TED日本語 - ジョー・コーワン: 舞台恐怖症を克服する方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

人類に備わる恐怖心とは見事なもので、かつて人類の歴史が浅かった頃から集中して自らを敵から守ることに役立ってきました。でも、火曜日の夜のステージで20人のフォークソングファンを前に、恐怖に体を乗っ取られるような体験をするのは素敵なことではないでしょう。手の平が汗ばみ、手が震えだし、視界がぼやけて、頭が「逃げろ!」と言います ― そう、これが舞台恐怖症です。魅力いっぱいの講演で、ジョー・コーワンが美しい旋律と共に、どのように舞台恐怖症を克服したか語ります。

Script

私は あがり症です 昔から舞台に立つのが怖いです それも ちょっとではなく ひどい あがり症なんです それでも27歳まで問題ですらありませんでした この頃から曲を書き始めていましたが 自分で歌うだけでした ルームメイトが同じ屋根の下にいるだけでナーバスになりました

数年後 曲を書くだけではもの足りなくなりました 沢山のストーリーやアイデアがあって皆と共有したくなったのです でも生理的には無理でした なぜか 怖かったんです それでも曲を書いたり練習するにつれて 人前で演奏したくなりました

そこで30歳の誕生日の週です 地元の飛び入り参加のステージで歌おうと決めた私は 恐怖を忘れ去ろうとしました 行ってみると 会場は大入り満員でした 20人もいたんですよ (笑) 皆が怒っているように見えました でも深呼吸をして参加登録をすると かなり良い気分になりました

良い気分だったのは本番10分前まででした 体中が反応し不安の波が押し寄せてきました さて皆さんが恐怖を抱くと交感神経が刺激されます するとアドレナリンが分泌され動悸がします 呼吸も速くなります 次に関係のないシステムが停止します例えば消化系です (笑) すると口の中が乾いて手足に血液が行かなくなります 指が思うように動かなくなり 瞳孔が開き 筋肉が収縮しますスパイダーセンスがチクチクし 体全体がトリガーハッピーになります (笑) フォーク音楽を演奏するのに嬉しくない事態ですよね (笑) 神経系って本当に おバカなんです 頭にきますよね?20万年の人類の進化を経ても 火曜日の夜のステージで サーベルタイガーと20人のフォークソング歌手の 見分けがつかなくなるなんて (笑) あの時ほどの恐怖はありません ―この瞬間を除いては (笑)(拍手)

いざ自分の番がやってきました 何とかステージに上がり演奏を始めます 最初の歌詞を歌おうと口を開けると 完璧に最悪なビブラートがかかりました 声が出る時に震える あの感じです しかもオペラ歌手のような良い感じのビブラートでもなく 体全体が恐怖で激しく震えている感じです まさに悪夢でした 恥ずかしかったしお客さんも明らかにバツが悪そうで 私の不快感にだけ注目していました 本当に酷かった これがソロのシンガー・ソングライターとしての最初の経験でした

でも良いこともありました願っていた お客さんとの繋がりを ほんの少しだけ感じ取ることができたのです でも もっと繋がりたかったそれには恐怖症を克服する必要がありました

あの夜 私が自らに誓ったのは舞台恐怖症を克服するまで 毎週 舞台に立つぞ ということでした 実際にやりました毎週 舞台に立ったのです 案の定 週を重ねるごとに ― 全然良くなりませんでした毎週あがりました (笑) なかなか治りませんでした

この時 ある考えがひらめいたのです この時のことは良く覚えています滅多に ひらめいたりしないので (笑) そのアイデアとは自分の恐怖症を歌にすること 舞台で あがった時の唯一の真実に思えたし ナーバスになればなるほど 良い歌になるでしょう簡単です そんな訳で舞台恐怖症についての曲を書き始めました まずは体に表れる反応 自分がどんな風に感じるかお客さんがどう思うかについて歌いました そして自分の震える声なんかを 半オクターヴ高い声で歌うだろうなと分かっていました とにかく緊張していましたから こんな感じの曲ですが歌っている最中の自分に 何が起こったかというと お客さんに あがり症について考えてもらえたのです 不憫に思ってもらう必要はないんです私は事実ナーバスなんですから 一緒に体験してもらえて 会場全体がハッピーでナーバスでぎこちなくなりました (笑)

