TED日本語 - ダン・ギルバート: 未来の自分に対する心理

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「人間というのは未完成のくせに、自分たちは完成したと勘違いしているものだ。」ダン・ギルバートが紹介するのは、彼が「歴史の終わり幻想」と呼ぶ現象についての最近の研究です。将来の自分は、ずっと今の自分のままだろうと想像してしまう現象です。(でもそうは行きません。)

Script

人生の どの段階においても 私たちは その後の人生に 大いに影響する 決断をするわけですが いざ「その後」になってみると 過去の自分の決断に 喜ぶとは限りません だから若者は10代の頃に 大枚はたいて彫ったタトゥーを また大枚はたいて除去します 中高年が離婚に急ぐ相手は 若い頃 結婚に急いだ相手です 高齢者が懸命に減らそうとしているのは 中年の頃 懸命に増やそうとしたものです ずっと同じパターンです 心理学者の私が夢中になっている 疑問は これです なぜ私たちは 未来の自分が 後悔することになるような 決断をするのか

これからご説明しますが その理由の一つは 時間の持つ力について 私たちが根本的に 思い違いをしているせいだと考えています 人生が進むにつれ変化が遅くなるのは 皆さん ご存じですね 子どもは分単位で 変化しているように見えますが 親の変化は年単位にしか 見えないというわけです 人生における この不思議な分岐点 ― 変化が突然 猛スピードから ノロノロになるのは いつなのでしょう 10代のうち? 中年になってから? 老年期? その答えは 何と ほとんどの人にとって「今」です どんな時も「今」なのです 皆さんに納得していただきたいのは 私たちが皆 常に錯覚を抱えているということです 自分の過去 自分の歴史が終わり ずっとなるはずだった ― 本当の自分に 最近なったばかり 残りの人生は このままの自分で行く という錯覚です

この主張を裏付けるデータがあります 人の価値観の 経年変化を調べた研究です 喜び 成功 誠実さ という 3つの価値です 皆さん3つとも お持ちですね 成長に伴い 年齢を重ねるにつれ 3つのバランスが変わるというのも ご存じでしょう 何故 そうなるのでしょうか 何千もの人に尋ねてみました 半分の人には 今後10年で 価値観が どれくらい変わるか 予想してもらいました もう半分の人には 過去10年で価値観が どれくらい変わったか聞きました これによって 実に興味深い分析ができました たとえば18歳の人たちの予想と 28歳の人たちの振り返りとを 比較するといった具合で あらゆる年代を網羅した分析ができました

結果はこうです まず当たっていたのは 年齢と共に 変化は緩やかになるということです しかし間違っていたのは そのペースが思ったほど遅くないのです データによると18~68歳の どの年齢でも 今後10年間で経験する変化を 大幅に少なく見積もりました これを「歴史の終わり幻想」と 呼んでいます この結果の大きさを示すために 2つをつなげてみましょう 18歳が予測する変化は 50歳の報告した変化と 同じだということが わかります

価値観だけではありません 他のどんなことでもそうです たとえば性格 性格特性を5つの因子に分けて 現代の心理学者が論じているのは ご存じでしょう 情緒不安定性 開放性 調和性 外向性 勤勉性です 今一度 尋ねました 今後10年間で どのくらい変化すると思うか そして過去10年間で どのくらい変化したか 結果は こちらです 同じ図が何度も出てきますよ やはり 年齢と共に 変化は緩やかになりますが 今後10年間で 自分の性格が どれくらい変わるか どの年齢でも 少なく見積もっています

価値観や性格のように 一過性のものだけではありません 好き嫌い つまり基本的な好みについて 聞いたっていいですよ たとえば 一番の親友や お気に入りの休暇の過ごし方 お気に入りの趣味 お気に入りの音楽を挙げてもらいます 答えられますよね 半分の人たちへの質問は 「今後10年で変わると思いますか?」 残りの半分への質問は 「過去10年で変わりましたか?」 結果は もう二度も ご覧になった通りですが これも同じです 予想では 現在の友達が 今後10年間も友達で 現在の楽しい休暇の過ごし方は 10年経っても同じですが 10年後の人たちは 口を揃えて言うのです 「いやぁ 変わっちゃったよ」

