TED日本語 - ライアン・ホラデイ: 今そこにしかない音楽

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

デジタル化が進む現在、音楽業界は、自らの新しい姿を見出すべく奮闘しています。このプレゼンテーションでは、ライアン・ホラデイが「位置認識アルバム」と呼ばれる実験的なプロジェクトについて説明します。このプログラミングと音楽的な機能では、数百もの楽曲部分が地理的にタグ付けされ、リスナーがいる実際の場所でしか聴くことのできない音楽が構成されます。(TED@BCGで撮影)

Script

(音楽) ニューヨークのマンハッタンに行ったことのある人なら この場所は ご存じと思います セントラルパークです アメリカで最も美しい 公共空間の 1つです しかし 実際に訪れたことのない人にとっては この映像では その素晴らしさを十分伝えられないでしょう セントラルパークを本当に理解するには 実際に足を運ばなければなりません それは音楽でも同じです 私たち兄弟は セントラルパークでしか聴けない 音楽を制作しました (音楽)

今日は 私たちのプロジェクトについて 少しお話ししたいと思います 私たち兄弟です2人一緒に写っていますが これまで何年か私たちは位置認識を使った音楽という アイデアを発展させてきました

私たち兄弟はミュージシャンです プロデュースもやっています 子供のときから ずっと一緒に 色々なことをやってきました 最近はアートとテクノロジーを融合させる プロジェクトに大きな 興味を持っています 場所に固有のオーディオと ビデオのインスタレーションや インタラクティブなコンサートなどです

今日は 特定の空間に合わせた楽曲という 概念について説明します

細かいことを説明する前に このアイデアを思いついたきっかけを 説明しましょう 私たち兄弟はマンハッタンに住んでいたときに アーティストのクリストとジャンヌ=クロードが セントラルパークで行った「ザ・ゲート」という インスタレーションを体験しました このような明るい色をした無数の展示物が 何週間かセントラルパークに展示されました それはギャラリーや美術館の展示物とは まったく違っていて いつもの見慣れた空間が別のものになっていました それはセントラルパークという場所でしか体験できない アートでした 色々な意味において「ザ・ゲート」は フレデリック ・ オルムステッドが 設計したセントラルパークに新しい意味を与えたのです このときの経験は忘れられないものでした それから何年か後 ワシントン DC に移った私たちは 色々と考えました 「ザ・ゲート」がセントラルパークという 場所で実現したのと同じ方法で 特定の場所でしか体験できない音楽を作ることは 可能かと思うようになったのです その結果が これです

(音楽)

5月に 新たな位置認識アルバム 「ナショナル ・ モール」をリリースしました これはモバイルアプリとしてリリースされ デバイスに搭載されたGPS機能を使用して ワシントン DC の象徴であるこの国立公園全体の それぞれの場所にマッピングされています 何百もの楽曲部分が公園全体で 地理的にタグ付けされているので リスナーが公園内を移動するのに合わせて 楽曲が変化していきます ですから プレイリストや従来のアルバムとは違い この公園でしか体験できない音楽です これはリスナーの移動に合わせて 個々のメロディーやリズムが パズルのピースを組み合わせるように 継ぎ目なくブレンドされます ですから曲の構成は リスナーごとに異なります

詳しく説明しましょう デモを用意してきました アプリを使用して ワシントン・モニュメント付近に向かって 歩いて行くと ウォーミングアップの楽曲が聞こえてきます それからシンプルなメロディーを奏でる メロトロンになり バイオリンの音が重なります 歩き続けるとコーラスが加わります 最後に丘の頂上に辿り着くと ドラムと花火の音が聞こえて クライマックスを迎えます すべての音はナショナル・モールの中心にある この巨大なモニュメントから放射状に 広がる形で構成されています 逆の方向に歩くと このシーケンスは逆の順序になります 公園を出てしまうと 音楽がフェードアウトして終わります この時に再生ボタンが消えます

