TED日本語 - アンダース・フィエルベルク: 浜辺に打ち上げられた名も無き2人の人生の物語

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ノルウェーとオランダに打ち上げられた2つの遺体は、全く同じウェットスーツを身につけていました。この話を聞いて、ジャーナリストのアンダース・フィエルベルクと写真家トム・クリスチャンセンは、「2人は誰なのか?」という疑問の答えを探し始めました。彼らが発見し、ノルウェーの「ダグブラデット紙」で報道したのは、すべての人に名前があり、すべての人に物語があり、すべての人がかけがえのない人格なのだという事実です。

Script

さてここは リスタの近くにある イエッラという小さな村です この村はノルウェーの最南端にあります 2015年1月2日 この村に住む老人が 直前に起きた嵐で 浜辺に何か打ち上がっていないか 見に行きました 波打ち際の 草むらの一区画で 老人はウェットスーツを発見 色は灰色と黒で 高価なものではなさそうでした スーツの脚の部分から 2本の白骨が突き出ていました 明らかに人間の遺骸でした

ノルウェーでは通常 遺体の身元はすぐに判明します 警察が捜査を開始し 地元の失踪届けや 国内の失踪届けを調べ 関連のありそうな事故を捜査しましたが 何も見つかりませんでした そこでDNA鑑定を行い インターポール経由で 国外の失踪者捜査を開始 成果なし 誰にも探してもらえない人のようでした 人知れぬ人生は 無縁墓地に葬られようとしていました ところが1ヶ月後 ノルウェー警察は オランダ警察から連絡を受けました 2ヶ月前にオランダ警察は 1人の遺体を発見 同じウェットスーツを着ていて 身元不明だと言うのです ただウェットスーツの出所は 何とか突き止めました スーツに縫い付けられた 無線識別チップのおかげです そこで分かったのは スーツは2着とも1人の人物が 同時購入したもので 購入日は2014年10月7日 購入場所は英仏海峡のフランス側 カレー市でした でも分かったのはこれが全て 支払いは現金でした 店に監視カメラの映像もなく 未解決事件となりました

この話を聞いて 私と同僚カメラマンの トム・クリスチャンセンは 一体この2人は誰だろう? という疑問にかられました 当時の私はカレーについて ほとんど知りませんでしたが すぐさま わかったことは カレーは要するに 次の2つの点で有名なのです 第1に 欧州大陸の中で 英国に最も近い場所であり 第2に多くの移民や難民が カレー・キャンプに滞在し 必死に英国に 渡ろうとしていることでした ここで2人の身元について 説得力のある仮定が成り立ち 警察でも同じように考えていました もしヨーロッパに しっかりしたコネがある人が フランスの海岸で失踪すれば すぐに身元がわかるはずです 友人か家族が失踪届けを出し 警察が捜索して マスコミの知るところとなり その人のポスターが 街頭に張り出されるはずです 跡形もなく 姿を消すなんて 困難です でも仮にシリアの戦火から逃れた人が 家族も ― 生き残っていればの話ですが その人の所在を知らず この難民キャンプに不法滞在して 日々行き交う数千の人々に 紛れていたとしたら… そんな状況で ある日いなくなっても 誰も気づかないでしょう 誰も失踪に気づかなければ 警察が捜索に来るわけがありません

そしてまさにそんな状況が シリア出身の シャーディ・オマール・カターフと ムアーズ・アル・バーキに降りかかりました

2015年4月 私とトムは 初めてカレーに行きました 調査すること3ヶ月 やっとわかってきたのは この2人の若者が シリアの戦火を逃れ カレーで立ち往生した挙句 ウェットスーツを買い 英仏海峡を泳いで 英国に渡ろうとして 溺死するまでの経緯です ここでお話しさせていただくのは すべての人に名前があり すべての人に物語があり すべての人が かけがえのない誰かだという事実です 一方 これはヨーロッパの 難民の現状に関する話でもあります

これが調査の開始地点 カレーです 現在ここに3,500~5,000人が 暮らしています ひどい環境です ヨーロッパ最悪の難民キャンプと 呼ばれてきました 食料は乏しく 水も手に入りにくい 十分な医療もありません 疾病や感染症が広がっています 彼ら全員 ここで足止めされます 英国に渡って 亡命するためです 方法は フェリーや ユーロトンネルに向かう トラックの荷台に隠れるか 夜にトンネル・ターミナルに忍び込み 列車の中に隠れようとします

大半の人が英国を目指すのは 言葉が分かるので 人生をやり直すのが 楽だと考えるからです 彼らの望みは 働き 勉強し 生活を続けることです 彼らの多くは高学歴の熟練労働者です カレーで難民の方々と話すと 法律家、政治家、技術者、 グラフィックデザイナー、農家、兵士だとわかります あらゆる職業の方がいます でも難民や移民の話をしていると こういった人々の 人となりは 見失われがちです 統計上の数字で話すことが多いですから

さて世界には6千万人の難民がいます 今年に入って これまでに約50万人が 地中海を横断して ヨーロッパにやって来ました そのうち約4千人が カレーに滞在しています でも これは数字に過ぎません 彼らが誰で どこから来て なぜ そこにいるのかを 数字は教えてくれません

まず1人取り上げましょう こちらは シリア出身の22歳 ムアーズ・アル・バーキです 彼について知ったのは 初めてカレーへ行った後でした 2人の遺体に関する仮説への 答えを求めて行った時です しばらくして こんな話を聞きました 英国ブラッドフォード在住の シリア人男性が もう何ヶ月も 必死で ムアーズという名の 甥を探していたというのです 明らかになった ムアーズの最後の消息は 2014年10月7日 ウェットスーツの購入日と 同じでした そこで私たちは英国へと飛び 叔父さんという人に会い 彼のDNAサンプルを取り その後 ヨルダン在住の ムアーズの近親者からも サンプルを採取しました 分析の結果 オランダの浜辺で ウェットスーツ姿で発見された遺体が ムアーズ・アル・バーキだと 確認されました この調査を進めていくうちに 私たちは ムアーズの身の上を知るようになりました 彼は1991年 シリアの首都ダマスカスに生まれ 中流家庭に育ちました 写真中央の父親は 化学技術者ですが シリアで野党だったために 獄中で11年を過ごしました 父親の投獄中 ムアーズは責任を持って 3人の妹の面倒を見ました 妹たちはムアーズを そういう人だと語りました ムアーズは電気技師になるため ダマスカス大学で学んでいました

シリア戦争突入後2年 一家はダマスカスを逃れて 隣国 ヨルダンに移りました 父親のヨルダンでの職探しは難航し 勉強を続けられなくなったムアーズの結論は 「わかった 家族を支えるために 自分にできる最善のことは どこかに移って勉強を終えて 仕事を見つけることだ」 そこでムアーズはトルコへ行きますが

トルコの大学では入学許可が下りません さらにヨルダンから難民として出国したため 再入国も許可されませんでした そこで彼は叔父さんの住む 英国に渡る決心をします なんとかアルジェリアへ行き 徒歩でリビア入りを果たします 密入出国請負業者に金を払って ボートでイタリアへと渡り そこから英仏海峡に面した カレーの隣町 ダンケルクを目指します 彼はトラックの荷台に隠れて 英仏海峡を渡ろうとしましたが 少なくとも12回失敗しています でも ある時点で彼は 希望を失ったに違いありません 生きていたことが確認できた最後の夜 彼はダンケルクにある 駅付近の安宿に泊まりました 宿泊者名簿に名前がありました 一人で泊まったようです その翌日 彼はカレーに行き スポーツ用品店に入店 夜の8時より数分前で シャーディ・カターフが一緒でした 2人ともウェットスーツを購入し 店内にいた女性が 知り得る限り 生きている彼らを見た 最後の人になりました 私たちは どこで2人が出会ったかを 突き止めようとしましたが できませんでした でも2人とも同じような身の上でした 私たちが初めてシャーディの話を聞いたのは ドイツに住む彼の従兄弟が ムアーズに関する記事のアラビア語訳を Facebookで読んだ後でした 私たちは この従兄弟に連絡しました シャーディは ムアーズより2歳年上で 彼もダマスカス育ちでした どちらかというと労働者階級で タイヤ修理店を経営後 印刷会社に勤務 大家族で生活していましたが シリア戦争初期に 爆撃で家を失いました ダマスカスのヤルムーク難民キャンプという 地区に 一家は逃れました

ヤルムークは地上最悪の 居住地と言われます 軍の爆撃を受け 包囲され ISISによる猛攻撃を受け 何年もの間 物資の供給が断たれています 去年 国連職員が訪れ 「皆が雑草を食べたので 草一本残っていない」と言いました 15万人だった人口のうち 今もヤルムークに残っているのは わずか1万8千人と推測されています シャーディと妹たちは脱出しましたが 両親は今も足止めされています