何か問題でしょうか 何も影響を生じない 単なる予測のミスでしょうか いいえ 大問題です 理由をいくつか説明します これが重要な局面での 私たちの意思決定を惑わせます 今 好きなミュージシャンと 10年前 好きだったミュージシャンを 思い浮かべてください 画面には私の例を挙げておきました さて 人々に 答えてもらいました 現在 好きなミュージシャンが 10年後に開くコンサートのために 今 いくら払うかと聞いたところ そのチケット代の平均額は 129ドルでした そして10年前に好きだった人が 今日 演奏するのを見るのに いくら払うかと聞いたところ 答えは たったの80ドル 理屈どおりに行けば 両者は同額になるはずですが 私たちは不変性を多く見積るために 現在の好みを満たす可能性に お金を出しすぎてしまうのです

何故こうなるのかは 明らかになっていませんが おそらくは 思い出す容易さと 想像する難しさの 相対的な差が関係しています 10年前の自分のことなら 思い出せますが これから先の自分を想像するのは難しい すると私たちは誤って 想像が難しいということは 起きないのだろうと考えます 残念でした 「想像できない」と言うのは その人の想像力が 欠如しているという話であって 思い描いた出来事が 起きないということには なりません

つまり 時間とは強力なものだ ということです 私たちの好みを変え 価値観を新たにし 性格を変えてしまいます 私たちが この事実を認めるのは 後になってからです 後から振り返った時にだけ 10年間で どれほど変化したか 気づくのです ほとんどの人にとって 今という時は まるで魔法の時なのです それは時の流れの分岐点 自分が いよいよ 本当の自分になる瞬間です 人間というのは未完成なくせに 自分たちは完成したと 勘違いしているものです 現在のあなたは 過去の どのあなたとも同じように はかない 束の間の存在です 人生において変わらないのは 「変わる」ということだけなのです

ありがとうございました

(拍手)

At every stage of our lives we make decisions that will profoundly influence the lives of the people we're going to become, and then when we become those people, we're not always thrilled with the decisions we made. So young people pay good money to get tattoos removed that teenagers paid good money to get. Middle-aged people rushed to divorce people who young adults rushed to marry. Older adults work hard to lose what middle-aged adults worked hard to gain. On and on and on. The question is, as a psychologist, that fascinates me is, why do we make decisions that our future selves so often regret?

Now, I think one of the reasons -- I'll try to convince you today -- is that we have a fundamental misconception about the power of time. Every one of you knows that the rate of change slows over the human lifespan, that your children seem to change by the minute but your parents seem to change by the year. But what is the name of this magical point in life where change suddenly goes from a gallop to a crawl? Is it teenage years? Is it middle age? Is it old age? The answer, it turns out, for most people, is now, wherever now happens to be. What I want to convince you today is that all of us are walking around with an illusion, an illusion that history, our personal history, has just come to an end, that we have just recently become the people that we were always meant to be and will be for the rest of our lives.

Let me give you some data to back up that claim. So here's a study of change in people's personal values over time. Here's three values. Everybody here holds all of them, but you probably know that as you grow, as you age, the balance of these values shifts. So how does it do so? Well, we asked thousands of people. We asked half of them to predict for us how much their values would change in the next 10 years, and the others to tell us how much their values had changed in the last 10 years. And this enabled us to do a really interesting kind of analysis, because it allowed us to compare the predictions of people, say,18 years old, to the reports of people who were 28, and to do that kind of analysis throughout the lifespan.

