肩などにまとう)

{C}(修道女の)ベール;修道女の生活

{U}《しばしばa ~》(…を)おおい隠すもの(たれ幕,とばりなど),仮面,口実《+of+名》

…‘を'ベールでおおう;…‘を'おおい隠す

Australian

オーストラリアの,豪州の

オーストラリア人

procedure

〈U〉(行動・事情などの)『進行』,進展

〈C〉(進行上の)『手順』,方法;(法律上の)『手続き』

declare

…'を'『宣言する』,告示する,公表する

…'を'『強調する』

〈課税品・所得額〉'を'申告する

…'を'明らかにする(reveal);…'を'表す(show)

(…に反対,賛成を)表明する,声明する《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』(do『ing』)》

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

detain

…‘を'引き留める,待たせておく

〈人〉‘を'監禁する,留置する

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

imprison

…‘を'『投獄する』,刑務所に入れる;…‘を'監禁する,閉じ込める

despite

…『にもかかわらず』

screening

映写,上映

(志願者などを)選抜すること

isolation

孤立;隔離,分離

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

Brisbane

ブれズベーン(オーストリア東部の海港)

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

compass

〈C〉『羅針盤』

《通例複数形で》(円を描く)『コンパス』

周囲;(…の)範囲,限界《+『of』+『名』》

…'を'取り囲む

…'を'ぐるりと回る

〈目的など〉'を'達成する

…'を'理解する

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

immigration

(外国からの)移住,入植

《集合的に》入植者,移民国

accompany

〈人など〉‘に'『同行する』,随行する,ついて行く(go with)

…‘に'『伴って起こる』;(…を)…‘に'半わせる,添える《+『名』+『with』+『名』》

〈歌・歌手〉‘の'『伴奏をする』

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

facility

〈U〉『容易さ』,便利さ

〈C〉〈U〉(…の)能力,(…する)才能《+『in』(『for』)+『名』(do『ing』),『with』+『名』》

〈C〉便,便宜;《複数形で》(…のための)施設,設備《+for+名》

exhibition

〈U〉《an~》(感情などを)『表すこと』,示すこと,(能力などの)『発揮』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『展覧会』,展示会《+『of』+『名』》

〈C〉《英》奨学金

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

marking

〈U〉(…に点・マークなどの)印をつけること;(…の)彩点《+『fo』+『名』》

〈C〉印,点;(鳥獣の皮・毛などの)はん点,模様

headset

=headphone

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

refugee

(特に祖国からの)亡命者,逃亡者,難民

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

immerse

(水・液体に)…‘を'浸す,沈める・(仕事などに)〈自分〉‘を'没頭させる《+one『self』+『in』+『名』(do『ing』)》

tear

…‘を'『裂く』,破る,引き裂く

〈穴など〉‘を'『破って作る』

(…から)…‘を'『引きはがす』,もぎ取る,引き離す《+away(down, off, out, up)+名+from(out of, off)+名》

《受動態》で‥‘を'裂いて(破って)分ける《+名+apart》

裂ける,破れる

《副詞[句]を伴って》激しく(大急ぎで)動く,突進する

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

wept

weepの過去・過去分詞

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

migrant

移住者;渡り鳥

渡り歩く(migratory)

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

contradictory

矛盾した,正反対の;(…に)矛盾する《+『to』+『名』》

否定の言葉,反ばく

矛盾した事実

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

temptation

〈U〉『誘惑』

〈C〉誘惑するもの

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

remote

『遠い』,『遠方の』;(…から)遠く離れた《+『from』+『名』》

(時間的に)遠い

《しばしば最上級で》かすかな,わずかの(slight)

(一般に)関係の薄い;(…から)かけ離れた《+『from』+『名』(『wh-節』)》

Switzerland

『スイス』(ヨーロッパ中部の共和国;首都はBern)

Greece

『ギリシア』(首都はAthens)

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

guidance

『指導』;『案内』;指揮

(児童・生徒の)指導,ガイダンス

(宇宙船・ミサイルなどの)誘導[装置]

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

censor

(出版・報道・映画・手紙などの)検閲官

(古代ローマの)監察官

(人の)批評をする人,やかまし屋

…'を'検閲する

provision

〈U〉(…の)『供給』,『支給』《+『of』+『名』》

〈U〉(…に備える)『用意』,準備《+『for』(『against』)+『名』》

《複数形で》食糧[供給]

〈C〉(法律などの)条項,規定

…‘に'食糧を供給する

increasingly

ますます,だんだん(more and more)

grant

〈人の願いなど〉『‘を'かなえる』,聞き入れる

《文》(特に正式に)〈許可など〉『‘を'与える』,〈権利・年金など〉‘を'授与する,授ける

〈事柄など〉『‘を'認める』

〈C〉(…への,…からの)補助金,奨学金《+『to』(『toward,from』)+『名』》

〈U〉(…の)授与,交付;(…の)許可,承認《+『of』+『名』》

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

separation

〈C〉〈U〉『分離』,分割,別離・〈C〉(…の分離(分割)した箇所《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(合意・判決に基づく)夫婦の別居

provoke

…‘を'『怒らせる』,不きげんにする

(ある状態に)〈人〉‘を'『駆り立てる』

〈けんか・議論・関心・感情など〉‘を'『引き起こす』

rival

(…の)『競争相手』,『ライバル』,好敵手,匹敵する人(物)《+『for』+『名』》,(…における)競争相手《+『in』+『名』》

競争する,対坑する

(…において)…‘と'『競争する』《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《おもに米》(…において)…‘に'『匹敵する』,‘と'肩を並べる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

prejudice

〈U〉〈C〉(…に対する不当な)『先入観』,『偏見』《+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に好意的な)先入観,えこひいき《+『in favor of』+『名』》

〈U〉不利益,損害

(…に対して)…‘に'(不当な)『先入観』(『偏見』)『を抱かせる』《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に対して)…‘に'(好意的な)先入観を抱かせる《+『名』+『in favor of』+『名』,+『名』+『in』 one's 『favor』》

〈立場,見込みなど〉‘を'損なう,だいなしにする

applause

『拍手かっさい』;称賛

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

duo

=duet

《話》一組,一対

onstage

舞台の上で(に)

舞台上の

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

hymn

(神をたたえる)『賛美歌』,聖歌

(一般に)賛歌,喜び(感謝)の歌

〈神〉‘を'賛美歌を歌ってたたえる;〈賛美の念〉‘を'賛美歌を歌って表す

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

Greek

〈C〉『ギリシア人』

〈U〉『ギリシア語』

〈U〉訳の分からない言葉

ギリシアの;ギリシア人の;ギリシア語の

Turkey

『トルコ』(小アジアからヨーロッパ南東部にわたる共和国;首都は Ankara)

landing

上陸,着陸,着水

(貨物の)陸揚げ

(また『landing place』)着陸(上陸)場,荷揚げ場,埠頭(ふとう)

(階段の)おどり場

completely

『完全に』,全く,十分に

deny

…‘を'『否定する』,否認する

《『deny』+『名』+『名』=『deny』+『名』+『to』+『名』》〈人・自分〉‘に'…‘を'与えない(許さない)

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

rent

(…の)ほころび;裂け目;嶺れ目,割れ目《+『in』+『名』》

(…の)分裂,不和《+『in』+『名』》

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

human being

人,人間

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

関連動画