TED日本語 - マヌ・プラカシュ: 紙を折るだけ―50セントでできる「折り紙顕微鏡」

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

紙の切り抜き人形を作ったり、折り鶴を折ったりしたことはあると思いますが、TEDフェローのマヌ・プラカシュが研究室の学生と作ったのは、なんと紙を折って簡単に組み立てられる顕微鏡です。この溌剌としたデモが示しているのは、この発明が開発途上国の保健医療をいかに抜本的に改革しうるかということ、さらには、たいていのものは楽しい科学実験に変えられるということです。

Script

1800年のことです 好奇心をそそる発明が生まれ 人々の話題になります 「顕微鏡」です 顕微鏡によって 肉眼では見えない 微生物の姿が 見られるように なりました これは 医学上の発見にも つながりました こうした微生物の多くが 人々にひどい病をもたらす― 原因だと 分かったのです この発見に 社会がどう反応したか 想像してみてください 英国夫人がティーカップで 口にしていたのは とんでもないモンスター入りの スープだったのです これは ここから遠くない ロンドンでのことです

それから 200年後 まだ このモンスタースープはあり 熱帯の開発途上国を 席巻しています マラリアだけを見ても 毎年 何百万もの人が命を失い 十億という人が 検査を必要としています マラリア感染には さまざまな種類が あるからです

実は こうしたモンスターの 正体を調べるのは とても簡単なことです まず染色をします アクリジン・オレンジ染色や 蛍光染色 ギムザ染色などを 使います そして顕微鏡で のぞいて見ます そうすれば 何か分かります では なぜ― ケニヤのアレックスや バングラデシュのファティマ ムンバイのナヴジュート ウガンダのジュリーとマリーは 何ヶ月も待たなければ 病気の原因を 診断してもらえないんでしょう? それは主に 現在の診断法は そこまで行き渡らせることが できないからです 思い出してください 十億人です

問題は 顕微鏡にあります 近代科学の 頂点でありながら 研究用顕微鏡は 現場向けに設計されたのでも 病気の診断用に 設計されたのでもありません ですから 顕微鏡というのは 重くて嵩張り 手入れも大変で 値段もとても高く なっています こちらは 40年代に撮られた マハトマ・ガンディーです 私たちが現在使用しているのと 全く同じ顕微鏡を使って 結核の検査を しているところで インドのセバグラムの 僧院でのことです

私の教え子の ジムとジェームズは インドやタイに 足を運んでから この問題について 深く考えるようになりました そこには寄付された 様々な機材がありましたが 顕微鏡レンズには カビが生えていました 使える顕微鏡が あっても スイッチの入れ方さえ知らない 有様だったのです この研究や訪問から 生まれたのが 「折り紙顕微鏡(Foldscope)」 というアイデアです

折り紙顕微鏡とは 何でしょう? 折り紙顕微鏡は とても実用的な顕微鏡で 蛍光、明視野、偏光 投影顕微鏡など 検査で必要になる 顕微鏡を 紙を折るだけで作れるようにしよう というものです そんなこと可能なのか とお思いでしょうか? では 実際に ご覧いただきましょう 通して見ていただきます はじめは1枚の 紙になっています ここには 実用性を備えた― 明視野の蛍光顕微鏡に 必要な部品がそろっています 3つの部分から なっています 光学的部分 照明部分 それから 機械的部分です 一番下には マイクロ光学レンズが 紙自体に 埋め込まれています どうするかというと まず手に取り おもちゃで 遊ぶような感じで 実際そうですからね 切り抜いて 離します

この紙には何の言葉も 説明も書かれていません 色で印が つけられていますので それに従って折り進めれば 顕微鏡を作ることができます 完成すると こんな感じになります 標準的な顕微鏡にある すべての機能を備えています XYステージもそうです 試料のスライドを 載せるところで ちょうどここです ここは変えたく なかったんです というのも これが標準として 長年 使われてきていて 医療関係者の多くは これに慣れているからです こちらは 変えましたが 標準的な染色法は そのまま 様々な病気診断に 使うのです これを 差し込みます XYステージも ありますし 焦点を合わせることも できます たわんだ構造が 紙に組み込まれており これによって レンズを動かし ミクロン単位で 焦点を調整できるのです

この顕微鏡の 面白いところは― これをすると 学生は嫌うんですが やってしまいます― 面白いのは 頑丈さです スイッチを入れたまま 床に落として 思いっきり 踏みつけても 大丈夫です これは― 紙のような 柔軟性が非常に高い 素材でできていますから

もう一つ面白いことがあります これが診断機材として実際に 送られているものですが この封筒には 様々な構成の― 折り紙顕微鏡 30種類が入っています 1つのファイルに すべて入っています 適当に 1つ選びましょう こちらは― マラリア診断専用です マラリア診断用の 特殊な蛍光フィルターが 埋め込まれているんです ここから 特定の病気専用の 顕微鏡を 作るという アイデアが生まれたんです

