TED日本語 - ティム・バーナーズ=リー: 次のウェブ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

20年前、ティム・バーナーズ=リーは、World Wide Webを発明しました。彼の次のプロジェクトは、ウェブが文字や画像、動画を対象に行ったように、私たちのデータを解放し、データの相互利用方法の再構成を意図とした、オープンでリンクするデータの為の新しいウェブの構築です。

Script

時がたつのは早いものです ちょうど20年程前に 情報の利用方法や 協力して仕事する方法を再構築したいと考え World Wide Webを発明しました そして今 20年後のTEDで 私は皆さんに新しい再構築に協力頂きたいと思います

1989年の頃に遡ります 私はグローバル バイパーテキスト システムを 提唱する提案書を書きました 誰もそれに関してあまり関心を向けませんでした でも 18ヶ月後 このようにイノベーションは起こるのですが 18ヶ月後 私の上司が私にこのプロジェクトをサイドプロジェクトとして私たちが得た 新しいコンピューターの点検がてら 取り組む事を許可してくれました そして彼は 私にコーディングを行う時間をくれたのです そこで私はHTMLの大まかな部分を作りました HTTPと呼ばれるハイバーテキスト プロトコルや “http”で始まる物事を指す名前である URLの概念などです 私はコードを書いて 外に公開しました

なぜ 私はこのような事をしたのか それは 基本的にストレスがあった為です 私は不満を持っていました 私はソフトウェアエンジニアとして巨大で エキサイティングな研究所に 世界中から 集まった多くの人達と共に働いていました 彼らは 多様なコンピューターを研究所に持ち寄ってきました 彼らは多様なデータフォーマットや 様々な文書システムを利用していました そこで そのような多様性が存在する中で もし私があれこれ使って 何かを作りたいと思い立った場合 見ればどれも 新しいマシンに繋げなければならなかったり 新しいプログラムの 動かし方を学ばなければならなかったり 欲しかった情報が新しいデータ形式で見つかったりします そしてこれらは全て互換性がないものです それはとてももどかしいものでした 開きうる可能性に対するもどかしさです

実際それらのハードディスクの中にはドキュメントがあったのです 例えばインターネットのように もしそれが どこかの巨大な仮想文書システム上に あったとしたら 苦労をせずに済むでしょう 一度そのようなアイディアを得ると 心を捉えられてしまうものです 例え人々が見向いてくれなかったとしても 上司は実際見てくれた訳ですが 彼の死後見つかった資料には 欄外に鉛筆で「よくわからないが興味深い」と書かれていました

(笑)

しかし一般的には ウェブというものを説明することは非常に難しいものでした 今では当時難しかったことを 説明する方が難しい訳ですが でも TEDが始まった時のように ウェブは存在せず 例えばクリックするという行為には今とは別の意味がありました 誰かにハイパーテキストという リンクが含まれるページを見せ リンクをクリックすれば 「チーン」 別のハイパーテキストページが表示されます あまり見栄えはしません CD-ROMにもハイパーテキストが含まれていたりします 難しかった事は 彼らに想像させることでした 実質的に考え得るあらゆる文書にリンクで飛ぶことができるのだと 想像させるということです これは難しい概念的な飛躍だったのです まあ ある人々は受け入れてくれましたが 説明するのは難しかったものの 草の根運動が起こったのです そしてそれこそがこの事を最も面白くさせたのです 私が最も興奮したことは 技術自体でも 人々が技術を使ってやったことでもなく そこから生まれたコミュニティーであり 力を合わせる人々の精神に対してです あの頃はそんなふうでした

面白い事に今も当時と同じ状況になりつつあります 私はいわば皆さんにお願いしていたのでした 「このウェブっていうのにみんなの文書を置いてください」 そしてみんなそうしてくれました ありがとうございます すごい事になりましたよね かなり面白い事になっていたと思います なぜならウェブ上で起こったことは 私たちを本当に圧倒したからです それらは私たちが始めのウェブサイトを 始めた時に想像していたことを 遥かに超えていました 次は ウェブに皆さんのデータを置いて頂きたいのです ここにはまだ開かれずにいる大きな可能性があります 未だ人々はデータがウェブ上に データとして存在していないことから 多くの不満を抱えています

そもそもデータとは何でしょう 文書とデータの違いは何でしょう 文書は読み物です 内容を読めるし リンクを辿ることもできますが それだけです 一方 データの場合 様々な事が出来ます ハンス ロスリングの講演を聴いた方はいらっしゃいますか もっとも素晴らしい ええ 多くの方はご覧になったと思いますが 最も卓越したTED Talkの一つでした ハンスはこのプレゼンテーションより 様々な国々に対して 異なる色で表現し 彼は 所得水準を一方の軸で表し もう片方を幼児死亡率とし 時の経過をアニメーションで示しました 彼はこれらのデータを元に 人々が発展途上諸国の経済に対して持っていた 思い込みをプレゼンテーションで吹き飛ばしたのです

彼はこのようなスライドを紹介しました 地下には全てのデータが存在し データは面白みのない茶色の箱として描かれていますが そういうものだとみんな思っています なぜならデータはそのまま使う事は出来ないからです でも実は 誰かがそのデータを元に何かを生み出すことによって データは私たちの生活に大きな影響を与えるものなのです このケースでは ハンスが 国連の様々なウェブサイトなどを通じて発見したデータを組み合わせたのです 彼はデータを一緒に組み合わせ 個別のデータより遥かに面白いものを生み出し 確か彼の息子さんが開発したという このソフトウェアに取り込ませることで この素晴らしいプレゼンテーションを作成したのです そしてハンスは 「沢山のデータを持つ事が重要なのです」と言っていました そして私は昨夜のパーティーで 彼はまだとても強く 沢山のデータを持つ事の重要性を語っていたのを見てとても嬉しかったです

そこで私は皆さんに 彼のようにただ二つや 六つのデータを繋げるというだけではなく みんながデータをウェブに載せ 実質的に考えうるあらゆるものがウェブ上にあるという世界を 考えていただきたいのです これをLinked Dataと呼びます この技術はごくシンプルなものです ウェブに何かを載せるには3つのルールがあります まず“http:”で始まる HTTP名が必用です これからは文書だけではなく 文書に書かれているものにも使います 人や 場所 製品やイベントに対しても利用するのです 様々な概念に対して それぞれHTTPで表されるようになるのです

2つ目のルールは もし私がこのHTTPの名称をもとに ウェブ上で検索し データを HTTPプロトコルを使ってウェブから 取得したら 人々が知りたがる物事やイベントを 有益な情報としてデータを標準形式で 取得出来ることです そのイベントには 誰が出るのか?その人の事や 生まれた場所などと言った事についてです つまり重要な情報を取得できる点です

3つ目のルールは その情報を取得したら 身長 体重 生まれた場所などその人自身のことだけでなく 関連をも取得できるということです データとは関連なのです 面白い事に データは関連を表すのです この人はベルリンで生まれました ベルリンはドイツにあります 関連が表明されるとき 関連しているものについて HTTPで始まる名前が取得でき 私はその情報を調べることができます まずその人を調べ そこから彼らが生まれた都市を探し その都市の地域や 町 そして人口などを探し出せます つまり 私はこれらの情報に 目を通すことができるのです

簡単でしょう? これがLinked Dataなのです 何年か前に 私は"Linked Data"という記事を書きました そしてその後 物事が進み始めたのです このLinked Dataは ハンスが示したように 沢山の箱を私たち自身が持ち そこから 沢山の芽が伸びてくるイメージです 単なる沢山の草というのではなく 一本の草が伸びている根というのでもなく それぞれの植物は それがプレゼンテーションや分析結果であれ データにパターンを見出そうとする人が あらゆるデータを見ることができ データをつなぎ合せることができるのです そしてデータに関して最も重要なのは 繋がるデータが多い程 価値が高まるということです

という訳で Linked Dataという ミームは世の中に放たれました 程なくして これに関する興味深いものをはじめに発表した一人である ベルリン自由大学のクリス ビッツァは Wikipediaに目を向けました 皆さんのご存知の 興味深い膨大な文書が 詰まったオンライン辞書です それらの文書には小さな囲み記事があり それらインフォボックスの中にはデータがあります 彼はそれらのデータをWikipediaから抽出してウェブ上の Linked Dataのノードに 入れるためのプログラムを作りました Dbpediaです Dbpediaは このスライドで真ん中に見える青い塊として表現されています そして実際にベルリンを調べてみると 他にもベルリンに関連する様々なデータが 互いに繋がっていることを見る事ができます Dbpediaからベルリンに関してデータを取得すれば 他の情報も合わせて引っ張りだせます そしてワクワクすることに それが成長し始めたのです これもまた 全くの草の根の運動なのです

