TED日本語 - ナンシー・エトコフ: 幸せとは、いったい何か

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

認知科学を研究する、ナンシー・エトコフが幸せについて語ります -- もっと幸せになろうとする私たちの努力、幸せが実際の状況に結びつかない現実、思いもよらなかった幸せの身体への影響を考えます。

Script

「感情のとりこ:幸せの追求と人間の構造」についてお話します これは少し気難しい顔のダーウィンと とてもうれしそうなチンパンジーです 第一のポイントは 幸せの追求は避けられないということです 人間は幸せになりたい ただ幸せでありたいもので そうでありたくないとは願えないものなのです 私たちは幸せを追い求めるように創られています 幸せになっても それ以上を求めるものです

それが本当だとすると もっと幸せになるなんて そう上手くいくのでしょうか? もちろん 皆 努力はしています Amazon で幸せになるための本を探すと 「7つの習慣」 「9つの選択」 「10の秘密」「1400 のアイディア」等 二千冊以上の本がみつかります また 幸せになるために 薬に頼る人もいます アメリカでは現在 一億二千万以上の抗うつ剤の処方箋が発行されています その中でも プロザックは初の一大ヒット商品です 相互作用が少なく 効果的でハイになるわけでもなく 特に危険性もなく 闇取引での価値もない薬です 1995年当時 違法ドラッグは4000億ドル規模のビジネスでした これはガスと石油の合計とほぼ同じ値の 世界貿易の8パーセントを占めていました

これらの方法が私たちをより幸せにしたとはいえません 現在みられる問題の一つは 幸福度は月面のように まっ平らで変わらないのに比べ うつ病や情緒不安の数が増えていることです 診断の方法が進歩したために 患者が増加したという説もありますが そうとは言い切れません この傾向は世界的にみられます 現在アメリカでは 自殺の数が他殺の数を上回っています 中国でも自殺は後をたちません WHO の試算では 2020年までに うつ病は 能力障害の 二番目の原因になるそうです

幸いなことに 世界各国の調査では 4分の3 にあたる人たちが 「自分はまあまあ幸せである」と答えています でもこれは通常見られる傾向とは違います 例えば この二つのグラフで 収入は伸びていますが 幸せの伸びははまっ平らです

私の専門である心理学は 大して幸せの理解に 貢献してきたとはいえません その一因は 悲観的なフロイトから受け継いだ見解です 幸せの追求は無駄で 子供じみた個人の夢であり 現実に叶うことはないというものです 彼はこうも言っています 「人間が幸せになるべきだという考えは 創造の計画に含まれていなかったと言ってもよいだろう」 だとすると 精神分析による精神治療の目的自体 フロイトの言う「日常的な不幸」だったわけです

(笑)

フロイトの考えはある意味で 人間の感情システムの構造を反映しています 人間にはポジティブとネガティブのシステムがあって ネガティブのシステムは 非常に敏感です 私たちは生まれつき甘いものを好み 苦いものは反射的に避けようとします 何かを失うことに対しての嫌悪感は 得る事に対しての幸せより強いものです 幸せな結婚の公式は ポジティブな言葉や関係 5 に対して ネガティブなものは1と言われます 1つのネガティブなものの影響はそのくらい大きなものなのです 特に軽蔑や嫌悪感の表現を埋め合わせるには 沢山のポジティブなものが必要になります

ストレス反応もここに含まれます 私たちは身に迫った 避けられない肉体的な危険に すごい反応をするようにできています これには内因性オピオイドが関係しています このシステムは肉体的な危険から 身を守るために元来備わっているものです 現在では これがストレス反応となり 体に大きな影響を与えます 副腎ホルモンが頭脳に溢れ 海馬の細胞や記憶を破壊し 様々な健康障害を引き起こします

残念ながら このシステムはなくては困るのです 快いものだけに支配されていたら 生き残ることはできません 私たちには二つの司令塔があります 感情は困難やチャンスに反応する 一過性の強い反応です 私たちは それぞれの感情によって 異なる自分に切り替え 考え 認識 感覚 記憶などを操作しているのです 感情は単なる感覚と考えられがちですが 実は システム全体への警報であり 私たちが 何を記憶し どのような判断をし どのように物事を受け止めるかを左右します

ここからは 現代の幸せの科学についてです 陰気なフロイトの世界を抜け出して 様々な研究が進められています 幸せの科学の大切なポイントは 幸せと不幸せは 連続した一本の線の両端ではないということです フロイトのモデルは 両者はつながっており 不幸せでなくなれば 幸せになるというものでした これは間違いです 不幸せでなくなれば 単に不幸せでなくなるだけです 幸せと不幸せは方程式の反対側にあるようなものです この考えが精神治療に欠けていたので 症状が回復しても 再発することが多かったのです 反対側への認識が欠けていたからです それらは 喜び 幸せ 感謝などの ポジティブな感情です もちろん感覚的に 幸せが 単に不幸せではないのとは違うことは理解しています しかし これらが二つの平行なシステムだということは つい最近まで提唱されていませんでした ですから 体は未知の可能性を追うと同時に 危険から身を守ることの両立ができるのです これらは二つの相反しながらも ダイナミックに影響しあうシステムなのです

幸せの分析も進んできました 「幸せ」という言葉は いろいろなものを意味します また、幸せには 英語の語彙にはない三つの感情があります フィエロ -- 困難を乗り越えたときの誇り シャーデンフロイデ -- 他人の不幸から生まれる幸せ 質の悪い喜びですね そして ナヘツ -- 自分の子供の成功に対する誇りや喜び またこの他に 論議に上らないものに 「他人の幸せ」を喜ぶ幸せもあります これを表現する言葉はないようです 人間はネガティブなことにはとても敏感ですが ポジティブな傾向がある事によって うまくバランスが取れています

また、私たちは生まれつき快いものに魅かれます 赤ん坊は甘い味を好みます 苦いものは嫌いです がさがさした物より すべすべした物を好み つまらない顔よりも きれいな顔の方をよりよく眺め 調和のないメロディーよりも 協和的なメロディーに耳を傾けます 子供は生まれつき 快いものを知っているのです ある心理学者によると 私たちの幸福追求の 80 パーセントは 遺伝によるもので 幸せは身長と同様 与えられたもの以上を得るのは難しいということです そんなはずはありません 幸せに遺伝子の影響がかなりあるとしても 50 パーセントくらいで 残りの 50 パーセントはまだよくわかっていないのです

脳の中を観察して 進化の過程の中でどこから 幸せが生まれたのか探りましょう 基本的に少なくとも二つのシステムがあります どちらとも とても古いものです ひとつは報酬系で 化学物質 ドーパミンに支配されています 腹側被蓋野に始まり 側坐核 前頭前皮質 眼窩前頭皮質など高度な判断をするところに続いています この神経系は当初 脳の中の 快楽のシステムだと考えられていました 1950年に オーズルとミルナーが ネズミの脳に電極を挿入し バーを押すと 電流が流れるようにすると ネズミはバーをとめどなく 何回も何回も押し続けました 食べもせず 寝もせず セックスもせずにです バーを押すこと意外何もしなかったのです その結果から ここが脳内の 「オーガズムマシン」だと予測をしました

後に 実はそうではなく モチベーションのシステム つまり欲求のシステムだとわかりました 「欲しい」と感じるものに「誘因特徴」という属性を与えるシステムです この属性が付いたものは 「どうしても手に入れたいもの」 として区別されます これは単に 「好きだ」 という 快楽のシステムとは少し違います 快楽のシステムは 内因性オピエートであるオキシトシンが関連していて 脳内全体に広がっています ドーパミンの つまり欲求のシステムは もっと一ヶ所に集中しています

ポジティブな感情にはそれを表す人類共通のシグナルがあります ここにある笑顔です このシグナルは単に唇の両側を 大頬骨までひき上げるだけではなく 同時に 目じり つまり眼輪を 細めています 生後10ヶ月の乳児でさえ母親の顔を見ると このような独特の笑顔をみせます 外向的な人は内向的な人よりよく笑顔を使い うつ の状態から抜け出した人は 以前より よく笑顔を見せるようになります 幸せの真の表現を見抜くには この表情に注目すればいいのです

私たちの喜びはとても古い感情です 人生では様々な喜びを学びますが 基盤であるものが多く その中の一つが「生命愛」です これはまわりの自然界に対する反応で とても基本的な感情です おもしろい研究があります 手術後の患者を対象に 病室の窓がレンガの壁に面している人と 木や自然が眺められる人とを比べたところ レンガの壁を見て過ごした患者の方が 入院の期間が長く 薬の量も多く必要で 術後の合併症なども多かったということです 自然に何か癒しの強い力があって 私たちはそれに反応するようになっているのです

人間は真似をするのがとても好きな動物です 生まれてすぐに真似をし始めます これは生後3週間の乳児です 舌をぺろっと出して見せると 赤ん坊も同じことをします 私たちは生まれつき社交的な動物です 協力に関する研究では 人々が協力して何かをしている時に 脳の報酬系が活性化することがわかっています 心理学の問題点の一つは 無力でこの世に生まれてきて 一人では生きていけない人間にとって 間主観性や社会脳という考えが いかに重要であるかを軽視し 反対に 自己 自尊心を中心に 考えられてきたことです 「私たち」ではなく「私」という 人間の生体と自然に反する考え方が 人々が幸せになれない 大きな要因だと思います

考えて見ると 人間が一番幸せなのは仲間といる時や 外の世界の何かに夢中になっている時で 他の人と交わり 生き生きと活動し スポーツをしたり 愛しい人を思ったり 学んだり セックスなどをしている時です 鏡の前に座って いったい自分が何であるのだろうと 自身のことを考えている時ではありません このような時に一番幸せだとは感じないでしょう 他にも証拠として考えられることがあります 自殺を図った人たちの書いたものを コンピューターで分析すると 興味深いことに 一人称単数をよく使っているということです 使うのは 「私は」「私に」「私の」で 「私たち」はでてきません 手紙の内容は希望がないというより 彼らが孤独であることを物語っています 孤独は人間にとってとても不自然な状態です 人にはもともと 所属の欲求があるのです