その後シャーディと妹の1人は リビアに逃れました それはカダフィ政権の崩壊後ですが リビアが本格的な内戦に突入する前でした そして リビアがある程度 治安を維持していた最後の時期に シャーディはスキューバ・ダイビングを始め ほとんどの時間を水中で過ごしていたようです 彼は完全に大海原に魅せられました だから 2014年8月下旬 もうリビアにはいられないと 覚悟を決めた時 イタリアに行けば ダイバーの職に就けると期待したのです でも現実はそう甘くありませんでした シャーディの旅路は よく分かっていません 家族との連絡が困難な時期だったからです 彼が苦労したことは分かっています 9月の終わりには 彼はフランスのどこかで 路上生活をしていました 10月7日 彼は ベルギーの従兄弟に電話をかけて 状況を説明しています 「今 カレーにいるんだけど 僕のリュックとPCを持ってきて欲しい 渡英するにも 密入国請負業者に払う金がないから ウェット・スーツを買って 泳いで渡るつもりだよ」と 従兄弟は当然 やめさせようとしましたが シャーディの携帯は電池切れとなり 再びスイッチが 入ることはありませんでした シャーディの遺体が発見されたのは ほぼ3ヶ月後 800km離れた ノルウェーの海岸 ウェットスーツ姿でした 彼はノルウェーで 葬儀の日を待っていますが 家族は誰も出席できないでしょう

シャーディとムアーズの話は 死についての物語だと 考える人も多いでしょう でも私はそうは思いません これは私たち皆に当てはまる 「2つの問い」の物語だと思うのです つまり「より良い生活とは何か」― そして「それを実現するために 何をするか」です 私にとって そして多分多くの方々にとって より良い生活が意味するのは 意義があると思うことを より多く実現できることです それは 家族や友達と もっと一緒に過ごすことかもしれないし 異国を旅することや 稼いだ金で 小洒落た新しいデバイスや スニーカーを買うことかもしれません そして どれも私たちの 手の届くところにあります

でも戦場から逃れようとする人には 2つの問いに対する答えは 全く違ったものになります より良い生活とは 安全な暮らしであり 尊厳のある生活です より良い生活とは 家が爆撃されず 誘拐される恐れがないことです より良い生活とは 子供を学校にやれること 大学に行けること あるいは ただ 就職して 自分や愛する家族を養えることです より良い生活とは 少しでも未来への可能性があることです だって戦場で可能性は ほぼ皆無なのですから それが 大きなモチベーションなのです 私にも容易に想像できます 何週間も何ヶ月もの間 下級市民と蔑まれ 路上だとか「ジャングル」という 馬鹿げた 差別丸出しの名で呼ばれる 劣悪な仮設キャンプで暮らせば ほぼ誰でも 何だってやってやる という気持ちになるでしょう もしも シャーディとムーアズが 凍るような英仏海峡の水に 足を踏み入れる瞬間 質問できたとしたら 彼らはこう言ったでしょう 「リスクを冒す価値はあるよ」 彼らには もう他の選択肢など 頭になかったからです 命知らずな行為ですが これが西暦2015年の西欧で 難民として生きるということなのです

ありがとうございました

(拍手)

ブルーノ・ジュッサーニ: ありがとう アンダース こちらがトム・クリスチャンセンです ご覧になった写真のほとんどは トムが撮影し 2人で記事を書きました トム 2人で最近 カレーに行きましたね 3度目のカレー行きでしたが それは記事の発表後のことでしたね 何か変化は? どうなっていましたか?

トム・クリスチャンセン: 初めてカレーに行ったとき 難民は約1,500人でした 皆 苦労していましたが 前向きで 希望を持っていました でも前回にはキャンプが広がり 難民は4~5千人になっていたでしょうか そして滞在が長期化し 複数のNGOが来て 小さな学校が開校していました ただ問題なのは 難民の滞在期間が さらに長期化し フランス政府が国境封鎖を強化したことで 「ジャングル」が巨大化し 難民たちの間に 絶望と諦めが広がっていることです

ブルーノ:キャンプを再訪する予定は? 報道を続けますか?

トム:もちろんです

ブルーノ:アンダース 私は元ジャーナリストです 私が驚いたのは 出版業会が予算を削減し 危機的状況にある中で ダグブラデット紙が この記事への 資金提供をしていることです これは新聞社としての 責任感の表れだと思いますが どうやって編集者に記事を売り込んのですか?

アンダース・フィエルベルク:最初は苦労しました 私たちにも何が発見できるか わからなかったのですから でも1人目の身元が 判明する可能性が出てきてからは やりたいだけやればいいという 気になりました 必要とあらばどこにでも赴き 必要なことは何でもする やり遂げるしかないんです

ブルーノ:それが編集者としての責任ですね ところでこの記事は すでにヨーロッパの数カ国語に 翻訳、出版され 今後も翻訳され続けるでしょう ぜひ 最新情報を読みたいと思います ありがとうアンダース ありがとうトム

(拍手)

So this right here is the tiny village of Elle, close to Lista. It's right at the southernmost tip of Norway. And on January 2 this year, an elderly guy who lives in the village, he went out to see what was cast ashore during a recent storm. And on a patch of grass right next to the water's edge, he found a wetsuit. It was grey and black, and he thought it looked cheap. Out of each leg of the wetsuit there were sticking two white bones. It was clearly the remains of a human being.

And usually, in Norway, dead people are identified quickly. So the police started searching through missing reports from the local area, national missing reports, and looked for accidents with a possible connection. They found nothing. So they ran a DNA profile, and they started searching internationally through Interpol. Nothing. This was a person that nobody seemed to be missing. It was an invisible life heading for a nameless grave. But then, after a month, the police in Norway got a message from the police in the Netherlands. A couple of months earlier, they had found a body, in an identical wetsuit, and they had no idea who this person was. But the police in the Netherlands managed to trace the wetsuit by an RFID chip that was sewn in the suit. So they were then able to tell that both wetsuits were bought by the same customer at the same time, October 7,2014, in the French city of Calais by the English Channel. But this was all they were able to figure out. The customer paid cash. There was no surveillance footage from the shop. So it became a cold case.

We heard this story, and it triggered me and my colleague, photographer Tomm Christiansen, and we of course had the obvious question: who were these people? At the time, I'd barely heard about Calais, but it took about two or three seconds to figure out Calais is basically known for two things. It's the spot in continental Europe closest to Britain, and a lot of migrants and refugees are staying in this camp and are trying desperately to cross over to Britain. And right there was a plausible theory about the identity of the two people, and the police made this theory as well. Because if you or I or anybody else with a firm connection to Europe goes missing off the coast of France, people would just know. Your friends or family would report you missing, the police would come search for you, the media would know, and there would be pictures of you on lampposts. It's difficult to disappear without a trace. But if you just fled the war in Syria, and your family, if you have any family left, don't necessarily know where you are, and you're staying here illegally amongst thousands of others who come and go every day. Well, if you disappear one day, nobody will notice. The police won't come search for you because nobody knows you're gone.

And this is what happened to Shadi Omar Kataf and Mouaz Al Balkhi from Syria.

Me and Tomm went to Calais for the first time in April this year, and after three months of investigation, we were able to tell the story about how these two young men fled the war in Syria, ended up stuck in Calais, bought wetsuits and drowned in what seems to have been an attempt to swim across the English Channel in order to reach England. It is a story about the fact that everybody has a name, everybody has a story, everybody is someone. But it is also a story about what it's like to be a refugee in Europe today.

So this is where we started our search. This is in Calais. Right now, between 3,500 and 5,000 people are living here under horrible conditions. It has been dubbed the worst refugee camp in Europe. Limited access to food, limited access to water, limited access to health care. Disease and infections are widespread. And they're all stuck here because they're trying to get to England in order to claim asylum. And they do that by hiding in the back of trucks headed for the ferry, or the Eurotunnel, or they sneak inside the tunnel terminal at night to try to hide on the trains.

Most want to go to Britain because they know the language, and so they figure it would be easier to restart their lives from there. They want to work, they want to study, they want to be able to continue their lives. A lot of these people are highly educated and skilled workers. If you go to Calais and talk to refugees, you'll meet lawyers, politicians, engineers, graphic designers, farmers, soldiers. You've got the whole spectrum. But who all of these people are usually gets lost in the way we talk about refugees and migrants, because we usually do that in statistics.

So you have 60 million refugees globally. About half a million have made the crossing over the Mediterranean into Europe so far this year, and roughly 4,000 are staying in Calais. But these are numbers, and the numbers don't say anything about who these people are, where they came from, or why they're here.