データに関して少々考えてみましょう データは様々な形で存在します ウェブの多様性を考えてみてください ウェブが様々なデータを 自由に設置することを許容している点が非常に重要なのです いろいろなデータについてご紹介できます 政府のデータというのがあります 企業データというのも非常に重要です 科学データや 個人データ 気象データに イベントに関するデータ 講演に関するデータや ニュースなどといったあらゆるデータが存在します 皆さんには ウェブの多様性について理解して頂き さらに解放される可能性を持ったデータの 多さを知って頂くために いくつかを紹介するだけにとどめます

政府のデータから始めましょう バラック オバマは スピーチで アメリカ政府のデータをインターネットから利用できるようにすると言いました 私は政府がLinked Dataとして データを公開することを願います それが重要なのです なぜでしょうか 透明性の為だけではありません もちろん透明性は重要ですが そのデータは 全ての政府の機関から集められたデータです その中にアメリカの人々の生活についてのデータがどれほどあることでしょう それは実際に役に立ち 価値があります 自分の会社で使うことができます 子供が宿題をするのに使うこともできます つまりこのデータが利用できることによって 世界をより良くしようという話なのです

政府機関がデータをどう扱っているかお分りと思いますが 彼らはデータを公開せずに 抱え込んでいる傾向が強いのです ハンスはこれを「データベースの抱え込み」と呼んでいます データベースを抱きかかえ 美しいサイトが 完成するまで見せようとしないのです 私は それをするよりかは ええ 美しいウェブサイトを作ってください 美しく作るなと言っている訳ではないのです 美しいウェブサイトは是非作ってください ですが まず始めに 私たちに手が加わっていない生データを下さい 私たちが欲しいのはそのデータなのです 生のデータを公開して頂きたいのです 生データを今すぐ解放して欲しいことを伝えなければなりません これからみんなで言う練習をしましょう ティム: 「生の」

会場:「生の」

ティム: 「データを」

会場:「データを」

ティム: 「今すぐに!」

会場:「今すぐに!」

ティム: そう 「生のデータを 今すぐに!」

会場:「生のデータを 今すぐに!」

是非練習してください 私たちが納税者としてそのお金を出しているというのに 彼らは多くの理由をつけ データを保管し 皆さんにデータを公開しないので この言葉はとても重要なのです そしてこれは世界中で起きていることです もちろん政府に限ったことではなく 企業に対してもそうです

データに対する私の考えについてもう少し話したいと思います ここTEDでは 常に人類社会が現在直面している 大きな課題に対して意識しています 癌の治療 アルツハイマー治療のための脳の理解 より安定させることを目的とした経済への理解や 世界の仕組みに対する理解など これらの課題の解決を目指す学者は アイディアを頭の中に持ちつつ ウェブを介して情報を交換し合っています しかしながら 現在の人類における知識の大半は データベースに存在し 大抵コンピューター内に留まり 実際に共有されていません

実際 例えば もしあなたがアルツハイマー病に関する 創薬について情報を探すと 多くの Linked Dataが公開されつつあることを知るでしょう なぜならその分野の科学者達は 今まで ゲノムデータを一つのデータベースに格納し タンパク質のデータを別のデータベースに格納していたことから それらの情報を解放するきっかけになることに気づいたからです 今や彼らはそれをLinked Dataにしており 今まで問うことのできなかった質問が 問えるようになりました 「シグナル伝達及び錐体神経に関係する タンパク質は何か」 この質問をグーグルに投げかけてみましょう もちろん だれも以前にこの質問をした人がいなかったことから この質問に答えるページは存在しません 22万3千ページがヒットしますが 参考になるページはありませんでした 次にLinked Dataのシステムに質問してみると 32件ヒットし そのどれもが問うている性質を持ったタンパク質で そこから調べることができます 科学者として このように 異なる領域を実際にまたぐ質問を することが出来るようになったこと これは 大きな変化です それはとても重要なことです 科学者達は 他の科学者達が収集し 外部から隔てられたデータの前に完全に立ち往生している状況であり 解放することで 大きな問題に取り組める体制が必用です

おそらく皆さんは全てのデータは巨大な研究機関から生まれてくるものであり 個人には関係のない話と思っているかもしれません でもそれは違います データは私たちの生活より生まれるものです お好きなソーシャルネットワークサイトにアクセスし 「この人は私の友人です」と言えば 「チーン!」関係性と共にデータが生まれます 「この写真は この人を撮したものです。」と言えば 「チーン!」これもデータです データ データ データ ソーシャルネットワークサイトで 何かをする度に それらのデータをサイト側が取得し 利用することで サイト上の他の人々の生活を更に面白くなるようにしています それでも 別のLinked Dataを 使ったサイトに行けば 例えば 旅行関連サイトがあるとして この写真をそのグループに所属している全員に送りたくとも サイト間で 写真は送れません エコノミスト誌や多くのブログで話題になる 不満が存在するのです この壁を取り払うには サイト同士の 相互運用性を持たせることです Linked Dataなら可能なのです

最後にご紹介するお話は 恐らく最も面白いものだと思います ここに来る前に 私はOpenStreetMapを使いました これは地図であり Wikiでもあります この四角を拡大すれば それは私たちが今いる劇場である テラス劇場です 名前がなかったので 編集モードを使って この劇場を選択し 名前を一番下に追加し 保存しました 再度このOpenStreetMap.orgに戻ってみると この場所 テラス劇場に名前が付けられていることが分かります 私がやったんですよ! 僕が地図に名前を付けたんだ! 俺がつけてやったんだよ どうだい? この市街地図は 私のように みんなでそれぞれほんの少しずつ 手を加える事で 途方もない資料を作り出しているのです そしてそれこそがLinked Dataの本質なのです 人々が 幾ばくかの情報を提供し それが全て繋がっていくのです そうやってLinked Dataは機能するのです あなたも 他の人も それぞれの情報を提供するのです あなた自身には ウェブに載せるだけの大量のデータがなかったとしても 要求することはできます 私たちはそれを練習しました

というわけでLinked Dataです これは途方もないものです 私はまだほんの一握りのことしか皆さんに紹介していません 私たちの生活には仕事や娯楽をはじめ あらゆる面にデータが存在し ただ データが生成される拠点の数が課題なのではなく それを繋げていくことが重要なのです 文書としてのウェブでは得られなかった力が データを繋ぎ合せることで得られるのです この中から本当に途方もなく巨大な力が生まれます 今はこれが素晴らしいアイディアだと思う人々が 行動を起こすべき時です 他のみんなが参加して初めて見返りの得られる 投資効果がすぐにはない話であっても それを実行に移す人がTEDにもたくさんいます それは彼らが それを実行し 周りもそれに倣えば 世の中がより良くなると信じているからです これがLinked Dataです 皆さんにはこれを作って頂きたいのです 皆さんにはこれを要求して頂きたいのです それが 私の世に広めるべきアイディアです

ありがとうございました

(拍手)

Time flies. It's actually almost 20 years ago when I wanted to reframe the way we use information, the way we work together: I invented the World Wide Web. Now,20 years on, at TED, I want to ask your help in a new reframing.

So going back to 1989, I wrote a memo suggesting the global hypertext system. Nobody really did anything with it, pretty much. But 18 months later -- this is how innovation happens -- 18 months later, my boss said I could do it on the side, as a sort of a play project, kick the tires of a new computer we'd got. And so he gave me the time to code it up. So I basically roughed out what HTML should look like: hypertext protocol, HTTP; the idea of URLs, these names for things which started with HTTP. I wrote the code and put it out there.

Why did I do it? Well, it was basically frustration. I was frustrated -- I was working as a software engineer in this huge, very exciting lab, lots of people coming from all over the world. They brought all sorts of different computers with them. They had all sorts of different data formats, all sorts, all kinds of documentation systems. So that, in all that diversity, if I wanted to figure out how to build something out of a bit of this and a bit of this, everything I looked into, I had to connect to some new machine, I had to learn to run some new program, I would find the information I wanted in some new data format. And these were all incompatible. It was just very frustrating. The frustration was all this unlocked potential.

In fact, on all these discs there were documents. So if you just imagined them all being part of some big, virtual documentation system in the sky, say on the Internet, then life would be so much easier. Well, once you've had an idea like that it kind of gets under your skin and even if people don't read your memo -- actually he did, it was found after he died, his copy. He had written, "Vague, but exciting," in pencil, in the corner.

(Laughter)

But in general it was difficult -- it was really difficult to explain what the web was like. It's difficult to explain to people now that it was difficult then. But then -- OK, when TED started, there was no web so things like "click" didn't have the same meaning. I can show somebody a piece of hypertext, a page which has got links, and we click on the link and bing -- there'll be another hypertext page. Not impressive. You know, we've seen that -- we've got things on hypertext on CD-ROMs. What was difficult was to get them to imagine: so, imagine that that link could have gone to virtually any document you could imagine. Alright, that is the leap that was very difficult for people to make. Well, some people did. So yeah, it was difficult to explain, but there was a grassroots movement. And that is what has made it most fun. That has been the most exciting thing, not the technology, not the things people have done with it, but actually the community, the spirit of all these people getting together, sending the emails. That's what it was like then.