しかし 進化歴につまづかされることもあります 一つの例は 遺伝子の目的は幸福の追求ではなく 遺伝子のコピーを作り 次の世代に受け継いでいくことです そのため生殖に関するシステムは3つあります 3 つもあるのは 生殖自体がとても大切だからです それらは 性欲 つまりセックスをしたいという思い これは性ホルモンに支配されています ロマンチックな愛 これはドーパミンが支配する 「この人と絶対一緒になりたい」と思わせる欲求のシステムです それから 愛着 「深い絆」をつくる オキシトシンの様な オピエイトが関連しています 問題は 時にこの3つの調和がとれないことがあることです 長い間付き合っている人がいても 別の人にロマンチックな気持ちを抱いたり また別の人とセックスをしたくなったりすることがでてきます

遺伝子が私たちを迷わせる他の例としては 社会的な地位があります 人間は社会的地位にとても敏感で 常に上に行こうと努めています 動物の世界では 地位を上げる唯一の方法は 他者を支配することです 肉体的に強くなって主導権を握り 胸を叩いてその座を守れば 周囲は服従的に振る舞うわけです しかし 人間は全く違った方法で地位を築きます 脅かして手に入れたものではなく 地位は周囲の信頼から得られるものです 私たちは 特別な知識や技能を持っている人に 地位を与えます 様々な才能に適した地位を作れるため 皆が階層の下にいなくてもよいという点で 動物の世界とはちがいます

お金で幸せが買えるという これといった証拠はありませんが 関係ないとはいえません 人生の満足度についてアンケートをとると 収入が増えるにつれ満足度もあがっているのがわかります 収入が低い人ほど精神的な苦痛が多くなっています ですから、影響があることは確かですが 度合いはどちらかというと小さなものです お金に関する問題の一つは物質主義です お金に執着すると 人生の基本的な喜びを忘れてしまいます この漫画のカップルや子供の様に 「私たちより貧しい人のほうがセックス楽しんでいるかしら?」 とか 「おもちゃで遊んでるんだから邪魔すんな」 となるわけです 感情が乗っ取られてしまうのです ドーパミン - 要求のシステムが 脳を支配し 快楽のシステムから脱線してしまうのです

1950年代にマズローが考えたのは 世界が平和になり 基本的な欲求が満たされ-- 生理的なシステムや モチベーションを起こさせるものが充たされると-- 自分以外のことを考えるようになり 自己実現 自己超越し 物質主義を克服できるというものです

最後に これが真実かもしれないことを示唆する ちょっとしたデータを見ておきましょう まず 悟りが開けたというような人たちは 人生や価値観が変わったと感じます 思ったとおりですが 富、冒険、業績、快楽、楽しみ、名誉などの 変化前に大切だと思った価値が 変化後はもっと物質主義を超えた価値観にかわっています 女性の持つ価値観は 男性のものとは全く違いますが 価値観の変化は とても似ています生き残るのは幸せだけで 美貌、幸せ、富、自制などに対し 変化後には 寛大さや許しに価値を見出すようになります

いくつか名言を引用して終わりにします 「唯一の質問は: この世界をどう愛するかということです」 次にリルケ「もしあなたの日常を貧しいと思うなら、 その日常ではなくあなた自身をこそ非難しなさい あなたが立派な詩人でないために 日常の富に恵まれないのだと言い聞かせることです。」 「どうありたいのか、まず自分自身に語り しかる後、なすべきことをなせ。」

ありがとうございました (拍手)

This is called Hooked on a Feeling: The Pursuit of Happiness and Human Design. I put up a somewhat dour Darwin, but a very happy chimp up there. My first point is that the pursuit of happiness is obligatory. Man wishes to be happy, only wishes to be happy, and can not wish not to be so. We are wired to pursue happiness, not only to enjoy it, but to want more and more of it.

So given that that's true, how good are we at increasing our happiness? Well, we certainly try. If you look on the Amazon site, there are over 2,000 titles with advice on the seven habits, the nine choices, the 10 secrets, the 14,000 thoughts that are supposed to bring happiness. Now another way we try to increase our happiness is we medicate ourselves. And so there's over 120 million prescriptions out there for antidepressants. Prozac was really the first absolute blockbuster drug. It was clean, efficient, there was no high, there was really no danger, it had no street value. In 1995, illegal drugs were a $ 400 billion business, representing eight percent of world trade, roughly the same as gas and oil.

These routes to happiness haven't really increased happiness very much. One problem that's happening now is, although the rates of happiness are about as flat as the surface of the moon, depression and anxiety are rising. Some people say this is because we have better diagnosis, and more people are being found out. It isn't just that. We're seeing it all over the world. In the United States right now there are more suicides than homicides. There is a rash of suicide in China. And the World Health Organization predicts by the year 2020 that depression will be the second largest cause of disability.

Now the good news here is that if you take surveys from around the world, we see that about three quarters of people will say they are at least pretty happy. But this does not follow any of the usual trends. For example, these two show great growth in income, absolutely flat happiness curves.

My field, the field of psychology, hasn't done a whole lot to help us move forward in understanding human happiness. In part, we have the legacy of Freud, who was a pessimist, who said that pursuit of happiness is a doomed quest, is propelled by infantile aspects of the individual that can never be met in reality. He said, "One feels inclined to say that the intention that man should be happy is not included in the plan of creation." So the ultimate goal of psychoanalytic psychotherapy was really what Freud called ordinary misery.

(Laughter)

And Freud in part reflects the anatomy of the human emotion system -- which is that we have both a positive and a negative system, and our negative system is extremely sensitive. So for example, we're born loving the taste of something sweet and reacting aversively to the taste of something bitter. We also find that people are more averse to losing than they are happy to gain. The formula for a happy marriage is five positive remarks, or interactions, for every one negative. And that's how powerful the one negative is. Especially expressions of contempt or disgust, well you really need a lot of positives to upset that.

I also put in here the stress response. We're wired for dangers that are immediate, that are physical, that are imminent, and so our body goes into an incredible reaction where endogenous opioids come in. We have a system that is really ancient, and really there for physical danger. And so over time, this becomes a stress response, which has enormous effects on the body. Cortisol floods the brain; it destroys hippocampal cells and memory, and can lead to all kinds of health problems.

But unfortunately, we need this system in part. If we were only governed by pleasure we would not survive. We really have two command posts. Emotions are short-lived intense responses to challenge and to opportunity. And each one of them allows us to click into alternate selves that tune in, turn on, drop out thoughts, perceptions, feelings and memories. We tend to think of emotions as just feelings. But in fact, emotions are an all-systems alert that change what we remember, what kind of decisions we make, and how we perceive things.

So let me go forward to the new science of happiness. We've come away from the Freudian gloom, and people are now actively studying this. And one of the key points in the science of happiness is that happiness and unhappiness are not endpoints of a single continuum. The Freudian model is really one continuum that, as you get less miserable, you get happier. And that isn't true -- when you get less miserable, you get less miserable. And that happiness is a whole other end of the equation. And it's been missing. It's been missing from psychotherapy. So when people's symptoms go away, they tend to recur, because there isn't a sense of the other half -- of what pleasure, happiness, compassion, gratitude, what are the positive emotions. And of course we know this intuitively, that happiness is not just the absence of misery. But somehow it was not put forward until very recently, seeing these as two parallel systems. So that the body can both look for opportunity and also protect itself from danger, at the same time. And they're sort of two reciprocal and dynamically interacting systems.

People have also wanted to deconstruct. We use this word "happy," and it's this very large umbrella of a term. And then three emotions for which there are no English words: fiero, which is the pride in accomplishment of a challenge; schadenfreude, which is happiness in another's misfortune, a malicious pleasure; and naches, which is a pride and joy in one's children. Absent from this list, and absent from any discussions of happiness, are happiness in another's happiness. We don't seem to have a word for that. We are very sensitive to the negative, but it is in part offset by the fact that we have a positivity.

We're also born pleasure-seekers. Babies love the taste of sweet and hate the taste of bitter. They love to touch smooth surfaces rather than rough ones. They like to look at beautiful faces rather than plain faces. They like to listen to consonant melodies instead of dissonant melodies. Babies really are born with a lot of innate pleasures. There was once a statement made by a psychologist that said that 80 percent of the pursuit of happiness is really just about the genes, and it's as difficult to become happier as it is to become taller. That's nonsense. There is a decent contribution to happiness from the genes -- about 50 percent -- but there is still that 50 percent that is unaccounted for.

Let's just go into the brain for a moment, and see where does happiness arise from in evolution. We have basically at least two systems here, and they both are very ancient. One is the reward system, and that's fed by the chemical dopamine. And it starts in the ventral tegmental area. It goes to the nucleus accumbens, all the way up to the prefrontal cortex, orbital frontal cortex, where decisions are made, high level. This was originally seen as a system that was the pleasure system of the brain. In the 1950s, Olds and Milner put electrodes into the brain of a rat. And the rat would just keep pressing that bar thousands and thousands and thousands of times. It wouldn't eat. It wouldn't sleep. It wouldn't have sex. It wouldn't do anything but press this bar. So they assumed this must be, you know, the brain's orgasmatron.

It turned out that it wasn't, that it really is a system of motivation, a system of wanting. It gives objects what's called incentive salience. It makes something look so attractive that you just have to go after it. That's something different from the system that is the pleasure system, which simply says, "I like this." The pleasure system, as you see, which is the internal opiates, there is a hormone oxytocin, is widely spread throughout the brain. Dopamine system, the wanting system, is much more centralized.

The other thing about positive emotions is that they have a universal signal. And we see here the smile. And the universal signal is not just raising the corner of the lips to the zygomatic major. It's also crinkling the outer corner of the eye, the orbicularis oculi. So you see, even 10-month-old babies, when they see their mother, will show this particular kind of smile. Extroverts use it more than introverts. People who are relieved of depression show it more after than before. So if you want to unmask a true look of happiness, you will look for this expression.

Our pleasures are really ancient. And we learn, of course, many, many pleasures, but many of them are base. And one of them, of course, is biophilia -- that we have a response to the natural world that's very profound. Very interesting studies done on people recovering from surgery, who found that people who faced a brick wall versus people who looked out on trees and nature, the people who looked out on the brick wall were in the hospital longer, needed more medication, and had more medical complications. There is something very restorative about nature, and it's part of how we are tuned.