ここまで こうしたもので 何が見えるのか まだ ご覧いただいていませんね ですから― 照明を少し 落としていただけば この折り紙顕微鏡には 投影機能もあることが分かります この2つの 顕微鏡で 後ろの壁に 映してみます 投影すると ご覧のとおり 顕微鏡をのぞいたままが 映し出されます ご覧いただいているのは― (拍手) こちらは 複眼の断面です ズームしてみますと そこには― Z軸で調整します 複眼のレンズが どう組み合わされているか 断面の模様から 見て取れますね もう一つの例です お気に入りの虫です これを嫌うのが 大好きなんですが 蚊です 家蚊(イエカ)の触角が 見えます ここです ご説明した簡単なもので ここまで できるんです

妻も この顕微鏡の 実地テストを してくれていて 私がポケットに入れっぱなしにした 顕微鏡を 服と一緒に 洗濯機にかけてくれました それで水にも耐えられることが わかりました (笑) 蛍光水に 入れてみます 見えるかどうか 分かりませんが 投影顕微鏡の 仕組みが分かります 光線が投影され 屈折していますね

照明を 戻してください

時間も 押していますので 駆け足でご紹介します 生産コストの点で 一番大きなポイントは ロール・ツー・ロール方式で 作るということでした その結果 この顕微鏡を 50セントで作れました (拍手) これによって 顕微鏡検査に 新しいパラダイムを もたらすことができます 「使い捨て式 顕微鏡検査」です 簡単に この顕微鏡が どんな構造に なっているのか ご紹介します まず1枚の紙です 私たちは こんな風に 考えていたんです A4サイズの紙で 3つの部分が ありますね そして光学部品 右上の はめ込み部分ですが このレンズをどうやって 非常に高い生産性で 紙に埋め込むかを 考えないといけませんでした それで自己組織化過程と 表面張力を使い 紙にアクロマート・レンズを 埋め込むことにしました そこにレンズがあり こちらに光源があります そして 最後には 折り紙の原理によって 全ての部品がきれいに並びます 折り紙をすることで ミクロン単位の 正確さで光学調整が できるのです シンプルなおもちゃに 見えるかもしれませんが その背後にある 工業技術は 本当に 精巧なものです

もう一つ 私たちがするのは― この顕微鏡が 頑丈というのを 示すために よくすることですが― 3階から 下に顕微鏡を落とすことです ご覧のとおり 無事でしたね

ですから 私たちが次に目指しているのは 実地試験を 仕上げることです この夏の終わりから 始めるつもりですが 顕微鏡を千個単位で 量産します これほどまでに たくさんの顕微鏡を 一つの場所で 使って実地試験をするのは 初めてのことになります マラリアやシャーガス病 ランブル鞭毛虫症の患者さんに 自らデータを送ってもらっています

最後に この写真を お見せしたいと思います 私自身 思いも よらなかったことですが 実践的な科学教育と 世界的な健康問題は つながっています 私たちは 子どもたちに 何を残せるでしょう? 子どもたちは 明日のため モンスタースープと 戦っていかなければ いけないのです 子どもたちには 顕微鏡を印刷して ポケットに入れ 持ち歩いてほしい そう願っています

ありがとうございました

(拍手)

The year is 1800. A curious little invention is being talked about. It's called a microscope. What it allows you to do is see tiny little lifeforms that are invisible to the naked eye. Soon comes the medical discovery that many of these lifeforms are actually causes of terrible human diseases. Imagine what happened to the society when they realized that an English mom in her teacup actually was drinking a monster soup, not very far from here. This is from London.

Fast forward 200 years. We still have this monster soup around, and it's taken hold in the developing countries around the tropical belt. Just for malaria itself, there are a million deaths a year, and more than a billion people that need to be tested because they are at risk for different species of malarial infections.

Now it's actually very simple to put a face to many of these monsters. You take a stain, like acridine orange or a fluorescent stain or Giemsa, and a microscope, and you look at them. They all have faces. Why is that so, that Alex in Kenya, Fatima in Bangladesh, Navjoot in Mumbai, and Julie and Mary in Uganda still wait months to be able to diagnose why they are sick? And that's primarily because scalability of the diagnostics is completely out of reach. And remember that number: one billion.

The problem lies with the microscope itself. Even though the pinnacle of modern science, research microscopes are not designed for field testing. Neither were they first designed for diagnostics at all. They are heavy, bulky, really hard to maintain, and cost a lot of money. This picture is Mahatma Gandhi in the '40s using the exact same setup that we actually use today for diagnosing T.B. in his ashram in Sevagram in India.

Two of my students, Jim and James, traveled around India and Thailand, starting to think about this problem a lot. We saw all kinds of donated equipment. We saw fungus growing on microscope lenses. And we saw people who had a functional microscope but just didn't know how to even turn it on. What grew out of that work and that trip was actually the idea of what we call Foldscopes.