お客さんについて考え自分の問題を受け入れて 逆手にとることで 私の進む道を遮っていた何かを取り払うことができ それを成功に欠かせないものに変化させたのです 舞台恐怖症の曲は演奏のしょっぱなから 大きな問題を克服させてくれるのです すると前に進むことができて ちょっとだけ楽に最後まで歌い終えることができます そして 次第に 舞台恐怖症の曲を全く歌う必要がなくなりました まさに この瞬間のように 本当にナーバスになった時を除いてね (笑)

舞台恐怖症の曲を演奏してもいいですか? (拍手)

お水いただけます? (音楽) ありがとう 冗談じゃないよ 本当にあがり症なんだ もし僕が震えながら歌っていたら どうか気持ちを察してね 僕がさらしている失態は 体中が震えて声がトレモロになってしまうこと 僕を見て きまり悪そうにしているそこの君 恥ずかしがらなくていいよ ちょっと位は仕方ないね (笑) そしたら僕は君達が服を脱いだ姿を想像してみよう 裸の他人の前で歌っているなんて何よりも恐ろしいね 長い説明はいらないだろうけど 僕だって自慢できる体型じゃないよ だから皆ちゃんと服を着ておくれ ああ皆 裸ですらなかったね しかも問題があるのはこの僕だ 君は「心配しないで、きっと上手くいく」って言うけれど これは僕の問題だし どうしても あがってしまうんだ 君のアドバイスはありがたいでも遅かったみたい ちょっと高飛車な その皮肉っぽいトーンは僕が歌う時に何の役にも立たないよ でも こんな話はここで止めようね だって僕はステージの上で君は客席にいるんだから、ハーイ 恐怖に襲われているからってそれを馬鹿にしている訳じゃない だって これに対峙できなければ ステージには立てなかったハズ 最後に言わせて欲しいんだ 僕のあがり症は ゆっくりだけど確実に治ってる もしかすると来週はギターを弾きながら 水みたいに清らかな僕の声に合わせて皆が歌いだすんだ そうしたら僕は立ち上がって音楽にのり始めるよ 僕の声が 音楽より少しだけ早く踊りだすんだ (拍手)

Joe Kowan: I have stage fright. I've always had stage fright, and not just a little bit, it's a big bit. And it didn't even matter until I was 27. That's when I started writing songs, and even then I only played them for myself. Just knowing my roommates were in thesame house made me uncomfortable.

But after a couple of years, just writing songs wasn't enough. I had all these stories and ideas, and I wanted to share them with people, but physiologically, I couldn't do it. I had this irrational fear. But the more I wrote, and the more I practiced, the more I wanted to perform.

So on the week of my 30th birthday, I decided I was going to go to this local open mic, and put this fear behind me. Well, when I got there, it was packed. There were like 20 people there. (Laughter) And they all looked angry. But I took a deep breath, and I signed up to play, and I felt pretty good.

Pretty good, until about 10 minutes before my turn, when my whole body rebelled, andthis wave of anxiety just washed over me. Now, when you experience fear, your sympathetic nervous system kicks in. So you have a rush of adrenaline, your heart rate increases, your breathing gets faster. Next your non-essential systems startto shut down, like digestion. (Laughter) So your mouth gets dry, and blood is routedaway from your extremities, so your fingers don't work anymore. Your pupils dilate, your muscles contract, your Spidey sense tingles, basically your whole body is trigger-happy. (Laughter) That condition is not conduciveto performing folk music. (Laughter) I mean, your nervous system is an idiot. Really? Two hundred thousand years of human evolution, and it still can't tell the difference between a saber tooth tiger and 20 folksingers on a Tuesday night open mic? (Laughter) I have never been more terrified -- until now. (Laughter and cheers)

So then it was my turn, and somehow, I get myself ontothe stage, I start my song, I open my mouth to sing the first line, and this completely horrible vibrato -- you know, when your voice wavers -- comes streaming out. And this is not the good kind of vibrato, like an opera singer has, this is my whole body just convulsing with fear. I mean, it's a nightmare. I'm embarrassed, the audienceis clearly uncomfortable, they're focused on my discomfort. It was so bad. But that was my first real experienceas a solo singer-songwriter.

And something good did happen -- I had the tiniest little glimpse of that audience connection that I was hoping for. And I wanted more. But I knewI had to get past this nervousness.

That night I promised myself: I would go back every week until I wasn't nervous anymore. And I did. I went back every single week, and sure enough, week after week, it didn't get any better. The samething happened every week. (Laughter) I couldn't shake it.