他の場所に住んでいてアメリカまで行けないという人から このアルバムを聴いてみたいという 問い合わせがくることもあります しかし 通常のアルバムとは違って そのようなリクエストには応えることができません CD や MP3 バージョンのリクエストもありますが 残念ながら それも無理です その理由は これが通常のレコードの プロモーションを目的としたアプリや ゲームではないからです この場合 アプリは作品そのもので その場所の風景が 音楽体験の一部になります

6ヶ月後 私たちはセントラルパーク用の 位置認識アルバムを作りました 広さはナショナル ・ モールの2倍以上で 音楽はセントラルパークのこちら側から 向こうの端までに広がっています

現在 私たち兄弟は 全米各地でプロジェクトを行っていて この春に新しいプロジェクトとして このスタンフォード大学の メディア芸術学部で 今までで最大の位置認識アルバムを制作しています これは太平洋岸を走る長大なハイウェイ1号の 全線を網羅する予定です

私たちがやっている GPS と音楽の融合は 1つのアイデアに過ぎません しかし これは現在のデジタル時代において 音楽業界が直面している課題に 1つのビジョンを提示するものです このような新しいテクノロジーを これまでのモデルを付け焼き刃的に 変えるためのものではなく 音楽を体験する まったく新しい方法を 実現するために活用できればと思います

ありがとうございました

(拍手)

(Music) For any of you who have visitedor lived in New York City, these shots might start to look familiar. This is Central Park,one of the most beautifully designed public spaces in America. But to anyone who hasn't visited, these images can't really fully convey. To really understand Central Park, you have to physically be there. Well, the same is true of the music, which my brother and I composed and mapped specifically for Central Park. (Music)

I'd like to talk to you today a little bit about the work that my brother Hays and I are doing -- That's us there. That's both of us actually - specifically about a concept that we've beendeveloping over the last few years, this idea of location-aware music.

Now, my brother and I, we're musicians and music producers. We've been working together since, well, since we were kids, really. But recently, we've becomemore and more interested in projects where art and technology intersect, from creating sight-specific audio and video installation to engineering interactive concerts.

But today I want to focus on this concept of composition for physical space.

But before I go too much further into that, let me tell you a little bit about how we got started with this idea. My brother and I were living in New York City when the artists Christo and Jeanne-Claude did their temporary installation, The Gates, in Central Park. Hundreds of these brightly-colored sculptures decorated the park for a number of weeks, and unlike work that's exhibited in a more neutral space, like on the walls of a gallery or a museum, this was work that was really in dialogue with this place, and in a lot of ways, The Gates was really a celebration of Frederick Olmsted's incredible design. This was an experience that stayed with us for a long time, and years later, my brother and I moved back to Washington, D.C., and we started to ask the question, would it be possible, in the same way that The Gates responded to the physical layout of the park, to compose music for a landscape? Which brought us to this.

(Music)

On Memorial Day, we released "The National Mall," a location-aware album released exclusively as a mobile app that uses the device's built-in GPS functionality to sonically map the entire park in our hometown of Washington, D.C. Hundreds of musical segments are geo-tagged throughout the entire park so that as a listener traverses the landscape, a musical score is actually unfolding around them. So this is not a playlist or a list of songs intended for the park, but rather an array of distinct melodies and rhythms that fit together like pieces of a puzzle and blend seamlessly based on a listener's chosen trajectory. So think of this as a choose-your-own-adventure of an album.

Let's take a closer look. Let's look at one example here. So using the app, as you make your way towards the grounds surrounding the Washington Monument, you hear the sounds of instruments warming up, which then gives way to the sound of a mellotron spelling out a very simple melody. This is then joined by the sound of sweeping violins. Keep walking, and a full choir joins in, until you finally reach the top of the hill and you're hearing the sound of drums and fireworks and all sorts of musical craziness, as if all of these sounds are radiating out from this giant obelisk that punctuates the center of the park. But were you to walk in the opposite direction, this entire sequence happens in reverse. And were you to actually exitthe perimeter of the park, the music would fade to silence, and the play button would disappear.