Humans, particularly so, we're very imitative creatures. And we imitate from almost the second we are born. Here is a three-week-old baby. And if you stick your tongue out at this baby, the baby will do the same. We are social beings from the beginning. And even studies of cooperation show that cooperation between individuals lights up reward centers of the brain. One problem that psychology has had is instead of looking at this intersubjectivity -- or the importance of the social brain to humans who come into the world helpless and need each other tremendously -- is that they focus instead on the self and self-esteem, and not self-other. It's sort of "me," not "we." And I think this has been a really tremendous problem that goes against our biology and nature, and hasn't made us any happier at all.

Because when you think about it, people are happiest when in flow, when they're absorbed in something out in the world, when they're with other people, when they're active, engaged in sports, focusing on a loved one, learning, having sex, whatever. They're not sitting in front of the mirror trying to figure themselves out, or thinking about themselves. These are not the periods when you feel happiest. The other thing is, that a piece of evidence is, is if you look at computerized text analysis of people who commit suicide, what you find there, and it's quite interesting, is use of the first person singular -- "I," "me," "my," not "we" and "us" -- and the letters are less hopeless than they are really alone. And being alone is very unnatural to the human. There is a profound need to belong.

But there are ways in which our evolutionary history can really trip us up. Because, for example, the genes don't care whether we're happy, they care that we replicate, that we pass our genes on. So for example we have three systems that underlie reproduction, because it's so important. There's lust, which is just wanting to have sex. And that's really mediated by the sex hormones. Romantic attraction, that gets into the desire system. And that's dopamine-fed. And that's, "I must have this one person." There's attachment, which is oxytocin, and the opiates, which says, "This is a long-term bond." See the problem is that, as humans, these three can separate. So a person can be in a long term attachment, become romantically infatuated with someone else, and want to have sex with a third person.

The other way in which our genes can sometimes lead us astray is in social status. We are very acutely aware of our social status and always seek to further and increase it. Now in the animal world, there is only one way to increase status, and that's dominance. I seize command by physical prowess, and I keep it by beating my chest, and you make submissive gestures. Now, the human has a whole other way to rise to the top, and that is a prestige route, which is freely conferred. Someone has expertise and knowledge, and knows how to do things, and we give that person status. And that's clearly the way for us to create many more niches of status so that people don't have to be lower on the status hierarchy as they are in the animal world.

The data isn't terribly supportive of money buying happiness. But it's not irrelevant. So if you look at questions like this, life satisfaction, you see life satisfaction going up with each rung of income. You see mental distress going up with lower income. So clearly there is some effect. But the effect is relatively small. And one of the problems with money is materialism. What happens when people pursue money too avidly, is they forget about the real basic pleasures of life. So we have here, this couple. "Do you think the less-fortunate are having better sex?" And then this kid over here is saying, "Leave me alone with my toys." So one of the things is that it really takes over. That whole dopamine-wanting system takes over and derails from any of the pleasure system.

Maslow had this idea back in the 1950s that as people rise above their biological needs, as the world becomes safer and we don't have to worry about basic needs being met -- our biological system, whatever motivates us, is being satisfied -- we can rise above them, to think beyond ourselves toward self-actualization or transcendence, and rise above the materialist.

So to just quickly conclude with some brief data that suggests this might be so. One is people who underwent what is called a quantum change: they felt their life and their whole values had changed. And sure enough, if you look at the kinds of values that come in, you see wealth, adventure, achievement, pleasure, fun, be respected, before the change, and much more post-materialist values after. Women had a whole different set of value shifts. But very similarly, the only one that survived there was happiness. They went from attractiveness and happiness and wealth and self-control to generosity and forgiveness.

I end with a few quotes. "There is only one question: How to love this world?" And Rilke, "If your daily life seems poor, do not blame it; blame yourself. Tell yourself that you are not poet enough to call forth its riches." "First, say to yourself what you would be. Then do what you have to do."

Thank you. (Applause)

This is called Hooked/ on a Feeling:/ The Pursuit of Happiness and Human Design.//

「感情のとりこ:幸せの追求と人間の構造」についてお話します

I put up/ a somewhat dour Darwin,/ but a very happy chimp up there.//

これは少し気難しい顔のダーウィンと とてもうれしそうなチンパンジーです

My first point is/ that the pursuit of happiness is obligatory.//

第一のポイントは 幸せの追求は避けられないということです

Man wishes to be happy,/ only wishes to be happy,/ and can not wish not to be so.//

人間は幸せになりたい ただ幸せでありたいもので そうでありたくないとは願えないものなのです

We are wired to pursue/ happiness,/ not only to enjoy it,/ but to want more and more of it.//

私たちは幸せを追い求めるように創られています 幸せになっても それ以上を求めるものです

So given/ that that's true,/ how good are we at increasing our happiness?//

それが本当だとすると もっと幸せになるなんて そう上手くいくのでしょうか?

Well,/ we certainly try.//

もちろん 皆 努力はしています

If you look on the Amazon site,/ there are over 2,000 titles/ with advice/ on the seven habits,/ the nine choices,/ the 10 secrets,/ the 14,000 thoughts/ that are supposed to bring happiness.//

Amazon で幸せになるための本を探すと 「7つの習慣」 「9つの選択」 「10の秘密」「1400 のアイディア」等 二千冊以上の本がみつかります

Now/ another way/ we try to increase/ our happiness is we medicate ourselves.//

また 幸せになるために 薬に頼る人もいます

And so/ there's over 120 million prescriptions out there/ for antidepressants.//

アメリカでは現在 一億二千万以上の抗うつ剤の処方箋が発行されています

Prozac was really the first absolute blockbuster drug.//

その中でも プロザックは初の一大ヒット商品です

It was clean,/ efficient,/ there was no high,/ there was really no danger,/ it had no street value.//

相互作用が少なく 効果的でハイになるわけでもなく 特に危険性もなく 闇取引での価値もない薬です

In 1995,/ illegal drugs were a $ 400 billion business,/ representing eight percent of world trade,/ roughly the same/ as gas and oil.//

1995年当時 違法ドラッグは4000億ドル規模のビジネスでした これはガスと石油の合計とほぼ同じ値の 世界貿易の8パーセントを占めていました

These routes/ to happiness haven't really increased happiness/ very much.//

これらの方法が私たちをより幸せにしたとはいえません

One problem/ that's happening now is,/ although the rates of happiness are about as flat/ as the surface of the moon, depression and anxiety are rising.//

現在みられる問題の一つは 幸福度は月面のように まっ平らで変わらないのに比べ うつ病や情緒不安の数が増えていることです

Some people say/ this is/ because we have better diagnosis,/ and more people are being found out.//

診断の方法が進歩したために 患者が増加したという説もありますが

It isn't just that.// We're seeing/ it all/ over the world.//

そうとは言い切れません この傾向は世界的にみられます

In the United States right now/ there are more suicides/ than homicides.//

現在アメリカでは 自殺の数が他殺の数を上回っています

There is a rash of suicide/ in China.//

中国でも自殺は後をたちません

And the World Health Organization predicts by the year 2020/ that depression will be the second largest cause of disability.//

WHO の試算では 2020年までに うつ病は 能力障害の 二番目の原因になるそうです

Now/ the good news here is/ that if you take surveys/ from around the world,/ we see/ that about three quarters of people will say they are at least pretty happy.//

幸いなことに 世界各国の調査では 4分の3 にあたる人たちが 「自分はまあまあ幸せである」と答えています

But this does not follow any of the usual trends.//

でもこれは通常見られる傾向とは違います

For example,/ these two show great growth/ in income,/ absolutely flat happiness curves.//

例えば この二つのグラフで 収入は伸びていますが 幸せの伸びははまっ平らです

My field,/ the field of psychology,/ hasn't done a whole lot/ to help us move forward/ in understanding human happiness.//

私の専門である心理学は 大して幸せの理解に 貢献してきたとはいえません

In part,/ we have the legacy of Freud,/ who was a pessimist,/ who said that pursuit of happiness is a doomed quest,/ is propelled by infantile aspects of the individual/ that can never be met in reality.//

その一因は 悲観的なフロイトから受け継いだ見解です 幸せの追求は無駄で 子供じみた個人の夢であり 現実に叶うことはないというものです

He said,/ "One feels inclined to say/ that the intention/ that man should be happy is not included in the plan of creation."//

彼はこうも言っています 「人間が幸せになるべきだという考えは 創造の計画に含まれていなかったと言ってもよいだろう」

So the ultimate goal of psychoanalytic psychotherapy was really/ what Freud called ordinary misery.//

だとすると 精神分析による精神治療の目的自体 フロイトの言う「日常的な不幸」だったわけです

(笑)

And Freud/ in part reflects the anatomy of the human emotion system --/ which is/ that we have both a positive and a negative system,/ and our negative system is extremely sensitive.//

フロイトの考えはある意味で 人間の感情システムの構造を反映しています 人間にはポジティブとネガティブのシステムがあって ネガティブのシステムは 非常に敏感です

So/ for example,/ we're born loving/ the taste of something sweet/ and reacting aversively/ to the taste of something bitter.//

私たちは生まれつき甘いものを好み 苦いものは反射的に避けようとします

We also find/ that people are more averse/ to losing/ than they are happy/ to gain.//

何かを失うことに対しての嫌悪感は 得る事に対しての幸せより強いものです

The formula/ for a happy marriage is five positive remarks,/ or interactions,/ for every one negative.//

幸せな結婚の公式は ポジティブな言葉や関係 5 に対して ネガティブなものは1と言われます

And that's how powerful/ the one negative is.//

1つのネガティブなものの影響はそのくらい大きなものなのです

Especially/ expressions of contempt or disgust,/ well/ you really need a lot of positives/ to upset/ that.//

特に軽蔑や嫌悪感の表現を埋め合わせるには 沢山のポジティブなものが必要になります

I also put in here/ the stress response.//

ストレス反応もここに含まれます

We're wired for dangers/ that are immediate,/ that are physical,/ that are imminent,/ and so/ our body goes into an incredible reaction/ where endogenous opioids come in.//

私たちは身に迫った 避けられない肉体的な危険に すごい反応をするようにできています これには内因性オピオイドが関係しています

We have a system/ that is really ancient,/ and really there/ for physical danger.//

このシステムは肉体的な危険から 身を守るために元来備わっているものです

And so/ over time,/ this becomes a stress response,/ which has enormous effects/ on the body.//

