TED日本語 - アルナチャラム・ムルガナンタム: どうやって私は生理用ナプキン革命をはじめたか!

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アルナチャラム・ムルガナンタム: どうやって私は生理用ナプキン革命をはじめたか!

TED Talks

どうやって私は生理用ナプキン革命をはじめたか!
How I started a sanitary napkin revolution!
アルナチャラム・ムルガナンタム
Arunachalam Muruganantham

内容

妻が家族の食事と自分の毎月の「必需品」のどちらか選択する必要があると分かったとき、アルナチャラム・ムルガナンタムは彼女のために生理用ナプキンの問題を助けようと誓いました。彼の研究はとってもとても個人的なものでしたが、その結果(最終的には)彼を強力なビジネスモデルに導きました。(TED Global Talent Searchの一部としてバンガローで撮影)

Script

So I tried to do a small good thing for my wife. It makes me to stand here, the fame, the money I got out of it. So what I did, I'd gone back to my early marriage days. What you did in the early marriage days, you tried to impress your wife. I did the same. On that occasion, I found my wife carrying something like this. I saw. "What is that?" I asked. My wife replied, "None of your business." Then, being her husband, I ran behind her and saw she had a nasty rag cloth. I don't even use that cloth to clean my two-wheeler. Then I understood this -- adapting that unhygienic method to manage her period days.

Then I immediately asked her, why are you [ using ] that unhygienic method? She replied, I also know about [ sanitary pads ], but myself and my sisters, if they start using that, we have to cut our family milk budget. Then I was shocked. What is the connection between using a sanitary pad and a milk budget? And it's called affordability. I tried to impress my new wife by offering her a packet of sanitary pads. I went to a local shop, I tried to buy her a sanitary pad packet. That fellow looks left and right, and spreads a newspaper, rolls it into the newspaper, gives it to me like a banned item, something like that. I don't know why. I did not ask for a condom. Then I took that pad. I want to see that. What is inside it?

The very first time, at the age of 29, that day I am touching the sanitary pad, first ever. I must know: How many of the guys here have touched a sanitary pad? They are not going to touch that, because it's not your matter. Then I thought to myself, white substance, made of cotton -- oh my God, that guy is just using a penny value of raw material -- inside they are selling for pounds, dollars. Why not make a local sanitary pad for my new wife? That's how all this started, but after making a sanitary pad, where can I check it? It's not like I can just check it in the lab. I need a woman volunteer. Where can I get one in India? Even in Bangalore you won't get [ one ], in India. So only problem: the only available victim is my wife.

Then I made a sanitary pad and handed it to Shanti -- my wife's name is Shanti. "Close your eyes. Whatever I give, it will be not a diamond pendant not a diamond ring, even a chocolate, I will give you a surprise with a lot of tinsel paper rolled up with it. Close your eyes." Because I tried to make it intimate. Because it's an arranged marriage, not a love marriage. (Laughter) So one day she said, openly, I'm not going to support this research. Then other victims, they got into my sisters. But even sisters, wives, they're not ready to support in the research. That's why I am always jealous with the saints in India. They are having a lot of women volunteers around them. Why I am not getting [ any ]? You know, without them even calling, they'll get a lot of women volunteers. Then I used, tried to use the medical college girls. They also refused. Finally, I decide, use sanitary pad myself. Now I am having a title like the first man to set foot on the moon. Armstrong. Then Tenzing [ and ] Hillary, in Everest, like that Muruganantham is the first man wore a sanitary pad across the globe.

I wore a sanitary pad. I filled animal blood in a football bottle, I tied it up here, there is a tube going into my panties, while I'm walking, while I'm cycling, I made a press, doses of blood will go there. That makes me bow down to any woman in front of me to give full respect. That five days I'll never forget -- the messy days, the lousy days, that wetness. My God, it's unbelievable.