And that's when I had an epiphany. And I remember it really well, because Idon't have a lot of epiphanies. (Laughter) All I had to do was write a songthat exploits my nervousness. That only seems authentic when I have stage fright, and the more nervous I was, the better the song would be. Easy. So I started writing a song about having stage fright. First, fessing up to the problem, the physical manifestations, how I would feel, how the listener might feel. And then accounting for things like my shaky voice, and I knew I would be singing about ahalf-octave higher than normal, because I was nervous. By having a song that explainedwhat was happening to me, while it was happening, that gave the audience permission to think about it. They didn't have to feel badfor me because I was nervous, they could experience that with me, and we were all one big happy, nervous, uncomfortable family. (Laughter)

By thinking about my audience, by embracing and exploiting my problem, I was able to take somethingthat was blocking my progress, and turn it into something thatwas essential for my success. And having the stage fright song letme get past that biggest issue right in the beginning of a performance. And then I could move on, and play the rest of my songs with just a little bit more ease. And eventually, over time, I didn'thave to play the stage fright song at all. Except for when I was reallynervous, like now. (Laughter)

Would it be okay if I played thestage fright song for you? (Applause)

Can I have a sip of water? (Music) Thank you. I'm not joking, you know, this stage fright is real. And if I'm up here trembling and singing, well, you'll know how I feel. And the mistake I'd be making, the tremolo caused by my whole body shaking. As you sit there feeling embarrassed for me, well, you don't have to be. Well, maybe just a little bit. (Laughter) And maybe I'll try to imagineyou all without clothes. But singing in front of all naked strangersscares me more than anyone knows. Not to discuss this at length, but my body image was never my strength. So frankly, I wish that you all would get dressed, I mean, you're not even really naked. And I'm the one with the problem. And you tell me, don't worryso much, you'll be great. But I'm the one living with me and I know how I get. Your advice is gentle but late. If not just a bit patronizing. And that sarcastic tone doesn'thelp me when I sing. But we shouldn't talk aboutthese things right now, really, I'm up on stage, andyou're in the crowd. Hi. And I'm not making fun ofunnurtured, irrrational fear, and if I wasn't ready to face this, I sure as hell wouldn't be here. But if I belt one note out clearly, you'll know I'm recovering slowly but surely. And maybe next week, I'll set my guitar ringing my voice clear as water, and everyone singing. But probably I'll just get up and start grooving, my vocal cords moving, at speeds slightly faster than sound. (Applause)

Joe Kowan:/ I have stage fright.//

私は あがり症です

I've always had stage fright,/ and not just a little bit,/ it's a big bit.//

昔から舞台に立つのが怖いです それも ちょっとではなく ひどい あがり症なんです

And it didn't even matter/ until I was 27.//

それでも27歳まで問題ですらありませんでした

That's/ when I started writing/ songs,/ and even then/ I only played them/ for myself.//

この頃から曲を書き始めていましたが 自分で歌うだけでした

Just knowing/ my roommates were in thesame house made me uncomfortable.//

ルームメイトが同じ屋根の下にいるだけでナーバスになりました

But after a couple of years,/ just writing songs wasn't enough.//

数年後 曲を書くだけではもの足りなくなりました

I had all these stories and ideas,/ and I wanted to share/ them/ with people,/ but physiologically,/ I couldn't do it.//

沢山のストーリーやアイデアがあって皆と共有したくなったのです でも生理的には無理でした

I had this irrational fear.//

なぜか 怖かったんです

But the more/ I wrote,/ and the more/ I practiced,/ the more/ I wanted to perform.//

それでも曲を書いたり練習するにつれて 人前で演奏したくなりました

So/ on the week of my 30th birthday,/ I decided/ I was going to go/ to this local open mic,/ and put this fear/ behind me.//

そこで30歳の誕生日の週です 地元の飛び入り参加のステージで歌おうと決めた私は 恐怖を忘れ去ろうとしました

Well,/ when I got there,/ it was packed.//

行ってみると 会場は大入り満員でした

There were like 20 people there.//

20人もいたんですよ

(Laughter)/ And they all looked angry.//

(笑) 皆が怒っているように見えました

But I took a deep breath,/ and I signed up/ to play,/ and I felt pretty good.//

でも深呼吸をして参加登録をすると かなり良い気分になりました

Pretty good,/ until about 10 minutes/ before my turn,/ when my whole body rebelled,/ andthis wave of anxiety just washed over me.//

