TED日本語 - ジャミーラ・リスコット: 英語の三通りの話し方

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ジャミーラ・リスコットは、“3つの言語の話し手”です。彼女は、“壊れた英語”という力強いスポークン・ワード・エッセイで、友人・クラスメート及び両親のそれぞれと話す際の三者三様の言語を賛美し、それぞれのニュアンスを意欲的に伝えます。そして複雑な歴史と各言語が持つ現在のアイデンティティを説明することで、何が”正しい”言語なのかについて明らかにします。

Script

今日 ある女性が 私の肌の色を見て 困惑しながら

言いました あなたは “正しい” 英語が話せるのね と

それはつまり 発声や言葉遣いに関して

何も意識しないで済むということ

なぜなら 私は“正しい” から

だから 教授の質問に対する

私の返答に 都会っ子の含みがあっても

誤った意図は無いの

私の話をよく聞いて

なぜなら 私は “正しい” から

「なんだそれ?」とカリビアン訛りで聞く父に

私の “正しい” 答えが 間違って伝わることは無いのです

「お父さん これは非常に切実な問題なの」 と私は答えます

近所にいるときは 私は英語を切り替えます

友達に「最近 調子はどう?」と聞かれたら

「ケンカしたけどもう大丈夫」と

授業中には時々

文化人的な話し方をやめて質問します

「よぉ 私たちの事が なんで教科書に書かれてないのよ?」と

そう 私は決めたのです これら3つの言語を平等に扱うと

なぜなら私は “正しい” から

では “正しい英語” を決めるのは誰か?

英語には様々な話し方があって

常に変化し続ける言語です

インフォーマルな英語は 無教養だと思われるかもしれません

けれど “正しい”英語を話すアメリカ人でさえ イギリス人には馬鹿のように聞こえるのです

黒人街の路上で教授が 「こんにちは」 と挨拶したら

私は彼を引き止めて こう言います “Noooo!”

正しい英語じゃない 「最近どうよ?」 でしょ と

カリブ訛りが強すぎて 格好が悪いと思われるかもしれません

けれど 私たちの英語にもちゃんとルールがあります

もし母が私をからかって 「あなたあの店に行き過ぎよ」 と言ったら

「ママ あなたの英語はルール違反よ」と返します

現在分詞の前に“madd”は使わないからです

これは単に この英語の原則です」

もし私が全ての山の頂上から 全ての町や村から

声を届けられるなら 伝えたい ―

「唯一の言葉の神は『創世記』の記述にあり

神は人類を創り『よくできた』と言ったと」

私はいつも流暢な話し方で あなたに話しかけるわけではありません

でも私を言葉によって判断したり

無知すぎて教えられないと思わないで

なぜなら3ヶ国語が話せる

家と学校と友人

それぞれに ひとつ

私は3ヶ国語の使い手

私は時に自分の言葉に一貫性を持たせ

突然 退屈しのぎに言葉を切り替える

そして時に2ヶ国語で反論する

教室で異なる言語を使っていて

時に言葉を混同したとき

トイレで料理をしているように感じます

私の言葉はもう盗まれたので あなたの言葉を借りなければならないことも 分かっています

でも私にあなたの歴史を話させないでください 私の歴史はあなたたちに壊されたから

英語は欧米中心の理想に

もううんざりしている人により 話されています

私が混ざった英語を話すのは

自分の言葉が歴史の中で失われたからです

私が壊れた英語を話すたび 過去のおびただしい傷がうずくのです

私たちの状態は不思議でも何でもありません

私は同胞を腹立たせる ネガティブなイメージに疲れたのです

私たちを銀行強盗と思ったり 髪がおかしいと言わないで下さい

もうばかげた人種の不平等に 疲れきっているのです

あなたの髪が人助けをするわけじゃ ないでしょう

私たちから多くが奪われたように

どうして あなたの言葉の私たちなりの話し方が

下等なものだと捉えられるでしょう

混乱しないようにしましょう

ためらわないようにしましょう

無視を勧めるのではありません

これは言語にとって祝祭です

それが私が最後の履歴書に 「3ヶ国語」と書いた理由です

私はあなたの顧客市場を多様化できると 知ってもらいたかったのです

私を採用面接に呼んだならば 喜んで私はそれを証明するでしょう

あいさつでも 私は

“最近どうよ?”

“ちわっす”

そしてもちろん “こんにちは”

だって私は “正しい” から

ありがとう

(拍手)

Today, a baffled lady observed the shell where my soul dwells.