現在では これがストレス反応となり 体に大きな影響を与えます

Cortisol floods the brain;/ it destroys hippocampal cells and memory,/ and can lead to all kinds of health problems.//

副腎ホルモンが頭脳に溢れ 海馬の細胞や記憶を破壊し 様々な健康障害を引き起こします

But unfortunately,/ we need this system/ in part.//

残念ながら このシステムはなくては困るのです

If we were only governed by pleasure/ we would not survive.//

快いものだけに支配されていたら 生き残ることはできません

We really have two command posts.//

私たちには二つの司令塔があります

感情は困難やチャンスに反応する 一過性の強い反応です

And each one of them allows us/ to click into alternate selves/ that tune in,/ turn on,/ drop out/ thoughts, perceptions, feelings and memories.//

私たちは それぞれの感情によって 異なる自分に切り替え 考え 認識 感覚 記憶などを操作しているのです

We tend to think/ of emotions as just feelings.//

感情は単なる感覚と考えられがちですが

But in fact,/ emotions are an all-systems alert/ that change/ what we remember,/ what kind of decisions/ we make,/ and how we perceive things.//

実は システム全体への警報であり 私たちが 何を記憶し どのような判断をし どのように物事を受け止めるかを左右します

So let me/ go forward/ to the new science of happiness.//

ここからは 現代の幸せの科学についてです

We've come away/ from the Freudian gloom,/ and people are now actively studying this.//

陰気なフロイトの世界を抜け出して 様々な研究が進められています

And one of the key points/ in the science of happiness is/ that happiness and unhappiness are not endpoints of a single continuum.//

幸せの科学の大切なポイントは 幸せと不幸せは 連続した一本の線の両端ではないということです

The Freudian model is really one continuum/ that,/ as you get less miserable,/ you get happier.//

フロイトのモデルは 両者はつながっており 不幸せでなくなれば 幸せになるというものでした

And that isn't true --/ when you get less miserable,/ you get less miserable.//

これは間違いです 不幸せでなくなれば 単に不幸せでなくなるだけです

And that happiness is a whole other end of the equation.//

幸せと不幸せは方程式の反対側にあるようなものです

And it's been missing.// It's been missing from psychotherapy.//

この考えが精神治療に欠けていたので

So/ when people's symptoms go away,/ they tend to recur,/ because there isn't a sense of the other half --/ of what pleasure,/ happiness,/ compassion,/ gratitude,/ what are the positive emotions.//

症状が回復しても 再発することが多かったのです 反対側への認識が欠けていたからです それらは 喜び 幸せ 感謝などの ポジティブな感情です

And of course/ we know this intuitively,/ that happiness is not just the absence of misery.//

もちろん感覚的に 幸せが 単に不幸せではないのとは違うことは理解しています

But somehow/ it was not put forward/ until very recently,/ seeing these/ as two parallel systems.//

しかし これらが二つの平行なシステムだということは つい最近まで提唱されていませんでした

So/ that the body can both look for opportunity/ and also protect itself/ from danger,/ at the same time.//

ですから 体は未知の可能性を追うと同時に 危険から身を守ることの両立ができるのです

And they're sort of two reciprocal/ and dynamically interacting/ systems.//

これらは二つの相反しながらも ダイナミックに影響しあうシステムなのです

People have also wanted to deconstruct.//

幸せの分析も進んできました

We use this word "happy,/"/ and it's this very large umbrella of a term.//

「幸せ」という言葉は いろいろなものを意味します

And then/ three emotions/ for which there are no English words:/ fiero,/ which is the pride/ in accomplishment of a challenge;/ schadenfreude,/ which is happiness/ in another's misfortune,/ a malicious pleasure;/ and naches,/ which is a pride and joy/ in one's children.//

また、幸せには 英語の語彙にはない三つの感情があります フィエロ -- 困難を乗り越えたときの誇り シャーデンフロイデ -- 他人の不幸から生まれる幸せ 質の悪い喜びですね そして ナヘツ -- 自分の子供の成功に対する誇りや喜び

Absent/ from this list,/ and absent/ from any discussions of happiness,/ are happiness/ in another's happiness.//

またこの他に 論議に上らないものに 「他人の幸せ」を喜ぶ幸せもあります

We don't seem to have/ a word/ for that.//

これを表現する言葉はないようです

We are very sensitive/ to the negative,/ but it is in part offset by the fact/ that we have a positivity.//

人間はネガティブなことにはとても敏感ですが ポジティブな傾向がある事によって うまくバランスが取れています

We're also born pleasure-seekers.//

また、私たちは生まれつき快いものに魅かれます

Babies love the taste of sweet/ and hate the taste of bitter.//

赤ん坊は甘い味を好みます 苦いものは嫌いです

They love to touch/ smooth surfaces/ rather than rough ones.//

がさがさした物より すべすべした物を好み

They like to look/ at beautiful faces/ rather than plain faces.//

つまらない顔よりも きれいな顔の方をよりよく眺め

They like to listen/ to consonant melodies/ instead of dissonant melodies.//

調和のないメロディーよりも 協和的なメロディーに耳を傾けます

Babies really are born with a lot of innate pleasures.//

子供は生まれつき 快いものを知っているのです

There was once a statement made by a psychologist/ that said/ that 80 percent of the pursuit of happiness is really just about/ the genes,/ and it's as difficult/ to become happier/ as it is to become taller.//

ある心理学者によると 私たちの幸福追求の 80 パーセントは 遺伝によるもので 幸せは身長と同様 与えられたもの以上を得るのは難しいということです

That's nonsense.//

そんなはずはありません

There is a decent contribution/ to happiness from the genes --/ about 50 percent --/ but there is still/ that 50 percent/ that is unaccounted for.//

幸せに遺伝子の影響がかなりあるとしても 50 パーセントくらいで 残りの 50 パーセントはまだよくわかっていないのです

Let's just go into the brain/ for a moment,/ and see/ where does happiness arise/ from in evolution.//

脳の中を観察して 進化の過程の中でどこから 幸せが生まれたのか探りましょう

We have basically at least two systems here,/ and they/ both are very ancient.//

基本的に少なくとも二つのシステムがあります どちらとも とても古いものです

One is the reward system,/ and that's fed by the chemical dopamine.//

ひとつは報酬系で 化学物質 ドーパミンに支配されています

And it starts in the ventral tegmental area.//

腹側被蓋野に始まり

It goes to the nucleus accumbens,/ all the way/ up/ to the prefrontal cortex,/ orbital frontal cortex,/ where decisions are made,/ high level.//

側坐核 前頭前皮質 眼窩前頭皮質など高度な判断をするところに続いています

This was originally seen as a system/ that was the pleasure system of the brain.//

この神経系は当初 脳の中の 快楽のシステムだと考えられていました

In the 1950s,/ Olds and Milner put electrodes/ into the brain of a rat.//

1950年に オーズルとミルナーが ネズミの脳に電極を挿入し バーを押すと

And the rat would just keep pressing/ that bar thousands and thousands and thousands of times.//

電流が流れるようにすると ネズミはバーをとめどなく 何回も何回も押し続けました

It wouldn't eat.// It wouldn't sleep.// It wouldn't have sex.//

食べもせず 寝もせず セックスもせずにです

It wouldn't do anything/ but press this bar.//

バーを押すこと意外何もしなかったのです

So/ they assumed/ this must be,/ you know,/ the brain's orgasmatron.//

その結果から ここが脳内の 「オーガズムマシン」だと予測をしました

It turned out/ that it wasn't,/ that it really is a system of motivation,/ a system of wanting.//

後に 実はそうではなく モチベーションのシステム つまり欲求のシステムだとわかりました

It gives objects/ what's called incentive salience.//

「欲しい」と感じるものに「誘因特徴」という属性を与えるシステムです

It makes something look so attractive/ that you just have to go/ after it.//

この属性が付いたものは 「どうしても手に入れたいもの」 として区別されます

That's something different/ from the system/ that is the pleasure system,/ which simply says,/ "I like this."//

これは単に 「好きだ」 という 快楽のシステムとは少し違います

The pleasure system,/ as you see,/ which is the internal opiates,/ there is a hormone oxytocin,/ is widely spread throughout the brain.//

快楽のシステムは 内因性オピエートであるオキシトシンが関連していて 脳内全体に広がっています

Dopamine system,/ the wanting system,/ is much more centralized.//

ドーパミンの つまり欲求のシステムは もっと一ヶ所に集中しています

The other thing/ about positive emotions is/ that they have a universal signal.//

ポジティブな感情にはそれを表す人類共通のシグナルがあります

And we see here/ the smile.//

ここにある笑顔です

And the universal signal is not just raising the corner of the lips/ to the zygomatic major.//

このシグナルは単に唇の両側を 大頬骨までひき上げるだけではなく

It's also crinkling/ the outer corner of the eye,/ the orbicularis oculi.//

同時に 目じり つまり眼輪を 細めています

So you see,/ even 10-month-old babies,/ when they see their mother,/ will show this particular kind of smile.//

生後10ヶ月の乳児でさえ母親の顔を見ると このような独特の笑顔をみせます

Extroverts use it more/ than introverts.//

外向的な人は内向的な人よりよく笑顔を使い

People/ who are relieved of depression show it more/ after than before.//

うつ の状態から抜け出した人は 以前より よく笑顔を見せるようになります

So/ if you want to unmask/ a true look of happiness,/ you will look for this expression.//

幸せの真の表現を見抜くには この表情に注目すればいいのです

Our pleasures are really ancient.//

私たちの喜びはとても古い感情です

And we learn,/ of course,/ many, many pleasures,/ but many of them are base.// And one of them,/ of course,/ is biophilia --/ that we have a response/ to the natural world/ that's very profound.//

人生では様々な喜びを学びますが 基盤であるものが多く その中の一つが「生命愛」です これはまわりの自然界に対する反応で とても基本的な感情です

Very interesting studies done on people/ recovering from surgery,/ who found/ that people/ who faced a brick wall/ versus people/ who looked out/ on trees and nature,/ the people/ who looked out/ on the brick wall were in the hospital longer,/ needed more medication,/ and had more medical complications.//