So what is a Foldscope? A Foldscope is a completely functional microscope, a platform for fluorescence, bright-field, polarization, projection, all kinds of advanced microscopy built purely by folding paper. So, now you think, how is that possible? I'm going to show you some examples here, and we will run through some of them. It starts with a single sheet of paper. What you see here is all the possible components to build a functional bright-field and fluorescence microscope. So, there are three stages: There is the optical stage, the illumination stage and the mask-holding stage. And there are micro optics at the bottom that's actually embedded in the paper itself. What you do is, you take it on, and just like you are playing like a toy, which it is, I tab it off, and I break it off.

This paper has no instructions and no languages. There is a code, a color code embedded, that tells you exactly how to fold that specific microscope. When it's done, it looks something like this, has all the functionalities of a standard microscope, just like an XY stage, a place where a sample slide could go, for example right here. We didn't want to change this, because this is the standard that's been optimized for over the years, and many health workers are actually used to this. So this is what changes, but the standard stains all remain the same for many different diseases. You pop this in. There is an XY stage, and then there is a focusing stage, which is a flexure mechanism that's built in paper itself that allows us to move and focus the lenses by micron steps.

So what's really interesting about this object, and my students hate when I do this, but I'm going to do this anyway, is these are rugged devices. I can turn it on and throw it on the floor and really try to stomp on it. And they last, even though they're designed from a very flexible material, like paper.

Another fun fact is, this is what we actually send out there as a standard diagnostic tool, but here in this envelope I have 30 different foldscopes of different configurations all in a single folder. And I'm going to pick one randomly. This one, it turns out, is actually designed specifically for malaria, because it has the fluorescent filters built specifically for diagnosing malaria. So the idea of very specific diagnostic microscopes comes out of this.

So up till now, you didn't actually see what I would see from one of these setups. So what I would like to do is, if we could dim the lights, please, it turns out foldscopes are also projection microscopes. I have these two microscopes that I'm going to turn -- go to the back of the wall -- and just project, and this way you will see exactly what I would see. What you're looking at -- (Applause) -- This is a cross-section of a compound eye, and when I'm going to zoom in closer, right there, I am going through the z-axis. You actually see how the lenses are cut together in the cross-section pattern. Another example,one of my favorite insects, I love to hate this one, is a mosquito, and you're seeing the antenna of a culex pipiens. Right there. All from the simple setup that I actually described.

So my wife has been field testing some of our microscopes by washing my clothes whenever I forget them in the dryer. So it turns out they're waterproof, and -- (Laughter) -- right here is just fluorescent water, and I don't know if you can actually see this. This also shows you how the projection scope works. You get to see the beam the way it's projected and bent.

Can we get the lights back on again?

So I'm quickly going to show you, since I'm running out of time, in terms of how much it costs for us to manufacture, the biggest idea was roll-to-roll manufacturing, so we built this out of 50 cents of parts and costs. (Applause) And what this allows us to do is to think about a new paradigm in microscopy, which we call use-and-throw microscopy. I'm going to give you a quick snapshot of some of the parts that go in. Here is a sheet of paper. This is when we were thinking about the idea. This is an A4 sheet of paper. These are the three stages that you actually see. And the optical components, if you look at the inset up on the right, we had to figure out a way to manufacture lenses in paper itself at really high throughputs, so it uses a process of self-assembly and surface tension to build achromatic lenses in the paper itself. So that's where the lenses go. There are some light sources. And essentially, in the end, all the parts line up because of origami, because of the fact that origami allows us micron-scale precision of optical alignment. So even though this looks like a simple toy, the aspects of engineering that go in something like this are fairly sophisticated.

So here is another obvious thing that we would do, typically, if I was going to show that these microscopes are robust, is go to the third floor and drop it from the floor itself. There it is, and it survives.

So for us, the next step actually is really finishing our field trials. We are starting at the end of the summer. We are at a stage where we'll be making thousands of microscopes. That would be the first time where we would be doing field trials with the highest density of microscopes ever at a given place. We've started collecting data for malaria, Chagas disease and giardia from patients themselves.

And I want to leave you with this picture. I had not anticipated this before, but a really interesting link between hands-on science education and global health. What are the tools that we're actually providing the kids who are going to fight this monster soup for tomorrow? I would love for them to be able to just print out a Foldscope and carry them around in their pockets.

Thank you.

(Applause)

The year is 1800.//

1800年のことです

A curious little invention is being talked about.//

好奇心をそそる発明が生まれ 人々の話題になります

It's called a microscope.//

「顕微鏡」です

What it allows/ you to do is see tiny little lifeforms/ that are invisible/ to the naked eye.//

顕微鏡によって 肉眼では見えない 微生物の姿が 見られるように なりました

Soon comes the medical discovery/ that many of these lifeforms are actually causes of terrible human diseases.//

これは 医学上の発見にも つながりました こうした微生物の多くが 人々にひどい病をもたらす― 原因だと 分かったのです

Imagine/ what happened to the society/ when they realized/ that an English mom/ in her teacup actually was drinking a monster soup,/ not very far/ from here.// This is from London.//

この発見に 社会がどう反応したか 想像してみてください 英国夫人がティーカップで 口にしていたのは とんでもないモンスター入りの スープだったのです これは ここから遠くない ロンドンでのことです