良い気分だったのは本番10分前まででした 体中が反応し不安の波が押し寄せてきました

Now,/ when you experience fear,/ your sympathetic nervous system kicks in.//

さて皆さんが恐怖を抱くと交感神経が刺激されます

So you have a rush of adrenaline,/ your heart rate increases,/ your breathing gets faster.//

するとアドレナリンが分泌され動悸がします 呼吸も速くなります

Next your non-essential systems startto shut down,/ like digestion.// (Laughter)/ So your mouth gets dry,/ and blood is routedaway/ from your extremities,/ so/ your fingers don't work anymore.//

次に関係のないシステムが停止します例えば消化系です (笑) すると口の中が乾いて手足に血液が行かなくなります 指が思うように動かなくなり

Your pupils dilate,/ your muscles contract,/ your Spidey sense tingles,/ basically/ your whole body is trigger-happy.// (Laughter)/ That condition is not conduciveto performing folk music.//

瞳孔が開き 筋肉が収縮しますスパイダーセンスがチクチクし 体全体がトリガーハッピーになります (笑) フォーク音楽を演奏するのに嬉しくない事態ですよね

(Laughter)/ I mean,/ your nervous system is an idiot.//

(笑) 神経系って本当に おバカなんです

Really?// Two hundred thousand years of human evolution,/ and it still can't tell the difference/ between a saber tooth tiger and 20 folksingers/ on a Tuesday night open mic?//

頭にきますよね?20万年の人類の進化を経ても 火曜日の夜のステージで サーベルタイガーと20人のフォークソング歌手の 見分けがつかなくなるなんて

(Laughter)/ I have never been more terrified --/ until now.//

(笑) あの時ほどの恐怖はありません ―この瞬間を除いては

(笑)(拍手)

So then/ it was my turn,/ and somehow,/ I get myself/ ontothe stage,/ I start my song,/ I open my mouth/ to sing the first line,/ and this completely horrible vibrato --/ you know,/ when your voice wavers --/ comes streaming out.//

いざ自分の番がやってきました 何とかステージに上がり演奏を始めます 最初の歌詞を歌おうと口を開けると 完璧に最悪なビブラートがかかりました 声が出る時に震える あの感じです

And this is not the good kind of vibrato,/ like an opera singer has,/ this is my whole body just convulsing with fear.//

しかもオペラ歌手のような良い感じのビブラートでもなく 体全体が恐怖で激しく震えている感じです

I mean,/ it's a nightmare.//

まさに悪夢でした

I'm embarrassed,/ the audienceis clearly uncomfortable,/ they're focused on my discomfort.//

恥ずかしかったしお客さんも明らかにバツが悪そうで 私の不快感にだけ注目していました

It was so bad.//

本当に酷かった

But that was my first real experienceas/ a solo singer-songwriter.//

これがソロのシンガー・ソングライターとしての最初の経験でした

And something good did happen --/ I had the tiniest little glimpse of that audience connection/ that I was hoping for.//

でも良いこともありました願っていた お客さんとの繋がりを ほんの少しだけ感じ取ることができたのです

And I wanted more.// But I knewI had to get past/ this nervousness.//

でも もっと繋がりたかったそれには恐怖症を克服する必要がありました

That night/ I promised myself:/ I would go back/ every week/ until I wasn't nervous anymore.//

あの夜 私が自らに誓ったのは舞台恐怖症を克服するまで 毎週 舞台に立つぞ ということでした

And I did.// I went back/ every single week,/ and sure enough,/ week/ after week,/ it didn't get any better.// The samething happened every week.// (Laughter)/ I couldn't shake it.//

実際にやりました毎週 舞台に立ったのです 案の定 週を重ねるごとに ― 全然良くなりませんでした毎週あがりました (笑) なかなか治りませんでした

And that's/ when I had an epiphany.//

この時 ある考えがひらめいたのです

And I remember it really well,/ because Idon't have a lot of epiphanies.// (Laughter)/ All I had to do/ was write a songthat exploits my nervousness.//

この時のことは良く覚えています滅多に ひらめいたりしないので (笑) そのアイデアとは自分の恐怖症を歌にすること

That only seems authentic/ when I have stage fright,/ and the more nervous/ I was,/ the better/ the song would be.// Easy.//