Here's what we found. First of all, you are right, change does slow down as we age, but second, you're wrong, because it doesn't slow nearly as much as we think. At every age, from 18 to 68 in our data set, people vastly underestimated how much change they would experience over the next 10 years. We call this the "end of history" illusion. To give you an idea of the magnitude of this effect, you can connect these two lines, and what you see here is that 18-year-olds anticipate changing only as much as 50-year-olds actually do.

Now it's not just values. It's all sorts of other things. For example, personality. Many of you know that psychologists now claim that there are five fundamental dimensions of personality: neuroticism, openness to experience, agreeableness, extraversion, and conscientiousness. Again, we asked people how much they expected to change over the next 10 years, and also how much they had changed over the last 10 years, and what we found, well, you're going to get used to seeing this diagram over and over, because once again the rate of change does slow as we age, but at every age, people underestimate how much their personalities will change in the next decade.

And it isn't just ephemeral things like values and personality. You can ask people about their likes and dislikes, their basic preferences. For example, name your best friend, your favorite kind of vacation, what's your favorite hobby, what's your favorite kind of music. People can name these things. We ask half of them to tell us, "Do you think that that will change over the next 10 years?" and half of them to tell us, "Did that change over the last 10 years?" And what we find, well, you've seen it twice now, and here it is again: people predict that the friend they have now is the friend they'll have in 10 years, the vacation they most enjoy now is the one they'll enjoy in 10 years, and yet, people who are 10 years older all say, "Eh, you know, that's really changed."

Does any of this matter? Is this just a form of mis-prediction that doesn't have consequences? No, it matters quite a bit, and I'll give you an example of why. It bedevils our decision-making in important ways. Bring to mind right now for yourself your favorite musician today and your favorite musician 10 years ago. I put mine up on the screen to help you along. Now we asked people to predict for us, to tell us how much money they would pay right now to see their current favorite musician perform in concert 10 years from now, and on average, people said they would pay 129 dollars for that ticket. And yet, when we asked them how much they would pay to see the person who was their favorite 10 years ago perform today, they say only 80 dollars. Now, in a perfectly rational world, these should be the same number, but we overpay for the opportunity to indulge our current preferences because we overestimate their stability.

Why does this happen? We're not entirely sure, but it probably has to do with the ease of remembering versus the difficulty of imagining. Most of us can remember who we were 10 years ago, but we find it hard to imagine who we're going to be, and then we mistakenly think that because it's hard to imagine, it's not likely to happen. Sorry, when people say "I can't imagine that," they're usually talking about their own lack of imagination, and not about the unlikelihood of the event that they're describing.

The bottom line is, time is a powerful force. It transforms our preferences. It reshapes our values. It alters our personalities. We seem to appreciate this fact, but only in retrospect. Only when we look backwards do we realize how much change happens in a decade. It's as if, for most of us, the present is a magic time. It's a watershed on the timeline. It's the moment at which we finally become ourselves. Human beings are works in progress that mistakenly think they're finished. The person you are right now is as transient, as fleeting and as temporary as all the people you've ever been. The one constant in our life is change.

Thank you.

(Applause)

At every stage of our lives/ we make decisions/ that will profoundly influence the lives of the people/ we're going to become,/ and then/ when we become those people,/ we're not always thrilled with the decisions/ we made.//

人生の どの段階においても 私たちは その後の人生に 大いに影響する 決断をするわけですが いざ「その後」になってみると 過去の自分の決断に 喜ぶとは限りません

So young people pay good money/ to get tattoos removed/ that teenagers paid good money/ to get.//

だから若者は10代の頃に 大枚はたいて彫ったタトゥーを また大枚はたいて除去します

Middle-aged people rushed to divorce/ people/ who young adults rushed to marry.//

中高年が離婚に急ぐ相手は 若い頃 結婚に急いだ相手です

Older adults work hard/ to lose/ what middle-aged adults worked hard/ to gain.//

高齢者が懸命に減らそうとしているのは 中年の頃 懸命に増やそうとしたものです

On and on/ and on.//

ずっと同じパターンです

The question is,/ as a psychologist,/ that fascinates me/ is,/ why do we make decisions/ that our future selves so often regret?//