Fast/ forward 200 years.//

それから 200年後

We still have this monster soup around,/ and it's taken hold/ in the developing countries/ around the tropical belt.//

まだ このモンスタースープはあり 熱帯の開発途上国を 席巻しています

Just/ for malaria/ itself,/ there are a million deaths/ a year,/ and more than a billion people/ that need to be tested/ because they are at risk/ for different species of malarial infections.//

マラリアだけを見ても 毎年 何百万もの人が命を失い 十億という人が 検査を必要としています マラリア感染には さまざまな種類が あるからです

Now/ it's actually very simple/ to put a face/ to many of these monsters.//

実は こうしたモンスターの 正体を調べるのは とても簡単なことです

You take a stain,/ like acridine orange or a fluorescent stain or Giemsa,/ and a microscope,/ and you look at them.//

まず染色をします アクリジン・オレンジ染色や 蛍光染色 ギムザ染色などを 使います そして顕微鏡で のぞいて見ます

They all have faces.//

そうすれば 何か分かります

Why is/ that so,/ that Alex/ in Kenya,/ Fatima/ in Bangladesh,/ Navjoot/ in Mumbai,/ and Julie and Mary/ in Uganda still wait months/ to be able to diagnose/ why they are sick?//

では なぜ― ケニヤのアレックスや バングラデシュのファティマ ムンバイのナヴジュート ウガンダのジュリーとマリーは 何ヶ月も待たなければ 病気の原因を 診断してもらえないんでしょう?

And that's primarily/ because scalability of the diagnostics is completely out of reach.//

それは主に 現在の診断法は そこまで行き渡らせることが できないからです

And remember/ that number:/ one billion.//

思い出してください 十億人です

問題は 顕微鏡にあります

近代科学の 頂点でありながら 研究用顕微鏡は 現場向けに設計されたのでも

Neither were they first designed for diagnostics/ at all.//

病気の診断用に 設計されたのでもありません

They are heavy,/ bulky,/ really hard to maintain,/ and cost a lot of money.//

ですから 顕微鏡というのは 重くて嵩張り 手入れも大変で 値段もとても高く なっています

This picture is Mahatma Gandhi/ in the '40s/ using the exact same setup/ that we actually use today/ for diagnosing T.B./ in his ashram/ in Sevagram/ in India.//

こちらは 40年代に撮られた マハトマ・ガンディーです 私たちが現在使用しているのと 全く同じ顕微鏡を使って 結核の検査を しているところで インドのセバグラムの 僧院でのことです

Two of my students,/ Jim and James,/ traveled around India and Thailand,/ starting to think about this problem/ a lot.//

私の教え子の ジムとジェームズは インドやタイに 足を運んでから この問題について 深く考えるようになりました

We saw all kinds of donated equipment.//

そこには寄付された 様々な機材がありましたが

We saw fungus/ growing on microscope lenses.//

顕微鏡レンズには カビが生えていました

And we saw people/ who had a functional microscope/ but just didn't know/ how to even turn it on.//

使える顕微鏡が あっても スイッチの入れ方さえ知らない 有様だったのです

What grew out of that work/ and/ that trip was actually the idea of what we call Foldscopes.//

この研究や訪問から 生まれたのが 「折り紙顕微鏡(Foldscope)」 というアイデアです

So/ what is a Foldscope?//

折り紙顕微鏡とは 何でしょう?

A Foldscope is a completely functional microscope,/ a platform/ for fluorescence,/ bright-field,/ polarization,/ projection,/ all kinds of advanced microscopy built purely/ by folding paper.//

折り紙顕微鏡は とても実用的な顕微鏡で 蛍光、明視野、偏光 投影顕微鏡など 検査で必要になる 顕微鏡を 紙を折るだけで作れるようにしよう というものです

So,/ now/ you think,/ how is that possible?//

そんなこと可能なのか とお思いでしょうか?

I'm going to show/ you/ some examples here,/ and we will run through some of them.//

では 実際に ご覧いただきましょう 通して見ていただきます

It starts with a single sheet of paper.//

はじめは1枚の 紙になっています

What you see/ here is all the possible components/ to build a functional bright-field and fluorescence microscope.//

ここには 実用性を備えた― 明視野の蛍光顕微鏡に 必要な部品がそろっています

So,/ there are three stages:/ There is the optical stage,/ the illumination stage and the mask-holding stage.//

3つの部分から なっています 光学的部分 照明部分 それから 機械的部分です

And there are micro optics/ at the bottom/ that's actually embedded in the paper/ itself.//

一番下には マイクロ光学レンズが 紙自体に 埋め込まれています

What you do/ is,/ you take it on,/ and just/ like you are playing like a toy,/ which it is,/ I tab it off,/ and I break it off.//

どうするかというと まず手に取り おもちゃで 遊ぶような感じで 実際そうですからね 切り抜いて 離します

This paper has no instructions and no languages.//

この紙には何の言葉も 説明も書かれていません

There is a code,/ a color code embedded,/ that tells you exactly/ how to fold that specific microscope.//