舞台で あがった時の唯一の真実に思えたし ナーバスになればなるほど 良い歌になるでしょう簡単です

So I started writing/ a song/ about having stage fright.//

そんな訳で舞台恐怖症についての曲を書き始めました

First,/ fessing up to the problem,/ the physical manifestations,/ how I would feel,/ how the listener might feel.//

まずは体に表れる反応 自分がどんな風に感じるかお客さんがどう思うかについて歌いました

And then/ accounting for things/ like my shaky voice,/ and I knew/ I would be singing about ahalf-octave higher/ than normal,/ because I was nervous.//

そして自分の震える声なんかを 半オクターヴ高い声で歌うだろうなと分かっていました とにかく緊張していましたから

By having a song/ that explainedwhat was happening to me,/ while it was happening,/ that gave the audience permission/ to think about it.//

こんな感じの曲ですが歌っている最中の自分に 何が起こったかというと お客さんに あがり症について考えてもらえたのです

They didn't have to feel/ badfor me/ because I was nervous,/ they could experience/ that with me,/ and we were all one big happy, nervous, uncomfortable family.// (Laughter)//

不憫に思ってもらう必要はないんです私は事実ナーバスなんですから 一緒に体験してもらえて 会場全体がハッピーでナーバスでぎこちなくなりました (笑)

By thinking about my audience,/ by embracing and exploiting my problem,/ I was able to take somethingthat was blocking my progress,/ and turn it/ into something thatwas essential/ for my success.//

お客さんについて考え自分の問題を受け入れて 逆手にとることで 私の進む道を遮っていた何かを取り払うことができ それを成功に欠かせないものに変化させたのです

And having the stage fright song letme get past that biggest issue right/ in the beginning of a performance.//

舞台恐怖症の曲は演奏のしょっぱなから 大きな問題を克服させてくれるのです

And then/ I could move on,/ and play the rest of my songs/ with just a little bit more ease.//

すると前に進むことができて ちょっとだけ楽に最後まで歌い終えることができます

And eventually,/ over time,/ I didn'thave to play/ the stage fright song/ at all.//

そして 次第に 舞台恐怖症の曲を全く歌う必要がなくなりました

Except/ for when I was reallynervous,/ like now.// (Laughter)//

まさに この瞬間のように 本当にナーバスになった時を除いてね (笑)

Would it be okay/ if I played thestage fright song/ for you?//

舞台恐怖症の曲を演奏してもいいですか?

(拍手)

Can I have a sip of water?//

お水いただけます?

(Music)/ Thank you.//

(音楽) ありがとう

I'm not joking,/ you know,/ this stage fright is real.//

冗談じゃないよ 本当にあがり症なんだ

And/ if I'm up/ here/ trembling and singing,/ well,/ you'll know/ how I feel.//

もし僕が震えながら歌っていたら どうか気持ちを察してね

And the mistake/ I'd be making,/ the tremolo caused by my whole body shaking.//

僕がさらしている失態は 体中が震えて声がトレモロになってしまうこと

As you sit there feeling embarrassed for me,/ well,/ you don't have to be.//

僕を見て きまり悪そうにしているそこの君 恥ずかしがらなくていいよ

Well,/ maybe/ just a little bit.//

ちょっと位は仕方ないね

(Laughter)/ And maybe/ I'll try to imagineyou all/ without clothes.//

(笑) そしたら僕は君達が服を脱いだ姿を想像してみよう

But singing/ in front of all naked strangersscares/ me more/ than anyone knows.//

裸の他人の前で歌っているなんて何よりも恐ろしいね

Not to discuss this/ at length,/ but my body image was never my strength.//

長い説明はいらないだろうけど 僕だって自慢できる体型じゃないよ

So frankly,/ I wish/ that you/ all would get dressed,/ I mean,/ you're not even really/ naked.//

だから皆ちゃんと服を着ておくれ ああ皆 裸ですらなかったね

And I'm the one/ with the problem.//

しかも問題があるのはこの僕だ

And you tell me,/ don't worryso much,/ you'll be great.//

君は「心配しないで、きっと上手くいく」って言うけれど

But I'm the one living/ with me and I know/ how I get.//

これは僕の問題だし どうしても あがってしまうんだ

Your advice is gentle/ but late.//

君のアドバイスはありがたいでも遅かったみたい

If not just a bit patronizing.//

ちょっと高飛車な

And/ that sarcastic tone doesn'thelp/ me/ when I sing.//

その皮肉っぽいトーンは僕が歌う時に何の役にも立たないよ

But we shouldn't talk aboutthese things right now,/ really,/ I'm up/ on stage,/ andyou're in the crowd.// Hi.//