Do you know what? It's funny, but right now it's kind of like that again. I asked everybody, more or less, to put their documents -- I said, "Could you put your documents on this web thing?" And you did. Thanks. It's been a blast, hasn't it? I mean, it has been quite interesting because we've found out that the things that happen with the web really sort of blow us away. They're much more than we'd originally imagined when we put together the little, initial website that we started off with. Now, I want you to put your data on the web. Turns out that there is still huge unlocked potential. There is still a huge frustration that people have because we haven't got data on the web as data.

What do you mean, "data"? What's the difference -- documents, data? Well, documents you read, OK? More or less, you read them, you can follow links from them, and that's it. Data -- you can do all kinds of stuff with a computer. Who was here or has otherwise seen Hans Rosling's talk? One of the great -- yes a lot of people have seen it -- one of the great TED Talks. Hans put up this presentation in which he showed, for various different countries, in various different colors -- he showed income levels on one axis and he showed infant mortality, and he shot this thing animated through time. So, he'd taken this data and made a presentation which just shattered a lot of myths that people had about the economics in the developing world.

He put up a slide a little bit like this. It had underground all the data OK, data is brown and boxy and boring, and that's how we think of it, isn't it? Because data you can't naturally use by itself But in fact, data drives a huge amount of what happens in our lives and it happens because somebody takes that data and does something with it. In this case, Hans had put the data together he had found from all kinds of United Nations websites and things. He had put it together, combined it into something more interesting than the original pieces and then he'd put it into this software, which I think his son developed, originally, and produces this wonderful presentation. And Hans made a point of saying, "Look, it's really important to have a lot of data." And I was happy to see that at the party last night that he was still saying, very forcibly, "It's really important to have a lot of data."

So I want us now to think about not just two pieces of data being connected, or six like he did, but I want to think about a world where everybody has put data on the web and so virtually everything you can imagine is on the web and then calling that linked data. The technology is linked data, and it's extremely simple. If you want to put something on the web there are three rules: first thing is that those HTTP names -- those things that start with "http:" -- we're using them not just for documents now, we're using them for things that the documents are about. We're using them for people, we're using them for places, we're using them for your products, we're using them for events. All kinds of conceptual things, they have names now that start with HTTP.

Second rule, if I take one of these HTTP names and I look it up and I do the web thing with it and I fetch the data using the HTTP protocol from the web, I will get back some data in a standard format which is kind of useful data that somebody might like to know about that thing, about that event. Who's at the event? Whatever it is about that person, where they were born, things like that. So the second rule is I get important information back.

Third rule is that when I get back that information it's not just got somebody's height and weight and when they were born, it's got relationships. Data is relationships. Interestingly, data is relationships. This person was born in Berlin; Berlin is in Germany. And when it has relationships, whenever it expresses a relationship then the other thing that it's related to is given one of those names that starts HTTP. So, I can go ahead and look that thing up. So I look up a person -- I can look up then the city where they were born; then I can look up the region it's in, and the town it's in, and the population of it, and so on. So I can browse this stuff.

So that's it, really. That is linked data. I wrote an article entitled "Linked Data" a couple of years ago and soon after that, things started to happen. The idea of linked data is that we get lots and lots and lots of these boxes that Hans had, and we get lots and lots and lots of things sprouting. It's not just a whole lot of other plants. It's not just a root supplying a plant, but for each of those plants, whatever it is -- a presentation, an analysis, somebody's looking for patterns in the data -- they get to look at all the data and they get it connected together, and the really important thing about data is the more things you have to connect together, the more powerful it is.

So, linked data. The meme went out there. And, pretty soon Chris Bizer at the Freie Universitat in Berlin who was one of the first people to put interesting things up, he noticed that Wikipedia -- you know Wikipedia, the online encyclopedia with lots and lots of interesting documents in it. Well, in those documents, there are little squares, little boxes. And in most information boxes, there's data. So he wrote a program to take the data, extract it from Wikipedia, and put it into a blob of linked data on the web, which he called dbpedia. Dbpedia is represented by the blue blob in the middle of this slide and if you actually go and look up Berlin, you'll find that there are other blobs of data which also have stuff about Berlin, and they're linked together. So if you pull the data from dbpedia about Berlin, you'll end up pulling up these other things as well. And the exciting thing is it's starting to grow. This is just the grassroots stuff again, OK?

Let's think about data for a bit. Data comes in fact in lots and lots of different forms. Think of the diversity of the web. It's a really important thing that the web allows you to put all kinds of data up there. So it is with data. I could talk about all kinds of data. We could talk about government data, enterprise data is really important, there's scientific data, there's personal data, there's weather data, there's data about events, there's data about talks, and there's news and there's all kinds of stuff. I'm just going to mention a few of them so that you get the idea of the diversity of it, so that you also see how much unlocked potential.

Let's start with government data. Barack Obama said in a speech, that he -- American government data would be available on the Internet in accessible formats. And I hope that they will put it up as linked data. That's important. Why is it important? Not just for transparency, yeah transparency in government is important, but that data -- this is the data from all the government departments Think about how much of that data is about how life is lived in America. It's actual useful. It's got value. I can use it in my company. I could use it as a kid to do my homework. So we're talking about making the place, making the world run better by making this data available.

In fact if you're responsible -- if you know about some data in a government department, often you find that these people, they're very tempted to keep it -- Hans calls it database hugging. You hug your database, you don't want to let it go until you've made a beautiful website for it. Well, I'd like to suggest that rather -- yes, make a beautiful website, who am I to say don't make a beautiful website? Make a beautiful website, but first give us the unadulterated data, we want the data. We want unadulterated data. OK, we have to ask for raw data now. And I'm going to ask you to practice that, OK? Can you say "raw"?

Audience: Raw.

Tim Berners-Lee: Can you say "data"?

Audience: Data.

TBL: Can you say "now"?

Audience: Now!

TBL: Alright, "raw data now"!

Audience: Raw data now!

Practice that. It's important because you have no idea the number of excuses people come up with to hang onto their data and not give it to you, even though you've paid for it as a taxpayer. And it's not just America. It's all over the world. And it's not just governments, of course -- it's enterprises as well.

So I'm just going to mention a few other thoughts on data. Here we are at TED, and all the time we are very conscious of the huge challenges that human society has right now -- curing cancer, understanding the brain for Alzheimer's, understanding the economy to make it a little bit more stable, understanding how the world works. The people who are going to solve those -- the scientists -- they have half-formed ideas in their head, they try to communicate those over the web. But a lot of the state of knowledge of the human race at the moment is on databases, often sitting in their computers, and actually, currently not shared.

In fact, I'll just go into one area -- if you're looking at Alzheimer's, for example, drug discovery -- there is a whole lot of linked data which is just coming out because scientists in that field realize this is a great way of getting out of those silos, because they had their genomics data in one database in one building, and they had their protein data in another. Now, they are sticking it onto -- linked data -- and now they can ask the sort of question, that you probably wouldn't ask, I wouldn't ask -- they would. What proteins are involved in signal transduction and also related to pyramidal neurons? Well, you take that mouthful and you put it into Google. Of course, there's no page on the web which has answered that question because nobody has asked that question before. You get 223,000 hits -- no results you can use. You ask the linked data -- which they've now put together -- 32 hits, each of which is a protein which has those properties and you can look at. The power of being able to ask those questions, as a scientist -- questions which actually bridge across different disciplines -- is really a complete sea change. It's very very important. Scientists are totally stymied at the moment -- the power of the data that other scientists have collected is locked up and we need to get it unlocked so we can tackle those huge problems.

Now if I go on like this, you'll think that all the data comes from huge institutions and has nothing to do with you. But, that's not true. In fact, data is about our lives. You just -- you log on to your social networking site, your favorite one, you say, "This is my friend." Bing! Relationship. Data. You say, "This photograph, it's about -- it depicts this person. "Bing! That's data. Data, data, data. Every time you do things on the social networking site, the social networking site is taking data and using it -- re-purposing it -- and using it to make other people's lives more interesting on the site. But, when you go to another linked data site -- and let's say this is one about travel, and you say, "I want to send this photo to all the people in that group," you can't get over the walls. The Economist wrote an article about it, and lots of people have blogged about it -- tremendous frustration. The way to break down the silos is to get inter-operability between social networking sites. We need to do that with linked data.

One last type of data I'll talk about, maybe it's the most exciting. Before I came down here, I looked it up on OpenStreetMap The OpenStreetMap's a map, but it's also a Wiki. Zoom in and that square thing is a theater -- which we're in right now -- The Terrace Theater. It didn't have a name on it. So I could go into edit mode, I could select the theater, I could add down at the bottom the name, and I could save it back. And now if you go back to the OpenStreetMap. org, and you find this place, you will find that The Terrace Theater has got a name. I did that. Me! I did that to the map. I just did that! I put that up on there. Hey, you know what? If I -- that street map is all about everybody doing their bit and it creates an incredible resource because everybody else does theirs. And that is what linked data is all about. It's about people doing their bit to produce a little bit, and it all connecting. That's how linked data works. You do your bit. Everybody else does theirs. You may not have lots of data which you have yourself to put on there but you know to demand it. And we've practiced that.