色で印が つけられていますので それに従って折り進めれば 顕微鏡を作ることができます

When it's done,/ it looks something/ like this,/ has all the functionalities of a standard microscope,/ just like an XY stage,/ a place/ where a sample slide could go,/ for example right here.//

完成すると こんな感じになります 標準的な顕微鏡にある すべての機能を備えています XYステージもそうです 試料のスライドを 載せるところで ちょうどここです

We didn't want to change/ this,/ because this is the standard/ that's been optimized for over the years,/ and many health workers are actually used to this.//

ここは変えたく なかったんです というのも これが標準として 長年 使われてきていて 医療関係者の多くは これに慣れているからです

So this is/ what changes,/ but the standard stains all remain the same/ for many different diseases.//

こちらは 変えましたが 標準的な染色法は そのまま 様々な病気診断に 使うのです

You pop this in.//

これを 差し込みます

There is an XY stage,/ and then/ there is a focusing stage,/ which is a flexure mechanism/ that's built in paper/ itself/ that allows us/ to move and focus the lenses/ by micron steps.//

XYステージも ありますし 焦点を合わせることも できます たわんだ構造が 紙に組み込まれており これによって レンズを動かし ミクロン単位で 焦点を調整できるのです

So/ what's really interesting/ about this object,/ and my students hate/ when I do this,/ but I'm going to do/ this anyway,/ is these are rugged devices.//

この顕微鏡の 面白いところは― これをすると 学生は嫌うんですが やってしまいます― 面白いのは 頑丈さです

I can turn it on/ and throw it/ on the floor/ and really try to stomp/ on it.//

スイッチを入れたまま 床に落として 思いっきり 踏みつけても

And they last,/ even though they're designed from a very flexible material,/ like paper.//

大丈夫です これは― 紙のような 柔軟性が非常に高い 素材でできていますから

Another fun fact is,/ this is/ what we actually send out there/ as a standard diagnostic tool,/ but here/ in this envelope/ I have 30 different foldscopes of different configurations/ all/ in a single folder.//

もう一つ面白いことがあります これが診断機材として実際に 送られているものですが この封筒には 様々な構成の― 折り紙顕微鏡 30種類が入っています 1つのファイルに すべて入っています

And I'm going to pick/ one randomly.//

適当に 1つ選びましょう

This one,/ it turns out,/ is actually designed specifically/ for malaria,/ because it has/ the fluorescent filters built specifically/ for diagnosing malaria.//

こちらは― マラリア診断専用です マラリア診断用の 特殊な蛍光フィルターが 埋め込まれているんです

So the idea of very specific diagnostic microscopes comes out of this.//

ここから 特定の病気専用の 顕微鏡を 作るという アイデアが生まれたんです

So up till now,/ you didn't actually see/ what I would see from one of these setups.//

ここまで こうしたもので 何が見えるのか まだ ご覧いただいていませんね

So/ what I would like to do/ is,/ if we could dim the lights,/ please,/ it turns out/ foldscopes are also projection microscopes.//

ですから― 照明を少し 落としていただけば この折り紙顕微鏡には 投影機能もあることが分かります

I have these two microscopes/ that I'm going to turn --/ go to the back of the wall --/ and just project,/ and this way/ you will see exactly what I would see.//

この2つの 顕微鏡で 後ろの壁に 映してみます 投影すると ご覧のとおり 顕微鏡をのぞいたままが 映し出されます

What you're looking/ at --/ (Applause) --/ This is a cross-section of a compound eye,/ and when I'm going to zoom/ in closer,/ right there,/ I am going through the z-axis.//

ご覧いただいているのは― (拍手) こちらは 複眼の断面です ズームしてみますと そこには― Z軸で調整します

You actually see/ how the lenses are cut together/ in the cross-section pattern.//

複眼のレンズが どう組み合わされているか 断面の模様から 見て取れますね

Another example,/one of my favorite insects,/ I love to hate/ this one,/ is a mosquito,/ and you're seeing/ the antenna of a culex pipiens.//

もう一つの例です お気に入りの虫です これを嫌うのが 大好きなんですが 蚊です 家蚊(イエカ)の触角が 見えます

Right there.//

ここです

All/ from the simple setup/ that I actually described.//

ご説明した簡単なもので ここまで できるんです

So my wife has been field/ testing some of our microscopes/ by washing my clothes/ whenever I forget them/ in the dryer.//

妻も この顕微鏡の 実地テストを してくれていて 私がポケットに入れっぱなしにした 顕微鏡を 服と一緒に 洗濯機にかけてくれました

So/ it turns out/ they're waterproof,/ and --/ (Laughter) --/ right here is just fluorescent water,/ and I don't know/ if you can actually see this.//