And first, I want to tell you about one of them. This is 22-year-old Mouaz Al Balkhi from Syria. We first heard about him after being in Calais the first time looking for answers to the theory of the two dead bodies. And after a while, we heard this story about a Syrian man who was living in Bradford in England, and had been desperately searching for his nephew Mouaz for months. And it turned out the last time anybody had heard anything from Mouaz was October 7,2014. That was the same date the wetsuits were bought. So we flew over there and we met the uncle and we did DNA samples of him, and later on got additional DNA samples from Mouaz's closest relative who now lives in Jordan. The analysis concluded the body who was found in a wetsuit on a beach in the Netherlands was actually Mouaz Al Balkhi. And while we were doing all this investigation, we got to know Mouaz's story. He was born in the Syrian capital of Damascus in 1991. He was raised in a middle class family, and his father in the middle there is a chemical engineer who spent 11 years in prison for belonging to the political opposition in Syria. While his father was in prison, Mouaz took responsibility and he cared for his three sisters. They said he was that kind of guy. Mouaz studied to become an electrical engineer at the University of Damascus.

So a couple of years into the Syrian war, the family fled Damascus and went to the neighboring country, Jordan. Their father had problems finding work in Jordan, and Mouaz could not continue his studies, so he figured, "OK, the best thing I can do to help my family would be to go somewhere where I can finish my studies and find work." So he goes to Turkey.

In Turkey, he's not accepted at a university, and once he had left Jordan as a refugee, he was not allowed to reenter. So then he decides to head for the UK, where his uncle lives. He makes it into Algeria, walks into Libya, pays a people smuggler to help him with the crossing into Italy by boat, and from there on he heads to Dunkirk, the city right next to Calais by the English Channel. We know he made at least 12 failed attempts to cross the English Channel by hiding in a truck. But at some point, he must have given up all hope. The last night we know he was alive, he spent at a cheap hotel close to the train station in Dunkirk. We found his name in the records, and he seems to have stayed there alone. The day after, he went into Calais, entered a sports shop a couple of minutes before 8 o'clock in the evening, along with Shadi Kataf. They both bought wetsuits, and the woman in the shop was the last person we know of to have seen them alive. We have tried to figure out where Shadi met Mouaz, but we weren't able to do that. But they do have a similar story. We first heard about Shadi after a cousin of his, living in Germany, had read an Arabic translation of the story made of Mouaz on Facebook. So we got in touch with him. Shadi, a couple of years older than Mouaz, was also raised in Damascus. He was a working kind of guy. He ran a tire repair shop and later worked in a printing company. He lived with his extended family, but their house got bombed early in the war. So the family fled to an area of Damascus known as Camp Yarmouk.

Yarmouk is being described as the worst place to live on planet Earth. They've been bombed by the military, they've been besieged, they've been stormed by ISIS and they've been cut off from supplies for years. There was a UN official who visited last year, and he said, "They ate all the grass so there was no grass left." Out of a population of 150,000, only 18,000 are believed to still be left in Yarmouk. Shadi and his sisters got out. The parents are still stuck inside.

So Shadi and one of his sisters, they fled to Libya. This was after the fall of Gaddafi, but before Libya turned into full-blown civil war. And in this last remaining sort of stability in Libya, Shadi took up scuba diving, and he seemed to spend most of his time underwater. He fell completely in love with the ocean, so when he finally decided that he could no longer be in Libya, late August 2014, he hoped to find work as a diver when he reached Italy. Reality was not that easy. We don't know much about his travels because he had a hard time communicating with his family, but we do know that he struggled. And by the end of September, he was living on the streets somewhere in France. On October 7, he calls his cousin in Belgium, and explains his situation. He said, "I'm in Calais. I need you to come get my backpack and my laptop. I can't afford to pay the people smugglers to help me with the crossing to Britain, but I will go buy a wetsuit and I will swim." His cousin, of course, tried to warn him not to, but Shadi's battery on the phone went flat, and his phone was never switched on again. What was left of Shadi was found nearly three months later,800 kilometers away in a wetsuit on a beach in Norway. He's still waiting for his funeral in Norway, and none of his family will be able to attend.

Many may think that the story about Shadi and Mouaz is a story about death, but I don't agree. To me, this is a story about two questions that I think we all share: what is a better life, and what am I willing to do to achieve it? And to me, and probably a lot of you, a better life would mean being able to do more of what we think of as meaningful, whether that be spending more time with your family and friends, travel to an exotic place, or just getting money to buy that cool new device or a pair of new sneakers. And this is all within our reach pretty easily.

But if you are fleeing a war zone, the answers to those two questions are dramatically different. A better life is a life in safety. It's a life in dignity. A better life means not having your house bombed, not fearing being kidnapped. It means being able to send your children to school, go to university, or just find work to be able to provide for yourself and the ones you love. A better life would be a future of some possibilities compared to nearly none, and that's a strong motivation. And I have no trouble imagining that after spending weeks or even months as a second-grade citizen, living on the streets or in a horrible makeshift camp with a stupid, racist name like "The Jungle," most of us would be willing to do just about anything. If I could ask Shadi and Mouaz the second they stepped into the freezing waters of the English Channel, they would probably say, "This is worth the risk," because they could no longer see any other option. And that's desperation, but that's the reality of living as a refugee in Western Europe in 2015.

Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: Thank you, Anders. This is Tomm Christiansen, who took most of the pictures you have seen and they've done reporting together. Tomm, you two have been back to Calais recently. This was the third trip. It was after the publication of the article. What has changed? What have you seen there?

Tomm Christiansen: The first time we were in Calais, it was about 1,500 refugees there. They had a difficult time, but they were positive, they had hope. The last time, the camp has grown, maybe four or five thousand people. It seemed more permanent, NGOs have arrived, a small school has opened. But the thing is that the refugees have stayed for a longer time, and the French government has managed to seal off the borders better, so now The Jungle is growing, along with the despair and hopelessness among the refugees.

BG: Are you planning to go back? And continue the reporting?

TC: Yes.

BG: Anders, I'm a former journalist, and to me, it's amazing that in the current climate of slashing budgets and publishers in crisis, Dagbladet has consented so many resources for this story, which tells a lot about newspapers taking the responsibility, but how did you sell it to your editors?

Anders Fjellberg: It wasn't easy at first, because we weren't able to know what we actually could figure out. As soon as it became clear that we actually could be able to identify who the first one was, we basically got the message that we could do whatever we wanted, just travel wherever you need to go, do whatever you need to do, just get this done.

BG: That's an editor taking responsibility. The story, by the way, has been translated and published across several European countries, and certainly will continue to do. And we want to read the updates from you. Thank you Anders. Thank you Tomm.

(Applause)

So this right here is the tiny village of Elle,/ close to Lista.//

さてここは リスタの近くにある イエッラという小さな村です

It's right/ at the southernmost tip of Norway.//

この村はノルウェーの最南端にあります

And/ on January 2/ this year,/ an elderly guy/ who lives in the village,/ he went out/ to see/ what was cast ashore/ during a recent storm.//

2015年1月2日 この村に住む老人が 直前に起きた嵐で 浜辺に何か打ち上がっていないか 見に行きました

And/ on a patch of grass right next/ to the water's edge,/ he found a wetsuit.//

波打ち際の 草むらの一区画で 老人はウェットスーツを発見

It was grey and black,/ and he thought/ it looked cheap.//

色は灰色と黒で 高価なものではなさそうでした

Out of each leg of the wetsuit/ there were sticking two white bones.//

スーツの脚の部分から 2本の白骨が突き出ていました

It was clearly the remains of a human being.//

明らかに人間の遺骸でした

And usually,/ in Norway,/ dead people are identified quickly.//

ノルウェーでは通常 遺体の身元はすぐに判明します

So/ the police started searching/ through missing reports/ from the local area,/ national missing reports,/ and looked for accidents/ with a possible connection.//

警察が捜査を開始し 地元の失踪届けや 国内の失踪届けを調べ 関連のありそうな事故を捜査しましたが

They found nothing.//

何も見つかりませんでした

So they ran a DNA profile,/ and they started searching/ internationally/ through Interpol.//

そこでDNA鑑定を行い インターポール経由で 国外の失踪者捜査を開始

Nothing.//

成果なし

This was a person/ that nobody seemed to be missing.//

誰にも探してもらえない人のようでした

It was an invisible life/ heading for a nameless grave.//

人知れぬ人生は 無縁墓地に葬られようとしていました

But then,/ after a month,/ the police/ in Norway got a message/ from the police/ in the Netherlands.//

ところが1ヶ月後 ノルウェー警察は オランダ警察から連絡を受けました

A couple of months earlier,/ they had found a body,/ in an identical wetsuit,/ and they had no idea/ who this person was.//

2ヶ月前にオランダ警察は 1人の遺体を発見 同じウェットスーツを着ていて 身元不明だと言うのです

But the police/ in the Netherlands managed to trace/ the wetsuit/ by an RFID chip/ that was sewn in the suit.//

ただウェットスーツの出所は 何とか突き止めました スーツに縫い付けられた 無線識別チップのおかげです

So/ they were then able/ to tell/ that both wetsuits were bought by the same customer/ at the same time,/ October 7,2014,/ in the French city of Calais/ by the English Channel.//