So, linked data -- it's huge. I've only told you a very small number of things There are data in every aspect of our lives, every aspect of work and pleasure, and it's not just about the number of places where data comes, it's about connecting it together. And when you connect data together, you get power in a way that doesn't happen just with the web, with documents. You get this really huge power out of it. So, we're at the stage now where we have to do this -- the people who think it's a great idea. And all the people -- and I think there's a lot of people at TED who do things because -- even though there's not an immediate return on the investment because it will only really pay off when everybody else has done it -- they'll do it because they're the sort of person who just does things which would be good if everybody else did them. OK, so it's called linked data. I want you to make it. I want you to demand it. And I think it's an idea worth spreading.

Thanks.

(Applause)

Time flies.//

時がたつのは早いものです

It's actually/ almost 20 years ago/ when I wanted to reframe/ the way/ we use information,/ the way/ we work together:/ I invented the World Wide Web.//

ちょうど20年程前に 情報の利用方法や 協力して仕事する方法を再構築したいと考え World Wide Webを発明しました

Now,/20 years on,/ at TED,/ I want to ask/ your help/ in a new reframing.//

そして今 20年後のTEDで 私は皆さんに新しい再構築に協力頂きたいと思います

So going/ back/ to 1989,/ I wrote a memo/ suggesting the global hypertext system.//

1989年の頃に遡ります 私はグローバル バイパーテキスト システムを 提唱する提案書を書きました

Nobody really did anything/ with it,/ pretty much.//

誰もそれに関してあまり関心を向けませんでした

But 18 months later --/ this is/ how innovation happens --/ 18 months later,/ my boss said/ I could do it/ on the side,/ as a sort of a play project,/ kick the tires of a new computer/ we'd got.//

でも 18ヶ月後 このようにイノベーションは起こるのですが 18ヶ月後 私の上司が私にこのプロジェクトをサイドプロジェクトとして私たちが得た 新しいコンピューターの点検がてら 取り組む事を許可してくれました

And/ so he gave me/ the time/ to code it up.//

そして彼は 私にコーディングを行う時間をくれたのです

So I basically roughed out/ what HTML should look like:/ hypertext protocol,/ HTTP;/ the idea of URLs,/ these names/ for things/ which started with HTTP.//

そこで私はHTMLの大まかな部分を作りました HTTPと呼ばれるハイバーテキスト プロトコルや “http”で始まる物事を指す名前である URLの概念などです

I wrote the code/ and put it out there.//

私はコードを書いて 外に公開しました

Why did I do it?//

なぜ 私はこのような事をしたのか

Well,/ it was basically frustration.//

それは 基本的にストレスがあった為です

I was frustrated --/ I was working as a software engineer/ in this huge, very exciting lab,/ lots of people/ coming from all/ over the world.//

私は不満を持っていました 私はソフトウェアエンジニアとして巨大で エキサイティングな研究所に 世界中から 集まった多くの人達と共に働いていました

They brought all sorts of different computers/ with them.//

彼らは 多様なコンピューターを研究所に持ち寄ってきました

They had all sorts of different data formats,/ all sorts,/ all kinds of documentation systems.//

彼らは多様なデータフォーマットや 様々な文書システムを利用していました

So/ that,/ in all that diversity,/ if I wanted to figure out/ how to build something/ out of a bit of this and a bit of this,/ everything/ I looked into,/ I had to connect/ to some new machine,/ I had to learn to run/ some new program,/ I would find the information/ I wanted in some new data format.//

そこで そのような多様性が存在する中で もし私があれこれ使って 何かを作りたいと思い立った場合 見ればどれも 新しいマシンに繋げなければならなかったり 新しいプログラムの 動かし方を学ばなければならなかったり 欲しかった情報が新しいデータ形式で見つかったりします

And these were all/ incompatible.//

そしてこれらは全て互換性がないものです

It was just very frustrating.//

それはとてももどかしいものでした

The frustration was all this unlocked potential.//

開きうる可能性に対するもどかしさです

In fact,/ on all these discs/ there were documents.//

実際それらのハードディスクの中にはドキュメントがあったのです

So/ if you just imagined them/ all being part of some big, virtual documentation system/ in the sky,/ say on the Internet,/ then/ life would be so much easier.//

例えばインターネットのように もしそれが どこかの巨大な仮想文書システム上に あったとしたら 苦労をせずに済むでしょう

Well,/ once you've had an idea/ like that it/ kind of gets/ under your skin/ and/ even if people don't read your memo --/ actually/ he did,/ it was found/ after he died,/ his copy.//

一度そのようなアイディアを得ると 心を捉えられてしまうものです 例え人々が見向いてくれなかったとしても 上司は実際見てくれた訳ですが 彼の死後見つかった資料には

He had written,/ "Vague,/ but exciting,/"/ in pencil,/ in the corner.//

欄外に鉛筆で「よくわからないが興味深い」と書かれていました

(Laughter)/ But in general/ it was difficult --/ it was really difficult/ to explain/ what the web was/ like.//

(笑) しかし一般的には ウェブというものを説明することは非常に難しいものでした 今では当時難しかったことを

It's difficult/ to explain to people now/ that it was difficult then.//

説明する方が難しい訳ですが

But then --/ OK,/ when TED started,/ there was no web so/ things/ like "click"/ didn't have the same meaning.//

でも TEDが始まった時のように ウェブは存在せず 例えばクリックするという行為には今とは別の意味がありました

I can show somebody/ a piece of hypertext,/ a page/ which has got links,/ and we click on the link and bing --/ there'll be another hypertext page.//

誰かにハイパーテキストという リンクが含まれるページを見せ リンクをクリックすれば 「チーン」 別のハイパーテキストページが表示されます

あまり見栄えはしません

You know,/ we've seen that --/ we've got things/ on hypertext/ on CD-ROMs.//

CD-ROMにもハイパーテキストが含まれていたりします

What was difficult was to get them/ to imagine:/ so,/ imagine/ that that link could have gone to virtually any document/ you could imagine.//

難しかった事は 彼らに想像させることでした 実質的に考え得るあらゆる文書にリンクで飛ぶことができるのだと 想像させるということです

Alright,/ that is the leap/ that was very difficult/ for people/ to make.//

これは難しい概念的な飛躍だったのです

Well,/ some people did.//

まあ ある人々は受け入れてくれましたが

So yeah,/ it was difficult/ to explain,/ but there was a grassroots movement.//

説明するのは難しかったものの 草の根運動が起こったのです

And that is/ what has made it most fun.//

そしてそれこそがこの事を最も面白くさせたのです

That has been the most exciting thing, not the technology, not the things/ people have done with it,/ but actually/ the community,/ the spirit of all these people/ getting together,/ sending the emails.//

私が最も興奮したことは 技術自体でも 人々が技術を使ってやったことでもなく そこから生まれたコミュニティーであり 力を合わせる人々の精神に対してです

That's/ what it was like then.//

あの頃はそんなふうでした

Do you know/ what?// It's funny,/ but right now/ it's kind of like that again.//

面白い事に今も当時と同じ状況になりつつあります

I asked everybody,/ more or less,/ to put their documents --/ I said,/ "Could you put your documents/ on this web thing?"//

私はいわば皆さんにお願いしていたのでした 「このウェブっていうのにみんなの文書を置いてください」

And you did.//

そしてみんなそうしてくれました

ありがとうございます

It's been a blast,/ hasn't it?//

すごい事になりましたよね

I mean,/ it has been quite interesting/ because we've found out/ that the things/ that happen with the web really/ sort of blow/ us away.//

かなり面白い事になっていたと思います なぜならウェブ上で起こったことは 私たちを本当に圧倒したからです

They're much more/ than we'd originally imagined/ when we put together/ the little, initial website/ that we started off/ with.//

それらは私たちが始めのウェブサイトを 始めた時に想像していたことを 遥かに超えていました

Now,/ I want you/ to put your data/ on the web.//

次は ウェブに皆さんのデータを置いて頂きたいのです

Turns out/ that there is still huge unlocked potential.//

ここにはまだ開かれずにいる大きな可能性があります

There is still a huge frustration/ that people have/ because we haven't got data/ on the web/ as data.//

未だ人々はデータがウェブ上に データとして存在していないことから 多くの不満を抱えています

What do you mean,/ "data"?// What's the difference --/ documents,/ data?//

そもそもデータとは何でしょう

Well,/ documents/ you read,/ OK?//

文書とデータの違いは何でしょう 文書は読み物です

More or less,/ you read them,/ you can follow links/ from them,/ and that's it.//