それで水にも耐えられることが わかりました (笑) 蛍光水に 入れてみます 見えるかどうか 分かりませんが

This also shows you/ how the projection scope works.//

投影顕微鏡の 仕組みが分かります

You get to see/ the beam/ the way/ it's projected and bent.//

光線が投影され 屈折していますね

Can we get the lights back/ on again?//

照明を 戻してください

So I'm quickly going to show/ you,/ since I'm running/ out of time,/ in terms of how much/ it costs/ for us/ to manufacture,/ the biggest idea was roll-to-roll manufacturing,/ so we built this/ out of 50 cents of parts and costs.//

時間も 押していますので 駆け足でご紹介します 生産コストの点で 一番大きなポイントは ロール・ツー・ロール方式で 作るということでした その結果 この顕微鏡を 50セントで作れました

(Applause)/ And what this allows us/ to do is to think about a new paradigm/ in microscopy,/ which we call use-and-throw microscopy.//

(拍手) これによって 顕微鏡検査に 新しいパラダイムを もたらすことができます 「使い捨て式 顕微鏡検査」です

I'm going to give/ you/ a quick snapshot of some of the parts/ that go in.//

簡単に この顕微鏡が どんな構造に なっているのか ご紹介します

Here is a sheet of paper.//

まず1枚の紙です

This is/ when we were thinking about the idea.//

私たちは こんな風に 考えていたんです

This is an A4 sheet of paper.//

A4サイズの紙で

These are the three stages/ that you actually see.//

3つの部分が ありますね

And the optical components,/ if you look at the inset up/ on the right,/ we had to figure out/ a way/ to manufacture lenses/ in paper/ itself/ at really high throughputs,/ so it uses a process of self-assembly/ and surface tension/ to build achromatic lenses/ in the paper/ itself.//

そして光学部品 右上の はめ込み部分ですが このレンズをどうやって 非常に高い生産性で 紙に埋め込むかを 考えないといけませんでした それで自己組織化過程と 表面張力を使い 紙にアクロマート・レンズを 埋め込むことにしました

So/ that's/ where the lenses go.//

そこにレンズがあり

There are some light sources.//

こちらに光源があります

And essentially,/ in the end,/ all the parts line up/ because of origami,/ because of the fact/ that origami allows us/ micron-scale precision of optical alignment.//

そして 最後には 折り紙の原理によって 全ての部品がきれいに並びます 折り紙をすることで ミクロン単位の 正確さで光学調整が できるのです

So/ even though this looks like a simple toy,/ the aspects of engineering/ that go in something/ like this are fairly sophisticated.//

シンプルなおもちゃに 見えるかもしれませんが その背後にある 工業技術は 本当に 精巧なものです

So here is another obvious thing/ that we would do,/ typically,/ if I was going to show/ that these microscopes are robust,/ is go to the third floor/ and drop it/ from the floor itself.//

もう一つ 私たちがするのは― この顕微鏡が 頑丈というのを 示すために よくすることですが― 3階から 下に顕微鏡を落とすことです

There/ it is,/ and it survives.//

ご覧のとおり 無事でしたね

So/ for us,/ the next step actually is really finishing our field trials.//

ですから 私たちが次に目指しているのは 実地試験を 仕上げることです

We are starting at the end of the summer.//

この夏の終わりから 始めるつもりですが

We are at a stage/ where we'll be making thousands of microscopes.//

顕微鏡を千個単位で 量産します

That would be the first time/ where we would be doing field trials/ with the highest density of microscopes ever/ at a given place.//

これほどまでに たくさんの顕微鏡を 一つの場所で 使って実地試験をするのは 初めてのことになります

We've started collecting/ data/ for malaria,/ Chagas disease and giardia/ from patients/ themselves.//

マラリアやシャーガス病 ランブル鞭毛虫症の患者さんに 自らデータを送ってもらっています

And I want to leave/ you/ with this picture.//

最後に この写真を お見せしたいと思います

I had not anticipated this before,/ but a really interesting link/ between hands-on science education and global health.//

私自身 思いも よらなかったことですが 実践的な科学教育と 世界的な健康問題は つながっています

What are the tools/ that we're actually providing/ the kids/ who are going to fight/ this monster soup for tomorrow?//

私たちは 子どもたちに 何を残せるでしょう? 子どもたちは 明日のため モンスタースープと 戦っていかなければ いけないのです

I would love/ for them/ to be able to just print out/ a Foldscope/ and carry them around/ in their pockets.//

子どもたちには 顕微鏡を印刷して ポケットに入れ 持ち歩いてほしい そう願っています

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

microscope

『顕微鏡』

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

naked

(体の全部,または一部が)『裸の』

『はぎ取られた』,むき出しにされた

(目が)肉眼の,裸眼の

《名詞の前にのみ用いて》(事が)赤裸裸の,あからさまの

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

mom

=mother

teacup

紅茶わん

茶わん1杯の量

monster

(想像・伝説上の)『怪物』,化け物

《a ~》(…の)巨大な(怪異な)物,怪物(のような…)《+『of』+『名』》

(動・植物の)奇形

極悪非道の人,人非人

巨大な

soup

『スープ』

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

tropical

『熱帯の』,熱帯性の,熱帯産の

酷暑の

belt

『ベルト』,バンド,帯

(特徴のある)地帯,地方

(機械の)ベルト

ベルト状のもの

《話》ピシャリとたたくと

…'を'ベルトで締めてつける《+『名』+『on,』+『on』+『名』》

…'を'ベルトで巻く;(ベルトで締めるように)…'を'取り巻く《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(革帯などで)…'を'打つ,たたく