そこで分かったのは スーツは2着とも1人の人物が 同時購入したもので 購入日は2014年10月7日 購入場所は英仏海峡のフランス側 カレー市でした

But this was all they were able to figure out.//

でも分かったのはこれが全て

支払いは現金でした

There was no surveillance footage/ from the shop.//

店に監視カメラの映像もなく

So it became a cold case.//

未解決事件となりました

We heard this story,/ and it triggered me and my colleague,/ photographer Tomm Christiansen,/ and we of course had the obvious question:/ who were these people?//

この話を聞いて 私と同僚カメラマンの トム・クリスチャンセンは 一体この2人は誰だろう? という疑問にかられました

At the time,/ I'd barely heard about Calais,/ but it took about two or three seconds/ to figure out/ Calais is basically known for two things.//

当時の私はカレーについて ほとんど知りませんでしたが すぐさま わかったことは カレーは要するに 次の2つの点で有名なのです

It's the spot/ in continental Europe closest/ to Britain,/ and a lot of migrants and refugees are staying in this camp/ and are trying desperately to cross over to Britain.//

第1に 欧州大陸の中で 英国に最も近い場所であり 第2に多くの移民や難民が カレー・キャンプに滞在し 必死に英国に 渡ろうとしていることでした

And right/ there was a plausible theory/ about the identity of the two people,/ and the police made this theory/ as well.//

ここで2人の身元について 説得力のある仮定が成り立ち 警察でも同じように考えていました

Because/ if you/ or I/ or anybody else/ with a firm connection/ to Europe goes missing off/ the coast of France,/ people would just know.//

もしヨーロッパに しっかりしたコネがある人が フランスの海岸で失踪すれば すぐに身元がわかるはずです

Your friends or family would report you/ missing,/ the police would come search/ for you,/ the media would know,/ and there would be pictures of you/ on lampposts.//

友人か家族が失踪届けを出し 警察が捜索して マスコミの知るところとなり その人のポスターが 街頭に張り出されるはずです

It's difficult/ to disappear without a trace.//

跡形もなく 姿を消すなんて 困難です

But/ if you just fled the war/ in Syria,/ and your family,/ if you have any family left,/ don't necessarily know/ where you are,/ and you're staying/ here illegally/ amongst thousands of others/ who come and go every day.//

でも仮にシリアの戦火から逃れた人が 家族も ― 生き残っていればの話ですが その人の所在を知らず この難民キャンプに不法滞在して 日々行き交う数千の人々に 紛れていたとしたら…

Well,/ if you disappear one day,/ nobody will notice.//

そんな状況で ある日いなくなっても 誰も気づかないでしょう

The police won't come search/ for you/ because nobody knows you're gone.//

誰も失踪に気づかなければ 警察が捜索に来るわけがありません

And this is/ what happened to Shadi Omar Kataf and Mouaz Al Balkhi/ from Syria.//

そしてまさにそんな状況が シリア出身の シャーディ・オマール・カターフと ムアーズ・アル・バーキに降りかかりました

Me/ and Tomm went to Calais/ for the first time/ in April/ this year,/ and after three months of investigation,/ we were able to tell the story/ about how these two young men fled the war/ in Syria,/ ended up/ stuck in Calais,/ bought wetsuits/ and drowned in what seems to have been an attempt/ to swim across the English Channel/ in order to reach England.//

2015年4月 私とトムは 初めてカレーに行きました 調査すること3ヶ月 やっとわかってきたのは この2人の若者が シリアの戦火を逃れ カレーで立ち往生した挙句 ウェットスーツを買い 英仏海峡を泳いで 英国に渡ろうとして 溺死するまでの経緯です

It is a story/ about the fact/ that everybody has a name,/ everybody has a story,/ everybody is someone.//

ここでお話しさせていただくのは すべての人に名前があり すべての人に物語があり すべての人が かけがえのない誰かだという事実です

But it is also a story/ about what it's like/ to be a refugee/ in Europe today.//

一方 これはヨーロッパの 難民の現状に関する話でもあります

So this is/ where we started our search.//

これが調査の開始地点

This is in Calais.//

カレーです

Right now,/ between 3,500 and 5,000 people are living here/ under horrible conditions.//

現在ここに3,500~5,000人が 暮らしています ひどい環境です

It has been dubbed the worst refugee camp/ in Europe.//

ヨーロッパ最悪の難民キャンプと 呼ばれてきました

Limited access/ to food,/ limited access/ to water,/ limited access/ to health care.//

食料は乏しく 水も手に入りにくい 十分な医療もありません

疾病や感染症が広がっています

And they're all stuck here/ because they're trying to get/ to England/ in order to claim asylum.//

彼ら全員 ここで足止めされます 英国に渡って 亡命するためです

And they do that/ by hiding in the back of trucks headed for the ferry,/ or the Eurotunnel,/ or they sneak inside the tunnel terminal/ at night/ to try to hide/ on the trains.//

方法は フェリーや ユーロトンネルに向かう トラックの荷台に隠れるか 夜にトンネル・ターミナルに忍び込み 列車の中に隠れようとします

Most want to go/ to Britain/ because they know the language,/ and/ so they figure/ it would be easier/ to restart their lives/ from there.//

大半の人が英国を目指すのは 言葉が分かるので 人生をやり直すのが 楽だと考えるからです

They want to work,/ they want to study,/ they want to be able to continue their lives.//

彼らの望みは 働き 勉強し 生活を続けることです

A lot of these people are highly educated and skilled workers.//

彼らの多くは高学歴の熟練労働者です

If you go to Calais/ and talk to refugees,/ you'll meet lawyers,/ politicians,/ engineers,/ graphic designers,/ farmers,/ soldiers.//

カレーで難民の方々と話すと 法律家、政治家、技術者、 グラフィックデザイナー、農家、兵士だとわかります

You've got the whole spectrum.//

あらゆる職業の方がいます

But who all of these people are usually gets lost in the way/ we talk about refugees and migrants,/ because we usually do that/ in statistics.//

でも難民や移民の話をしていると こういった人々の 人となりは 見失われがちです 統計上の数字で話すことが多いですから

So you have 60 million refugees globally.//

さて世界には6千万人の難民がいます

About half a million have made the crossing/ over the Mediterranean/ into Europe so far/ this year,/ and roughly 4,000 are staying in Calais.//

今年に入って これまでに約50万人が 地中海を横断して ヨーロッパにやって来ました そのうち約4千人が カレーに滞在しています

But these are numbers,/ and the numbers don't say anything/ about who these people are,/ where they came from,/ or why they're here.//

でも これは数字に過ぎません 彼らが誰で どこから来て なぜ そこにいるのかを 数字は教えてくれません

And first,/ I want to tell/ you/ about/ one of them.//

まず1人取り上げましょう

This is 22-year-old Mouaz Al Balkhi/ from Syria.//

こちらは シリア出身の22歳 ムアーズ・アル・バーキです

We first heard about him/ after being in Calais/ the first time/ looking for answers/ to the theory of the two dead bodies.//

彼について知ったのは 初めてカレーへ行った後でした 2人の遺体に関する仮説への 答えを求めて行った時です

And/ after a while,/ we heard this story/ about a Syrian man/ who was living in Bradford/ in England,/ and had been desperately searching for his nephew Mouaz/ for months.//

しばらくして こんな話を聞きました 英国ブラッドフォード在住の シリア人男性が もう何ヶ月も 必死で ムアーズという名の 甥を探していたというのです

And it turned out/ the last time/ anybody had heard anything/ from Mouaz was October 7,2014.//

明らかになった ムアーズの最後の消息は 2014年10月7日

That was the same date/ the wetsuits were bought.//

ウェットスーツの購入日と 同じでした

So/ we flew over there/ and we met the uncle/ and we did DNA samples of him,/ and later/ on got additional DNA samples/ from Mouaz's closest relative/ who now lives in Jordan.//

そこで私たちは英国へと飛び 叔父さんという人に会い 彼のDNAサンプルを取り その後 ヨルダン在住の ムアーズの近親者からも サンプルを採取しました

The analysis concluded the body/ who was found in a wetsuit/ on a beach/ in the Netherlands was actually Mouaz Al Balkhi.//

分析の結果 オランダの浜辺で ウェットスーツ姿で発見された遺体が ムアーズ・アル・バーキだと 確認されました

And/ while we were doing all this investigation,/ we got to know/ Mouaz's story.//

この調査を進めていくうちに 私たちは ムアーズの身の上を知るようになりました

He was born in the Syrian capital of Damascus/ in 1991.//

彼は1991年 シリアの首都ダマスカスに生まれ

He was raised in a middle class family,/ and his father/ in the middle/ there is a chemical engineer/ who spent 11 years/ in prison/ for belonging to the political opposition/ in Syria.//

中流家庭に育ちました 写真中央の父親は 化学技術者ですが シリアで野党だったために 獄中で11年を過ごしました

While his father was in prison,/ Mouaz took responsibility/ and he cared for his three sisters.//