We're sometimes contacted bypeople in other parts of the world who can't travel to the United States, but would like to hear this record. Well, unlike a normal album, we haven't been able to accommodate this request. When they ask for a C.D. or an MP3 version, we just can't make that happen, and the reason is because this isn't a promotional app or a game to promote or accompany the release of a traditional record. In this case, the app is the work itself, and the architecture of the landscape is intrinsic to the listening experience.

Six months later, we did a location-aware album for Central Park, a park that is over two timesthe size of the National Mall, with music spanning from the Sheep's Meadow to the Ramble to the Reservoir.

Currently, my brother and I are working on projects all over the country, but last spring we started a project, here actually at Stanford's Experimental Media Art Department, where we're creating our largestlocation-aware album to date,one that will span the entirety of Highway 1 here on the Pacific Coast.

But what we're doing, integrating GPS with music, is really just one idea. But it speaks to a larger vision for a music industry that's sometimes struggled to find its footing in this digital age, that they begin to see these new technologies not simply as ways of adding bells and whistles to an existing model, but to dream up entirely new ways for people to interact with and experience music.

Thank you.

(Applause)

(Music)/ For any of you/ who have/ visitedor lived in New York City,/ these shots might start to look/ familiar.//

(音楽) ニューヨークのマンハッタンに行ったことのある人なら この場所は ご存じと思います

This is Central Park,/one of the most beautifully designed public spaces/ in America.//

セントラルパークです アメリカで最も美しい 公共空間の 1つです

But to anyone/ who hasn't visited,/ these images can't really fully convey.//

しかし 実際に訪れたことのない人にとっては この映像では その素晴らしさを十分伝えられないでしょう

To really understand Central Park,/ you have to physically be there.//

セントラルパークを本当に理解するには 実際に足を運ばなければなりません

Well,/ the same is true of the music,/ which my brother and I composed and mapped specifically/ for Central Park.//

それは音楽でも同じです 私たち兄弟は セントラルパークでしか聴けない 音楽を制作しました

(Music)//

(音楽)

I'd like to talk/ to you today a little bit/ about the work/ that my brother Hays/ and I are doing --/ That's us there.// That's both of us actually - specifically/ about a concept/ that we've beendeveloping/ over the last few years,/ this idea of location-aware music.//

今日は 私たちのプロジェクトについて 少しお話ししたいと思います 私たち兄弟です2人一緒に写っていますが これまで何年か私たちは位置認識を使った音楽という アイデアを発展させてきました

Now,/ my brother and I,/ we're musicians and music producers.//

私たち兄弟はミュージシャンです プロデュースもやっています

We've been working together/ since,/ well,/ since we were kids,/ really.//

子供のときから ずっと一緒に 色々なことをやってきました

But recently,/ we've becomemore and more interested/ in projects/ where art and technology intersect,/ from creating sight-specific audio and video installation/ to engineering interactive concerts.//

最近はアートとテクノロジーを融合させる プロジェクトに大きな 興味を持っています 場所に固有のオーディオと ビデオのインスタレーションや インタラクティブなコンサートなどです

But today/ I want to focus/ on this concept of composition/ for physical space.//

今日は 特定の空間に合わせた楽曲という 概念について説明します

But/ before I go too much further/ into that,/ let me/ tell you/ a little bit/ about how we got started with this idea.//

細かいことを説明する前に このアイデアを思いついたきっかけを 説明しましょう

My brother/ and I were living in New York City/ when the artists Christo and Jeanne-Claude did their temporary installation,/ The Gates,/ in Central Park.//

私たち兄弟はマンハッタンに住んでいたときに アーティストのクリストとジャンヌ=クロードが セントラルパークで行った「ザ・ゲート」という インスタレーションを体験しました

Hundreds of these brightly-colored sculptures decorated the park/ for a number of weeks, and unlike work/ that's exhibited in a more neutral space,/ like on the walls of a gallery or a museum,/ this was work/ that was really in dialogue/ with this place,/ and in a lot of ways,/ The Gates was really a celebration of Frederick Olmsted's incredible design.//