《話》…'を'ぶんなぐる

malaria

(また『swamp fever』)マラリア

《古》毒気

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

malarial

マラリア[性]の;マラリアにかかった

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

stain

(…で)…‘を'『汚す』,‘に'しみをつける《+『名』+『with』+『名』》

〈ガラス・木材・布など〉‘に'『着色する』

(…で)〈人格・名声など〉‘を'汚す,‘に'傷をつける《+『名』+『with』+『名』》

汚れる,しみがつく

〈C〉〈U〉(…についた)『しみ』,汚れ《+『on』+『名』》

〈U〉〈C〉着色剤,染料

〈C〉(人格・名声などに対する)汚点,傷《+『on』(『upon』)+『名』》

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

fluorescent

けい光を放つ,けい光性の

けい光灯

Kenya

ケニア(アフリカ東部の共和国;首都Nairobi)

Bangladesh

バングラデシュ人民共和国(インド半島東部の国;首都Dacca)

Mary

聖母マリア(また『Virgin Mary, Saint Mary』)

Uganda

ウガンダ(アフリカ東部の独須国;首都 Kampala)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

diagnose

〈病気〉‘を'診断する

sick

(人が)『病気の』;(部屋などが)病人の[ための];(顔色などが)病気を示す(思わせる)

《名詞的に》《the ~;複数扱い》病人

《補語にのみ用いて》《おもに英》(…で)むかついて,吐き気を催して,気分が悪い《+『at(『with』,『from』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『うんざりして』,あきあきして,いや気がさして;(…に)しゃくにさわって,腹が立って《+『of』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『がっかりして』,落胆して《+『at』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,こがれて《+『for』+『名』》

病的な,異常心理の;気味の悪い

primarily

『第一に』,主として,おもに(chiefly)

最初に(originally)

diagnostic

診断の,診断のために役立つ

completely

『完全に』,全く,十分に

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

pinnacle

〈C〉(教会などの)小尖塔

〈C〉(山の)高くとがった山頂,峰(peak)

《the~》(成功・名声などの)絶頂,頂点(acme)《+『of』+『名』》

…‘を'高い所に置く

…‘に'尖塔をつける

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

heavy

『重い』,重量のある

(分量・程度・規模・強さなどが)『激しい』,大きい,

『厳しい』,耐えがたい,つらい

悲しい,陰気な

(動作が)のろい,ぎこちない

ものうい,だるい

(空が)曇った,うっとうしい,(海が)荒れた

(食物が)消化の悪い

敵役,悪役

bulky

かさばった,ばかに大きい

扱いにくい

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

mahatma

マハトマ

(バラモン教の)大知識,大聖

《Mahatma》インドで高貴な人の名に添える敬称

Gandhi

ガンジー(Mohandas Karamchand~;1869‐1948;インド独立運動指導者;Mahatma Gandhi(偉大なる魂ガンジー)とも呼ばれる)

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

setup

組織,機構

《しばしば複数形で》《米》(グラス・ソーダ水・氷など)酒を飲むときに必要なもの一そろい

ashram

アーシュラム(ヒンズー教の人々が宗教の教えを受けに来る所)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

James

ヤコブ書(新約聖書の一書;《略》『jas.』)

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

Thailand

タイ(東南アジア中部の王国;首都は Bangkok)

donate

(…に)…‘を'寄贈する,寄付する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄贈(寄付)する《+『to』+『名』》

equipment

《集合的に》『備品』;『装備』,したく

(…を)『装備すること』(している状態)《+『with』+『名』》

(仕事などに)必要な知識(能力)《+『for』+『名』(do『ing』)》

fungus

菌(葉緑素が無く,他の生物の有機物に依存しているキノコ,カビなど)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

fluorescence

けい光発光

(放射された)けい光

projection

〈U〉突き出[させ]ること;〈C〉突起

(影・映像などの)透写;◇映画・スライドの)映写;〈C〉投影図,投射図

〈U〉発射,射出

〈C〉予測,予知

〈U〉〈C〉(自分の考え・感情を)人に投影すること

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

microscopy

顕微鏡使用[法]