父親の投獄中 ムアーズは責任を持って 3人の妹の面倒を見ました

They said/ he was/ that kind of guy.//

妹たちはムアーズを そういう人だと語りました

Mouaz studied to become an electrical engineer/ at the University of Damascus.//

ムアーズは電気技師になるため ダマスカス大学で学んでいました

So/ a couple of years/ into the Syrian war,/ the family fled Damascus/ and went to the neighboring country,/ Jordan.//

シリア戦争突入後2年 一家はダマスカスを逃れて 隣国 ヨルダンに移りました

Their father had problems/ finding work/ in Jordan,/ and Mouaz could not continue his studies,/ so he figured,/ "OK,/ the best thing/ I can do/ to help my family would be to go somewhere/ where I can finish my studies/ and find work."//

父親のヨルダンでの職探しは難航し 勉強を続けられなくなったムアーズの結論は 「わかった 家族を支えるために 自分にできる最善のことは どこかに移って勉強を終えて 仕事を見つけることだ」

So he goes to Turkey.//

そこでムアーズはトルコへ行きますが

In Turkey,/ he's not accepted at a university,/ and/ once he had left Jordan/ as a refugee,/ he was not allowed to reenter.//

トルコの大学では入学許可が下りません さらにヨルダンから難民として出国したため 再入国も許可されませんでした

So then/ he decides to head/ for the UK,/ where his uncle lives.//

そこで彼は叔父さんの住む 英国に渡る決心をします

He makes it/ into Algeria,/ walks into Libya,/ pays/ a people smuggler to help/ him/ with the crossing/ into Italy/ by boat, and from there/ on he heads to Dunkirk,/ the city right next/ to Calais/ by the English Channel.//

なんとかアルジェリアへ行き 徒歩でリビア入りを果たします 密入出国請負業者に金を払って ボートでイタリアへと渡り そこから英仏海峡に面した カレーの隣町 ダンケルクを目指します

We know/ he made at least 12 failed attempts/ to cross the English Channel/ by hiding in a truck.//

彼はトラックの荷台に隠れて 英仏海峡を渡ろうとしましたが 少なくとも12回失敗しています

But at some point,/ he must have given up/ all hope.//

でも ある時点で彼は 希望を失ったに違いありません

The last night/ we know/ he was alive,/ he spent at a cheap hotel close/ to the train station/ in Dunkirk.//

生きていたことが確認できた最後の夜 彼はダンケルクにある 駅付近の安宿に泊まりました

We found his name/ in the records,/ and he seems to have stayed there alone.//

宿泊者名簿に名前がありました 一人で泊まったようです

The day/ after,/ he went into Calais,/ entered/ a sports shop a couple of minutes/ before 8 o'clock/ in the evening,/ along with Shadi Kataf.//

その翌日 彼はカレーに行き スポーツ用品店に入店 夜の8時より数分前で シャーディ・カターフが一緒でした

They/ both bought wetsuits,/ and the woman/ in the shop was the last person/ we know of to have seen them alive.//

2人ともウェットスーツを購入し 店内にいた女性が 知り得る限り 生きている彼らを見た 最後の人になりました

We have tried to figure out/ where Shadi met Mouaz,/ but we weren't able/ to do that.//

私たちは どこで2人が出会ったかを 突き止めようとしましたが できませんでした

But they do have a similar story.//

でも2人とも同じような身の上でした

We first heard about Shadi/ after a cousin of his,/ living in Germany,/ had read an Arabic translation of the story made of Mouaz/ on Facebook.//

私たちが初めてシャーディの話を聞いたのは ドイツに住む彼の従兄弟が ムアーズに関する記事のアラビア語訳を Facebookで読んだ後でした

So/ we got in touch/ with him.//

私たちは この従兄弟に連絡しました

Shadi,/ a couple of years older/ than Mouaz,/ was also raised in Damascus.//

シャーディは ムアーズより2歳年上で 彼もダマスカス育ちでした

He was a working kind of guy.//

どちらかというと労働者階級で

He ran a tire repair shop/ and later worked in a printing company.//

タイヤ修理店を経営後 印刷会社に勤務

He lived with his extended family,/ but their house got bombed early/ in the war.//

大家族で生活していましたが シリア戦争初期に 爆撃で家を失いました

So the family fled to an area of Damascus known as Camp Yarmouk.//

ダマスカスのヤルムーク難民キャンプという 地区に 一家は逃れました

Yarmouk is being described as the worst place/ to live on planet Earth.//

ヤルムークは地上最悪の 居住地と言われます

They've been bombed by the military,/ they've been besieged,/ they've been stormed by ISIS/ and they've been cut off/ from supplies/ for years.//

軍の爆撃を受け 包囲され ISISによる猛攻撃を受け 何年もの間 物資の供給が断たれています

There was a UN official/ who visited last year,/ and he said,/ "They ate all the grass/ so there was no grass left."//

去年 国連職員が訪れ 「皆が雑草を食べたので 草一本残っていない」と言いました

Out of a population of 150,000,/ only 18,000 are believed to still be left in Yarmouk.//

15万人だった人口のうち 今もヤルムークに残っているのは わずか1万8千人と推測されています

Shadi/ and his sisters got out.//

シャーディと妹たちは脱出しましたが

The parents are still stuck inside.//

両親は今も足止めされています

So Shadi and one of his sisters,/ they fled to Libya.//

その後シャーディと妹の1人は リビアに逃れました

This was after the fall of Gaddafi,/ but/ before Libya turned into full-blown civil war.//

それはカダフィ政権の崩壊後ですが リビアが本格的な内戦に突入する前でした

And/ in this last remaining sort of stability/ in Libya,/ Shadi took up/ scuba diving,/ and he seemed to spend/ most of his time/ underwater.//

そして リビアがある程度 治安を維持していた最後の時期に シャーディはスキューバ・ダイビングを始め ほとんどの時間を水中で過ごしていたようです

He fell completely/ in love/ with the ocean,/ so/ when he finally decided/ that he could no longer be in Libya,/ late August 2014,/ he hoped to find/ work/ as a diver/ when he reached Italy.//

彼は完全に大海原に魅せられました だから 2014年8月下旬 もうリビアにはいられないと 覚悟を決めた時 イタリアに行けば ダイバーの職に就けると期待したのです

Reality was not/ that easy.//

でも現実はそう甘くありませんでした

We don't know much/ about his travels/ because he had a hard time/ communicating with his family,/ but we do know/ that he struggled.//

シャーディの旅路は よく分かっていません 家族との連絡が困難な時期だったからです 彼が苦労したことは分かっています

And/ by the end of September,/ he was living on the streets somewhere/ in France.//

9月の終わりには 彼はフランスのどこかで 路上生活をしていました

On October 7,/ he calls his cousin/ in Belgium,/ and explains his situation.//

10月7日 彼は ベルギーの従兄弟に電話をかけて 状況を説明しています

He said,/ "I'm in Calais.// I need you/ to come get my backpack and my laptop.//

「今 カレーにいるんだけど 僕のリュックとPCを持ってきて欲しい

I can't afford to pay/ the people smugglers/ to help me/ with the crossing/ to Britain,/ but I will go buy a wetsuit/ and I will swim."//

渡英するにも 密入国請負業者に払う金がないから ウェット・スーツを買って 泳いで渡るつもりだよ」と

His cousin,/ of course,/ tried to warn/ him not to,/ but Shadi's battery/ on the phone went flat,/ and his phone was never switched on again.//

従兄弟は当然 やめさせようとしましたが シャーディの携帯は電池切れとなり 再びスイッチが 入ることはありませんでした

What was left of Shadi was found nearly three months later,/800 kilometers away/ in a wetsuit/ on a beach/ in Norway.//

シャーディの遺体が発見されたのは ほぼ3ヶ月後 800km離れた ノルウェーの海岸 ウェットスーツ姿でした

He's still waiting/ for his funeral/ in Norway,/ and none of his family will be able to attend.//

彼はノルウェーで 葬儀の日を待っていますが 家族は誰も出席できないでしょう

Many may think/ that the story/ about Shadi and Mouaz is a story/ about death,/ but I don't agree.//

シャーディとムアーズの話は 死についての物語だと 考える人も多いでしょう でも私はそうは思いません

To me,/ this is a story about two questions/ that I think we/ all share:/ what is a better life,/ and what am I willing to do to achieve it?//

これは私たち皆に当てはまる 「2つの問い」の物語だと思うのです つまり「より良い生活とは何か」― そして「それを実現するために 何をするか」です

And to me,/ and probably/ a lot of you,/ a better life would mean being able to do more of what we think of as meaningful,/ whether that be spending more time/ with your family and friends,/ travel/ to an exotic place,/ or just getting/ money/ to buy/ that cool new device or a pair of new sneakers.//

私にとって そして多分多くの方々にとって より良い生活が意味するのは 意義があると思うことを より多く実現できることです それは 家族や友達と もっと一緒に過ごすことかもしれないし 異国を旅することや 稼いだ金で 小洒落た新しいデバイスや スニーカーを買うことかもしれません