このような明るい色をした無数の展示物が 何週間かセントラルパークに展示されました それはギャラリーや美術館の展示物とは まったく違っていて いつもの見慣れた空間が別のものになっていました それはセントラルパークという場所でしか体験できない アートでした 色々な意味において「ザ・ゲート」は フレデリック ・ オルムステッドが 設計したセントラルパークに新しい意味を与えたのです

This was an experience/ that stayed with us/ for a long time,/ and years later,/ my brother/ and I moved back/ to Washington,/ D.C.//,/ and we started to ask/ the question,/ would/ it be possible,/ in the same way/ that The Gates responded to the physical layout of the park,/ to compose music/ for a landscape?//

このときの経験は忘れられないものでした それから何年か後 ワシントン DC に移った私たちは 色々と考えました 「ザ・ゲート」がセントラルパークという 場所で実現したのと同じ方法で 特定の場所でしか体験できない音楽を作ることは 可能かと思うようになったのです

Which brought us/ to this.//

その結果が これです

(Music)//

(音楽)

On Memorial Day,/ we released "The National Mall,/"/ a location-aware album released exclusively/ as a mobile app/ that uses the device's built-in GPS functionality/ to sonically map the entire park/ in our hometown of Washington,/ D.C.//

5月に 新たな位置認識アルバム 「ナショナル ・ モール」をリリースしました これはモバイルアプリとしてリリースされ デバイスに搭載されたGPS機能を使用して ワシントン DC の象徴であるこの国立公園全体の それぞれの場所にマッピングされています

Hundreds of musical segments are geo-tagged/ throughout the entire park/ so that as a listener traverses the landscape,/ a musical score is actually unfolding/ around them.//

何百もの楽曲部分が公園全体で 地理的にタグ付けされているので リスナーが公園内を移動するのに合わせて 楽曲が変化していきます

So this is not a playlist/ or a list of songs intended for the park,/ but rather/ an array of distinct melodies and rhythms/ that fit together/ like pieces of a puzzle and blend seamlessly based on a listener's chosen trajectory.//

ですから プレイリストや従来のアルバムとは違い この公園でしか体験できない音楽です これはリスナーの移動に合わせて 個々のメロディーやリズムが パズルのピースを組み合わせるように 継ぎ目なくブレンドされます

So think of this/ as a choose-your-own-adventure of an album.//

ですから曲の構成は リスナーごとに異なります

Let's take a closer look.//

詳しく説明しましょう

Let's look/ at one example here.//

デモを用意してきました

So using the app,/ as you make your way/ towards the grounds/ surrounding the Washington Monument,/ you hear the sounds of instruments/ warming up,/ which then gives way/ to the sound of a mellotron/ spelling out/ a very simple melody.//

アプリを使用して ワシントン・モニュメント付近に向かって 歩いて行くと ウォーミングアップの楽曲が聞こえてきます それからシンプルなメロディーを奏でる メロトロンになり

This is then joined by the sound of sweeping violins.//

バイオリンの音が重なります

Keep walking,/ and a full choir joins in,/ until you finally reach the top of the hill/ and you're hearing/ the sound of drums and fireworks and all sorts of musical craziness,/ as if all of these sounds are radiating out/ from this giant obelisk/ that punctuates the center of the park.//

歩き続けるとコーラスが加わります 最後に丘の頂上に辿り着くと ドラムと花火の音が聞こえて クライマックスを迎えます すべての音はナショナル・モールの中心にある この巨大なモニュメントから放射状に 広がる形で構成されています

But were you/ to walk in the opposite direction,/ this entire sequence happens in reverse.//

逆の方向に歩くと このシーケンスは逆の順序になります

And were you/ to actually exitthe perimeter of the park,/ the music would fade to silence,/ and the play button would disappear.//

公園を出てしまうと 音楽がフェードアウトして終わります この時に再生ボタンが消えます

We're sometimes contacted bypeople/ in other parts of the world/ who can't travel to the United States,/ but would like to hear/ this record.//