But here the problem is,one company is making napkin out of cotton. It is working well. But I am also trying to make sanitary pad with the good cotton. It's not working. That makes me to want to refuse to continue this research and research and research. You need first funds. Not only financial crises, but because of the sanitary pad research, I come through all sorts of problems, including a divorce notice from my wife. Why is this? I used medical college girls. She suspects I am using as a trump card to run behind medical college girls. Finally, I came to know it is a special cellulose derived from a pinewood, but even after that, you need a multimillion-dollar plant like this to process that material. Again, a stop-up. Then I spend another four years to create my own machine tools, a simple machine tool like this. In this machine, any rural woman can apply the same raw materials that they are processing in the multinational plant, anyone can make a world-class napkin at your dining hall. That is my invention.

So after that, what I did, usually if anyone got a patent or an invention, immediately you want to make, convert into this. I never did this. I dropped it just like this, because you do this, if anyone runs after money, their life will not [ have ] any beauty. It is boredom. A lot of people making a lot of money,billion, billions of dollars accumulating. Why are they coming for, finally, for philanthropy? Why the need for accumulating money, then doing philanthropy? What if one decided to start philanthropy from the day one? That's why I am giving this machine only in rural India, for rural women, because in India, [ you'll be ] surprised, only two percent of women are using sanitary pads. The rest, they're using a rag cloth, a leaf, husk, [ saw ] dust, everything except sanitary pads. It is the same in the 21st century. That's why I am going to decide to give this machine only for poor women across India. So far,630 installations happened in 23 states in six other countries.

Now I'm on my seventh year sustaining against multinational, transnational giants -- makes all MBA students a question mark. A school dropout from Coimbatore, how he is able to sustaining? That makes me a visiting professor and guest lecturer in all IIMs. (Applause) Play video one.

(Video) Arunachalam Muruganantham: The thing I saw in my wife's hand, "Why are you using that nasty cloth?" She replied immediately, "I know about napkins, but if I start using napkins, then we have to cut our family milk budget." Why not make myself a low-cost napkin? So I decided I'm going to sell this new machine only for Women Self Help Groups. That is my idea.

AM: And previously, you need a multimillion investment for machine and all. Now, any rural woman can. They are performing puja. (Video): (Singing) You just think, competing giants, even from Harvard, Oxford, is difficult. I make a rural woman to compete with multinationals. I'm sustaining on seventh year. Already 600 installations. What is my mission? I'm going to make India [ into ] a 100-percent-sanitary-napkin-using country in my lifetime. In this way I'm going to provide not less than a million rural employment that I'm going to create. That's why I'm not running after this bloody money. I'm doing something serious. If you chase a girl, the girl won't like you. Do your job simply, the girl will chase you. Like that, I never chased Mahalakshmi. Mahalakshmi is chasing me, I am keeping in the back pocket. Not in front pocket. I'm a back pocket man. That's all. A school dropout saw your problem in the society of not using sanitary pad. I am becoming a solution provider. I'm very happy. I don't want to make this as a corporate entity. I want to make this as a local sanitary pad movement across the globe. That's why I put all the details on public domain like an open software. Now 110 countries are accessing it. Okay? So I classify the people into three: uneducated, little educated, surplus educated. Little educated, done this. Surplus educated, what are you going to do for the society?

Thank you very much. Bye!

(Applause)

私は妻をちょっと喜ばせようとしたんです そのおかげでここに立っています それから名声とお金を得たんです 私がした事言うのは 新婚時代にさかのぼります 新婚時代って奥さんに 良い印象を与えようとしますよね私も皆さんと同じです あるとき 私は妻が何かを こんな風に持っているのに気づきました それを見て 「それは何?」と尋ねました 妻はこう返事しました 「あなたには関係ないわ」 そう言われても 私は夫ですので 彼女の後ろに回り込み それが汚れたぼろ切れだと分かりました バイクの拭き掃除にも使わないような汚れた布でした それで分かりましたその非衛生的なやり方で 生理の日をやり過ごしていたということを