And announced that I'm "articulate."

Which means that when it comes to enunciation and diction.

I don't even think of it.

'Cause I'm "articulate."

So when my professor asks a question.

And my answer is tainted with a connotation of urbanized suggestion.

There's no misdirected intention.

Pay attention.

'Cause I'm "articulate."

So when my father asks, "Wha' kinda ting is dis?"

My "articulate" answer never goes amiss.

I say "father, this is the impending problem at hand."

And when I'm on the block I switch it up just because I can.

So when my boy says, "What's good with you son?"

I just say, "I jus' fall out wit dem people but I done!"

And sometimes in class.

I might pause the intellectual sounding flow to ask.

"Yo! Why dese books neva be about my peoples."

Yes, I have decided to treat all three of my languages as equals.

Because I'm "articulate."

But who controls articulation?

Because the English language is a multifaceted oration.

Subject to indefinite transformation.

Now you may think that it is ignorant to speak broken English.

But I'm here to tell you that even "articulate" Americans sound foolish to the British.

So when my Professor comes on the block and says, "Hello."

I stop him and say "Noooo ...

You're being inarticulate ... the proper way is to say what's good."

Now you may think that's too hood, that's not cool.

But I'm here to tell you that even our language has rules.

So when Mommy mocks me and says "ya'll-be-madd-going-to-the-store."

I say "Mommy, no, that sentence is not following the law.

Never does the word "madd" go before a present participle.

That's simply the principle of this English."

If I had the vocal capacity I would sing this from every mountaintop.

From every suburbia, and every hood.

'Cause the only God of language is the one recorded in the Genesis.

Of this world saying "it is good."

So I may not always come before you with excellency of speech.

But do not judge me by my language and assume.

That I'm too ignorant to teach.

'Cause I speak three tongues.

One for each:

Home, school and friends.

I'm a tri-lingual orator.

Sometimes I'm consistent with my language now.

Then switch it up so I don't bore later.

Sometimes I fight back two tongues.

While I use the other one in the classroom.

And when I mistakenly mix them up.

I feel crazy like ... I'm cooking in the bathroom.

I know that I had to borrow your language because mines was stolen.

But you can't expect me to speak your history wholly while mines is broken.

These words are spoken.

By someone who is simply fed up with the Eurocentric ideals of this season.

And the reason I speak a composite version of your language.

Is because mines was raped away along with my history.

I speak broken English so the profusing gashes can remind us.

That our current state is not a mystery.

I'm so tired of the negative images that are driving my people mad.

So unless you've seen it rob a bank stop calling my hair bad.

I'm so sick of this nonsensical racial disparity.

So don't call it good unless your hair is known for donating to charity.

As much as has been raped away from our people.

How can you expect me to treat their imprint on your language.

As anything less than equal.

Let there be no confusion.

Let there be no hesitation.

This is not a promotion of ignorance.

This is a linguistic celebration.

That's why I put "tri-lingual" on my last job application.

I can help to diversify your consumer market is all I wanted them to know.

And when they call me for the interview I'll be more than happy to show that.

I can say:

"What's good."

"Whatagwan."

And of course ... "Hello."

Because I'm "articulate."

Thank you.

(Applause)