内容を読めるし リンクを辿ることもできますが それだけです

Data --/ you can do all kinds of stuff/ with a computer.//

一方 データの場合 様々な事が出来ます

Who was here/ or has otherwise seen Hans Rosling's talk?//

ハンス ロスリングの講演を聴いた方はいらっしゃいますか

One of the great --/ yes/ a lot of people have seen it --/ one of the great TED Talks.//

もっとも素晴らしい ええ 多くの方はご覧になったと思いますが 最も卓越したTED Talkの一つでした

Hans put up/ this presentation/ in which he showed,/ for various different countries,/ in various different colors --/ he showed income levels/ on one axis/ and he showed infant mortality,/ and he shot/ this thing animated through time.//

ハンスはこのプレゼンテーションより 様々な国々に対して 異なる色で表現し 彼は 所得水準を一方の軸で表し もう片方を幼児死亡率とし 時の経過をアニメーションで示しました

So,/ he'd taken this data/ and made a presentation/ which just shattered a lot of myths/ that people had about the economics/ in the developing world.//

彼はこれらのデータを元に 人々が発展途上諸国の経済に対して持っていた 思い込みをプレゼンテーションで吹き飛ばしたのです

He put up/ a slide/ a little bit/ like this.//

彼はこのようなスライドを紹介しました

It had underground all the data OK,/ data is brown and boxy and boring,/ and that's/ how we think of it,/ isn't it?//

地下には全てのデータが存在し データは面白みのない茶色の箱として描かれていますが そういうものだとみんな思っています

Because data/ you can't naturally use by itself But in fact,/ data drives a huge amount of what happens in our lives/ and it happens/ because somebody takes/ that data/ and does something/ with it.//

なぜならデータはそのまま使う事は出来ないからです でも実は 誰かがそのデータを元に何かを生み出すことによって データは私たちの生活に大きな影響を与えるものなのです

In this case,/ Hans had put the data together/ he had found from all kinds of United Nations websites and things.//

このケースでは ハンスが 国連の様々なウェブサイトなどを通じて発見したデータを組み合わせたのです

He had put it together,/ combined it/ into something more interesting/ than the original pieces/ and then/ he'd put it/ into this software,/ which I think/ his son developed,/ originally,/ and produces this wonderful presentation.//

彼はデータを一緒に組み合わせ 個別のデータより遥かに面白いものを生み出し 確か彼の息子さんが開発したという このソフトウェアに取り込ませることで この素晴らしいプレゼンテーションを作成したのです

And Hans made a point of saying,/ "Look,/ it's really important/ to have a lot of data."//

そしてハンスは 「沢山のデータを持つ事が重要なのです」と言っていました

And I was happy/ to see/ that at the party/ last night/ that he was still saying,/ very forcibly,/ "It's really important/ to have a lot of data."//

そして私は昨夜のパーティーで 彼はまだとても強く 沢山のデータを持つ事の重要性を語っていたのを見てとても嬉しかったです

So I want us now/ to think about not just two pieces of data/ being connected,/ or six/ like he did,/ but I want to think/ about a world/ where everybody has put data/ on the web/ and so virtually everything/ you can imagine is on the web/ and then calling/ that linked data.//

そこで私は皆さんに 彼のようにただ二つや 六つのデータを繋げるというだけではなく みんながデータをウェブに載せ 実質的に考えうるあらゆるものがウェブ上にあるという世界を 考えていただきたいのです これをLinked Dataと呼びます

The technology is linked data,/ and it's extremely simple.//

この技術はごくシンプルなものです

If you want to put/ something/ on the web/ there are three rules:/ first thing is/ that those HTTP names --/ those things/ that start with "http:/" --/ we're using/ them not just/ for documents now,/ we're using/ them/ for things/ that the documents are/ about.//

ウェブに何かを載せるには3つのルールがあります まず“http:”で始まる HTTP名が必用です これからは文書だけではなく 文書に書かれているものにも使います

We're using/ them/ for people,/ we're using/ them/ for places,/ we're using/ them/ for your products,/ we're using/ them/ for events.//

人や 場所 製品やイベントに対しても利用するのです

All kinds of conceptual things,/ they have names now/ that start with HTTP.//

様々な概念に対して それぞれHTTPで表されるようになるのです

Second rule,/ if I take one of these HTTP names/ and I look it up/ and I do the web thing/ with it and I fetch the data/ using the HTTP protocol/ from the web,/ I will get back/ some data/ in a standard format/ which is kind of useful data/ that somebody might like to know/ about that thing,/ about that event.//

2つ目のルールは もし私がこのHTTPの名称をもとに ウェブ上で検索し データを HTTPプロトコルを使ってウェブから 取得したら 人々が知りたがる物事やイベントを 有益な情報としてデータを標準形式で 取得出来ることです そのイベントには

Who's at the event?// Whatever it is about that person,/ where they were born,/ things/ like/ that.//

誰が出るのか?その人の事や 生まれた場所などと言った事についてです

So the second rule is I get important information back.//

つまり重要な情報を取得できる点です

Third rule is/ that/ when I get back/ that information/ it's not just got somebody's height and weight/ and when they were born,/ it's got relationships.//

3つ目のルールは その情報を取得したら 身長 体重 生まれた場所などその人自身のことだけでなく 関連をも取得できるということです

データとは関連なのです

面白い事に データは関連を表すのです

This person was born in Berlin;/ Berlin is in Germany.//

この人はベルリンで生まれました ベルリンはドイツにあります

And when it has relationships,/ whenever it expresses a relationship then/ the other thing/ that it's related/ to is given one of those names/ that starts HTTP.//

関連が表明されるとき 関連しているものについて HTTPで始まる名前が取得でき

So,/ I can go ahead/ and look that thing up.//

私はその情報を調べることができます

So I look up/ a person --/ I can look up/ then/ the city/ where they were born;/ then/ I can look up/ the region/ it's in,/ and the town/ it's in,/ and the population of it,/ and so on.//

まずその人を調べ そこから彼らが生まれた都市を探し その都市の地域や 町 そして人口などを探し出せます つまり 私はこれらの情報に

So/ I can browse this stuff.//

目を通すことができるのです

So/ that's it,/ really.//

簡単でしょう?

That is linked data.//

これがLinked Dataなのです 何年か前に

I wrote/ an article entitled "Linked Data"/ a couple of years ago and soon/ after that,/ things started to happen.//

私は"Linked Data"という記事を書きました そしてその後 物事が進み始めたのです

The idea of linked data is/ that we get lots and lots/ and lots of these boxes/ that Hans had,/ and we get lots and lots/ and lots of things sprouting.//

このLinked Dataは ハンスが示したように 沢山の箱を私たち自身が持ち そこから 沢山の芽が伸びてくるイメージです

It's not just a whole lot of other plants.//

単なる沢山の草というのではなく

It's not just a root/ supplying a plant,/ but for each of those plants,/ whatever it is --/ a presentation,/ an analysis,/ somebody's looking/ for patterns/ in the data --/ they get to look/ at all the data/ and they get it connected together,/ and the really important thing/ about data is the more things/ you have to connect together,/ the more powerful/ it is.//

一本の草が伸びている根というのでもなく それぞれの植物は それがプレゼンテーションや分析結果であれ データにパターンを見出そうとする人が あらゆるデータを見ることができ データをつなぎ合せることができるのです そしてデータに関して最も重要なのは 繋がるデータが多い程 価値が高まるということです

So,/ linked data.//

という訳で Linked Dataという

The meme went out/ there.//

ミームは世の中に放たれました

And,/ pretty soon/ Chris Bizer/ at the Freie Universitat/ in Berlin/ who was one of the first people/ to put interesting things up,/ he noticed/ that Wikipedia --/ you know Wikipedia,/ the online encyclopedia/ with lots and lots of interesting documents/ in it.//

程なくして これに関する興味深いものをはじめに発表した一人である ベルリン自由大学のクリス ビッツァは Wikipediaに目を向けました 皆さんのご存知の 興味深い膨大な文書が 詰まったオンライン辞書です

Well,/ in those documents,/ there are little squares,/ little boxes.//

それらの文書には小さな囲み記事があり

And in most information boxes,/ there's data.//

それらインフォボックスの中にはデータがあります

So he wrote a program/ to take the data,/ extract it/ from Wikipedia,/ and put it/ into a blob of linked data/ on the web,/ which he called dbpedia.//

彼はそれらのデータをWikipediaから抽出してウェブ上の Linked Dataのノードに 入れるためのプログラムを作りました Dbpediaです

Dbpedia is represented by the blue blob/ in the middle of this slide/ and/ if you actually go/ and look up/ Berlin,/ you'll find/ that there are other blobs of data/ which also have stuff/ about Berlin,/ and they're linked together.//

Dbpediaは このスライドで真ん中に見える青い塊として表現されています そして実際にベルリンを調べてみると 他にもベルリンに関連する様々なデータが 互いに繋がっていることを見る事ができます

So/ if you pull the data/ from dbpedia/ about Berlin,/ you'll end up/ pulling up/ these other things/ as well.//