心理学者の私が夢中になっている 疑問は これです なぜ私たちは 未来の自分が 後悔することになるような 決断をするのか

Now,/ I think one of the reasons --/ I'll try to convince/ you/ today --/ is/ that we have a fundamental misconception/ about the power of time.//

これからご説明しますが その理由の一つは 時間の持つ力について 私たちが根本的に 思い違いをしているせいだと考えています

Every/ one of you knows/ that the rate of change slows over the human lifespan,/ that your children seem to change/ by the minute/ but your parents seem to change/ by the year.//

人生が進むにつれ変化が遅くなるのは 皆さん ご存じですね 子どもは分単位で 変化しているように見えますが 親の変化は年単位にしか 見えないというわけです

But what is the name of this magical point/ in life/ where change suddenly goes from a gallop/ to a crawl?//

人生における この不思議な分岐点 ― 変化が突然 猛スピードから ノロノロになるのは いつなのでしょう

Is it teenage years?// Is it middle age?//

10代のうち? 中年になってから?

Is it old age?// The answer,/ it turns out,/ for most people,/ is now,/ wherever now happens to be.//

老年期? その答えは 何と ほとんどの人にとって「今」です どんな時も「今」なのです

What I want to convince/ you/ today is/ that all of us are walking around/ with an illusion,/ an illusion/ that history,/ our personal history,/ has just come to an end,/ that we have just recently become the people/ that we were always meant to be/ and will be for the rest of our lives.//

皆さんに納得していただきたいのは 私たちが皆 常に錯覚を抱えているということです 自分の過去 自分の歴史が終わり ずっとなるはずだった ― 本当の自分に 最近なったばかり 残りの人生は このままの自分で行く という錯覚です

Let me/ give you/ some data/ to back up/ that claim.//

この主張を裏付けるデータがあります

So here's a study of change/ in people's personal values/ over time.//

人の価値観の 経年変化を調べた研究です 喜び 成功 誠実さ という

Here's three values.//

3つの価値です

Everybody here holds all of them,/ but you probably know/ that as you grow,/ as you age,/ the balance of these values shifts.//

皆さん3つとも お持ちですね 成長に伴い 年齢を重ねるにつれ 3つのバランスが変わるというのも ご存じでしょう

So/ how does it do so?//

何故 そうなるのでしょうか

Well,/ we asked thousands of people.//

何千もの人に尋ねてみました

We asked half of them/ to predict for us/ how much/ their values would change in the next 10 years,/ and the others to tell us/ how much/ their values had changed in the last 10 years.//

半分の人には 今後10年で 価値観が どれくらい変わるか 予想してもらいました もう半分の人には 過去10年で価値観が どれくらい変わったか聞きました

And this enabled us/ to do a really interesting kind of analysis,/ because it allowed us/ to compare the predictions of people,/ say,/18 years old,/ to the reports of people/ who were 28,/ and to do that kind of analysis/ throughout the lifespan.//

これによって 実に興味深い分析ができました たとえば18歳の人たちの予想と 28歳の人たちの振り返りとを 比較するといった具合で あらゆる年代を網羅した分析ができました

Here's/ what we found.//

結果はこうです

First of all,/ you are right,/ change does slow down/ as we age,/ but second,/ you're wrong,/ because it doesn't slow nearly as much/ as we think.//

まず当たっていたのは 年齢と共に 変化は緩やかになるということです しかし間違っていたのは そのペースが思ったほど遅くないのです

At every age,/ from 18/ to 68/ in our data set,/ people vastly underestimated/ how much change they would experience over the next 10 years.//

データによると18~68歳の どの年齢でも 今後10年間で経験する変化を 大幅に少なく見積もりました

We call this the "end of history"/ illusion.//

これを「歴史の終わり幻想」と 呼んでいます

To give you/ an idea of the magnitude of this effect,/ you can connect these two lines,/ and what you see/ here is/ that 18-year-olds anticipate changing/ only as much as 50-year-olds actually do.//