Today,/ a baffled lady observed the shell/ where my soul dwells.//

今日 ある女性が 私の肌の色を見て 困惑しながら

And announced/ that I'm "articulate."//

言いました あなたは “正しい” 英語が話せるのね と

Which means/ that/ when it comes to enunciation and diction.//

それはつまり 発声や言葉遣いに関して

I don't even think of it.//

何も意識しないで済むということ

なぜなら 私は“正しい” から

So/ when my professor asks a question.//

だから 教授の質問に対する

And my answer is tainted with a connotation of urbanized suggestion.//

私の返答に 都会っ子の含みがあっても

There's no misdirected intention.//

誤った意図は無いの

私の話をよく聞いて

なぜなら 私は “正しい” から

So/ when my father asks,/ "Wha'/ kinda ting is dis?"//

「なんだそれ?」とカリビアン訛りで聞く父に

My "articulate"/ answer never goes/ amiss.//

私の “正しい” 答えが 間違って伝わることは無いのです

I say "father,/ this is the impending problem/ at hand."//

「お父さん これは非常に切実な問題なの」 と私は答えます

And when I'm on the block/ I switch it up just/ because I can.//

近所にいるときは 私は英語を切り替えます

So/ when my boy says,/ "What's good/ with you son?"//

友達に「最近 調子はどう?」と聞かれたら

I just say,/ "I jus' fall out wit dem people/ but I done!"//

「ケンカしたけどもう大丈夫」と

And sometimes/ in class.//

授業中には時々

文化人的な話し方をやめて質問します

"Yo!// Why dese books neva be about my peoples."//

「よぉ 私たちの事が なんで教科書に書かれてないのよ?」と

Yes, I have decided to treat/ all three of my languages/ as equals.//

そう 私は決めたのです これら3つの言語を平等に扱うと

Because I'm "articulate."//

なぜなら私は “正しい” から

では “正しい英語” を決めるのは誰か?

Because the English language is a multifaceted oration.//

英語には様々な話し方があって

常に変化し続ける言語です

Now/ you may think/ that it is ignorant/ to speak broken English.//

インフォーマルな英語は 無教養だと思われるかもしれません

But I'm here/ to tell you/ that even "articulate"/ Americans sound foolish/ to the British.//

けれど “正しい”英語を話すアメリカ人でさえ イギリス人には馬鹿のように聞こえるのです

So/ when my Professor comes on the block/ and says,/ "Hello."//

黒人街の路上で教授が 「こんにちは」 と挨拶したら

I stop him/ and say "Noooo ...//

私は彼を引き止めて こう言います “Noooo!”