Dbpediaからベルリンに関してデータを取得すれば 他の情報も合わせて引っ張りだせます

And the exciting thing is it's starting to grow.//

そしてワクワクすることに それが成長し始めたのです

This is just the grassroots stuff again,/ OK?//

これもまた 全くの草の根の運動なのです

Let's think/ about data/ for a bit.//

データに関して少々考えてみましょう

Data comes in fact/ in lots and lots of different forms.//

データは様々な形で存在します

Think of the diversity of the web.// It's a really important thing/ that the web allows you/ to put all kinds of data up there.//

ウェブの多様性を考えてみてください ウェブが様々なデータを 自由に設置することを許容している点が非常に重要なのです

So/ it is with data.// I could talk about all kinds of data.//

いろいろなデータについてご紹介できます

We could talk about government data,/ enterprise data is really important,/ there's scientific data,/ there's personal data,/ there's weather data,/ there's data/ about events,/ there's data/ about talks,/ and there's news/ and there's all kinds of stuff.//

政府のデータというのがあります 企業データというのも非常に重要です 科学データや 個人データ 気象データに イベントに関するデータ 講演に関するデータや ニュースなどといったあらゆるデータが存在します

I'm just going to mention/ a few of them/ so that you get the idea of the diversity of it,/ so that you also see how much unlocked potential.//

皆さんには ウェブの多様性について理解して頂き さらに解放される可能性を持ったデータの 多さを知って頂くために いくつかを紹介するだけにとどめます

Let's start/ with government data.//

政府のデータから始めましょう

Barack Obama said in a speech,/ that he --/ American government data would be available/ on the Internet/ in accessible formats.//

バラック オバマは スピーチで アメリカ政府のデータをインターネットから利用できるようにすると言いました 私は政府がLinked Dataとして

And I hope/ that they will put it up/ as linked data.//

データを公開することを願います

That's important.// Why is it important?//

それが重要なのです なぜでしょうか

Not just/ for transparency,/ yeah transparency/ in government is important,/ but/ that data --/ this is the data/ from all the government departments Think about how much of that data is about how life is lived in America.//

透明性の為だけではありません もちろん透明性は重要ですが そのデータは 全ての政府の機関から集められたデータです その中にアメリカの人々の生活についてのデータがどれほどあることでしょう

It's actual useful.// It's got value.//

それは実際に役に立ち 価値があります

I can use it/ in my company.//

自分の会社で使うことができます

I could use it/ as a kid/ to do my homework.//

子供が宿題をするのに使うこともできます

So we're talking/ about making the place,/ making the world run better/ by making this data available.//

つまりこのデータが利用できることによって 世界をより良くしようという話なのです

In fact/ if you're responsible --/ if you know about some data/ in a government department,/ often/ you find/ that these people,/ they're very tempted/ to keep it --/ Hans calls it/ database hugging.//

政府機関がデータをどう扱っているかお分りと思いますが 彼らはデータを公開せずに 抱え込んでいる傾向が強いのです ハンスはこれを「データベースの抱え込み」と呼んでいます

You hug your database,/ you don't want to let/ it go/ until you've made a beautiful website/ for it.//

データベースを抱きかかえ 美しいサイトが 完成するまで見せようとしないのです

Well,/ I'd like to suggest/ that rather --/ yes,/ make a beautiful website,/ who am I to say don't make a beautiful website?//

私は それをするよりかは ええ 美しいウェブサイトを作ってください 美しく作るなと言っている訳ではないのです

Make a beautiful website,/ but first give us/ the unadulterated data,/ we want the data.//

美しいウェブサイトは是非作ってください ですが まず始めに 私たちに手が加わっていない生データを下さい 私たちが欲しいのはそのデータなのです

生のデータを公開して頂きたいのです

OK,/ we have to ask/ for raw data now.//

生データを今すぐ解放して欲しいことを伝えなければなりません

And I'm going to ask/ you/ to practice that,/ OK?//

これからみんなで言う練習をしましょう

Can you say "raw"?//

ティム: 「生の」

会場:「生の」

Tim Berners-Lee:/ Can you say "data"?//

ティム: 「データを」

会場:「データを」

TBL:/ Can you say "now"?//

ティム: 「今すぐに!」

Audience:/ Now!//

会場:「今すぐに!」

TBL:/ Alright,/ "raw data now"!//

ティム: そう 「生のデータを 今すぐに!」

Audience:/ Raw data now!//

会場:「生のデータを 今すぐに!」

Practice/ that.// It's important/ because you have no idea/ the number of excuses people come up/ with to hang onto their data/ and not give it/ to you,/ even though you've paid for it/ as a taxpayer.//

是非練習してください 私たちが納税者としてそのお金を出しているというのに 彼らは多くの理由をつけ データを保管し 皆さんにデータを公開しないので この言葉はとても重要なのです

And it's not just America.// It's all over the world.//

そしてこれは世界中で起きていることです

And it's not just governments,/ of course --/ it's enterprises/ as well.//

もちろん政府に限ったことではなく 企業に対してもそうです

So I'm just going to mention/ a few other thoughts/ on data.//

データに対する私の考えについてもう少し話したいと思います

Here/ we are at TED,/ and all the time/ we are very conscious of the huge challenges/ that human society has right now --/ curing cancer,/ understanding the brain/ for Alzheimer's,/ understanding the economy to make it/ a little bit more stable,/ understanding/ how the world works.//

ここTEDでは 常に人類社会が現在直面している 大きな課題に対して意識しています 癌の治療 アルツハイマー治療のための脳の理解 より安定させることを目的とした経済への理解や 世界の仕組みに対する理解など

The people/ who are going to solve/ those --/ the scientists --/ they have half-formed ideas/ in their head,/ they try to communicate/ those/ over the web.//

これらの課題の解決を目指す学者は アイディアを頭の中に持ちつつ ウェブを介して情報を交換し合っています

But a lot of the state of knowledge of the human race/ at the moment is on databases,/ often/ sitting in their computers,/ and actually,/ currently not shared.//

しかしながら 現在の人類における知識の大半は データベースに存在し 大抵コンピューター内に留まり 実際に共有されていません

In fact,/ I'll just go into one area --/ if you're looking/ at Alzheimer's,/ for example,/ drug discovery --/ there is/ a whole lot of linked data/ which is just coming out/ because scientists/ in that field realize this is a great way of getting out of those silos,/ because they had their genomics data/ in one database/ in one building,/ and they had their protein data/ in another.//

実際 例えば もしあなたがアルツハイマー病に関する 創薬について情報を探すと 多くの Linked Dataが公開されつつあることを知るでしょう なぜならその分野の科学者達は 今まで ゲノムデータを一つのデータベースに格納し タンパク質のデータを別のデータベースに格納していたことから それらの情報を解放するきっかけになることに気づいたからです

Now,/ they are sticking it onto --/ linked data --/ and now/ they can ask the sort of question,/ that you probably wouldn't ask,/ I wouldn't ask --/ they would.//

今や彼らはそれをLinked Dataにしており 今まで問うことのできなかった質問が 問えるようになりました

What proteins are involved in signal transduction/ and also related/ to pyramidal neurons?//

「シグナル伝達及び錐体神経に関係する タンパク質は何か」

Well,/ you take that mouthful/ and you put it/ into Google.//

この質問をグーグルに投げかけてみましょう

Of course,/ there's no page/ on the web/ which has answered/ that question/ because nobody has asked/ that question before.//

もちろん だれも以前にこの質問をした人がいなかったことから この質問に答えるページは存在しません

You get 223,000 hits --/ no results/ you can use.//

22万3千ページがヒットしますが 参考になるページはありませんでした

You ask the linked data --/ which they've now put together --/ 32 hits,/ each of which is a protein/ which has those properties/ and you can look at.//

次にLinked Dataのシステムに質問してみると 32件ヒットし そのどれもが問うている性質を持ったタンパク質で そこから調べることができます

The power of being able to ask those questions,/ as a scientist --/ questions/ which actually bridge across different disciplines --/ is really a complete sea change.//

科学者として このように 異なる領域を実際にまたぐ質問を することが出来るようになったこと これは 大きな変化です

It's very/ very important.//

それはとても重要なことです

Scientists are totally stymied at the moment --/ the power of the data/ that other scientists have collected/ is locked up/ and we need to get/ it unlocked/ so we can tackle those huge problems.//

科学者達は 他の科学者達が収集し 外部から隔てられたデータの前に完全に立ち往生している状況であり 解放することで 大きな問題に取り組める体制が必用です

Now/ if I go on/ like this,/ you'll think/ that all the data comes from huge institutions/ and has nothing/ to do with you.//

おそらく皆さんは全てのデータは巨大な研究機関から生まれてくるものであり 個人には関係のない話と思っているかもしれません

But,/ that's not true.//

でもそれは違います

In fact,/ data is about our lives.//

データは私たちの生活より生まれるものです

You just --/ you log on to your social networking site,/ your favorite one,/ you say,/ "This is my friend."//