でも こんな話はここで止めようね だって僕はステージの上で君は客席にいるんだから、ハーイ

And I'm not making/ fun ofunnurtured,/ irrrational fear,/ and/ if I wasn't ready/ to face this,/ I sure/ as hell wouldn't be here.//

恐怖に襲われているからってそれを馬鹿にしている訳じゃない だって これに対峙できなければ ステージには立てなかったハズ

But/ if I belt one note/ out clearly,/ you'll know/ I'm recovering/ slowly but surely.//

最後に言わせて欲しいんだ 僕のあがり症は ゆっくりだけど確実に治ってる

And maybe/ next week,/ I'll set my guitar/ ringing my voice clear/ as water,/ and everyone singing.//

もしかすると来週はギターを弾きながら 水みたいに清らかな僕の声に合わせて皆が歌いだすんだ

But probably/ I'll just get up/ and start grooving,/ my vocal cords/ moving,/ at speeds slightly faster/ than sound.//

そうしたら僕は立ち上がって音楽にのり始めるよ 僕の声が 音楽より少しだけ早く踊りだすんだ

(拍手)

stage fright

舞台負け,舞台を踏むときの気おくれ,あがること

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

roommate

同宿者,同室者

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

irrational

理性のない

理性に反する,ばかげた(absurd)

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

packed

満員の,すし詰めの

laughter

『笑い』,笑い声

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

rebel

(統治者・政府に対する)『反逆者』,(権威に対する)反抗者

《『R』‐》(南北戦争時の)南部連邦軍人

《俗》南部の白人

反逆の,反抗の

(…に)反逆する,反抗する《+『against』+『名』》

(…を)ひどくきらう《+『against』(『at』)+『名』(do『ing』)》

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

sympathetic

『同情的な』,思いやりのある

気に入った,好意的な,共鳴する

《まれ》気性に合った,気心の合った

nervous system

《the ~》神経系統

kick

…‘を'『ける』,け飛ばす

(フットボールで)〈ゴール〉‘に'キックで球を入れる

(…を)ける《+『at』+『名』》

(フットボールで)キックする

〈発射した銃などが〉反動を与える,はね返る

《話》(…に)文句を言う,はねつける《+『at』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『けること』,け飛ばし

〈C〉(サッカーなどのボールの)けり,キック;けられたボール;けられたボールの飛んだ距離

〈U〉(銃などの)反動,はね返り

〈U〉〈C〉《話》(アルコール飲料の)刺激性,強さ

〈C〉〈U〉《俗》快い興奮;スリル

《複数形で》苦情(不平)の種

rush

トウシンソウ(灯心草);灯心草の茎(マット・かごなどを作る)

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

digestion

〈C〉〈U〉『消化』[作用]

〈U〉(知識などの)消化力,理解

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

extremity

〈C〉(…の)端,先端《+『of』+『名』》

〈U〉窮地,窮状

〈U〉《時に『an~』》(特に悩み・苦痛などの)極度,極み《+『of』+『名』》

《文》《復数形で》手足

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

pupil

(一般にschoolに学ぶ)『生徒』;(個人指導を受けている)生徒,門下生,弟子

dilate

…‘を'広げる,膨張させる

広がる;膨張する

《文》(…を)詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

contract

(売買,請負などの)『契約』,約定(agreement),請負

契約書

…'を'『引き締める』,縮める

〈よくない事・いやな事〉'を'『身に負う』

…'を'契約する』,請け負う,約束する

〈語・音節・句など〉'を'縮約する(do notをdon't, I haveをI'veとするなど)