おもしろい研究があります 手術後の患者を対象に 病室の窓がレンガの壁に面している人と 木や自然が眺められる人とを比べたところ レンガの壁を見て過ごした患者の方が 入院の期間が長く 薬の量も多く必要で 術後の合併症なども多かったということです

There is something very restorative/ about nature,/ and it's part of how we are tuned.//

自然に何か癒しの強い力があって 私たちはそれに反応するようになっているのです

人間は真似をするのがとても好きな動物です

And we imitate from almost the second/ we are born.//

生まれてすぐに真似をし始めます

Here is a three-week-old baby.//

これは生後3週間の乳児です

And/ if you stick your tongue out/ at this baby,/ the baby will do the same.//

舌をぺろっと出して見せると 赤ん坊も同じことをします

We are social beings/ from the beginning.//

私たちは生まれつき社交的な動物です

And even studies of cooperation show/ that cooperation/ between individuals lights up/ reward centers of the brain.//

協力に関する研究では 人々が協力して何かをしている時に 脳の報酬系が活性化することがわかっています

One problem/ that psychology has had/ is instead of looking at this intersubjectivity --/ or the importance of the social brain/ to humans/ who come into the world helpless/ and need each other tremendously --/ is/ that they focus instead/ on the self and self-esteem,/ and not self-other.//

心理学の問題点の一つは 無力でこの世に生まれてきて 一人では生きていけない人間にとって 間主観性や社会脳という考えが いかに重要であるかを軽視し 反対に 自己 自尊心を中心に 考えられてきたことです

It's sort of "me,/"/ not "we."//

「私たち」ではなく「私」という

And I think/ this has been a really tremendous problem/ that goes against our biology and nature,/ and hasn't made us/ any happier/ at all.//

人間の生体と自然に反する考え方が 人々が幸せになれない 大きな要因だと思います

Because/ when you think about it,/ people are happiest/ when in flow,/ when they're absorbed in something out/ in the world,/ when they're with other people,/ when they're active,/ engaged in sports,/ focusing on a loved one,/ learning,/ having sex,/ whatever.//

考えて見ると 人間が一番幸せなのは仲間といる時や 外の世界の何かに夢中になっている時で 他の人と交わり 生き生きと活動し スポーツをしたり 愛しい人を思ったり 学んだり セックスなどをしている時です

They're not sitting/ in front of the mirror/ trying to figure/ themselves out,/ or thinking about themselves.//

鏡の前に座って いったい自分が何であるのだろうと 自身のことを考えている時ではありません

These are not the periods/ when you feel happiest.//

このような時に一番幸せだとは感じないでしょう

The other thing is,/ that a piece of evidence is,/ is/ if you look at computerized text analysis of people/ who commit suicide,/ what you find there,/ and it's quite interesting,/ is use of the first person singular --/ "I,/"/ "me,/"/ "my,/"/ not "we"/ and "us" --/ and the letters are less hopeless/ than they are really alone.//

他にも証拠として考えられることがあります 自殺を図った人たちの書いたものを コンピューターで分析すると 興味深いことに 一人称単数をよく使っているということです 使うのは 「私は」「私に」「私の」で 「私たち」はでてきません 手紙の内容は希望がないというより 彼らが孤独であることを物語っています

And being alone is very unnatural/ to the human.//

孤独は人間にとってとても不自然な状態です

There is a profound need/ to belong.//

人にはもともと 所属の欲求があるのです

But there are ways/ in which our evolutionary history can really trip us up.//

しかし 進化歴につまづかされることもあります

Because,/ for example,/ the genes don't care/ whether we're happy,/ they care/ that we replicate,/ that we pass our genes on.//

一つの例は 遺伝子の目的は幸福の追求ではなく 遺伝子のコピーを作り 次の世代に受け継いでいくことです

So/ for example/ we have three systems/ that underlie reproduction,/ because it's so important.//

そのため生殖に関するシステムは3つあります 3 つもあるのは 生殖自体がとても大切だからです

There's lust,/ which is just wanting to have/ sex.//

それらは 性欲 つまりセックスをしたいという思い

And that's really mediated by the sex hormones.//

これは性ホルモンに支配されています

Romantic attraction,/ that gets into the desire system.//

ロマンチックな愛 これはドーパミンが支配する

And that's dopamine-fed.// And that's,/ "I must have this one person."//

「この人と絶対一緒になりたい」と思わせる欲求のシステムです

There's attachment,/ which is oxytocin,/ and the opiates,/ which says,/ "This is a long-term bond."//

それから 愛着 「深い絆」をつくる オキシトシンの様な オピエイトが関連しています

See/ the problem is/ that,/ as humans,/ these three can separate.//

問題は 時にこの3つの調和がとれないことがあることです

So a person can be in a long term attachment,/ become romantically infatuated/ with someone else,/ and want to have/ sex/ with a third person.//

長い間付き合っている人がいても 別の人にロマンチックな気持ちを抱いたり また別の人とセックスをしたくなったりすることがでてきます

The other way/ in which our genes can sometimes lead us/ astray is in social status.//

遺伝子が私たちを迷わせる他の例としては 社会的な地位があります

We are very acutely aware of our social status/ and always seek to further/ and increase it.//

人間は社会的地位にとても敏感で 常に上に行こうと努めています

Now/ in the animal world,/ there is only one way/ to increase status,/ and that's dominance.//

動物の世界では 地位を上げる唯一の方法は 他者を支配することです

I seize command/ by physical prowess,/ and I keep it/ by beating my chest,/ and you make submissive gestures.//

肉体的に強くなって主導権を握り 胸を叩いてその座を守れば 周囲は服従的に振る舞うわけです

Now,/ the human has a whole other way/ to rise to the top,/ and that is a prestige route,/ which is freely conferred.//

しかし 人間は全く違った方法で地位を築きます 脅かして手に入れたものではなく 地位は周囲の信頼から得られるものです

Someone has expertise and knowledge,/ and knows/ how to do things,/ and we give/ that person status.//

私たちは 特別な知識や技能を持っている人に 地位を与えます

And that's clearly/ the way/ for us/ to create many more niches of status/ so that people don't have to be lower/ on the status hierarchy/ as they are in the animal world.//

様々な才能に適した地位を作れるため 皆が階層の下にいなくてもよいという点で 動物の世界とはちがいます

The data isn't terribly supportive of money/ buying happiness.//

お金で幸せが買えるという これといった証拠はありませんが

But it's not irrelevant.//

関係ないとはいえません

So/ if you look at questions/ like this,/ life satisfaction,/ you see life satisfaction/ going up/ with each rung of income.//

人生の満足度についてアンケートをとると 収入が増えるにつれ満足度もあがっているのがわかります

You see mental distress/ going up/ with lower income.//

収入が低い人ほど精神的な苦痛が多くなっています

So clearly/ there is some effect.//

ですから、影響があることは確かですが

But the effect is relatively small.//

度合いはどちらかというと小さなものです

And one of the problems/ with money is materialism.//

お金に関する問題の一つは物質主義です

What happens/ when people pursue money too avidly,/ is they forget about the real basic pleasures of life.//

お金に執着すると 人生の基本的な喜びを忘れてしまいます

So we have here,/ this couple.//

この漫画のカップルや子供の様に

"Do you think the less-fortunate are having better sex?"//

「私たちより貧しい人のほうがセックス楽しんでいるかしら?」 とか

And then/ this kid/ over here is saying,/ "Leave me alone/ with my toys."//

「おもちゃで遊んでるんだから邪魔すんな」 となるわけです

So one of the things is/ that it really takes over.//

感情が乗っ取られてしまうのです

That whole dopamine-wanting system takes over/ and derails from any of the pleasure system.//

ドーパミン - 要求のシステムが 脳を支配し 快楽のシステムから脱線してしまうのです

Maslow had this idea back/ in the 1950s/ that as people rise above their biological needs,/ as the world becomes safer/ and we don't have to worry/ about basic needs/ being met --/ our biological system,/ whatever motivates us,/ is being satisfied --/ we can rise above them,/ to think beyond ourselves/ toward self-actualization or transcendence,/ and rise above the materialist.//

1950年代にマズローが考えたのは 世界が平和になり 基本的な欲求が満たされ-- 生理的なシステムや モチベーションを起こさせるものが充たされると-- 自分以外のことを考えるようになり 自己実現 自己超越し 物質主義を克服できるというものです

So/ to just quickly conclude with some brief data/ that suggests this might be so.//

最後に これが真実かもしれないことを示唆する ちょっとしたデータを見ておきましょう

One is people/ who underwent/ what is called a quantum change:/ they felt their life/ and their whole values had changed.//

まず 悟りが開けたというような人たちは 人生や価値観が変わったと感じます

And sure enough,/ if you look at the kinds of values/ that come in,/ you see wealth,/ adventure,/ achievement,/ pleasure,/ fun,/ be respected,/ before the change,/ and much more/ post-materialist values after.//

思ったとおりですが 富、冒険、業績、快楽、楽しみ、名誉などの 変化前に大切だと思った価値が 変化後はもっと物質主義を超えた価値観にかわっています

Women had a whole different set of value shifts.//

女性の持つ価値観は 男性のものとは全く違いますが

But very similarly,/ the only one/ that survived/ there was happiness.//

価値観の変化は とても似ています生き残るのは幸せだけで

They went from attractiveness and happiness and wealth and self-control/ to generosity and forgiveness.//

美貌、幸せ、富、自制などに対し 変化後には 寛大さや許しに価値を見出すようになります

I end with a few quotes.//

いくつか名言を引用して終わりにします

"There is only one question:/ How to love this world?"//

「唯一の質問は: この世界をどう愛するかということです」

And Rilke,/ "If your daily life seems poor,/ do not blame it;/ blame yourself.//

次にリルケ「もしあなたの日常を貧しいと思うなら、 その日常ではなくあなた自身をこそ非難しなさい

Tell/ yourself/ that you are not poet enough/ to call forth/ its riches."//

あなたが立派な詩人でないために 日常の富に恵まれないのだと言い聞かせることです。」

"First,/ say to yourself/ what you would be.//

「どうありたいのか、まず自分自身に語り

Then do/ what you have to do."//

しかる後、なすべきことをなせ。」

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

hooked

かぎ形の

かぎ(ホック)の付いた

《補語にのみ用いて》《話》(麻薬に)とりつかれた;(…に)熱中した《+『on』+『名』》

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

pursuit

〈U〉(…を)『追うこと』,(…の)追跡《+『of』+『名』》

〈U〉(目的・快楽などの)『追求』《+『of』+『名』》

〈C〉(一般に)仕事,趣味

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

somewhat

『幾分か』,少し

dour

むっつりした,陰気な

厳格な,厳しい(stern)