この結果の大きさを示すために 2つをつなげてみましょう 18歳が予測する変化は 50歳の報告した変化と 同じだということが わかります

Now/ it's not just values.// It's all sorts of other things.//

価値観だけではありません 他のどんなことでもそうです

For example,/ personality.//

たとえば性格

Many of you know/ that psychologists now claim/ that there are five fundamental dimensions of personality:/ neuroticism,/ openness/ to experience,/ agreeableness,/ extraversion,/ and conscientiousness.//

性格特性を5つの因子に分けて 現代の心理学者が論じているのは ご存じでしょう 情緒不安定性 開放性 調和性 外向性 勤勉性です

Again,/ we asked people/ how much/ they expected to change/ over the next 10 years,/ and also/ how much/ they had changed over the last 10 years,/ and what we found,/ well,/ you're going to get used to seeing this diagram over and over,/ because once again/ the rate of change does slow/ as we age,/ but at every age,/ people underestimate/ how much/ their personalities will change in the next decade.//

今一度 尋ねました 今後10年間で どのくらい変化すると思うか そして過去10年間で どのくらい変化したか 結果は こちらです 同じ図が何度も出てきますよ やはり 年齢と共に 変化は緩やかになりますが 今後10年間で 自分の性格が どれくらい変わるか どの年齢でも 少なく見積もっています

And it isn't just ephemeral things/ like values/ and personality.//

価値観や性格のように 一過性のものだけではありません

You can ask people/ about their likes and dislikes,/ their basic preferences.//

好き嫌い つまり基本的な好みについて 聞いたっていいですよ

For example,/ name your best friend,/ your favorite kind of vacation,/ what's your favorite hobby,/ what's your favorite kind of music.//

たとえば 一番の親友や お気に入りの休暇の過ごし方 お気に入りの趣味 お気に入りの音楽を挙げてもらいます

People can name these things.//

答えられますよね

We ask half of them/ to tell us,/ "Do you think/ that/ that will change over the next 10 years?"//

半分の人たちへの質問は 「今後10年で変わると思いますか?」

and half of them to tell us,/ "Did/ that change/ over the last 10 years?"//

残りの半分への質問は 「過去10年で変わりましたか?」

And what we find,/ well,/ you've seen it twice now,/ and here/ it is again:/ people predict/ that the friend/ they have now is the friend/ they'll have in 10 years,/ the vacation/ they most enjoy now is the one/ they'll enjoy in 10 years,/ and yet,/ people/ who are 10 years older/ all say,/ "Eh,/ you know,/ that's really changed."//

結果は もう二度も ご覧になった通りですが これも同じです 予想では 現在の友達が 今後10年間も友達で 現在の楽しい休暇の過ごし方は 10年経っても同じですが 10年後の人たちは 口を揃えて言うのです 「いやぁ 変わっちゃったよ」

Does any of this matter?//

何か問題でしょうか

Is this just a form of mis-prediction/ that doesn't have consequences?//

何も影響を生じない 単なる予測のミスでしょうか

No, it matters quite a bit,/ and I'll give you/ an example of why.//

いいえ 大問題です 理由をいくつか説明します

It bedevils our decision-making/ in important ways.//

これが重要な局面での 私たちの意思決定を惑わせます

Bring to mind right now/ for yourself/ your favorite musician/ today/ and your favorite musician/ 10 years ago.//

今 好きなミュージシャンと 10年前 好きだったミュージシャンを 思い浮かべてください

I put mine up/ on the screen/ to help you along.//

画面には私の例を挙げておきました

Now/ we asked people/ to predict for us,/ to tell us/ how much money/ they would pay right now/ to see their current favorite musician perform/ in concert/ 10 years/ from now, and/ on average,/ people said/ they would pay 129 dollars/ for that ticket.//