他の場所に住んでいてアメリカまで行けないという人から このアルバムを聴いてみたいという 問い合わせがくることもあります

Well,/ unlike a normal album,/ we haven't been able to accommodate this request.//

しかし 通常のアルバムとは違って そのようなリクエストには応えることができません

When they ask for a C.D. or an MP3 version,/ we just can't make/ that happen,/ and the reason is/ because this isn't a promotional app/ or a game/ to promote or accompany the release of a traditional record.//

CD や MP3 バージョンのリクエストもありますが 残念ながら それも無理です その理由は これが通常のレコードの プロモーションを目的としたアプリや ゲームではないからです

In this case,/ the app is the work/ itself,/ and the architecture of the landscape is intrinsic/ to the listening experience.//

この場合 アプリは作品そのもので その場所の風景が 音楽体験の一部になります

Six months later,/ we did a location-aware album/ for Central Park,/ a park/ that is over two timesthe size of the National Mall,/ with music/ spanning from the Sheep's Meadow/ to the Ramble/ to the Reservoir.//

6ヶ月後 私たちはセントラルパーク用の 位置認識アルバムを作りました 広さはナショナル ・ モールの2倍以上で 音楽はセントラルパークのこちら側から 向こうの端までに広がっています

Currently,/ my brother/ and I are working on projects/ all over the country,/ but last spring/ we started a project,/ here actually/ at Stanford's Experimental Media Art Department,/ where we're creating/ our largestlocation-aware album/ to date,/one/ that will span the entirety of Highway 1 here/ on the Pacific Coast.//

現在 私たち兄弟は 全米各地でプロジェクトを行っていて この春に新しいプロジェクトとして このスタンフォード大学の メディア芸術学部で 今までで最大の位置認識アルバムを制作しています これは太平洋岸を走る長大なハイウェイ1号の 全線を網羅する予定です

But what we're doing,/ integrating GPS/ with music,/ is really just one idea.//

私たちがやっている GPS と音楽の融合は 1つのアイデアに過ぎません

But it speaks to a larger vision/ for a music industry/ that's sometimes struggled to find/ its footing/ in this digital age,/ that they begin to see/ these new technologies not simply/ as ways of adding bells and whistles/ to an existing model,/ but to dream up/ entirely new ways/ for people to interact with and experience music.//

しかし これは現在のデジタル時代において 音楽業界が直面している課題に 1つのビジョンを提示するものです このような新しいテクノロジーを これまでのモデルを付け焼き刃的に 変えるためのものではなく 音楽を体験する まったく新しい方法を 実現するために活用できればと思います

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

shot

shootの過去・過去分詞

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

beautifully

美しく

みごとに

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

fully

『十分に』,完全に

まるまる

convey

(…に)…'を'『運ぶ』,運搬する《+『名』+『to』+『名』》

〈思想・意味など〉'を'伝達する

(…に)〈財産など〉'を'正式に譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

physically

物質的に;身体上;物理的に

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

compose

…'を'『構成する』

〈詩など〉'を'『作る』,書く;〈曲〉'を'作る;〈絵の構図〉'を'作る

〈自分,自分の気持〉'を'『静める』

〈活字〉'を'組む;…'を'活字に組む

〈争いなど〉'を'解決する,調停する

詩を作る;作曲する

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

hay

『干し草』(家畜の飼料)

干し草を作る

‘を'干し草にする;‘に'干し草を与える

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

producer

『生産者』;産出地

(劇・映画などの)製作者,プロデューサー

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

intersect

…‘を'横切る,交差する

〈線などが〉交わる

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

installation

〈U〉(装置などの)取り付け,据え付け

〈U〉(人の)任命,就任

〈C〉(取り付けた)装置,設備

〈C〉軍事施設

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

concert

〈C〉(公開の)『演奏会』,音楽会

〈U〉協調,協力

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

composition

〈U〉(文学・美術・音楽作品などの)『創作』,制作[法];『作文』,『作曲』,〈C〉作品,楽曲

〈U〉(混合物などの)『成分』《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)気質,性質,性分(constitution)