Darwin

ダーウィン(Charles Robert~;1809‐82;英国の博物学者;主著The Origin of Species「種の起原」)

chimp

=chimpanzee

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

obligatory

(道徳上・法律上)義務のある,強制的な;(課目など)必修の;(・・・に)必須の《+『on』(『upon』)+『

名』》

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

Amazon

アマゾン(ギリシア神話で,昔黒海の近くにいたという女武者の一族)

《しばしばa-》女傑(じょけつ),勇ましい女

《the ~》アマゾン川(南米にある大河)

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

advice

〈U〉『忠告』,助言;(医者・弁護士などの)意見,指示

〈U〉〈C〉(商業取引上の)通知;《複数形で》報道,報告

habit

〈C〉

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』;(動・植物の)習性

〈C〉(麻薬などの)常用癖

〈C〉(僧衣など,特殊な)衣服

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

medicate

〈人・病気・傷など〉‘を'薬で治療する

…‘に'薬を加える,薬剤を投入(添加)する

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

prescription

〈U〉指示(規定)すること

〈C〉規定,指示

〈C〉(薬などの)処方;処方せん;処方薬

〈U〉時効;長期間の使用による権利,貫行

antidepressant

抗抑鬱(うつ)剤(鬱病の治療薬)

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

blockbuster

大型爆弾

《話》すごい効果(影馨)を与える物(人)

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

illegal

『不法の』,違法の

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

flat

平『平らな』,平たんな

《補語にのみ用いて》べったりと広がった(横になった)

薄っぺらな(shallow)

《名詞の前にのみ用いて》露骨な,あからさまな;(positive)

(料金・価格などが)均一(一律)の(uniform)

たいくつな,おもしろくない,気の抜けた

(発泡飲料が)気の抜けた

空気のはいっていない,しぼんだ

(絵画で色調が)変化に乏しい,光沢を消した

(音楽で)変音の,半音下がった

『きっぱりと』

正確に,きっかり

本来の音程より下げて

『平面』,平たい部分

平地,低地;《複数形で》湿地,沼地,浅瀬

枠張り物(舞台背景用のベニヤ・布などを張った枠組み)

《おもに米》空気の抜けたタイヤ;パンク

半音低い音,変音;変音記号

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

depression

〈C〉『くぼ地』,くぼみ

〈U〉〈C〉『意気消沈』,憂うつ;うつ病

〈C〉『不景気』,不況

〈U〉押し下げること,降下,低下

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

rising

〈U〉(…が)上がること,(…の)上昇;昇進《+『of』+『名』》

〈U〉起床

〈C〉蜂起,反乱

上がる,強まる,高まる

成長する,発達中の,上り坂にある

diagnosis

診断[書]

(問題の原因などの)判断,分析

(問題の)解決;結論

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

homicide

〈U〉殺人;〈C〉殺人行為

〈C〉殺人者,殺人犯人

rash

(人・行動などが)『向こう見ずな』,無分別な(reckless);性急な

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

disability

〈U〉無力,無能

〈C〉不具,欠陥

〈U〉(法律で)無能力,無資格

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

quarter

〈C〉(…の)『4分の1』《+『of』+『名』》

〈C〉(時間の)『15分』

〈C〉(米国・カナダの)25セント銀貨(4分の1ドルの銀貨)

〈C〉1年の4分の1,四半期

〈C〉弦(月の満ち欠けの周期の4分の1;約7日間)

〈C〉(フットボール・バスケットボールなどで)クォーター(競技時間の4分の1)

〈C〉(《米》4学期制の学校の)学期

〈C〉(四つ足動物の)四半分(足1本を含む)《+『of』+『名』》

〈C〉(羅針盤の示す)方角,方向

〈C〉(特に都市のある特定の)地域,地区

《複数形で》寝泊まりする場所,宿所;(軍隊の)宿舎;(海軍の)部署

〈C〉ある方面の人(団体),その筋

〈C〉(特に降服した者に示す)慈悲,助命

…‘を'4等分する,四つに分ける

〈軍隊など〉‘を'宿泊(宿営)させる

4分の1の

(ある量を表す単位の)4分の1の

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

usual

『いつもの』,通例の,おきまりの

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

income

(一定の)『収入』,所得

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

curve

『曲線』

『曲がり』,曲がったもの,湾曲部

(野球で投球の)『カーブ』

(…の方へ)『曲がる』,湾曲する《+『to』+『名』》

…'を'曲げる;'を'湾曲させる

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

legacy

(特に遺言によって相読する)遺産

(祖先・先人から受け継いだ精神的・物質的)遺産

Freud

フロイト(『Sigmund』~;1856‐1939;精神分析学の創始者)

pessimist

悲観論者,厭世家;悲観的な人

doom

(通例悪い)『運命』

『破滅』(ruin);死(death)

(神の)最後の審判

(厳しい刑罰などを)〈人〉‘に'宣告する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

《受動態で》…‘を'運命づける

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

propel

…‘を'推し進める,前進させる

〈人〉‘を'かり立てる,促す

infantile

《名詞の前にのみ用いて》幼時の

子供じみた;子供らしい

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

incline

(…に)『心が傾く』,気が向く

〈人・物が〉『傾向がある』(rend)

(…に)傾く,傾斜する;身をかがめる《+『to』(『toward』)+『名』》

〈物事が〉(…に)‘の'心を向けさせる

(…に)…‘を'傾ける,傾斜させる,かがめる《+『名』+『to』(『toward』)+『名』》

傾斜,こう配;斜面

intention

『意図』,考え,目的

《複数形で》(自分の行動の)心づもり,動機;《話》(…と)結婚する意志《+toward+名》

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

ultimate

『最後の』,最後の,究極の

『最大限の』,極限の

根本的な

最も遠い

最終(究極,最高)のもの

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

psychotherapy

精神催眠療法,心理療法

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

misery

〈U〉《しばしば複数形》『みじめさ』,(精神的・肉体的な)非常な不運(苦難,苦痛)

〈C〉(…にとっての)不運(苦痛)のたね《+『to』+『名』》

〈U〉貧困,困窮

laughter

『笑い』,笑い声

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

anatomy

〈U〉解剖学,解剖論

〈U〉〈C〉(動植物の)解剖

〈C〉(動植物の)構造,組織;人体

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

extremely

『極端に』,非常に過度に

sensitive

(五感が)『敏感な』,感じやすい

物事を非常に気にする,神経過敏な

感光性の;(器械などが)感度のよい

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

sweet

(砂糖のように)『甘い』;砂糖の入った

心地よい,香りのよい,美しい,おいしい

新鮮な,腐っていない

(性質などが)『人好きのする』,気だてのよい,優しい,親切な

(酒が)甘口の

〈C〉《英》甘い料理,(特に)デザート

《複数形で》《英》(ケーキ・キャンデーなどの)『砂糖菓子』(《米》candy)

〈U〉《呼びかけで》あなた,おまえ

《複数形で》《the ~》《文》(…の)喜び,楽しみ《+of+名》

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

bitter

『苦い』

『つらい』 苦しい,きびしい,悲痛な

(寒気などが)『きびしい』

敵意に満ちた,恨みに思っている

冷酷な;しんらつな;彼肉な

ひどく(bitterly)

〈C〉《the bitter,the bitters》苦さ,苦しみ,つらさ,きびしさ

〈U〉《英》苦味ビール(bitter beer)

《複数形で》(カクテルなどに混ぜる)ビターズ,苦味剤

averse

(…を)きらっている《+『to』(『from』)+『名』(do『ing』)》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

formula

(あいさつなどの)『決まった言い方』;空虚な言葉

(…の)習慣的なやり方,決まった方法《+『for』+『名』(do『ing』)》

(…の)製法,調理法,処方せん《+『for』+『名』》

(…の)『公式』,式《+『for』+『名』》

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

remark

〈C〉(…についての)『簡単な発言』(『感想』),所感《+『on』(『about』)+『名』》

〈U〉《文》注目,観察

《『remark』+『that節』》〈…である〉‘と'『言う』,意見(感想)を述べる

…‘に'『気付く』(notice)

(…について)『言う』,感想を述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

especially

『特に』,特別に;きわだって

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

contempt

《時に形容詞を伴って,a~》(人・物に対する)『軽べつ』,侮り《+『for』+『名』》

(人から)軽べつされていること,(人から受けた)さげすみ,恥辱(ちじょく)

(法廷・人法機関に対する)侮辱罪,侮辱行為《+『of』+『名』》

disgust

(…で)〈人〉‘に'『吐き気を催させる』,むかむかさせる《+『名』+『at』(『with』)+『名』》

(…に対する)『いや気』,嫌悪,むかつき《+『at』(『for, toward』)+『名』》

upset

『…‘を'ひっくり返す』,転覆させる

〈計画など〉‘を'『だめにする』,だいなしにする,狂わす

〈人〉‘の'『心お乱す』,'を'ろうばいさせる

〈体など〉‘の'調子お狂わせる

《米》(競技などで)〈相手〉'を'思いがけなく負かす

ひっくり返った

(計画などが)だいなしの,狂った

《捕語にのみ用いて》(精神的に)混乱した,ろうばいした

(体などの)調子がおかしくなった

〈U〉〈C〉『転倒』,転落

〈C〉(計画.心などの)『混乱』,乱れ;(体の)不調

〈C〉《話》けんか

〈C〉《米》(競技などでの)番狂わせ

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

imminent

(危険・あらしなどが)差し迫った

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

endogenous

(生物が)内部から成長する,内性の,内因性の

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

enormous

『巨大な』,ばく大な

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

flood

〈C〉《しばしば複数形で》《単数扱い》『洪水』,大水;〈U〉(川の)はんらん

〈C〉《a~》(…の)『はんらん』,殺到《+『of』+『名』》

《the F-》ノアの洪水(旧約聖書「創世記」)