And this is all within our reach pretty easily.//

そして どれも私たちの 手の届くところにあります

But/ if you are fleeing a war zone,/ the answers/ to those two questions are dramatically different.//

でも戦場から逃れようとする人には 2つの問いに対する答えは 全く違ったものになります

A better life is a life/ in safety.//

より良い生活とは 安全な暮らしであり

It's a life/ in dignity.//

尊厳のある生活です

A/ better life means not having/ your house bombed,/ not fearing being kidnapped.//

より良い生活とは 家が爆撃されず 誘拐される恐れがないことです

It means being able to send your children/ to school,/ go to university,/ or just find work/ to be able to provide for yourself/ and the ones/ you love.//

より良い生活とは 子供を学校にやれること 大学に行けること あるいは ただ 就職して 自分や愛する家族を養えることです

A better life would be a future of some possibilities compared to nearly none,/ and that's a strong motivation.//

より良い生活とは 少しでも未来への可能性があることです だって戦場で可能性は ほぼ皆無なのですから それが 大きなモチベーションなのです

And I have no trouble imagining/ that after spending weeks/ or even/ months/ as a second-grade citizen,/ living on the streets/ or in a horrible makeshift camp/ with a stupid, racist name/ like "The Jungle,/"/ most of us would be willing/ to do just about anything.//

私にも容易に想像できます 何週間も何ヶ月もの間 下級市民と蔑まれ 路上だとか「ジャングル」という 馬鹿げた 差別丸出しの名で呼ばれる 劣悪な仮設キャンプで暮らせば ほぼ誰でも 何だってやってやる という気持ちになるでしょう

If I could ask Shadi and Mouaz/ the second/ they stepped into the freezing waters of the English Channel,/ they would probably say,/ "This is worth/ the risk,/"/ because they could no longer see any other option.//

もしも シャーディとムーアズが 凍るような英仏海峡の水に 足を踏み入れる瞬間 質問できたとしたら 彼らはこう言ったでしょう 「リスクを冒す価値はあるよ」 彼らには もう他の選択肢など 頭になかったからです

And that's desperation,/ but that's the reality of living/ as a refugee/ in Western Europe/ in 2015.//

命知らずな行為ですが これが西暦2015年の西欧で 難民として生きるということなのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Bruno Giussani:/ Thank you,/ Anders.//

ブルーノ・ジュッサーニ: ありがとう アンダース

This is Tomm Christiansen,/ who took most of the pictures/ you have seen/ and they've done reporting together.//

こちらがトム・クリスチャンセンです ご覧になった写真のほとんどは トムが撮影し 2人で記事を書きました

Tomm,/ you/ two have been back to Calais recently.//

トム 2人で最近 カレーに行きましたね

This was the third trip.//

3度目のカレー行きでしたが

It was/ after the publication of the article.//

それは記事の発表後のことでしたね

What has changed?// What have you seen there?//

何か変化は? どうなっていましたか?

Tomm Christiansen:/ The first time/ we were in Calais,/ it was about 1,500 refugees there.//

トム・クリスチャンセン: 初めてカレーに行ったとき 難民は約1,500人でした

They had a difficult time,/ but they were positive,/ they had hope.//

皆 苦労していましたが 前向きで 希望を持っていました

The last time,/ the camp has grown,/ maybe/ four or five thousand people.//

でも前回にはキャンプが広がり 難民は4~5千人になっていたでしょうか

It seemed more permanent,/ NGOs have arrived,/ a small school has opened.//

そして滞在が長期化し 複数のNGOが来て 小さな学校が開校していました

But the thing is/ that the refugees have stayed for a longer time,/ and the French government has managed to seal off/ the borders better,/ so now/ The Jungle is growing,/ along/ with the despair and hopelessness/ among the refugees.//

ただ問題なのは 難民の滞在期間が さらに長期化し フランス政府が国境封鎖を強化したことで 「ジャングル」が巨大化し 難民たちの間に 絶望と諦めが広がっていることです

BG:/ Are you planning to go back?// And continue the reporting?//

ブルーノ:キャンプを再訪する予定は? 報道を続けますか?

TC:/ Yes.//

トム:もちろんです

BG:/ Anders,/ I'm a former journalist, and/ to me,/ it's amazing/ that in the current climate of slashing budgets and publishers/ in crisis,/ Dagbladet has consented so many resources/ for this story,/ which tells a lot/ about newspapers/ taking the responsibility,/ but how did you sell it/ to your editors?//

ブルーノ:アンダース 私は元ジャーナリストです 私が驚いたのは 出版業会が予算を削減し 危機的状況にある中で ダグブラデット紙が この記事への 資金提供をしていることです これは新聞社としての 責任感の表れだと思いますが どうやって編集者に記事を売り込んのですか?

Anders Fjellberg:/ It wasn't easy/ at first,/ because we weren't able/ to know/ what we actually could figure out.//

アンダース・フィエルベルク:最初は苦労しました 私たちにも何が発見できるか わからなかったのですから

As soon/ as it became clear/ that we actually could be able to identify/ who the first one was,/ we basically got the message/ that we could do/ whatever we wanted,/ just travel/ wherever you need to go,/ do/ whatever you need to do,/ just get this done.//

でも1人目の身元が 判明する可能性が出てきてからは やりたいだけやればいいという 気になりました 必要とあらばどこにでも赴き 必要なことは何でもする やり遂げるしかないんです

BG:/ That's an editor/ taking responsibility.//

ブルーノ:それが編集者としての責任ですね

The story,/ by the way,/ has been translated and published across several European countries,/ and certainly will continue to do.//

ところでこの記事は すでにヨーロッパの数カ国語に 翻訳、出版され 今後も翻訳され続けるでしょう

And we want to read/ the updates/ from you.// Thank/ you/ Anders.// Thank/ you/ Tomm.//

ぜひ 最新情報を読みたいと思います ありがとうアンダース ありがとうトム

(拍手)

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

southernmost

最南の,最南端の

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

Norway

ノルウェー(スカンジナビア半島の西半分を占める王国;首都はOslo)

elderly

かなり年配の,初老の

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

cast

…'を'『投げる』,ほうる

…'を'『投げ捨てる』,ほうり出す《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

(…に)〈影・光〉'を'『投げ掛ける』;〈疑に・魔法など〉'を'かける《+『名』+『on』 (『upon』)+『名』》

〈目・視線など〉'を'『向ける』,投げ掛ける

〈票〉'を'『投じる』

(…に)〈名誉・祝福〉'を'与える,〈非難など〉'を'浴びせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(人に)〈役〉'を'つける《+『名』〈役〉+『to』+『名』》;(ある役に)〈人〉'を'当てる《+『名』+『for』+『名』〈役〉》

(鋳型に流し込んで)…'を'鋳造する

物を投げる,(特に)釣り糸を投げる

鋳造される

〈C〉『投げること』,(光・影・視線などを)投げかけること

〈C〉(物を)投げられる距離,射程

〈C〉(劇・映鹿を)『配役』

〈C〉(骨折した手足を固定する)ギプス

〈C〉(…の)鋳型,鋳造[物]《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物の特懲的な)外形,外観;(…の)型,傾向;性質《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)色あい,色調《+『of』+『名』》

《a cast》(材木などの)ゆがみ,そり;《まれ》(軽度の)斜視

ashore

『岸へ(に)』

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

storm

『あらし』,暴風[雨],荒天

(感情・言動などの)『あらし』,激発《+『of』+『名』》

(一般に)激動,波乱,騒動

(弾丸などが)雨あられと飛ぶこと《+『of』+『名』》

《itを主語にして》〈天候が〉『荒れる』

猛然と突進する;激しく怒る

…‘を'強襲する,急襲する

patch

(補修・補強のための)『つぎ当て』;当て布;当て板,当て金;(アップリケで縫いつけた)布切れ

(傷口などを覆う)『傷当て』

(色などが周囲と区別できる)(…の)まだら,班点;断片,破片《+『of』+『名』》

小さな地面(畑)

(補修・補強のために)…‘に'『つぎ当てる』;(装飾のために)…‘に'当て布をする

…‘を'つぎ合わせて作る

grass

〈U〉《集合的に》『草』;牧草;イネ科の植物

〈U〉『草地』;牧草地,芝生

〈U〉《俗》マリファナ(marijuana)

〈C〉《英俗》密告者

〈人が〉仕事を離れて休養する

〈人〉を休ませる,に暇を出す

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

wetsuit

(保温用の,ぴったりした)潜水服

grey

=gray

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

human being

人,人間

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

Interpol

国際警察(国際犯罪を防止するための国際機構)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

missing

粉失した,行方不明の

欠けている,ない(lacking)