さて 人々に 答えてもらいました 現在 好きなミュージシャンが 10年後に開くコンサートのために 今 いくら払うかと聞いたところ そのチケット代の平均額は 129ドルでした

And yet,/ when we asked them/ how much/ they would pay to see the person/ who was their favorite 10 years ago perform today,/ they say only 80 dollars.//

そして10年前に好きだった人が 今日 演奏するのを見るのに いくら払うかと聞いたところ 答えは たったの80ドル

Now,/ in a perfectly rational world,/ these should be the same number,/ but we overpay for the opportunity/ to indulge our current preferences/ because we overestimate their stability.//

理屈どおりに行けば 両者は同額になるはずですが 私たちは不変性を多く見積るために 現在の好みを満たす可能性に お金を出しすぎてしまうのです

Why does this happen?// We're not entirely sure,/ but it probably has to do/ with the ease of remembering versus the difficulty of imagining.//

何故こうなるのかは 明らかになっていませんが おそらくは 思い出す容易さと 想像する難しさの 相対的な差が関係しています

Most of us can remember/ who we were 10 years ago,/ but we find it hard/ to imagine/ who we're going to be,/ and then/ we mistakenly think/ that because it's hard/ to imagine,/ it's not likely/ to happen.//

10年前の自分のことなら 思い出せますが これから先の自分を想像するのは難しい すると私たちは誤って 想像が難しいということは 起きないのだろうと考えます

Sorry,/ when people say "I can't imagine that,/"/ they're usually talking/ about their own lack of imagination, and not about the unlikelihood of the event/ that they're describing.//

残念でした 「想像できない」と言うのは その人の想像力が 欠如しているという話であって 思い描いた出来事が 起きないということには なりません

The bottom line is,/ time is a powerful force.//

つまり 時間とは強力なものだ ということです

私たちの好みを変え

It reshapes our values.//

価値観を新たにし

It alters our personalities.//

性格を変えてしまいます

We seem to appreciate/ this fact,/ but only/ in retrospect.//

私たちが この事実を認めるのは 後になってからです

Only/ when we look/ backwards do we realize/ how much change happens in a decade.//

後から振り返った時にだけ 10年間で どれほど変化したか 気づくのです

It's/ as if,/ for most of us,/ the present is a magic time.//

ほとんどの人にとって 今という時は まるで魔法の時なのです

It's a watershed/ on the timeline.//

それは時の流れの分岐点

It's the moment/ at which we finally become ourselves.//

自分が いよいよ 本当の自分になる瞬間です

Human beings are/ works in progress/ that mistakenly think they're finished.//

人間というのは未完成なくせに 自分たちは完成したと 勘違いしているものです

The person/ you are right now is as transient,/ as fleeting/ and as temporary/ as all the people/ you've ever been.//

現在のあなたは 過去の どのあなたとも同じように はかない 束の間の存在です

The one constant/ in our life is change.//

人生において変わらないのは 「変わる」ということだけなのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

profoundly

深く

十分に

心から

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

thrill

(喜び・恐れ・興奮などで)『ぞくぞくする感じ』,ぞっとする(わくわくする)感じ,スリル

『ぞくぞくさせるもの』,ぞっと(わくわく)させるもの

…‘を'『ぞくぞくさせる』,ぞっと(わくわく)させる

(…に)ぞくぞくする,ぞっとする,わくわくする《+at(to)+名》

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

tattoo

(軍隊の)帰営ラッパ

(軍隊の)夜間軍楽行進

トントン(コツコツ)たたく音;(心臓の)ドキドキいう音

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

middle-aged

中年の;中年特有の

rush

トウシンソウ(灯心草);灯心草の茎(マット・かごなどを作る)