〈U〉(文学作品・音楽作品などの)構成,構想,(絵画などの)構図《+『of』+『名』》

(またcompo)〈C〉混合物,合成物

〈U〉(活字の)植字,組み

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

temporary

『一時の』,はかない,仮の

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

sculpture

〈U〉『彫刻』,彫刻術

〈C〉『彫刻品』,《集合的に》彫刻作品

〈石・柱など〉‘に'彫刻する,‘を'彫刻で飾る

…‘を'像(模様など)を作る

(浸食で)〈岩など〉‘を'彫刻したように変形させる

彫刻する

decorate

(…で)…'を'『飾る』,飾り立てる《+『名』+『with』+『名』》

〈部屋・建物〉‘に'装飾する

(…に対して)〈人〉‘に'勲章(褒章(ほうしょう))を授ける《+『名』+『for』+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

exhibit

〈感情・性質など〉‘を'『表す』,『示す』

…‘を'『出品する』,陳列する

出品物,陳列品

《米》展覧会,展示会(exhibition)

(法律上の)証拠書類(物件)

neutral

『中立の』;中立国の

『公平な』,不偏不党の

(人・物が)特色のはっきりしない;(色が)はっきりしない,くすんだ

(酸性でもアルカリ性でもない)中性の

(電気が)中性の,(物体が)帯電していない

(自動車などのギアが)ニュートラルの

(文法で)中性の

〈C〉(戦争・論争などで)中立の人;中立国民;中立国

〈C〉くすんだ色,灰色

〈U〉(自動車などのギヤの)ニュートラル(動力のかかっていない状態・位置)

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

museum

『博物館』;美術館

celebration

『祝賀』,祝典(儀式)の挙行;〈C〉祝典,祭典,祝賀会

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

layout

(都市や建造物などの)設計《+『of』+『名』》

(書籍・新聞の)割り付け,レイアウト《+『of』+『名』》

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

Memorial Day

(米国の)戦死将兵記念日(南北戦争以後の戦死者の墓を花で飾る;最初5月30日に行われたが,今では大多数の州で5月の最終月曜日)

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

mall

木陰の散歩道;遊歩道

《米》歩行者専用の商店街・ショッピングモール

album

(写真・切手・切り抜きなどを貼る)『アルバム』

(いくつかの曲・劇などを収録した)組レコード,アルバム

画帳

exclusively

排他的に,独占的に;全く(solely)

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

built-in

(本だななど)作りつけの,はめ込みの

(性格が)生まれつきの

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

hometown

今までいちばん長く住んだ町(市);子供のとき過ごした町(市);生まれた町(市)

musical

《名詞の前にのみ用いて》『音楽の』;音楽を伴う,音楽に合わせた

(声などが)『音調の美しい』音楽的な

(人が)『音楽好きの』;音楽の才のある

=musical comedy

=musical film

segment

区分,部分

切片(円などの一部);(直線の)線分

…‘を'分ける

分かれている,分裂する

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

listener

耳を傾ける人,聞き手;(ラジオ)聴取者

traverse

…‘を'『横切る』,横断する,渡る,越える

…‘を'あちこち動く,行ったり来たりする

あちこち動く;(山などを)ジグザグに登る

横切る,旋回する

横切ること,横断

トラバース(登山での斜面横断)

横木,横ばり

ざんごう内での方向転換

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

intend

…‘を'『意図する』,‘の'つもりである

(特定の目標に)…‘を'向ける,あてる《+『名』+『for』(『as』)+『名』》

(…で)…‘を'表そうとする《+『by』+『名』》

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

array

〈軍隊など〉'を'整列させる,配置する

《文》〈人〉‘に'衣類を着せる,(特に)〈人〉'を'盛装させる

〈U〉整列,陳列

(…の)整列(配置)した物(人),勢ぞろい《+『of』+『名』(複数)》

〈U〉衣装,(特に)美しい装い

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

melody

〈U〉『美しい音の流れ』,快い調べ

〈C〉『旋律』;(声楽曲・器楽曲の)主旋律[部分]