〈C〉『満潮』,上げ潮

…‘を'『あふれさせる』

〈人・物が〉…‘に'『殺到する』,どっと押し寄せる

〈川が〉はんらんする

(洪水のように)押し寄せてくる

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

govern

(権限をもって)〈国・国民〉‘を'『治める』,統治する

〈学校など〉‘を'管理する,運営する

〈行動など〉‘を'『左右する』,‘に'影響を及ぼす

〈感情など〉‘を'抑制する,抑える

〈文法で〉〈目的語〉‘を'支配する

『治める』,統治する,支配する

管理する,運営する

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

command post

(軍隊の)司令所(司令官が指岐をとる所)

short-lived

短命の;はかない

intense

(感情・性質などが)『激しい』,強烈な,熱心な

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

opportunity

『機会』,好機

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

alternate

『交互の』,かわるがわるの

一つおきの(every other)

代わりの,どれか一つの

《米》代わり[の人](substitute)

〈両者が〉交替する;(…と)交替する,互い違いになる《+『with』+『名』》

…'を'交互にさせる

self

(他人と区別して)『自己』,自分,自身

〈C〉(人・物の)本質,個性;性格の一面

〈U〉私利,私欲,私心

同じ材料でできた,共ぎれの

tune

(音楽の)『曲』,節(ふし),メロディー(melody)

〈楽器〉‘の'調子を合わせる,‘を'調律する《+up+名,+名+up》

〈エンジンなど〉‘を'調整する《+up+名,+名+up》

(…に)〈受信機〉‘を'同調させる,‘の'波長を合わせる《+名+to+名》

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

alert

『油断のない』,用心深い

(頭の回転・動作などが)機敏な

(動作が)敏しょうな

〈U〉《しばしばthe ~》警戒,用心

〈C〉警報;警報発令期間

(…に対して)…‘に'警報(警告)を出す,警戒態勢をとらせる《+『名』+『to』+『名』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

perceive

(五感,特に目で)…‘に'『気がつく』

…‘を'『理解する』,『悟る』

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

Freudian

フロイトの,フロイト学派の

フロイト学派の人,精神分析家

gloom

〈U〉『暗がり』(darkness);薄暗がり

〈U〉〈C〉『憂うつ』,意気消沈,深い悲しみ

暗く(薄暗く)なる

憂うつになる,意気消沈する

actively

活発に;積極的に

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

unhappiness

不幸,不運

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

continuum

(哲学で)連続,つながり

(数学で)連続体

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

miserable

(人が)『みじめな』,ひどく不幸な

(物事が)人の気をめいらせるような,哀れな;ひどく不快な

《名詞の前にのみ用いて》貧弱な,みすぼらしい,程度の低い

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

equation

等式; 方程式

missing

粉失した,行方不明の

欠けている,ない(lacking)

《the ~;名詞的に》行方不明者

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

symptom

(病気の)徴候,症状《+of+名》

(一般)に(…の)徴候,きざし,印《+of+名》

recur

〈問題・病気などが〉再び起こる,繰り返される

(心・記憶などに)〈考え・でき事などが〉再び浮かぶ《+『to』+『名』》

(もとの話・考えなどに)戻る,立ちかえる《+『to』+『名』》

(数学で)循環する

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

compassion

(…に対する)あわれみ,深い同情(sympathy)《+『on』(『for』)+『名』》

gratitude

(…に対する)『感謝』[の気持ち]《+『to』+『名』〈人〉,+『for』+『名』〈事〉》

absence

〈U〉〈C〉『るす』,不在;『欠席』;不在期間;(…を)欠席すること《+『from』+『名』》

〈U〉(…が)『ないこと』,(…の)欠如(lacking)《+『of』+『名』》

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

reciprocal

相互の(mutual)

お返しの,報いの

(文法で)相互の

逆数,反数

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

umbrella

傘(かさ),こうもり傘,雨傘,日傘

(一般に,傘状の)保護物,影響力

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

pride

〈U〉『自尊心』,自尊

〈U〉『得意』,自慢,誇り

〈U〉『高慢』,『うぬぼれ』,思い上がり

〈C〉《単数形で》(…の)『自慢の種』,誇りにする物《+『of』+『名』》

〈C〉(特にライオン・クジャクの)群れ《+『of』+『名』》

《『pride』『oneself』『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》…‘を'自慢する

accomplishment

〈U〉完成,成就(じょうじゅ)

〈C〉業績

《複数形で》教養,たしなみ,才芸

misfortune

〈U〉『不運』,『不幸』

〈C〉(…にとっての)『不幸』(『不運』)『なでき事』,災難(calamity)《+『of』+『名』》

malicious

(人・行為などが)悪意(敵意)のある,意地の悪い

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

absent

『欠席した』,るすの,不在の

(物が)欠けている,ない

《名詞の前にのみ用いて》『放心した』

(…から)〈人〉'を'欠席させる《+『名』+『from』+『名』》

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

offset

(…を)相殺(そうさい)するもの,(…の)埋め合わせ《+『to』(『for』)+『名』》

(地面に近い幹から出る)側枝,横枝

=offset printing

…‘を'埋め合わせる,相殺する

…‘を'オフセット印刷する

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

smooth

(表面が)『滑らかな』,すべすべした;『平らな』平坦(へいたん)な

(動きが)円滑な,揺れのない

(物事が)すらすら運ぶ,順調な,平隠な

(味など)滑らかな;(練り粉など)つぶつぶ(むら)のない

愛想のよい,取り入るような

…‘を'『滑らかにする』,平らにする,〈髪など〉‘を'なでつける《+『out(down)』+『名,』+『名』+『out(down)』》

〈物事〉‘を'容易にする,円滑にする《+『away(out)』+『名,』+『away(out)』》

〈人・気持ちなど〉‘を'静める,和らげる《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

滑らか(平ら)になる;隠やかになる《+『down』》

=smoothly

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

rough

(表面が)『粗い』,ざらざらした,きめの粗い・でこぼこの

(動きなどが)『荒っぽい』;(空・海などが)荒れた

(人・態度などが)『粗野な』,荒々しい,無作法な

『おおよその』,あらましの

(ダイヤモンドなど)自然のままの,未加工の

《話》困難な,つらい,ひどい;(…に)ひどい,むごい《+『on』+『名』》

(生活が)非文化的な,不便な

毛深い,毛むくじゃらの,毛が刈ってない

…‘を'乱暴(手荒)に扱う《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈計画・作品など〉‘の'概略を書く,‘を'ざっと下書きする《+『in』(『out』)+『名,』+『名』+『in』(『out』)》

〈物の表面など〉‘を'ざらざらにする

手荒く,乱暴に

〈U〉《the rough》ラフ(ゴルフのコースで芝をはったフェアウェイ以外の部分)

〈C〉乱暴者

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

plain

『はっきり見える』(『聞こえる』)

『はっきり理解できる』,明白な

全くの(sheer)

混ぜ物のない,生(き)のままの;飾りのない;無地の

ありのままの

『質素な』,飾り(模様)のない

(食べ物が)淡白な

平凡な,並みの,普通の;素朴な

『平原』,平野;《the Great Plains》(北米の)大平原地帯

consonant

子音,子音字

《文》(…と)調和する,一致する《+『with』(『to』)+『名』》

協和音の

子音の

melody

〈U〉『美しい音の流れ』,快い調べ

〈C〉『旋律』;(声楽曲・器楽曲の)主旋律[部分]

instead

『その代りとして』,それよりも

dissonant

(音が)調和しない,不協和音の

不調和な;矛盾する

innate

生まれつきの,生得の(inborn)

本質的な

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

psychologist

心理学者

gene

遺伝子

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

nonsense

『無意味な言葉』(『行為』),たわごと;ばかげた考え(振舞い)

くだらないこと(もの)(trifles)

ばかな,くだらん

decent

(社会・道徳的な規範にかなって)『きちんとした』,ふさわしい

《話》『かなりよい』,まあまあの,そう悪くない

《話》《補語にのみ用いて》親切な,寛大な

contribution

〈U〉(…を…に)『寄付』(『寄与』)『すること』《+『to』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉(…に)寄付した物;寄与(貢献)したこと;(…への)寄稿記事《+『to』+『名』》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

arise

〈問題・事件などが〉『起こる』,現れる

(…から)生じる(result)《+『from』+『名』》

《古・詩》起き上がる,立ち上がる

《英ではまれ》〈霧・煙などが〉立ちのぼる,湧きあがる

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

basically

基本的に,根本的に;元来は

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

ventral

腹の,腹部の

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

nucleus

中心,核

(生物の)細胞核

原子核

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

orbital

軌道の

frontal

正面の,前面の

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

electrode

電極

rat

『ネズミ』

ひきょう者,裏切り者

ネズミをつかまえる

《話》(人を)裏切る,密告する《+『on』+『名』〈人〉》

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

times

…掛ける

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

motivation

動機を与えること,動機づけ

wanting

(…に)『欠けている』,不足している《+in+名》

…のない,…を除いて(without)

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

incentive

刺激,動機,誘因

attractive

『魅力のある』,興味をそそる

引力のある

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

internal

『内側の』,内部にある

『国内の』(domestic)

内からとる,内用の

opiate

アヘン剤,鎮静剤

(…にとって)鎮静させるもの《+『to』+『名』》

アヘンを用いた;鎮静の

hormone

ホルモン

widely

[幅が]『広く』;広範囲に

(程度において)『大いに』,はなはだしく

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

lip

〈C〉『くちびる』,口もと

《複数形で》(発音器官としての)くちびる,口

〈U〉《俗》生意気な言葉

〈C〉(容器などの)口,へり,縁;(峡谷・火山などの)口

〈C〉(植物の)唇弁(しんべん)

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

crinkle

…‘に'しわを寄せる;…'を'縮ませる

しわが寄る;縮まる

カサカサ(パチパチ)音を立てる

しわ;縮れ

カサカサ(パチパチ)いう音

outer

外に,外側の,外部の

中心から遠い

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

extrovert

外向的な人,社交的な人

introvert

〈心・考え〉‘を'内へ向ける,内向させる

内向的な人

relieve

〈物事が〉〈苦通・悩みなど〉‘を'『和らげる』,『軽減する』

〈物事が〉〈人〉の苦痛(悩み)を軽くする,‘を'ほっとさせる,安心させる

〈困っている人〉‘を'『救済する』;〈被災地〉‘を'救援する

(職務などから)〈人〉‘を'交替させる,解雇する《+『名』+『of』+『名』》

(重い物・大変なものを)〈人〉‘から'取り除く,取り上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈単調なもの〉‘に'変化を与える