『縮む』,縮まる

(…を…と)契約する,請け負う《+『with』+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

tingle

ずきずき(ひりひり)する(痛む);〈耳などか〉がんがんする;(頭・耳の中で)〈人の言葉などが〉鳴り響く

(興奮などで)ぞくぞくする,うずうずする《+with+名》

ずきずき(ひりひり)する痛み

ぞくぞくする気持ち,興奮

basically

基本的に,根本的に;元来は

trigger-happy

すぐに発砲したがる

すぐ荒っぽい手段に訴える

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

folk music

民族(民俗)音楽

idiot

(3‐4歳以下の知能しかない)白痴

《話》ばか(fool)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

tooth

『歯』

『歯状の物』,(くし・のこぎり・歯車・フォークなど)歯の働きをする物

…に歯を付ける;…‘を'歯状(ぎざぎざ)にする

tiger

『トラ』

トラのようにどう猛な(勇敢な)人

folksinger

民謡歌手,フォーク歌手

terrify

‘を'『恐れさせる』,おびやすか

cheer

〈C〉『歓呼』,かっさい

〈U〉『励まし』,激励,応援

〈U〉陽気,元気,浮き浮きした気分

〈U〉気分,きげん

〈人〉'を'『元気づける』,励ます

〈人〉‘に'歓呼する,かっさいする

〈人が〉『歓呼する』,かっさいする

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

completely

『完全に』,全く,十分に

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

vibrato

ビブラート,振動[音]

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

waver

(上下・前後・左右に不安定に)『揺れる』;〈チョウなどが〉ひらひらと動く;〈人が〉よろめく

〈光などが〉『揺らめく』,ちらちらする;〈音・声などが〉震える

〈気分・物価などが〉不安定になる;(…と…の間を)揺れ動く《+between+名+and+名》

〈人が〉『迷う』,ためらう,たじろぐ

opera

『オペラ』,歌劇

singer

『歌う人』,(特に本職の)歌手

convulse

〈地震などが〉…'を'激しく震動させる,動揺させる

《受動態で》〈怒り・笑いなどが〉〈人〉'を'身もだえさせる

nightmare

悪夢

悪夢のような経験(状態)

夢魔(睡眠中の人を息苦しくさせるという魔女)

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

discomfort

〈U〉『不安』(uneasiness)

〈U〉不快

〈C〉不安(不快)なもの

…‘を'不安(不快)にする

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

solo

独唱曲,独奏曲;独唱,独奏,ソロ

(一般に)一人で行う演技や行為

単独飛行

独唱の,独奏の;一人でする

独唱で,独奏で;一人で

一人でする

単独飛行する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

glimpse

(…を)『ちらりと見ること』,いちべつすること《+『of』+『名』》

(…に)ちらっと感づくこと(気づくこと)《+『of』+『名』》

…‘を'ちらりと見る,一目見る

(…を)ちらりと見る,一見する《+『at』+『名』》

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

nervousness

神経質なこと,神経過敏;おく病

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

exploit

英雄的行為,めざましい功績,偉業

〈鉱山・資源など〉‘を'『開発する』;〈機会など〉‘を'活用する

…‘を'食いものにする,搾取する

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

authentic

信頼できる,確かな

本物の,ほんとうの;模写ではない

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

manifestation

〈U〉表明,明示;現れ,表現;〈C〉表明されたこと

〈C〉(霊魂などの)出現

listener

耳を傾ける人,聞き手;(ラジオ)聴取者

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

shaky

(体・声などが)揺れる,震える

こわれそうな,安定していない

不碓実な,あてにならない

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

permission

『許可』,承諾

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

ease

(精神的な)『気楽さ』;(肉体的に)『楽であること』

『容易さ』,たやすさ

(態度が)ゆったりしていること

〈心・体〉‘を'『楽にする』;〈人〉‘を'『安心させる』

〈束縛・圧迫など〉‘を'ゆるめる

《副詞[句]を伴って》…‘を'慎重に動かす

〈圧迫・苦痛などが〉和らぐ

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

okay

=OK,O.K.

fright

〈U〉〈C〉(突然の激しい)恐怖,驚き

〈C〉《話》ぞっとするほど醜い(異様な)人(物)

applause

『拍手かっさい』;称賛

sip

…‘を'『ちびちび飲む』,すする

(…を)『ちびりちびり飲む』《+『at』+『名』》

(…を)ちびりちびり飲むこと;(飲み物の)『一口』,一すすり《+『of』+『名』》

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

tremble

(恐怖・興奮・寒さなどで)〈身体・声などか〉『震える』《+with(at)+名》

〈地面・木の葉・旗などが〉震動する,揺れる,そよぐ

心配する,気づかう

『震え』,おののき;震動,揺れ

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

tremolo

トレモチ(同一音を細かく震わせた発声または弦楽器で同じ音を繰り返す音,その奏法)