すぐに妻に尋ねましたなんでそんな非衛生なことをしているの? 彼女は答えました私だって 生理用ナプキンのことは知ってるわ でも私と姉妹みんながもしそれを使い始めたら 家族のミルク代を削らなくてはいけなくなるの びっくりしました なんで生理用ナプキンとミルク代が関係あるのかって? いわゆる家計の事情ですね 1パックの生理用ナプキンを提供して妻を驚かせようとしました 地元の小売店に行き生理用ナプキンを彼女に買おうとしました その店の店員は左右を見回して 新聞紙を広げ それを新聞紙の中へグルグルと包んで まるで禁制の物みたいにして渡されたんです なぜだか分かりませんコンドームを買った訳でもないんですよ こうして生理用ナプキンを手にいれましたとくかく見てみたかったんです 中身は何だろう?って

私が29歳になった時 本当に初めて 生理用ナプキンに触ったんです ここに 生理用ナプキン触ったことのある男性って何人いるでしょうね? 普通触りませんよね 男性には関係ないものですから でわかったんです その白いやつは綿でできてて 本当に こんなに安い材料で作ってある生理用ナプキンが 何百円もするんです 私の新妻に生理用ナプキンを地元で作ってあげたらいいんじゃないか? これが事の始まりですでも生理用ナプキンを作ったとして どうやって試したらいいでしょう? 実験室で試すというわけにはいかないし 女性のボランティアが必要ですがインドでどうやってみつけたらいいでしょう? 南部のバンガロールに行ってもいないでしょうから それが唯一の問題でした 犠牲者になってくれるのは妻しかいません

そうして生理用ナプキンをつくり シャンティに渡しましたシャンティは妻の名前です 「目をつぶって 私があげるものは ダイアモンドのペンダントでないし ダイアモンド指輪や チョコレートでもないけど キラキラの紙に包んだビックリするものをあげるからね 目を閉じて」 私は 妻と仲良くなりたかったんです だって見合い結婚だったから 恋愛結婚でなくてね (笑) ところがある日 彼女が率直にもう研究を手助けできないと言ったんです それで他の犠牲者が必要になりました私の姉妹たちです しかし妻や姉妹たちにさえ研究の支援を断られました だから私はずっとインドの聖人たちがうらやましかったです だって周りにたくさんの女性のボランティアがいます わたしには1人もいないのに 彼らは何も頼まなくったってたくさん女性のボランティアが集まるのです そこで医学校の女学生にボランティアを頼もうとしました でも彼女たちにも拒否されて結局 私は決めました 生理用ナプキンを 自分で使ってみることにしました そういうわけで私は称号を持っています 月に降り立った人類最初の人 アームストロングやエベレストに初登頂したテンジンとヒラリー みたいに 私ムルガナタムは 地球上で初めて生理用ナプキンをつけた男性ってね

私は生理用ナプキンをつけ動物の血液をいっぱいにした水筒を ここに括り付けてパンツの中までチューブをのばしたんです 歩いたり 自転車にのっている間に水筒を押して パンツの中へ血液を送り込んだんです もう すべての目の前の女性に頭が下がる思いです 心から尊敬しますこの5日間のことは生涯忘れません その汚らしい日々 そのうんざりする日々そのべっとりぬれた感触を 本当にとても信じられない経験でした

でも問題は ある会社は綿製の 良いナプキンを作っているのに いくら 良い質の綿を使っても私の生理用ナプキンは失敗でした それで私はこの研究、研究、研究の毎日を続けたくなくなりました まず資金が必要だったんです でも財政的な危機だけでなく生理用ナプキンの研究ですから あらゆる類の問題がふりかかってきました 妻からの離婚届もありました なんでかって?女子医学生にボランティアを頼んでいたのですが 妻は 私が研究を口実に 医学校の女学生を追いかけているのだろうって そうこうするうちに松の木から採れる特殊な セルロースがあることを知りましたでもそれが分かっても この材料を作るのに何百万円もする こんな設備が必要だったのですまた頓挫です そこで その後4年かけて自分で機械を作りました とっても単純なこんな機械です この機械があればどこの田舎の女性でも多国籍工場と同じ 材料を使いナプキンを作ることができるのです 誰でも世界レベルのナプキンを家庭で つくることができるのです これが私の発明です