お好きなソーシャルネットワークサイトにアクセスし 「この人は私の友人です」と言えば

Bing!// Relationship.// Data.//

「チーン!」関係性と共にデータが生まれます

You say,/ "This photograph,/ it's about --/ it depicts this person.// "Bing!// That's data.// Data,/ data,/ data.//

「この写真は この人を撮したものです。」と言えば 「チーン!」これもデータです データ データ データ

Every time/ you do things/ on the social networking site,/ the social networking site is taking data/ and using it --/ re-purposing it --/ and using it to make other people's lives more interesting/ on the site.//

ソーシャルネットワークサイトで 何かをする度に それらのデータをサイト側が取得し 利用することで サイト上の他の人々の生活を更に面白くなるようにしています

But,/ when you go to another linked data site --/ and let's say this is one/ about travel,/ and you say,/ "I want to send/ this photo/ to all the people/ in that group,/"/ you can't get over the walls.//

それでも 別のLinked Dataを 使ったサイトに行けば 例えば 旅行関連サイトがあるとして この写真をそのグループに所属している全員に送りたくとも サイト間で 写真は送れません

The Economist wrote an article/ about it,/ and lots of people have blogged about it --/ tremendous frustration.//

エコノミスト誌や多くのブログで話題になる 不満が存在するのです

The way to break down/ the silos is to get inter-operability/ between social networking sites.//

この壁を取り払うには サイト同士の 相互運用性を持たせることです

We need to do/ that/ with linked data.//

Linked Dataなら可能なのです

One/ last type of data/ I'll talk about,/ maybe/ it's the most exciting.//

最後にご紹介するお話は 恐らく最も面白いものだと思います

Before I came down here,/ I looked it up/ on OpenStreetMap/ The OpenStreetMap's a map,/ but it's also/ a Wiki.//

ここに来る前に 私はOpenStreetMapを使いました これは地図であり Wikiでもあります

Zoom/ in and/ that square thing is a theater --/ which we're in right now --/ The Terrace Theater.// It didn't have a name/ on it.//

この四角を拡大すれば それは私たちが今いる劇場である テラス劇場です 名前がなかったので

So/ I could go into edit mode,/ I could select the theater,/ I could add down/ at the bottom/ the name,/ and I could save it back.//

編集モードを使って この劇場を選択し 名前を一番下に追加し 保存しました

And now/ if you go back/ to the OpenStreetMap. org,/ and you find this place,/ you will find/ that The Terrace Theater has got a name.//

再度このOpenStreetMap.orgに戻ってみると この場所 テラス劇場に名前が付けられていることが分かります

I did that.// Me!//

私がやったんですよ!

I did/ that to the map.// I just did/ that!//

僕が地図に名前を付けたんだ!

I put/ that up/ on there.// Hey,/ you know/ what?//

俺がつけてやったんだよ どうだい?

If I --/ that street map is all about everybody/ doing their bit/ and it creates an incredible resource/ because everybody else does theirs.//

この市街地図は 私のように みんなでそれぞれほんの少しずつ 手を加える事で 途方もない資料を作り出しているのです

And that is/ what linked data is all about.//

そしてそれこそがLinked Dataの本質なのです

It's about people/ doing their bit/ to produce a little bit,/ and it/ all connecting.//

人々が 幾ばくかの情報を提供し それが全て繋がっていくのです

That's/ how linked data works.//

そうやってLinked Dataは機能するのです

You do your bit.// Everybody else does theirs.//

あなたも 他の人も それぞれの情報を提供するのです

You may not have lots of data/ which you have yourself/ to put on there/ but you know to demand/ it.//

あなた自身には ウェブに載せるだけの大量のデータがなかったとしても 要求することはできます

And we've practiced that.//

私たちはそれを練習しました

So,/ linked data --/ it's huge.//

というわけでLinked Dataです これは途方もないものです

I've only told you/ a very small number of things/ There are data/ in every aspect of our lives,/ every aspect of work and pleasure,/ and it's not just about/ the number of places/ where data comes,/ it's about connecting it together.//

私はまだほんの一握りのことしか皆さんに紹介していません 私たちの生活には仕事や娯楽をはじめ あらゆる面にデータが存在し ただ データが生成される拠点の数が課題なのではなく それを繋げていくことが重要なのです

And when you connect data together,/ you get power/ in a way/ that doesn't happen just/ with the web,/ with documents.//

文書としてのウェブでは得られなかった力が データを繋ぎ合せることで得られるのです

You get this really huge power/ out of it.//

この中から本当に途方もなく巨大な力が生まれます

So,/ we're at the stage now/ where we have to do/ this --/ the people/ who think/ it's a great idea.//

今はこれが素晴らしいアイディアだと思う人々が 行動を起こすべき時です

And all the people --/ and I think/ there's a lot of people/ at TED/ who do things/ because --/ even though there's not an immediate return/ on the investment/ because it will only really pay off/ when everybody else has done it --/ they'll do it/ because they're the sort of person/ who just does things/ which would be good/ if everybody else did them.//

他のみんなが参加して初めて見返りの得られる 投資効果がすぐにはない話であっても それを実行に移す人がTEDにもたくさんいます それは彼らが それを実行し 周りもそれに倣えば 世の中がより良くなると信じているからです

OK,/ so it's called linked data.//

これがLinked Dataです

I want you/ to make it.//

皆さんにはこれを作って頂きたいのです

I want you/ to demand it.//

皆さんにはこれを要求して頂きたいのです

And I think/ it's an idea worth spreading.//

それが 私の世に広めるべきアイディアです

ありがとうございました

(拍手)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

memo

メモ,覚え書き

(会社内などの)連絡メモ

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

boss

『ボス』,親方;社長,所長

《米》《軽べつして》政党の首領

…'を'支配する,牛耳(ぎゅうじ)る《+『around』(『about』)『名』・+『名』+『around』(about)》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

kick

…‘を'『ける』,け飛ばす

(フットボールで)〈ゴール〉‘に'キックで球を入れる

(…を)ける《+『at』+『名』》

(フットボールで)キックする

〈発射した銃などが〉反動を与える,はね返る

《話》(…に)文句を言う,はねつける《+『at』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『けること』,け飛ばし

〈C〉(サッカーなどのボールの)けり,キック;けられたボール;けられたボールの飛んだ距離

〈U〉(銃などの)反動,はね返り

〈U〉〈C〉《話》(アルコール飲料の)刺激性,強さ

〈C〉〈U〉《俗》快い興奮;スリル

《複数形で》苦情(不平)の種

tire

〈人など〉‘を'『疲れさせる』,疲労させる

〈人など〉‘を'『飽きさせる』,うんざりさせる

疲れる

(…に)飽きる《+of+名(doing)》

computer

『計算機』;『電子計算機』

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

basically

基本的に,根本的に;元来は

rough

(表面が)『粗い』,ざらざらした,きめの粗い・でこぼこの

(動きなどが)『荒っぽい』;(空・海などが)荒れた

(人・態度などが)『粗野な』,荒々しい,無作法な

『おおよその』,あらましの

(ダイヤモンドなど)自然のままの,未加工の

《話》困難な,つらい,ひどい;(…に)ひどい,むごい《+『on』+『名』》

(生活が)非文化的な,不便な

毛深い,毛むくじゃらの,毛が刈ってない

…‘を'乱暴(手荒)に扱う《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈計画・作品など〉‘の'概略を書く,‘を'ざっと下書きする《+『in』(『out』)+『名,』+『名』+『in』(『out』)》

〈物の表面など〉‘を'ざらざらにする

手荒く,乱暴に

〈U〉《the rough》ラフ(ゴルフのコースで芝をはったフェアウェイ以外の部分)

〈C〉乱暴者

protocol

〈U〉外交儀礼

〈C〉条約の原案,議定書

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

frustration

〈U〉(努力・計画などの)失敗,ざ折,落胆,失意;〈C〉(具体的な事柄の)失敗,ざ折

〈U〉(心理学で)欲求不満,フラストレーション

frustrate

〈計画・努力など〉‘を'ざ折させる,失敗させる

(計画などで)〈人〉‘を'ざ折させる,‘の'やる気をくじく《+『名』+『in』+『名』》

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

exciting

(物事が)『興奮させる』

lab

実験室(laboratory)

datum

dataの単数形

既知の事実

format

(書籍の)体裁,型,判

(ラジオ・テレビ番組などの)構成

documentation

文書調べ,文書による証拠固め

資料,証拠書類

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

incompatible

両立しがたい,不調和な,矛盾した

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

disc

=record

=disk

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

vague

(言葉・意味などが)『はっきりしない』,あいまいな

(考え・感じなどが)『ばく然としている』,ぼんやりした

(形・姿などが)『ぼやけた』,はっきりしない

《名詞の前にのみ用いて》《通例最上級で》《話》ほんのわずかの,かすかな

pencil

〈C〉〈U〉鉛筆

〈C〉鉛筆状のもの,(棒状の)化粧品

…‘を'鉛筆などで書く(描く,印をつける)