rhythm

〈U〉『律動,リズム』;韻律

〈C〉(特定の)リズム

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

puzzle

《単数形で》(頭を)『悩ませる物』(『事』,『人』),難問,難物

《しばしば複合語で用いて》(遊び用の)『パズル』,判じ物,なぞ

〈難問が〉〈人〉‘の'頭を悩ませる;(…について)〈頭〉をひねって考える《+『名』+『about』(『over』)+『名』》

(…に)頭を悩ませる,(…を)頭をひねって考える《+『about』(『as to, over』)+『名』》

blend

(分離できないほどに)…'を'『混ぜ合わせる』;(…に)…'を'混ぜる《+『名』+『with』+『名』》

『混じる』;溶け合う

(…と)『調和する』《+『with』+『名』》(harmonize)

『混合』,調合;〈C〉『混合物』

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

trajectory

(ミサイルなどの描く)弾道,軌道,曲線

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

towards

toward

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

monument

(人物・事件などの)『記念碑』,記念像,記念婿造物《+『to』+『名』》

(故人への)墓碑(tombstone);(地所を示す)標識

遺物,遺跡;景勝地

(…の)後世に残る偉業,金字塔《+『of』+『名』》

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

instrument

(主として精密な)『器具』,器械,計器・(また『musical instrument』)『楽器』)

手段,方便(means);(人の)手先

法律文書(証書・遺書・協定書・約束手形など)

spell

〈語〉‘を'『つづる』,‘の'つづりを言う(書く) ・〈…の文字が〉〈語〉‘の'『つづりである』・(受動態にできない) ・(結果として)…‘を'招く,意味する・語をつづる,語のつづりを言う(書く)

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

sweeping

(広い範囲を)『一掃する』,大きくさっと動かす

『広範囲の』,全面的な;決定的な

《複数形で》掃き集めたもの,ごみ,くず

〈U〉掃除

violin

『バイオリン』

walking

歩くこと,歩行

歩き方

歩く,歩行する

歩行用の

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

choir

《集合的に》(教会の)『聖歌隊』,(一般に)合唱団

《単数形で》教会の聖歌隊席

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

hill

『丘』,小山

(特に道路の)傾斜,坂

盛り上げた土砂,塚

drum

『太鼓』,ドラム

太鼓の音;太鼓のような音

(形が)太鼓状のもの;(機械の)ドラム;ドラムかんなど

=tympanic membrane

太鼓を打つ(鳴らす)

(…でテーブル・床などを)ドンドン打つ,トントンたたく,踏みならす《+『on』+『名』+『with』+『名』》

…‘を'ドンドン(トントン)打つ(鳴らす)

《話》(人の頭などに)〈考えなど〉‘を'たたき込む,教え込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'追放(除名)する《+『名』+『out of』+『名』》

firework

花火;花火大会

(怒りなどの)爆発

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

craziness

狂気,途方もないこと

熱狂,夢中

radiate

〈太陽などが〉『光(熱)を放つ』,輝く

(…から)〈光・熱などが〉『放射する』,輻射する《+『from』+『名』》

〈道路などが〉(…から)放射状に広がる《+『out from』+『名』》

〈光・熱など〉‘を'放射する,発する

〈喜び・愛など〉‘を'発散させる,表に出す

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

obelisk

オベリスク,方尖(ほうせん)塔(断面が方形で先端がピラミッド形の石塔;古代エジプトの記念碑)

punctuate

〈文など〉‘に'『句読点をつける』

(…で)…‘を'ときどき中断する《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

(…で)〈言葉など〉‘を'強調する《+『名』+『with』+『名』》

句読点をつける

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

perimeter

(平面的なものの)周囲

周辺の長さ

視野計

fade

『衰える』,弱くなる;〈植物が〉『しぼむ』,しおれる

『しだいに消えてゆく』,姿を消す《+『away』》

…‘を'衰えさせる;…‘の'色をあせさせる

〈映像・音〉をしだいに消えさせる

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

button

(衣服の)『ボタン』

記章,バッジ

(ベルなどの)『押しボタン』

〈衣服など〉‘に'ボタンをかける《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈衣服が〉ボタンで留まる,ボタンがかかる