機械を発明した後で 私がしたことは 普通は もし特許や開発をしたら すぐに これを お金に変えたがりますよね 私はこれを決してしませんでしたこれをこんな風に落としました だって そんな風にお金を追っかけていたら 人生が美しいものではなく 退屈なものになってしまう 沢山の人が何千億ものお金を 稼ぎ 溜め込んでいます なぜ慈善事業に向かうのは後回しなんでしょう? なぜお金を貯めてから慈善事業をする必要があるんでしょう? もし初日から慈善事業をすると決めたらどうでしょう そういうわけで私はこの機械を インドの田舎に住む 田舎の女性たちだけに提供しました 実は インドではたった2%の女性しか 生理用ナプキンを使っていないのです残りの女性たちはボロ布や 葉っぱ、トウモロコシの皮や木屑生理用ナプキンはだれも使っていません それは21世紀になっても同じでした だから私は この機械をインド中の貧しい女性たちだけに提供する決心をしました これまでインドの23州 インド以外の6カ国で 630機が設置されました

現在多国籍の大企業にも負けず7年目になります MBAの学生たちの頭上にはクエスチョンマークが浮かんでいるはずです 学歴もないコーヤンブットゥールの人間がなぜ競争に生き残れるのかってね そのおかげで私はインド経営大学院の客員教授や招待講演者になれました (拍手) ビデオ1をかけてください

妻が持っていた布を見て 「なぜ君はこんな汚い布を使っているの?」と尋ねると すぐに彼女は答えたんです「わたしだってナプキンは知ってるわ でもナプキンを使ったら家族のミルク代を削らないといけなくなるのよ」って じゃあ 安いナプキンを自分で作ればいいじゃないかって思ったんです それで私はこの新しい機械を女性の 自助グループにだけ売ることを決心したのです これが私のアイデアです

以前は機械もろもろに何十万ドルの投資が必要でした でも今は田舎の女性たちが製造することができるのです ほら お祈りをしています (歌声) ちょっと考えてみてください大企業とやり合うって ハーバードやオックスフォードで学んでも難しいことでしょう でも私は田舎の女性たちが多国籍企業とやり合えるようにしたんです 私はこれを7年間やっています もう600機設置しました 私の使命はなんでしょう? 私が生きているうちに インドを 「女性100%が生理用ナプキンを使用する国」にすることです こうして 私は少なくとも田舎に10万人以上の 雇用を生みだす予定です 自分だけが金持ちになるようなことはしませんでした 私は真剣なのです 女性を追いかけていてもその女性に好かれるものでもありません 正しいことをすれば女性の方が追いかけてくるのです 私は 富を司る女神マハラクシュミを追いかけなかったので マハラクシュミが私を追いかけてきてお尻のポケットにずっと入っています 前ポケットではないんですよ私はお尻ポケット男なんです 以上です 学歴もないものが生理用ナプキンが使われていないという 問題を見抜き 問題の解決法を提供できたのです私は今とても幸せです 私はこれを会社にはしたくありません この地域生理用ナプキン運動を 世界に広めたいんです ですから ことの詳細をすべて オープンソフトウェアのように公のものとしています 現在110カ国がアクセスしています ここで 人間を3つのタイプに分けてみましょう 教育を「受けていない」「少しだけ受けている」「受けすぎている」タイプです 教育を少しだけ受けた 私がこう出来たのです教育を受けすぎている皆さんは 社会に対し 何をしますか?

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画