顕微鏡による検査

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

purely

『全く』,完全に

『純粋に』,きれいに,清らかに

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

component

構成している,成分の

構成要素,成分

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

optical

視覚の,視力の

光学用の

illumination

〈U〉照明

〈U〉照度

〈C〉《複数形で》《おもに英》電飾,イルミネーション

〈C〉《複数形で》(写本などの)彩飾

〈U〉解明,啓示

optic

目の;視覚の

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

toy

『おもちゃ』,玩具

小さくてちゃちな物

《名詞の前にのみ用いて》

おもちゃの,愛玩用の

(…を)いじくり回す,もてあそぶ《+with+名(doing)》

tab

(開けるたれの)つまみ;(持つ・つるすための)ひもの輪;(区別するための)付け札,ラベル

(衣服につける装飾用の)ひも,輪,垂れ飾り;(靴の)舌革など

《話》(食事などの)勘定;つけ

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

instruction

〈U〉(…の)『教育』,教授(teaching)《+『in』+『名』》

《複数形で》『命令』,指図(orders, directions);(…せよとの)命令《+『to』 do》

〈U〉(教えられた)知識,教訓

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

flexure

屈曲,湾曲;ひだ

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

micron

ミクロン(100万分の1メートル;記号はμ)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

anyway

=anyhow

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

stomp

〈床・地面など〉‘を'踏みつける

(力を込めて)〈足〉‘を'踏みおろす

(力を込めて)踏みつける

ストンプ(力強いリズムとテンポの早い初期のジャズおよびそのダンス)

flexible

曲げられる;『曲げやすい』;しなやかな

(人・計画などが)柔軟な,融通のきく

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

envelope

『封筒』

包むもの

configuration

(全体の)形状,外形;(部分の)配置;(星の)星位;原子配列

folder

紙ばさみ

(印刷した1枚の紙を数ページに折り畳んだ)折り本;折り畳み広告,折り畳み時間表,折り畳み地図

折り畳む人;(紙などの)折り畳み機

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

dim

『薄暗い』,ほの暗い

はっきり見えない(聞こえない,理解できない)

(考え・記憶などが)はっきりしない,ぼんやりした

(色などが)くすんだ,光沢のない

批判的な,悲観的な

《話》(人が)ばかな,愚かな

(目が)かすんだ

…‘を'『薄暗くする』,ぼんやりさせる

『薄暗くなる』,かすかになる

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

applause

『拍手かっさい』;称賛

cross-section

横断面;[横]断面図

(全体の特徴・傾向を示す)代表的断面(側面)

compound eye

(昆虫の)複眼

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

insect

『昆虫』;(一般に)虫

mosquito

『カ』(蚊)

antenna

(虫などの)触角

《特に米》(ラジオ・テレビなどの)アンテナ(aerial)

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

dryer

=drier

waterproof

防水の,水を通さない

〈U〉防水布

〈C〉《英》レーンコート

…‘を'防水する

laughter

『笑い』,笑い声

scope

(物事の及ぶ)『範囲』

(人の理解・行動する)『能力の限界』,視野

(表現・発達・活動する)機会,余地《+『for』+『名』》

beam

〈C〉(建設の)『はり』,『けた』,横材

〈C〉(船の甲板を支える)横はり

〈C〉(はかりの)さお;(織機の)糸巻き

〈C〉『光線』,光束

〈C〉(顔などの)『輝き』,晴れやかさ

〈C〉(船舶・航空機用の)信号電波

〈U〉最大船幅

《副詞[句]を伴って》『輝く』,光を発する

(…に)顔を輝かせる《+『at』(『on, upon』)+『名』》

〈光・熱〉'を'出す,発散する

(…に向けて)〈放送・無線信号〉'を'送る《+『名』+『at』(『to』)+『名』》

…'を'顔を輝かせて言う

bent

bendの過去・過去分詞

曲がった

《補語にのみ用いて》(…の)決心をした,(…に)熱中した《+on+名(doing)》

《英俗》不正直な

(…に対する)性癖,性向,好み《+for+名》

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

cent

〈C〉『セント』(1ドルの1

100;米国・カナダの貨幣単位;《略》¢)

〈C〉1セント銅貨

〈U〉(単位としての)100

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

paradigm

範例,規範

語形変化表

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

snapshot

スナップ(通例小型カメラで撮った早撮り写真)

inset

(…に)…‘を'挿入する《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…を)…‘に'差し込む《+『名』+ 『with』+『名』》

(新聞・書物の)差し込みページ;(大きな図表・地図などの中にはめ込まれた)差し込み図(地図,絵)

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

throughput

(工場などで)一定時間内にこなされる仕事量

一定時間内にコンピューターで処理される仕事量

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

tension

〈U〉『ぴんと張ること』,伸長;ぴんと張った状態,張り

〈U〉(精神的・感情的)『緊張』

〈C〉《複数形で》(一般に)『緊張状態(関係)』

〈U〉張力,引っ張る力

〈U〉起電力;電圧(voltage)

achromatic

無色の;色消しの

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

precision

正確,きちょうめん

(計器などが)精密な

alignment

整列

提携,連合

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

engineering

『工学』

土木工事

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

robust

たくましい;強壮な

体力のいる

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

density

〈U〉『密集』;『密度』,濃さ

〈U〉〈C〉(物質の)密度,濃度,比重

〈U〉《話》頭の鈍さ,愚鈍さ

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

datum

dataの単数形

既知の事実

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

anticipate

…'を'『予想する』,予期する

〈事〉‘に'『前もって(先に)対処する』

〈金など〉'を'見越して使う

〈人〉‘より'『先に行う』,‘に'先んずる

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

関連動画