(オルガンの)トレモロを出す装置

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

shaking

振ること,一振り;身震い

embarrass

〈人〉‘の'『まごつかせる』,困惑させる,きまり悪がらせる

…‘を'『じゃまする』,妨げる

〈人・会社など〉‘を'『財政困難にする』

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

clothes

『衣服』,着物

(シーツ・毛布など)寝具,夜具(bedclothes)

singing

〈U〉歌,歌唱,声楽

〈U〉〈C〉歌うこと;歌声

〈U〉ヒューヒュー(ブンブンなど)と鳴る音;耳鳴り

歌を歌う,さえずる

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

naked

(体の全部,または一部が)『裸の』

『はぎ取られた』,むき出しにされた

(目が)肉眼の,裸眼の

《名詞の前にのみ用いて》(事が)赤裸裸の,あからさまの

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

dress

…‘に'『服を着せる』,‘を'装う

…‘を'飾る,飾り付ける

〈髪〉‘を'整える,手入れする;〈動物の毛〉‘を'すく

(市場用・食卓用に)〈肉・鳥〉‘を'整える,下ごしらえする(prepare)

(ドレッシングなどをかけて)〈サラダ〉‘を'仕上げる

〈傷口など〉‘の'手当をする

〈土地〉‘の'手入れをする

〈織物・石材など〉‘に'仕上げをする

〈兵隊などの列〉‘を'まっすぐにする

『服を着る』,服を着ている

正装する,晴れ着を着る

(兵隊などが)整列する

〈U〉『衣服』,着物,服装

〈U〉《複合語を作って》礼服

〈C〉(ワンピースの)『婦人服』,『子供服』

〈U〉装い,外観(appearance)

婦人服(用)の

(衣服が)正式の,礼服の

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

advice

〈U〉『忠告』,助言;(医者・弁護士などの)意見,指示

〈U〉〈C〉(商業取引上の)通知;《複数形で》報道,報告

gentle

(態度・性質・口調などが)『優しい』,物柔らかな

(天候・動作などが)『穏やかな』,適度の

(動物などが)おとなしい,なれた

(傾斜などが)なだらかな

《古》生まれ(家柄)のよい

しつけのよい,上品な

sarcastic

(言葉などが)皮肉な,当てこすりの,いやみの

(人が)皮肉をよくいう

tone

〈C〉(高さ・音色・長さ・音量の点から見た)『音』

〈C〉〈U〉音質

〈C〉楽音;全音程

〈C〉《しばしば複数形で》『言い方,書き方』,口調,語調

〈C〉支配的な(一般的な)風潮(傾向)

〈U〉(筋肉などの緊張の)『正常な状態』

〈C〉『色調』,色合い,濃淡,明暗

(音・色などで)…‘に'『ある調子(口調,色合い)をつける』

…‘の'色を変える,色を補正する

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

belt

『ベルト』,バンド,帯

(特徴のある)地帯,地方

(機械の)ベルト

ベルト状のもの

《話》ピシャリとたたくと

…'を'ベルトで締めてつける《+『名』+『on,』+『on』+『名』》

…'を'ベルトで巻く;(ベルトで締めるように)…'を'取り巻く《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(革帯などで)…'を'打つ,たたく

《話》…'を'ぶんなぐる

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

surely

『確かに』,疑いもなく

《否定文で用いて》まさか,よもや;《強意に用いて》きっと,絶対に

着実に,安全に

《おもに米》(返答で)いいとも,もちろん(certainly)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

guitar

『ギター』

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

probably

『たぶん』,『おそらく』

groove

(石・木・金属などに刻んだ)みぞ

(レコード盤面の)みぞ

慣例,きまり

…‘に'みぞを掘る(刻む)

vocal

『声の』,音声の

声に出す,口頭の

《話》(意見などを)遠慮なくしゃべる,口やかましい

(ポピュラー歌手の)ボーカル

cord

〈U〉〈C〉『綱,ひも』(stringより太くropeより細い)

〈U〉〈C〉束縛,きずな

〈C〉〈U〉(電気の)『コード』,線

(またchord)〈C〉(動物体の)索状組織,腱(けん)

〈C〉うね織り,(特に)コールテン;(うね織りの)うね;《複数形で》コールテンのズボン

〈C〉コード(材木の容積の単位で約6.25m)

…'を'綱(ひも)で縛る

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

関連動画