You're being inarticulate ...//

正しい英語じゃない

the proper way is to say/ what's good."//

「最近どうよ?」 でしょ と

Now/ you may think/ that's too hood,/ that's not cool.//

カリブ訛りが強すぎて 格好が悪いと思われるかもしれません

But I'm here/ to tell you/ that even our language has rules.//

けれど 私たちの英語にもちゃんとルールがあります

So/ when Mommy mocks me/ and says "ya'll-be-madd-going-to-the-store."//

もし母が私をからかって 「あなたあの店に行き過ぎよ」 と言ったら

I say "Mommy,/ no,/ that sentence is not following the law.//

「ママ あなたの英語はルール違反よ」と返します

Never does the word "madd"/ go before a present participle.//

現在分詞の前に“madd”は使わないからです

That's simply/ the principle of this English."//

これは単に この英語の原則です」

If I had the vocal capacity/ I would sing this/ from every mountaintop.//

もし私が全ての山の頂上から 全ての町や村から

From every suburbia,/ and every hood.//

声を届けられるなら 伝えたい ―

'Cause/ the only God of language is the one recorded in the Genesis.//

「唯一の言葉の神は『創世記』の記述にあり

Of this world/ saying "it is good."//

神は人類を創り『よくできた』と言ったと」

So/ I may not always come before you/ with excellency of speech.//

私はいつも流暢な話し方で あなたに話しかけるわけではありません

But do not judge me/ by my language and assume.//

でも私を言葉によって判断したり

That I'm too ignorant/ to teach.//

無知すぎて教えられないと思わないで

'Cause/ I speak three tongues.//

なぜなら3ヶ国語が話せる

One/ for each:/ Home, school and friends.//

家と学校と友人 それぞれに ひとつ

I'm a tri-lingual orator.//

私は3ヶ国語の使い手

Sometimes/ I'm consistent/ with my language now.//

私は時に自分の言葉に一貫性を持たせ

Then switch it up/ so I don't bore later.//

突然 退屈しのぎに言葉を切り替える

Sometimes/ I fight back/ two tongues.//

そして時に2ヶ国語で反論する

While I use the other one/ in the classroom.//

教室で異なる言語を使っていて

And when I mistakenly mix them up.//

時に言葉を混同したとき

I feel crazy like ...// I'm cooking/ in the bathroom.//

トイレで料理をしているように感じます

I know/ that I had to borrow/ your language/ because mines was stolen.//

私の言葉はもう盗まれたので あなたの言葉を借りなければならないことも 分かっています

But you can't expect me/ to speak your history wholly/ while mines is broken.//

でも私にあなたの歴史を話させないでください 私の歴史はあなたたちに壊されたから

These words are spoken.//

英語は欧米中心の理想に

By someone/ who is simply fed up/ with the Eurocentric ideals of this season.//

もううんざりしている人により 話されています

And the reason/ I speak a composite version of your language.//

私が混ざった英語を話すのは

Is/ because mines was raped away/ along with my history.//

自分の言葉が歴史の中で失われたからです

I speak broken English/ so the profusing gashes can remind us.//

私が壊れた英語を話すたび 過去のおびただしい傷がうずくのです

That our current state is not a mystery.//

私たちの状態は不思議でも何でもありません

I'm so tired of the negative images/ that are driving my people mad.//

私は同胞を腹立たせる ネガティブなイメージに疲れたのです

So/ unless you've seen/ it rob a bank stop/ calling my hair bad.//

私たちを銀行強盗と思ったり 髪がおかしいと言わないで下さい

もうばかげた人種の不平等に 疲れきっているのです

So don't call it good/ unless your hair is known for donating to charity.//

あなたの髪が人助けをするわけじゃ ないでしょう

As much/ as has been raped away/ from our people.//

私たちから多くが奪われたように

How can/ you expect me/ to treat their imprint/ on your language.//

どうして あなたの言葉の私たちなりの話し方が

As anything less/ than equal.//

下等なものだと捉えられるでしょう

Let there be no confusion.//

混乱しないようにしましょう

Let there be no hesitation.//

ためらわないようにしましょう

This is not a promotion of ignorance.//

無視を勧めるのではありません

これは言語にとって祝祭です

That's/ why I put "tri-lingual"/ on my last job application.//

それが私が最後の履歴書に 「3ヶ国語」と書いた理由です

I can help to diversify/ your consumer market is all I wanted them/ to know.//

私はあなたの顧客市場を多様化できると 知ってもらいたかったのです

And when they call me/ for the interview/ I'll be more/ than happy/ to show/ that.//

私を採用面接に呼んだならば 喜んで私はそれを証明するでしょう

I can say:/ "What's good."//

あいさつでも 私は “最近どうよ?”

"Whatagwan."//

“ちわっす”

And of course ...// "Hello."//

そしてもちろん “こんにちは”

Because I'm "articulate."//

だって私は “正しい” から

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

shell

『貝がら』,貝;(甲虫・卵などの)堅い殻(から),(カメなどの)こうら

(種子・果実などの)『堅い外皮』,さや

殻に似た物;建物の外郭,骨組

《比喩(ひゆ)的に》(心を閉ざした)殻,打ち解けない態度

砲弾;《米》薬きょう

シェル(一人または二,三人でこぐ競漕用ボート)

〈貝など〉‘の'殻を取る,〈豆〉‘の'さやを取る

…‘に'弾丸(砲弾)を浴びせる,‘を'砲撃するる

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

dwell

(ある場所に)『住む』,居住する《+『in』(『at』)+『名』》

(ある状態などに)長くとどまる

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

articulate

(音節や単語が)はっきり話される,分節的な

(自分の考えなど)はっきりと表現できる;(人が)考えを口に出せる

(動物が)関節のある

〈語・音節〉'を'はっきり発音する

〈気持・考えなど〉'を'はっきり表現する

…'を'関節でつなぐ,接合する

enunciation

〈U〉発音の仕方,口調

〈C〉公表,宣言,言明

diction

言葉遣い,言い回し,語法

発声法,話し方

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

'cause

=because

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

taint

汚点,汚れ

腐敗;堕前

(病気などの)気味,痕跡《+of+名》

…‘を'汚す

…‘を'腐らせる;…‘を'堕前させる

汚れる,腐る,堕落する

connotation

言外の意味

(論理学で)内包

suggestion

〈U〉〈C〉『提案,』提案すること

〈C〉『提案されたもの(こと)』

〈C〉〈U〉そりとなく言うこと,暗に示すこと;連想させること

〈C〉《a~》『少しばかり』(の…),少量(の…)《+of+名》

intention

『意図』,考え,目的

《複数形で》(自分の行動の)心づもり,動機;《話》(…と)結婚する意志《+toward+名》

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

ting

…‘を'チリンチリナ(リンリン)と鳴らす

チリンチリン鳴る宴

amiss

誤った,不都合な;《否定文で》場違いの

間違って,ぐあい悪く

impending

(特に,いやな事が)今にも越ころうとしている,差し迫った

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

wit

知る(know)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

intellectual

『知的な』,知力のいる

知性的な,そう明な,理性的な

知識人,インテリ

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

articulation

〈U〉調音(分節して発音された音)