〈物事〉‘を'きわ立たせる,引立てせる

unmask

…‘の'仮面(変装)をはぐ

…‘の'真相をあばく

仮面を取る;正体(真相)を現す

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

brick

〈C〉(1個の)『れんが』

〈U〉(材料としての)『れんが』

〈C〉(形が)れんがに似た物

れんがの,れんが造りの

〈建築物〉を=れんがで囲う,れんがで作る,…‘に'れんがを敷く《+『in』(『on』)+『名』》

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

hospital

『病院』

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

medication

〈C〉〈U〉薬剤,医薬品

〈U〉薬剤を添加(投入)すること;薬物治療

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

complication

〈U〉〈C〉複雑[な状態],粉糾[状態]

〈U〉(…を)複雑にすること《+『of』+『名』》

〈C〉複雑な(やっかいな)事を引き起こすもの・〈C〉併発症, 併発,合併症

restorative

(健康・体力を)回復させる

復活の,復元の

健康食,強壮剤

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

imitative

模倣の,模造の

まね好きの

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

imitate

…‘を'『見習う』,手本にする

…‘の'『まねをする』

…‘を'『模写(模造)する』,‘に'似せて作る

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

tongue

〈C〉『舌』

〈C〉〈U〉(食用の牛などの)舌,タン

〈C〉『言葉』,言語(language)

〈C〉『言葉遣い』,言い回し

〈C〉話す能力

〈C〉(形・位置・働きが)舌に似たもの

〈C〉細長い岬

〈C〉(靴の)舌革,べろ

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

being

〈U〉存在,実在(existence);生命(life)

〈U〉本質,本性(nature)

〈C〉生き物

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

cooperation

『協力』,『協同』

協業

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

helpless

(病人・赤ん坊などが)『自分の始末ができない』,自分で用が足せない

(人・努力などが)『役に立たない』,無力な

(人が)救い(助け,保護)の得られない

(表情などが)当惑した,途方に暮れた

tremendously

途方もなく;恐ろしく;とても,非常に

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

self-esteem

自尊,うぬぼれ

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

biology

『生物学』

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

absorb

〈液体〉'を'『吸収する』,吸い込む

〈光・音・熱・エネルギーなど〉'を'吸収する

〈思想など〉'を'取り入れる

〈国・町・村など〉'を'併合する;(…に)…'を'併合する《+『名』+『into』+『名』》

〈心・注意・時間〉'を'『すっかり奪う』

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

first person

第一人称(英語ではIとwe;話し手が自分を指していう語)

singular

『非凡な』,目ざましい

『奇妙な』,変わった

(文法で)『単数の』

単数[形]

hopeless

『希望を失った』

(物事が)『望み(見込み)のない』,絶望的な

《話》どうしようもない,役に立たない

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

unnatural

不自然な;異常な

人情に反する,極悪非道の

人工的な,わざとらしい(artificial)

belong

(…の)所有である《+『to』+『名』》

(…の)『一部』(付属物)である,(…に)属する,所属する,(…の)一員である《+『to』+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》(…に)本来あるべきである,ふさわしい

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

underlie

…‘の'下に横たわる,下にある

〈行動・理論など〉‘の'基礎となる,根拠となる

reproduction

〈U〉繁殖,生殖[作用]

〈U〉(…を)再生(再現)すること;模写(複製)すること《+『of』+『名』》

〈C〉再生(再現)された物,複写(複製)した物

lust

(…に対する)『強い欲望』,渇望《+『for』(『of』)+『名』》

色欲,肉欲

(…を)切望する,渇望する《+『after』(『for』)+『名』》

mediate

〈紛争・相違点など〉‘を'調停する,仲裁する

〈妥協・和解・同意など〉‘を'仲裁して成立させる

(両者の)調停をする《+『between』+『名』》

仲介者(媒介物)を通じての,間接の

romantic

『ロマンチックな』,伝奇(冒険,空想,英雄,恋愛)物語的な,小説にありそうな

(人,人の気持ちなどが)『空想的な』(考え・計画などが)非現実的な

《通例R-》(文学・芸術が)ロマン主義の,ロマン派の

空想的な人,ロマンチックな人

《しばしばR-》ロマン主義(派)の作家(詩人,芸術家)

《複数形で》空想的(非現実的)な考え,夢想的な感情(話,行動)

attraction

〈U〉『引力』

〈C〉(人を)引きつける力,魅力となる物(事)《+『for』+『名』》

〈C〉呼び物,出し物

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

attachment

〈U〉(…に)付くこと,付着,付属;〈C〉(…の)付属品,付属装置;留め金,締め具《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(人・物・主義・理想などへの)愛着,愛情《+『for』+『名』》

〈U〉(法律用語で)逮捕,差し押え

long-term

長期の,長い目で見ての

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

romantically

空想的に,ロマンチックに

infatuate

〈人〉‘を'夢中にする,有頂天にする《+『名人』〈人〉+『with』+『名』》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

third person

《the ~》(文法で)第三人称(he,she,they,a dog,these houses など)

astray

(道などに)迷って

status

〈C〉〈U〉『地位』,身分;資格

〈U〉高い地位,

〈C〉『状態』,事態

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

dominance

優越,優勢;支配

seize

(急に)…‘を'『ぐいとつかむ』,ひっつかむ

(力ずくで)…‘を'奪い取る;(合法的に)…‘を'押収する,差し押さえる,逮捕する

〈機会・申し出など〉‘を'とらえる,利用する

〈意味・要点など〉‘を'把握する,理解する(grasp)

《しばしば受動態で》〈痛み・恐怖などが〉〈人〉‘を'襲う

《通例受動態で》《文》〈人〉‘に'所有させる《+『名』+『of』+『名』》

command

…'を'『命令する』,命じる;…‘に'命令する

…'を'『指揮する』,‘の'支配権を握る

〈感情など〉'を'抑制する,支配する

《文》…'を'自由にする,意のままにする

〈人が〉〈同情・尊敬など〉'を'集める,‘に'値する;〈物が〉…‘に'値する

〈場所・建物が〉'を'見渡す,見晴らす,見おろす

命令する,指揮権を持つ

〈C〉『命令』,号令

〈U〉(…の)『指揮』,指揮権,支配権;(…の)支配下《+『of』+『名』》

〈U〉(感情などの)『抑制』,(…を)抑制する力《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(言語などを)自由に駆使する力,(金銭を)自由に使えること《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)見晴らし,展望《+『of』+『名』》

〈C〉管轄下の部隊,管轄区域,司令部

prowess

《文》(特に戦場での)すばらしい勇気,武勇

すぐれた能力(技量)

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

chest

(ふた付きのじょうぶな)『大箱』,ひつ

《米》たんす(=chest of drawers)

(…の)たんすいっぱい《+『of』+『名』》

『胸[部]』,肺

submissive

従順な

gesture

〈U〉〈C〉(気持ちや考えを表現するときの)『身ぶり』,手まね,しぐさ

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(うわべにせよ,心からにせよ,礼儀・尊敬・友情などを表す)行為,しぐさ,印

〈人が〉身ぶり(手ぶり)をする;(人が…するように)身ぶり(手ぶり)で示す《+『for』+『名』〈人〉+『to』 do》

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

prestige

(成功・業績などによる)『威信』,『名声』,声望

freely

『自由に』;かってに

『惜しげなく』,十分に

率直に;無遠虜に

自分から進んで

expertise

〈U〉専門技術[知識]

〈C〉《特に英》専門家の調査報告

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

niche

壁がん(像・花びんなどを置く壁のくぼみ)

(…に)ふさわしい場所(地位,仕事),適所《+『for』+『名』》

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

hierarchy

聖職の階級組織

聖職位階制政治

(一般に)階級組織,職階制;階層

datum

dataの単数形

既知の事実

terribly

『恐ちしく』,ものすごく

(比較変化なし)《話》『ひどく』,非常に(very)

supportive

支える;維持する;扶養する

irrelevant

見当違いの;取るに足りない

satisfaction

〈U〉(…を)『満足させること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に)『満足すること』《+『at』(『with』)+『名』》

〈C〉満足させるもの(こと)

《文》〈U〉(損害などの)賠償;(借金の)返済;(義務の)履行

〈U〉(決闘などによる)名誉回復の機会

rung

ringの過去分詞

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

distress

〈U〉(肉体的・精神的な)『激しい苦しみ』,苦痛,苦悩,非嘆

《a~》(…にとっての)悩みの種《+『to』+『名』》

〈U〉『貧苦』,窮乏

〈U〉『危険状態』,難儀

(精神的・肉体的に)〈人〉‘を'『苦しめる』,苦悩させる

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

materialism

唯物論,唯物主義

実利主義

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

toy

『おもちゃ』,玩具

小さくてちゃちな物

《名詞の前にのみ用いて》

おもちゃの,愛玩用の

(…を)いじくり回す,もてあそぶ《+with+名(doing)》

derail

〈電車・列車〉‘を'脱線させる

脱線する

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

satisfy

〈物事が〉〈人〉‘を'『満足させる』,喜ばせる

〈欲望・必要・要求・条件など〉‘を'『満たす』,充足する

〈借金〉‘を'『返済する』,〈不正・損害など〉‘を'償う

満足を与える

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

transcendence

(神の)超越[性]

materialist

唯物論者

実利主義者

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

undergo

〈変化・検査など〉‘を'『受ける』,経験する(experience)

〈困難など〉‘に'耐える,あう

quantum

量子

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

adventure

〈U〉〈C〉『冒険』

〈C〉珍しい経験,意外なできごと

=venture

achievement

〈U〉(…の)『成就』(じょうじゅ),達成《+『of』+『名』》

〈U〉『業績』,功績,達成されたこと

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

self-control

自制,自制心

generosity

〈U〉『寛大さ』,心の広さ;気前のよさ

〈C〉《複数形で》『寛大な』(『気前のよい』)『行為』

forgiveness

(…を)許すこと,容赦《+『of』+『名』》

寛大さ

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

poet

『詩人』,歌人

詩的才能のある人

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

riches

『富』,財産,豊かさ

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画