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

accommodate

(必要なものを)〈人〉‘に'『便宜をはかる』,用だてる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

〈人〉'を'『宿泊させる』,収容する

(…に)…'を'『適応させる』,順応させる《+『名』+『to』+『名』》

〈争いなど〉'を'調停する

request

〈物事〉‘を'『頼む』,要請する;〈人〉‘に'『頼む』,要請する

〈U〉〈C〉『頼むこと』,『要請』,依頼

〈C〉頼んだもの(こと)

〈U〉需要

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

promotional

昇進の,昇格の

促進の,奨励の

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

accompany

〈人など〉‘に'『同行する』,随行する,ついて行く(go with)

…‘に'『伴って起こる』;(…を)…‘に'半わせる,添える《+『名』+『with』+『名』》

〈歌・歌手〉‘の'『伴奏をする』

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

intrinsic

(価値・質などが)本質的な,本来備わった

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

span

『スパン』,親指と小指を広げた長ざ(約9インチ=23センチ)

(ものが及ぶ限りの)長さ,伸び,範囲

(アーチ・はり・橋などの)支柱間の距離,径間,渡間(わたりま)・『短い期間』,つかの間

(親指と小指を広げて)…‘を'測る

〈橋・道路などが〉〈川・土地など〉‘に'架(か)かる,‘を'横切る,‘に'伸びる

〈川・土地など〉‘に'(橋・道路などを)架ける,渡す《+『名』+『with』+『名』》

(空間・時間的に)…‘に'及ぶ,わたる

sheep

気の弱い人,人に引きずられやすい人

meadow

『牧草地』,草原

ramble

《副詞[句]を伴って》あてもなく歩く,ぶらつく

〈植物が〉はびこる

ぶらぶら歩き,散歩

reservoir

(天然または人工の)『貯水池』,貯水そう

(液体・ガス用の)容器,つぼ

(知識・富などの)貯蔵,蓄積(store)

currently

現在は;広く,一般に

experimental

実験の,実験に基づく:

実験に使われる,実験用の

実験的な,試験的な

media

mediumの複数形

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

entirety

〈U〉完全[であること]

〈C〉全体,全部

highway

(特に都市間を結ぶ)『幹線道路』,公道

《比喩(ひゆ)的に》楽な道

Pacific

『太平洋』(the Pacific Ocean)

『太平洋の』;太平洋[沿]岸の

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

footing

《a ~》足もと;足がかり,足場

確実な立場,安定した地位,基盤

(…との)間柄,相互関係《+『with』+『名』》

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

bell

『鐘』,釣り鐘;『鈴』,『ベル』,りん

〈U〉鐘(鈴,ベル)の音

〈C〉鐘(ベル)状のもの

〈C〉点鐘(船の当直交替を0時から4時間ごとに区切り,その間を30分ごとに1‐8点鐘で時を報じる.例えば2つ鳴らすことを2点鐘といい,午前または午後の1時,5時,9時を指す.8点鐘は当直交替の時間)

…‘に'鈴を付ける,‘に'ベルを取り付ける

(鈴・鐘のように)…'を'ふくらませる

whistle

『口笛を吹く』;口笛を吹いて合図する

『口笛のような音を出す』;笛を鳴らす;〈鳥が〉ピーピー鳴く

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈弾丸・風などが〉『ピューと音を立てて飛ぶ』,ヒューと吹く

〈曲など〉‘を'『口笛で吹く』

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘に'『口笛で合図をする』

〈矢・銃弾など〉‘を'ヒヴーと放つ

〈C〉『口笛;警笛』,汽笛;ホイッスル

〈U〉〈C〉(笛・風・鳥などの)ピューという音《+of+名》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画