〈U〉有節発音;発音の明りょう度

〈C〉関節,(植物の)節

oration

演説

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

indefinite

『不明確な』,不確定の,はっきりしない

(数・量・大きさなどが)不定の,限られていない

transformation

変形,変質;変身

(物理学で)変換;(電流の)変圧

(言吾学で)変形

ignorant

(人が)『知識がない』,無知な,教育を受けていない

《補語にのみ用いて》『知らない』,気づかない(unaware)

《話》(行為などが)無知から起こる,非常識な

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

foolish

『愚かな』,思慮分別のない

こっけいな,おかしい

無意味な,つまらない,ばかばかしい

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

inarticulate

(発音・言葉が)不明りょうな

(人が)はっきり物を言えない

(意見・気持ちなど)はっきり言い表せない

(動物などが)口がきけない

(動物が)無関節の

proper

(目的に)『適切な』,ふさわしい

《文》《補語にのみ用いて》《『be proper to』+『名』…に固有の,本来備わっている》

基準にかなった,正式の

(行き過ぎるぐらいに)礼儀正しい

《名詞の前にのみ用いて》厳密な,正確な

《名詞の後に置いて》厳密な意味での,真の,純粋の

《名詞の前にのみ用いて》すばらしい,すてきな;《おもに英話》全くの

hood

『ずきん』,フード

(馬車・自動車などの)ほろ,(電灯,煙突などの)かさ,(機械などの)おおい,(カメラのレンズ用の)フード

《米》(自動車の)ボンネット(車体のエンジン部分のおおい)(《英》bonnet)

(大学の式服などの)背の垂れ布

…‘を'ずきん(ほろ,かさなど)でおおう,‘に'ずきん(ほろ,かさなど)をつける;(ずきんなどで)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

mommy

おかあちゃん(mom)(《英》mummy)

mock

〈人,人の言動〉‘を'『あざける』,ばかにする

〈人の言動〉‘を'『ふざけてまねる』

〈努力・力など〉‘を'無視する,無にする

(…を)あざける,ばかにする(scoff)《+『at』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》にせの,ごまかしの

あざけり

sentence

〈C〉『文』,文章

〈C〉〈U〉(…に対する)『判決』,(刑の)『宣告』

〈人〉‘に'宣告する

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

present participle

(文法で)現在分詞

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

vocal

『声の』,音声の

声に出す,口頭の

《話》(意見などを)遠慮なくしゃべる,口やかましい

(ポピュラー歌手の)ボーカル

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

mountaintop

山頂

suburbia

《集合的に》郊外

《集合的に》郊外居住者

郊外居住者の生活様式

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

genesis

〈U〉〈C〉《the ~》起源,発生,創始

《the G-》創世記(旧約聖書の第1書;《略》Gen.)

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

tongue

〈C〉『舌』

〈C〉〈U〉(食用の牛などの)舌,タン

〈C〉『言葉』,言語(language)

〈C〉『言葉遣い』,言い回し

〈C〉話す能力

〈C〉(形・位置・働きが)舌に似たもの

〈C〉細長い岬

〈C〉(靴の)舌革,べろ

orator

演説者,講演者

雄弁家

consistent

『矛盾のない』

(主義・考え方などが)不変の,(人が)節操のある

bore

bear(実をつける)の過去形

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

classroom

『クラスルーム』,教室

mistakenly

誤って

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

bathroom

『浴室』,ふろ場

便所(toilet)

borrow

(…を担保として…から)…'を'『借りる』《+『名』+『from』+『名』+『on』+『名』》

〈言葉・思想・方法など〉'を'借りてまねる,模倣(もほう)する

借りる,借金する

stolen

stealの過去分詞・盗まれた

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

wholly

『まったく』,完全に(completely)

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

spoken

speakの過去分詞

『口で言う』,口頭の(oral)

口語の(colloquial)

《ハイフンをつけ複合形容詞を作って》口先(話しぶり)が…な

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

ideal

『理想』,究極の目的

理想の人物(物),(理想とすべき)手本

『理想的な』,申し分のない

(実在ではなく)観念的な,頭の中だけの;想標上の

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

composite

合成の,複合の

キク科の

合成物,複合物

キク科植物

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

rap

(…を)『コツン』(『トン』)『とたたくこと』(『音』)《+『on』(『at』)+『名』》

《話》(人のしたことに対する)非難,とがめ《+『for』+『名』》

《俗》おしゃべり

…‘を'コツン(トン)とたたく

〈命令など〉‘を'びしゃりと言う《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…を)コツン(トン)とたたく《+『at』(on)+『名』》