《the ~;名詞的に》行方不明者

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

nameless

名前のついていない

名の倉られていない,無名の

口に出すのもはぎかられる

口に出して説明できない

grave

『墓穴』;(一般に)埋葬所,墓

《しばしばthe grave》死(death);滅亡

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

Netherlands

『オランダ』(Hollandの公式名;首都はAmsterdam,政府所在地はThe Hague)

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

identical

《the identical》『同一の』,全く同じの

『等しい』,同様な

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

trace

〈C〉〈U〉(過去に存在した人・物・事件などの)『跡』,形跡,痕跡;(人・動物・車などの通った)跡,足跡《+of+名》

〈C〉(…の)かすかなきざし,気味,微量《+of+名》

〈C〉(記録計器の描く)線

…‘の'『跡をつける』,‘を'追跡する,〈足跡など〉‘を'たどる

(…まで)…‘の'由来(起源,原因など)をさかのぼる《+名+back(+back+名)+to+名》

(複写紙などを使って)…‘を'『[線をたどって]書き写す』

〈線・図形〉‘を'『描く』《+out+名,+名+out》

〈文字〉‘を'ていねいに書く

'‘を'捜しあてる,見つけ出す

(…に)『さかのぼる』《+back to+名》

chip

『木の切れ端』,削りくず;(石・陶器などの)『破片』,かけら

欠けあと,ひび

《複数形で》《英》=French fry

(食物の)薄切り

干からびたもの;無味乾燥なもの

(ポーカーなどのゲームにお金の代りに使われる)チップ,点棒

…'を'『欠く』,削る,そぐ《+『off』+『名,』+『名』+『off』》;(…から)…'を'欠く,そぐ《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

欠ける,割れる《+『off』》;(…を)欠く,削る《+『at』+『名』》

sew

縫い物をする,ミシンをかける

〈布など〉‘を'『縫う』;(…に)…‘を'縫いつける(込む)《+『名』+『on』(『in,into,inside』)+『名』》

〈衣服など〉‘を'縫って作る(直す)

suit

〈C〉『スーツ』

〈C〉《複合語を作って》(…用の)服

〈C〉『訴訟,』告訴(lawsuit)

〈C〉(カードゲームで)同種のカードの一組;同種のカードの持ち札

〈U〉〈C〉嘆願,懇願

〈U〉《古》求愛,求婚;嘆願

〈C〉(…の)一組,一そろい《+of+名》

…‘に'『適する,』合う

《しばしば受動遠で》(…に)…‘を'合わせる,適応させる

〈人〉‘に'『似合う』

〈人〉‘に'都合がよい,‘を'満足させる

適する,合う

似合う

都合がよい

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

October

『10月』({略}『Oct.』)

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

Calais

カレー(Dover海峡に臨むフランスの港市)

English Channel

イギリス海狭(英仏の間にある海狭)

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

cash

『現金』,正金,銀行券,硬貨

〈小切手・為替など〉'を'『現金に換える』,現金化する

surveillance

(特に容疑者・囚人などの)監視,見張り

監督,指揮

footage

(映画フィルム・木材などの)フィート数,全長

(映画の)場面

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

photographer

写真をとる人,(特にプロの)写真家

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

barely

『かろうじて』,『やっと』[…する],わずかに[ある]

むきだしに,あからさまに

basically

基本的に,根本的に;元来は

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

continental

大陸の,大陸的な(に特有の)

《しばしばC-》ヨーロッパ大陸の

《C-》(米国独立戦争当時の)アメリカ植民地の

大陸の住人;《しばしばC-》(英国人やアイルランド人から見て)ヨーロッパ本土の人

《C-》(米国独立戦争当時の)アメリカ兵

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

Britain

『英国』,ブリテン

大ブリテン島(Great Britain)(England, Wales, Scotlandを含む)

イギリス連合王国(the United Kingdom [of Great Britain and Northern Ireland])

migrant

移住者;渡り鳥

渡り歩く(migratory)

refugee

(特に祖国からの)亡命者,逃亡者,難民

camp

〈C〉(軍隊・登山隊・探検隊などの)『野営地』

〈C〉〈U〉野営のテント,仮設小屋

〈U〉野営,キャンプ[生活];軍隊生活

〈C〉夏季キャンプ場,サマーキャンプ

《集合的に》野営する人たち,キャンプする人たち

〈C〉(主義・信条などを同じくする)同志たち,同じ陣営;同じ立場

『野営する』,キャンプ生活を送る《+『out』》

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

plausible

(話などが)もっともらしい;(人が)口先じょうずな

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

firm

(物が)『堅い』,堅固な,引き締まった

『しっかり固定した』,ぐらつかない

(人・信念・友情などが)変わらない

断固とした,決然たる

(価格・価値が)安定している

しっかりと

…‘を'固める,堅くする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'安定させる

安定する《+『up』》

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

lamppost

街灯の柱

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

flee

(…から)『逃げる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

《副詞[句]を伴って》すばやく動く(過ぎる)

〈人・場所など〉‘から'逃げる;〈責任など〉‘を'逃れる,避ける

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

necessarily

『必ず』,必然的に

amongst

=among

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

April

『4月』(《略》『Apr』.)

investigation

(…の)『調査』,取り調べ,研究《+『of』(『into』)+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

drown

…‘を'『溺死』(できし)『させる』

(…で)…‘を'水浸しにする,ずぶぬれにさせる《+『名』+『in』(『with』)+『名』》

〈大きな音が〉〈ほかの音〉‘を'かき消す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(仕事・研究などに)〈自分〉‘を'熱中させる,(酒などで)〈憂いなど〉‘を'晴らす,紛らす《+『名』+『in』+『名』》

『溺死』(できし)『する』

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

swim

『泳ぐ』,水泳をする

(水上・空中などに)浮かぶ

(水などの易体で)いっぱいになる,あふれる《+with+名》・(…に)浸る《+in+名》

〈物ず〉ぐるぐる回るように見える;〈頭などが〉くらくらする

〈河など〉‘を'泳いで渡る,〈ある距離〉‘を'泳ぐ

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'泳がせる;〈船〉‘を'浮かせる

『泳ぐこと』,

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

England

『イングランド』(Great Britain島からScotlandとWalesを除いた部分;首都London)

『英国』,イギリス本国

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

dub

《文または古》(国王がナイトの爵位授与式で)〈武人〉‘を'剣で肩を軽くたたいて(ナイトに)叙する《+『名』+『名』〈補〉》

(…と)…‘に'あだな(名称)を付ける《+『名』+『名(形)』〈補〉》

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

widespread

(翼など)広げた

広範囲にわたる,行き渡った

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

asylum

(孤児・盲人・狂人などの)保護収容所,養育院;〈U〉避難,保護

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

truck

『運搬車』,手押し車,トロッコ

《おもに米》『トラック』,貨物自動車《英》lorry)

《英》無蓋貨車

…‘を'トラックで運ぶ(に積む)

トラックを運転する

ferry

『渡し船』,連絡船(ferryboat),連絡船の便

渡し場,連絡船の発着場

《副詞[句]を伴って》〈人・車など〉‘を'船で渡す

〈川など〉‘を'船で渡る

…‘を'空輸する,〈新造飛行機〉‘を'輸送する

船で渡る

sneak

《場所・方向などを表す副詞[句]を伴って》こそこそ動く

卑劣なことをする;《英学生俗》先生に告げ口する

…‘を'こっそり取る;《話》…‘を'盗む

卑劣な人,こすい人;先生に告げ口する人

こそこそやること

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

tunnel

『トンネル』,地下道,坑道

〈山など〉‘に'トンネルを掘る

〈トンネルなど〉‘を'掘る

トンネルを掘る

terminal

『終りの』,末端の

毎期の,定期の;学期末の

『死に至る』,

末端

(電池の)端子

(町の中心に近い)空港バス発着場;(一般に,鉄道・バスの)終点,終着駅

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

lives

lifeの複数形

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

educate

…‘を'『教育する』,教え込む

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

lawyer

『弁護士』;法律学者

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

graphic

(描写が)絵を見るような,生き生きとした(vivid)

グラフで表した,図表を用いた

文字の;書画(彫刻)の

designer

『設計者』,デザイナー

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

soldier

(陸軍の)『軍人』,(特に)『下士官』,『兵士』

(主義・主張のために闘う勇敢な)戦士,闘士

軍人になる,軍務に服する

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

spectrum

スペクトル(光がプリズムを通過するとき生じる色の帯)

(電磁波・音波などの)範囲,スペクトル

(多様だが関連あるものの)連続[範囲]《+『of』+『名』》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

statistics

《複数扱》『統計』,統計資料,統計表

《単数扱い》『統計学』

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

crossing

横断,横切ること;渡航

交差点,十字路;踏切,《英》横断歩道(《米》crosswalk),(河川・水路の)横断場所

異種交配(crossbreeding)

Mediterranean

=Mediterranean Sea

地中海地方

『地中海の』;地中海地方[の住民]特有の

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

Syrian

シリアの,シリア人の,シリア語の

シリア人

nephew

『おい』(自分や配偶者の兄弟姉妹のむすこ)