divorce

〈U〉〈C〉『離婚』,離縁

〈C〉《単数形で》完全な分離,絶縁

〈夫または妻〉‘と'『離婚する』,〈夫婦〉‘を'離婚させる

(…から)…‘を'分離する,切り離す《+『名』+『from』+『名』》

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

psychologist

心理学者

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

regret

…‘を'『後悔する』;…‘を'残念に思う

〈人が〉〈失われたもの〉‘を'惜しむ,悲しむ

〈U〉(…に対する)『後悔』,悔い;残念な気持ち,遺憾《+『at』(『for, over』)+『名』(doing)》

〈U〉(…に対する)悲しみ,哀惜,哀悼の意《+『over』(『for』)+『名』》

〈C〉《複数形で》(招持などへのていねいな)断り[状];(断るための)遺憾の言葉

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

convince

〈人〉'を'『納得させる』

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

misconception

誤解,誤認,思い違い

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

suddenly

『突然に』,だしぬけに

gallop

〈C〉〈U〉『ギャロップ』(馬などの4本の足が同時に地を離れる全速力の駆け方

〈C〉ギャロップで馬(など)を走らせること

〈馬が〉『ギャロップで駆ける』,〈人が〉馬をギャロップで走らせる

〈人・動物が〉全力疾走する

〈馬など〉‘を'ギャロップで走らせる

crawl

(腹ばいで)『はう』,はって進む

〈人・乗物・時間・仕事などが〉『のろのろと進む』

(はい回む虫などで)うじゃうじゃしている,うようよしている《+『with』+『名』》

(虫がはっているかのように)むずむずする

《話》(人に)取り入る《+『into』+『名』》

《a ~》はうこと;のろのろ歩き,徐行

《通例the ~》クロール泳法

middle age

中年(40‐60歳くらい)

old age

老年,老齢

wherever

…『する所はどこでも』

『どこに…でも』

『いったいどこへ』(に)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

illusion

『思い込み』,思い違い

〈C〉(…の)『幻覚』,幻影,幻,錯覚《+『of』+『名』》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

lives

lifeの複数形

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

datum

dataの単数形

既知の事実

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

probably

『たぶん』,『おそらく』

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

balance

〈C〉『天びん』,『はかり』

〈U〉〈C〉『つり合い』,均衡,平衡

〈U〉〈C〉(絵・デザインなどの)調和

《the~》《話》残り

《単数形で》(貯金などの)差引き残高,(取引の)収支勘定

…'を'『つり合わせる』,‘の'平衡を保つ

〈重さ・重要性〉'を'比較評価する,比べて考える

…'を'差引き勘定する

…‘と'つり合う,調和する

均衡(平衡)を保っている,つり合っている

決算する,収支が合う

(どちらを取ろうかと)迷う,ちゅうちょする

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

prediction

〈U〉予報(予言)すること

〈C〉予報(予言)される事;(…という)予報,予言《+『that節』》

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

vastly

広々と,広範囲に

大いに,非常に

underestimate

〈価値・質・量・能力など〉‘を'実際より低く評価する(見積もる)

過小評価

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

magnitude

『大きさ』,規模

『重要さ』(importance);(精神的な)偉大さ,高潔

(星の)光度,等級

マグニチュード(地震の強さなどの数量的単位)

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

anticipate

…'を'『予想する』,予期する

〈事〉‘に'『前もって(先に)対処する』

〈金など〉'を'見越して使う

〈人〉‘より'『先に行う』,‘に'先んずる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

diagram

説明図,略図;図表,予定表,グラフ;図解

…‘を'図解する,図示する,‘の'図表を作る

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

decade

『10年間』

ephemeral

(昆虫・草などが)1日限りの

短命の,はかない,つかの間の

dislike

…‘を'『嫌う』(進行形にできない)

(…を)『嫌いなこと』,いや気,嫌悪《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

preference

〈U〉〈C〉『好み』

〈U〉〈C〉好みの物を選ぶ権利;優先権

〈C〉『好みのもの』

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

vacation

〈C〉《おもに米》『休暇』,休み(《英》holiday)