《俗》互いに気持ちよく話す・〔俗〕 非難(する); 叱る; 〔俗〕 告訴[処罰,逮捕](する); 〔俗〕 おしゃべり(する); 〔米俗〕 ラップ(ミュージック); 〔米俗〕 ラップで歌う・「take the rap」で「甘んじて罰を受ける」

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

profuse

たいへん豊富な,おびたぃしい

《補語にのみ用いて》(人が)(…を)気前よく出す(与える)《+『in』(『of』,『with』)』+『名』》

gash

大きく深い傷(切り傷)

…‘を'深く切る,‘に'深い傷を負わせる

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

mystery

〈C〉『神秘的な物』(『事』)

〈C〉好寄心(気がかり)を起こさせる物(事)

〈C〉推理小説(劇,映画)

〈U〉『神秘[性]』

〈C〉《複数形で》(宗数的)秘法,秘教;(古代ギリシア・ローマの)神秘儀式

tired

『疲れた』

《補語にのみ用いて》『飽きた』,うんざりした;(…に)飽きた《+of+名(doing)》

(文句などが)陳腐な

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

mad

『気が狂った』,気違いの

ばかげた,無謀の,向こう見ずな

《補語にのみ用いて》《話》(人・物事に)夢中になって,(…を)熱望して《+『about』(『for』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》『怒った』,腹を立てた(angry)

狂ったように興奮した,熱狂した

(イヌが)狂犬病にかかった

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

rob

(金品を)〈人・銀行など〉‘から'『力ずくで奪う』,強奪する《+『名』〈人・銀行など〉+『of』+『名』〈金品〉》

〈人・銀行など〉‘から'金品を盗む;…‘の'中身を盗む

(人・銀行などから)〈金品〉‘を'『おどし取る』

(事を)…‘から'むりやりに取ってしまう,無くしてしまう《+『名』+『of』+『名』〈事〉》

略奪する,強盗を働く

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

sick

(人が)『病気の』;(部屋などが)病人の[ための];(顔色などが)病気を示す(思わせる)

《名詞的に》《the ~;複数扱い》病人

《補語にのみ用いて》《おもに英》(…で)むかついて,吐き気を催して,気分が悪い《+『at(『with』,『from』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『うんざりして』,あきあきして,いや気がさして;(…に)しゃくにさわって,腹が立って《+『of』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『がっかりして』,落胆して《+『at』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,こがれて《+『for』+『名』》

病的な,異常心理の;気味の悪い

nonsensical

ばかげた,無意味な

racial

人種[上]の,民族の,種族の

disparity

(…の)本質的な相違;〈C〉本質的な相違点《+『in』(『of』)+『名』》

donate

(…に)…‘を'寄贈する,寄付する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄贈(寄付)する《+『to』+『名』》

charity

〈U〉『博愛』,慈愛,思いやり;(キリスト教の)愛

〈U〉『慈善』,施し;〈C〉施し物,寄付

〈C〉《通例複数形で》慈善事業,慈善施設

〈U〉(他人の言動に対する)寛容

imprint

(…に)〈印など〉‘を'押す,〈模様など〉‘を'押してつける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》;(印・模様などを)…‘に'押す,押しつける《+『名』+『with』+『名』》

(心・記憶に)…‘を'刻みつける《+『名』+『on』(『upon, in』)+『名』》

押された印,押印,スタンプ;(…の)跡《+『of』+『名』》

(書物の)奥書き(出版者・発行日・版などを記したもの.外国の本では表紙に続く扉(title leaf)または その裏のページにある)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

confusion

『混乱』,乱雑(disorder)

(…と…との)混同《+『of』+『名』+『with』+『名』》

当惑,ろうばい

hesitation

『ためらい』,ちゅうちょ

口ごもり

promotion

〈U〉〈C〉『昇進』,進級

〈U〉(…を)押し進めること,(…の)促進,増進,奨励《+『of』+『名』》

〈C〉宣伝商品,促進商品

ignorance

『無学』,『無知』,無教育;(…を)知らないこと《+『of』+『名』》

linguistic

言語学の;言語上の

celebration

『祝賀』,祝典(儀式)の挙行;〈C〉祝典,祭典,祝賀会

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

diversify

…‘を'多様化する,いろいろ変化させる

consumer

(…の)情費者(…を)消費(浪費)する物(事)《+『of』+『名』》

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画