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

laughter

『笑い』,笑い声

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

impressive

『印象的な』,強い印象(感銘)を与える

virtually

事実上,実質的には

alright

=all right

leap

《しばしば副詞[句]を伴って》『ぴょんと飛ぶ』,はねる,躍る

《副詞[句]を伴って》(飛ぶように)『急に』(『す早く』)『動く』,ぴょんと動く

〈人・動物などが〉…‘を'『飛び越える』

(…を)〈動物など〉‘に'飛び越えさせる《+『名』+『over』(『across』)+『名』》

跳ぶこと,跳躍;《比喩(ひゆ)的に》飛躍,急変

ひと跳びの距離

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

blast

〈C〉(風の)『一吹き』,一陣の風;突風,疾風《+『of』+『名』》

〈C〉(穴から吹き出す空気の)一吹き

〈C〉(笛・らっぱなどの)突然の大きな[不快な]音《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉爆破(explosion)《+『of』+『名』》

〈C〉(1回分の)発破,爆薬

〈C〉〈U〉爆風

…'を'『爆破する』;…'を'爆破して作る(開く)

《文》…'を'孫なう,台なしにする;〈霜などが〉…'を'枯

〈らっぱなど〉'を'急に大きく鳴らす

…'を'酷評する;(…について)〈人〉'を'こっぴどく叱る《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》

…'を'のろう(damn)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

initial

『最初の』;語頭にある

(語の)最初の文字

《複数形で》(姓名の)『かしら文字』,イニシアル

…‘に'かしら文字で署名する(印をつける)

data

『資料』,事実;情報

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

income

(一定の)『収入』,所得

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

axis

〈C〉軸,軸線;枢軸(すうじく)

《the A-》枢軸国(第二次大戦当時の日本・ドイツ・イタリアなど)

infant

(1歳未満の)『乳児』,乳飲み子

《英》(普通7歳未満の)学童

未成年者

幼児の,幼児用の

始めたばかりの,初期の

mortality

〈U〉死を免れぬこと,死ぬべき運命

〈U〉《時にa~》死亡数;死亡率

〈U〉《時にa~》(戦争などによる)多数の死

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

animate

…‘に'生命を吹き込む,生命を与える

…'を'活気づける,生き生きさせる

…'を'励ます;…‘に'駆りたてる

生きた,生命のある(living)

生気に満ちた,活気のある(vigorous)

shatter

〈物〉‘を'『粉々に打ち砕く』,粉砕する

(回復の余地なく)〈計画・健康・希望など〉‘を'『壊す』

『粉々になる』

myth

〈C〉(個々の)『神話』,神代物語;〈U〉《集合的に》神話

〈C〉神話的な人(物・事)

〈C〉作り話,伝説;(…という)作り話《+『that節』》

economic

『経済の』

『経済学の』

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

underground

『地下の』

《比喩的に》『地下の』,秘密の,隠れた

(運動・映画・出版物などについて)前衛的(実験的)な,アングラの

『地下に(で)』

秘密のうちに,隠れて

〈C〉(政府や占領軍に反抗する)『地下秘密組織』

《英》《the ~》『地下鉄』

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

boxy

箱に似た,箱のような

boring

退屈な,うんざりする

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

forcibly

力ずくで;効果的に

extremely

『極端に』,非常に過度に

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

first thing

まず最初に,朝一番に

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

conceptual

概念の

fetch

(行って)〈物〉‘を'『取って来る』;〈人〉‘を'連れて来る

〈返事・笑い・涙など〉‘を'引き出す;〈観客など〉‘を'引きつける

《話》〈商品が〉〈ある値〉‘で'売れる

〈ため測・うめき声など〉‘を'漏らす,出す

(品物を)行って用る;〈猟犬が〉獲物を取って来る

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

height

〈U〉(物の)『高さ』《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(一定の平面からの)高さ,海抜,標高

〈U〉〈C〉身長

〈C〉《しばしば複数形で単数扱い》高い所,高台

〈C〉《the~》『絶頂』,極致,まっ最中

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

interestingly

おもしろく;おもしろいことには

Berlin

ベルリン(もとドイツの首都で,現在は東西ドイツ領に分かれる)

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

browse

《副詞[句]を伴って》漫然とながめる,ざっと目を通す

〈牛・シカなどが〉若葉(新芽)を食べる,草を食べる

…‘に'若葉(新芽)を食べさせる;〈若葉・新芽〉'を'食べる

(牛・シカなどが食べる)草,細枝,新芽

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

entitle

〈本など〉‘に'『表題をつける』,〈人など〉‘に'名称を与える

〈人〉‘に'『権利』(『資格』)‐を与える』

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

blob

柔らかくてぐにゃぐにゃしたものの小さいかたまり,どろどろした液体の1滴《+『of』+『名』》

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

enterprise

〈C〉(特に勇気を要したり困難を伴う)『事業』,企て(project);大仕事

〈U〉『進取の気性』,冒険心

〈C〉商事会社(business firm)

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

transparency

〈U〉透明

透明なもの,(特に)スライド[写真]

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

homework

(生徒の)『宿題』,学庭学習

(教師の)授業準備,講義の下調べ

自宅でする仕事;内職

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

tempt

(無分別・悪事などに)〈人〉‘を'『誘惑する』,そそのかす

…‘を'『そそる』,‘の'気を引く

hug

《副詞[句]を伴って》(特に愛情を持って)…‘を'『抱き締める』;(両腕・ひざなどで)…‘を'ぎゅっと締めつける

(船・車・人などが)…‘に'接近して進む

〈考えなど〉‘に'固執する(cling to)

(特に愛情の印としての)抱擁

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

unadulterated

混ぜ物のない,純粋の

raw

(食物が)『生の』,『料理されていない』

(物が)『原料のままの』,加工されていない

(皮膚が)『赤むけの』,傷口のあいた;(…で)赤むけの《+『with』+『名』》

(人が)経験のない,未熟な;(…に)不慣れの《+『to』+『名』》

湿気があって寒い

《話》ひどい

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

taxpayer

納税者,被課税者

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

conscious

《補語にのみ用いて》『気づいている』,知っている,意識している

《補語にのみ用いて》(…に)『反応を示す』,意識(知覚)のある《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『意識した』,わざとらしい

考えることができる,意志のある

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

human race

人類,人間

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

currently

現在は;広く,一般に

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

silo

サイロ(牛馬の飼料として牧草(silage)を貯蔵する普通円筒形の建物)

サイロ(ミサイルを格納し発射する地下設備)

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

protein

蛋白(たんばく)質

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

probably

『たぶん』,『おそらく』

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

pyramidal

ピラミッド[状]の

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

mouthful

口1杯(分の…),1口(分の…)《+『of』+『名』》;(口にはいる程度の)少量

《話》難しく言いにくい文句

《話》長々しくてもっともらしく聞こえること

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

property

動産

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

discipline

〈U〉(組織的な)『訓練』,鍛錬,修養,しつけ(training)

〈U〉(訓練による)規律正しさ,統制,自制;(組織・グループなどの)規律,風紀

〈U〉訓戒,懲罰,懲戒(punishment)

〈C〉訓練方法,学習方法

〈C〉学科,学問[分野]

…‘を'訓練する,しつける

…‘を'罰する,懲らしめる(punish)

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

totally

全く,完全に

stymie

(ゴルフの)スタイミー(相手のボールが自分のボールとホール線上にある状態)

〈相手・ボール・自分〉‘を'スタイミーの位置にする

…‘の'じゃまをする,妨害する

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

lives

lifeの複数形

log

『丸太』,丸木

(また『logbook』)航海(航空)日誌

測程儀(船の速力を測る器械)

〈木〉‘を'丸太に切る

〈土地〉‘の'立ち木を切り倒す

…‘を'航海(航空)日誌に記入する

(船・飛行機で)〈ある距離・時間〉‘を'航行する,飛ぶ

木材を伐採する

丸太の

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

depict

(絵・言葉などで)…‘を'描き表す,描写する

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

photo

『写真』[photographの短縮形]

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

economist

経済学者

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

terrace

バルコニー

『テラス』,頂台

台地,(特にひな壇式の)段地

台地(傾斜地)にある家並み,高台の町

(東洋・スペインなどの)平屋根

…‘を'台地にする,ひな壇式にする

…‘に'テラスをつける

edit

…‘を'編集する

〈原稿など〉‘を'校訂する,〈本など〉‘を'監修する

(…から)〈文章など〉‘を'削除する《+『名』+『out of』+『名』》

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

select

(最高・最適のものとして)…‘を'『選ぶ』,選抜する,選出する

(人が)『えり抜きの』,精選された

《名詞の前にのみ用いて》(製品・産物などが)『品質の良い』,粒よりの,高級(上もの)の

(クラブなどが)人選のやかましい,閉鎖的な

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

theirs

『彼らのもの』,彼女らのもの,それらのもの

《of theirs の形で》『彼らの』

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画