〈C〉〈U〉《文》(部屋・家・土地などを)明け渡すこと,立ちのき;辞職,退任《+of+名》

(…で)『休暇をとる』《+at(in)+名》

hobby

(他の人と多少変わった)『趣味』,道楽

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

eh

えっ(問い・疑い・驚き・ちゅうちょなど;また相手の同意を求めるときにも用いる)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

bedevil

〈心配事・済難などが〉〈人〉'を'悩ませる,いじめぬく

〈人〉‘に'悪魔をとりつかせる;〈人〉'を'魅惑する

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

concert

〈C〉(公開の)『演奏会』,音楽会

〈U〉協調,協力

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

ticket

『切符』,乗車券;入道券;(宝くじなどの)券,礼

正礼,値札,(品質・サイズなどの)表示札

《米》(政党の)公認候補者名簿

《話》交通違反者の呼び出し状

《the~》《 話》必要なもの

《the ~》《古・話》正しいこと,適なこと

〈商品〉に正礼(品質標示礼など)を付ける,〈荷物など〉‘に'礼を付ける

《米》…‘に'交通違反の呼び出し状を渡す

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

rational

(物事が)『道理にかなった』,合理的な

(人が)『理性的な』,分別のある

『理性を備えた』

(数が)有理の

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

overpay

〈人〉‘に'多く払い過ぎる;〈金額〉‘を'予分に払い過ぎる

opportunity

『機会』,好機

indulge

〈欲望など〉‘を'『満足させる』;〈人〉‘の'思いのままにさせる

〈子供など〉‘を'甘やかす

(欲望などを)『満足させる』,(…を)思いのままにする《+『in』+『名』(do『ing』)》

overestimate

…‘を'過大評価する,買いかぶる

〈C〉過大評価,買いかぶり

stability

『安定』,確固,不動;安定性

(人・意志などの)着実,強固,不変

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

ease

(精神的な)『気楽さ』;(肉体的に)『楽であること』

『容易さ』,たやすさ

(態度が)ゆったりしていること

〈心・体〉‘を'『楽にする』;〈人〉‘を'『安心させる』

〈束縛・圧迫など〉‘を'ゆるめる

《副詞[句]を伴って》…‘を'慎重に動かす

〈圧迫・苦痛などが〉和らぐ

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

difficulty

〈U〉『難しさ』,困難

〈C〉『困難なこと』,難事,障害

〈C〉《通例複数形で》『困難な状況』,(特に)財政困難

〈C〉〈U〉(…との)不和,仲たがい《+『with』(『between』)+『名』》

〈C〉苦情,反対

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

mistakenly

誤って

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

unlikelihood

(…が)ありそうもないこと,(…の)見込みのなさ《+of+名(doing)》

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

bottom line

(損益計算書や収益報告書の)最下行、計算結果、最終帳尻、最終的な収益[損益]、純損失、利益高、当期利益、純利益、総決算

最終結果、最終決定、結論、肝心な点、本質、かなめ、重要点、本当のこと、本音

基本線

女性のヒップの線

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

alter

(形・性質などの点で)…'を'変える,改める

変わる,改まる

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

retrospect

回顧,回想

backward

《名詞の前にのみ用いて》(方向が)『後方への』,もとへの

《名詞の前にのみ用いて》『逆の』,反対からの

進歩(発達)が遅れている

(性格が)内気な(shy),隠っ込み祉案の

『後方へ』,後ろ向きに

(方向・順序・時間が)『逆に』,反対に

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

watershed

分水界

(川の)流域

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

human being

人,人間

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

finished

《補語にのみ用いて》仕上がった,完成した

《名詞の前にのみ用いて》みごとな,申し分ない

transient

(また transitory)一時の,つかの間の,はかない

(人が)短期滞在の

(ホテルなどの)短期滞在客

fleeting

速く過ぎてゆく,つかの間の

temporary

『一時の』,はかない,仮の

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画