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

bought

buyの過去・過去分詞

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

uncle

『おじ』

おばの夫

《話》(年輩者に)おじさん,おっさん

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

additional

『付け加えた』,追加の;特別の

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

Jordan

《the ~》ヨルダン川(パレスチナにあって質海に注ぐ川)

ヨルダン王国(旧名はTrans-Jordan;首都はAmman)

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

beach

『浜』,海岸

海水浴場

〈ボートなど〉'を'浜に引き上げる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

Damascus

ダマスカス(Syriaの首部)

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

belong

(…の)所有である《+『to』+『名』》

(…の)『一部』(付属物)である,(…に)属する,所属する,(…の)一員である《+『to』+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》(…に)本来あるべきである,ふさわしい

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

opposition

〈U〉〈C〉(…に)『反対すること』,(…に対する)反対,対立,抵抗,敵対《+『to』+『名』(a person's do『ing』)》

《時にO-》《the~》野党,反対党

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

Turkey

『トルコ』(小アジアからヨーロッパ南東部にわたる共和国;首都は Ankara)

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

reenter

再び入れる; 再記入する; 【彫】 彫り深める

再び入る;《俗》 麻薬による陶酔からさめる; 【法】 再び所有権を得る

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

Algeria

アルジェリア(アフリカ北西部の共和国;首都Algiers)

Libya

リビア(アフリカ北部の共和国;首都はTripoli)

smuggler

密輸業者

Italy

『イタリア』(地中海に臨む共和国;首都はRome)

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

hotel

『ホテル』,旅館

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

o'clock

《時間を表す数と共に》…『時』(じ)

(自分の位置を時計の文字盤の中央に置いて)…時の位置(方角)に

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

cousin

『いとこ』

『親類』,縁者

(性質などが)よく似たもの,兄弟分

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

Arabic

アラビアの,アラビア人(語)の

アラビア語

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

tire

〈人など〉‘を'『疲れさせる』,疲労させる

〈人など〉‘を'『飽きさせる』,うんざりさせる

疲れる

(…に)飽きる《+of+名(doing)》

repair

…‘を'『修繕する』,修理する

…‘を'『償う』;…‘を'訂正する』

…‘を'回復する

修繕(修理)できる

『修繕』,『修理』,修繕作業

〈U〉手入れ(修理)の状態

printing

〈C〉『印刷』;印刷術;印刷業

〈C〉印刷物

〈C〉(1回分の)印刷部数,

〈U〉(手書きの)活字体

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

planet

『惑星』,遊星

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

besiege

…'を'包囲攻撃する,包囲する;…‘に'取り囲むように押し寄せる

(要求・依頼などで)〈人〉'を'攻めたてる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

un

=one

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

full-blown

(花が)満開の

十分に発達した

civil war

〈C〉内乱,内戦

《the Civil War》(米国の)南北戦争(1861‐65)(英国の)Charles1世と国会との戦争(1642‐49)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

stability

『安定』,確固,不動;安定性

(人・意志などの)着実,強固,不変

scuba

スキューバ(潜水呼吸用器具)

スキューバの

diving

潜水

ダイビング

underwater

水面下の,水中の

水面下に(を),水中で(を)

completely

『完全に』,全く,十分に

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

August

『8月』(《略》『Aug.』)

《形容詞的に》『August heat wave』{名}〈C〉8月の暑波『August vacation』{名}〈C〉8月の休暇

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

diver

水に飛び込む人

『海女』(あま),『潜水夫』;ダイビング競技の選手

水に潜る鳥(loon, grebeなど)

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

Belgium

ベルギー(ヨーロッパ西部,フランス北部にある北海に臨む王国;首都Brussels;《略》『Belg.』)

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

backpack

背のう(リュックサック・ナップサックなど)

リュックサックを背おって行く

〈リュックサックなど〉'を'背おう;〈物〉'を'背のうで運ぶ バックパック[リュックサック](を背負って旅行する), バックパックに入れる

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

warn

〈人〉に『警告する』

〈人・物事などが〉〈人〉‘に'『予告する』

〈人・立て札などが〉(…に近寄らないように,…から立ち退くように)〈人〉‘に'通告する《+名〈人〉+away from(from,off,out of)+名》

battery

〈C〉砲兵中隊;砲列,砲台;(軍艦の)備砲

〈C〉『電池』,バッてり‐

〈C〉一組みの器具;(関連するものの)一群,一連《+『of』+『名』》

〈C〉(野球で)バッテリー(投手と捕手)

〈U〉(法律用語で)殴打,暴行

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

flat

平『平らな』,平たんな

《補語にのみ用いて》べったりと広がった(横になった)

薄っぺらな(shallow)

《名詞の前にのみ用いて》露骨な,あからさまな;(positive)

(料金・価格などが)均一(一律)の(uniform)

たいくつな,おもしろくない,気の抜けた

(発泡飲料が)気の抜けた

空気のはいっていない,しぼんだ

(絵画で色調が)変化に乏しい,光沢を消した

(音楽で)変音の,半音下がった

『きっぱりと』

正確に,きっかり

本来の音程より下げて

『平面』,平たい部分

平地,低地;《複数形で》湿地,沼地,浅瀬

枠張り物(舞台背景用のベニヤ・布などを張った枠組み)

《おもに米》空気の抜けたタイヤ;パンク

半音低い音,変音;変音記号

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

funeral

『葬式』,葬儀,告別式

(死者を送る)葬列

葬式の,葬儀の

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

attend

…‘に'『出席する』,参列する,〈学校など〉‘に'通う

〈人〉‘の'『世話をする』,看護をする,‘に'仕える,付き添う

《文》(結果として)〈物事が〉…‘に'伴う,付随する(accompany)

(…に)『注意する』,気をつける,(…を)傾聴する《+『to』+『名』》

(仕事に)励む,専心する《+『to』+『名』》

(…の)面倒をみる,世話をする《+『to』+『名』》

(…に)出席する,参列する《+『at』+『名』》

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

probably

『たぶん』,『おそらく』

meaningful

有意義な,意義のある

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

exotic

外来の,外国産の

異国ふうの;風変わりな

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

sneaker

《複数形で》《おもに米》ゴム底の運動靴,スニーカー

こすい人;こそどろ

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

dramatically

劇的に,非常に効果的に

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

motivation

動機を与えること,動機づけ

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

makeshift

当座の間に合わせの物,代用品

間に合わせの,一時しのぎの

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

racist

民族主義者;人種差別主義者

民族主義の;人種差別主義の

jungle

《the~》(特に熱帯地方の)『密林』[地帯],ジャングル

〈C〉(物の)ごたごたした集まり,からみ合ったもの《+『of』+『名』》

〈C〉非情な競争の場,激しい生存競争の場

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

desperation

絶望状態

自暴自棄,やけくそ,死にもの狂い

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

applause

『拍手かっさい』;称賛

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

publication

〈U〉(書籍・雑誌などの)『出版』,発行《+『of』+『名』》

〈C〉出版物(書籍,雑誌,新聞など)

〈U〉(…の)『公表』,発表《+『of』+『名』》

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

permanent

『永久の』不変の

常設の,常置の

=permanent wave

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

seal

〈C〉アザラシ

〈U〉アザラシの皮;アザラシのなめし皮

アザラシ狩りをする

border

『ヘリ』,縁(ふち)端(はし);端に沿った部分

(衣服・絵画などの)縁飾り,縁取り

『国境』,境界;国境地方,辺境;《the B-》《米》米国とメキシコとの国境地方;《英》イングランドとスコットとの国境地方

(…で)〈布・道など〉‘に'縁(へり)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈土地など〉‘に'接する

(…に)〈矢地などが〉『隣接する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ほとんど(…に)近い《+『on』(『upon』)+『名』》

despair

〈U〉『絶望』,失望

〈C〉絶望のもと;見放されたもの

(…の)『望みを失う』,(…に)『絶望する』《+『of』+『名』(do『ing』)》

hopelessness

望みのないこと(状態),絶望

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

journalist

ジャーナリスト

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

slash

(刃・ナイフなどで)…‘を'さっと切る・…‘を'ヒュッと打ち下ろす

《通例受動態で》(裏地(下着)が見えるようにするため)〈衣服〉‘に'あき口(スリット)を付ける・《通例受動態で》〈価格・数量など〉‘を'大幅に切り下げる,大きく削減する・…‘を'こき下ろす,酷評する・(…を)切り払う《+『at』+『名』》・〈雨が〉さっと打ちつける・さっと切りつけること,打ち下ろすこと・切り口,深い切り傷・(価格・数量などの)大幅切り下げ,大削減・(衣服の)あき口(スリット) ・斜線記号(

)

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

publisher

(書籍などの)出版業者,出版社;《米》新聞発行者

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

wherever

…『する所はどこでも』

『どこに…でも』

『いったいどこへ』(に)

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

update

…を最新のものにする

最新情報

関連動画